<< 人形乃歌 〜ドールズフロントライン〜 | main | ワールドオブ「小林さんちのメイドラゴン」 >>
2020.04.12 Sunday

パリピ孔明

1

おはようございます、Ticoさんです。

今朝は曇りでオフトゥン干せないなーとショボンですが、

週明け火曜には新調したベッドが届くので、

お部屋を片付けしないとです。ああ、めんどり

 

 

さて、本日のブログ記事は

Twitterで紹介されるや「なんだこれ面白いゾ!?」と話題になった、

パリピ孔明をご紹介します。

 

10834108156708582579-38e845d38d43a9fa19a1ce8572421c5b.jpg

 

……ちなみにAmazonで注文していたのですが、

アレクサさんの通知だとパリピひろあき」と呼んでしまって

「誰やねんソレ」ってあきれたのですが、それはさておき。

 

この作品、「えッ、そうくるんだ!」という驚きをもって読んでほしいので、

できるかぎりネタバレを伏せてご紹介したいと思います。

 

1_3t7w7cl5na1qs886gjxmi.jpg

【服装も変えない、軍師ポジも変えない。マイペース孔明さん】

 

見どころその1:現世日本に転生した孔明、あくまで己を貫く

 

さて、お話は五丈原で亡くなったはずの蜀の軍師、孔明さんが

なぜか若返って現世日本に転生するところから始まります。

 

奇しくもハロウィンのお祭り騒ぎに巻き込まれた孔明は、

とあるライブハウスへと連れていかれて、ヒロインである英子の歌を聴くことになります。

(ちなみに彼女、フルネームが月見英子……アレ?)

 

彼女に拾われて、三国志好きなラウンジのオーナーにやとわれる形になった孔明

英子の歌に劉備たちと目指した天下泰平の夢を見出して、彼女の軍師になることを

宣言します。まあ、つまりマネージャー就任です。

 

ただし服は変えない。話し方も変えない。それなりに現代日本に適応しながら、

あくまで孔明である自身はブレないところが、実におかしい一方で、

妙な安心感を与えるのも確かです。

 

1_3t7w74jb09ky9f50uf9l5.jpg

【ライブハウス事情のマメ知識をきちんと押さえるのがツボ】

 

みどころその2:音楽ショービズのツボの押さえ方が実に丁寧

 

さて、英子はシンガーとして成功することを夢見る女の子

しかしまだ売れないので、ライブハウスで歌うのがやっとのところで、

孔明の戦いもそこから始まります。

 

この音楽ショービズあたりのまさに「パリピ」界隈のマメ知識が

ちょいちょい丁寧に描かれていて、なかなか勉強になります。

 

このあたりの専門知識って、知ってる人は「うんうん」となりますし、

知らない人は「へー、そうなんだ」と好奇心を引くので、

上手く使うとお話自体の引き込み力が増すのですよね。

 

コミックス1巻ではライブハウスの表舞台と裏事情が描かれる感じですが、

なかなかしっかり描写されていて、面白みがあります。

 

10834108156708586383-b35ccdc5bc94b008e6957f86e9719b07.jpg

【英子のファンを増やすために策を尽くす、軍師孔明】

 

みどころその3:パリピの世界で炸裂する孔明の神算鬼謀!

 

さて、現世日本における孔明の戦いはショービズの世界

最初の難題は、人気シンガーの当て馬にされた英子のライブを成功させること。

オーナーも「これはどうもならんだろ……」という事態に、当の孔明は自信満々。

その智謀が冴えわたります。そして、この策こそいかにも孔明!という感じ

自身がかつて用いた、三国志ファンならお馴染みの手を披露します。

まあ、このあたりは一巻の見どころなのでぜひコミックスをお読みくださいませ

 

10834108156708586391-a83291b999280929d71be0a98ae72085.jpg

【ライブが成功しても孔明の策は尽きない。英子のために尽力します】

 

見どころその4:なんといっても絵が上手い。描写がすごい良い。

 

これだけぶっ飛んだ内容ながら、不思議とスッと読めてしまうのは

作者さんの絵作りが実に丁寧かつ味のある路線だからだともいえます。

 

かなりシュッとしたテイストながら、人物の表情が描き方が実にうまいのです。

ヒロインの英子は健気で可愛く、ラウンジのオーナーは強面ながらも人情味が感じられ、

そして主人公の孔明はまさに「おなじみの孔明」の安心感。

 

ライブハウスや野外フェスなどの背景の描き方もしっかりされていて、

このあたりの「丁寧な仕事ぶり」がお話を成り立たせる土台なのは言うまでもありません。

 

 

以上、『パリピ孔明』の見どころご紹介でした。

かなりぶっ飛んだタイトルにみえて、実際にぶっ飛んでいるんですが、

主人公の孔明はかなり皆のイメージ通りなので、妙に馴染んで読めますよ。

ブログ記事冒頭のリンクから試し読みできるので、気になる方は

まずお読みになることをおススメします!

 

【ホントでござるかー? って方はこのPVを。ピンと来たらぜひぜひ!】

コメント
コメントする








 
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
  • 鹵獲! 鹵獲!
    Cattail (03/21)
  • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
    Tico (02/08)
  • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
    Lumina (02/08)
  • 艦これ クリスマスシーズン!
    Tico (01/11)
  • 艦これ クリスマスシーズン!
    Lumina (12/20)
  • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
    Tico (12/01)
  • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
    Lumina (12/01)
  • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
    Tico (10/26)
  • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
    Lumina (10/26)
  • 艦これファンジンSS vol.4 「命短し恋せよ艦娘」
    Tico (10/01)
Recent Trackback
Recommend
吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中
吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中 (JUGEMレビュー »)
吉田直樹
FF14の吉田PDの雑感コラム、最終巻! ゲームの裏側、仕事の作法、企画の考え方、そしてゲーム屋さんとしての生きざまなど、今回もうならせる内容です。
Recommend
吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中
吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中 (JUGEMレビュー »)
吉田直樹
FF14のPにしてDである吉田直樹氏が四方山話を語る連載コラム! 開発の裏側から仕事のやり方、ゲーム業界への意見など、その話題は実にワイド!
Recommend
吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか
吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか (JUGEMレビュー »)
吉田直樹
FF14を文字通り「建て直した」プロデューサー兼ディレクターである吉田直樹氏の連載コラム! FF14新生の裏側がこれ一冊でよくわかる?
Recommend
Recommend
Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】
Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】 (JUGEMレビュー »)
ゲーム・ミュージック
FF14を彩る珠玉のBGM、そのオーケストラコンサートの様子を収録の一本! あの思い出の曲が大迫力でよみがえる!
Recommend
ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC)
ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC) (JUGEMレビュー »)
オノ・ナツメ
「ACCA13区監察課」のオノ・ナツメが送る、日常系ゆるやかストーリー。初老の作家と彼の息子、そして娘婿が織りなす、たのしい日曜日の過ごし方。
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM