FF14レビュー:「禁断の地エウレカ アネモス編」

0

    こんにちは、Ticoです。

    暖かかったり、雨が降ったり、寒の戻りがあったり、
     三寒四温ですねえ。


    Ticoも体調が徐々に戻ってきて、
     生活リズムを整えているところです。


    ---------------------------------------

     

    ffxiv_20180313_190634.png

    【霧にけぶる謎の地、エウレカ!】


    さて、FF14では先週に大人数参加型のバトルコンテンツ、
    「禁断の地エウレカ:アネモス編」が実装されました。

    ひんがしの国のさらに東、大海である瑠璃洋に突如現れた謎の島、
     属性が乱れ、凶暴なモンスターがはびこるその島に、冒険者は
     探検隊の一員として上陸します……


    と、書いてみましたが、
    このコンテンツ、実現したかったのは「昔のMMOの良さ」ではないかなと思うのです。

    同時参加144人まで可能なインスタンスフィールド、
     コンテンツ内でシャウトで募集をかけるスタイル、
     パーティを組んで手探りで島を切り拓いていく……

     

    ffxiv_20180316_122903.png

    【出発地点のポートに冒険者が集う姿は昔のMMOをほうふつとさせます】


    実装当初こそ「なんで昔のスタイルを」「これ糞コンテンツじゃない?」との
    声もあったものの、いまでは「楽しい!」「いつの間にかのめり込んでる」との
    好評を博しているようです。

    実際、エウレカではFF11をかなり意識しているようで、
     出てくるノートリアスモンスターもFF11オマージュの名前が出てきます


    とはいえ、昔の「おススメ」そのままではウケないことも事実。
    そのために実に計算して作られている配慮がそこかしこに見受けられます。

    ということで、Ticoなりに分析したエウレカのポイントを挙げてみますと……


    -------------------------------------


    ■ 1、ノートリアスモンスター(NM)狩りでウマーできる!

    エウレカでの経験値稼ぎは基本的にパーティを組んで
    格上の雑魚敵を数狩ってチェーンをつなげて
    ボーナスを得つつ経験値をためていくスタイルです。

    しかし、特定のトリガー雑魚を狩っていくと出現する
     NMを討伐することで大量の経験値と、その他報酬アイテムがどさっと手に入ります。

     

    ffxiv_20180316_124011.png

    【画面奥に見えるのがNM、ボンバディール。なかなか範囲攻撃の痛い敵です】


    このNM、出現する際はFATE形式なので、マップ上に表示がされます。
    (FATE=Full Active Time Event。FF14でのフィールドイベントのこと)
    なので、NMが湧いたら雑魚敵を置いておいてNMに駆け付け、ボーナスウマーとするのが
     実に良いスパイスになっています。


    むろん、NM湧かせを目的として狩りをすることもありで、
    最近は最初からNM湧かせを狙ってパーティを組むこともあるようです。


    ■ 2、マギアボードで属性パズル要素!

    属性が乱れた地、エウレカ。
    ここでは敵に「エレメンタルレベル」という固有のレベルがあり、
     格上の敵は本当に強く、まともに戦ったのでは
     与ダメは伸びず被ダメは痛く、たちまち苦戦します。

     

    ffxiv_20180316_124738_small.png


    そこでモノを言うのがマギアボード。
    自身の属性を伸ばすことで敵の属性に合わせて防御に徹したり、
    逆に敵より強い属性にセットすることでダメージを増やしたりして、
    対処していきます。

    属性は六種類あって、3つずつ2パターンの三すくみになっています。
     これを狩る相手に応じてマギアボードをくるくる回して合わせるのが
     パズル的要素があって、単調な狩りになるのを防いでいます。



    ■ 3、バトル後のお楽しみ、ロックボックス開け!

    先に述べたNM戦では、NMの強さに応じてロックボックスという
     中身のわからない箱が手に入ります。

     

    ffxiv_20180320_083255.png

    【ロックボックスの当たりアイテムのひとつ、マウントのティラノサウルス!】


    これは拠点のNPCに開けてもらうことができるのですが、
    ハズレは花火アイテムなのですが、中には装備強化できるマテリアや、
     換金用アイテム、チョコボ外装やマウント呼び出しアイテムなど、

    いわば「ガチャポン」を開けるような楽しみがあります。

    自然と金策の助けにもなるので、
    これはうれしいお楽しみ要素ですね。


    ■ 4、そしてなによりコミュニケーション!

    FF14では「コンテンツファインダー」というシステムがあり、
    ダンジョンやレイドをはじめ様々なバトルコンテンツについて、
    MOライクに「いつでも・どこでも」参加申請をして、
    乗り込むことができるMO的要素が入っています。

    旧来型のシステムではウケないと判断しての英断でしたが、
    一方でこのシステムのためにプレイヤ―間で
     特にバトル中のコミュニケーションが減ってるのも事実。

    これはFF14が「新生エオルゼア」になるために必要なことでしたが、
    一方でMMOの楽しみのひとつである「ふれあい」が少ないことも確か。

     

    ffxiv_20180318_171238.png

    【アネモス編のボス的位置づけのNM、パズス。湧かせから討伐まで事前の打ち合わせが必要です】

     

    それが「エウレカ」では、狩場の選択からNMに駆け付けるかの判断、
     メンバーの募集や補充などなど、コミュニケーションが俄然重要になるので、
     プレイヤー間のふれあいが増え、それが「温故知新」的に
     FF14に慣れたプレイヤーには新鮮なものに映るようです。



    -------------------------------------

    以上、Ticoの考えてみた「エウレカ楽しいポイント」でした。
    FF11の楽しさだけを抽出して、そのうえでスパイスを利かせて
     食べやすいコンテンツに仕上げる
    あたり、FF14開発陣はスゴイなあと
    思う次第なのです。

    最後に。
    FF11のオマージュでありリスペクトなんだな、と思うゆえんは、
     オシャレ装備ではありますが、FF11のNMドロップアイテムが
     出ることがあるからなんですよねー。

     

    ffxiv_20180319_184822.png

    【スコピオハーネスと皇帝羽虫の髪飾り! 横乳は健在です!】


    それが「皇帝羽虫の髪飾り」「スコピオハーネス」「ストライダーブーツ」なのですが、
    これは本当に旧来ファンにはうれしいサービス!

    Ticoも上記三種手に入れてエウレカ行きのミラプリには
    これで挑んでますよ!

    「禁断の地エウレカ」、全体で三部構成っぽいのですが、
     続きが楽しみですねえ。さて、今日も島に上陸して探検探検。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    @ticoruzel on Twitter

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 鹵獲! 鹵獲!
      Cattail
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Tico
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Lumina
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Tico
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Lumina
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Tico
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Lumina
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Tico
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Lumina
    • 艦これファンジンSS vol.4 「命短し恋せよ艦娘」
      Tico

    recent trackback

    recommend

    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中
    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中 (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14のPにしてDである吉田直樹氏が四方山話を語る連載コラム! 開発の裏側から仕事のやり方、ゲーム業界への意見など、その話題は実にワイド!

    recommend

    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか
    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14を文字通り「建て直した」プロデューサー兼ディレクターである吉田直樹氏の連載コラム! FF14新生の裏側がこれ一冊でよくわかる?

    recommend

    ハクメイとミコチ 1巻 (HARTA COMIX)
    ハクメイとミコチ 1巻 (HARTA COMIX) (JUGEMレビュー »)
    樫木 祐人
    不思議な小人たちの織りなす不思議な生活ストーリー。独特の世界観と緻密な描写をどうぞご堪能あれ。

    recommend

    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC)
    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC) (JUGEMレビュー »)
    オノ・ナツメ
    「ACCA13区監察課」のオノ・ナツメが送る、日常系ゆるやかストーリー。初老の作家と彼の息子、そして娘婿が織りなす、たのしい日曜日の過ごし方。

    recommend

    ACCA13区監察課 外伝 ポーラとミシェル (ビッグガンガンコミックス)
    ACCA13区監察課 外伝 ポーラとミシェル (ビッグガンガンコミックス) (JUGEMレビュー »)
    オノ・ナツメ
    ACCA本編からスピンオフした外伝。ポーラとミシェル、二人の幼馴染の心の交流を通じて穏やかなガールズラブを描く。

    recommend

    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】
    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】 (JUGEMレビュー »)
    ゲーム・ミュージック
    FF14を彩る珠玉のBGM、そのオーケストラコンサートの様子を収録の一本! あの思い出の曲が大迫力でよみがえる!

    recommend

    ファイナルファンタジーXIV コンプリートパック|ダウンロード版
    ファイナルファンタジーXIV コンプリートパック|ダウンロード版 (JUGEMレビュー »)

    これ一本でエオルゼアが全詰め! 全世界1000万ユーザーが遊ぶFF14へいざ君も旅立とう!

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM