エジプトたずねて神戸歩き

0
    ずいぶんとお久しぶり、神戸歩きでございます。
    なんだかんだで一年間ごぶさたになっておりました……
    行く元気とお金がなかったんだよ、ンモゥ!

    幸いにこの連休はお日柄もよく、絶好の散策日和。



    いざ、神戸は三宮でございます。
    ツイッターでつぶやきつつ、まずは最初の目的地へ。

    長くなるので折り返し〜。

    嗚呼 神戸行きたい

    0
      気づけば夏から秋へと移り変わり、
      出かけるのに良い頃合となりましたですね。

      今年の夏はリフォーム工事と愛犬の天国行きで
      てんやわんやだったので気づけばしばらく神戸行けてないし!

      一応、次なる目標はセッティング済み。
      デジカメを持って神戸異人館巡りを再びやってみて、
      帰りに三宮近くの中国茶館で一服する計画であります。

      行くなら中旬の大型連休なのかなと思うのですが、
      困ったことに給料日前なので軍資金に不安が……

      でも体力のないTicoには連休でゆっくりと
      スケジュールを取れるのも重要だったり、んーむ。

      ガイドブックとにらめっこしながら悩ましい日々であります。

      黄金週間の神戸歩き

      0
        5月の大型連休、せっかくだからどこかに出かけたいなーと
        思い立ったが吉日ということで神戸へ出かけてまいりました。

        春から初夏に移りつつある陽気が少々気になってましたが、
        幸いお出かけ日は程よく曇って少し涼しげでイイ感じ。

        兵庫県公館

        緑に囲まれた兵庫県公館に軽くご挨拶をしてから、
        山の手の方へえっちらおっちらと歩いていきます。

        以降、長くなるので折り返し〜。

        神戸歩きwithデジカメ

        0
          年が明けてから再就職関係でバタバタしていて、
          なかなかできなかった神戸歩き。

          なんとか身辺が落ち着いてきたので、
          せっかくのお休みを活かして出かけてきました。

          今回の神戸歩きは一味違います。
          これまでは写真は携帯電話で撮影していたのですが、
          母者がデジカメを買い替えたのを機会におさがりを頂きました。
          ちょっと使いこまれたデジカメくんを片手にいざ神戸歩きへ!

          以下、長くなるので折り返し〜。


          神戸ルミナリエ

          0
            もういくつ寝るとお正月てなもんで、
            年の瀬を感じる今日この頃なのですが、
            あの神戸ルミナリエが開催中てなことでぶらり神戸歩き。

            ガイドブックの地図で見た感じ、近そうな三宮で下車してテクテク。
            道辻に警備員の方がいて、会場への案内をしております。

            以下、長くなるので折り返し〜。

            帰ってきた神戸歩き

            0
              春先に気力と財布が原因で頓挫して、
              夏には猛暑で外出する根性もなく、そのまま
              なおざりになっていた「神戸歩き」ですが、
              最近の鬱屈した心を気分転換してみようと思い、
              えいやっと出かけてみました。

              鞄の中にはニンテンドーDSと「レイトン教授と最後の時間旅行」。
              神戸に着くまでナゾ解きで画面とにらめっこです。

              以下、折り返し〜。

              極東の客人に思いを馳せる

              0
                月変わりなば、神戸歩き来たれり。

                というわけで、あたたかくなってきた四月でありますが、
                今回もまた神戸へ行ってまいりました。

                行きの電車の中で「携帯電話忘れたッ」とほぞをかみましたが、
                あとの祭りでございます。というわけで今回は写真なし。
                なにとぞご容赦くださいませ。

                行きの電車の中ではある小説を拝読。
                読みながらイロイロと叩きのめされておりました。
                いいのさ、ノックダウンされても。立ち上がれば試合は続く。

                以降、長くなるので折り返し〜。

                ムンク展

                0
                  今月も行ってまいりました、神戸歩き。

                  本日向かったのは神戸の中心街のちょっと手前、灘です。
                  お目当ては兵庫県立美術館で開催中のムンク展。
                  特急が止まらない駅なので阪神電車の各駅停車で向かったら
                  本当に鈍行列車で到着予定時間を大幅オーバーの11時。

                  とりあえず小腹がすいていたのでファミレスでペロリと
                  早めの昼食をいただいて、いざ美術館へ乗り込むことになりました。

                  以下、長くなるので折り返し〜。

                  関帝廟と南京街

                  0
                    今月も神戸観光に繰り出してまいりました(-∀-)ノ

                    本日の目当ては元町にある南京街であります。
                    美味しい中国茶を求めていざ出発。

                    家を出た時間がちょうど通勤ラッシュと重なっており、
                    ぎゅうぎゅう詰めの電車で神戸へと向かいました。

                    以降、長くなるので折り返し〜。

                    そうだ神戸行こう

                    0
                      というわけで。半日がかりで神戸へ行ってきました。
                      当初は小説の資料集めのために美術展行くだけのつもりでしたが、
                      ちょっと足を伸ばしてみることにしました。

                      【神戸ファッション美術館】

                      まずは当初の目的地へ。ここで開催されている
                      「華やぐこころ 大正昭和のおでかけ着物」展を
                      見にいってまいりました。

                      常設展示でまず驚いたのが、
                      かのナポレオンが戴冠式のときに着た衣装の復元版。
                      ちょー豪華絢爛で息をのみました。

                      他にも古今東西のファッション関連がずらりと展示されていて、
                      ずいぶんと勉強になりました。アフリカあたりの民族衣装が
                      面白かったですネ。

                      特別展の方は主に昭和初期のおでかけ着物を紹介したもの。
                      当時の雑誌写真なんかも併せて展示されていてなかなかの収穫。

                      ------------------------------

                      と、本来はここで帰る予定だったのですが、
                      「せっかく神戸来たんだし、どこか寄り道するかなー」と思い、
                      ふと手にした観光地図を見ると、なんと最寄の三宮近辺に
                      異人館がポコポコ建っているではないですかっ。
                      というわけで軽く昼食をとって午後は異人館巡りに出発!

                      ------------------------------

                      【神戸異人館巡り】

                      平日のお昼ということもあって観光客も少なく、
                      のんびりゆったり廻ることができました。以下、簡単にご紹介〜。

                      <旧パナマ領事館>
                      パナマの元領事館。いくつも船の模型があったのはさすが運河の国。
                      領事さんが使っていたであろう机がとても立派でした。
                      後、マヤ文明の遺品なども展示されていましたネ。

                      <英国館>
                      名前の通りイギリス人が建てた家。
                      二階の一角には「シャーロック・ホームズの復元部屋」も展示されてたり。
                      ホームズファンのTicoとしては実に興味深い場所でありました。
                      ちなみのここ、夜にはバーになるんだそうで。

                      <仏蘭西館(西洋長屋)>
                      二軒が並び建つ外人向けアパートメントであります。
                      中はフランスの芸術品、わけてもアールヌーヴォーの家具とかを展示。
                      ミュシャファンのTicoはここでも大満足であります。

                      <ベンの家>
                      英国の狩猟家ベン・ハリスンが住んでいたとゆー家。
                      彼がしとめた獲物が剥製としてあちこちに飾られていました。
                      狼の剥製の大きさにびっくり。こんなのに襲われたら助からない(汗)

                      <うろこの家・うろこ美術館>
                      名前の通り、外壁がウロコ状のスレートになっております。
                      中には陶磁器がずらりと並んでおりました。
                      美術館は併設されている施設で、ロシア画家の作品をメインに
                      油絵などが展示されておりました。
                      やはり油彩画は生で見ると質量が伝わってきますなー。

                      <山手八番館>
                      チューダー様式という搭状の家屋が三つ連なる面白い形の家。
                      一室にはピカソの絵にも影響を与えたという
                      アフリカのマコンデ族の黒檀彫刻が展示されておりました。
                      あとはロダンの彫刻とかいろいろ〜。

                      <北野外国人倶楽部>
                      外国人の社交場として使われたいた場所。
                      家というよりもサロンという雰囲気です。
                      ブルボン王朝に貴族が使っていたという暖炉が
                      そのまま設置されていて目を引きました。
                      部屋の隅には甲冑が立っていたりとここもなかなか面白かったです。

                      <プラトン装飾美術館(イタリア館)>
                      イタリア人が建てたこの家、現在はちょっとした美術館に様変わりです。
                      訪れると燕尾服を着たおじさんが出迎えてくださり、執事よろしくガイド。
                      平日で他の観光客もいなくてのんびりと案内してもらえました。
                      色々と薀蓄を聞かせてもらってネタ貯め込みにずいぶん役に立ちました。
                      帰る前に庭に面した喫茶コーナーでカプチーノとケーキで一休み。
                      メイドさんが一式持ってきてくれました。おばちゃんだったけどネー(笑)

                      -------------------------

                      以上のような感じで、なかなか満足な神戸ツアーでございました。
                      いかにも観光地な場所とは違って、神戸はいまでも人の生活感が
                      息づいていて、それでいてオシャレな街で実によい雰囲気。

                      また機会があれば行ってみたいなーと考えてると、
                      三宮のすぐ隣の元町駅のところに中華街があるではありませんか!


                      中国茶マニア、わけてもプアール茶にうるさいTicoとしては
                      見逃すわけにはまいりませんっ。

                      また二月に今度は元町中華街へレッツゴー!

                      1

                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << September 2018 >>

                      @ticoruzel on Twitter

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 鹵獲! 鹵獲!
                        Cattail
                      • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
                        Tico
                      • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
                        Lumina
                      • 艦これ クリスマスシーズン!
                        Tico
                      • 艦これ クリスマスシーズン!
                        Lumina
                      • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
                        Tico
                      • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
                        Lumina
                      • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
                        Tico
                      • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
                        Lumina
                      • 艦これファンジンSS vol.4 「命短し恋せよ艦娘」
                        Tico

                      recent trackback

                      recommend

                      吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中
                      吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中 (JUGEMレビュー »)
                      吉田直樹
                      FF14のPにしてDである吉田直樹氏が四方山話を語る連載コラム! 開発の裏側から仕事のやり方、ゲーム業界への意見など、その話題は実にワイド!

                      recommend

                      吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか
                      吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか (JUGEMレビュー »)
                      吉田直樹
                      FF14を文字通り「建て直した」プロデューサー兼ディレクターである吉田直樹氏の連載コラム! FF14新生の裏側がこれ一冊でよくわかる?

                      recommend

                      ハクメイとミコチ 1巻 (HARTA COMIX)
                      ハクメイとミコチ 1巻 (HARTA COMIX) (JUGEMレビュー »)
                      樫木 祐人
                      不思議な小人たちの織りなす不思議な生活ストーリー。独特の世界観と緻密な描写をどうぞご堪能あれ。

                      recommend

                      ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC)
                      ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC) (JUGEMレビュー »)
                      オノ・ナツメ
                      「ACCA13区監察課」のオノ・ナツメが送る、日常系ゆるやかストーリー。初老の作家と彼の息子、そして娘婿が織りなす、たのしい日曜日の過ごし方。

                      recommend

                      ACCA13区監察課 外伝 ポーラとミシェル (ビッグガンガンコミックス)
                      ACCA13区監察課 外伝 ポーラとミシェル (ビッグガンガンコミックス) (JUGEMレビュー »)
                      オノ・ナツメ
                      ACCA本編からスピンオフした外伝。ポーラとミシェル、二人の幼馴染の心の交流を通じて穏やかなガールズラブを描く。

                      recommend

                      Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】
                      Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】 (JUGEMレビュー »)
                      ゲーム・ミュージック
                      FF14を彩る珠玉のBGM、そのオーケストラコンサートの様子を収録の一本! あの思い出の曲が大迫力でよみがえる!

                      recommend

                      ファイナルファンタジーXIV コンプリートパック|ダウンロード版
                      ファイナルファンタジーXIV コンプリートパック|ダウンロード版 (JUGEMレビュー »)

                      これ一本でエオルゼアが全詰め! 全世界1000万ユーザーが遊ぶFF14へいざ君も旅立とう!

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM