2020.08.09 Sunday

『幼女戦記』19巻に見る“ターニャも人の子だったんだ”

0

    おはようございます、Ticoさんです。

    今年も暑いお盆でございますが、

    Ticoの家は妹者親子がコロナを避けて帰省してこないので、

    実に静かなお盆休みとなりそうです。

    ただ、まあ両親の想いを考えると、元気なうちに孫と遊べるのは

    いましかない感じなので、ちょいと心が痛むのですが。

    しかし、これでまた回るはずの経済が回らなくなるんだろうな

     

     

    さて、本日のブログ記事はコミックスのご紹介。

    『幼女戦記』19巻に見る“ターニャも人の子だったんだ”

    と題してお届けしたいと思います。

    何の話かって? ターニャ×ヴィーシャ尊いって話しですよ

    ネタバレ含む感じの感想になってますので、そのあたりご注意を。

     

    91zgxidrh8L.jpg

     

    19巻では勝利に湧きかえる帝国と、それを喜ぶターニャから始まります。

    このあたりコミックスでは結構念入りに書いていて、

    一般の兵士はもちろん、軍の司令部、帝国の民衆に至るまで

    勝利の甘い果実を存分に味わうさまが描かれています。

     

    【熱狂する国民、という絵の迫力はコミックスならでは】

     

    まあ、ところが原作やアニメで本作に触れていればご存じの通り

    ターニャの知る「史実」をなぞるかのごとく「ダンケルク」が起きるのですよな

    ド・ルーゴ将軍が残存兵力をかき集めてのブレスト軍港からの撤退であります。

    ターニャがいくら千里眼とはいえ、所詮大隊長クラス。

    無限に届く手は持っていないし、全軍を動かせる権限もありません。

     

    EeEJCGtU4AMq-xU.jpg

    【独断専行して出撃しようとするターニャに待ったをかけようとするのですが……】

     

    はい、このあたりからコミックス版ならではのアレンジがあります。

    原作うろ覚えで恐縮なのですが小説だと「和平の糸口がなくなるかもしれない」と

    恐れた軍司令部が問答無用で待ったをかけていたかと思います。

    結果的にロジカルに物事を考えるターニャはいろいろ計算した挙句、

    あくまでいろんなものを天秤にかけて「ロジカルに判断した」結果、出撃を思いとどまります

     

    ただ、コミックス版ならゼ―トゥーアは敢えてターニャに逃げ道を用意したことが

    表現されているんですよね。自分に何か見抜けないものが見えていて、

    それが絶対に必要ならターニャ・フォン・デグレチャフは敢えてやるだろう、と。

    そして逃げ道を作るために、副官から命令を伝えさせるという方法を取ります。

     

    【停戦命令を伝えるのは信頼する副官でバディでもあるヴィーシャ。はい、ここポイント】

     

    副官のヴィーシャの口からターニャに停戦命令が伝えられることになるのですが、

    この役回りが実に小にくいというか。原作とは違うのですが、

    ターニャと読者の双方に「感情面」から訴えかける展開になっています

     

    ここで思い返すのが先の単行本18巻、連合王国の魔導師との死闘です。

    ターニャがぎりぎりまで追い詰められて、あわやというところを救ったのが

    ヴィーシャの覚悟を決めた一撃でした。

     

    その後のやりとりで、この一番付き合いの長い部下と、

    本当に信頼関係で結ばれているんだなと18巻ではほんわかしたものですが、

    この19巻ではその信頼関係が仇になってターニャを縛ることになるという……

     

    だって、ヴィーシャですよ? 一番信頼している部下、身内、相棒からの言葉ですよ?

    いわば命の恩人がもう懸命に止めにかかってくるところで、冷徹に断れる人間、

    そうそういませんよ。だって人は言葉の正しさよりも、発した人が誰かで判断するものだから。

     

    まあ、結果、原作小説と同じくターニャは出撃を思いとどまるんですが、

    なんとなくコミックス版では「ロジカルに判断」した部分が割と60%ぐらいで、

    残り40%は「ヴィーシャがこんなに止めるなら仕方ない」って感じになっているように見えます

     

    敢えてにおわせ、絵と流れから感じる暗喩でしかないのですが、

    コミックス版のターニャさんはだいぶ感情に流されて思いとどまった感があると思うのですよ。

    (まあ、ブレスト軍港を強襲すると決めた時点でだいぶプッツンしてますが)

    ただ、このあたり、ロジカルモンスターのターニャでも、

    「好きな誰かの言葉で思いとどまる」ことがありうるんだなやはり人の子なんだな

    あとやっぱターニャ×ヴィーシャ尊いですわーとなるのですよ。

    たぶん前世ではこんな感じの部下とかいなかったんじゃないかと邪推できるんですが。

     

    それにしても、原作はまだまだ続いていて、ようやく風呂敷をたたみ始めたところですが、

    コミックスの今後の展開とか、アニメの二期はないのかとか気になりますね。

    まあ、この後ってホントにえっぐい東部戦線のどつきあいになるので

    どこまで「地獄につきあうか」って判断になる感じなのですが、

    コミックスではメアリー・スーが出てきてるあたり、もうちょっと続くのかな?

    さきざきが楽しみですねえ。

     

    2020.08.05 Wednesday

    フェンリル騎士隊のたぐいまれなるモフモフ事情

    0

      こんにちは、Ticoさんです。

      今朝更新のブログがこんな時間になりましたが、

      ひさびさに今朝から体調不良でへばっておりまして

      有休が残っていないので休みたくなかったのですが、

      「もー本日は頭が回らん!」となって寝込んでました。

      夏バテなのかなんなのかよくわからんのですが、

      16時前に起きると喉の痛みがひいてたので、案外風邪だったかもしれん

       

       

      さて、前置きが多くなりましたが、本日のブログ記事は

      「フェンリル騎士隊のたぐいまれなるモフモフ事情」

      こちらのブックレビュ―をご紹介したいと思います。

      以前の記事でご紹介した『北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし』

      原作者、江本マシメサ先生の作品ですね。

       

      IMG_6891.PNG

       

      Amazonで著作者名検索してみると、割と女性向け作品が多いらしく、

      本作も女性向けレーベルとして書かれています

      言われてみれば、タイトルとサブタイがそれっぽい系統でございますね。

       

      「雪国狩り暮らし」はペアの男女がゆっくり愛を育んでいく物語でしたが、

      本作も「ペアが決まっていて出会いから結ばれるまで絆を深めていく」ことが

      主眼になっています。変なお邪魔要素とかはないので、とにかくラブラブな

      二人をあたたかく見守るポジで読んでいけるので安心感ありますね

       

      ただ、本作はそこにひとひねりしてあって、

      ヒロインもお相手役も「モフモフ事情」が絡んでくるのです。

       

      IMG_6893.PNG

      【ヒロインの女の子はメロディア。とある国の魔法兵なのですが……】

       

      ヒロイン(主人公)のメロディアは天涯孤独の身の上の女の子。

      幼いころに両親を亡くして孤児院育ちで、食べるために騎士隊に入ったという

      実につつましい生活を送っています。

       

      まあ、女性で騎士隊って20代で寿引退するのがならわしだそうですが、

      メロディアにはあまり結婚願望はなくて。自分の容姿に自信をもてないのも

      ありますが、かつて飼っていた愛犬に逃げられたり、程なく両親が亡くなったり、

      「自分が愛したものはどこかへ行ってしまう」という恐れに囚われた

      気の毒な子でもあります。

       

      そんなこんなで節約生活を送りつつ、18歳の誕生日を迎えたメロディアに

      とんでもない事態が! なんと夜になると狼になってしまったのです!

      人の知性はあるものの、人語は話せないし、嗜好は狼というか犬になってしまうし、

      幸いにも女性の騎士隊長の計らいで周囲にバレずに済んだものの

      どーしたものかとお悩みのところへ……

       

      国一番の大貴族、フェンリル公爵の騎士隊、「フェンリル騎士隊」へのお誘いがかかります。

      そこで公爵邸に向かったメロディア、かつて飼っていた愛犬にそっくりな、

      でも立派に成長した(というかメッチャ成長した)犬に出会うのですが……

       

      IMG_6894.PNG

      【なぜか人語を話すイッヌから求婚されてしまう「は?」という展開に】

       

      実はこのデカ白い犬こそ、フェンリル騎士隊の隊長ことディートリヒ公爵様

      とある魔女の呪いでデカ白い犬にされてしまっているんですな

      このディートリヒさんと二人三脚だが何脚だが数えづらい日々をすごしつつ、

      フェンリル騎士隊の宿敵である「狼魔女」に立ち向かっていく……というお話し。

       

      あらすじ的には「冴えないと考えている女の子のところに、

      彼女を一途に思う地位もお金もある男性がやってきて恋に落ちる」という

      いわゆるハーレクインロマンスの筋立てではあるんですが、

       

      モフモフ感が抜けないのがいかにもジャパニーズラノベではあります。

      いわゆる異種婚姻譚の要素もあるから、おとぎ話に近いかもしれませんね。

      ディートリヒは四六時中イッヌだし、メロディアはメロディアで夜に狼になってしまうのを

      バレまいと悪戦苦闘しつつ二人は仲を深めていくのでございます

       

      お話が進むにつれ、いろいろなことが明らかになっていくのですが、

      ディートリヒのメロディアに対する愛は不変というか不動というか

      愛がエベレスト並みに揺るがないというある意味で豪儀でございます。

       

      メロディアもディートリヒが犬だからと決して見くびったり奇異の目で

      見たりせずあくまで彼をひとりの殿方として接していて

      このあたりヒロインの性格が好感のもてるように書かれていますね

       

      最終的には「狼魔女」の悲しくも切ない秘密が明らかになり、

      それを打ち破った二人は晴れて結ばれることになるのですが、

      そこに至るまでのモフモフ成分がなかなかのもので、

      このあたりは犬好きにはたまらない描写満載となっています。

       

      本編のあとに、脇役の人物にスポットを当てた短編ふたつと、

      エピローグ的に穏やかな日々をすごすことになった

      メロディアとディートリヒのデート情景の短編ひとつ

      収められており、その意味でもなかなかにお得感がある一品です。

       

      女性向けレーベルではありますが、穏やかで見守る感じのしっとり感は

      「雪国狩り暮らし」にも通じるものがあって、そこは性別にかかわりなく

      楽しめるのではないかと思われます。なかなかのおススメでございますぞ。

      2020.08.04 Tuesday

      『姫様、拷問の時間です』3巻

      0

        おはようございます、Ticoさんです。

        今朝はちょいと薄曇りのおおさかですが、

        湿気はそれほどでもなく、夜は窓を開けてすよすよと眠れました

        うむ、やはりクーラーつけっぱはしんどいらしい。歳ですな

         

         

        さて、本日のブログ記事は

        「『姫様、拷問の時間です』3巻」

        今日発売のこちらの感想などを。

        ネタバレは抑え気味にしていますが、単行本派の方はご注意ください

         

        IMG_6874.PNG

         

        第3巻表紙は「嫁にしたいナンバーワン」の声が高い最高位拷問官のトーチャー

        おもてなしの心に富んでいて、料理は作るのも食べるのも好きな、

        仕事はまじめにこなすけど、融通も利かせられる、とても優しいお姉さん。アレ?

         

        この作品、「拷問」と称して、国王軍の捕虜である姫様に魔族たちが

        「ほーら、こんな美味しそうな料理食べてみたくないか?」

        「ほーら、こんな楽しそうなことやっていないか?」

        と迫って、結果的に姫様は秘密を話しちゃうし、満喫しちゃうという

        拷問の定義を根本から揺るがしにくる作品です。接待じゃねえか。

         

        1巻2巻では、まだグルメ系でまとまっていたのですが、

        話数を重ねるにつれ、なんかどんどん「拷問」が楽しい方向に進んでいきます

         

        IMG_6875.jpg

        【どこからどうみてもビーチバカンス。というかここ魔界なの?】

         

        IMG_6878.PNG

        【近所の公園で幼稚園の運動会。魔界って公共インフラ整っていますね】

         

        もちろんグルメ枠も健在。といっても豪勢なご馳走ではなく、

        あくまで庶民的な「ああ〜、これ美味しいッスね」という代物がずらりと

        並ぶのですが、意外と姫様も好みが庶民的。あとたまに自分なりの

        こだわりを伝えてきたりします。うーん、接待かな?

         

        IMG_6877.PNG

        【フライドポテトへのこだわりぶりに聖剣エクスもツッコミが追いつかない】

         

        IMG_6880.PNG

        【チャーハン作るよ! 火力は破壊神の獄炎の剣だよ! 使い方間違ってない?】

         

        IMG_6879.PNG

        【いつのまにかコタツでくつろぐ姫様とトーチャー。年末の日本か?】

         

        Ticoはアプリ版で毎週最新話を追いかけているのですが、

        コメント欄を見てると、確実に勢力を増しているのが「魔王様のファン勢」

         

        魔王様、国王軍の敵、人類の敵のはずなんですが、

        めっちゃジェントルマン・めっちゃ家庭人・めっちゃ話の分かるボス

        でございまして。えーっと、魔王の定義ってなんだっけ。

        そういえば勇者相手の戦いでも魔王様から攻撃した描写ないんだよな。

         

        IMG_6876.PNG

        【子供の運動会に備えて鍛錬をする魔王様……あー。パパさんあるある】

         

        IMG_6881.PNG

        【家族団らんの時間にイケメンムーブを見せる魔王様。というか奥様美人ですね】

         

        IMG_6882.PNG

        【そして「優しさを利用しちゃいけない」。人倫を弁えている魔王様】

         

        アプリのコメント見てると

         

        • 姫様なさけない可愛い勢
        • トーチャーさんお嫁さんにしたい勢
        • 魔王様に雇ってほしい勢

         

        それぞれ対立することもなく共存しており、実に平和に盛り上がっております

        そして皆一様に声をそろえるのが、「これ絶対に戦争の原因って人間側だろ」で。

        どうみても魔界の方がインフラ整っていて、環境よくて豊かなんだよなあ

         

        しかし驚くのは作者さんの引き出し具合です。

        これでもかこれでもかとマンネリ化せずに「拷問」の内容を引っ張り出してきて、

        いやー、これがプロの仕事か。毎週楽しみにしています。

         

        そんなこんなで単行本3巻は本日発売! 4巻も冬に出るそうです。

        姫様がもてなされてダメになっていく過程を見守ろう。おススメです!

        2020.07.31 Friday

        『異世界美少女受肉おじさんと』2巻

        0

          おはようございます、Ticoさんです。

          なんでしょうねえ、この「夏の暑さなのに異常な湿気」。

          夏ってのはこう、濃い青空に雲がぽっかり浮かぶ感じのはずが

          なんというか、もう雨季! オフトゥンいつ干せばいいんだい!

           

           

          さて、本日のブログ記事はコミックスの感想など。

          『異世界美少女受肉おじさんと』2巻

          こちらを取り上げたいと思います。

          サイコミで絶賛連載中の異世界TSドタバタコメディ。

           

          なお、単行本二巻はちょっと変わった販売方法で、

          電書版が7/30に発売済紙ベースの単行本が9/18発売となっています。

           

          IMG_6849.PNG

           

          前回の紹介記事からテキストを借りると、


          ありていにいえば30オーバーのおじさん二人が異世界転送されて

          片方が絶世の美少女(しかも魅了スキル持ち)にTSした挙句

          スラプスティックエキセントリックラブコメディです。

           

          うん、やはり狂気しか感じないなこの設定。

           

          IMG_6850.PNG

          【魔王退治の旅なんですが、気ままぶらり旅感が抜けない。つか缶ビールって】

           

          TSしちゃった美少女(元おっさん)の橘さんと、イケメンダンディの神宮寺さんの二人旅。

          案の定というか、橘さんの美少女ぶりが各地で騒動を巻き起こします

          なにせ愛の女神の祝福と呪いを同時貰いですからね。こいつぁひでぇや。

           

          IMG_6851.PNG

          【街中で顔を見せるな! とエレファントマンみたいにされた橘さん】

           

          橘さんの魅了は確実に神宮寺さんを蝕みつつある感じなのですが

          ちょくちょく入る幼いころの回想を見るあたり、

          「ンン〜、その感情ってTSしちゃう前から実は持っていない?」

          人のわるい笑みがニヨニヨしちゃうあたりが良いですねえ

           

          IMG_6853.PNG

          【ちょっとした弾みでお互いに意識しちゃう二人】

           

          二巻に入って、どうもお互いに意識しちゃっているというか、

          「意識してるけど敢えて考えないようにしている」あたりの

          絶妙さがなんとも良い味わいですデリシャス

           

          IMG_6854.PNG

          【彼シャツ姿の橘さんに神宮寺さんはソワソワだ!】

           

          この作品のポイントは、絶世の美少女になった橘さんの

          「本気モード」(めっちゃ可愛く見えるコマ)を敢えて絞っていること。

           

          まさにこれって神宮寺さんの視点で、普段は気の置けない親友ポジのつもりでも、

          なにかの拍子に胸がときめいてしまって困ってしまう感じで実によいですな。

          外野に煽られて橘さんのバニー姿やメイド姿をイメージしてしまって

          バッチリ魅了されてしまって「結果がコミットしている」」あたりはニヨニヨしかありません

           

          IMG_6855.PNG

          【なんのかんので続く二人旅。まず気の置けない友人関係ではあるんですよ】

           

          前回の記事でも「友情と愛情のすみわけは可能か?」というテーマがあるのでは、と

          考察しましたが、敢えて言うと「男女間で友情は維持できるのか?」とか、

          または作中で橘さんが洩らしていたように性別は魂と肉体のどちらに宿るのか?」とか

          センシティブな主題をあっけらかんとギャグテイストにしてるあたりがなかなかスゴイです。

           

          橘さんと神宮寺さん、お互いに信頼しているし、気心知れているんですよね。

          その精神的な繋がりが性別の転換でどう変わるのか、あるいは変わらないのか

          まあドタバタが続きながらも旅の中で確かめていくんでしょうね。

           

          とまあ、いろいろ難しく書いてみましたが、うん、ひとまず、

          「ステ振りはすごい大雑把な異世界ファンタジードタバタギャグ」なので、

          割とケラケラ笑いながら読める楽しい作品です。おススメ!

          2020.07.30 Thursday

          『人形之歌』2巻 〜ドールズフロントライン

          0

            おはようございます、Ticoさんです。

            こちらおおさかは昨日あたりからようやく「梅雨明け?」

            な感じなのですが、曇天じめじめに変わりなく。

            そうかと思っていれば東北で河川氾濫とかで、

            母者が「文学の舞台がみんなエライことになっとる」と嘆いておりました。

            あの暑いけど穏やかな夏はどこへ行ったんでしょうねえ。

             

             

            さて、本日のブログ記事は

            「『人形之歌』2巻 〜ドールズフロントライン」

            と題して、ドルフロ(少女前線)の公式コミカライズの感想などなど

            ゲームのメインシナリオをなぞりつつ、細部ではかなりアレンジが入っている

            本作なのですが、前回記事でも取り上げた「設定の妙」について取り上げたいと思います。

             

            IMG_6840.PNG

            【2巻の表紙。凛々しいM4A1をメインに、AR小隊勢ぞろいですな】

             

            公式コミカライズだけあって、たぶん開発元の監修なり設定提供なりあるのでしょう、

            いろいろと「ゲーム内では描かれなかったこと」がコミカライズでは視覚化されています。

             

            IMG_6842.PNG

            【電脳空間でアバターを使ってのブリーフィング!】

             

            考えてみれば電子戦向きの人形がいたり、フルダイブする機能が備わったりしてますから、

            電脳世界のVR空間で打ち合わせは理にかなっているんですよな

            作戦の地形図とかも視覚化して伝えやすいですし。

             

            IMG_6843.PNG

            【他の指揮官との共同戦線! 支援部隊を使う時ってこんな感じかなア】

             

            インゲームではメインステージの支援部隊として友軍を呼べますが、

            実際にはなるほどこんな感じになるよね、と。

             

            ところで作中では主人公指揮官のジャンシアーヌが主導権とってますが、

            このあたりは本部から適宜優先順位が割り振られるのか

            それとも要請→支援の形でピアツーピアっぽい感じなのかが気になりますな。

             

            IMG_6844.PNG

            【電子戦の様子。フルダイブして視覚化した電脳空間とは懐かしい描写ですな】

             

            インゲームだと特にイベントで割と目にする電脳世界での戦いですが、

            なるほど施設へのクラッキングの描き方はこうなるのね、と。

             

            電子戦や電脳戦はTicoの二次創作ではあまり意識してなかったので、

            今後取り込んでいきますかなあ。

             

            IMG_6848.PNG

            【力尽きた人形の蘇生について。かなり分かりやすい描写です】

             

            素体のコードを読み取ればバックアップから復活可能人形ゆえの強み

            もっとも「秩序乱流」では、グリフィン本部のサーバがある事情でダウンして

            戦死=本当の死、という状況下での彼女達の戦いぶりや生き様が描かれましたね

             

             

            と、こんな感じでかなりツボにくる設定がもりだくさんで、

            これは二次創作でお話し書いてる指揮官的にはマストアイテムとなっております。

             

            なお、コミカライズ本編もなかなかテンポがよく

            グリフィンによる鉄血基地への強襲作戦、お待ちかね404小隊の登場、

            そしてM16と416の私闘とかとか見どころ盛りだくさん

            あと、割と脇役ポジの人形達は上記のスコーピオンなどのように、

            星3クラスの人形を起用しているのもなかなか上手いところですね。

             

            なお、雑誌の連載本編では、グリフィン基地が襲撃を受け

            クルーガー社長が登場したり、指揮官のジャンシアーヌが不承不承、

            武装して鉄血を迎え撃つなどもあるようで、なかなか楽しみです。

             

            買って損はなし、お話し自体もガッツリ楽しめて

            準公式設定資料集としても使える本作。おススメですぞ!

            2020.07.29 Wednesday

            北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし 〜契約夫婦がめぐる四季〜

            0

              おはようございます、Ticoさんです。

              どうもスッキリしない天気が続いていますが、

              ネットで見かけたネパール人を名乗る方のツイート

              「これは夏というより雨季です。亜熱帯です」とあって、

              そっかー雨季かー、ゲリラ豪雨はスコールかーとげんなりです。

               

               

              さて、本日のブログ記事はブックレビュ―。

              「北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし 

               〜契約夫婦がめぐる四季〜」

              前にコミカライズ版の紹介記事を書きましたが、原作小説のテイストや

              料理や自然の描写が気になって、短編集を買った次第です。

               

              IMG_6834.PNG

               

              コミカライズ三巻の最後で晴れて結ばれるリツハルドとジークリンデですが、

              この短編集は、その結ばれるまでの最初の一年間

              お互いに「夫婦のような恋人のような、ふわふわと甘い時間」をすごす様子を、

              なんと奥さんであるジークリンデ目線で描いています

               

              原作の小説やコミカライズ版では、あくまでリツハルド視点なので、

              これはなかなかに目新しいですね。おかげで新鮮に読むことができました。

               

              読んでみて驚いたのが、雪国生活の料理や食べ物のこれでもかという描写

              参考文献からやはり舞台のイメージはフィンランドなんでしょうけれど、

              いろんな保存食づくりなどがこれまた美味しそうで。

               

              あと、ジークリンデがリツハルドに対する感想が、「とにかく可愛い」

              ほんわかで柔らかい物腰の旦那を可愛いと感じるジークもまた可愛さMAXで、

              なんだ? 読者を尊死させる気か? と言わんばかりで。

               

              最初からジークリンデはリツハルドを好ましく思っていて、

              生活を共にするうちに、自分をベタ褒めしてくれるリツハルドが

              もう愛しくて愛しくて仕方ない感があふれております

               

              IMG_6835.PNG

              【リツハルドは顔を見るとジークの言う通り「妖精さん」みたいなのですが】

               

              メインは、冬・春・夏・秋、それぞれの季節ごとの暮らしぶりを

              ジークリンデ目線で綴っていくのですが、これのおまけとして、

              同じ場面でリツハルドはどう思っていたか、というミニエピソードがついていて。

               

              そして、お話で重要な脇役であるアイナやエメリヒなどのミニ短編が入っていて、

              結果として初々しくキラキラとした雪国での契約夫婦の最初の一年間が

              繊細かつ丁寧に描かれています。

               

              あとがきを見ると、作者の江本マシメサ先生は本作で50冊目の本だそうで。

              チョット調べてみた感じ、いろいろと挑戦されているみたいで、

              買い集めて読んでみるのもいいかなあと思ったり。

               

              とりあえず次あたりは似たテイストの『タイガの森の狩り暮らし』とかがいいのかなあ

              書かれている作品をざっと見た感じ、男女のペアが幸せ系で紡いでいく感じの話しが

              多いみたいで、ちょっと調べて読み込んでみましょうかねえ。

              2020.07.28 Tuesday

              火曜のジャンププラスがなかなかイイ

              0

                こんばんは、Ticoです。

                いやー、毎朝更新のブログがこんな時間になってしまいました

                朝起きて体調がわるかったのもあるんですが、ウン、ネタが切れていました。

                休憩時間にスマホをぽちぽちしていて、「これは!」と思ってこの時間の更新です。

                 

                 

                というわけで、本日のタイトルは、

                火曜のジャンププラスがなかなかイイ

                と題してお届けします。

                 

                IMG_6833.PNG

                 

                ジャンププラスはWEBとアプリで展開している電子雑誌ですが、

                曜日ごとに連載が決まっていて、毎日違った連載が更新される形になっています。

                 

                火曜日は前から「姫様、拷問の時間です」が掲載されていたので

                要チェック日なのですが、このところ新連載だのなんだので結構にぎわってまして

                 

                IMG_6827.PNG

                【この通り、全話読んでしまいました】

                 

                新連載の「ゲーミングお嬢様」や「GHOST GIRL」が

                なかなかツボなので気に入ったのがポイントですねえ。

                 

                IMG_6826.PNG

                【新連載二回目ながら好評のオカルトアクションコメディ、GHOST GIRL】

                 

                IMG_6828.PNG

                【絵の美麗さがすさまじいうえに、お話作りがいちいち上手い】

                 

                「GHOST GIRL」は売れないアイドル(28)が得意な霊媒体質を活かして

                悪霊狩りをするのですが、ノリはコメディ&アクション

                パートナーの守護霊くんが真正のロリコンというのがミソ。

                 

                IMG_6830.PNG

                【もうすぐ単行本3巻が出る「姫様、拷問の時間です」】

                 

                IMG_6831.PNG

                【そういえば姫さまって凄腕の剣士でしたねと再確認】

                 

                この作品のコメント欄はすっかり「魔王様の動向を楽しみにする」勢となっており、

                今回についてはある悲劇について魔王様に同情のコメントが寄せられています。

                えーと、魔王ってそもそもなんだっけ。

                 

                IMG_6829.PNG

                【ゲーミングお嬢様。意味不明ながら名言しか出てこない】

                 

                一応、注釈はついているのですが、あまりに用語を連発するので

                おっつかないというか、諦めてるな編集部?

                 

                IMG_6825.PNG

                【読み切りだった「あくまのこどく」。一見えちち系に見えますが……】

                 

                IMG_6832.PNG

                【中身はかなり色ボケ漫才、ツッコミ役が悪魔とゆー】

                 

                こういう読み切りでも結構読ませる作品がちょいちょい入ってくるので

                あなどれないのですよねえ。

                 

                他の作品もなかなか楽しいのが多く、こりゃー毎週火曜が楽しみだわ、と。

                まあ各曜日それぞれで気になる作品はあるので、毎日アクセスするんですけどね

                前にも記事に書きましたが、アプリ版はUIが軽くて使いやすいのもいいですねえ。

                2020.07.23 Thursday

                北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし

                0

                  おはようございます、Ticoさんです。

                  今週末が梅雨の断末魔らしいという話ですが、

                  今朝とか気温は低いわりに湿度がMAX

                  不快指数たまりませんな。あちー。

                   

                   

                  さて、本日のブログ記事はコミックスのご紹介。

                  北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし

                  こちらでございます。連載はWEB媒体の「コミックPASH」なのですが、

                  Ticoが本作を知ったのはpixivコミックだったりします。

                   

                  snowland.jpg

                   

                  原作は「小説家になろう」で連載されていた小説ですね。

                  作者は江本マシメサ先生。本作で賞を取られていたりします。

                  作画は白樺鹿夜先生。やわらかいタッチながらしっかりした描写が本作にピッタリです。

                   

                  キャッチにあるように、雪国での狩猟採集の暮らしを丁寧に描きつつ

                  その中で「契約結婚」したカップルがゆっくり愛をはぐくむのを見守る感じの作品

                   

                  IMG_6794.PNG

                  【上が奥さんとなるジークリンデ。下が旦那さんとなるリツハルド】

                   

                  雪の辺境の地方領主(というかド田舎領主)であるリツハルドは、

                  とある夜会で軍の礼装に身を包んだ男装の麗人ジークリンデに一目ぼれ

                  結婚を申し込む彼に、彼女は「一年間、仮の夫婦として過ごしてみよう」

                  と提案し、雪国での二人の暮らしが始まります

                   

                  特筆すべきは、なろう系にも関わらず、

                  リツハルド28歳、ジークリンデ31歳という年齢設定なかなか絶妙です。

                  しかし、姉さん女房で軍隊経験者。ジークリンデつよい

                   

                  IMG_6795.PNG

                  【一応、伯爵領とはいえ、なにもない雪国。生活には狩猟採集が欠かせません】

                   

                  お話は、雪国ならではの生きていくためのイロイロを日常描写で描きつつ

                  そんな中で主人公二人の静かな心の交流を見守っていく感じです。

                   

                  基本はリツハルドがいろいろ教えていく感じなのですが、

                  ジークリンデも決して楽ではない暮らしを嫌がらずに積極的に学ぼうとします

                  この、「お互いにリスペクトを忘れない」カップルって尊いですよね。

                   

                  IMG_6798.PNG

                  【ザリガニ漁もありますが、これは限られた時期だけのご馳走だとか】

                   

                  まあ、ちょっとした波乱がなくもないのですが……

                  集落の人は「異邦人」のジークリンデにつれなく当たりますし

                  (このあたり、割と複雑な事情が背景にあるのですが)

                  あるいはジークリンデに惚れていた戦友がやってきたりしますが

                   

                  とはいえ基本的に二人の仲が大きく揺らぐことはなく、

                  そういうハードルを越えていくうちにちょっとずつ親密になっていきます

                   

                  IMG_6796.PNG

                  【手ずから獲ってきた食材で囲むあたたかい食卓、イイね!】

                   

                  とはいえ、お互いにどうも奥手で見てて歯がゆいところもあるのですが、

                  たまに状況的にリツハルドが「頭がぼんやりしている」時などは、

                  ジークリンデへの「好き」があふれて大胆な行動に出るのですが……

                  それに対する彼女の反応は作品をご覧になってのお楽しみです

                  ジークリンデさん、すんごいイケメンレディです。

                   

                  IMG_6797.PNG

                  【コミカライズ連載では47話まで続いていて、そろそろ完走間近?】

                   

                  3巻でお互いに心を確かめ合った二人ですが、

                  その後もゆったりした日々は続いていき……

                  そうこうしてるうちに思いがけないことが起きるのですが、

                  これはもう作品を見てのお楽しみです。

                   

                  結構見どころなのは、当初はきりっとした男前の顔のジークリンデが

                  少しずつ柔らかい顔になっていくあたり、なんというか、

                  「仮の夫婦を一年間」と言い出したのは彼女なりに

                  想いをよせてくれる人に合わせるために自分を変えていったのかなと思うと、

                  なんちゅーイイ女やないか……となりますね

                   

                  コミックスは4巻まで出ています。もう一組のカップルの話しがあったり】

                   

                  派手な立ち回りもドキドキハーレムもなく

                  ただ雪に閉ざされたスローライフと、カップルがはぐくむ愛を見守るという、

                  ゆったりのんびりした作品ながら、不思議な味があります。

                   

                  なかなかの名作だと思いますので、コミック掲載サイトをご覧になって、

                  興味を持たれた方はぜひコミックスを! お勧めですぞ!

                  2020.07.22 Wednesday

                  ゲーミングお嬢様

                  0

                    おはようございます、Ticoさんです。

                    月曜火曜は割と晴れ間があって「夏?」という感じですが、

                    今朝はどんより曇って、梅雨が「我はまだ死なぬ……」と

                    這い出してきた感じがありますな。

                    もしかして夏らしい夏って8月しかないのでは。

                     

                     

                    さて、本日のブログ記事は話題のリニューアル新連載。

                    ゲーミングお嬢様

                    こちらをご紹介したいと思います。

                    ジャンプルーキーで話題となった本作

                    元々の作者を原作にして、作画担当をつけたうえで、

                    ネット媒体のジャンププラスで新連載開始です。

                     

                    IMG_6789.PNG

                     

                    原作は大@nani先生、作画は吉雄もこもこ丸まさお先生。

                    ちなみにジャンププラスのアプリで話題のルーキー作を読めるのですが、

                    結構イイ感じのが見つかったりして、このあたりの懐の深さはさすが集英社

                     

                    IMG_6780.PNG

                    【設定はいろいろ考えちゃいけません。ノリに乗っかるのが大事】

                     

                    内容はお嬢様ゲーマーが格闘ゲームでしのぎを削り合う、という

                    「ごめん、何言ってるか分からない」感じなんですが、

                    うん、正直「ついてこれるやつだけついてこい!」なノリです。

                    シンフォギアかよ、っていうか割と近いスメルはします

                     

                    バリバリに格ゲー用語が出てくるし、それに対する注釈はほぼないし、

                    お嬢様と言いつつ顔芸はすごいし、言葉もお上品とチンピラが混在しているし

                    なんか混然一体となって怒涛のように押し寄せる勢いに

                    乗れるかどうかが鍵でございましょう

                     

                    IMG_6787.PNG

                    【元作の台詞回しは健在、作画はパワーアップ】

                     

                    しかし主人公の隆子お嬢様の名言がこれでもか飛び出し、

                    それが勢いよくポンポンでてくるのは、ノリに馴染めば実に軽快に楽しめ

                    格ゲー対戦においては、なんかもう某バ○とか某ケン○ンア○ュラばりの

                    殺意のぶつかりあいがあって、おいこらお前らどこがお嬢様やねん

                     

                    IMG_6785.PNG

                    【ゲーミングお嬢さまだからね。光るのは当然だよね!】

                     

                    案の定、アプリ版のコメントでは

                    「用語がわからねえ」「ニッチすぎてわからねえ」という感想に、

                    「このワードはこういう意味なんですよ」と注釈コメントをつける読者がいて、

                    ああ、これ編集部はわざと作品中で註をつけなんだな、と納得したり

                    (用語の教え合いでも読者の間で盛り上がると見たんでしょう)

                     

                    とりあえず騙されたと思って読んでみてください。

                    用語がわからないなりに、登場人物のキレッキレの台詞回しと

                    作画の顔芸のすさまじさに割と楽しめると思います

                    まーたとんでもないヤツの新連載が始まったもんだ。

                    2020.07.14 Tuesday

                    『パリピ孔明』2巻!

                    0

                      おはようございます、Ticoさんです。

                      今週もじーめじめ雨でございますね。

                      まあ気温低めなのがマシですが、九州は暑いそうで。

                      なんとなく「天気の子」を見たくなってしまう気候です。

                      AmazonVideoでレンタルしてるけど、買っちゃうかなあ……

                       

                       

                      さて、本日のブログ記事は

                      『パリピ孔明』2巻!

                      と題して、あの話題作の最新刊をご紹介いたします。

                      あ、ネタバレは伏せ気味でまいりますよ。

                       

                      2020-07-06_00-33-07_605384.jpg

                       

                      新人歌手、月見英子をスターダムにのしあげるべく策を巡らす孔明この時点でぶっ飛んでいる)、

                      2巻は野外音楽フェスでの逆境克服から始まります。

                       

                      ここでの孔明は冷静に「敵」を見極めつつも、単なる戦とはとらえずに

                      あくまでも「英子がこれからスターになるには」を念頭において動いています

                      むう、なんという策士。

                       

                      suku0204190615.jpg

                      【敵の弱点を見抜き、自陣の逆転に繋げる知略の冴えはお見事!】

                       

                      ただ、孔明も現世日本に転生してパリピ人生を送ることで、

                      なにかしら考えるところがあるのか「生前はこうだったけど」で

                      改めるようなこともあって、そのあたりもなかなかグッときます

                       

                      1581996938474.png

                      【かつてはこれだったのが】

                       

                      parip13.jpg

                      【いまはこれ。ノリノリやないか】

                       

                      孔明さんはあくまで孔明さんではあるのですが、

                      その実、結構、現世のパリピの感覚に上手く自分をチューニングしてある感があって、

                      え、アンタ実は聖杯戦争で座から召喚された英霊じゃないよね?」と疑いたくなるのですが。

                       

                      10834108156708586421-255fe573fb130986829556c40557c3ba.jpg

                      【英子が掴もうとしたスターダムへの道、それには厳しい条件がついていて……】

                       

                      英子の望みをかなえるためには「仲間」が必要という孔明

                      今度は「ラッパー」が必要だなどと言い出し、これが2巻後半からのエピソードなのですが

                      これがまたぶっ飛んだ第一種接近遭遇をやっていてなかなか笑えます

                       

                      孔明はあくまでも孔明。しかしなぜこうもパリピに馴染んでいるのか

                      ぶっ飛び設定ながら、ミュージックシーンを取り巻く熱いドラマ

                      最新刊もお勧めですぞ!

                       

                      C5100081005661.jpg

                      しかし2巻も表紙が飛んでますねえ

                       

                      【コミック第一話を公式ボイスドラマ化。孔明さあ……CV的にホントに英霊じゃないの?】

                      Calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << August 2020 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      • 鹵獲! 鹵獲!
                        Cattail (03/21)
                      • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
                        Tico (02/08)
                      • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
                        Lumina (02/08)
                      • 艦これ クリスマスシーズン!
                        Tico (01/11)
                      • 艦これ クリスマスシーズン!
                        Lumina (12/20)
                      • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
                        Tico (12/01)
                      • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
                        Lumina (12/01)
                      • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
                        Tico (10/26)
                      • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
                        Lumina (10/26)
                      • 艦これファンジンSS vol.4 「命短し恋せよ艦娘」
                        Tico (10/01)
                      Recent Trackback
                      Recommend
                      吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中
                      吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中 (JUGEMレビュー »)
                      吉田直樹
                      FF14の吉田PDの雑感コラム、最終巻! ゲームの裏側、仕事の作法、企画の考え方、そしてゲーム屋さんとしての生きざまなど、今回もうならせる内容です。
                      Recommend
                      吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中
                      吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中 (JUGEMレビュー »)
                      吉田直樹
                      FF14のPにしてDである吉田直樹氏が四方山話を語る連載コラム! 開発の裏側から仕事のやり方、ゲーム業界への意見など、その話題は実にワイド!
                      Recommend
                      吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか
                      吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか (JUGEMレビュー »)
                      吉田直樹
                      FF14を文字通り「建て直した」プロデューサー兼ディレクターである吉田直樹氏の連載コラム! FF14新生の裏側がこれ一冊でよくわかる?
                      Recommend
                      Recommend
                      Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】
                      Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】 (JUGEMレビュー »)
                      ゲーム・ミュージック
                      FF14を彩る珠玉のBGM、そのオーケストラコンサートの様子を収録の一本! あの思い出の曲が大迫力でよみがえる!
                      Recommend
                      ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC)
                      ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC) (JUGEMレビュー »)
                      オノ・ナツメ
                      「ACCA13区監察課」のオノ・ナツメが送る、日常系ゆるやかストーリー。初老の作家と彼の息子、そして娘婿が織りなす、たのしい日曜日の過ごし方。
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM