<< 競い合う百合として「ウマ娘」を見てみる | main | スオミさんはお困りです ep.8〔前編〕 >>
2020.04.23 Thursday

プラウダ戦記

0

    おはようございます、Ticoさんです。

    昨日はダウンしてぐろんぐろーんだったのですが、

    今朝はシャキーンと復活しております。

    さあ、休んだぶんお仕事がんばるんば。

    新作の原稿も昨夜書きあがったしの。

     

     

    さて、本日のブログ記事は、

    数あるガルパンスピンオフコミックのひとつ

    プラウダ戦記をご紹介したいと思います。

     

    8327997.jpg

    【いかにして雪国の強豪は絶対王者黒森峰に勝ち得たのか?】

     

    プラウダといえば、ガルパンファンにはおなじみ、ロシアモチーフの学校ですね。

    戦車道チームの隊長と副隊長には個性的なキャラが多いのですが、

    TV版放映時には、ちびっ子暴君のカチューシャと、忠誠を尽くす腹心ノンナのコンビが目を引きましたね

    勝ちに驕っていた大洗を苦境に追い込んだり、昨年度大会優勝者にふさわしい強豪として登場し、

    まさに決勝戦前に大洗の真価を問う絶好の相手として好試合を展開しました。

    (まあ、カチューシャに乗ってきたカチューシャがカチューシャを歌うとか、完全にダジャレですが)

     

    ただ、プラウダ目線からすると、それまで毎年優勝していた絶対王者黒森峰を、

    カチューシャの代になってようやく勝ちを拾えたわけなんですよ。

    黒森峰の敗因が、西住みほの命令違反にあったとはいえ

     

    そんなプラウダ――その戦車道チームを変えたカチューシャとノンナがいかにして出会い、

    彼女たちは何を成し遂げたか? という、なかなかアツいスピンオフが本シリーズでございます。

     

    Dhf2nUkVQAEH8ok.jpg

    【カチューシャ初登場のシーン、この頃からもう小さいオブ小さい】

     

    ストーリーに関しては、もう読んでお楽しみなのですが、この作品の見どころについては、

    コミック担当の吉田創先生「力強くて時として容赦のない絵作り」を挙げたい!

     

    9065046ca17edc04cc55808d67cfca58s.jpg

    【この目力、この迫力。かなりキッツイ感じにさえ見える絵がちょくちょく出ます】

     

    まあ、上の画像からただならぬものが感じられると思います。

    「万年二位」のチームが抱える歪みは相当なもので、それをカチューシャとノンナで

    腕づくでバッサバッサと改革していくのですが、もちろん澄まし顔でできるはずもなく

     

    個人的には「あいつはカチューシャにとってジャマだから始末するか」と

    ひそかに思った時のノンナの顔がすさまじくどこからどうみても「おそロシア」の体現

     

    ただ、カチューシャのひそかな努力や戦車道における才能や、

    それに惚れ込んで彼女を全面的に支えようと決意したノンナの気持ちとか

    心情描写などは実に細やかに描かれていて、なかなか来るものがございます

     

    実際、劇場版アニメだとカチューシャのちょっと脆い点とか、

    戦車乗りとしての確かな実力などが描かれていました

    バミューダトリオの一角をしとめたのはカチューシャでしたね

    そのあたりを下敷きにしつつ、うまくお話を発展させた、

    ガルパンスピンオフでも珠玉の出来だといえるのではないでしょうか。

     

    EWLaljBU8AAYzl4.png

    【コミックは最新3巻が出たばかり!】

     

    描かれる戦車道高校は、プラウダだけではなく、

    黒森峰や聖グロリアーナなども描かれているのですが、

    西住流の期待の星であるまほの様子とか、まだ先輩に教えられるダージリンなど、

    なかなか面白い描写も入っている点も注目と言えましょう。

     

    ガルパンは随分息が長いコンテンツですが、

    それにはアニメの投入スパンが長い、大洗を舞台にしたリアルイベントのほか、

    こういうスピンオフコミックをきちんと監修したうえで、

    世界観を広げるスピンオフコミックの展開が上手くいってる点も見逃せません。

     

    その中でも、結構ガツンとくる『プラウダ戦記』、

    ガルパンのスピンオフに親しんでみるには、入門としてもなかなかいいのではないでしょうか。

    コミックのストーリーはいよいよプラウダが戦車道大会へ挑むところまで来ています

     

    この機会にぜひぜひ、アニメ版以外にも広がるガルパンワールドに親しんでみませんか?

    そう、いつもの合言葉、「ガルパンはいいぞ」でございます!

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 鹵獲! 鹵獲!
      Cattail (03/21)
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Tico (02/08)
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Lumina (02/08)
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Tico (01/11)
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Lumina (12/20)
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Tico (12/01)
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Lumina (12/01)
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Tico (10/26)
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Lumina (10/26)
    • 艦これファンジンSS vol.4 「命短し恋せよ艦娘」
      Tico (10/01)
    Recent Trackback
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中
    吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中 (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14の吉田PDの雑感コラム、最終巻! ゲームの裏側、仕事の作法、企画の考え方、そしてゲーム屋さんとしての生きざまなど、今回もうならせる内容です。
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中
    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中 (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14のPにしてDである吉田直樹氏が四方山話を語る連載コラム! 開発の裏側から仕事のやり方、ゲーム業界への意見など、その話題は実にワイド!
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか
    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14を文字通り「建て直した」プロデューサー兼ディレクターである吉田直樹氏の連載コラム! FF14新生の裏側がこれ一冊でよくわかる?
    Recommend
    Recommend
    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】
    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】 (JUGEMレビュー »)
    ゲーム・ミュージック
    FF14を彩る珠玉のBGM、そのオーケストラコンサートの様子を収録の一本! あの思い出の曲が大迫力でよみがえる!
    Recommend
    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC)
    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC) (JUGEMレビュー »)
    オノ・ナツメ
    「ACCA13区監察課」のオノ・ナツメが送る、日常系ゆるやかストーリー。初老の作家と彼の息子、そして娘婿が織りなす、たのしい日曜日の過ごし方。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM