<< LowSec探検顛末記 | main | 艦隊で歓待! >>
2011.08.31 Wednesday

アライアンス内PvP大会

0

    【宇宙基地で試合開始を待つTicoの船】

    この週末に遠征隊が所属するアライアンスで
    チーム対抗の試合が行われました。

    主催者の名前をとって「チクワカップ」はこれで二回目
    今回は戦闘巡洋艦(BC)1隻&巡洋艦(CL)2隻でのチーム戦です。
    合計4チーム12名が参加し、トーナメント形式で行われました。

    TicoもPvPnoobながらCL枠で参加。当日は余裕をもって現地WHへ到着したかったのですが、
    いろいろ平日はバタバタしていて事前の搬入ができず、
    第一試合が始まってからようやく準備が整うという有様でした。
    うう、SHFの皆様、お待たせしてすみませんでした。


    ■編成とか作戦とか

    Ticoが所属するチームのリーダーは、主催者でもあるTHIKUWAさん。
    作戦名「Power of Amarr」として事前に通達された編成は、

    ・Harbinger級戦闘巡洋艦×1
    ・Arbitrator級巡洋艦×2


    うん、見事にAmarr帝国の船で固めています。
    Harbingerは火力型の砲撃艦、Arbitratorはドローン運用艦ですね。

    戦力の要となる戦闘巡洋艦はリーダーにおまかせして、
    サポート役となるTicoが指示された装備(Fit)は、

    ・レジスト装甲てんこもり
    ・リモートリペア装置2基搭載
    ・小型レーザー砲2門搭載

    でございました。攻撃はドローンにまかせつつ、
    リペアで僚艦をサポート、レーザーで相手ドローンを撃墜です。
    ドローンだとボムに弱いのですが、今回は試合の規定でボム禁止です。


    ■第一回戦

    先に述べたとおり、ひぃひぃ言いながら現地に到着、
    試合待機所でドキドキしながら作戦ブリーフィングを受けるという
    状況で「大丈夫かいな」だったのですが、いざ試合開始!

    打ち合わせどおりにリーダーの船から10km後方にワープアウト。
    相手はDrake級戦闘巡洋艦、Vexor級巡洋艦、Raputure級巡洋艦。
    事前の攻撃指示は敵のドローンシップです!

    なにぶんにも慣れていないTicoなもので、相手のドローンを迎撃しなきゃ、
    と思ってぺしぺし撃つと「それ味方です」と突っ込まれて赤面。

    相手の猛攻にこちらの戦闘巡洋艦が沈みそうになりましたが、
    巡洋艦2隻のリモートリペア、それと修理ドローンで必死に支援。
    なんとか巡洋艦2隻を撃破したところで、こちらの砲撃とドローンで
    残るDrake級も撃破!

    カーゴに積んだ電池はすっからかんになりましたが、
    味方は1隻も沈まずに初戦を突破することが出来ました。


    ■ハプニング!

    ところが和気藹々と試合をやっているとD-Scanを回していた仲間から
    「WH内に海軍仕様アーマゲドンが侵入!」との報告あり。

    あわてて試合を中断し、各自が基地へ戻って迎撃用の船で出発します。
    Ticoは試合用の船しかありませんが、それでも戦力の足しにはなるだろうと随伴。

    いち早く駆けつけた味方の報告では、発見捕捉した途端に
    姿を消したとのこと。おそらくクローク装置を積んでいるのですね。

    侵入されてきたWH出入り口にはバブルと呼ばれるワープ妨害力場を
    張っているので、遠くへ行った恐れはありません。

    まだ近くにいるはずだー! と10隻以上の船で力場周辺をうろうろ。
    対角線上にいる仲間にドローンを飛ばしたりして、相手のクロークが
    はげるのをねらいます。

    10分くらい「山狩り」をしたところで、「発見!」の報告。
    早速ターゲットロック、近くにいたHyperion級戦艦の猛攻撃をはじめ
    全員で包囲して火力を集中します。

    高級品の海軍仕様艦とはいえ、ひとたまりもありません。
    あっという間に撃沈し、ついでにカプセルも割られました。なむー。

    後から見てみると、どうも「ちょっと探検しに来ました」という感じの
    船だったみたいです。色々戦闘向きじゃない装備でございました。


    ■決勝戦

    今度はリーダーがHurricane級戦闘巡洋艦に乗換え
    お供の巡洋艦は変わらずArbitratorです。

    いよいよ決勝戦、どきどきしながら現地へワープアウト!
    待ち構えていたのは、Harbinger級戦闘巡洋艦1隻、Vexor級巡洋艦2隻。
    片方のVexorから攻撃しますが、相手もさるもの、一進一退です。

    相手のVexor級を1隻沈めて間もなく、こっちのArbitratorも1隻沈没。
    生き残っているTicoは必死にリーダーをサポート、
    電力の続く限りリペアし続けますが、相手の攻撃が集中!

    もう1隻のVexorが沈んだ……! と思った時には
    Ticoの船も構造体に深刻なダメージを受けて、ほどなく沈没。

    あとは戦闘巡洋艦同士の一騎打ちとなりましたが
    タッチの差でこちらが打撃を与えていたぶん有利に働き、
    見事リーダーが相手を撃破!

    なんと見事優勝とあいなりました。


    ■戦い終わって

    いや、ホントにあたふたしながら駆け回っていたのですが、
    前回大会参加時にはTicoは満足に動けないまま沈没してたので、
    純粋にうれしかったですねえ。

    ちなみに賞金は一人1億isk、
    それに加えて海賊Faction仕様のCLがチームにもらえます。


    当初、このCLはチーム内でバトルロワイヤルを行って
    生き残った人に贈呈ということになっていましたが、
    「それ用の船がない」ということで、同額の賞金を
    山分けということになりました。

    やはりEVEonlineはチームで集団戦をすると、
    ぐっと戦いの幅が広がりますねえ。
    それを感じた戦いでした。
    基本的に戦闘巡洋艦を盾にする戦法が多かったのですが、
    あるチームは前衛を巡洋艦にまかせて、戦闘巡洋艦は
    あえて遠距離仕様で火力投射なんて作戦だったりもしました。
    いやー、色々と奥が深いです。


    ■SHF所属TeamExpeditonsでは新入社員を募集しています!

    昨日に続いて、また宣伝。
    コープが小さくてもアライアンスに入れば大きなことができる!

    TeamExpeditionsはHighSec活動中心の小さなコープですが
    ShakeHandsFamilyというアライアンス(コープ連合)に加盟しています。

    今回みたいにアライアンス内で交流試合があったり、
    他のコープで定例のイベントや、WH攻略運営、LowSec海賊退治などを
    やっています。遠征隊を足がかりにいろんなこともできるのが
    EVEonlineのシステムのユニークなところ。

    興味のある方はぜひ一度お問合せ下さい!
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 鹵獲! 鹵獲!
      Cattail (03/21)
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Tico (02/08)
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Lumina (02/08)
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Tico (01/11)
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Lumina (12/20)
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Tico (12/01)
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Lumina (12/01)
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Tico (10/26)
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Lumina (10/26)
    • 艦これファンジンSS vol.4 「命短し恋せよ艦娘」
      Tico (10/01)
    Recent Trackback
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中
    吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中 (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14の吉田PDの雑感コラム、最終巻! ゲームの裏側、仕事の作法、企画の考え方、そしてゲーム屋さんとしての生きざまなど、今回もうならせる内容です。
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中
    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中 (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14のPにしてDである吉田直樹氏が四方山話を語る連載コラム! 開発の裏側から仕事のやり方、ゲーム業界への意見など、その話題は実にワイド!
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか
    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14を文字通り「建て直した」プロデューサー兼ディレクターである吉田直樹氏の連載コラム! FF14新生の裏側がこれ一冊でよくわかる?
    Recommend
    Recommend
    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】
    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】 (JUGEMレビュー »)
    ゲーム・ミュージック
    FF14を彩る珠玉のBGM、そのオーケストラコンサートの様子を収録の一本! あの思い出の曲が大迫力でよみがえる!
    Recommend
    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC)
    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC) (JUGEMレビュー »)
    オノ・ナツメ
    「ACCA13区監察課」のオノ・ナツメが送る、日常系ゆるやかストーリー。初老の作家と彼の息子、そして娘婿が織りなす、たのしい日曜日の過ごし方。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM