<< SPY x FAMILY | main | 整体師さんとネックウォーマーのススメ >>
2020.03.15 Sunday

異種族レビュアーズ

0

    おはようございます、Ticoさんです。

    昨夜はぐっすり眠るはずが、4時前に目が覚めてしまい、

    期せずして早朝のイシュガルド復興FATEに参加することになりました。

    いや、まあ、なんというか……前回の反省が生かされていない感がある時間設定

    それはさておき今日は晴れそうですね。オフトゥン干せるかしら

     

     

    さて、本日のブログ記事は、「これはそのうち語らねばなるまい」と思って

    しかし色々と放送打ち切りの懸念があって様子見しておった

    アニメ「異種族レビュアーズ」についてでございます。

     

    anime-isyuzoku.jpg

     

    ……まあ、10話がdアニメストアで配信されてる3月中旬の現在、

    「そもそも地上波で残っているところあったっけ」ではありますが

    いくつか放送してるんでしたっけ

     

    内容については、冒険者を生業としている、

    人間のスタンク、エルフのゼル、ハーフリングのカンチャル(全員男性)が、

    風俗のお店――というかぶっちゃけ本番やってるからもうアレですが――に

    行ってはそのお店のレビューをつけるというもので。

     

    ただ、この世界、様々な種族がなんだかんだで共存してやっているので、

    いろんな種族のその手の店があって、そこへ彼らは果敢にチャレンジしていくのですな。

    いや、チャレンジという表現はこの場合どうなんだろ

     

    当然、アニメの内容も艶っぽい……いや、ぶっちゃけドスケベエロエロなシーンが

    押しも押したりで、一応規制はかかってるものの、そもそも内容自体がアウトじゃないかコレ

    思っていたら、案の定、あちこちの地上波から「編成上の都合で」を食らいましたね

    ネットではそれに抗議するどころか「名誉の戦死」「なぜ放送できると思った」などなど

    仕方ないよネー感があふれていますが、ウン、Ticoもそう思うよ。

    結果的に配信系がメインになったのは妥当な線ではないでしょうか。

     

    ただ、アニメの絵としてはエロエロな表現がもりもりだとはいえ、

    実際にこれが「オカズ」にできるかというと、なかなか難しいのではないかと。

    どっちかというと、「男というかオスの性に対するどーしようもなさ」が赤裸々に描かれているので、

    ぐるりと180度回って割と情けないナニかを感じてしまいます。

     

    5e218eff14057_ebd4c206034641baf8afc220f961bc04.jpg

    【OPとEDの歌も恥ずかしいんですが、かなり元気です。つか開口一番がアレかよ】

     

    しかし、この作品のあなどれないところは、

    どんな異種族でもスタンクたちは「食わず嫌い」をしないことで、

    何事も経験してからちゃんとレビューしているんですな。

    それで、面白いのはスタンクたちが「ないわー」という状況では、

    かならずゲスト的に「いや、これツボなんですわ!」というヤツが入っていて、

    そいつだけ高評価つけてるというのがあって。

     

    あ、これアレだ。「他人のセックスを笑うな」ってヤツだわ。

     

    ぶっちゃけ性癖もフェチ具合も、もっと広く言うなら好きなタイプがどうかというのも

    人それぞれなんだから、それについてやいのやいの言うのはおかしいんですよな。

    敢えて言うなら、スタンクたちがいる世界の成り立ちを考えると、

    過去に相当な軋轢とか衝突とかがあったはずで、それが作中では

    「いろんな種族のエッチなお店がある」というのはものすごいレベルで

    対話と和解が実現している証左と思うんですよ。見習え地球人類。

     

    【左が酒場の看板ウェイトレス、有翼人のメイドリー。右がわれらが英雄、天使のクリム】

     

    ところで、この作品のカワイイ枠として設定されているのが、

    メイドリーさんとクリムくんだとおもうんですが、

    天界から落っこちて早々にその手のお店に連れていかれて経験してしまって、

    そのあともなんだかんだでスタンクたちに同行していろんなお店を体験して、

    着実に経験値を積んでしまっている天使のクリムくんがホントに天界へ

    帰れるのかが心配ですこのまま堕天するんじゃなかろうか

    ……まあ、この世界の神様なら割と性についてはフリーダムな気がしますが

     

    ちなみに、昨夜にdアニメストアでは第10話が配信されましたが、

    「ALL満点と評判のお店」のネタが意外と正攻法で妙にしっくりきましたな。

    というか、冒険者稼業で浮き草みたいな生活しているスタンクたちの、

    実は隠れた願望をかなえてくれるお店だったのかなと思うと、

    スケベ店通いが楽しみの彼らが、割と平穏な日々を望んでいるんだな、と。

    あ、ハーフリングのヤツが実はヤバい系なのはわかった。

     

    さて、ここまで来たら配信系で最後までやってくれるので、

    残り2話が楽しみであります。なにやらメイドリーさんの身の上に起こりそうですが、

    どう盛り上げて締めてくれるのか楽しみでございますね。

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 鹵獲! 鹵獲!
      Cattail (03/21)
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Tico (02/08)
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Lumina (02/08)
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Tico (01/11)
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Lumina (12/20)
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Tico (12/01)
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Lumina (12/01)
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Tico (10/26)
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Lumina (10/26)
    • 艦これファンジンSS vol.4 「命短し恋せよ艦娘」
      Tico (10/01)
    Recent Trackback
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中
    吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中 (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14の吉田PDの雑感コラム、最終巻! ゲームの裏側、仕事の作法、企画の考え方、そしてゲーム屋さんとしての生きざまなど、今回もうならせる内容です。
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中
    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中 (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14のPにしてDである吉田直樹氏が四方山話を語る連載コラム! 開発の裏側から仕事のやり方、ゲーム業界への意見など、その話題は実にワイド!
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか
    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14を文字通り「建て直した」プロデューサー兼ディレクターである吉田直樹氏の連載コラム! FF14新生の裏側がこれ一冊でよくわかる?
    Recommend
    Recommend
    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】
    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】 (JUGEMレビュー »)
    ゲーム・ミュージック
    FF14を彩る珠玉のBGM、そのオーケストラコンサートの様子を収録の一本! あの思い出の曲が大迫力でよみがえる!
    Recommend
    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC)
    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC) (JUGEMレビュー »)
    オノ・ナツメ
    「ACCA13区監察課」のオノ・ナツメが送る、日常系ゆるやかストーリー。初老の作家と彼の息子、そして娘婿が織りなす、たのしい日曜日の過ごし方。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM