<< 長い長いナギ節 in FF14 | main | 最適なテキストエディタを求める旅 >>
2020.06.13 Saturday

「プロメア」のクレイさんに惚れてみる

0

    こんにちは……いや、こんばんは、Ticoです。

    本日はこんな時間にブログ更新なのですが、

    朝から昼過ぎまで外出しておったのございますよ。

    いやー、高温雨降りの中でマスクしてると、

    汗だくだくで顔サウナ状態。つらい。

     

     

    さて、本日のブログ記事は

    プロメア」のクレイさんに惚れてみる

    と題して、本作のかたき役の魅力について触れたいと思います。

     

    rectangle_large_type_2_b4aec8d1f0a1ff5ac71f1306d40cd4be.jpg

    最近、ちまちまとAmazonPrimeVideoでレンタル配信を見ておるのですが、

    いや、絵作りも独特でキレッキレ、セリフ回りもキレッキレ、演出もキレッキレ

    ちなみにDVDを小学生の甥っ子に送ってあげたのですが、

    「かっこいい! かっこいい!」を連発しながら興奮してたそうです。

    うん、やっぱいいよな。

     

    227482.jpg

    【重要なキーキャラとなる、プロメポリスの司政官クレイ・フォーサイト】

     

    さて、本作を語るにあたって、キーキャラもといラスボスとなる、

    クレイ・フォーサイトについて語らねばなりません。

    いや、正確にはクレイ役を怪演された堺雅人さんの演技でございますね。

     

    Ticoは大河ドラマ「真田丸」でよく知った系なのですが、

    物語序盤はまさに穏やかながら「圧」を感じさせる声で

    クレイの体格と涼し気な表情を両立させています。

     

    なんというか、静かな声だけど底知れないというか、

    ぶっちゃけ「逆らうとヤバイ系」な声がして、映画序盤から

    「あ、これラスボスですよね?」と一発で感じてしまうのですよ

    (それでいて、お話の面白さは微塵も損なっていないのがスゴイ

     

    20190528195027fdd.jpg

    【終盤での対決シーンではキレッキレの堺雅人ボイスが炸裂します】

     

    しかし、クレイさんの真価は序盤の「静」にはなく

    むしろ本性があきらかになってからの「動」にこそありましょう

     

    もうブチ切れまくった声がこれでもかええいこれでもかと連発され、

    クレイ自身の顔もすんごい変形を見せます。

    そのキレ声で「必殺技」を叫んだり、敵役らしく煽ってみたりするものですから、

    もうなんというか、まさに燃え上がりっぷりがハンパない

     

    「プロメア」は主演の、ガロ役の松山ケンイチさんのもう歌舞伎きかせまくった声と、

    リオ役の早乙女太一さんの色気があるけどしっかり男らしい芯のある声と、

    そのどちらも魅力的ではあるのですが。

     

    その二人を相手取って堂々と大立ち回りを演じる堺雅人さんによる

    クレイの熱演あってこそ作品が燃えに燃える出来になっていると思うのですよ。

    これが並みの役者だったらここまではいかなかった

     

    o1178065214738363500.jpg

    【終盤でのロボ同士の戦いで登場する、クレイザーX!(仮名)】

     

    なによりすごいなあと思うのが、メディアのインタビューで

    クレイという人物像について堺さんが的確に芯をつかんだコメントを出していて、

    「ああ、クレイという男を完全にものにしているんだな」と感動した次第です。

     

    野心家で、策謀家で、手段のためには目的も選ばない。

    だけど難敵を倒すためなら自ら前衛に出るし、野望のついでとはいえ、

    人々を救おうという理想もあった

     

    ロボ対決でクレイが出してきたやつは、別に戦闘用ではなくて、

    惑星開発用の重機というあたりが、この人物のいろいろ一筋縄ではいかない

    ところを表していると思います。まあ、工作重機にしちゃ殲滅力高いけどさ

     

    そんなこんなで徒然に語ってみた本記事ですが、

    「プロメア」初見の方も、映画館で見たよという方も、

    この機会にご自宅でご覧になってはいかがでしょう

    まさに堺雅人さんキレッキレです

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 鹵獲! 鹵獲!
      Cattail (03/21)
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Tico (02/08)
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Lumina (02/08)
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Tico (01/11)
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Lumina (12/20)
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Tico (12/01)
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Lumina (12/01)
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Tico (10/26)
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Lumina (10/26)
    • 艦これファンジンSS vol.4 「命短し恋せよ艦娘」
      Tico (10/01)
    Recent Trackback
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中
    吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中 (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14の吉田PDの雑感コラム、最終巻! ゲームの裏側、仕事の作法、企画の考え方、そしてゲーム屋さんとしての生きざまなど、今回もうならせる内容です。
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中
    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中 (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14のPにしてDである吉田直樹氏が四方山話を語る連載コラム! 開発の裏側から仕事のやり方、ゲーム業界への意見など、その話題は実にワイド!
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか
    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14を文字通り「建て直した」プロデューサー兼ディレクターである吉田直樹氏の連載コラム! FF14新生の裏側がこれ一冊でよくわかる?
    Recommend
    Recommend
    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】
    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】 (JUGEMレビュー »)
    ゲーム・ミュージック
    FF14を彩る珠玉のBGM、そのオーケストラコンサートの様子を収録の一本! あの思い出の曲が大迫力でよみがえる!
    Recommend
    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC)
    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC) (JUGEMレビュー »)
    オノ・ナツメ
    「ACCA13区監察課」のオノ・ナツメが送る、日常系ゆるやかストーリー。初老の作家と彼の息子、そして娘婿が織りなす、たのしい日曜日の過ごし方。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM