<< エッグハント! in FF14 | main | ミニアニメ「どるふろ」癒し編&狂乱編 >>
2020.04.01 Wednesday

ACCA13区監察課

0

    おはようございます。

    今朝はちょっと気温が高いのかどーなのか。

    天気は曇り空なのでちょっとアレでございますね。

    新年度も在宅ワークで迎えるちこさんですが、さてまた一年間がんばりますか

     

     

    さて、本日のブログ記事は、

    以前取り上げたオノ・ナツメ先生による代表作にひとつ、

    アニメ化もされた「ACCA13区監察課」でございます。

     

    pic-main.jpg

     

    実はこの作品、本編以外にちょっと展開してるので、

    そのあたりも今回はご紹介してみようかなと思います。

     

    717ipHfRIdL.jpg

    【本編コミックス1巻の表紙、「もらい煙草」のジーン!】

     

    お話の舞台は架空の国、ドーワー王国。

    13の別々だった国が一つに統合されつつも、各区に高度な自治が認められています。

    そんな一見つぎはぎの国を結び付けているのが、政府とは切り離されて存在する、

    行政サービスを専門に行う巨大組織ACCA(アッカ)。

    主人公は、そのACCAで各地の視察を行う監察課の副課長であるジーン・オータス。

    贅沢品である煙草を知り合いの実業家からちょくちょくもらってるので、

    ついたあだ名が「もらい煙草のジーン」という、なんとも洒落ております。

     

    ジーンが各地を視察していく中で、国王の代替わりを背景として

    王国全体を揺るがす陰謀にジーンは巻き込まれていくのですが……

    というのが大まかなストーリーです。

     

    絵柄から分かる通り、ちょっとグラフィックノベルテイストな描写もあいまって、

    展開されていくコマの数々は洋画のドラマをみているよう

    登場人物も魅力的で、特にACCA本部で元老的な立ち位置の「五長官」や

    女性ながらACCA本部長を務める才媛など、なかなか癖者ぞろいであります。

     

    クライマックスで鮮やかに盤面をひっくり返す筋立ては実にお見事。

    完結済み全6巻なので、さくっとまとめ読みしやすいのもいいですね。

     

    51PGYWFPsUL._SX349_BO1,204,203,200_.jpg

    【そして前日譚の意味合いが強い「P.S.」】

     

    ACCA本編以外に前日譚と後日談を収めた「P.S.」があり、こちらは全2巻。

    五長官たちの意外な前経歴などがうかがえます。

     

    ここで描かれている五長官たちがそれぞれベクトルが違うのに

    「それぞれイケオジ」というあたりがなんとも心憎い!

     

    1巻は前日譚ですが、2巻は後日談的な要素が強く、

    その意味でも本編をさらに広げる作品となっています。

     

    910ZmY5tmrL.jpg

    【そして、外伝「ポーラとミシェル」】

     

    Tico的にはこれはご紹介から外すわけにはいかない、

    外伝の「ポーラとミシェル」! 本編には関係ないのですが、

    ある二人の穏やかな愛のお話であります。

     

    ミシェルの父親がパインと言って、上に挙げたACCA五長官の一人です。

    ポーラの父親がマホガニーで、パインとは親友であり、家族ぐるみのつきあいもしつつ、

    当人同士は同時に出世を争うライバル同士でもあるという関係

     

    ただ、一歩先を行くパインに対してマホガニーは常に二番手の存在で、

    「どうしても追いつけないあいつ」に対して複雑な心情なのですが……

    ポーラとミシェルはそんな父親たちをみながらも、

    自分たちは自分たちで仲のよい幼馴染として始まり、

    やがてお互いを愛情の対象として意識し合うようになっていく、という筋立て。

     

    まあ、要するに「百合」ではあるんですが、なんやかんやと持て囃すものではなく、

    父親同士のちょっとした確執に関係なく、当人同士が穏やかに愛をはぐくんで結ばれるというお話で、

    同性愛のカップルでも別に奇特なことはないんだよ」とさらりと描いてます。

     

    お話の最後で父親たちの出世競争にも決着はつくのですが、

    その時にはもう「なんか娘どうしがこうなったし、もうこだわらないよ」という感じで

    話し合う父親たちの会話のあとに、お話の締めを飾るコマには、なかなかの感動があります。

     

    こんな感じで展開されているACCAシリーズ、

    ちょっと読んでみるにはなかなか読後感のいい素敵なストーリーになっています。

    また、本編はアニメ化もされていて、こちらも原作の「洋画ドラマ感」をちゃんと活かしていて

    オシャレな作品なので、おススメでございます。

    (AmazonVideoでレンタル配信されているみたいですね)

     

    【アニメのPVからもしっかり伝わってくる洋画ドラマテイスト!】

     

    ところで、ACCAシリーズ自体は上に挙げた作品でいったん締めているのですが、

    お話の舞台となったドーワー王国をまた使って、別作品が連載中になっています。

    それが「BADON(バードン)」なのですが、こちらはこちらでまた味わいの違った

    素敵なお話でして……そのレビューはまた日を改めましてお届けします。

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 鹵獲! 鹵獲!
      Cattail (03/21)
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Tico (02/08)
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Lumina (02/08)
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Tico (01/11)
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Lumina (12/20)
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Tico (12/01)
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Lumina (12/01)
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Tico (10/26)
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Lumina (10/26)
    • 艦これファンジンSS vol.4 「命短し恋せよ艦娘」
      Tico (10/01)
    Recent Trackback
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中
    吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中 (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14の吉田PDの雑感コラム、最終巻! ゲームの裏側、仕事の作法、企画の考え方、そしてゲーム屋さんとしての生きざまなど、今回もうならせる内容です。
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中
    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中 (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14のPにしてDである吉田直樹氏が四方山話を語る連載コラム! 開発の裏側から仕事のやり方、ゲーム業界への意見など、その話題は実にワイド!
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか
    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14を文字通り「建て直した」プロデューサー兼ディレクターである吉田直樹氏の連載コラム! FF14新生の裏側がこれ一冊でよくわかる?
    Recommend
    Recommend
    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】
    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】 (JUGEMレビュー »)
    ゲーム・ミュージック
    FF14を彩る珠玉のBGM、そのオーケストラコンサートの様子を収録の一本! あの思い出の曲が大迫力でよみがえる!
    Recommend
    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC)
    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC) (JUGEMレビュー »)
    オノ・ナツメ
    「ACCA13区監察課」のオノ・ナツメが送る、日常系ゆるやかストーリー。初老の作家と彼の息子、そして娘婿が織りなす、たのしい日曜日の過ごし方。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM