<< ドルフロ近況(2020年7月下旬) | main | Ep.5 コーヒーが苦いのはイヤだから part.2 -前編- >>
2020.07.19 Sunday

ピーター・グリルと賢者の時間

0

    おはようございます、Ticoさんです。

    ひさびさの晴れ! 快晴とはいきませんが、

    セミがけたたましく鳴いていて「夏だ……」という感じ。

    ひとまずオフトゥンを干すのです、シーツを干すのです。

     

     

    さて、本日のブログ記事も夏アニメ紹介。

    ピーター・グリルと賢者の時間

    こちらでございます。今季の最大の問題作。

    どれくらい問題かと言うと、センシティブすぎたので

    PVはYoutubeから削除くらったといういわくつきです。

     

    uUzvQ3lML_bkIqyakc1vFs5m5vWpmdnzwFmHSWX0ZqpavD46mtwj6zjjULrALg-9ckbs4n9Q_vkpC63ptYQDNctMsPJqDkorA_ePEt7d_FlbLI3LtzFWMn9gwYSHLR0jVAYJI4ypP9CSC15TRhE9NdyzlmT0CCcnnTzaLilEjo2nYy88JrITc6bGNYSgcKckJgsqV9pWeLORVQVCU_QVBt6.jpg

     

    原作は檜山大輔先生によるコミックス。6巻まで単行本は出ており、絶賛連載中です。

    ジャンルとしてはラブコメになるんでしょうが、「下ネタ系ドタバタ」が正しいかも

    タイトルの「賢者の時間」って、要するに男がイタした後の独特の精神状態のアレで、

    アニメ2話まで見た感じ、「主人公が不本意ながらベッドイン朝チュンしちゃった」で

    締められています。大丈夫か、この作品。

     

    ダウンロード.jpg

    【主人公のピーター・グリル。細マッチョ系で押しに弱そうなイケメン】

     

    闘技大会で「地上最強の男」となったピーター君。

    そんな彼の”子種”を狙って、様々な異種族の女性がアッツアツのアプローチをしてきます。

    しかし、見た目から分かるようにピーター君は割と純真系な性格をしてまして、

    それらのアプローチをなんとか回避しようと涙ぐましい努力をします。

     

    【ピーターが想いを寄せる女騎士、ヒロインのルヴェリア】

     

    主人公ピーターにはちゃんと両想いの彼女さんがいて、

    それがこの黒髪美人の女騎士ルヴェリアさん。

     

    じゃあ、さっさと結婚するかヤっちゃえと思うところですが、

    ヒロインパパンが妄執のレベルで「娘は嫁にやらん」と思っているだけじゃなく、

    困ったことにルヴェリア自身は「赤ちゃんは神の奇蹟でコウノトリが運んでくる」と

    ガチで信じ込んでいる有様ピーター君も簡単に本懐は遂げられないのです。

     

    index.png

    【しかし、他の娘っ子どもはピーターの心情とかお構いなし!】

     

    対して”子種”を狙う異種族のお嬢さんがたは

    「子供ができるまで毎晩抱け」とガンガン押してまいります。

     

    つまりお話としては、ピーター君が本命の彼女に

    「不本意な浮気がバレないようにドタバタを繰り広げる」のですが……

     

    かといって、ピーター君もそこは健康な青年男性でございます。

    異種族と言えども美人さん達にプッシュプッシュされては、

    ゾウさんがパオーンしてアオーンしてしまうわけで。

     

    326964.jpg

    【で、こうなる。一度に二人相手とかヤりますねえ!】

     

    ……似たようなテーマでは異種族レビュアーズがありましたが、

    あちらに比べるとオンナノコたちが人間に近い外見だけに生々しく、

    しかも色気というよりも、なんか肉食系女子の勢いで来るので

    「たはははは」と笑えてしまう下ネタ系コメディでございます。

     

    Ticoさん的には、主人公ピーターのキャラ造形が秀逸なんですよねえ。

    引き締まった細マッチョと、ちょっと弱気なマスクのおかげで、

    自分から積極的に出れないけど、いかにも空気に流されそうな感じで。

    CVは下野紘さんあ、めっちゃハマり役ですやん。

     

    原作最新6巻の表紙。うん、主人公イロイロとダメじゃないかな】

     

    かなりのおバカ作品ではあるのですが、それだけに肩の力を抜いて楽しめます

    本人にとってはシリアスなんだけど、傍から見ればギャグそのもの。

    見放題配信だとdアニメストアになりますね。

     

    今季のお色気枠アニメ。視聴環境を確保できればお楽しみいただける作品です。

    周辺警戒は厳重にするんだゾ!

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 鹵獲! 鹵獲!
      Cattail (03/21)
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Tico (02/08)
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Lumina (02/08)
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Tico (01/11)
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Lumina (12/20)
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Tico (12/01)
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Lumina (12/01)
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Tico (10/26)
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Lumina (10/26)
    • 艦これファンジンSS vol.4 「命短し恋せよ艦娘」
      Tico (10/01)
    Recent Trackback
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中
    吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中 (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14の吉田PDの雑感コラム、最終巻! ゲームの裏側、仕事の作法、企画の考え方、そしてゲーム屋さんとしての生きざまなど、今回もうならせる内容です。
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中
    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中 (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14のPにしてDである吉田直樹氏が四方山話を語る連載コラム! 開発の裏側から仕事のやり方、ゲーム業界への意見など、その話題は実にワイド!
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか
    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14を文字通り「建て直した」プロデューサー兼ディレクターである吉田直樹氏の連載コラム! FF14新生の裏側がこれ一冊でよくわかる?
    Recommend
    Recommend
    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】
    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】 (JUGEMレビュー »)
    ゲーム・ミュージック
    FF14を彩る珠玉のBGM、そのオーケストラコンサートの様子を収録の一本! あの思い出の曲が大迫力でよみがえる!
    Recommend
    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC)
    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC) (JUGEMレビュー »)
    オノ・ナツメ
    「ACCA13区監察課」のオノ・ナツメが送る、日常系ゆるやかストーリー。初老の作家と彼の息子、そして娘婿が織りなす、たのしい日曜日の過ごし方。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM