われら銀河をググるべきや

0
    われら銀河をググるべきや―テキスト化される世界の読み方 (ハヤカワ新書juice)
    われら銀河をググるべきや―テキスト化される世界の読み方 (ハヤカワ新書juice)
    新城 カズマ

    なかなか壮大なような意味不明なようなタイトルですが、
    ここでいう銀河とは「グーテンベルグ銀河」、
    つまりは既存の出版物そのものを指しているようです。
    ちなみにタイトルはある作家の自伝のパロディです。

    著者はSF作家の新城カズマ氏。
    「蓬莱学園」のグランドマスターとしての経歴が
    Ticoはよくおぼえてますね。小説面白いです。

    さて、グーグルが絶版書籍を電子化して検索可能にして
    公開するよーと言った時に氏が色々調べ始めて、

    「これってどういうことだろう?」
    「出版業界にどんな影響があるんだろう?」

    という、作家としてはごくごく当然な疑問を持って
    ブログ上で考察を始めたことがきっかけとなっています。

    電子化に対する米国での動き、あちこちの意見などを引用しつつ、
    SF作家ならでは考察を進めていきます。途中おちゃらけながらも
    氏が考えるビジョンはなかなか鋭くて、そしてユニーク。

    特にGoogleビジネスの本質を見抜いているのはさすがというべきか、
    ユーザーは無料で情報を検索して得ているようにみえて、
    実はそうではない。サイトの広告面価値に影響を与えることで
    結果としてGoogleのために働いているのだ、という視点は
    なかなかにうならされるものがあります。
    あるいは氏も『フリー』を読んでいたのか。

    出版物の電子化というものを一法人にゆだねるべきかということを
    氏は懸念しているようですが、そもそもインターネットが出た時点で
    こうなる動きは避けられなかったのだと考えているようです。

    現在の著作権は17世紀に考案されたもので、
    急激な変化を起こしている現在のデジタル社会についていけず、
    「近代」に考案された「個人」と「所有」の概念を見直す時期に
    来ているのかもしれないと結論付けています。

    Googleの出現ですべての情報が検索可能になり、
    あらゆる情報や知識が公共財になり、
    人類文明が一個の「有識の共和国」になる……
    絵空事のようにみえてネットの発達を考えると
    あながちホラとも思えない考察です。

    近代に登場した国民国家というものの限界がきているのでは
    という考えはTicoも最近持ち始めていたのですが、それは
    経済とか環境とかいった切り口でのこと。

    デジタル情報の観点から国民国家の限界を
    見抜いたくだりはなかなか刺激的でした。

    まあ、実際には、Googleの書籍検索化にはあちこちで反発もあるようで、
    一方でGoogleの代理人もあちこち駆け回ったり、新しい出版のあり方を
    巡ってあちこちで駆け引きが行われているようです。

    ひょっとしたら、いまの我々は文明的な特異点を迎えつつある、
    あるいはとっくに通り越したのかもしれません。
    そんなことを考えさせる一冊でした。

    これからの「正義」の話をしよう

    0
      これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学
      これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学
      マイケル・サンデル,Michael J. Sandel,鬼澤 忍

      巷で話題の、マイケル・サンデル著
      『これからの「正義」の話をしよう』を読みました。

      著者はハーバード大学で政治哲学を教える教授。
      講義の「Justice」は一番人気を誇る白熱授業なのだそうです。

      実際に本を読んでみるとむべなるかな。
      「正義とはなにか? なにが正しいことの基準なのか?」を
      キークエスチョンにして文章が展開していきます。

      まず本自体の感想から述べると、大変読みやすく、
      わかりやすく、そして知的刺激にあふれた本でした。
      ベンサム、カント、ロールズ、アリストテレスといった
      歴史上の哲学者の思想も引き合いにだしながら、
      それらを実に丁寧かつ明快に解説しています。

      特にカントなんぞベストオブ読みにくい本で
      Ticoも大学時代は哲学科でしたから手をつけたものの
      難解すぎて早々に投げ出した記憶があります。
      それをあそこまで分かりやすくほぐしたのはお見事!

      また、時折挿入される「実例」も理解の助けとなっています。
      アメリカだけにパープルハート勲章の授与とかがでてきますが、
      あえて日本版の実例を挙げてみるとこんなところになるでしょうか。

      ・ニート支援対策に国費を投じるべきか。
      ・法人税を下げて消費税を上げるのは妥当な措置か。
      ・NHK受信料の支払いを拒否するのは正しいのか。
      ・在日外国人に参政権を付与するべきか。
      ・過去の植民地支配に対して韓国に謝罪すべきか。

      上三つはともかく、下二つはなかなかセンシティブな問題ですね。
      とはいえ、Ticoは読みながら上記のような疑問を設定しては
      うんうん考えてみたりしたのですよ。

      さて、面白さでは折り紙つきといえる本書ですが、
      注意すべきなのは、著者なりの主張があって、それに沿って
      引用がなされたり、論旨の展開が行われていることです。
      別にこの本に限ったことではないですけどね。

      サンデル氏がお嫌いなのは、
      幸福を計量可能なものとして扱い、
      最大多数の最大幸福の実現こそ正しいとする
      ベンサムに代表される功利主義。
      そして、個人の自由こそ至上のものであり、
      それを束縛することはどんな理由でも許されないとする
      リバタリアニズム(自由至上主義)。

      この二つについても分かりやすく解説してるのですが、
      一方で反証としてあげてくる論旨は極端な例を設定しています。

      逆にサンデル氏がお好みなのは、
      カント、ロールズ、アリストテレス。
      これらについても丁寧な解説と、公平を期すために
      それぞれの思想の弱点もあげているのですが……

      どうも呼んでいて好き嫌いの哲学思想で、
      特に弱点部分の取り上げ方にえこひいきを感じました。
      まあお好み三者がサンデル氏の主張の基礎になってるから
      致し方なしとはいえ、鵜呑みにして読むと危ないなあ。
      こういう本に手をだす人は、リテラシー訓練は
      積んでいるとは思うのですが。

      最後にサンデル氏が主張するのは、共同体の連帯です。
      これに従うことがどうやら適切な正義という位置づけでして、
      その結論にはかなりの説得力があります。

      たとえば、
      日本に住んでいて日本人ならではの美徳や思考を持っていて、
      日本という国に愛着を持ち、それに貢献することを正義と感じるのは
      まあ自然な流れでしょう。

      ですが、あえてサンデル氏が手をつけていない問題があります。

      ・共同体の構成員の資格はそもそもどのように定めるべきなのか?
      ・共同体同士で価値観が異なる場合何が正しい価値判断なのか?

      現代はグローバリズムの時代で、社会に次々と外国人が進出し、
      あるいは日本人も外国へ出て行く時代です。
      そして国と国はいやおうなく密接に関係することになり、
      どこかの国の問題は、その国だけで済む話ではなくなっています。

      いきなりコスモポリタンというのも無理な話ですが、
      「これからの正義」を話すのであれば、グローバリズム時代への
      処方をこそ論述すべきだったのではないかと疑問が残りました。

      ちなみにTico個人の考えとしては、グローバリズム時代に
      対処できる普遍的な正義というのはいまはまだ存在できないと思います。
      個々の人間や組織や国が持つそれぞれの正義をしっかりともちつつ、
      しかし、他者の正義もいったんは認め、そこから粘り強く対話を
      繰り返すことでしか、実際に有効な処方はないのではないでしょうか。

      と、なにやら熱く語ってしまいましたが、実に面白い本でした。
      読後の感想はもちろん、結論に対する評価も各個人で違うと思います。
      それは哲学的には適切なことですから、なんら問題にはなりません。
      読むことで価値観や判断基準を深く考える契機になるといいですね。

      フリー 無料からお金を生み出す新戦略

      0
        フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略
        フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略
        小林弘人,小林弘人,高橋則明

        ちょっと前にも話題になり、実際に仕事上で使いそうなので
        勉強のために買ってみた一冊。先週ようよう読了しました。

        割と分厚めの本でしたが、比較的読みやすい本でしたね。

        中身の紹介は各種のサイトがやっているのでここでは挙げませんが、
        個人的に面白いなあと思ったのが「無料」の概念が人の思考に及ぼす
        心理的効果の部分。

        お金を払うとなると、
        人はどうしても「それ払っていいの? 払う価値があるの?」と
        自問自答してしまい、それがえてして面倒に感じるのですが、
        無料になった途端にそのストッパーがはずれてしまい、あまり
        考えずにとびついてしまうというくだり。なるほどなあ。

        あと、無料を売りにした販売方式はいままでもありましたが、
        とりわけ現在ネット上で展開している無料ビジネスは、
        デジタルデータが無限に複製可能で限りなく原価をさげられる点が
        従来形式とは大きく違うのだと指摘しているところもなるほど、と。

        「潤沢にあるものを人は浪費してしまうものだし、するべきだ」
        なるほど、普段呼吸している空気の値段なんて考えないのと同じです。

        ただ、読み終えてふと疑問に思ったのですが、
        これらの無料ビジネスは往々にして一部の有料ユーザーが
        サービス全体を支えているわけです。

        となると従来型産業に比べて売上高という面では小さくなるわけで、
        いわゆる市場としては大きいものの、目に見える経済価値という点では
        むしろ縮小していくのではないかと。つまり雇用が減るのではないか?

        筆者は、確かに確認しやすい形の価値は小さくなるが、
        もっと目に見えない形で富は人々に還元されていると述べており、
        そこに賛成はするのですが、一方でいまあふれている無料ビジネスの
        多くが事業収益の部分で四苦八苦している現実を考えると、
        もてはやされつつも難儀な道行きではないかなと思う次第です。

        ひょっとするとこれは新たな産業の変換期にあるのかもですが、
        はたして来るべき時代の産業にどれだけの人が必要とされるのか。
        読み終えて、産業革命時代にラッダイト運動を起こした労働者の
        気持ちがなにか感じられて少々うすら寒い気にもなりました。

        まあ、私だって日々ネット上の無料サービスを使い倒していますし、
        その流れはいくら逆らっても止められるものではないのですが。うーん。

        野球部×女子マネ×ドラッカー

        0
          もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
          もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
          岩崎 夏海

          なんだかんだで買っちゃいました。
          NHKで紹介されていたドラッカー紹介本。

          いきなり本番にいってもイメージしにくいかなあと思ったので、
          まずはとっつきやすいところから読んでみる事にしました。

          表紙がちょいと萌え系であるのですが、中身はまっとうな青春小説。
          野球部のマネージャーになった女の子が、ふとした勘違いから
          ドラッカーの本をガイドブック代わりにマネジメントを始め、
          弱小野球部を甲子園へと連れて行くというストーリー。

          読み始めはちょっとぎこちない文章が気になりましたが、
          ドラッカーの言葉を元に徐々に野球部を活性化させていく筋立てと
          甲子園出場がかかった決勝戦での熱い試合への盛り上げ方が
          なかなかにうまく、一気に読みきってしまいました。

          読み応えはなんといっても、ドラッカーのマネジメント理論を
          野球部の運営に活かしていくところでしょう。
          マネジメントというと経営とか連想しちゃいますが、
          野球部という素材をうまく活かしてみせています。

          Tico個人はドラッカーの名前は知っていましたが、
          本は読んだことはありませんでした。
          マネジャーというと普通は管理職の人を連想しちゃいますからね。

          でもこの紹介本の主人公はあくまでも「女子マネ」なんですよね。
          顧問でも監督でもキャプテンでも選手でもない「マネージャー」なのです。
          言葉は同じでも意味合いが微妙に異なってくるという
          あえてこのチョイスをしたところに作者の発想が光っています。

          Ticoが読んでいて、すぐに本番のドラッカー本も読まなきゃ!
          と思ったのが次のくだりでございました。ドラッカーの言葉です。


          「マネジャーとは何か。その定義は何か……

           ……専門家が自らのアウトプットを他の人間と統合するうえで

           頼りにすべき者がマネジャーである。

           専門家が効果的であるためには、マネジャーの助けを必要とする。

           マネジャーは専門家のボスではない。

           道具、ガイド、マーケティング・エージェントである。」


          いまの会社に入って自分の立ち位置というものがいまひとつ
          はっきりと定義づけすることができず、ひそかに悩んでいたのですが、
          なにやらドラッカーの本に回答がひそんでいるように思いました。

          マネジャーというと、とかく管理職、リーダーやボスのような存在と
          思えますが、実際はそうではないのですね。ドラッカーによると。

          ちなみに参考になりそうなのがこちらのブログ

          補佐役であってもマネジメントを行っていれば立派なマネジャーなわけで
          この発想の転換は目からウロコ、実に新鮮で刺激的でした。


          さっそくマネジメントのエッセンシャル版を購入。
          昨日から読み始めてます。仕事やゲームで活かせるといいですネ。

          乙嫁語り

          0
            乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)
            乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)
            森 薫

            『エマ』でヴィクトリア朝英国での恋愛ストーリーで
            (メイドものでもありましたが……)
            人気を博した森薫先生が新作品で再開です。

            舞台は19世紀中央ユーラシアの遊牧民。
            主人公は20歳の花嫁アミル。でも花婿は12歳という超姉さん女房。
            弓も馬も上手なアミルですが、旦那が風邪ひいたらオロオロしまくったり、
            色々とかわいいところがてんこもりです。

            前作の『エマ』では、単なるメイド萌えにとどまらない、
            しっかりした時代考証とか舞台設定とか、柔らかいタッチの絵とかが
            Ticoには好みだったのですが、『乙嫁語り』でもそれは健在。
            特にアミルの着る民族衣装が実に華やかで素敵でございます。

            二ヶ月に一回の連載なので、付き合うにはなかなか根気が要りそうですが、
            楽しみにしながらじっくりと次巻を待つとしましょうか。

            ベホイミちゃん

            0
              新感覚癒し系魔法少女ベホイミちゃん (1) (Gファンタジーコミックス)
              新感覚癒し系魔法少女ベホイミちゃん (1) (Gファンタジーコミックス)
              氷川 へきる

              「思うに隊長はベホイミちゃんかもしれません」

              歯に衣着せぬLSメンの言葉で何のことやら分からなかったので、
              アマゾンで注文して買ってみたのがこのコミック。

              一見萌え系と思わせながら、実はグダグダギャグコミック。
              ただ、素でグダグダやっているのではなくて、締めるところは
              ビシッとかっこよく締めるあたり、作者ただものではありません。

              ちなみに主人公とTicoが似ていると思ったくだりは、
              主人公がやられて頭からさかさまに地面に突き刺さった状態で
              「やられたのは私のプライドだ」というコマでして。
              私の評価や認識っていったい……

              「これじゃただの自意識過剰なバカ女の
               ブチ切れ猪突猛進でスよ!!」
              このコミック紹介したLSメンに言われそうな台詞で、なんだかなぁ。

              勉強、勉強、ひたすら勉強

              0
                Web標準の教科書―XHTMLとCSSでつくる“正しい”Webサイト
                Web標準の教科書―XHTMLとCSSでつくる“正しい”Webサイト
                益子 貴寛

                仕事の方でWebサイトを立ち上げることになりまして、
                まあこれが立ち上げっぱなしではなくて随時情報更新していく必要が
                あるのですが、そのたびにいちいちデザイナーに頼むのか、と言う話に
                なって「それなら私やりますよ」と手を上げた次第なのであります。

                まあ、これには裏事情もありまして、現在ホームページビルダーで
                グリグリと作っている遠征隊サイトもちょっと手直ししたいなあと
                考えていて、「良い機会だし、ここで勉強すれば一石二鳥じゃん」と
                目論んだりしたわけです。割と公私混同。

                最初はDreamWeaverというソフトの使い方だけ分かればいいかなと
                多少なめてかかっていたのですが、一応専門家に聞こうとヴァナフレで
                Webデザインに詳しい人に尋ねると「これとこれは読んだ方がいい」と
                言われて、そこでオススメされたのが冒頭の一冊。

                いやはや、オススメされて正解でした。
                いま現在のWebデザインのスタンダードを分かりやすく丁寧に
                解説してくれていて、目からウロコでございます。
                読んで覚えながら、色々テストサイトで実験してああでもない
                こうでもないと試行錯誤して覚えていくのが楽しいのですよコレが。

                でもあれこれ細かいところにこだわっていたら、先述のフレから
                「たぶん貴方に求められているのは小手先のテクニックじゃなくて
                全体のディレクション能力だろうから、まずはサイト全体を設計
                することから始めたほうがいいんじゃないか」と言われ、
                ふむふむと思っていると案の定いま立ち上げているサイトの
                最終調整と監督を私が引き受ける流れになっております。
                んーむ、やはりヴァナフレが言うとおり「紙と鉛筆」が大事だなあ。
                (プロになるほどまず設計図をきちんと作りこんでから、
                 一気呵成にコーディングして仕上げるんだそうです)

                ちなみに、上記の本とは別に、システム開発関連の参考書を
                また読むことになりました。なにしろそのへんの事情はさっぱりですから
                「どう企画を練って書類を作れば開発者が楽になるか」を知るためにも
                基礎的な知識は知っておかんと思っております(また紹介は改めて)。

                それにしても、勉強続きでございますね。
                子供の頃は大学出れば勉強しなくてよいと考えていたものですが、
                実際には学校は予行演習みたいなもので、社会に出てからの方が
                勉強せにゃならんことが多いです。

                まあ楽しめているからいいんですけどね。
                なにごともエンジョイなのだなぁ。

                断る力

                0
                  断る力 (文春新書)
                  断る力 (文春新書)
                  勝間 和代

                  勝間和代という人の名前は雑誌などで拝見していたのですが、
                  いま名うての経済評論家という以外は詳しく知りませんでした。
                  たまたま店頭で著書があったので、読んでみたのがこの一冊。

                  「断る力」つまりは「ノーといえる力」のことです。
                  結論からさかのぼっていくと……

                  自分の能力や評価を高めるには、
                  自身の価値基準をしっかりと持ち、
                  得意分野でスペシャリストにならねばならず、
                  そこに注力するには余計な依頼を安易に引き受けないことが必要で、
                  そのためには自身の価値基準に合わないものは「断る」べき。

                  ……というもの。

                  要約すると以上の内容で、あとは、
                  「どうやるのが上手な断り方か」、
                  「自分の客観評価を得るにはどうすればよいか」
                  「自分にネガティブな評価を下す人とはどう付き合うべきか」
                  と言った、断る力を鍛えるためのハウツーになっています。

                  まあ全体的に「ふむふむ」とうなずきながら読んでいたのですが、
                  最後あたりで、真に上手な断り方は対案を示すことである、と
                  書いてあって、ほほぅと感銘を受けました。
                  これ、哲学でいうところの「対話」ですね。

                  こういう自己啓発本は百人百様の収穫があると思うので、
                  絶対オススメするなどとは言いません。

                  ただ、Tico個人的にはかなり分かりやすく面白く読め、
                  なおかつ実際に役立ててみようかなという手立てが数多く載っていました。

                  とりあえず、周囲に振り回されている人、なぜかいつも時間がない人、
                  自分は評価されていないと凹んでいる人にオススメです。
                  色々と開眼させられると思いますよ。

                  ビジョナリー・カンパニー2 飛躍の法則

                  0
                    ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則
                    ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則
                    ジェームズ・C. コリンズ,山岡 洋一

                    再就職した会社の社長から、
                    基本的な物の考え方や物事の捉え方について
                    共通の認識をもつようにと幾つかの本を紹介されました。

                    この「飛躍の法則」もそのうちの一冊。
                    本当はエドワード・デボノという人の書いた思考に関する本を
                    まず最初にと言われたのですが、真っ先に手に入ったのがこの本
                    だったので、まず読んでみた次第。

                    さて、この本ですが、経営学の先生が学生と一緒に
                    「偉大な企業」について調査し、分析した結果にもとづいて、
                    企業として飛躍するにはどんな要素が必要か洗い出したレポートです。

                    そこで浮かび上がってきた事実は思いもよらない地味なことばかり。
                    ですが、ある意味、至極当然な内容であるともいえます。

                    ・自己の虚栄心を満足させることよりも、
                     会社の成長を導くことに野心を傾けるリーダー(経営者)。

                    ・まず適切な人材を選んでから行く先を決める人事手法。

                    ・見たくない現実でも直視して、しかし、成功のイメージは忘れない意思。

                    ・愚直なまでに芯となる考えを守り抜く「針鼠」の思考法。

                    ・所属する人々の意識によって自発的に生まれる企業としての規律。

                    ・新技術に対する慎重と大胆を兼ね備えた取り組み方。

                    ・飛躍は一日にしてならず、一夜にしてならず、
                     不断の努力とたゆまぬ前進によって成功への道が開けること。

                    本の各章を読み進めていくと、
                    飛躍した企業が具体名と一緒に様々なエピソードが書かれています。
                    Ticoはあちこちに散りばめられたエピソードを見るうちに、
                    ひとつのあるものを見出しました。

                    それは情熱の大きさと、その振り向け方です。
                    偉大な企業は経営者から末端の社員にいたるまで仕事への情熱をもち、
                    そしてそのベクトルをあやまたずに持続させています。

                    もちろん、どの方向に向ければ正しいのかは、誰も教えてくれません。
                    偉大な企業でも、どうリソースを振り分けるか議論があったでしょう。
                    しかし、具体的な成功のイメージを持ち、その一方で現実を見据え、
                    そこから導き出した目標に向かって不断の努力を続けたことで、
                    良好(GOOD)から偉大(GREAT)への道を歩んでいます。

                    また三ヶ月ぐらい置いてから、読み返してみたい一冊でした。
                    さあ、次は難解が予想されるデボノ先生の本です。
                    何日で読破できるかなァ。

                    読み上手 書き上手

                    0
                      読み上手 書き上手 (ちくまプリマー新書)
                      読み上手 書き上手 (ちくまプリマー新書)
                      齋藤 孝

                      ひさびさのブックレビューでございます。
                      いや本は読んでるんだけど小説だったり昔の本の読み直しだったりで
                      最近レビューできるほどのネタがなかったのよねー。と以上言い訳。

                      さて読み書き能力というのは、とりあえず学校を出ていれば
                      なんとなく身につくものではありますが、より速く多く深く読んだり、
                      人を惹きつけるような文章を書いたりするには、スキルアップが
                      不可欠なものだったりします。

                      本書はそのスキルアップのためのガイドブックとなっております。
                      節目ごとに課題なども提示されているので取り組みやすいのもミソ。

                      著者は「読む」ことと「書く」ことは表裏一体のものだと述べています。
                      多く広く読んでいる人ほど語彙が豊富になり、読まれることに対する
                      意識も強まり、結果、書くことに対する姿勢も変わってくるとのこと。
                      まず多く読むこと、活字中毒になることを薦めており、
                      一日二時間以上は本を読むようにと書いております。
                      数字だけ見ると「そんな時間ない」と引かれるかもしれませんが、
                      毎日の通勤が片道一時間の人なら電車に揺られている間に
                      本を持っていけばらくらくクリアーできたりします。
                      あとは新聞に目を通すことも薦めておりますね。
                      ランニングで足腰を鍛えて基礎体力を高めていくように
                      ひたすら本を読む、読み込んでいくことを推奨しております。

                      このあたり、Ticoとしてはご説ごもっともでございます。
                      センター試験の現代文が日頃愛読していた司馬遼太郎の小説だったので
                      出された課題を楽勝にクリアできた経験がございますので。
                      (ちなみに英語の長文読解も読んだことのある内容でした)

                      「読む」段階では、「まあそうだよねー」とうなずくばかりでしたが、
                      「書く」段階になると色々と勉強になる部分あり。
                      書く時の要点は「キーワード」と「切り口・視点」だそうで、
                      ここをうまくこなすにはやはり読書量が多くないとこなせないな、と
                      改めて実感した次第。

                      ちなみに最後の課題は「自分のエントリーシートを作ってみよう」。
                      このお題が出てくるあたり、本書は学生をターゲットに書いているのかなと
                      思うのですが、社会人でも十分通用する課題であると思います。
                      履歴書や職務経歴書って簡単に書けるようで、いざ用紙を前にすると
                      なかなかに悩んでしまうものです。

                      と、いうわけで読み書きに強くなりたい人にはオススメの一冊。
                      自己啓発の本なども大事ですが、まず基礎を固めることも大事です。


                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << October 2017 >>

                      Phantasy Star Online 2

                      PSO2_200x200_応援バナー02

                      @ticoruzel on Twitter

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 鹵獲! 鹵獲!
                        Cattail
                      • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
                        Tico
                      • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
                        Lumina
                      • 艦これ クリスマスシーズン!
                        Tico
                      • 艦これ クリスマスシーズン!
                        Lumina
                      • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
                        Tico
                      • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
                        Lumina
                      • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
                        Tico
                      • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
                        Lumina
                      • 艦これファンジンSS vol.4 「命短し恋せよ艦娘」
                        Tico

                      recent trackback

                      recommend

                      艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 艦娘型録
                      艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 艦娘型録 (JUGEMレビュー »)

                      艦娘のイラストや台詞を収録。史実にまつわる設定もこれで分かる! 提督必携の一冊!

                      recommend

                      torne(トルネ)(CECH-ZD1J)
                      torne(トルネ)(CECH-ZD1J) (JUGEMレビュー »)

                      PS3で地デジが見れる! PS3で録画ができる! 軽快で使いやすい操作画面が魅力の一品。

                      recommend

                      艦これ改 通常版 (特典無し) 【Amazon.co.jp限定特典】付
                      艦これ改 通常版 (特典無し) 【Amazon.co.jp限定特典】付 (JUGEMレビュー »)

                      艦これがついにPSVitaに! 手のひらで繰り広げられる艦娘たちのドラマに心躍らせろ!

                      recommend

                      ねんどろいど 艦隊これくしょん -艦これ- 大和 ノンスケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア
                      ねんどろいど 艦隊これくしょん -艦これ- 大和 ノンスケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア (JUGEMレビュー »)

                      艦これの「大和」がついにねんどろいどに登場! その美しさと艤装をキュートに表現した造形はコレクションもの!

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM