<< ACCA13区監察課 | main | スオミさんはお困りです ep.5〔前編〕 >>
2020.04.02 Thursday

ミニアニメ「どるふろ」癒し編&狂乱編

0

    おはようございます、Ticoさんです。

    昨日は年度初め、まあ本社オフィスは部署ごとの会議でバタバタなようですが

    在宅勤務のTicoはゆったりマイペース前もって話し合っていたミッションを

    粛々とこなすだけであります。うむ、最近体調がいいですぞ。

     

     

    さて、本日のブログ記事は「ドールズフロントライン」の映像化?となる

    ミニアニメ「どるふろ」癒し編&狂乱編をご紹介します。

     

    【全2クールが終わり、円盤も発売されますね。こちらは「癒し編」パッケージ】

     

    ミニアニメ? そう、ミニアニメです。なんと1回4分。

    ちゃんと1クールずつやっているのですが、それでも各編通しで見ても

    1時間かからない、合計して2時間に収まるというコンパクトサイズ

    いまはAmazonPrimeVideoやdアニメストアで見放題配信になってますね。

     

    前半の「癒し編」、後半の「癒し編」、ともにギャグアニメなのですが、

    それぞれちょっと趣き・配役・構成がことなっています

     

    【癒し編のイメージビジュアル。AR小隊と404小隊がキュートなキャラに!】

     

    「癒し編」のキャラは、ゲーム本編でも活躍するAR小隊と404小隊の面々なんですが、

    割とほのぼのテイストでほんわかしたギャグが展開されます。

    尺も4分をまるっと使って構成していて、各話で短いながらも

    ちゃんとしたストーリーが展開されます。

     

    【作中はこんな感じ。キャラはデフォルメされてますが、割とよく動きます】

     

    言うなれば、「癒し編」は正統派なコミカル路線になっていて、

    最後までエピソードを追うと、ゲーム本編でシリアスな戦いを強いられる

    彼女たちの「また別の世界線」という感じになっています。

    プレイヤーならご存じですが、ドルフロの本編シナリオは

    とにかく重苦しい、シリアスで、ハードなものなので、これはまさに「癒し」と言えましょう。

     

    【狂乱編のイメージイラストはこちら。繁華街?】

     

    一方、「狂乱編」ではガラッと趣きを変えています。

    まず配役が「AR小隊&404小隊以外」のいわば普通の戦術人形たちになっていて、

    しかも毎話出てくるキャラが違っております

     

    話の構成も4分尺に3エピソードぐらいぶち込んできて、

    ぶっちゃけ「2コマ漫画」のノリで勢いでガンガン押してきます

    見てて「ポカーン( ゚д゚)」となるオチが考える間もなく畳みかけられるという。

     

    そして「狂乱編」の名にたがわず、徹底したシュールギャグが展開されます。

    ……ただし、後半1/3ぐらいはゲーム内の公式四コマの映像化や、

    ゲームシステムの要素をかいつまんで説明する内容になっています。

    あれ、ゲームの立派な販促作品になってるじゃん、コレ。

     

    【かなり幅広い子が出てくるので推しがいるかも? スオミさんも出るよ!】

     

    さて、なぜにドルフロが映像化にあたってわざわざギャグアニメを選んだのか?

    「癒し編」と同時期に放映された「アズールレーン」がゲームの世界観をしっかり描いたのとは

    対照的ですらありますが、Ticoの深読み(あくまでも深読み)だと、

    これシビアに計算して企画したように思えるんですよ。

     

    実際、ドルフロというゲームはかなりシナリオがしっかりしているゲームです。

    挙げてみるとこんな感じ。

     

    • 本編&大型イベント:ストーリー本編を追っていくシリアスでハードな戦いの物語
    • 夜戦ステージ   :本編とは離れて、人形同士の関係性を描く「ヒューマンドラマ」
    • スキンストーリー :人形たちと指揮官の交流を描く「ロマンス&コメディ」
    • コラボイベント  :「IF」を展開しつつ、世界観の隅を掘り下げるストーリー

     

    こうしてみると、びっくりするほど重層的で、互いが互いを補完する関係にあります。

    端的にいえばシナリオが一本調子でないので、いろいろ世界観を垣間見れて楽しいんですな。

    (まあ、二次創作やってると、ネタがあちこちに埋まってて発掘が大変なんですが)

     

    さて、この中でやっていないのが、「純然たるギャグ」もの

    ただ、ドルフロの世界観からすると、インゲームでは「コミカル止まり」になってしまうので、

    それなら映像化で実現してしまおう――そんなところでしょうか。

    またミニアニメにしたのも、予算やクオリティのリスクマネジメントの観点もありますが、

    「純粋なギャグものだと長尺でテンションを保つのは至難の業」という認識もあったのかと。

     

    そして、あらためて「癒し編」と「狂乱編」を通しで見ると、ゲームの販促として実によくできています。

    前半の癒し編では、メインシナリオに深くかかわるAR小隊と404小隊を印象づけて

    「ゲームでのお話の主役は誰か」ということをしっかりと視聴者にすりこみつつ、

    後半の狂乱編では、いろんなキャラを出しつつ、「こんなにいろんな子が待ってますよ」と

    ショーウィンドウをこれでもかと広げ、食いついてきたところへ、クール終盤で

    ゲーム内のTIPSを楽しく学べるという……これ、そのままゲームになだれ込める流れですよね。

     

    運営元にしてみれば、本編のシナリオはゲームでしっかり楽しんでほしい、

    それよりはアニメ化のルートで新規プレイヤーを獲得したいという計算がなかなか見えまして、

    なんというか「さすが中国人の算盤はじきは伊達じゃねえな」と思う次第です。

     

    まあ、そんなこんなで深読みしてみましたが、映像作品としてみた場合、

    シュールギャグは実に肩の力を抜いて楽しめるので、暇つぶしにみるには最適といえます。

    アニメのキャラの声は、ゲームと同じ声優さんなので、クレジットを見て、

    「えっ!? あの人が演じるキャラが出るの?」と驚くのもありですねおいでよドルフロの沼。

     

    【癒し編のPV。短いですが、作品の雰囲気は十分に伝わってくると思います】

     

    【狂乱編のPV。なんというか、「あーもうむちゃくちゃだよ」感あふれてますね】

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 鹵獲! 鹵獲!
      Cattail (03/21)
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Tico (02/08)
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Lumina (02/08)
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Tico (01/11)
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Lumina (12/20)
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Tico (12/01)
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Lumina (12/01)
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Tico (10/26)
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Lumina (10/26)
    • 艦これファンジンSS vol.4 「命短し恋せよ艦娘」
      Tico (10/01)
    Recent Trackback
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中
    吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中 (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14の吉田PDの雑感コラム、最終巻! ゲームの裏側、仕事の作法、企画の考え方、そしてゲーム屋さんとしての生きざまなど、今回もうならせる内容です。
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中
    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中 (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14のPにしてDである吉田直樹氏が四方山話を語る連載コラム! 開発の裏側から仕事のやり方、ゲーム業界への意見など、その話題は実にワイド!
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか
    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14を文字通り「建て直した」プロデューサー兼ディレクターである吉田直樹氏の連載コラム! FF14新生の裏側がこれ一冊でよくわかる?
    Recommend
    Recommend
    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】
    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】 (JUGEMレビュー »)
    ゲーム・ミュージック
    FF14を彩る珠玉のBGM、そのオーケストラコンサートの様子を収録の一本! あの思い出の曲が大迫力でよみがえる!
    Recommend
    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC)
    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC) (JUGEMレビュー »)
    オノ・ナツメ
    「ACCA13区監察課」のオノ・ナツメが送る、日常系ゆるやかストーリー。初老の作家と彼の息子、そして娘婿が織りなす、たのしい日曜日の過ごし方。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM