ヒーラー始めました、まだまだ修行中 in FF14

0

    こんばんは、Ticoでございます。

     

    順調に復職時期も6月に決まり

    復帰に向けて某所のリワークプログラムに通う日々です。

     

    とまあ、そんなこんなで忙しくしているうちに

    前回のブログ更新が約一か月前!

    あいやー、放置しすぎでござるよ。

     

    色々ネタはあるのですが、サックリ書けるのは

    やはりFF14ネタでございます。

     

    ---------------------------------------------------

     

    さてさて、FF14の戦闘職には役割に応じて「ロール」なるものが決められています。

     

    まず、敵の攻撃をひきつけ、その防御力でPTの盾となる”タンク”。

    そして、多彩な攻撃アクションでPTの矛となる”DPS”。

    最後に、回復アクションでPTのHPを回復させる”ヒーラー”。

     

    ダンジョン攻略などの最少人数の「LIGHT PARTY」では、

    タンク1、DPS2、ヒーラー1で組むことになります。

    レイドや討伐戦などの戦闘での「FULL PARTY」ならこの各人数が2倍になる、と。

     

    それで、Ticoはこれまでタンクについては、戦士をメインとしつつも

    暗黒騎士とナイトもレベルカンストさせてまして、

    DPSについては近接白兵戦を仕掛ける侍と、

    中距離からの魔法攻撃を扱う赤魔道士を修めておりました。

     

    というわけで、見ての通り、ヒーラー職はほとんど触ってなかったのですよ。

    理由はいくつかありますが、FF11のイメージが強くて、

    「なんか大変そう」「MP管理面倒そう」「というか他人の面倒見る自信ない」

    という実にネガティブなイメージを持っていたのでありました。

     

    Tico自身、割と先頭切って突っ込んだり、

    イケイケで攻撃したりって戦い方が性に合ってるもので、

    一歩下がってPTを支えるヒーラーはどうもピンとこないものがあったのです。

     

    ffxiv_20180425_173029.png

    【それがどうしたことかヒーラー始めたんですよね、突然に】

     

    思い立ったのはほんの二週間前、寝起き際に何か夢でも見てたのか、

    起きたその時に「そうだ、ヒーラー上げよう」と決意した次第。

     

    理由はいくつかあるようなないような気がしますが、

    もともと赤魔道士にもケアルとレイズの亜種魔法があって、

    PT支援する機会がしばしばあって「これなら……」というのと。

    あとはパッチ4.3までどうにも手持無沙汰は否めなかったので、

    その隙に、もとい復職前の時間たっぷりの今の時期に

    さっくり上げちゃおうぜと思ったのかしら。

     

    で、レベル16まではソロで黒衣森をうろついて白魔道士のレベル上げして、

    そこからいざダンジョンデビュー。そこからはダンジョン通いまくってずんずん上げて、

     

    ffxiv_20180428_144726.png

    【約1週間で白魔カンストさせて、エウレカ武器もGETです】

     

    FCメンバーからは「ちこさんが白魔!?」と驚かれ、

    その三日後には「もうそんなレベル!? 速いよ!」とさらに驚かれ、

    そっかー、やはり皆もTicoがヒーラーって意外だったかー。

     

    で、当初Ticoが抱いていたネガティブイメージでしたが、

    実際にやってみると実に食わず嫌いのナンセンスだと判明しました。

     

    判明1:「大変そう」→「踊れ踊れ! わたしのケアルの掌の上で!」

     

    タンクはダンジョンでは先頭を走って真っ先に敵とぶつかる花形ですが、

    ヒーラーは地味に見えて、やってみると「わたしがこのPTを支えているんだ」感が

    ものすごくやりごたえがあります。

     

    タンクが無茶な数の敵をひきつけても、

    範囲攻撃に巻き込まれてDPSが要らん被害を受けても、

    想定外のトラブルでしっちゃかめっちゃかになっても、

    「さあww 盛り上がってまいりましたwww」と

    ヘンなテンションになってPTが壊滅しないように必死の回復回し。

     

    「わたしこそ、このPTの影の支配者!」という満足感がすごいです。

    そっかー、世の中のヒーラーはこの感覚を味わっていたのか……

     

     

    判明2:「MP管理面倒そう」→「そうでもないよ?」

     

    これまたFF11のイメージがダメな影響を与えていた例だなと

    今にして思えば赤面ものなのですが……

     

    FF14では動いている間も一定時間ごとにMPが徐々に回復するので、

    限られたリソースでそこから削減勝負って感じではないのですよね。

     

    ダンジョンも高レベル帯になったり、レイドなどへ行くと、

    敵も範囲攻撃を頻発するようになり、MPを圧迫しますが、

    そのころにはMP回復の手段を習得していたり、

    MPを消費しない回復アクションなども手に入れていたりします。

     

    まあ、零式レイドや極戦に行くと、ぎりぎりのところで

    戦う必要があると思いますが、普通にダンジョン程度なら

    あまりMP管理で心配することはありません。

     

     

    判明3:「他人の面倒なんて……」→「HUDを使いやすく!」

     

    FF14のPTリストの画面表示は、

    これまたFF11よりぎゅっと色んな情報が見やすく並べられておりまして。

     

    そのメンバーのHP/MP/TP、アクション中の行動と発動状況、

    現在ついているバフ(強化)とデバフ(弱体)も判別できます。

    これは敵も同様で、「いまこんだけ弱ってるなー」「次はこの技くるなー」ってのが

    分かるようになっています。

     

    このへんのHUD表示はカスタマイズができるので、

    見やすく配置することが可能。ちこはヒーラーに当たり、ちょろっといじりました。

     

    ヒーラーは画面内の動きと敵の行動とPTの状況の三か所に

    目を配る必要がありますが、そんなに難しいものでもなくこなせました。

     

    ffxiv_20180428_173429.png

    【レベル70での白魔AF3、ドレスみたいなデザインでいいですね】

     

    さて、そんなヒーラーですが、今は高レベルダンジョンやアライアンスレイドで

    腕試しをしながら、いろいろと最適な動きを試行錯誤しているところです。

    機会があれば、いずれ零式や極戦もこれでいきたいなあ

     

    あと、今回Ticoがカンストさせたのは「ピュアヒーラー」と呼ばれる白魔道士なので、

    「バリアヒーラー」と呼ばれる種類の学者や占星術師などもちょっと興味がわくところです。

    まだまだ精進が欠かせませんね


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    @ticoruzel on Twitter

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 鹵獲! 鹵獲!
      Cattail
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Tico
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Lumina
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Tico
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Lumina
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Tico
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Lumina
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Tico
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Lumina
    • 艦これファンジンSS vol.4 「命短し恋せよ艦娘」
      Tico

    recent trackback

    recommend

    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中
    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中 (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14のPにしてDである吉田直樹氏が四方山話を語る連載コラム! 開発の裏側から仕事のやり方、ゲーム業界への意見など、その話題は実にワイド!

    recommend

    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか
    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14を文字通り「建て直した」プロデューサー兼ディレクターである吉田直樹氏の連載コラム! FF14新生の裏側がこれ一冊でよくわかる?

    recommend

    ハクメイとミコチ 1巻 (HARTA COMIX)
    ハクメイとミコチ 1巻 (HARTA COMIX) (JUGEMレビュー »)
    樫木 祐人
    不思議な小人たちの織りなす不思議な生活ストーリー。独特の世界観と緻密な描写をどうぞご堪能あれ。

    recommend

    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC)
    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC) (JUGEMレビュー »)
    オノ・ナツメ
    「ACCA13区監察課」のオノ・ナツメが送る、日常系ゆるやかストーリー。初老の作家と彼の息子、そして娘婿が織りなす、たのしい日曜日の過ごし方。

    recommend

    ACCA13区監察課 外伝 ポーラとミシェル (ビッグガンガンコミックス)
    ACCA13区監察課 外伝 ポーラとミシェル (ビッグガンガンコミックス) (JUGEMレビュー »)
    オノ・ナツメ
    ACCA本編からスピンオフした外伝。ポーラとミシェル、二人の幼馴染の心の交流を通じて穏やかなガールズラブを描く。

    recommend

    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】
    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】 (JUGEMレビュー »)
    ゲーム・ミュージック
    FF14を彩る珠玉のBGM、そのオーケストラコンサートの様子を収録の一本! あの思い出の曲が大迫力でよみがえる!

    recommend

    ファイナルファンタジーXIV コンプリートパック|ダウンロード版
    ファイナルファンタジーXIV コンプリートパック|ダウンロード版 (JUGEMレビュー »)

    これ一本でエオルゼアが全詰め! 全世界1000万ユーザーが遊ぶFF14へいざ君も旅立とう!

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM