<< リストレストを買ってみた | main | イケヒコのい草ラグ >>
2020.07.03 Friday

いまだからこそ『リボンの武者』を推してみる

0

    おはようございます、Ticoさんです。

    どうにも今週はコンディションが安定しないためか、

    メンタルもちょいと不安定なのですが、まあ思い悩んでも

    きちんとすべき仕事はこなして、書きたい原稿は書いてとやらねば進めません

    小説書きはあくまで趣味でも、本業の仕事は「プロ」なんですからそこは段取りせねば。

     

     

    さて、本日のブログ記事は

    いまだからこそ『リボンの武者』を推してみる

    と題して、ガルパンスピンオフコミックでも独自の世界観を展開しつつ、

    しっかりガルパンの本筋を取り込んでお話しづくりをされている

    野上武志先生の作品をご紹介したいと思います。

     

    7111917.jpg

     

    MCあくしず」読者なら、「萌えよ戦車学校」の記事で有名、

    作品としては他に『紫電改のマキ』などで知られていますね。

    変わりどころではアニメ「SHIROBAKO」で第三少女飛行隊の原作者、

    野亀先生のネタ元でもあります。

    実際アニメ作品中でのマンガコマは野上先生の描かれたものだとか


    tamago_151204ribon02.jpg

    【ガルパンスピンオフながら、扱う題材は「戦車道」ではなく「タンカスロン」】

     

    さて、「リボンの武者」を語るには「タンカスロン(戦車強襲競技)」について語らねばなりますまい。

    戦車道がちゃんと流派や家元が存在する武道で、きっちりルールがあったり、競技団体があるのに対して、

    タンカスロンは軽戦車や豆戦車が主役の、どっちかといえば野試合に近い何でもアリです。

    戦車道もだいぶアレなんですが、タンカスロンはより実戦よりというか、

    むしろ「よく観客に死人が出ないな」と心配になるレベルストリートファイトに近いかなあ。

     

    1457428451_2_28_57827f741124eb93fb5808f8195d73a4.jpg

    【主人公の鶴姫しずか。見ての通り、大きなリボンで大仰な武者言葉が特徴です】

     

    大洗女子学園が戦車道大会で見せた大逆転劇。

    それに当てられた主人公の鶴姫しずかと、巻き込まれた格好の松風鈴は、

    軽戦車単独でも参加できるタンカスロンに殴り込みをかけ、のしあがっていく

    というより、ひっかきまわすというか、騒ぎを起こすというか

     

    タンカスロンもこれはこれで強豪がいたりして(ポーランドが元ネタっぽいボンプル高校とか)、

    戦車道にあがれない連中がゴタついている感こそあるものの、あの聖グロの某ダー様をはじめ、

    本来は戦車道強豪である各高が後進育成の場としてタンカスロンに参加し始めて大騒ぎ

     

    しまいには某ダ―様の発案で「大鍋(コルドロン)」という一大大会が開催され、

    意外な展開が次々に繰り広げられ(そしてしずか率いるむかでチームは鬼畜ぶりを見せつけ)、

    そのどんちゃん騒ぎもようやく収まったのが、まあ10巻ぐらいまでのエピソード

     

    20180117040313.jpg

    【しずか達のイメージではLotRのナズグルと変わらない扱いのあんこうチーム】

     

    「大鍋」が終わったところで、組むべきメンバーを見出したしずか達は

    今度は堂々と「戦車道」で大洗女子に挑もうとするのですが、

    このエピソードが始まる12巻から最新14巻までの流れが熱いのです!

     

    生きる伝説である西住みほと対面したしずかは、彼女の普通ぶりにかえって恐怖するのですが、

    そこから仲間に励まされつつ、13巻ではいろいろと分析して「西住みほ」の欠点と素顔を

    洗い出していきます軍神と思われつつも、実態は普通の女の子だと

     

    bf7a4582-s.jpg

    【そして最新14巻では大洗女子に潜入し、彼女達の強さを探ろうとするのですが……】

     

    それまで独自路線を走っていたに見える『リボンの武者』、まさにこの14巻で

    TVアニメ版や劇場版のガルパンにシンクロさせて来ると言っても過言ではありません

     

    しずか達が大洗女子高のチームメンバーに聞く勝利の秘訣とか(そんなものはないんだが)、

    西住みほがその才能を発揮できたのも生徒会のおかげとか(でもそこまで考えてなかったとか)、

    本人たちの口から「なんで勝ったのかわからないんだよ」と言わしめるのですが、

    そこまでの描写やセリフ回しで、そうだよねーという納得感がもうひしひしと。

     

    26782073.jpg

    【結局、こっそり会うつもりが、堂々と相対する、しずかとみほなのですが……】

     

    アンコウさんチームの様子は何も変わることがなく、もうアニメでお馴染みののどかな雰囲気

    みほも最初恥ずかしがってボコのぬいぐるみに隠れて挨拶する始末。

     

    まあ、上のコマのように、お互いに勝負を誓い合うのですが、

    見どころはこの後の方でございまして……

     

    しずかがメンバーを集めて「この一戦で大洗を鏖殺せん!」と気勢をあげるのに対して、

    秋山殿が「あの子達(しずか)を見てどうでしたか?」と問われたときの

    西住みほの顔と来たらあーもう、あー! これだから本編主人公は! と

    なっちゃう感じでいやはやまったくもう。

     

    そんなこんなで、このスピンオフコミック、まさにこれから

    「タンカスロンあがりの野武士チーム VS 王者大洗女子学園」

    このマッチングが展開していくわけでございます。見逃す手はないでしょう!

     

    既刊14巻といえば結構な分量ではありますがアニメ本編を補完する形で

    展開していくお話と設定の数々はとても読み応えがあり、

    なおかつ「大鍋」の戦いでは、各高の脇役級が出張ってくるので、

    そのあたりも盛り上がるところでございます。

     

    ガルパンスピンオフコミックでも珠玉の品である本作、

    大洗女子学園との戦い直前だからこそ敢えて推したいところなのです!

    さあさあ皆さま、読むべし読むべし。ガルパンはいいぞ!

     

    71tt4kd+GpL.jpg

    最新14巻はこちら。毎巻、しずかの顔が見どころです】

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 鹵獲! 鹵獲!
      Cattail (03/21)
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Tico (02/08)
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Lumina (02/08)
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Tico (01/11)
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Lumina (12/20)
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Tico (12/01)
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Lumina (12/01)
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Tico (10/26)
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Lumina (10/26)
    • 艦これファンジンSS vol.4 「命短し恋せよ艦娘」
      Tico (10/01)
    Recent Trackback
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中
    吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中 (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14の吉田PDの雑感コラム、最終巻! ゲームの裏側、仕事の作法、企画の考え方、そしてゲーム屋さんとしての生きざまなど、今回もうならせる内容です。
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中
    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中 (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14のPにしてDである吉田直樹氏が四方山話を語る連載コラム! 開発の裏側から仕事のやり方、ゲーム業界への意見など、その話題は実にワイド!
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか
    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14を文字通り「建て直した」プロデューサー兼ディレクターである吉田直樹氏の連載コラム! FF14新生の裏側がこれ一冊でよくわかる?
    Recommend
    Recommend
    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】
    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】 (JUGEMレビュー »)
    ゲーム・ミュージック
    FF14を彩る珠玉のBGM、そのオーケストラコンサートの様子を収録の一本! あの思い出の曲が大迫力でよみがえる!
    Recommend
    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC)
    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC) (JUGEMレビュー »)
    オノ・ナツメ
    「ACCA13区監察課」のオノ・ナツメが送る、日常系ゆるやかストーリー。初老の作家と彼の息子、そして娘婿が織りなす、たのしい日曜日の過ごし方。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM