<< 北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし | main | 碧海秘話 in ドルフロ >>
2020.07.24 Friday

劇場版 FFXIV 光のお父さん

0

    おはようございます、Ticoさんです。

    昨日は勤務日でお仕事にうぼーとなっていたので、

    今日から三連休でございます

    それにしても雨が降るって予報の割に、

    セミさんが元気なんですけどォ!?

    わしわしわしわしともーうるさいこと。

     

     

    さて、本日のブログ記事はこちら。

    劇場版 FFXIV 光のお父さん

    Netflixでの配信が始まったので、改めて取り上げたいと思います。

    つか、感想記事書いていなかったのね。ありゃー。

     

    6d5ffa2bcf482cbbd5c8dd02337da139bb24f380.19.2.9.2.jpg

     

    元はネトゲ界隈では有名ブロガーのマイディさんの実話記事が元のお話し。

    ひょんなことからドラマになって、大杉漣さんのお父さん役がめっちゃハマってました。

    劇場版ではドラマの父子コンビを超えられるか不安だったのですが、

    息子のアキオ役の坂口健太郎さん、父親の暁役の吉田鋼太郎さん、

    それぞれにまた違った父子像を演じて下さって、役者さんすごいなあ、と。

     

    maxresdefault (2).jpg

    【突然仕事を辞めた父の考えが知りたくて、ネトゲの世界に誘うアキオ】

     

    お話の筋はネトゲの世界を通じて、正体を隠したまま、同じ「ヒカセン」として

    異世界を冒険することを通じて、父子の仲が進展していくというもの。

    まあ、映画やドラマでは、盛り上がるようにドラマチックなエピソードになっていますが

    題材が「ネトゲ」というだけで、「共通の趣味を見出して父子の仲が深まる」、

    ホームドラマ、ヒューマンドラマの話なんですよな。

     

    427807.jpg

    【劇場版では妹ちゃんの存在が加わってホームドラマ感が増しています】

     

    ドラマで一人っ子設定だったアキオ。劇場版では妹が追加になっていて、

    当初これを聞いた時は「お話し収まるの?」と思ったんですが、まったく杞憂。

    むしろ妹の存在でお話をうまく加速してくれます。

     

    仕事のこと、家族のこと――父子という立場だと逆に垣根を作ってしまうところ

    エオルゼアの分身を通じてなら、「冒険仲間」として対等に話し合える。

    お互いに教えられることがあるあたり、見ててほっこりします。

     

    gamePh.jpg

    【エオルゼアパートの撮影もパワーアップ!】

     

    劇場版に合わせてエオルゼアパートの撮影もパワーアップしています。

    このキャラの撮影は、マイディーさん率いるFC「じょびねつぃあ」の面々が

    ドラマに引き続き協力したそうで、撮影技術がぐっと増しています。

    たしかにCGではあるんだけど、「そこに世界があって、人がいる」感はんぱない

     

    LsQ.jpg

    【ドラマ版よりも恋愛要素も増していますが、あくまでエオルゼアを否定しない】

     

    アキオを慕う女性の存在はドラマでもありましたが、劇場版ではより色濃く。

    とはいえ、作品のテイストをまったく損なっていないんですよ。

    彼女さんもFF14に惹かれて、「エオルゼアでデートする」というのを受け入れていて

     

    このあたり、マイディーさんが監修するにあたり、

    「この作品はFinal Fantasy XIVじゃないとダメです」と強く主張したあたりが

    効いているのかな、と。ネトゲの「エオルゼア」を遊び場として否定しないんです。

     

    uUzvQ3lML_bkIqyakc1vFs5m5vWpmdnzwFmHSWX0ZqoTyGv9e4mU65Pf6Nlqej71G6jQvvV6QBM5i_V5yVuqvFqe5QK466bhQgpOvCM-LaqL8ezcEq-Cw122d2Pi828mpFzmFHWx-zaHOM_sfTTp1yTdooZXqFBgb3AqFMotJW-hev9aCdu4WhFDT_RXrUEu-N83OE00s4iMnDzp_KRAYiF.jpg

    【大決戦のツインタニア戦に向けて、予習を欠かさない二人ですが……】

     

    ツインタニア戦がクライマックスなのですが、

    ここでの展開と演出は映画ならではにドラマチック。

     

    特にエオルゼアパートでの撮影は迫力満点で、

    マイディーさんとインディさんが敵の攻撃を避けながら

    ひたすら駆けるシーンとかアクションあるあるですが

    撮影めっちゃ大変だったろうな、と思います。

     

    あと、なんともにくいのがエンドロール。

    エオルゼア各地の風景を幾つも映していくのですが、これが実にきれいで

    普段、コンテンツに追われてると、こういう風景って見逃しがちなんですが、

    ゲームを遊んでてふっと気が緩んだ時に視界に飛び込んできて「ふわわ」と

    なるんですよねえ……良いリスペクトだッ

     

    2時間尺ながら、いろいろパワーアップもしている「劇場版 光のお父さん」。

    Netflixに登録の方はぜひこの機会にご覧になってください。

    ほっこり心あたたまる父子のドラマでございます。

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 鹵獲! 鹵獲!
      Cattail (03/21)
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Tico (02/08)
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Lumina (02/08)
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Tico (01/11)
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Lumina (12/20)
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Tico (12/01)
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Lumina (12/01)
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Tico (10/26)
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Lumina (10/26)
    • 艦これファンジンSS vol.4 「命短し恋せよ艦娘」
      Tico (10/01)
    Recent Trackback
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中
    吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中 (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14の吉田PDの雑感コラム、最終巻! ゲームの裏側、仕事の作法、企画の考え方、そしてゲーム屋さんとしての生きざまなど、今回もうならせる内容です。
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中
    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中 (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14のPにしてDである吉田直樹氏が四方山話を語る連載コラム! 開発の裏側から仕事のやり方、ゲーム業界への意見など、その話題は実にワイド!
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか
    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14を文字通り「建て直した」プロデューサー兼ディレクターである吉田直樹氏の連載コラム! FF14新生の裏側がこれ一冊でよくわかる?
    Recommend
    Recommend
    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】
    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】 (JUGEMレビュー »)
    ゲーム・ミュージック
    FF14を彩る珠玉のBGM、そのオーケストラコンサートの様子を収録の一本! あの思い出の曲が大迫力でよみがえる!
    Recommend
    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC)
    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC) (JUGEMレビュー »)
    オノ・ナツメ
    「ACCA13区監察課」のオノ・ナツメが送る、日常系ゆるやかストーリー。初老の作家と彼の息子、そして娘婿が織りなす、たのしい日曜日の過ごし方。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM