<< はめふら 〜乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった〜 | main | 邪神ちゃんドロップキック >>
2020.04.07 Tuesday

BADON

0

    おはようございます、Ticoさんです。

    割と世間様が騒がしい中、てんやわんやの本邦ですが、

    Tico的には欠かさず行ってる整体は「必要な外出」に当たるか

    判断にまよっております。いや、毎週直さんと肩凝りアレなのよ

     

     

    さて、本日のブログ記事はオノ・ナツメ先生の

    BADON』をご紹介いたします。

     

    badon_vol1.jpg

     

    以前の記事でご紹介した「ACCA13区監察課」と同じドーワー王国が舞台なのですが、

    あちらが国土全体で活動する巨大組織でのサスペンスだとすると、

    こちらはぎゅっと一般市民に寄った形でのドラマとなっています。

     

    タイトルになっている「BADON」=(バードン)は、ドーワー王国の首都の名前。

    ギャンブルの街ヤッカラ区での前科者四人が刑務所を出てから、

    人生の再起をかけてバードンで高級煙草店を開く物語です。

     

    ドーワー王国では煙草というのは、富裕層のステータスみたいな嗜好品になっていて、

    「ACCA13区監察課」でもちょっとしたキーアイテムになっていたのですが、

    「BADON」ではそれを扱うお店ということでより深く描き込まれています。

     

    maxresdefault.jpg

    【脅威のおっさん率。しかもみんなあまり冴えない!】

     

    さて、登場人物はずばりおっさんです。

    「リストランテ・パラディーゾ」みたいなイケオジではなく、

    なんとも冴えないおっさん四人組です。まあ腹は出てないんだけどな

     

    ただ、ヤッカラで犯罪とかかわりをもっていた彼らは人生の苦い部分も味わっていて

    煙草店に夢をかけて店を出すものの、高級嗜好品ゆえにいろいろとノワールなものが

    絡んでくる匂いには自然と敏感で、いやいやながらトラブルに巻き込まれるという……

     

    【煙草の出るシーンはシュッと決まっています。イイですね】

     

    サスペンスとかノワールの味付けはしてるものの

    どちらかといえば「おっさん奮闘記」なヒューマンドラマ

    なんかうまくいかないお店の運営に四苦八苦しながらも

    切り抜けていくおっさん達に萌える作品です。

     

    味わい的には話題になったドラマ「バイプレイヤーズ」に近いでしょうか。

    キャラ的にどれも主役のオーラはないものの、おっさん四人が集まると

    妙に味わい深いというか……ドタバタした後に一件落着して、

    四人で料理を囲んだり酒を酌み交わしたり姿がイイというか……

    うん、読んでみて。おっさんにすごい萌えるからコレ

     

    51jdZPCNvEL._SX350_BO1,204,203,200_.jpg

    Amazonリンクはこちら!

     

    オノ・ナツメ先生らしい絵柄とストーリー展開がいかにも洋画ドラマのようで、

    少し苦みばしった、でも薫り高いコーヒーのような味わいの作品です。

    いままさに連載中の作品なので、これからの展開が楽しみですね。

     

    【コミックスのPVもあります。作品の世界をつかむにはイイですね!】

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 鹵獲! 鹵獲!
      Cattail (03/21)
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Tico (02/08)
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Lumina (02/08)
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Tico (01/11)
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Lumina (12/20)
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Tico (12/01)
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Lumina (12/01)
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Tico (10/26)
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Lumina (10/26)
    • 艦これファンジンSS vol.4 「命短し恋せよ艦娘」
      Tico (10/01)
    Recent Trackback
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中
    吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中 (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14の吉田PDの雑感コラム、最終巻! ゲームの裏側、仕事の作法、企画の考え方、そしてゲーム屋さんとしての生きざまなど、今回もうならせる内容です。
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中
    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中 (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14のPにしてDである吉田直樹氏が四方山話を語る連載コラム! 開発の裏側から仕事のやり方、ゲーム業界への意見など、その話題は実にワイド!
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか
    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14を文字通り「建て直した」プロデューサー兼ディレクターである吉田直樹氏の連載コラム! FF14新生の裏側がこれ一冊でよくわかる?
    Recommend
    Recommend
    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】
    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】 (JUGEMレビュー »)
    ゲーム・ミュージック
    FF14を彩る珠玉のBGM、そのオーケストラコンサートの様子を収録の一本! あの思い出の曲が大迫力でよみがえる!
    Recommend
    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC)
    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC) (JUGEMレビュー »)
    オノ・ナツメ
    「ACCA13区監察課」のオノ・ナツメが送る、日常系ゆるやかストーリー。初老の作家と彼の息子、そして娘婿が織りなす、たのしい日曜日の過ごし方。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM