<< 少女達のノーマンズランド 〔前編〕 | main | ジャンププラスを1.5倍楽しむ方法 >>
2020.06.08 Monday

少女達のノーマンズランド 〔後編〕

0

    おはようございます(=゚ω゚)ノ

    こちらは本日ブログ公開のドルフロファンジンSS、

    「少女達のノーマンズランド」の後編となります。

     

    「ほう、前編から読むか!」というありがたいお客様は

    こちらからどうぞ

     

    sister_05_b.jpg

     

    助力の手を差し伸べたリー・エンフィールドと激戦地跡へ向かう姉、モシンナガン。

    一方の妹、ナガンは出会った少女を背負ってひたすら歩いていた。

    その向かう先は……? 思いがけない同行者を前に、グリフィンの人形は――

    ナガンはどう決断したのか? 敵も味方もない無人地帯でのエピソードとは。

     

    (本編は折り返し〜)


     

     ♪林檎と梨の木が咲き誇っていた(ラスツヴィターリ ヤーブラニ イ グルーシ)

       霧が川面に漂っていた(パプルィーリ トゥマーヌィ ナッド リコーイ)♪

     

     背中に〔鉄血〕の少女を背負いながら、ナガンは歌っていた。

     歌いながら歩みを進めていく。背中の少女を落とさないように懸命であった。

     

     ナガンはそもそも小柄で、躯体もそれほどパワーが出るわけではない。

     さらに〔鉄血〕のエリートタイプは躯体の構成が違うのだろうか……

     おぶっている少女は、やけに重いのである。

     

     歩き始めこそ悪態をついていたが、毒づくほどに自分の行動の意味不明さを自覚させられる有様で、ごまかし半分元気づけ半分で歌いだしたナガンなのであった。

     

     ♪カチューシャは川岸に歩み出た(ヴィハヂーラ ナ ビリック カチューシャ)

      高く険しい川岸に(ナ ヴィソーキィ ビェーリック ナ クルトーイ)♪

     

    「――ん、んん……なによ、この変な音……」

     背中で不機嫌そうな声がしたので、ナガンは眉をしかめた。

     

    「なんじゃい。目を覚まして第一声がそれか! 変とは何じゃ。かの大祖国戦争では兵士たちを勇気づけた名曲じゃぞ! 知らんのか、この歌?」

     わざわざの解説に、返ってきた返答は憤慨ものだった。

     

    「曲……歌……ああ、人間達のあの意味不明な騒音?」

    「騒音とは何じゃあ!」

     ナガンは本気で怒って、顔を真っ赤にした。

     

    「兵隊は歌いながら行軍するんじゃ! おぬしこそ何を言っておる」

     

    「……〔鉄血〕は歌とか知らないもの――そんなの必要ないし」

     口をとがらせてつぶやいてから、銀瞳の少女は目をぱちぱちとさせた。

    「――あれ? なんで、あたし起きてるの?」

     

     もぞもぞ身じろぎしだした少女に、ナガンは再び怒鳴った。

    「ああ、ああ、動くんじゃあない! ただでさえ少ないバッテリーがズンズン減ってしまうじゃろうが!」

     

     言われて、少女は自分の脇腹に目をやった。

     ナガンの腰に提げたバッテリーパックからケーブルが繋がれている。

     

    「……あんたが、やってくれたの?」

    「うむ、感謝せいよ。取引に乗ってやったんじゃからな」

     

     重々しく回答したナガンに返ってきたのは、あきれた声だった。

    「グリフィンの人形ってお人よし揃いなの? 取引だからって〔鉄血〕のエリートタイプを助けたりする?」

     その問いに、ひとしきりうなってから――ナガンは答えた。

     

    「じゃが……おぬしもいちかばちかだったんじゃろう?」

     ウシャンカの少女は、背中の方をちらと見ながら言った。

     

    「榴弾もあの一発きり。バッテリーはもうすっからかん。それなら、まだ話が通じる誰かに助けてもらってほしかった……違うかの?」

     

    「あたしを撃ち殺して、仲間のところへ戻るとか……考えなかったの?」

     

    「ああ、それは二つの理由でダメなのじゃ」

     ナガンはそう言うと、身じろぎしてホルスターの拳銃をちらと見せた。

    「情けないことに弾切れでのう! おぬしを撃ちたくとも撃てんのじゃ」

     

     そう言うと、ナガンは歯を見せて笑った。

    「手近な岩で殴るという手もあったが、そこまでの野蛮人ではないしの!」

     

     冗談めかしてからからと笑ってみせたが、

    「……検討はしたんだ……」

     不審そうなつぶやきに、たちまち乾いた笑いになった。

     

     いささか気まずくなって、ナガンは咳払いをしてみせた。

    「……あー、こほん。でじゃ、おぬしを捕虜と考えて、かついで仲間のところへ戻ろうかと思ったが、あいにく通信機能が故障していての。連絡はつかんし、仲間の位置もわからんし。さてどうしたものか――そこで、老兵のしたたかさが冴えたわけじゃよ」

     

    「なによ、それ」

    「おぬし、ノリがわるいのう……褒めるぐらいせんかい」

     白けながらも、ナガンは努めて声を明るくして説明した。

     

    「ちょうど、なんとか歩けて行ける位置に物資の集積所があったのを思い出しての。そこまでいけば、電力は補充できるし、腹は満たせるし、上手くすれば通信機能も修理できよう。どうじゃ? わるい考えではなかろう?」

     

     自慢げに言ったものの、背におぶった銀瞳の少女は胡乱な目をしていた。

    「わるいもなにも、それしかないんじゃない」

     

    「だーっ、おぬしは人にいちゃもんつけねば気が済まんのか!」

     歩く足を止めて、ばたばたと地団太を踏んだナガンは、

    「ええーい! そこまで生意気を言うからには、おぬしの名前をとくと聞かせてもらおうか! わしはM1895、ナガン・リバルバー。仲間からは“ナガン”と呼ばれておる――ほれ、そっちも名乗らんか!」

     

     そう言われて、銀瞳の少女が――大きく目を見開いた。

     怯えにも似た表情を浮かべて、ふるふるとかぶりを振る。

     

    「なまえ……あたしの名前……うそ、そんな、思い出せない……」

     ナガンに背負われながら、少女がじたばたと身じろぎした。

    「ああ、もう! このグリフィンのバカ人形! 半端にバッテリー投入するから、制御機能の立ち上げが不十分でしょう! なにしてくれてるのよぉ」

     

    「わああああ、暴れるでない! 落っことしてしまうぞ!」

     なんとか踏ん張ったナガンは、息を荒くつきながら、言った。

    「ぜえぜえ……しかし名無しでは困る――ふむ、ではわしが名づけてやろうか」

     

     ナガンは一呼吸おいてから、声高らかに言った。

    「おぬしの眼はなかなか綺麗な銀色じゃ。そこから、セリェブロウはどうじゃ?」

     

    「……なんか変な感じ」

    「だー、まだ文句を言うか。それじゃセリェと呼んでやるわ!」

     またもや地団太踏みながら宣言すると、

     

    「あ……うん、それならいいかも」

     意外なことに、妙にしおらしい諒解がかえってきた。

     

    「やれやれ。呼び名ひとつにえらい苦労じゃ。まあ、集積所まではもう少しじゃ。それまでわしの歌でも聞きながら、背中で揺られておくがよい」

     

    「――まだ歌うつもりなの?」

     怪訝そうに訊ねる声に、ナガンはにぱっと笑ってみせた。

     

    「兵士は歌いながら歩くんじゃ。そう言ったじゃろう?」

     

     そうして、また一歩、また一歩と踏み出していく。

     着実に歩みを進めながら、ウシャンカの少女は再び歌いだした。

     

     ♪歩み出て、その少女は歌い始めた(ヴィハヂーラ ピェースニュ ザヴァヂーラ)

      草原の薄墨色の鷲のことを(プラ スチプノーヴァ シーザヴァ アルラー)♪

     

     歌いながら歩く少女に背負われて――

     セリェと名付けられた銀瞳の少女は、そっと目を閉じた。

     耳を通じて聴覚素子からだけではない。

     触れ合った躯体から、じかに快活な歌声が沁み込んでくる。

     

     ♪彼女が愛したあの人のことを(プラ タヴォー カトーラヴァ リュビーラ)

      大切な手紙をくれたあの人のことを(プラ タヴォー チイ ピーシマ ビリグラー)♪

     

     歌声に揺られながら、銀瞳の少女は再び眠りについた。

     


     

    「――あらためて見ると、ひどい有様だわ」

    「さながら硝煙弾雨の土砂降りという具合ですね」

     “グラウンド・ゼロ”にたどり着いた二人は、そうつぶやいた。

     

     激戦の跡は惨憺たるものだった。

     無数に転がる〔鉄血〕の人形と戦闘機械。

     その中にかすかに見える鮮やかな色彩の服の残骸――

     

     グリフィンの、戦術人形だ。

     

    「――――ッ」

     モシンナガンは思わず唇を噛んだ。

     

     不安になって見渡すが、とりあえず視界に白の色彩はない。

     姉とおそろいの白いウシャンカとコートが、妹の色だ。

     

    「……わたしは先に自分の用事を済ませます。貴女は先に妹御の捜索を」

     エンフィールドはそう言うと、乙女の肩にぽんと手を載せた。

     

    「気を強く持たれることです。躯体の停止シグナルが来ていないなら、まだ生きている可能性がある。そう思ったから、ここまで来たのでしょう?」

     淑女の言葉に、モシンナガンはうなずいた。

     

     お互いに二手に分かれて、それぞれの探し物を始める。

     夜明け前から早朝にかけて行われた戦闘を、再度メモリから再生してみた。

     

     認識領域に投影された記憶は混乱と騒音に満ちている。

     感情パラメータがネガティブに跳ねそうなのをこらえつつ――

     妹をどこで見失ったか、トレース解析を始める。

     

     メモリを再生して、認識領域に不意に鋼の巨獣の姿が投影された。四本脚のマンティコア。〔鉄血〕の中でも大物の歩行戦車だ。こいつが五体、一挙になだれ込んできて、こちら側の防衛陣形が突破されたのだ。

     

     そして、再生した視界の隅で――白いウシャンカの少女を見つけた。

    『こっちじゃ、このデカブツ! かかってこんか!』

     かすかに拾っていた音声を確認して、思わずため息が出てしまう。

     

     妹は銃を景気よく撃ちながら、歩行戦車を挑発していた。

     狙いは――姉であるモシンナガンから遠ざけるため。

     

    「いっつも変な敢闘精神を発揮するんだから……」

     思わずぼやきが出るが、妹の習い性だから仕方がない。

     

     ――ともかくは、マンティコアが手がかりだ。

     案外、下敷きになって伸びているかもしれない。

     そう考えて、歩行戦車を目印に捜し始めた。

     

     鋼の巨獣はいずれも擱座して地面にへたり込んでいる。

     その中の一体に――モシンナガンは妙な違和感をおぼえた。

     

     弾痕で穴だらけだが、さらに至近での爆発で大きく損なわれている。

     だが、グリフィンの人形が使う武器にしては、やけに威力が大きい。

     気になって当の歩行戦車を調べてみると――

     

    「――あっ」

     乙女は声をあげて、それを拾いあげた。

     銀縁の刺繍がついた黒いリボン。妹のウシャンカについていたものだ。

     

    「……じゃあ、あの子はどこなの?」

     モシンナガンはあたりを見回したが、あの小柄な躯体は転がっていない。

     

     代わりに見つけたのは、やけに大ぶりな榴弾発射装置。

     黒光りする仰々しい武装は、やはりグリフィンが使うものではない。

     

    「〔鉄血〕の……エリートタイプがいたの?」

     しかし、武装がパージしてあるものの、本体はどこなのか。

     

     モシンナガンが眉をひそめて、不可解な状況を考えていると――

    『――エンフィールドです。そちらはいかがですか?』

     同行してきた淑女から、不意に通信が入ってきた。

     

    「ああ、うん。手がかりらしいものは見つけたんだけど……」

    『フムン。どうも一筋縄ではいかないようですね』

     まるでこちらの思考パルスを読んだかのような言葉。

     

    『お手伝いしたいところですが――その前に、こちらの用事に少しご助力願えませんか? なに、ちょっと人手がほしいところで』

    「わかったわ……いまそっちに行く」

     淑女の頼みに、ウシャンカの乙女はうなずいてみせた。

     


     

     モシンナガンが駆けつけてみると――その目に入ったのは。

     

    「……むごいわね……」

     

     思わず、そう言葉が出てしまう。

     奮戦の挙句、敵の銃弾でさんざんに撃たれただろう戦術人形。武装は見当たらないが、砕けたシールド装甲からして散弾銃型だろうか。四肢は完全に砕け、顔面の疑似生体は一部削がれて乳白色の硬化セラミックの頭蓋がかすかに見えている。胴の躯体も大きく損なわれ、制御コアが生きているかも怪しい。

     

     どうみても死亡判定の戦術人形。本来なら、戦死シグナルを発信して、バックアップ躯体での復帰にはいるところだ。

     

     だが――エンフィールドは、背嚢から取り出したらしいバッテリーを人形の残骸に繋いでいた。バッテリーの反応から、細々ながら電力供給が行われているようだった。

    「な……なにやってるの――その子、死んでるんでしょう?」

     モシンナガンがおっかなびっくり訊ねると、淑女はかぶりを振った。

     

    「人形に本来の意味で死というものはありません。彼女は、まだここにいます。それを連れ帰るのが、ここに来た理由でもあります」

     エンフィールドの翠の双眸が、凛として煌めいていた。

     

     彼女が、斃れた人形をそっと抱き起こしてみせる。

     頚椎に当たる部分を見せながら、モシンナガンに言った。

     

    「少し気分が悪いかもしれませんが、このような態勢で彼女を保持してほしいのです。わたしは彼女への呼びかけと、サルベージを行いますので」

     

    「な……何をするの?」

    「説明は後で。さあ、頼みます」

     淑女に促されて、モシンナガンは渋々応じた。エンフィールドに変わって、人形――というよりはむしろ残骸――を抱きかかえる。それを見て、淑女がうなずいた。

    「グッド。そのまま保持を願います」

     

     そう言うと、淑女は手早く背嚢に詰まった機器から二本のケーブルを取りだした。一本は倒れた人形の頚椎から接続プラグに接続し、もう一本は自分自身の頚椎のそれに繋ぐ。 モシンナガンが目を丸くして見守る中――

     

     淑女は倒れた人形の頭蓋をそっと撫でながら、語りかけるように口を開いた。

    「……わたしが見えますか? ああ、泣かないように。よく我慢していましたね。事前のブリーフィングでローズ指揮官が言っておられたでしょう? 『エインヘリャルたることを私は許さない。必ずきみ達を連れ帰る』と……そうです、わたしが迎えですよ……ご心配なく、お小言も労いもちゃんとあの人はくださいます……はい、他のメンバーも手分けして回収に行ってます。心配せずに……」

     

    そこまで言うと、淑女がすっと目を細めた。

     

    「……段取りは分かってますね? はい……そのままガイドに従って――少し窮屈かもしれませんが、そこは辛抱してください……では、始めましょうか」

     

     エンフィールドが語り終えた途端――人形の残骸がかすかに震えた。

     直後に、背嚢の危機から規則正しいリズムの信号音が流れだした。

     

    「フムン――これでひと安心です。あとは転送が済むまで見守るだけですね……ありがとうございます、作業が完了するまで彼女をこちらで預かります」

     そう言って、エンフィールドが人形の骸を受け取った。

     

     一連のやりとりを見て、モシンナガンが目を丸くしていた。

    「な……この子、“死んだまま”戦場に転がっていたの?」

     

    「不思議なことではありません。基地から強制停止パルスを撃ち込まれない限り、人形のマインドマップは保存されているものです――ただ、L211の指揮官の方針で、死亡判定であっても人形のメモリは必ず帰還させることになっています」

     

    「……そんな非効率なこと、何のために……」

    「意味がない、とお思いかもしれませんね」

     エンフィールドはうなずいてみせた。

     

    「ただ、ローズ指揮官は人形が死に瀕したメモリを特に重要視されているのです。メンタルモデル的にはよくない影響しかもたらさないように思えますが――」

     淑女の翠の双眸が、ウシャンカの乙女をじっと見つめた。

    「いわく、『死に対する恐れこそが、真に人形をその枠から超えさせる』と」

     

    「……あなたのところの指揮官、変な信仰でもあるの?」

    「さてはて。いまだに推し量れないところがありますからね、あの方は」

     

     そこまで言って、エンフィールドは軽くかぶりを振った。

    「それはさておき。妹御の手掛かりらしいものは?」

     淑女に促されて、モシンナガンは携帯端末を取り出してみせた。

     

     記録したいくつかの画像を見せながら、眉を曇らせた。

    「確かにここにいたみたいなんだけど――」

    「フムン。確かに妙ですね。遺棄された〔鉄血〕の武装――おや?」

     

     携帯端末を見ながら、エンフィールドは画面の一点を指さした。

    「ここ、拡大できますか?」

     言われてモシンナガンは端末を操作した。

     そこに映ったものを見て、はっと息を呑む。

     

    「……足跡だわ……」

    「ええ。戦場の荒れ具合で目につきにくいですが、小柄な人型がここから北西の方角へ歩いているように見えますね」

     

    「北西――そうか、物資集積所!」

     ウシャンカの乙女の言葉に、淑女はうなずいてみせた。

     

    「おそらく補給や修理の必要があって、そこへ向かっているのでしょう。自力で歩けるということはそんなにひどい状況でもないということです」

     

     エンフィールドにそう言われて、モシンナガンは思わずへたり込んだ。

    「もう……じっと待っていてくれればいいのに」

     

    「そうはいかない理由があったのでしょう――ところで、その足跡を解析にかけて頂けますか。そうですね、歩行速度や推定体重など」

     淑女に言われて、モシンナガンは端末を操作した。

    「うそ……なんでこんな推定体重が出てるの?」

     示された解析結果に、ウシャンカの乙女は目を丸くした。

     

    「はい、重すぎます。あなたの妹御だけでしたら、これだけにはなりません」

     淑女の翠の双眸が、緊張をはらんで光った。

     

    「あなたの妹御は誰か、あるいは何かを連れています――動けなくなったグリフィンの人形と一緒に、ということなら、別に問題はないのですが……」

     

     エンフィールドが、画面の隅に映る〔鉄血〕の武装を見つめる。

     微妙な雲行きに――モシンナガンは、思わず瞳を揺らした。

     


     

    「おお! これは大漁じゃ!」

     荒野に打ち捨てられたように見えるコンテナを開けて、ナガンは目を輝かせた。

    「バッテリーはもちろん、食糧もあるし――おおお、ウォッカまで!」

     

     すっかり舞い上がった様子のウシャンカの少女に、

    「なんかたくさんあるのはわかったから……」

     セリェと名付けられた銀瞳の少女はうんざりした声で言った。

    「早く電力ちょうだい――なんだか気が遠くなりそう……」

     

    「おお、すまんすまん。ちょっと待っておれ――」

     バッテリーを手に取りながら、はたとナガンはセリェをねめつけた。

     

    「――充電完了後に、とびかかってくるとか無しじゃぞ?」

    「しないわよ、そんなこと……ああ、なんだか視界が白い――」

    「わあ! 待っておれ、いま接続してやるからの!」

     ナガンは慌てて、手にしたバッテリーを銀瞳の少女に繋いでやった。

     

     蓄電池のランプが灯り、セリェがふうと息をついた。そんな彼女の様子を見て、にぱっとナガンは笑うと、物資の中にあったトーチでお湯を沸かしはじめた。

     

    「いま熱い紅茶を淹れてやるからの――野戦用のビスケットとジャムもあったから、そこそこ腹もふくれるはずじゃぞ」

     

     ウシャンカの少女の言葉に、銀瞳の少女は目をぱちくりとさせた。

    「……紅茶? ビスケット? ジャム?」

     

    「うん? まさか食べ物とか知らんのか?」

    「知識としては知ってるけど――食べたことはないわ」

    「なんじゃあ、〔鉄血〕は文字通り味気ない職場なんじゃの」

    「戦闘用の人形に、そんなもの不要だもの……」

     そう言いながらも、銀の瞳はナガンの手元の食料品に釘付けだった。

     

    「……わたしでも、食べられるのかしら」

    「試してみるがよかろうて」

     そう言って、お湯が沸いたのを確認してナガンは紅茶を淹れた。

     セリェの前に、マグカップに入った紅茶と、開封してやったビスケットとジャムのパッケージを置いてみせる。銀瞳の少女はためつすがめつ、目の前の食べ物を眺めていたが――ややあって、意を決した表情でジャムを指先につけて舐めてみた。

     

     途端、銀の瞳が煌めいたかのようだった。

     驚愕と歓喜がないまぜになった表情で、うわずった声をあげる。

    「なにこれ……なんなのこれ――!」

     

    「お気に召したようじゃの」

     歯を見せてナガンは笑うと、言った。

    「たぶんおぬしがいま感じておるのは、美味しいという感覚じゃよ――あー、ジャムをビスケットにつけてもいいし、ジャムを舐めてから紅茶を飲んでもええぞ」

     

     ナガンの言葉を聞いて、セリェが目を丸くする。次の瞬間には、せわしなくまばたきをしながら、色々と組み合わせては口に運ぶのに忙しい様子だった。

     

    「――まあ、そんだけ食べられればだいじょうぶじゃろなあ」

     ウシャンカの少女はそう言うと、自身は紅茶をすすりながら思った。

     

    (――間違いない。“デストロイヤー”と呼ばれておるタイプじゃ)

     

     メモリ内のライブラリにあったデータと照合させて、ナガンはひそかに思った。

     鉄血のエリートタイプの中でも特に危険な個体だ。見た目こそ幼い少女だが、撃ちだされる連発式榴弾砲の火力はすさまじく、グリフィンの部隊が何度苦杯をなめさせられたか分からない。

     

     つまりは、倒すべき敵性に違いない。

     ナガンは肩に提げたホルスターにそっと手を当てた。

     補給物資の中には銃弾もある。それに、そもそも弾切れというのも嘘だ。

     

     相棒であるリボルバー拳銃には、一発だけ実弾が残っている。

     そして、向かい合っている彼女には、武装らしいものはない。

     食事に夢中のいまなら、額に銃口を当てて引き金を引くだけ――

     

    (――やろうと思えば、簡単なんじゃがのう……)

     

     ナガンは眉をひそめて、向かいに座る銀瞳の少女を見つめた。

     

     白い髪、白い肌、銀の瞳。

     それは確かに異質に見えたが、こうして初めて味わうであろう食事を心から喜んでいる様子を目の当たりにしては、戦意も殺意も萎えるというものだ。

     

     なによりも、だ。

    (わしも食事中に撃たれるのはイヤじゃからのう)

     

     結論になっていない結論を自分の中で出すと、ウシャンカの少女もささやかな食事に手を付けた。ここに来るまでにそこそこ時間がかかったので、空はもう橙に色づき始めている。そうこうしているうちに夜の帳が降りてくるだろう。

     

    「――ひゃあ。美味しかった!」

     無邪気な笑顔を見せながら、セリェが感極まった声をあげる。

     

     そんな彼女にうなずきながらも、ナガンは訊ねてみた。

    「のう……おぬし、これからどうするつもりじゃ?」

     

     問われて、銀瞳の少女は目をぱちくりとさせた。

    「……どうしよう……」

     出てきた言葉はなんとも頼りなく、声も弱々しい。ナガンはかぶっていたウシャンカを脱ぐと、わしわしと自分の檸檬色の髪をかきながら言った。

     

    「あー、はっきりさせておきたいのじゃが……わしとおぬしは敵どうしじゃ。ひとまず、ゆえあってここまで一緒に来て、食事を共にしておるが――本来、それぞれ帰るべき場所があるはずなのじゃ」

     ナガンの言葉に、セリェがなにやらしょんぼりと顔をうつむける。

     

     そんな彼女を見つめながら、ナガンは言った。

    「わしは通信機器を修理して、友軍の助けを呼ぶ――つまり、ここで待っておればいいのじゃが……そうしたら、グリフィンの仲間がおぬしを見て、どう反応するかが心配じゃ。捕虜にするならともかく、恨み余ってこの場でおぬしを殺そうというのも――」

     そこまで言って、銀瞳の少女が「ひゃん!」と声をあげた。

     

     顔をうつむけたまま、ふるふるとかぶりを振ってみせる。

    「うん……あたしとあんたは敵同士……頭では分かってるんだけど、なんだか納得いかない――あんたを殺さなきゃ、って衝動が湧いてこない」

     

     言いながら、セリェの声がわずかに震えた。

    「〔エルダーブレイン〕の声が聞こえないと、どうしたらいいか……」

     かすかにつぶやいて、少女は顔をあげた。

     

     銀の瞳を涙で潤ませながら――彼女はナガンに言った。

    「ねえ……二人でこのまま旅をするとかできないかな? こんな感じで集積所を探して、どっち側にも帰らずに一緒に歩いていけないかな?」

     気まぐれというには、あまりにも切実な声。

     

     ナガンは――渋面を作ると、また自分の髪をわしわしとかき回した。

     そしてため息をついてから、手櫛で髪を整える。

     ウシャンカをかぶり直すと、ナガンは――

     

     ♪ああ、歌よ、少女の歌よ(オイ ティ ピェースニャ ピェーシンカ ヂェーヴィチヤ)

      輝く太陽を追って飛べ(ティ リチー ザ ヤースヌィム ソーンツィム フスリェート)♪

     

     ――いきなり、声を張り上げて歌いだした。

    「な、なんなの?」

     目を白黒させるセリェをよそに、ナガンは構わず続きを歌った。

     

     ♪そして遠い国境にいる兵士に(イ バイツー ナ ダーリニム パグラニーチエ)

      カチューシャから想いを伝えて(アット カチューシ ピリダーイ プリヴィェート)♪

     

     一節歌い終えると、ナガンは立ち上がり、少女に手を差し伸べた。

    「歌おう! なんか頭をごちゃごちゃにしてるより、歌う方がましじゃ!」

     

     ナガンに手を引かれて、セリェも立ち上がったものの、

    「――でも、歌ったことなんかないもの……」

    「気にするでない! 歌は心じゃ! 適当にわしについてこい!」

     ウシャンカの少女はそう言うと、銀瞳の少女の肩に手を回した。

     

    「では、最初からいくぞ! 困った時も兵士は歌うんじゃ!」

     

     ナガンは、空いてる手で拳を作って振り始めた。

     星が瞬き始めた空の下、二人の歌声が流れ出していく。

     


     

    「――なッ、なにやってんのよ、あの子!」

    「仲良く歌っているように見えますね……ただ、案の定というか、お連れの方がグリフィンの所属ではないようですが」

     

    「狙撃するわ――あなたも手伝ってちょうだい」

    「まあ、落ち着いて。この距離と暗さでは妹御にも当たりかねません」

    「――ッ。でも!」

     

    「ああして歌っているということは、敵であっても敵意はない、ということでしょう。まずは確実に身柄を押さえてからでも遅くないでしょう」

    「でも……どうすれば」

     

    「ここはおまかせいただけませんか? お二人を動けなくしたら合図しますので、それからゆっくり来ていただければ結構です」

     

    「……妹に変なことしないでしょうね?」

     

    「もちろんですとも――わたしはいたって淑女ですから」

     


     

     ナガンとセリェは歌っていた。

     とりあえず思考回路を空っぽにして歌うことに集中していた。

     最初はなんとか合わせる程度だったセリェがようやく歌詞を覚え――

     二人きりの合唱が、静まり返った夜闇に響くようになった矢先。

     

     そのささやかな平和は、急に終わりを告げた。

    「――動かないでください」

     穏やかだが、冴えわたった声。

     ナガンがぎょっと目を丸くし、セリェが彼女にすがりつく。

     

     暗がりの中から突如として、ライフルを構えた淑女が現れた。

     さながら暗幕の向こうから、手慣れた早業で舞台に登場するかのように。

     

     ただ――その銃は少女たちを狙っていない。

     二人の後ろの“何か”を狙っていた。

     

     銀瞳の少女が目つきを険しくして微かにうなってみせると――

     すかさず、ウシャンカの少女が彼女の肩をつかんで止めた。

     

    「待つのじゃ。この御仁、思ったよりも曲者じゃ」

     ナガンが渋面をつくると、あごをしゃくってみせた。

    「彼女が狙っておるのは弾薬箱じゃ――撃てばたちまち誘爆する。わしら二人なんぞあっという間に背中から蜂の巣じゃぞ」

     

    「――――ッ」

     おそるおそる背後を確かめたセリェが、はっと息を呑む。

     

     二人の様子に、淑女――エンフィールドは、うなずいて言った。

    「その通り。これはさらに、二つのことを同時に示しています」

     

     謎めいた言葉に少女たちが目をぱちくりさせるのに、淑女は答えた。

    「仮に銃を撃って弾薬箱が誘爆すれば、わたしも無事では済まない……つまり、たちまち運命共同体であり、同時にわたしが軽々に銃の引き金を引かないこと。そして――」

     翠の瞳が、銀の瞳を見つめる。かすかに笑んで、淑女は言った。

     

    「そこのお嬢さんがまともな〔鉄血〕なら、そんなことはお構いなしにわたしにとびかかってくるだろう、ということです。少なくとも現時点で彼女は敵性ではない」

     そこまで言うと、エンフィールドは銃をおろした。

     

    「試す真似をして申し訳ありません――休戦状態にあるのは確かなようです」

     淑女が指笛を吹き鳴らした。

     

     時を置かず、夜闇の中から白いウシャンカとコートの乙女が姿を現した。

     目つきは険しいながら、渋々といった様子で銃口は下げている。

    「あっきれた――心配になって探しに来たら、まさか敵と仲良く歌ってるとか斜め上すぎてあきれるどころじゃないわ」

     口をへの字に曲げたモシンナガンである。

     

     不満げな姉の顔を見て、妹は目を白黒させながら、

    「ま、待つのじゃ! こやつは確かに〔鉄血〕じゃが、わしの命の恩人での! その、なんじゃ、恩義を返さないのも義にもとるというかなんというか――」

     

    「――敵だっていう認識はちゃんとあるのね……よかった、倫理暴走したのかと思った。でもこれ、帰投したら始末書もので営倉行きよ? 〔鉄血〕のデストロイヤー型なんかと仲良しこよしとか、指揮官が聞いたら何というか……」

     

    「……なんか、じゃないもん」

     銀瞳の少女が頬をふくらませて講義の声をあげた。

    「セリェだもん。この子が名前つけてくれたんだから」

     

     その言葉にモシンナガンは思わず顔を覆って天を仰いだ。

    「ああ、もう。名前とかつけちゃったの? 救護室で保護した動物とは違うのよ?」

     

     嘆き半分の乙女の声に、エンフィールドがさざめき笑いを洩らした。

    「――たしかに、この場合の取り扱いは教範にないですからね。もとより〔鉄血〕との間に捕虜交換の取り決めはない。潰すか、潰されるか、ですから」

     

    「な、なあ……それ、なんじゃがのう……」

     おずおずとナガンが手を挙げて言った。

    「こやつを――仲間のところへ帰してやるわけにはいかんかの?」

     その言葉に、ライフルを手にした二人が鋭い視線を向ける。

     

     ウシャンカの少女は、一瞬たじろいだが――

     身じろぎする銀瞳の少女をかばうように立ち、大きく一呼吸して言った。

    「こやつに命を助けられたのは確かじゃ。それはこやつにとっては計算だったかもしれんが、少なくとも命の恩人という事実に変わりない。ここはわしの顔に免じて、こやつを見逃してやってくれんかの……?」

     

     妹の懇願に、姉は目を剥いた。

    「バカ言わないでよ! 敵よ? 〔鉄血〕よ?」

     吐き捨てるように、モシンナガンは足を踏み鳴らした。

    「さっきの戦闘で仲間をやったやつなのかもしれないのよ? 仲間の仇討ちとか考えなさいよ。あなた、本当にセルフモニタリングは正常なの!?

     

     そんな苛立ちまぎれの言葉を口に出した後であった。

     エンフィールドの穏やかな声が、何かをそらんじるように流れた。

    「フムン。曰く、『〔鉄血〕にとって人類は敵。ゆえに人類にとって〔鉄血〕は敵。しこうして問わん。人類の代理として戦場に赴く戦術人形にとってみれば、はたして〔鉄血〕は敵か否か?』というところですか」

     

     唐突な命題に――妹は目を見張り、姉は胡乱な視線を向けた。

    「……それ、誰の言葉? 背任ものの考えじゃない」

     

     モシンナガンが口をとがらせて言うと、淑女は肩をすくめてみせた。

    「困ったことにうちの指揮官でしてね――あ、ご報告されても構いませんよ。よりによって、社長臨席の指揮官級会議の場で放言したそうですから」

     

     その言葉に、ウシャンカの乙女は口をぽかんと開けた。

    「――ねえ。“遺体”の回収といい、あなたの指揮官どうかしてるわ」

     

    「よく言われます。さて、ここの問題ですが……整理するならシンプルです」

     銀瞳の少女とウシャンカの少女を、淑女が代わるがわる見つめる。

     

    「彼女は〔鉄血〕です。仲間の元に戻れば、〔エルダーブレイン〕の手で同期されて、元通り戦闘マシーンになるでしょう。ただ、ナガンさん、でしたね……貴女と行動を共にしたことが、あるいはひとつの波紋になるかもしれません。共に食事を摂り、共に歌ったことが、何かしら一石を投じられるかどうか――つまり、これは一種の賭けです」

     

     姉妹そろってぽかんとした様子に、淑女は薄く笑んでみせた。

    「胴元は運命。プレイヤーは貴女です。さて、賭け金に何を積みますか?」

     

     エンフィールドの言葉に、ウシャンカの少女はにやりと笑んだ。

    「おぬし……なかなかの悪党じゃのう」

    「英国人の気質を受け継いだパーソナリティですからね」

     

    「そうじゃの……さすれば、わしの賭け金はこれじゃ!」

     言うや、ナガンは自身の拳銃を引き抜き――

     すかさず、自分のこめかみに銃口を押し付けた。

     

    「わしはこやつに命を救ってもらった! じゃから――こやつを帰すかどうかを賭けというのであれば、わし自身の命が賭け金じゃ!」

     

     その言葉に、ウシャンカの乙女も銀瞳の少女も息を呑んだ。

     

     真剣そのものなナガンの顔に、エンフィールドは薄く笑んでみせた。

    「グッド。良い面構えです。ならば、もう試すことは何もありません」

     

     淑女は手にしたライフルを天に向けて掲げ、撃ち放った。

     実弾では――ない。

     代わりに、赤い輝きが光の尾を引きながら、空高く打ち上がっていく。

     

    「さあ、これで決しました」

     エンフィールドは唇の両端を吊り上げて言った。

     

    「信号弾に注意を引かれて、ほどなく周囲の〔鉄血〕がやってくるでしょう。われわれグリフィン陣営としては、ここから遁走するほかございません」

     しれっと口にした淑女の言葉を聞いて――

     姉妹はそろって「えーっ!?」と驚きの声をあげた。

     


     

    「じゃあの。わしが言うのも変じゃが、元気でな」

    「あんたもね――その、色々ありがとう」

    「う、うむ。できれば憶えておいてくれると……」

     

     別れの挨拶をぐずぐず長引かせる妹に、わたしは苛立ってしまった。

     たまらず、彼女の襟首をつかんで引っ張る。

     

    「ほら! さっさと引き上げるわよ! 次に来るのは敵なんだから!」

     わたしは顔をしかめながら、妹をずりずり引きずった。

     

    「ああ、なんか探しに来て、すっごい損した気分!」

     たまらず声をあげると、妹が「たはは」と笑いながらも、訊ねてきた。

    「のう……なんでわしを探しに来たんじゃ? 未帰還で四十八時間たてば停止信号を送ってそれまでじゃったろう? あとはバックアップから復帰するのを待てば――

     彼女の問いに、わたしはぷいと顔を背けて言った。

    「――ピロージナエ・カルトーシカよ」

    「は? お菓子がなんじゃと?」

     

    「あなたが作戦前に、随分はしゃいで言ったじゃない。『珍しく上手に作れた』って。それで、帰ったら一緒に食べよう、って」

    「ああ……そんなこと言っておったな」

     

    「バックアップから復帰したあなたじゃ、どの冷蔵庫にお菓子をしまったのか、分からないでしょう――だからよ」

     

     わたしの言葉に、妹は目を丸くた。

    「は、なんじゃ? お菓子なぞのためにこんな危険を?」

     

    「ち・が・う・わ・よ」

     わたしは妹を吊り上げるように立たせると、つんと鼻を指でついた。

    「そのお菓子、わたしが基地に来た記念日用に作ったんでしょ」

     

    「むむ……バレておったか」

    「当たり前よ。パーソナリティ上、わたしが姉になってるけれど、すくなくともうちの基地ではあなたが先任なんだもの」

    「たはは――毎度のことながら、調子が狂うのう」

     

    「分かったら、とっとと歩く!」

     妹は肩をすくめると、私の隣に並んで歩きだした。

     

     ややあって、彼女がぼそりとつぶやいた。

    「あやつにも――わしのお菓子を振舞えればいいんじゃがの」

    「基地まで連れていく気? バカなこと言わないで」

    「あくまでかなうならば、じゃよ。いま願うことは、そうさの……」

     

     そう言って、妹が集積所のあたりをそっと振り返った時だった。

     もう遠くなったトーチの明かりのかたわらから――

     硝子のような繊細な歌声が、そっと聞こえてきたのは。

     

     ♪彼に一途な少女のことを思い出させて(プースチ オン フスポームニット ヂェーヴシク プラストゥーユ)

      彼女が歌うのを聞かせて(プースチ ウスルィーシット カーク アナー パイョート)

      彼に祖国の地を守らせて(プースチ オン ジェームリュ ビリジョート ラドヌーユ)

      愛はカチューシャが守る(ア リュボーフィ カチューシャ ズビリジョート)♪

     

     その歌声を聞いて、妹がふっと微笑んだ。

    「……次に会う時は、あの歌をあやつが憶えてくれるといいが」

     

    「冗談じゃないわ。次に会ったら間違いなく殺されるわよ」

     

    「そうさの――それでも」

     妹は、わたしの顔を見上げて、はにかんでみせた。

    「わしにとって、あいつと過ごしたのは決して嫌な時間ではなかったよ」

     

     言ってみせる妹を軽く小突きながら、わたしは目を凝らした。

     遥か前を行くエンフィールドが、灯りをぐるっと回してみせる。

     


     

     ――なんだか、奇妙な夢を見ているようだ。

     凪の淑女と、銀瞳の少女。

     あるいは二人とも、幻の世界の住人ではないだろうか。

     

     グリフィンと〔鉄血〕の戦場に、そもそもいてはならない存在。

     そんな夢うつつに、姉妹そろって化かされたのでは、と。

     

     セルフモニタリングがおかしくなっていないだろうか。

     わたしは、ひそかに、真剣に――心配になっていた。

     

     

     結論から言えば、二人とも幻ではなかったのよね。

     セリェと呼ばれた〔鉄血〕とは後日遭遇することになったの。

     

     しかも、彼女はまぎれもなく敵のはずなのに――

     わたしを見て、こう言ったのよ。

     

    「あれ、あんた……カチューシャの歌の子の、お姉さんよね?」

     

     なんで憶えていたのか、とか含めて。

     銀瞳の少女とは、妹も巻き込んで大騒動になったんだけど。

     

     

     それはまた、別のおはなし。

     

     

    〔ep.5「少女達のノーマンズランド」End ―― Next Series is ?〕

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 鹵獲! 鹵獲!
      Cattail (03/21)
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Tico (02/08)
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Lumina (02/08)
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Tico (01/11)
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Lumina (12/20)
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Tico (12/01)
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Lumina (12/01)
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Tico (10/26)
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Lumina (10/26)
    • 艦これファンジンSS vol.4 「命短し恋せよ艦娘」
      Tico (10/01)
    Recent Trackback
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中
    吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中 (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14の吉田PDの雑感コラム、最終巻! ゲームの裏側、仕事の作法、企画の考え方、そしてゲーム屋さんとしての生きざまなど、今回もうならせる内容です。
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中
    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中 (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14のPにしてDである吉田直樹氏が四方山話を語る連載コラム! 開発の裏側から仕事のやり方、ゲーム業界への意見など、その話題は実にワイド!
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか
    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14を文字通り「建て直した」プロデューサー兼ディレクターである吉田直樹氏の連載コラム! FF14新生の裏側がこれ一冊でよくわかる?
    Recommend
    Recommend
    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】
    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】 (JUGEMレビュー »)
    ゲーム・ミュージック
    FF14を彩る珠玉のBGM、そのオーケストラコンサートの様子を収録の一本! あの思い出の曲が大迫力でよみがえる!
    Recommend
    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC)
    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC) (JUGEMレビュー »)
    オノ・ナツメ
    「ACCA13区監察課」のオノ・ナツメが送る、日常系ゆるやかストーリー。初老の作家と彼の息子、そして娘婿が織りなす、たのしい日曜日の過ごし方。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM