<< ASMRを初体験してしまった…… | main | 恋慕のコランダム 〔前編〕 >>
2020.05.10 Sunday

戦争は女の顔をしていない

0

    おはようございます、Ticoさんです。

    早朝に目を覚ますと大概益体もない悩みにとらわれますが、

    益体がない=悩んでるだけじゃどーもならんところなので、

    結局、いろいろ向上を目指して手を動かすしかないなあと思う次第です。

    しかし今日は曇りな割に気温が高めで、なーんかイヤですねえ。

     

     

    さて、本日のブログ記事は

    まだ感想とか紹介とか書いてなかったっけとびっくりした

    「戦争は女の顔をしていない」

    コミカライズ版のアレでございます。

     

    9204282.jpg

     

    なんか友人に貸したり母者に貸したり、母者が叔母に貸したいとかいって

    そのあとコロナ騒ぎで預かりのままになっていたりで

    Ticoの部屋の本棚になかったので失念しておりました。

     

    コミックの紹介としてはいささか時期を逸した感がありますが、

    そこは「それがどうした!」でして、これは古典となりうる作品ですよ。

     

    KDCW_AM00000019010003_68_004.jpg

    【お話は大祖国戦争、つまり独ソ戦に参加した女性兵士のお話です】

     

    原作者、というか、インタビュアーは、ジャーナリストであり作家でもある、

    スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ。2015年にはノーベル文学賞を受賞していますが、

    本作以外にもチェルノブイリ原発事故などでのインタビューなども著わしています。

     

    日本語訳版は岩波書店から現在出ておりますね

    まあ、これも色々あったようでして、そもそもMCあくしずで知ったTicoの手元に

    あるのは最初に邦訳出版された群像社版だったりするんですが。

     

    さて、邦訳原著を、『狼と香辛料』のコミカライズ版で知られた小梅けいと先生が作画

    考証にソ連といえばこの人の感ある、速水螺旋人先生という態勢で、

    再構成したコミカライズしたのが本作ということになります。

    公式Twitterアカウントで無料公開しつつの単行本刊行という、

    割と思い切った手法で周知に努めておられるのもポイントですね。

     

    KDCW_AM00000019010004_68_001.jpg

    【描かれているのはかなり生々しい、戦争に身を投じた女性たちの話】

     

    百聞は一見にしかずなので、上記でもご紹介したコミックウォーカーから試し読みしてほしい、

    と思う次第なのですが、英雄的な話なんぞまったくございません。

     

    戦争という究極的に男社会で、女性らしさとか以前にそもそも人間性とかが

    二の次な状況下で、彼女たちがどんな体験をしたのか

    その女性兵士たち自身へのインタビューで構成されています。

     

    なので、エピソードごとに語る内容やシチュエーションは散らばっていますが、

    共通してるのは、戦争で本当にひどい傷を心に負ったこと、

    無事に帰ってきて、老境になってもなお記憶に刻まれて

    見えない血を流し続けていることです。

     

    D5IVaBGUUAAqJQT.jpg

    【第1話が軍の洗濯部隊の隊長さんの話というのがなんかもうね】

     

    コミカライズ版も最初の方は割と気楽に読めるんですが、

    後の方は結構キッツイエピソードが入っていて、なかなかいたたまれなくなります。

    これがフィクションではなく(記憶違いとかはあるんでしょうけれど)、

    実際に従軍した女性兵士のインタビューというのがまたなんとも

     

    321909000511.jpg

    コミカライズ版は1巻が出てますが、2巻目の刊行も予定されてます】

     

    あと、コミカライズである本書の巻末に速水先生が、

    「大祖国戦争とはなんぞや」を解説すると共に、

    「コミックで興味をもったらぜひ活字版を読んでほしい」とおススメされています

     

    実際、Ticoは活字版も読んでおるのですが、

    コミック版はわかりやすく「再現」するために

    あえて活字の持つ「すごみ」「エグみ」がマイルドになってる感は否定できず。

     

    活字版を読んでると文字と文字の間から想像される情景がそれはそれは

    かなり来るものが多く、しかもシチュエーション自体が割とキツイものもあり、

    ぶっちゃけ「読んでいて心が折れて逃げ出したくなる本」って確かにあるんですよ。

     

    【岩波版の活字本。パルチザンの話とか悲惨なのしかない】

     

    独ソ戦はいろいろに語られますけれど、

    読むと本当にソビエト連邦が自身の国土と人民を

    文字通り血のように流しながらドイツ軍と戦ったんだなと痛感されると共に、

    「大祖国戦争」と雄々しく呼びながらも、結局は戦争であって、

    理不尽で巨大な歯車の中で人の情緒だのなんだのをすりつぶしながら

    進んでいくあたりが読んでいて「ヴァー( ゚Д゚)」となります。

     

    読みやすさでいえば、コミカライズ版は小梅先生の描かれるキャラが

    繊細かつ、ある意味で可愛らしく凛々しい部分もあるのですが、

    そこから興味を持ったらぜひ活字本に挑んでほしいと思う次第です。

     

    いや、ホントにいたたまれない想いの追体験って結構得難いと思いますです。

     

    【コミカライズのスペシャルPV。日笠陽子さんのナレーションが真に迫ります】

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 鹵獲! 鹵獲!
      Cattail (03/21)
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Tico (02/08)
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Lumina (02/08)
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Tico (01/11)
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Lumina (12/20)
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Tico (12/01)
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Lumina (12/01)
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Tico (10/26)
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Lumina (10/26)
    • 艦これファンジンSS vol.4 「命短し恋せよ艦娘」
      Tico (10/01)
    Recent Trackback
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中
    吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中 (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14の吉田PDの雑感コラム、最終巻! ゲームの裏側、仕事の作法、企画の考え方、そしてゲーム屋さんとしての生きざまなど、今回もうならせる内容です。
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中
    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中 (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14のPにしてDである吉田直樹氏が四方山話を語る連載コラム! 開発の裏側から仕事のやり方、ゲーム業界への意見など、その話題は実にワイド!
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか
    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14を文字通り「建て直した」プロデューサー兼ディレクターである吉田直樹氏の連載コラム! FF14新生の裏側がこれ一冊でよくわかる?
    Recommend
    Recommend
    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】
    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】 (JUGEMレビュー »)
    ゲーム・ミュージック
    FF14を彩る珠玉のBGM、そのオーケストラコンサートの様子を収録の一本! あの思い出の曲が大迫力でよみがえる!
    Recommend
    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC)
    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC) (JUGEMレビュー »)
    オノ・ナツメ
    「ACCA13区監察課」のオノ・ナツメが送る、日常系ゆるやかストーリー。初老の作家と彼の息子、そして娘婿が織りなす、たのしい日曜日の過ごし方。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM