2020.07.16 Thursday

忘れ得ぬヴァナディール

0

    おはようございます、Ticoさんです。

    本日のおおさかは、曇り時々晴れ!

    快晴ではないですが、貴重な晴れ間です!

    オフトゥンを干すのです! 枕を洗うのです!

     

     

    さて、本日のブログ記事は

    「忘れ得ぬヴァナディール」

    と題してお届けしたいと思います。

    ある意味で思い出話、ある意味で現在進行形。

     

     

    FF11はいまだにサービスが続いているMMOですが、

    Ticoはだいぶ前に引退して、いまはエオルゼアで光の戦士をやっております

     

    FF11を離れた当時は、「その時のコミュニティ」をなんとか維持とか考えていましたが、

    人の集まりを繋げ続けるのはなかなか難しく、それでも数人の親しい友人を得たあたり、

    なんとまあ「光のお父さん」でも描かれたようにネトゲの世界も人生の縮図だなあ、と。

     

    なのでFF11を語る時は「ヴァアディール老人会」のタグをつけて思い出話になるのですが、

    いまだにお世話になっているものがあります。それはFF11のBGM。

     

    AmazonMusicUnlimitedでは、スクエニのゲームミュージックが結構配信されているのですが、

    わけてもFF11は全サントラがカバーされていてなかなかウレシイところです。

    んで、Ticoが「しんどい」とか「リラックスしたい」と思う時に、

    プレイリストに登録したこれらをEcho dotから再生して聞き浸っております

     

    unnamed.jpg

    【一番よく聴くのは「アトルガンの秘宝」のサントラですねえ】

     

    お気に入りというかプレイリストの先頭はアトルガン

    「Bustle of Capital」を聞きだすと一発でゆったーりとしますね。

     

    アトルガンのコンテンツ設計は、結構FF14にも引き継がれているなという部分があり、

    特に「アサルト」とか「ナイズル島」とかは似た感じのものがありますね。

     

    unnamed (1).jpg

    【最終決戦のアレキサンダー戦は本当に激闘でしたねえ】

     

    ギルド仲間で、トロール傭兵団の根城を探検だー!とか、

    狩場を探して誰もいかないところへ行ったりだとか。

    アトルガンがなんだかんだで楽しめたのは、リアルタイムに近い感じで

    コアメンバーと一番楽しめた拡張だったからかもしれません。

     

    ただミシックウェポンのアレキサンドライト3万個は色々アカンやろ。

     

    9223b7b3b5f9e0fc6fdbf52750413651.jpg

    【最後まで攻略できなかった「アルタナの神兵」。少年騎士団イイよね】

     

    アルタナの神兵では「Griffin Never Die」を聞くとサンドリア国民の血がうおおとなりますし、

    「Cosmic Wheel」を聞くとついつい「サルタ〜サルタ〜」と口ずさみそうになります

    街とかフィールドの音楽が本当に素敵でしたねえ。

     

    unnamed (3).jpg

    【「ジラートの幻影」も名曲が多いですね。トゥー・リア行くのは苦労しました】

     

    これはもう最初の拡張でしたし、いろいろ思い出が多い曲だらけですね。

    「Kazham」「Rabao」「Hall of Gods」そして「Tu'Lia」など。

    ヴァナディール本土とはまた違う音楽にわくわくしたものです。

    「Yuhtanga Jangle」とか聞いてると、ウガレピ寺院へ乗り込む前に

    パーティのタルタル陣がいきなり釣りを始めたのは今でも思い出す微笑ましいエピソードです。

     

    unnamed (2).jpg

    【「プロマシアの呪縛」。絆クラッシャーながら音楽は評価したい】

     

    プレイリストの最後に入っているのはプロマシア。

    いま聞いても「Faded Memories - Promyvion」快眠性能抜群の音楽で、

    よくもまあこのBGMとあのフィールドで長時間頑張れたものだと……

     

    プロマシアは不思議と「Onslaught」とか「Depth of Soul」とか戦闘BGMに

    なじみがあります。緩和前にストーリークリアすべくとにかく戦って戦ってだったので、

    ダンジョンなどより戦闘曲をよりよく憶えているかもしれません。

     

    音楽に甲乙はないですし、ヒカセンとしては

    FF14の祖堅さんのBGMは本当に多彩かつダイナミックで楽しめるのですが

     

    「聞いてて和む」曲となると、戦闘曲もひっくるめてヴァナディールに回帰してしまいます。

    これはもう思い出補正なんでしょうね現に「アドゥリンの秘境」は全然ピンときませんし。

     

    冒険を共にしたあの人やこの人、お元気でしょうか。

    いろいろあって連絡のつかない方も多いですが、皆さまどうかご健勝で

    たしかに、あの頃、あの時間、わたし達はヴァナディールという世界で共に生きていました。

     

    ……あ、別に悩みとかあるわけじゃないですよ?

    少なくともお仕事関係とか健康状態とかは、今の方が断然良いです。

    それでもなお、あの頃の冒険の思い出は忘れがたく、音楽を通じて時々懐古するのです。

    懐古する程度には自分の中で消化できた、ということかもしれませんけどね。

     

    【アトルガンのPVが見つからないので、白門のウォークスルー動画を】

    2020.06.17 Wednesday

    ドルフロ O.S.T.2

    0

      おはようございます、Ticoさんです。

      昨夕に整体に行ってきて、夜は21時にはスヤァ。

      今朝は7時に起きて睡眠時間じゅうぶん、

      天気も晴れててオフトゥンが干せる。

      快調といいたいのですが朝から急ぎの仕事が入って

      朝食そっちのけで対応してました。ヴァー( ゚Д゚)

       

       

      さて、本日のブログ記事は、

      ドルフロ O.S.T.2

      と題して昨日とどきました、ドルフロのサントラ第二弾と、

      同梱Blu-ray収録のオーケストラコンサートの感触をお伝えしたいなと思います。

       

      002.jpg

       

      本当は本日発売なんですが、たまにフライング到着するAmazonの基準が謎です。

      さて、この商品、CDのみならサントラだけ、

      Blu-ray同梱版なら、上海と東京で行われたオケコンの様子を収めています

       

      Ticoが今回買ったのは、もちろんBlu-ray同梱版なのですが、

      ひとまず本体のサントラから見ていきましょう。

       

      maxresdefault (1).jpg

      【オリジナルサウンドトラック第二弾も珠玉の出来!】

       

      大型イベントでいうと「深層映写」から「特異点」までをカバーでしょうか。

      一応、「秩序乱流」のPVで使われた楽曲もボーナストラック的に入っています

      これ以外にはスキンコレクションの時につかわれる、のどかな曲も入っていて、

      全体としてみれば、シリアスとコミカルがイイ感じにメリハリ付けております。

       

      いずれも甲乙つけがたい名曲なのですが、個人的には

      「深層映写」のPVとランキング戦で使われた「MINDHACK」がやはり

      びりびり来ますかねえ。リズムの調子と刻み付ける感じがクールですよねえ。

       

      ドルフロってシリアスなストーリーや銃の擬人化が注目されがちですが、

      なにげに良BGMが多くて本当に燃えるんですよねえ

       

      wE9IthD-1024x604.jpg

      【オーケストラコンサートは、上海公演と東京公演の2公演を収録!】

       

      さて、オケコンの方ですがこのうち上海のものは、

      以前ニコ生で配信されたものと同じですね。

      東京は、東京交響楽団と東響コーラスが演奏に当たっています。

      それぞれ色合いが異なるのですが――

       

      まずは上海公演。こちらは譜面自体がゲームBGMのテイストを大事にしている感じで、

      割と聞いていてすんなり耳に入る印象です。

      楽団の背後スクリーンにはゲーム内の画像がちょくちょく映され、

      ああ、ホントにファンイベントなんだなあ、と。FF14オケコンでも感じた空気ですねえ。

      聴きどころはやはりAKINOさんの歌唱シーン。

      「What I am fighting for」と「シラカバの光」の二曲を熱唱されたのですが、

      いやあ実によきかな。

       

      さて、東京公演ですが、こちらは「もっとオーケストラしてみたぜ!」感が満載

      上海公演と大きく違うのは、コーラスがついてるのですが、これがもう鳥肌もの。

      「えっ、あの時聞いたあの曲がこんなに化けるの!?」って感じでビックリ

      あと曲目だけなら東京公演の方が多めでお得感ありますね

       

      オケコンはどっちがよい、とかではなく、「どっちも良い!」というところで。

      いまはコロナ騒ぎで音楽家さんたちも大変ですが、

      来年あたりオケコンあるならTicoも行ってみようかなア……あ、東京の方ッスよ?

       

      2020.03.25 Wednesday

      交響曲ガールズ&パンツァー

      0

        おはようございます、Ticoさんです。

        昨日はどうにも不調で、体温が平熱よりも低いまま

        FF14は週制限のリセット日でしたが、さすがにインは控えました

        まあ季節の変わり目はいろいろアレですからね。

         

         

        さて、本日は昨日、Ticoが寝込みながらも

        聞きながら元気をわけてもらっていた楽曲のレビュー、

        交響曲ガールズ&パンツァー」のご紹介です。

         

         

        全六楽章で構成されるこの交響曲、手掛けたのはもちろん浜口史郎さん

        ガルパンの劇場版の楽曲をもとに、クラシック仕立てになった

        なんともスケールが大きく、それでいて元気さはそのままの素晴らしい音楽

        聞くものを奮いたたせてくれます。

         

        ガルパンとクラシックオーケストラといえば、

        Ticoも鑑賞しに行った「シネマティックコンサート」がありましたが、

        あれは「劇場版の劇伴をオーケストラで演ってみた」でしたが、

        この楽曲はそこからさらに音楽だけをクローズアップした点が注目です。

         

        そして、これは世の中のガルパンファンであれば、もはや常識なのですが、

        ガルパンは音楽がとてもイイ! テーマ曲などは基本的にマーチですし、

        そのほか、バトルもとい試合時の音楽もマーチなので聞いてて元気が出ます

         

        あと、このアルバムにはボーナストラックがはいっていて、

        これが「ガールズ&パンツァーのための狂詩曲」と題されているのですが、

        大洗のライバルたち、各高のテーマ曲――つまり各国の名マーチが組み合わさって

        奏でられる一曲となっていて、これもまた聞きごたえがあります。

        劇場版で大学選抜との試合直前に、ライバルだった各高が大洗の助っ人に

        次々やってくるシーンがありますが、あれをちょっと連想して

        ジーンと来てしまいますね。

         

        Amazonへのリンクはこちらから、なのですが、

        実際、各種のサブスク系の音楽配信だと結構幅広く提供されているみたいで、

        かくいうTicoもAmazonMusicUnlimitedで楽しんでいるクチです。

        ガルパンはいいぞ。

         

        世の中、ちょっとバタバタしていて、なんともしんどい状況ですが、

        ガルパンの楽曲で元気をもらう、なんていかがでしょうか?

         

        【YouTubeに上がってる公式の試聴動画、気になる方はぜひご一聴を!】

        2020.03.21 Saturday

        佐々木李子「Play the World」from 防振り

        0

          おはようございます、Ticoさんです。

          三連休の中日、ゆったりゆたゆたの土曜日でございますね!

          まあ、Ticoは昼前に恒例の整体にいって首がかしいでいるのを直してもらって

          帰宅したらドルフロファンジンノベルの原稿書きなんですが。まあ、それはさておき。

           

          本日はちょっと珍しく楽曲のレビュー記事、

          佐々木李子さんの「Play the World」でございます。

           

           

          ……えっ? Ticoが普通のミュージシャンの曲とか聞くわけないだろって?

          何かのアレのソレなんだろうって? ふはははは、よくぞ見抜いたな。

           

          そう、まさしく次回クライマックスを迎えるTVアニメ化作品

          痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います略して「防振り」のEDテーマなんであります。

          EDテーマといいつつ、明るく元気な楽曲で、「MMORPGを心から楽しむ女の子の歌」って感じで

          聞いていて実に胸のはずむミュージックでございます。

           

          YouTubeから公式のショートバージョンMVを拾ってきて、

          例によって例のごとくこの記事の最後にペタリしてますので気になる方はぜひぜひ再生を。

           

          だがしかし。Ticoがほれ込んだのは、実はED曲ではなくて、

          シングル収録二曲目のアニメ挿入歌に使われている「Good Night」の方でして。

           

          これ、全編英語の歌詞を透き通った感じで歌い上げる、なかなかおしゃれなメロディーの曲でして、

          アニメ本編では、メイプルたちのレベル上げや周回とかアイテム探しとか、

          「演技を見せるまでじゃないけど、作中の彼女たちは楽しんでますよ」的な感じで

          見せるシーンで決めのように流れる曲なんですね。この演出がまた上手くて、ホントに楽しそうだな、と

           

          どれだけ素敵な曲かは実際に聞いていただくのが早いんですが……あー。あるにはあるんですよ?

          探せば、YouTubeにFULLでアップしてるやつが。でもそれ違法アップですよね? アカンやん

          というわけでTicoがネットをひっくりかえして探して、ようやく見つけました!

           

          アニメジャケ版シングルのAmazon販売ページだッ

           

          こちらの商品ページをずっとスクロールさせていくと、

          下の方に視聴サービスを提供してるんでございますよ。

           

          【ここの部分でございます!】

           

          さすがにさわり45秒程度しか聞けませんが、曲の調子をつかむには十分かと。

          素敵さ満点なのが伝わると思います伝われ(テレパス念波)。

           

          まあ、DL販売されているだけじゃなくて

          AppleMusicとかAmazonMusicUnlimitedとかをサブスクしているなら、

          ストリーミングサービスで聞けるみたいなんですけどネ。

           

          というわけで「Good Night」はもちろん「Play the Word」もいい曲なので、

          防振りファンだけでなくちょっと聞いてみてほしい楽曲でございます。おススメでありますよ!

           

           

          Calendar
            12345
          6789101112
          13141516171819
          20212223242526
          27282930   
          << September 2020 >>
          Selected Entries
          Categories
          Archives
          Recent Comment
          • 鹵獲! 鹵獲!
            Cattail (03/21)
          • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
            Tico (02/08)
          • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
            Lumina (02/08)
          • 艦これ クリスマスシーズン!
            Tico (01/11)
          • 艦これ クリスマスシーズン!
            Lumina (12/20)
          • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
            Tico (12/01)
          • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
            Lumina (12/01)
          • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
            Tico (10/26)
          • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
            Lumina (10/26)
          • 艦これファンジンSS vol.4 「命短し恋せよ艦娘」
            Tico (10/01)
          Recent Trackback
          Recommend
          吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中
          吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中 (JUGEMレビュー »)
          吉田直樹
          FF14の吉田PDの雑感コラム、最終巻! ゲームの裏側、仕事の作法、企画の考え方、そしてゲーム屋さんとしての生きざまなど、今回もうならせる内容です。
          Recommend
          吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中
          吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中 (JUGEMレビュー »)
          吉田直樹
          FF14のPにしてDである吉田直樹氏が四方山話を語る連載コラム! 開発の裏側から仕事のやり方、ゲーム業界への意見など、その話題は実にワイド!
          Recommend
          吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか
          吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか (JUGEMレビュー »)
          吉田直樹
          FF14を文字通り「建て直した」プロデューサー兼ディレクターである吉田直樹氏の連載コラム! FF14新生の裏側がこれ一冊でよくわかる?
          Recommend
          Recommend
          Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】
          Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】 (JUGEMレビュー »)
          ゲーム・ミュージック
          FF14を彩る珠玉のBGM、そのオーケストラコンサートの様子を収録の一本! あの思い出の曲が大迫力でよみがえる!
          Recommend
          ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC)
          ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC) (JUGEMレビュー »)
          オノ・ナツメ
          「ACCA13区監察課」のオノ・ナツメが送る、日常系ゆるやかストーリー。初老の作家と彼の息子、そして娘婿が織りなす、たのしい日曜日の過ごし方。
          Links
          Profile
          Search this site.
          Others
          Mobile
          qrcode
          Powered by
          30days Album
          無料ブログ作成サービス JUGEM