<< 呉&江田島行って来ました 前編 | main | そういえば艦これ二周年&ローマお迎え! >>
2015.05.02 Saturday

呉&江田島行って来ました 後編

0
    さて、いささか寝不足気味ですが二日目です
    ホテルで朝食をとってから、船で江田島へ向かいます。

    IMG_1123.JPG
    【桟橋のターミナル】

    これまた長くなるので折り返し。
    --------------------------------------

    IMG_1125.JPG
    【江田島へ向かう高速船】

    IMG_1132.JPG
    【10分程度で江田島へ着きます】


    【港のターミナルから山が見えます。古鷹山とのこと】

    バスに乗って、旧海軍兵学校・現在の海自術科学校へ。

    IMG_1134.JPG
    【海自術科学校】

    IMG_1137.JPG
    【入り口にある護衛艦ひえいの錨】

    見学の人はなんだかんだで30人以上はいました。
    待合室でしばし待機したあと、なかなかにユーモアのある解説員の
    人に従って見学に移ります。

    IMG_1141.JPG
    【大講堂外観。こちらは正門ですが、皇族の方しか入れません】

    IMG_1142.JPG
    【一般人は裏門、別名「平民門」から入ります】

    IMG_1143.JPG
    【講堂の内観。かなり広いです】

    IMG_1145.JPG
    【壁が白いのは和紙が張られていて、そのために音響がいいのだとか】

    IMG_1146.JPG
    【演壇への赤絨毯。卒業の際に首席の人だけがここを通ります】

    IMG_1147.JPG
    【演壇の様子。中央のくぼんだどころは天皇陛下が座る椅子が置かれる場所】

    IMG_1148.JPG
    【二階席もあって、卒業式には父兄は上に座るそうです】

    IMG_1153.JPG
    【旧海軍兵学校。いまは術科学校として使われています】

    IMG_1154.JPG
    【入り口にはちゃんと術科学校の表札が】

    IMG_1157.JPG
    【煉瓦をさわってみましたが、すべすべでした。舶来の高級品だそうです】

    IMG_1166.JPG
    【NHKドラマにも出てきた行灯の廊下】

    IMG_1155.JPG
    【遠目に戦艦陸奥の主砲塔を拝むこともできました】

    IMG_1156.JPG
    【こちらが兵学校の正門。海が玄関なんだそうです】

    IMG_1160.JPG
    【教育参考館。なかは特攻隊員の遺書であふれていました】

    IMG_1161.JPG
    【甲標的。実際に真珠湾攻撃で使われたものです】

    IMG_1162.JPG
    【戦艦大和の主砲弾】

    IMG_1163.JPG
    【これは! 駆逐艦雪風の錨!】

    IMG_1164.JPG
    【雪風は本当にがんばったよね……】

    1時間半の見学も無事に済んだので、レストランで「海軍カレー」を食すことに。


    【海軍カレー。昨日から煮込んでいたそうです】

    やはり甘口でした。とろみがレトルトやスタンドのカレーとは違う感じです。
    結構、ごはんがボリューミーでした。


    【帰りはフェリーでのんびり。古鷹号といって有名だとか】

    歩き詰めでちょっと疲れてますが、海自史料館「てつのくじら館」へ。

    IMG_1169.JPG
    【展示潜水艦あきしおの巨体が目立ちます】

    海自史料館の中は海上自衛隊の歴史、掃海業務と潜水艦に関する
    展示がされていました。

    そして、なんと、あきしおの内部へ入ることができます

    IMG_1170.JPG
    【シャワールーム。狭い!】

    IMG_1171.JPG
    【乗組員のベッド。狭い!】

    IMG_1172.JPG
    【食堂はまあまあ余裕がありますが】

    IMG_1173.JPG
    【スペースを無駄にしない収納】

    IMG_1174.JPG
    【ここは船長室。本当に狭いなあ】

    IMG_1175.JPG
    【ひと一人がやっと通れる通路です】

    IMG_1177.JPG
    【艦橋へ】

    IMG_1178.JPG
    【ずらりと並んだ操作盤、すごい、なにがなにやらわからん】

    IMG_1179.JPG
    【操舵席】

    IMG_1180.JPG
    【潜望鏡。覗いてみたりもしました】

    てつのくじら館もなかなか見ごたえがありました。

    これにて、今回の呉&江田島行きは終了と相成りました。
    戦争と軍事にまつわる昔と今を見る旅行となり、いろいろと勉強になりました。

    大和ミュージアムや兵学校での展示を見ると、艦これやMCあくしずのような
    萌えミリに親しんでいるのはどうなんだろうとちょっと思ったりしましたが、
    そもそもそれらがなければ呉までこようとは思わなかったはずなので、
    やはり歴史に親しむ一助としての萌えミリには、それなりに意味があるのだなあ、と。

    かつてを忘れないこと。記憶を風化させないこと。未来に活かすこと。
    後を託されたわたしたちの責務だと思った次第です。
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 鹵獲! 鹵獲!
      Cattail (03/21)
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Tico (02/08)
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Lumina (02/08)
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Tico (01/11)
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Lumina (12/20)
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Tico (12/01)
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Lumina (12/01)
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Tico (10/26)
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Lumina (10/26)
    • 艦これファンジンSS vol.4 「命短し恋せよ艦娘」
      Tico (10/01)
    Recent Trackback
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中
    吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中 (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14の吉田PDの雑感コラム、最終巻! ゲームの裏側、仕事の作法、企画の考え方、そしてゲーム屋さんとしての生きざまなど、今回もうならせる内容です。
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中
    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中 (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14のPにしてDである吉田直樹氏が四方山話を語る連載コラム! 開発の裏側から仕事のやり方、ゲーム業界への意見など、その話題は実にワイド!
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか
    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14を文字通り「建て直した」プロデューサー兼ディレクターである吉田直樹氏の連載コラム! FF14新生の裏側がこれ一冊でよくわかる?
    Recommend
    Recommend
    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】
    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】 (JUGEMレビュー »)
    ゲーム・ミュージック
    FF14を彩る珠玉のBGM、そのオーケストラコンサートの様子を収録の一本! あの思い出の曲が大迫力でよみがえる!
    Recommend
    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC)
    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC) (JUGEMレビュー »)
    オノ・ナツメ
    「ACCA13区監察課」のオノ・ナツメが送る、日常系ゆるやかストーリー。初老の作家と彼の息子、そして娘婿が織りなす、たのしい日曜日の過ごし方。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM