ガルパン シネマティック・コンサート

0

    こんにちは、Ticoです。

     

    前の日記であちーあちーと書いていたら

    天の神様が「よかろう、すこし涼しくしてやろう」とでも思ったのが、

    肌寒い日が続いていて寒暖差かないませんね

     

    ええい、『ARIA』に出てくるサラマンダーの気象操作かっ、てなもんで。

     

    そんな花冷えながらもお天気はよかった昨日

    とあるリアルイベントに出かけてまいりました。

     

    -------------------------------------------------

     

    【ガルパン&オーケストラ、行ってきたよ!】

     

    「ガールズアンドパンツァー シネマティック・コンサート」です!

     

    東京の方で公演されていたのが、ファンの熱意で追加公演が決定、

    大阪は中之島、グランキューブ大阪での開催となりました。

     

    ちこは早めに家を出て、天六商店街でちょっと外食したあとに、

    徒歩で中之島へてくてく。途中、東洋陶磁美術館に寄って

    ヨーロッパ陶磁器の企画展で心を養ってから、いざ本丸へ。

     

    会場に着くとガルパンおじさん濃度がハンパなく濃い……

    開場15分前になっていきなり「1階に入場列作ってまーす」との

    アナウンスがなされ、1階というかもろ屋外にならばされて

    川辺の風が冷たいながらも訓練されたガルパンおじさん達は

    (少数ながらガルパンお嬢さんもいましたヨ!)

    文句もいわずに列形成するのでした……さすがだぜ。

     

    【生ボコにも会えました! 中の人はこれがラストボコだとか】

     

    この催し、劇場版ガルパンを上映しながら、

    劇伴BGMをすべて東京フィルハーモニー交響楽団が演奏するというものです。

    観客が席に就き終わると、楽団の人が入ってきて、

    オーケストラならではの音合わせ。

    ふわーっと浮き上がる音の調べに期待が高鳴ります。

     

    上演時間になるとほぼ満席になり、いよいよスタート。

    最初はオーケストラの演奏に合わせて、歌手のChouchoさんが登場!

    一曲うたわれたのですが、初めて聞くもので、はてなんだったのか。

     

    そうこうしているうちに映画本編スタート。

    オープニングのやりとりの後、西住殿の「パンツァーフォー」につづいて、

    ガルパンのテーマ曲が……おおお、本当に生演奏だ!

     

    演奏の音は少し抑えてあるのか、映画のセリフも聞き取りやすく、

    それでいてオーケストラの音色も楽しめる趣向。

    しかしすごいのは劇場やBlu-rayで聞いた音楽とほぼ変わらない

    音色のぴったり加減。

     

    劇伴BGMだから短いパートもあるのですが、タイミングばっちりでした。

    演奏を聴きながら、あらためて「ガルパンの音楽はいいぞ……」となっていました。

    そして演奏を聴いていて、改めて感じさせられたのが、

    「演奏ではない音」つまり戦車の駆動音や砲撃音です。

    劇場版前半の大洗市街戦ではBGMがない箇所も随所にあるのですが、

    その際の戦車から発せられる音はまさにもうひとつのシンフォニー

    こ、これは一粒で二度美味しい……

     

    再び廃校のピンチを角谷会長の頑張りで「あとは勝てばどうにかなる」まで

    持ち込んでからの試合直前の各校大集合のシーン、

    ちょっとメロディーラインが違うかなと思っていたら、

    そのまま映画本編がシネオケ待機画面に切り替わって、

    演奏が続いていって、盛り上げる盛り上げる!

    それがすんだところで休憩時間。はふー、大学選抜との後半はこりゃノンストップですな。

     

    後半の試合のBGMも申し分なし。

    特に戦局が大きく動く終盤近くは頻繁にBGMが切り替わるのですが

    演奏もまったくブレずにタイミング合わせて流れ、

    そしてなんといっても終盤の西住姉妹VS島田愛里寿の対決シーン!

     

    このシーンはほとんどセリフがないことで知られていますが、

    シネマティックコンサートにおいては、

    オーケストラが奏でる音楽と、戦車の奏でる音がそれぞれに盛り上げあって、

    なんだこのサウンドの幸せな結婚……!

    まさに手に汗握る音のシンフォニックバトルとなっていました。

     

    最後のエンディングテロップ時には、Chouchoさん再び登場。

    劇場版主題歌の「Piece of youth」を熱唱されました。

    終わってからは会場が満場の拍手。

    ここで指揮者の栗田さん(「ガルパン大好きおじいさん」と自己紹介!)が

    「皆さん、よろしければもう数曲おつきあいください」との言葉に、

    会場が再び割れんばかりの拍手。

     

    まずは劇場版BGMから愛里寿出撃時に流れた「無双です!」が演奏

    ここで映画上映本編時には押さえていた音量を解放したオーケストラが、

    圧倒的な迫力の演奏で魅せてくれました。ブラヴォー! おお、ブラヴォー!

     

    そして続いてはChouchoさん三度目の登場

    オーケストラをバックにTVシリーズOP曲の「Dream Riser」を熱唱!

    収録音楽とは異なる熱いソングに皆が酔いしれていたのもつかの間──

     

    さらに続けて佐咲紗花さんが登場!

    今度は最終章前半OP曲の「Grand Symphony」を熱唱!

    Tico、かねてより、この曲のメロディーラインはオーケストラにすると

    迫力あるだろうな……と思っていたので、まさかまさかここで聞けるとは!

     

    会場の観客全員、拍手、拍手。

    最後に「いいぞ三唱」ということで、指揮者の栗田さんの音頭で、

     

    「ガルパンはー!」「「いいぞー!」」

    「オーケストラは―!」「「いいぞー!」」

    「みんなでー!」「「いいぞー!」」

     

    に続いて、オーケストラの演奏にあわせて

    Chouchoさん、佐咲紗花さん、そして観客のみんなで一斉に

    おなじみED曲「Enter Enter Mission」を歌うことに。

    観客皆で手拍子しながら歌い、ちこもへたっぴながら声出しましたよ!

     

    終わってみると、会場前の冷えはどこへやら、

    すっかり身体ぽかぽかしながら、ほかの観客と同じであろう

    「ガルパンはいいぞ」状態になっていました。

     

    もともとガルパンの音楽(特にバトル時の曲)はマーチが多いので、

    自然と元気が出るのですよね。療養生活中のTicoには良い刺激になりました

     

    いろいろと広がりを見せるガルパンの世界。

    今後の展開が色々とたのしみですネ!

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    @ticoruzel on Twitter

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 鹵獲! 鹵獲!
      Cattail
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Tico
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Lumina
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Tico
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Lumina
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Tico
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Lumina
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Tico
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Lumina
    • 艦これファンジンSS vol.4 「命短し恋せよ艦娘」
      Tico

    recent trackback

    recommend

    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中
    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中 (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14のPにしてDである吉田直樹氏が四方山話を語る連載コラム! 開発の裏側から仕事のやり方、ゲーム業界への意見など、その話題は実にワイド!

    recommend

    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか
    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14を文字通り「建て直した」プロデューサー兼ディレクターである吉田直樹氏の連載コラム! FF14新生の裏側がこれ一冊でよくわかる?

    recommend

    ハクメイとミコチ 1巻 (HARTA COMIX)
    ハクメイとミコチ 1巻 (HARTA COMIX) (JUGEMレビュー »)
    樫木 祐人
    不思議な小人たちの織りなす不思議な生活ストーリー。独特の世界観と緻密な描写をどうぞご堪能あれ。

    recommend

    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC)
    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC) (JUGEMレビュー »)
    オノ・ナツメ
    「ACCA13区監察課」のオノ・ナツメが送る、日常系ゆるやかストーリー。初老の作家と彼の息子、そして娘婿が織りなす、たのしい日曜日の過ごし方。

    recommend

    ACCA13区監察課 外伝 ポーラとミシェル (ビッグガンガンコミックス)
    ACCA13区監察課 外伝 ポーラとミシェル (ビッグガンガンコミックス) (JUGEMレビュー »)
    オノ・ナツメ
    ACCA本編からスピンオフした外伝。ポーラとミシェル、二人の幼馴染の心の交流を通じて穏やかなガールズラブを描く。

    recommend

    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】
    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】 (JUGEMレビュー »)
    ゲーム・ミュージック
    FF14を彩る珠玉のBGM、そのオーケストラコンサートの様子を収録の一本! あの思い出の曲が大迫力でよみがえる!

    recommend

    ファイナルファンタジーXIV コンプリートパック|ダウンロード版
    ファイナルファンタジーXIV コンプリートパック|ダウンロード版 (JUGEMレビュー »)

    これ一本でエオルゼアが全詰め! 全世界1000万ユーザーが遊ぶFF14へいざ君も旅立とう!

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM