2020.02.29 Saturday

アッシュアームズ -灰燼戦線-

0

    おはようございます、Ticoさんです。

    朝は冷え込む毎日なのですが、そんなときに重宝なのが、

    寝る前に保温ポットに入れておいた熱いお茶でございます。

    すっかり冷えた体を芯からぽかぽか。おなかが温まったころに朝食を摂れば

    胃ももたれない。ナイスアイデア。

    ……まあ、そういう気遣いせんとアカンほど若くないズである証なのですが。

     

     

    さて、本日のブログ記事は、最近遊んでいるスマホゲームのひとつ、

    アッシュアームズ -灰燼戦線-」でございます。

     

    Screenshot_2020-02-28-16-47-45.png

    【ぱっと画面を見ればピンとくる、いわゆる艦これ系兵器擬人化ゲーム】

     

    なんというか、艦これのメニュー画面ってUI的に最適解というより

    慣れの問題でみんなこれを採用するんだろうな、的な気もしますが。

     

    アッシュアームズは「空と陸の兵器を擬人化したSLG」なゲームであります。

    開発が中国の会社、運営が日中合同の会社。この界隈では大陸中国さんの勢いも

    なかなか強いものがありますな(アズールレーンとか有名ですよねェ)

     

    さて、艦これ系とざっくり斬るには、アッシュアームズはバトル面が相当凝ってまして

     

    Screenshot_2020-02-24-15-03-50.png

    【ステージ画面。空と陸の二重マップになっています】

     

    空と陸にそれぞれユニットを割り振ってバトルをしていくのですが、

    SLG部分がかなり本格的というか凝っていて、敵の布陣をいかに崩していくかという

    なんというか将棋やチェスのような面持ちがあります。

     

    空陸の兵器が擬人化ということで、ユニットは戦闘機や爆撃機、戦車や火砲など

    それぞれに攻撃範囲が異なり、またそれぞれのユニットはロールの変更によって

    (たとえば戦闘機だと、制空型、迎撃型、偵察型などがある)

    まるで違った働きをするようになっています

     

    基本、空の敵は空で、陸の敵は陸で相手するのですが、

    対空ユニットや対地ユニットなどもあるので、一筋縄ではいかないのが特徴です。

     

    Screenshot_2020-02-28-16-34-22.png

    【ユニットの入手はいわゆるガチャで。こちらは昨日引き当てたヴュルガーさん】

     

    ユニットの育成も途中まではいろいろパラメーターをどう伸ばしていくかが

    楽しいところでありまして。ユニットによっては初回の改造で派生したりなどもしますので、

    そのあたりが考える要素が結構あるのもよいですね。

     

    Screenshot_2020-02-28-19-56-01.png

    【バトルの華! サドンデス形式の白刃戦!】

     

    このゲームの見どころのひとつに、カットシーン演出が入る白刃戦を挙げねばですね!

    行えるのは前衛系のユニットに限られますが、敵に「倒すか倒されるか」という格闘戦をしかけるのですが、

    この時にユニットごとにカッコいい演出が入るのでございます。

     

    単に派手というだけでなくて、たとえば数が多くて殲滅が難しい軽量級の敵をこれで踏みつぶしたり

    複数連続の白刃戦で前方の敵を一気に排除したりといった一発逆転の要素を持っています。

    もっとも、敵もこれを使ってくるので、特にイベントステージや終盤ステージだと、

    一気にこっちの形勢がひっくり返される危険性もあります。

     

    Screenshot_2020-02-28-16-52-43.png

    【Fw190Aことヴュルガーさんの白刃戦は急上昇&急降下の串刺し!】

     

    そんなわけでアッシュアームズの魅力を語るとしたら、

     

    • 実は割と硬派なバトルシステム
    • ユニット育成や活用で割と頭を使う部隊組み立ての妙
    • そして時としてスパロボのような白刃戦演出

     

    などなどございます。スマホゲームではあるんすが、PCエミュレーターで腰を据えて

    遊びたい系ですね。現に開発元は据え置き機での展開を検討してたそうです。

     

    さて、ここまで書いてみて、あるいは「面白そうだけど、なんかややこしそうよね」

    と思った方……うん、実はその通りです。

     

    このゲームの欠点を挙げるとしたら

     

    • まーあ割と万事が面倒なので、それを歯ごたえと感じられるか?

     

    というあたりなんですよね。

    オート操作も限界もありますし、キャラ育成が本格的=複雑という難儀な点もありますし、

    運営と開発さんもがんばっているのですが(周回機能の実装など)、まだまだ改善の余地が、ってところで。

     

    とはいえ、空陸組み合わせてのバトルはなかなか考えさせられるので、

    スマホゲーでもしっかり腰をすえて楽しみたいって人にはいいんですよな、コレ。

    なので万人向けとはいいがたいのですが、Ticoは割と気に入っていてなんだかんだで続いています

     

    とりあえず運営のシドニアがんばれ、もっとがんばれ。みたいな。応援してますから。

     

     

    アッシュアームズのアニメ調30秒PV。女の子を救出したイケメンガールは

    メリケンもとい星屑連邦のスカイレイダーさんです。ちなみにムッチャ強い。

    2017.02.19 Sunday

    崩壊3rd

    0

      コンバンハ、Ticoでございます。

       

      ちょっとブログ更新を怠っている間にもう2月も下旬

       

      FateGOはバレンタインイベントが来ましたね。

      Ticoは持ちサーヴァント全員にチョコを貰い&渡して

      イベント満喫しておりました。

       

      艦これはというと冬イベントがあって、

      今回は小規模ということでしたが、Ticoはなんとか無事完走。

      ドロップ艦の伊13と藤波はまだお迎えできていませんが、

      まーあ海風さんが出たからいいかな、と。

       

      戦艦少女Rは地獄群島攻略作戦のイベントが。

      こちらも無事に完走したのみならず、新規キャラの

      翔鶴、瑞鶴、最上に加え、ホーネットもお迎えしてホクホク。

       

      いやー、こうしてみると節操なく遊んでおりますね、Tico。

       

      さて、今日の話題はこれらではありません

      Ticoったらまた面白げなゲームを見つけてハマっております。

       

      それもずばり、あのシューティングゲーム「崩壊学園」を開発した

      MiHoYoがお届けするアクションゲーム、「崩壊3rd!

       

      まずはこちらのPVをみて頂きたい! 百聞は一見に如かず!

       

       

      どうです、戦闘シーン、ぬるぬる3Dキャラが動いているでしょう。

      中身としてはかの名作「デビルメイクライ」や「ベヨネッタ」を彷彿とさせる

      とゆーか明らかにオマージュしたと思われるアクションゲームです。

       

      プレイヤーは人類を滅ぼす「崩壊現象」に立ち向かうヴァルキリー部隊を率いて、

      人類をおびやかす敵と戦うという筋書きです。

       

      IMG_3554.PNG

      【メニュー画面。ここでキャラ育成を行ったり、出撃したりします】

       

      キャラは以下の3名。

       

      IMG_3563.PNG

      【軽やかな身のこなしが自慢の双銃使い、キアナ。CV:釘宮理恵!】

       

      IMG_3564.PNG

      【近接戦闘が得意な刀使いの雷電芽衣。CV:沢城みゆき!】

       

      IMG_3565.PNG

      【遠距離砲撃特化のブローニャ。CV:阿澄佳奈!】

       

      そう、ちゃんと戦闘時や拠点でのコミュニケーションはボイスがあるのですよ!

      有名どころを使うあたり、なんともわかってらっしゃる!

       

      キャラは武器・聖痕(防具)・スキルで育成&カスタマイズでき、

      育成要素もしっかり備えたシステムになっています。

       

      IMG_3561.PNG

      【聖痕は過去の災厄に挑んだ英雄の魂らしく、グラフィックが用意されています】

       

      【スキルは通常攻撃以外に防御系、必殺技、などと行動の幅が広がる要素に】

       

      IMG_3552.PNG

      【戦闘シーンではスマホ画面をコントローラーのようにして操作します】

       

      一対多数の戦闘や、自分よりはるかに大きな相手との戦いなど

      バトルは迫力満点。当初はごり押しで勝てますが、テクニックを覚えていくと

      ずんずん上達して強くなれる快感もあるのはうれしいですね。

       

      IMG_3551.PNG

      【クエストの合間にはストーリーシーンが入ることも!】

       

      個人的には、仮想コントローラーまわりがだいぶ前作より改善されていて、

      アクションゲームで激しく動く割に違和感なく操作できたのがうれしいですね。

       

      IMG_3559.PNG

      【ゲームが進むと拠点作りの要素も。いわゆるお使いの受注もできます!】

       

      まあ、ソーシャルゲームの常で当初は無課金でもサクサク遊べますが、

      ある程度進むと補給(ガチャ)で強い装備や聖痕、キャラを引かないと

      厳しいんだろうなあとは思いますが、このゲームではうれしいことに

      「月間パス」というのがあって、数百円で毎日結晶が支給される

      ふうにもなっていて、微課金でもそこそこ遊べそうなのがミソ。

       

      とゆーかキャラ育っていないのに強い装備とっても

      コストの関係で使えない罠がありますからネ!

       

      なにはともあれ、また楽しませてくれそうなMiHoYoの新作、

      ぜひ一度さわってみてください。出来栄えに驚きますよ!

      2015.07.27 Monday

      カスタムメイド3D2

      0
        ふっふっふ、この日を待っていました。
        「カスタムメイド3D2」の発売でございますよ!

        あ、最初にお断りしておくと成人向けゲームでございます。
        なるべくそのへんには触れないようにご紹介しますね。

        プレイヤーは「エンパイアクラブ」という高級クラブのオーナーとなり、
        そこで働くメイドさんと一緒にクラブを盛りたてていくのが目的です。

        メイドさんは好きなように作ることができ、まさに自分の好みにあった子
        迎えることができます。どのくらい自由度が効くかというと、

        img20150727223559.png
        【目のハイライトだけでこの種類なのです】

        まさに自分好みの子を自分好みに育て上げることができるという、
        普通の止め絵でみせるエロゲーとはちょっと違っていて、
        カスタマイズの自由度とインタラクティブ性が売りです。

        img20150727220740.png
        【模様替えのお仕事中。こんなふうに品格を磨きます】

        昼には掃除や習い事をまかせてメイドとしての気品や魅力を磨きます。

        img20150727220552.png
        【そして夜。接待させるもよし、夜伽に持ち込むもよし】

        夜にはクラブに訪れるお客様をもてなして収入を得たり、
        あるいは「夜伽」に持ち込んで、まあナニしたりします。

        ちなみに夜伽には相当なバリエーションがあり、
        正統派なものから奉仕系、変態系と幅広くそろえており、
        どういうふうに育てるかも自由自在。

        ゲームの進行としては、最初のメイドを育て終わった後に彼女の処遇をどうするか決めます。
        大概の人はここでメイドと恋仲になっているので、どうするか悩むはず。
        そこから二人目を迎え入れて、前オーナーが残した借金を返すためにクラブを経営します。
        この借金返済までがほぼチュートリアルといってよく、それまでに概ねどうすればいいか
        分かるようになっています。

        借金を返済した後が本番だとばかり、三人め以降の雇用が可能となり、
        ショップが解禁になります。また、この頃には各種の特別な依頼が舞いこんできますが、
        これを達成するにはメイドにさまざまな条件が必要なので、やりこみ要素もあり。

        というわけで結構ゲーム性も高くて、なかなかにあなどれません
        全体的に数年前の前作よりも数倍ボリュームアップやクオリティアップをしており、
        これはお値段相応の良いお買物といえましょう。

        さて、うちのメイドさんですが、こんな感じになっています。

        img20150726205716.png
        【最初のメイド、雪さん。色々とパラメータマックスのオールラウンダー(謎)】

        img20150726205723.png
        【二番目のメイド、霧絵さん。掃除と接客にはげむ頑張り屋さん。眼鏡っ子いいよね】

        そして昨夜、借金返済したので三人目をお迎えなのですが……

        img20150727225245.png
        【たれ目にして、眉は太くして、ちょっとぽっちゃりにして……】

        img20150727225314.png
        【服はこうして、むむむ、下着もこだわりどころですぞ……】

        img20150727225748.png
        【最後にポーズを決めて撮影! よし、決めた!】

        img20150727225922.png
        【最初は面接から入ります。性格は三種類から選べます】

        img20150727230230.png
        【というわけで、新人の絢さんです。さて、どういうふうに育てますかねえ】

        ふむ、まだまだやりこみ要素があるのでじっくり楽しめそうです。
        パッチやDLCなどもあるでしょうから、先々楽しみですね。
        2012.04.27 Friday

        PSO2 クローズドβテスト

        0

          【MYキャラの勇姿。黒髪ぱっつんストレートなのがミソです】

          先週からPSO2のクローズドベータテスト(CBT)に参加しています。

          このところFF11は顔出す程度、EVEonlineはスキルチェック状態だったのは
          ひとえにこれに夢中になっていたからですね。

          夢中になるほど面白いのか? 答えはイエスです。
          Tico自身、初代PSOにはかなりハマッた口なのですが、
          あの頃のテイストを活かしつつ、うまく今風に味付けしています。

          キャラクタークリエイションは
          体型や顔つきなどかなり細かいところまで作りこむことができます

          最初はコスチュームが数種類なのはバリエーション的にどうかと思ったのですが、
          サイズや色を変えるとかなり豊富な取り合わせになって人とかぶることがありません。

          しかも防具が追加アタッチメントのようにコスチュームに付くので
          人によってそれぞれキャラクターは異なる外見になります。

          肝心のゲームは、モンハンスタイルのMOと言い切れば分かりやすいでしょうか。
          ロビーでクエストを受けて、それに従ってモンスターをばったばった倒していきます。

          クラスは近接戦闘のハンター、遠距離支援のレンジャー、超能力系のフォースとあって、
          いわゆる戦士・弓手・魔法使いというとりあわせ。クラスチェンジはできますし
          種族による制限もないので自分の好きなタイプで遊べます。

          さて、面白いのはクエスト中に緊急ミッションが入ることで、これがなかなか豊富。
          特定の敵を倒さないと先に進めなかったり、捕まった仲間を助けにいったり、
          墜落した輸送機が修理完了まで護衛したり、とかとか。
          場合によってはボス級が殴りこんでくることもあるので気が抜けません。

          ゲーム自体はクエストをひたすら周回して、レア武器を拾ったり
          キャラを成長させるだけなのですが、上記の緊急ミッションをはじめ、
          スキル成長やマグ育成、武器強化などの要素があってなかなかにやり込めます


          【クレイモア一閃、とりゃー!】 

          ちなみにクローズドベータテストでは夜のゴールデンタイムに
          通信遅延や回線落ちがなかなか大変だったのですが、それも4/26に
          サーバー構成の入れ替えで治りました。ほっと一安心です。

          ところで、気になるのが課金体制。PSO2は基本無料のアイテム課金制なのですが、
          このCBTから試験的にアークスキャッシュ(AC)というポイントを配布して
          実際にどういう箇所で課金されるのかを見ることができます。

          結論からいうと、単純に周回で遊ぶぶんには課金はしなくてもよさそうです

          ただし、マイルーム・マイショップ・トレードが行えるようになる
          プレミアムチケットは課金対象
          になっていて、これが実質月額料になるでしょうか。
          なくても倉庫はデフォルトであるし困りませんし、
          上記プレミアムの料金はそれほど高くないのですが、
          より他のプレイヤーと交流する場合には無いと不便ではあるので賛否は分かれそうなところです。

          後は「スクラッチ」という名称のランダムアイテム取り(いわゆるガチャ)や、
          便利アイテムのいくつかが課金対象になっていますね。
          スクラッチでしか手に入らないコスチュームやアイテムがあったりしますが、
          これはアイテム課金では基本ですしアバターを飾りたい人だけやればよいので
          特に神経質になることもないのでは?と思います。

          ちなみに友人がレンジャーとフォースという意見表明してたので、
          Ticoはハンターで遊んでます。でっかい武器を振り回して敵陣に切り込んでいくのは
          楽しいのですが、ボス戦では被弾しやすい立ち位置なので強敵ではたびたび戦闘不能に……
          ちなみに自己復活のスケープドールは課金アイテムなのでぐぬぬなTicoです。
          もっとプレイヤースキル上げないとなあ。

          初夏にはオープンβ、夏には正式オープンということでなかなか楽しみです。
          ガッツリも遊べるし、ちょろっとも遊べるし、なかなか良ゲームの感触ですネ。


          2011.12.20 Tuesday

          TES V : SKYRIM

          0

            前作「Oblivion」でオープンフィールドRPGの金字塔を
            打ち立てたベセスダが、満を持してリリースしたのが、
            この「SKYRIM」です。


            正直、前作はピンとこなかったTicoなのですが、
            本作SKYRIMはまずその美麗な映像に圧倒されて購入した次第。


            さて、発売からこれだけ経ってのブログということは……
            はい、実に没頭しておりました。この週末にメインクエストが終わって
            ようやく一段落ついたものの、まだまだクエストが残っていて、
            やめ時がみつかりません。


            知らない人に解説しておくと、SKYRIMは
            JRPGにありがちな一本道RPGではありません。
            プレイヤーは箱庭世界に放り込まれて、様々な冒険をするのですが、
            そこではすべてが自由!
            キャラの育成も自分の好きなようにできて、
            たとえばガチガチの近接戦士も育てられるし、はたまた魔法の達人、
            忍び寄る暗殺者、百発百中の弓手、スリ泥棒となんでもござれ。


            メインのストーリーも用意されていますが、それをどう進めるか、
            そもそも進めるか進めないかもプレイヤーの裁量にゆだねられています。


            これだけ自由度が高いと、ともすれば迷ってしまいそうですが、
            SKYRIMの場合は比較的チュートリアルがしっかりしており、
            また繰り返しプレイすることも想定しているのでしょう、
            細かいマメ知識はロード画面で開示されるようになっています。


            自由度もさることながら、舞台となるスカイリム地方の
            美しい風景も特筆すべき内容でありましょう。
            鬱蒼とした森林地帯、茫漠とした荒野、凍てつく氷原、と
            変化に富みながらもまるでそこにあるかのようにリアルな
            グラフィックは没入感がハンパありません。


            さらにNPCキャラの反応が実に細かいのです
            主人公のステータスや進行状況に応じて、かけてくる言葉が
            事細かに変化するのがミソ。


            美しい風景の中で冒険し、危険なダンジョンに潜り、
            街の人と言葉を交わし、クエストをこなし……
            そうこうしているうちにあっという間に数時間すぎてしまいます
            恐るべき時間泥棒ゲーム!


            PC版、PS3版、XBOX360版とあるのですが、
            ひとまずご自分の環境で遊べるものを買えばいいかなと思います。
            この年末年始に遊ぶのに、いや、半年は遊べる逸品! 

            2011.10.10 Monday

            グランナイツヒストリー

            0
              評価:
              ---
              マーベラスエンターテイメント
              ¥ 3,800
              (2011-09-01)

              このところ体調くずし気味で横になっていることが多いのですが、
              横になっても遊べるゲームといえばPSPでございます。

              そんな折にちょうどただいまハマっているのが、
              この「グランナイツヒストリー」であります。

              ジャンルはRPGといえますが、自分の騎士を育成して、
              オンラインで戦わせることができるのが売りでございます。

              ■どこまで育てる? 【育成モード】

              まずはオフラインで遊べる育成がなかなか面白い

              騎士のクラスは、前衛職のナイト、射撃役のアーチャー、魔法を使うウィザードと
              分かれており、それぞれ三すくみの強弱関係にあります。

              各クラスは3つのバリエーションに分かれており、
              4名までの組み合わせ次第でなかなか個性的なパーティを作ることが可能です。

              育成ではクエストや賞金首退治をしながら騎士を育てていきます
              そして一定期間が過ぎたら叙任可能になり、オンラインの「戦争」へ
              旅立たせることになります。

              一度叙任した騎士は育成に戻すことができないので
              どんなに愛着があっても送り出さねばなりませんし、
              「この育て方でいいんだろうか」と悩むことも・・・・・・

              ちなみに育成モードにはストーリーもあって、ラスボスもちゃんといます
              オンラインにつなげない環境下でも普通のRPGとして楽しめるのがミソです。

               
              ■大陸の覇権を争え! 【戦争モード】

              さて、無線LANで接続するオンラインの戦争モードですが、
              当然ながらこのゲームを購入して参加するすべてのプレイヤーが
              味方であり、敵でもあります。

              舞台の大陸は三つの国が覇権争いをしているのですが、
              エリアごとの陣取り合戦に育てた騎士を送り出すわけです。

              ポイントなのは、レベルが近いもの同士で対戦が組まれるため
              割と伯仲した勝負が楽しめることです。もちろん、育て方による作りこみの差が
              出てくるわけで、思いもつかない戦法で負けることもあったり、
              逆に相手の手を読んで裏をかいて勝利したりの駆け引きが熱い!

              さらに、戦争時の操作は手動と自動の二種類が選べ、
              手動なら実際に自分でコマンドを選んで戦うことができます。
              一方、自動進撃なら戦局とパーティの能力に応じて戦績を残してくれます。
              これはと思う騎士達で戦ってみたり、二軍チームは自動で戦わせたり・・・・・・
              プレイスタイルに応じてフレキシブルに参加できるのが特長です。


              ■好きな時に育てられる、好きな時に戦える

              オンライン対応ではありますが、割と縛りはゆるいながらも
              ちゃんと勢力争いに参加している実感を得られるのが売りであります

              育成はやりこめばやりこむほど奥が深いですし、
              隠しボスなどのやりこみ要素も用意されています。

              オンラインでの対戦も常勝編成というのはなくて、
              ネット上のコミュニティを見ていると、作戦の流行があるみたいです。

              発売から一ヶ月が経って、初期購入組のいくらかは去った感はありますが、
              まだまだじっくり楽しめる良作だと思います。値段もお求め安いのが売り。

              オンライン参加にWifi環境が必要ではありますが、
              最近はパソコンにUSB接続して環境を用意する機械もありますし、
              このところ面白いゲームないなあと言う人にはぜひオススメの一品です。
              2011.04.07 Thursday

              リリカルなのは BATTLE OF ACES

              0
                ちょっとBlogの更新が滞っていたので、
                ひとつ趣味の世界ではありますがゲームのレビューなんぞを。

                だいぶ前に週刊トロステーションでも取り上げられた、
                「魔法少女リリカルなのは」のPSPゲームです。


                まあ、「リリカルなのは」の説明やゲームの概要は上の動画に
                おまかせするとして……

                正直、Ticoがこれを買ったのはおもむろにファン収集のためでした
                ところがやってみると意外に面白い

                当初は格闘ゲームとして微妙?とか思っていたのですが、
                このゲームは「レンジシフトバトル」なんですよね。

                何かと言うと、近距離では普通の格闘っぽくなるのですが、
                距離を一定以上離すと魔法の撃ち合いになるのです。

                接近戦(クロスレンジ)ではコンボの読み合い、
                遠距離(ロングレンジ)では位置取りが重要、と
                互いの距離によって戦法が異なってくるのがミソです。

                もちろんキャラによってクロスが得意、ロングが得意、とか色々あるので、
                そのあたりが掴めないと最初は面食らうかもしれません。

                とはいえ、概ね原作つきのファンゲームというのが割とガッカリな出来が多い中、
                これはしっかり作っているなあと思ったら……ゲームデザインがなんと金子彰史さん
                あのワイルドアームズシリーズの生みの親じゃありませんか。
                次回作を楽しみにしていたのですが、こんな形でお目にかかれるとは。

                あ、言うまでもなくファン向けのゲームなので、星4つ評価です。万人向けではないので。
                とはいえ、ファンなら買って十分に楽しめる内容じゃないかなと思います。

                以下、使用キャラの雑感になるので折り返し〜。
                続きを読む >>
                2011.01.02 Sunday

                torne

                0
                  評価:
                  ---
                  ソニー・コンピュータエンタテインメント
                  ¥ 7,908
                  (2010-03-18)

                  前に話題になって売り切れ続出となっていた torne
                  このお正月に うーやーたーと買ってしまいました。

                  PS3で地デジが見れる&PS3がHDDレコーダーになるというスグレモノ。
                  Ticoはお部屋にアンテナケーブルがないので、室内アンテナを設置して視聴です。

                  アンテナの設置に四苦八苦しましたが、どうにかABCテレビ以外は受信OKに。
                  デジタルの恩恵か、ちゃんと電波を捉えられれば画質はクッキリハッキリです。

                  さて、torneの使い勝手ですが、これが実に操作が軽快!
                  そしてメニューが分かりやすい&使いやすいのです。

                  番組表のサーチもサクサク動かせますし、録画も簡単操作で行えます。
                  深夜番組も予約しておけば自動的にPS3が起動して録画してくれます。

                  うーん、これがあればTV買う必要ないなァ。良い買い物をいたしました。

                  2010.07.02 Friday

                  ようやくミミエンド de トトリ

                  0
                    トトリのアトリエ二週目、
                    なんとか目標にしていたミミエンドを見ることができました。
                    ちっこい体で槍をぶん回すミミかわいいよミミ。

                    それはさておき、一週目で「どこになにがあるか」とか
                    「どういうイベントが起こるか」がわかっていると、
                    動き方も随分と変わってきます。

                    おかげでゲーム内の時間で二年ぐらいは短縮でき、
                    ボス討伐やフラグ回収に十分な時間をかけることができました。

                    装備や所持金は持ち越し可能なので、
                    マルチエンディングをあれこれ見ようとしたら、
                    やはり周回プレイが一番ですね。

                    ともあれ、ひとまず一段落したので、
                    ゲームのパッケージは棚へとしまいこみ、
                    7月に出る攻略本待ちなのであります。

                    トゥルーエンドが見たいけど、いまだに条件がわからないという……
                    2010.06.28 Monday

                    ひとまずノーマルエンド de トトリ

                    0
                      トトリのアトリエ、この週末にどわーっと進めて、
                      ひとまず一週目でノーマルエンドは見ることができました。

                      プレイ時間は17時間。こう書くと短く感じますが
                      実際にはなかなかのボリュームでございました。

                      とにかく今回は自由度が高い反面、時間との勝負です。

                      定期的な試験がない反面、
                      「大目標」というべきものがいくつか設定されており、
                      期限内にそれらを超えなければバッドエンドになってしまうという……

                      装備を整えたり、参考書を購入したり、
                      または効率のよい採取や狩りといったところで
                      初回プレイはそれなりに時間がかかり、ぎりぎりでノーマルエンドでした。

                      中盤以降で判明する主人公の母親の足取りと、
                      それを追うために必要な、とある「ごっついもの」を作るのは
                      なかなか一苦労で、コレが完成したところでタイムオーバーという人も
                      結構いるのではないかなと思います。

                      しかしながら、一週当たりの所要時間が比較的短い上に
                      作業ゲームとはいえ飽きのこないシステム、
                      一回では回りきれない各地の採取スポット、
                      豊富に用意されたイベントの数々など、
                      二週目でも楽しい要素は盛りだくさんで、
                      「よーし次こそは!」と思わせてくれるのがミソ。

                      Ticoもエンディングをひとまず見た後、
                      今度は時間短縮&効率重視で二週目に突入でございます。
                      今度こそトゥルーエンドを見れるといいなあ……
                      Calendar
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << July 2020 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      • 鹵獲! 鹵獲!
                        Cattail (03/21)
                      • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
                        Tico (02/08)
                      • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
                        Lumina (02/08)
                      • 艦これ クリスマスシーズン!
                        Tico (01/11)
                      • 艦これ クリスマスシーズン!
                        Lumina (12/20)
                      • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
                        Tico (12/01)
                      • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
                        Lumina (12/01)
                      • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
                        Tico (10/26)
                      • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
                        Lumina (10/26)
                      • 艦これファンジンSS vol.4 「命短し恋せよ艦娘」
                        Tico (10/01)
                      Recent Trackback
                      Recommend
                      吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中
                      吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中 (JUGEMレビュー »)
                      吉田直樹
                      FF14の吉田PDの雑感コラム、最終巻! ゲームの裏側、仕事の作法、企画の考え方、そしてゲーム屋さんとしての生きざまなど、今回もうならせる内容です。
                      Recommend
                      吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中
                      吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中 (JUGEMレビュー »)
                      吉田直樹
                      FF14のPにしてDである吉田直樹氏が四方山話を語る連載コラム! 開発の裏側から仕事のやり方、ゲーム業界への意見など、その話題は実にワイド!
                      Recommend
                      吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか
                      吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか (JUGEMレビュー »)
                      吉田直樹
                      FF14を文字通り「建て直した」プロデューサー兼ディレクターである吉田直樹氏の連載コラム! FF14新生の裏側がこれ一冊でよくわかる?
                      Recommend
                      Recommend
                      Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】
                      Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】 (JUGEMレビュー »)
                      ゲーム・ミュージック
                      FF14を彩る珠玉のBGM、そのオーケストラコンサートの様子を収録の一本! あの思い出の曲が大迫力でよみがえる!
                      Recommend
                      ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC)
                      ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC) (JUGEMレビュー »)
                      オノ・ナツメ
                      「ACCA13区監察課」のオノ・ナツメが送る、日常系ゆるやかストーリー。初老の作家と彼の息子、そして娘婿が織りなす、たのしい日曜日の過ごし方。
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM