2020.05.27 Wednesday

はめふらコミックス 5巻!

0

    おはようございます、Ticoさんです。

    特別定額給付金で甥っ子に「プロメア」のDVD送ったんですが、

    見ながら「カッコいい! カッコいい!」の連発だったそうで。

    うむ、あのノリが分かる年齢だとTicoは思っていたよ

    ところで今日はオフトゥン干せるか微妙ね、つらいわぁ

     

     

    さて、本日のブログ記事は

    はめふらコミックス 5巻!

    と題して、ネタバレは伏せつつ見どころをご紹介などを。

     

    Screenshot_20200526-075913.jpg

    【5巻表紙。困った様子のカタリナ様】

     

    コミックス5巻は原作3巻の序盤あたりをカバーしていますね。

    第1部が学園編とすると、魔法省編が第2部になるのですが、

    このあたりのエピソードは1.5部というべきフェーズ。

     

    本格的にカタリナに想いを告白するキャラが出てきたり、

    第2部でのキーキャラが出てきたりする、結構だいじなところでもあります。

     

    IMG_6427.jpg

    【お菓子でカタリナは釣れる! キース君も大変だ】

     

    お話は学園祭に舞台を移すのですが、

    第1部よりも結構各キャラのアプローチが積極的になっています

    みんなカタリナにぞっこんなので、甘々な日々になっておりますが。

     

    もちろんカタリナは気づいていません。鈍感主人公ってハーレム属性の基本ですよね。

     

    IMG_6428.jpg

    【メアリさんがガチで怖いというのが分かる巻でもあります】

     

    あと、カタリナについては「抜け駆け禁止」という暗黙の協定

    結ばれている感じなのですが、守らない人もいれば、

    隙をついて抜けようとする人もいるしで、まあ、うん。

     

    「戦闘と恋愛では手段を選ぶべきではない」とはいいますけどね。

     

    【魔法省へ就職のフラグも立ちます。これはマリアの巧みな企み】

     

    カタリナ様はジオルドと結婚して王族とか無理無理という気持ちなのですが、

    原作読んでる限り割とここの王家ゆるそうなので、王妃でもやっていけそうなんですけどねえ

    たぶん魔法省編ではクライマックスに大きな事件待ってそうなので、

    それを解決して王家に認められてしまって進退窮まるという未来図が見えるんですが。

     

    IMG_6430.jpg

    【とりあえずまた困った事態に陥っているカタリナ様】

     

    天賦「カラミティ・ジェーン」でもお持ちなのかと思うぐらいに

    厄介ごとに巻き込まれるカタリナ様ですが、実はこのエピソードで会う

    ある人物が魔法省編では重要な相方になるんですよね。

     

    あ、もちろん彼もカタリナに篭絡されます。

    ホントに罪深い人たらしだな、カタリナ様!

     

    という感じで、おそらくTV版のその後につながるであろうコミックス5巻

    TVシリーズを見終わったあとのカタリナロスを埋めてくれることは間違いありません

    おススメでございますよ!

    2020.05.24 Sunday

    シネマこんぷれっくす!

    0

      おはようございます……いや、こんにちは、Ticoです。

      今朝は起きてから「うむ。なにか眠いぞ」→スヤァ

      お昼ごはん食べてから「うむ、やはり眠いぞ」→スヤァ

      という有様で、ようやく16時前から稼働開始です。休日あるある。

      あ、今日は天気がいいのでオフトゥン干しております

       

       

      さて、本日のブログ記事は、

      次にくるマンガ大賞2018コミックス部門第9位という知る人ぞ知る、

      シネマこんぷれっくす!

      のご紹介でございます。作者はビリー先生

      FGOの黒髭ものとか、艦これのグラサン提督とかの同人作品でご存じの方もいるかも。

       

      7688434.jpg

       

      内容としては、部活コメディ。

      高校に入って青春をすごしたい!と意気込む主人公、熱川 鰐人(あたがわ がくと)が

      ひょんなことから映画研究部に入るというもの。

       

      ただし、いわゆる映研にある自分たちで撮ろう作ろうという部活ではなく、

      むしろ「面倒くさい映画オタクはあーだこーだと毎回熱く議論する」という、

      ある意味でオタクの吹き溜まり誰が呼んだか別名「死ね部」なんちゅーネーミング)。

       

      Dqq9mMyUcAAvvWt.jpg

      【映研でも癖者ぞろいの二年生先輩ズ】

       

      終始グラサンをはずさないスレンダーな黒澤監督オタクの黒澤 天喜(くろさわ あき)。

      地味めでおとなしめな外見ながらB級映画オタク(やわらか表現)の宮川 一子(みやかわ いちこ)

      ノリのいいナイスバディのアクション映画オタクの花村 瑞月(はなむら みつき)。

       

      映研に入ったガクト君はこの癖者そろいの女先輩に巻き込まれながら、

      徐々にどっぷり映画のいろんな魅力にはまっていきます。

       

      171208cinema01.jpg

      【映画ファンあるある。字幕派VS吹替派】

       

      内容としては、エピソードごとに映画に関する熱いマニアトークを

      繰り広げながらドタバタしていくのですが、とにかくまー、この映画の

      幅が拾いながら、未見でも「あ、聞いたことある」という知名度の具合が

      実にお見事というしか。

       

      映研内外でも、映画の好みでアレコレ騒動が起こるのですが、

      最終的には「やっぱり映画いいよね」という感じで締めるので、

      なんというか読んでいて安心感があります。

       

      image10.jpg

      【話が進むにつれて徐々に増えていく青春要素も必見】

       

      単なるオタクトークだけではなく、部活の先輩や学校の仲間も巻き込んで

      ちゃんと学園生活での青春も描いているのがポイント。

       

      特にガクトくんに想いを寄せる正ヒロイン枠の小津ちゃんの恋の行方

      見逃せません。まあ、彼女も映研の沼にどっぷりはまっていくんだけど

       

      960795.jpg

      【これもあるある。スタッフロールは見るべきか否か論争】

       

      コミックスは5巻まで出ているのですが、よくもまあネタがつきないなあと

      思うほど、いろんな映画作品ネタや監督ネタやあるあるネタが出てくると同時に、

      若いころの部活だからこそできる無茶48本耐久寅さんマラソン)などなど

      そのあたりが読んでいてなかなかに楽しい作品です。

       

      コミックス5巻は卒業式。唯一の3年生先輩を見送ったり、

      その中でガクトが「来年は自分で映画撮りたい」と思ったり

      小津ちゃんの気持ちがちょっと進展したりこりゃーますます見逃せませんぜ

       

      51ZM3QOHUPL._SX351_BO1,204,203,200_.jpg

      最新5巻は絶賛発売中!

       

      ニュースでは緊急事態宣言がひとまず解除らしいので、

      STAYHOMEはいったん解かれるようですが、

      本作では過去の作品のいろんな見どころを語っていたりするので、

      映画館がまだ稼働しないいまでも、いろいろと配信系レンタルして

      休日のお供にするにはイイと思います。

       

      なにより、この作品自体が映画系青青春コメディとして楽しめる!

      いまからでも1巻からおススメのコミックスでございますよ。

      2020.05.17 Sunday

      ジャンププラスの読み切りが熱い!

      0

        おはようございます、Ticoさんです。

        どうも週末は休息モードに入ってしまうのか、

        起きるのが遅かったり昼寝したりなんだったり

        だらけてますねえ。まあ、あるべき休日の姿ですが。

         

         

        さて、今日のブログ記事は

        ジャンププラスの読み切りが熱い!」

        と題して、少年ジャンプのWEBマガジンをご紹介したいと思います。

         

        jump_plus_02.jpg

         

        PCブラウザでの閲覧もOKではあるのですが、

        使い勝手やUIはスマホアプリ版が随分整っていて

        イイ感じに操作できるのでおススメではあります。

         

        さて、ジャンププラスには、以前ご紹介した

        SPY FAMILY」とか「姫様拷問の時間です」などが

        連載されているのですが、最近きづいたこのWEB雑誌の魅力。それは

         

        単発の読み切りが熱いんですよ、コレが。

        たとえばこれ。

         

        天音さんは聖欲を満たしたい

         

        ヒロインは美学を専攻する学生さんなんですが、

        宗教的なモチーフの美術品や建造物を「エロい」と感じてしまう嗜好で、

        うん、ダジャレじゃねえかソレ」というツッコミがまず入りますが、

        それはそれとして、いろんな宗教モチーフの作品のどこが見どころかを

        しっかり解説しつつ、ちゃんと「これは信仰の対象だから変な目で見たらアカンよ」と

        教授さんが釘をさす当たりもナイスポイントですが、それはそれとして、

        講義を聞きながらめっちゃエキサイトするヒロインがとにかくユニークです。

         

        嫁、寄生されまして

         

        すっかり仲がアレになってしまった新婚夫婦の奥さんに、

        精神寄生体がついて、ぱっと見には尽くしてくれるんだけど……

        とまあ、ちょっとホラー感なくもないんですが、

        中盤から夫婦仲が遠くなった理由とかがちゃんと描かれて

        最後はしっかりハートフルなハッピーエンドに繋げて「むう」とうならされました。

         

        短編はアイデア勝負&構成力が問われるというのは小説でも言われるんですが、

        その意味でも読み切り作品は作者の腕が問われるところでして。

        で、他のマンガアプリに比べると、ジャンププラスはこういう「単発もの」を

        結構とりあげてくれている印象なんですよね。

         

        そしてそこから連載が始まるケースもありまして。

         

        【ついにこれが連載になってしまった……!】

         

        以前Twitterで「とんでもねえ作品が出てしまった」と

        話題になったコレがついに連載開始とか、もー楽しみしかありませんよ。

        読んでから良かったら「いいジャン!」でいわゆるファボったり

        あとはコメント書いたりコメントにイイねつけたり

        読者間で盛り上がる仕掛けがあるのもいいところですねえ。

         

        そんなわけで連載作品以外にも、読み切り作品が結構熱いジャンププラス!

        STAYHOMEのお供にいかがでしょうか?

        2020.05.14 Thursday

        異世界美少女受肉おじさんと

        0

          おはようございます、Ticoさんです。

          ウン、やはりエンジン回した翌日は煙吹いていますね

          今朝から頭痛で「ばうー」となっておりますよ。ぷすぷす。

          それはそうと今日も晴れてますね。オフトゥン干しましょう。

           

           

          さて、本日のブログ記事はコミックスのご紹介。

          異世界美少女受肉おじさんと

          作者は津留崎優先生! Fate/Grand Orderのサーヴァント紹介漫画とか

          おなじみかもしれませんね。

           

          c21c34_c61ecbce93c6472192bbe9fde5eb4147_mv2.jpg

           

          タイトルといい、略称の「ファ美肉おじさん」といい、

          上のキャッチ画像の売り込み文句といい、狂気しか感じませんが

           

          ありていにいえば30オーバーのおじさん二人が異世界転送されて

          片方が絶世の美少女(しかも魅了スキル持ち)にTSした挙句

          スラプスティックエキセントリックラブコメディです。

           

          EMZ3P5zVUAEduYh.jpg

          【すごいロマンティックなシーンに見えますが、おっさん&中身おっさんです】

           

          美少女になったおっさんは根暗非モテ系の橘さん(32)、

          彼(いや彼女)と一緒に異世界に飛ばされたイケメン系ダンディの神宮寺さん(32)、

          お互いに幼馴染で長いつきあいという設定ですあ、なんかフラグ立ってますね

           

          異世界転生はまあ「勇者となって世界を救ってくれというあるある系」なのですが、

          女神さまに気まぐれで橘さんは美少女になったうえに魅了スキルを付与され、

          しかもお互いになんか好感度がググっとアップしちゃう呪いがかけられてしまうのですが……

          オーケー。ぱっと見には似合いのカップルだが、中身はおっさんだ。落ち着け。

           

          EV-NGVrUEAA7aIZ.jpg

          【とにかく災厄レベルに強力な橘=サンの魅了スキル】

           

          しかし、絶世の美少女である橘さんの魅力度合いはハンパなく

          襲ってきた山賊が改心して求婚したり、別の勇者が言い寄ってきたり、

          街の領主がコナかけてきたりと、もー見境なしに魅了発動。

          その威力はFate世界の対軍宝具に匹敵するんじゃないかと思います。

          たぶんアイオニアンヘタイロイとか、流し目だけで腰砕けにできるレベル。

           

          長い付き合いの神宮寺だけは元の彼を知ってるので魅了は効かない……と思いきや、

          各所でチャームされていて、時折正気にもどる有様ではあるのですが。

           

          ENANLgqVAAInR6-.jpg

          【がんばれ神宮寺! 押しても引いても、どっちでもいいから!】

           

          基本は橘さんの魅了ぶりが騒動を起こしながら、

          「なんか世界を救うっぽい」という目的のために

          二人旅をしていくというお話なのでありますが……

           

          9割ぐらいはドタバタのギャグなんですが、残り1割はちょっとシリアス入っていて、

          「気心のしれた同性の幼馴染が突然TSしちゃったらどうなってしまうんだ?」

          という、割と「友情と愛情のすみわけは可能か?」的なテーマがあるような……いや、ないかな?

           

          ただ、二人で異世界を旅しながら、もともと気心しれた仲ゆえに

          橘さんと神宮寺さんは割とピュアな部分で絆を深めている感じでもあり。

          いやー、どうなってしまうんでしょうね。

           

          51QvEP6rCnL._SX350_BO1,204,203,200_.jpg

          コミックスは電書メインですが、紙も出ています

           

          あとスマホアプリの「サイコミ」なら、これまでのエピソードもあれこれ見れますぞ

          ちょっと変わった、いや、かなり狂気のラブコメディSTAY HOMEのお供にいかがでしょうか。

          2020.05.13 Wednesday

          「天冥の標」を読み始めた

          0

            おはようございます、Ticoさんです。

            昨日は完全に「アカン」状態だったので、

            ひさびさに整体にいってほぐしてもらったんですが、

            目のショボショボもなくなり、(`・ω・´)シャキーンとなっております。

            メンテナンスだいじ。あ、今日も天気良いのでオフトゥン干します

             

             

            さて、本日のブログ記事は

            天冥の標」を読み始めた

            と題して、まだ1巻さわりを読み始めての感想など。

             

            rectangle_large_type_2_e3418d88302e3077d23fd1d8d89d8d4f.jpg

             

            読み終えてから感想書ければ一番なんですけど、

            全10話で、巻数自体は17冊とか「ちょー!?」というボリュームでございますので……

             

            前々から気になっていたのですが

            フォロワーさんが「アクリラくんすごい美人だから!

             美人だけどカッコいいから!」と猛推し

            大作ゆえになかなか手がでなかったのですが、

             

            GW中に電子書籍合本版のリリースを記念して、

            1巻「メニー・メニー・シープ」と2巻「救世群」を無料電書配信したので、

            いい機会だとKindleでDLした次第です。

            キャンペーン期間自体は終了しております)

             

            picture_pc_aeb42e9fbca26d72c3869d6ad30f43ff.jpg

            【さて、物語の始まりでございます】

             

            Ticoが読み終えたのは、1巻のまだ1章でしかないので、

            何をいうかもおこがましいのですが……

             

            ページめくって3ページ経たんうちにアクリラ君の美人さんぶりで

            全力攻撃してくるとは、この作品、こちらの首を獲る気でおりよるわ……

            いや、ほんとに別嬪さん描写がすごいのです

             

            アクリラ君と、幼馴染の医者のカドムが

            バイクで海辺の街をかっ飛ばすシーンから始まり、あれよあれよと

            ひきこまれてしまいます。

             

            1章おわった時点で、人類の辺境植民地である

            「メニー・メニー・シープ」に何やらトラブルが起きそうな予感……

            といったところなんですが。

             

            いささか邪道ながら、ハヤカワの公式ページでざっとシリーズを見た感じ

             

            1巻「メニー・メニー・シープ」で最新の時代を描いてみせて

             ↓

            2巻〜7巻で、1巻登場要素は実は過去にあんなこんながあったんだよ

             ↓

            8巻では、過去話を踏まえて、1巻は別視点ではこうなんだよ

             ↓

            9巻〜10巻、さあこれからどうなってしまうんでしょう?

             

            という、めっちゃ壮大なスペースオペラとなっております。

            敢えて言うなら、お話のメイン筋は1・8・9・10であって、

            それ以外は世界を掘り下げる意味合いのエピソードで、それぞれに

            アラカルトで尖った特色のある面白い作品になってるようなので、

            各巻それぞれのバラエティ豊かさを楽しみつつ全体のお話がぎゅーっと

            収束していく様を楽しんだらいいのかなー、と考えております。

             

            ただ、まあ、1巻も上下分冊でボリュームがあるので割と読むのが大変なのではありますが。

            個人的には2巻の「救世群」がまさにパンデミックを扱ったエピソードになっているうえに、

            どうもここで登場する疫病がそもそものすったもんだの遠因な感じがしますので、

            「オオゥ! 早く読まねば!」となっております。

             

            まあ、とにかくずっしりボリュームなので、年内目途でぼちぼち読みたいところです。

            ……ところで医者のカドムさんは30歳で、「アクリラとは幼いころからつきあいがある」という

            表記があるんですが、待って待って。見た目ハイティーンのアクリラ君、実年齢いくつなの?

            2020.05.10 Sunday

            戦争は女の顔をしていない

            0

              おはようございます、Ticoさんです。

              早朝に目を覚ますと大概益体もない悩みにとらわれますが、

              益体がない=悩んでるだけじゃどーもならんところなので、

              結局、いろいろ向上を目指して手を動かすしかないなあと思う次第です。

              しかし今日は曇りな割に気温が高めで、なーんかイヤですねえ。

               

               

              さて、本日のブログ記事は

              まだ感想とか紹介とか書いてなかったっけとびっくりした

              「戦争は女の顔をしていない」

              コミカライズ版のアレでございます。

               

              9204282.jpg

               

              なんか友人に貸したり母者に貸したり、母者が叔母に貸したいとかいって

              そのあとコロナ騒ぎで預かりのままになっていたりで

              Ticoの部屋の本棚になかったので失念しておりました。

               

              コミックの紹介としてはいささか時期を逸した感がありますが、

              そこは「それがどうした!」でして、これは古典となりうる作品ですよ。

               

              KDCW_AM00000019010003_68_004.jpg

              【お話は大祖国戦争、つまり独ソ戦に参加した女性兵士のお話です】

               

              原作者、というか、インタビュアーは、ジャーナリストであり作家でもある、

              スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ。2015年にはノーベル文学賞を受賞していますが、

              本作以外にもチェルノブイリ原発事故などでのインタビューなども著わしています。

               

              日本語訳版は岩波書店から現在出ておりますね

              まあ、これも色々あったようでして、そもそもMCあくしずで知ったTicoの手元に

              あるのは最初に邦訳出版された群像社版だったりするんですが。

               

              さて、邦訳原著を、『狼と香辛料』のコミカライズ版で知られた小梅けいと先生が作画

              考証にソ連といえばこの人の感ある、速水螺旋人先生という態勢で、

              再構成したコミカライズしたのが本作ということになります。

              公式Twitterアカウントで無料公開しつつの単行本刊行という、

              割と思い切った手法で周知に努めておられるのもポイントですね。

               

              KDCW_AM00000019010004_68_001.jpg

              【描かれているのはかなり生々しい、戦争に身を投じた女性たちの話】

               

              百聞は一見にしかずなので、上記でもご紹介したコミックウォーカーから試し読みしてほしい、

              と思う次第なのですが、英雄的な話なんぞまったくございません。

               

              戦争という究極的に男社会で、女性らしさとか以前にそもそも人間性とかが

              二の次な状況下で、彼女たちがどんな体験をしたのか

              その女性兵士たち自身へのインタビューで構成されています。

               

              なので、エピソードごとに語る内容やシチュエーションは散らばっていますが、

              共通してるのは、戦争で本当にひどい傷を心に負ったこと、

              無事に帰ってきて、老境になってもなお記憶に刻まれて

              見えない血を流し続けていることです。

               

              D5IVaBGUUAAqJQT.jpg

              【第1話が軍の洗濯部隊の隊長さんの話というのがなんかもうね】

               

              コミカライズ版も最初の方は割と気楽に読めるんですが、

              後の方は結構キッツイエピソードが入っていて、なかなかいたたまれなくなります。

              これがフィクションではなく(記憶違いとかはあるんでしょうけれど)、

              実際に従軍した女性兵士のインタビューというのがまたなんとも

               

              321909000511.jpg

              コミカライズ版は1巻が出てますが、2巻目の刊行も予定されてます】

               

              あと、コミカライズである本書の巻末に速水先生が、

              「大祖国戦争とはなんぞや」を解説すると共に、

              「コミックで興味をもったらぜひ活字版を読んでほしい」とおススメされています

               

              実際、Ticoは活字版も読んでおるのですが、

              コミック版はわかりやすく「再現」するために

              あえて活字の持つ「すごみ」「エグみ」がマイルドになってる感は否定できず。

               

              活字版を読んでると文字と文字の間から想像される情景がそれはそれは

              かなり来るものが多く、しかもシチュエーション自体が割とキツイものもあり、

              ぶっちゃけ「読んでいて心が折れて逃げ出したくなる本」って確かにあるんですよ。

               

              【岩波版の活字本。パルチザンの話とか悲惨なのしかない】

               

              独ソ戦はいろいろに語られますけれど、

              読むと本当にソビエト連邦が自身の国土と人民を

              文字通り血のように流しながらドイツ軍と戦ったんだなと痛感されると共に、

              「大祖国戦争」と雄々しく呼びながらも、結局は戦争であって、

              理不尽で巨大な歯車の中で人の情緒だのなんだのをすりつぶしながら

              進んでいくあたりが読んでいて「ヴァー( ゚Д゚)」となります。

               

              読みやすさでいえば、コミカライズ版は小梅先生の描かれるキャラが

              繊細かつ、ある意味で可愛らしく凛々しい部分もあるのですが、

              そこから興味を持ったらぜひ活字本に挑んでほしいと思う次第です。

               

              いや、ホントにいたたまれない想いの追体験って結構得難いと思いますです。

               

              【コミカライズのスペシャルPV。日笠陽子さんのナレーションが真に迫ります】

              2020.05.04 Monday

              テロ―ル教授の怪しい授業

              0

                おはようございます、Ticoさんです。

                本日はじめじめ雨ですが、こちら大阪は夜のうちに降ったようで、

                朝からは曇りなのかな? まあ、暖かくなってきましたから、

                リラックスした格好で過ごせるのはいいのですが

                 

                さて、本日のブログ記事は、

                『幼女戦記』でおなじみカルロ・ゼン先生原作担当の

                テロ―ル教授の怪しい授業

                をご紹介したいと思います。作画担当は石田点先生

                 

                wide.jpg

                 

                まーた、すごく悪い顔してるんですが、

                これが「テロ―ル教授」こと、ティム・ローレンツ教授

                 

                タイトルだけ見ると、この教授がテロリスト育成の首謀者みたいに見えますが、

                ゼミの目的は「テロとは何か? テロリストはどんな手段を使うのか?」を

                正しく理解することで、前途ある若者が善良な市民としてやっていけるようにしようという

                ごくごく真っ当なもの。

                 

                c5ad0ff31c9593c37df45e16e5ef5fd0.jpg

                【実際、平静時のティム教授はこんなにイケオジダンディなのです】

                 

                10834108156636827318-61f8d12f031c17524063589f74d4a075.jpg

                【まあ、教授の顔芸がまたすごいんですけどね。あ、これは怒っていい事案だ】

                 

                つい先日に2巻が出たばかりなのですが、

                1巻は「テロリストの基本を学ぼう!」という感じのパート

                 

                「テロリストはどんな外見をしてるでしょう」とか

                「自爆テロなんてものをなぜ彼らは使うのでしょう」とか

                普通の人が考えている常識を実にロジカルに論破していって、

                テロリストに対する「危険な先入観」をガシガシ崩していきます

                 

                D3xjRImX4AA1xSb.jpg

                【特に印象的なコマ。大学や街頭で見かける勧誘のアレは何か?】

                 

                詳しいネタバレは避けますが、考えてみるとTicoも結構、学生時代に

                アブナイところがあったんだなあと思います

                一見善意の顔をしているから、なおのことタチがわるい

                 

                そして2巻では「ロールプレイング」を通じて

                東京オリンピックをターゲットにテロを起こすとしたら?

                思考実験をしてみます。ただし、「テロる題材」がまた実に愉快

                 

                ここでも学生たち(=読者目線)ではいろいろとアイデアが

                出てくるのですが、テロ―ル教授は次々とひっくりかえしていき、

                最後はネット社会ならではの「武器」を示してきて、実に効果的なターゲットを挙げてみます。

                うん、あの連中ならめっちゃ石投げられそうとかTicoも思いました

                 

                e7c73e282857e7c9e43fc686e350ce5f.jpg

                【テロ―ル教授の真摯な言葉。ホントに学生諸君が心配なんですよ】

                 

                という感じで、かなり「へー」と「アハ!」体験が得られる本書なのですが、

                エンターテイメントとしても一級品でございまして。

                 

                お話の筋は割とわかりやすいどんでん返し系が繰り返されるのですが、

                「実際のところ」をテロ―ル教授が明かしてみせるくだりは、

                精緻で迫力のある絵作りもあって、ドラマチックな効果が幾倍にも!

                 

                実際、テロ―ル教授の顔芸見てるだけでもかなり楽しい作品だとも言えます。

                それに、本書の扱うテーマはテロリストですが、いろいろと語られる手法は

                悪質商法とかブラック企業の手口とかにも通じる部分があるので、

                そのあたり「人心掌握にどんなズルが使えるか」というのを

                予防的に学ぶ意味でも結構ためになると思います。

                 

                そして繰り返しになりますが、

                実にエキサイティングで面白いエンタメなんですよ、ホントに!

                コロナ禍で騒がしい昨今、世間ではまたぞろりと怪しいものが出てきてる感じですが、

                そういうのを見抜く意味でもなかなかに必読のおススメ本と言えましょう。

                 

                71wUF5Cj-8L.jpg

                2巻の表紙。教授の圧がすごいなあ

                2020.04.30 Thursday

                アバンティ! アンツィオ高校

                0

                  おはようございます、Ticoさんです。

                  週末から週明けはウボァ―と沈没していましたが

                  昨日は自律神経の復調につとめたおかげか、今朝はすっかり調子をもどしています

                  お仕事いろいろ取り返さないとなあ。それはそうと、今日もオフトゥン干せますね

                   

                   

                  さて、本日のブログ記事は、

                  ガルパンスピンオフコミックのひとつ

                  アバンティ! アンツィオ高校

                  をご紹介したいと思います。

                   

                  9406945.jpg

                   

                  「Avanti」とは「前へ!」という意味らしいので、

                  「すすめ! アンツィオ高校」な感じでしょうか

                  いかにもアンツィオらしいノリだといえますね。

                   

                  91083.jpg

                  【慕われているなあ、ドゥーチェ】

                   

                  お話は実にアンツィオらしい、ノリと勢いとグルメのお話し。

                  練習してはメシ食ったり、対抗試合やってはメシ食ったり、合宿してはメシ食ったり。

                  というか、メシ食ってる描写が割と半分くらい占めてないかコレ?

                   

                  劇場版のコメンタリーでも「北関東の純朴なヤンキー」などと言われる

                  アンツィオですが、とにかくもう頭のネジ大丈夫かレベルのノリなので、

                  いちおう常識人であるアンチョビはそれなりに苦労するという……

                   

                  【考えていないヤツの筆頭、ペパロニ。努力する情熱はあるんですよ】

                   

                  スピンオフならではの展開で、アンツィオは戦車道の強豪校に

                  ガンガン「たのもー」と乗り込んでいきます。

                  定番の主要キャラとアンツィオの面々との絡みが楽しめるのは

                  こういう外伝的作品ならではの醍醐味ですね。

                   

                  【食べることしか考えていないアンツィオ、ドゥーチェも大変だな】

                   

                  まあ、一巻ではアンツィオのノリと勢いが前面にかかれていて、

                  そのためにたとえば「アンチョビとまほがお互いにタメ口なのはおかしい!」とか

                  某所のレビューで叩かれていたりなどしていましたが……

                   

                  二巻ではアンツィオ高で紅白戦やって、かなりアンチョビなりに考えて

                  身近な後継候補のペパロニやカルパッチョを鍛えようとしていたり

                  あるいは他の面々が別の用事で盛り上がっているところへ

                  こっそりアンチョビが戦車道の家元はじめエライさん方へ

                  挨拶伺いに行ってお説教されたりと、ドゥーチェの知られざる奮闘が垣間見えます

                   

                  実際、ドラマCDとか、同じスピンオフの「リボンの武者」なども押さえておくと、

                  アンチョビは名古屋出身なのに、その才覚を買われてアンツィオの戦車道を復興させるために

                  栃木までやってきたという再建役な立ち回りなんですよね。

                  裏を返せば中学戦車道時代はかなり名の知られた逸材じゃないかと思われるわけで

                  あくまでTicoの推測ですが、各高の隊長はアンチョビをそれなりに買ってるんじゃないかなあ、と。

                   

                  そのあたり、二巻だとアンチョビが「戦車道が楽しい!」と「戦車道で強くなる!」の

                  バランス取りに頭を悩ませるシーンがあって、いったん伝統が途絶えかけた

                  アンツィオに再び戦車道を根付かせるには、とかちゃんと考えてるあたりが伺えます

                   

                  ええ、アンチョビはホントに苦労人なんですよ。

                  まあ、まわりがおだてるものだから、ついつい乗せられてしまう悪癖はありますが。

                  とはいえ、指導者の資質は結構高いものがあって、

                  将来は企業経営とかやっても成功しそうではあります

                   

                  51SIiXt5seL._SX350_BO1,204,203,200_.jpg

                  コミックスは二巻が出たばかり!

                   

                  あくまで明るく、勢いを大事に、ご飯は美味しく食べよう! なアンツィオ高校。

                  彼女達がコマいっぱいにのびのび動く本作は実に楽しいですぞ。

                  開拓すればするほど広がる世界観、「ガルパンはいいぞ!」であります。

                   

                  【OVA版アンツィオ戦のPV。各配信サイトでも見れるので、この機会に再チェックもいいですね】

                  2020.04.28 Tuesday

                  「はめふら」コミック版を読んでみたよ

                  0

                    こんにちは、Ticoです。

                    数日前からぷすんぷすんと煙を出しておりましたが、

                    日曜夜と月曜夜は完全に墜落していて、今日は休みをとったTicoさんです。

                    まあ、調子がよいからとついつい頑張ると後から反動がくるとわかってるんですが

                    だからといって調子がいい時に抑えるのも難しいんですよナー。

                    ひとまず今日もオフトゥンほしています。睡眠クオリティをあげるのだ

                     

                     

                    さて、本日のブログ記事は

                    「はめふら」コミック版を読んでみたよ

                    と題して、コミカライズ版の感想などを述べたいかと。

                    あ、安心のネタバレ伏せでございますよ。

                     

                    以前、「はめふら」自体について取り上げたブログ記事はこちらです。

                     

                    IMG_6234.jpg

                    【コミック版1巻のカタリナ。やはり悪い顔!】

                     

                    ただ、まあコミカライズ版といっても、作画担当のひだかなみ先生

                    原作小説版のイラスト担当なので、「ぶっちゃけ原作タッグによるアナザー原作

                    といっても過言ではなかったりするんですが。

                     

                    IMG_6236.jpg

                    【いきなりデコを打って前世を思い出すカタリナ様からスタート】

                     

                    ちょくちょく「アニメはコミック版準拠なんでしょ?」とか聞いておったのですが、

                    なるほどコミック版の構図からアニメ版のレイアウト拾ってる節がありますね

                     

                    ただ、そのコミック版は原作の小説版をしっかりくみ取って

                    シェイプアップ&ビジュアライズした感があって、

                    そのあたりはさすが原作タッグなだけはあります。

                     

                    特に山場でのコマ割りとかかなり迫力あって、

                    このあたりはコミカライズ版ならではの見どころでありますね。

                    原作小説と読み比べてみるのも、また楽しいトコロです。

                     

                    というか、原作小説にはおまけコミックついていたり、

                    コミック版にはおまけSSがついていたりするんで、一粒で二度おいしい感

                     

                    IMG_6237.jpg

                    【あの役に立たない脳内会議もコミック版がかなりアニメに近いですね】

                     

                    ちなみにコミック版での「ゲーム本編ENDまでは」は1〜4巻なのですが、

                    幼少期エピソードがちょうどコミック1巻なのですな。

                    その意味では残り3巻で9話消化と考えると、なるほど

                    アニメはゲーム本編の範囲できれいに終わるつもりなんだな、と。

                     

                    IMG_6238.jpg

                    【はたしてカタリナは破滅フラグを回避できるのか!?】

                     

                    その意味では、アニメ本編の先が気になる! という人は

                    コミック版を読んでみるのもおすすめかもしれません。

                    ただ、Amazonでは紙ベースコミックはマーケットプレイスからの

                    購入になるので、Kindleの方が手っ取り早いかもです。

                     

                    IMG_6235.jpg

                    【コミック1巻口絵の令嬢揃い踏み。あ、これ敵に回したらアカン子らや】

                     

                    え? コミックス買って先を読んだらお楽しみがなくなる?

                    ご安心を、原作小説は9巻が出たばかり。そしてコミックス5巻も5月下旬発売だ

                    まだまだ続くぞ、カタリナ様の人たらし無双伝説

                     

                    【アニメ版ノンテロップED。ジオルド役の蒼井翔太さんの素敵な歌声!】

                    2020.04.23 Thursday

                    プラウダ戦記

                    0

                      おはようございます、Ticoさんです。

                      昨日はダウンしてぐろんぐろーんだったのですが、

                      今朝はシャキーンと復活しております。

                      さあ、休んだぶんお仕事がんばるんば。

                      新作の原稿も昨夜書きあがったしの。

                       

                       

                      さて、本日のブログ記事は、

                      数あるガルパンスピンオフコミックのひとつ

                      プラウダ戦記をご紹介したいと思います。

                       

                      8327997.jpg

                      【いかにして雪国の強豪は絶対王者黒森峰に勝ち得たのか?】

                       

                      プラウダといえば、ガルパンファンにはおなじみ、ロシアモチーフの学校ですね。

                      戦車道チームの隊長と副隊長には個性的なキャラが多いのですが、

                      TV版放映時には、ちびっ子暴君のカチューシャと、忠誠を尽くす腹心ノンナのコンビが目を引きましたね

                      勝ちに驕っていた大洗を苦境に追い込んだり、昨年度大会優勝者にふさわしい強豪として登場し、

                      まさに決勝戦前に大洗の真価を問う絶好の相手として好試合を展開しました。

                      (まあ、カチューシャに乗ってきたカチューシャがカチューシャを歌うとか、完全にダジャレですが)

                       

                      ただ、プラウダ目線からすると、それまで毎年優勝していた絶対王者黒森峰を、

                      カチューシャの代になってようやく勝ちを拾えたわけなんですよ。

                      黒森峰の敗因が、西住みほの命令違反にあったとはいえ

                       

                      そんなプラウダ――その戦車道チームを変えたカチューシャとノンナがいかにして出会い、

                      彼女たちは何を成し遂げたか? という、なかなかアツいスピンオフが本シリーズでございます。

                       

                      Dhf2nUkVQAEH8ok.jpg

                      【カチューシャ初登場のシーン、この頃からもう小さいオブ小さい】

                       

                      ストーリーに関しては、もう読んでお楽しみなのですが、この作品の見どころについては、

                      コミック担当の吉田創先生「力強くて時として容赦のない絵作り」を挙げたい!

                       

                      9065046ca17edc04cc55808d67cfca58s.jpg

                      【この目力、この迫力。かなりキッツイ感じにさえ見える絵がちょくちょく出ます】

                       

                      まあ、上の画像からただならぬものが感じられると思います。

                      「万年二位」のチームが抱える歪みは相当なもので、それをカチューシャとノンナで

                      腕づくでバッサバッサと改革していくのですが、もちろん澄まし顔でできるはずもなく

                       

                      個人的には「あいつはカチューシャにとってジャマだから始末するか」と

                      ひそかに思った時のノンナの顔がすさまじくどこからどうみても「おそロシア」の体現

                       

                      ただ、カチューシャのひそかな努力や戦車道における才能や、

                      それに惚れ込んで彼女を全面的に支えようと決意したノンナの気持ちとか

                      心情描写などは実に細やかに描かれていて、なかなか来るものがございます

                       

                      実際、劇場版アニメだとカチューシャのちょっと脆い点とか、

                      戦車乗りとしての確かな実力などが描かれていました

                      バミューダトリオの一角をしとめたのはカチューシャでしたね

                      そのあたりを下敷きにしつつ、うまくお話を発展させた、

                      ガルパンスピンオフでも珠玉の出来だといえるのではないでしょうか。

                       

                      EWLaljBU8AAYzl4.png

                      【コミックは最新3巻が出たばかり!】

                       

                      描かれる戦車道高校は、プラウダだけではなく、

                      黒森峰や聖グロリアーナなども描かれているのですが、

                      西住流の期待の星であるまほの様子とか、まだ先輩に教えられるダージリンなど、

                      なかなか面白い描写も入っている点も注目と言えましょう。

                       

                      ガルパンは随分息が長いコンテンツですが、

                      それにはアニメの投入スパンが長い、大洗を舞台にしたリアルイベントのほか、

                      こういうスピンオフコミックをきちんと監修したうえで、

                      世界観を広げるスピンオフコミックの展開が上手くいってる点も見逃せません。

                       

                      その中でも、結構ガツンとくる『プラウダ戦記』、

                      ガルパンのスピンオフに親しんでみるには、入門としてもなかなかいいのではないでしょうか。

                      コミックのストーリーはいよいよプラウダが戦車道大会へ挑むところまで来ています

                       

                      この機会にぜひぜひ、アニメ版以外にも広がるガルパンワールドに親しんでみませんか?

                      そう、いつもの合言葉、「ガルパンはいいぞ」でございます!

                      Calendar
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      282930    
                      << June 2020 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      • 鹵獲! 鹵獲!
                        Cattail (03/21)
                      • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
                        Tico (02/08)
                      • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
                        Lumina (02/08)
                      • 艦これ クリスマスシーズン!
                        Tico (01/11)
                      • 艦これ クリスマスシーズン!
                        Lumina (12/20)
                      • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
                        Tico (12/01)
                      • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
                        Lumina (12/01)
                      • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
                        Tico (10/26)
                      • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
                        Lumina (10/26)
                      • 艦これファンジンSS vol.4 「命短し恋せよ艦娘」
                        Tico (10/01)
                      Recent Trackback
                      Recommend
                      吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中
                      吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中 (JUGEMレビュー »)
                      吉田直樹
                      FF14の吉田PDの雑感コラム、最終巻! ゲームの裏側、仕事の作法、企画の考え方、そしてゲーム屋さんとしての生きざまなど、今回もうならせる内容です。
                      Recommend
                      吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中
                      吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中 (JUGEMレビュー »)
                      吉田直樹
                      FF14のPにしてDである吉田直樹氏が四方山話を語る連載コラム! 開発の裏側から仕事のやり方、ゲーム業界への意見など、その話題は実にワイド!
                      Recommend
                      吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか
                      吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか (JUGEMレビュー »)
                      吉田直樹
                      FF14を文字通り「建て直した」プロデューサー兼ディレクターである吉田直樹氏の連載コラム! FF14新生の裏側がこれ一冊でよくわかる?
                      Recommend
                      Recommend
                      Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】
                      Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】 (JUGEMレビュー »)
                      ゲーム・ミュージック
                      FF14を彩る珠玉のBGM、そのオーケストラコンサートの様子を収録の一本! あの思い出の曲が大迫力でよみがえる!
                      Recommend
                      ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC)
                      ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC) (JUGEMレビュー »)
                      オノ・ナツメ
                      「ACCA13区監察課」のオノ・ナツメが送る、日常系ゆるやかストーリー。初老の作家と彼の息子、そして娘婿が織りなす、たのしい日曜日の過ごし方。
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM