<< YouTube〔やまひろさんg〕Chを紹介してみる | main | ゲームの近況あれこれ 2020年3月 >>
2020.03.23 Monday

スオミさんを愛でてみる

0

    おはようございます、Ticoさんです。

    瞬く間に三連休がすぎてしまい、また労働の月曜日がきましたネ。

    心の中のココ・ヘクマティアルが「今日は月曜日だー。働けー」とか

    言うのが聞こえてくるようです。

    ……『ヨルムンガンド』もすっかり過去の舞台設定になってしまいましたが。

     

    さてはて、金曜にスオミさん主役の二次創作ノベル書いて、

    またスオミさんかよと言われそうですが、推しなんだから仕方ない

     

    本日は、「ドールズフロントライン」から

    スオミさんのフィギュアをご紹介です。

     

    販売は青島文化教材社ですね。公式サイトはこちらになります

     

     

    「ドルフロ」といえば、結構続々とフィギュア展開も予定されてきていて、

    着々とファンの財布を攻略しつつ感がありますが……こちらのスオミさんは

    2019年10月に販売されて、好評だったのか再販分もあるといった感じです。

     

    【デザインはゲーム中のデフォルト衣装の重傷(いわゆる大破)時に準拠!】

     

    ノーマル時はキリっとした表情のスオミさんが

    服がやぶけて、まあ、その、ヒップとふとももをぺろんと出してしまっている

    あられもない恰好なのが特徴です。

     

    というかドルフロのスオミさんは着せ替えスキンでも、

    重傷時はヒップを見せつけるポーズなんですよナイスです、Anmiお父さま

     

    【前方から見たお姿。おしりをアレされて慌てる様子をうまく造形化されています】

     

    立体物になると、スオミさんが身体をよじりながら恥ずかしげにしてるポーズが

    思う存分に堪能できますが、飾るとなると「どの角度から魅せるか」というあたりが

    なかなか悩ましい、一種の見返り美人的なものがなきにしもあらず。

     

    髪がぶわっと乱れる様子や、マントが空気をはらんで広がるさま

    そして驚きと羞恥がないまぜになった顔の造形といい、そしてこれは語らずにはいられない、

    ヒップと太ももからのもちもち感とつまさきまでのすらりとしたラインが見る者の心をわしづかみです。

     

    【真後ろから見ると懸命に隠そうとするさまがイイ!】

     

    しかし、まあちょっと難儀な点を挙げるとしたらこの三つでしょうか。

     

    • 箱から出したときに「顔、白くない?」とは正直思った。
    • 銃が脚に挟んで固定式なので気を付けないとおちる。
    • 「大事なところに青い布切れつけたやつは誰だァ!」

     

    顔が白いと感じた点なんですが、箱から取り出したときは「ん?」とは思ったものの、

    部屋の明かりや窓からの自然光で見るぶんには、そんなに気にならなかったです。

    むしろスオミさんが北欧美少女だとすると、じゅうぶんアリといえましょう。

    たぶん違和感の正体はAnmi先生の塗りに理由があって、先生の色使いは

    「透明感と肉感の両立」でございますれば、そりゃそのレベルの再現は難しいよな、と。

     

    銃は、まあ、もってぶんぶん振らない限りは大丈夫ですが、

    固定がゆるいとちょっとした位置ずらしで落ちる危険性があるのに注意かと。

     

    で……みっつめなんですが、上の方でトリミングしてご紹介したゲーム内絵では、

    「スオミさん履いていないのでは?」疑惑があり、というか、そもそも

    この子のスキンは水着以外は重傷絵が「どうみても履いていないよね」という

    妄想がむくむくとたくましくなってしまって

    「指揮官の指揮官がチャージバヨネットしちゃう」のですが

    (お前はなにをいってるんだ)

    さすがに一般向けであるフィギュアでぺろんしちゃうとマズかったのでしょう

    大事な部分は謎の青い布切れが張り付いています

    はたしてこれはパンツなのかスカートの一部なのか。

    謎を解き明かすためにわれわれはフィンランドの奥地へと探検隊を(ry

     

    まあ、そんなこんなで「パーフェクトだ、ウォルター!」とはいきませんが、

    全体としてみれば、かなり丁寧に作ってくださっているなかなか良い出来のフィギュアといえましょう。

    かなりポーズが面白いので、「どういう角度で見えるようにしようかなー」と

    考えるのが楽しくなる一品でございます。

     

    アマゾンの商品リンクはこちらから

     

    再販版なら当初の価格より少しお安めになっています。

    お買い得とまではいきませんが、スオミさんを推しと感じる方なら、

    コレクションのひとつに、あるいは、最初のフィギュアに、いいかもと思います。

     

    ちなみにTicoの甥っ子がやけにこのスオミさんに興味津々でやたら触りたがります。

    これ、おしりをつつくでない。まだこども園通いのくせに。

     

    【スオミさんの花嫁スキンのLive2D。前回ご紹介し忘れていました】

     

    次当たり、クリスマスドレスかウェディングドレスあたり、フィギュア化されませんかねえ

    速攻で買うんですがねェ。

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 鹵獲! 鹵獲!
      Cattail (03/21)
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Tico (02/08)
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Lumina (02/08)
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Tico (01/11)
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Lumina (12/20)
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Tico (12/01)
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Lumina (12/01)
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Tico (10/26)
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Lumina (10/26)
    • 艦これファンジンSS vol.4 「命短し恋せよ艦娘」
      Tico (10/01)
    Recent Trackback
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中
    吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中 (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14の吉田PDの雑感コラム、最終巻! ゲームの裏側、仕事の作法、企画の考え方、そしてゲーム屋さんとしての生きざまなど、今回もうならせる内容です。
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中
    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中 (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14のPにしてDである吉田直樹氏が四方山話を語る連載コラム! 開発の裏側から仕事のやり方、ゲーム業界への意見など、その話題は実にワイド!
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか
    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14を文字通り「建て直した」プロデューサー兼ディレクターである吉田直樹氏の連載コラム! FF14新生の裏側がこれ一冊でよくわかる?
    Recommend
    Recommend
    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】
    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】 (JUGEMレビュー »)
    ゲーム・ミュージック
    FF14を彩る珠玉のBGM、そのオーケストラコンサートの様子を収録の一本! あの思い出の曲が大迫力でよみがえる!
    Recommend
    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC)
    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC) (JUGEMレビュー »)
    オノ・ナツメ
    「ACCA13区監察課」のオノ・ナツメが送る、日常系ゆるやかストーリー。初老の作家と彼の息子、そして娘婿が織りなす、たのしい日曜日の過ごし方。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM