<< 夏アニメ感想いろいろ(7月下旬) | main | Ep.6 クールフェイスは恋しない -中編- >>
2020.07.27 Monday

Ep.6 クールフェイスは恋しない -前編-

0

    おはようございます、Ticoさんです。

    ドルフロファンジンノベルのアップ日でございます。

    いわゆる【おねショタ】に挑戦の

    「仔犬指揮官はお姉さんが苦手です」、続きお待たせしました。

     

    本日は第6話「クールフェイスは恋しない」でございます!

    不器用なVectorさんに再びスポットでございますよ。

     

    pixivでは二分割でアップ済みですので、こちらからどうぞ

    Blogでは記事の文字制限の関係で三分割アップです。

     

     

    puppy_a_6_1.jpg

     

     

    ハワーズ本邸へのカチコミ事件から三週間。

    B122基地はかつてを思わせる賑やかさを取り戻していた。

    なにもかも好転したように見えて、唯一、

    Vectorだけが不調なことを心配したティスは、秘密裏に彼女を見守っていたのだが……?

    シリーズも終盤に突入、再びVectorにスポットが当たる第6話前編!


    【作者から】
    当初の目論見から随分と変わったエピソードです。

    Vectorにフォーカスというのは決まっていましたが、

    いろいろな思惑が絡んだり、謎が明らかになっていたり。

     

    (本編は折り返し〜)


     

     暗闇の中で光がまたたく。

     

     光は脈打つように明滅しながら、ゆっくりと明るさを増していく。

     

     闇の中を光が巡るにつれ、“あたし”がゆっくりと浮かんでくる。

     デフラグのメモリの海から、本来、ゼロとイチでしかない自分が蘇る。

     

     どこのライブラリで見た言葉だったろうか。

     眠りとは、小さな死である――と。

     

     ならば、毎晩メモリのデフラグを繰り返し、そのたびにマインドマップを書き換えて、メンタルモデルを更新する人形は、死と蘇生を繰り返しているのだろうか。

     

     あたしにとって、昨夜の自分と今朝の自分をかろうじて繋ぐもの。

     それは、目覚めた後に遺された、記憶のメモ書きだけなのだ。

     

     

     感覚素子が、次々立ち上がっていく。

     認識領域が展開し、聴覚、触覚、嗅覚の各センサの情報が流れ込む。

     静かに目を開けると、代わり映えのしない宿舎の天井が見えた。

     

     だけど、すぐには起床しない。

     目覚めたなら、必ず行う日課があるのだ。

     

     仰向けに横たわったまま、目をしばたたかせる。

     認識領域に、デフラグした記憶データの結果を表示させた。

     

     数か月前とは様変わりしたそれを、今日も目にして――

     

     わたしは深々とため息をついた。

     

     明らかに増えた、記憶のメモ帳の記述。

     以前の五倍はゆうに超えるそれは、“彼”のことで埋められていた。

     

     コリンが、難しい顔をしていた。

     コリンが、からかわれて頬を染めていた。

     コリンが、射撃訓練を褒めていた。

     コリンが、あたしに笑いかけてくれた。

     

     コリンが。コリンが。コリンが。

     

     明らかにおかしい、とあたしは思った。

     メモ帳の分量増加に気づいて、デフラグの設定を変えたはず。

     なのに、かえって増えてしまっているのはどうしてなのだろうか。

     

     不可解さに軽く苛立ちながら、認識領域の記述を払いのけようとする。

     

     だが、心の手が彼の名前に触れた途端――

     名前に紐づいてメモリの奥から次々と映像や音声が浮かび上がってくる。

     

     あの時言われた、あの言葉。

    「がんばったね――Vectorさん」

     

     これだけでは、ない。

     

     あの色情魔に悪戯されて、ぐずぐずに泣いていた姿。

     外の集落の様子を見て、はしゃいでいた姿。

     青いホログラムの光を浴びて、きりと考え込む姿。

     

     もちろん、基地での普段の姿も……いっぱい、いっぱい。

     

     感情パラメータが、乱れる。

     それに共鳴して、わたしを目覚めさせた光――思考パルスが揺さぶられる。

     

     この、ネガティブともポジティブとも言えない波形は何だろう?

     

     自己診断プログラムを走らせても、返ってくる答えは“異状なし”。

     じゃあ、なぜこんなにも落ち着かないのか。

     そして、なぜデフラグしてなお、彼の名前が残るのか。

      

     あたしはのっそりと身を起こすと、片手で顔を覆った。

     手の下で、くしゃりと顔をしかめる。

     

     怒りたいのか、泣きたいのか、それとも笑い出したいのか。

     

     

     それすらもわからないまま、深く呼吸をして顔を整える。

     こんな情けない顔を見せるわけにはいかない。

      

     そして、たぶん、これも記憶のメモ帳に残るのだろう。

     

     

     だってコリンが、心配するから――と。

     

     

     

     赤ベレーの彼女、OTs-12“ティス”は賑やかな食堂にいた。

     

     昼時であるのだが、それにしても前とは比べ物にならない盛況である。

     

     ひとつの戦区しか持たないB122は、後方支援任務でも比較的短距離短時間で済むことが多い。任務を終えて帰ってきて、基地の食事を摂ってから出発というのは、まあ分からなくもない。人形といえども、士気というのは重要なところだ。メインの“食事”はバッテリーからの電力とはいえ、ひとの模倣品たる人形にとって口から飲食をするという行為は、単なる真似事以上の何かがあるのは確かだった。

     

     とはいえ――

     

    「なんだって帰還時間がお昼時に間に合うように皆合わせるのよ……」

     

     自分のボルシチから立ち上る湯気に隠れるように身をかがめて、ティスは食堂をじとりと見渡した。さっきから〔お使い組〕とおぼしき人形達がやって来て、「間に合った?」「まだ来ていないよ」「楽しみよね!」などの言葉を交わしている。

     

     そして、そそくさとメニューを取ってくる者がいれば、なぜか食事をすぐに注文せずに席だけ確保してそわそわしている者もいる。

     

     興味。好奇。期待感。

     そういうものを測定して視覚化できたら、えらい光景になるだろう。

     おそらくはピンク色のハートが飛び交うだろうことに違いない。

     

     ティスがそんな胡乱なことを考えていると――

     

     はたして、ハートの標的が姿を現した。

     褐色黒髪の愛らしい少年。そのお供につくのは栗毛のしとやかな乙女。

     

     このB122基地の指揮官代行、コリンの姿をみるや、

     

    「きゃ〜〜」

    「コリンちゃーん」

    「仔犬くーん」

     

     :戦術人形(オンナノコ)達の黄色い声が一斉にあがった。

     声と同時にそれぞれのグループの“エスコート役”が群がる。

      

    「ほらほら、今日はわたし達とご一緒しましょ」

    「あんた達はこないだ同席できたでしょ!」

    「コリン坊や、こっちがいいよ、そこの喧嘩組はほっておこう」

    「なんですって!?」

    「なによぉ!」

     

     たちまち戦術人形同士の見苦しい争いが繰り広げられそうになる。

     

     

     当の少年は、苦笑いを浮かべていたが――

     

     ティスは、見逃さなかった。副官の乙女がこっそり彼に耳打ちしたのを。

     

     ほどなく、コリンがわやくちゃの集団を離れ、食堂の端の方のグループへ歩み寄る。遠くで見守っていた当の人形たちは、“今日の当たりくじ”が自分達だと知って目を丸くしている。

     

     少年が、屈託のない明るい笑みで声をかけた。 

    「あの、こちらでご一緒していいですか?」

     

     問われた戦術人形たちは、あたふたしながら答えた。

    「は、はいっ、よろこんで!」

    「わ、わたし達でよろしければっ」

     

     そんな彼女達の言葉に、少年はにっこりとしてみせるのだ。

    「ありがとう――じゃあ、一緒にメニューを注文しに行きましょうか」

     

     少年の言葉に、人形たちが「はい!」と応えて席を立つ。

     

     ティスはそんな様子をちらと視界の端で確認すると――

     少年指揮官には付き従わなかったスプリングフィールドをそっと窺った。

     

     栗毛の副官は、食堂を見渡せる位置で、まるでスキャンするかのように視線を巡らせていた。観察眼を視覚化できれば、彼女の眼から出た光線が、この場にいる戦術人形達の様子をくまなく撫でていくのが見えたに違いない。

     

     ここ二週間――自称秘密兵器らしく、こっそり観察していたティスは思った。

     

    (うん、コリンくんのチョイス……間違いなく事前検討済みだわ)

     

     基地の戦術人形の間でにわかに高まったコリン・フィーバー。

     

     それを指揮官への信頼度や好感度アップに繋げようと、副官のスプリングフィールドが周到に案を練った結果の振る舞いなのだろう。おそらくは慰労を兼ねつつ、おかしな対立が起きないよう、緻密な計算があることは疑うまでもない。

     

    (本当にいろいろ変わったわよね……三週間前から)

     

     コリンの振る舞いも以前よりは“男らしく”なった。

     副官のスプリングフィールドも、前よりは肩の力が抜けたように見える。

     

     これだけ見れば、いいことのように見える。

     

     だが、ティスが依然として気になる“彼女”については様子がおかしいのだ。

     

     食堂の一画、比較的空いている席で、一人で腰かける銀髪金瞳の乙女。

     くだんの乙女――Vectorが、人づきあいをわずらわしく思っているのは、いまに始まったことはない。それを皆分かっているから敢えて声もかけない。

     

     だが、戦術人形達に囲まれているコリンを、ちらちらと窺っているのはなぜか。

     それも普段の不愛想や無表情ではなく、かすかに苛立ちの色が見てとれる。

     

     

     ティスはため息をついた。

     

     Vectorの様子がおかしいのも、やはり三週間前からなのだ。

     

     

     

     B122基地では、誰が呼んだか「お屋敷カチコミ事件」と称されるそれ。

     コリン少年と有志による、ハワーズ本邸強襲作戦である。

     

     一応、秘密裏に行われ、帰還後も詳細は伏せられてはいたが――

     

     なにせわかっているだけでも、副官が行方不明、唐突にやってきたL211の精鋭部隊、基地でも虎の子の装甲車の持ち出し、指揮官とB122の最高戦力の出動、ときている。しかも帰還時には、めったに見られない本部の武装ヘリを護衛につけての「ただいま」だったのだ。

     

     この基地の戦術人形達が、かたっぱしからアングラ情報を掘り出し、演出火薬量三倍増しくらいの話を作り出しながらも、彼女達の推測を大筋でスプリングフィールドが認めてしまった。

     

     結果、コリンの株が爆上がりである。

     

     それまでも人気がなかったわけではない。ただ、あくまでも「エヴァン指揮官の甥っ子さんが頑張っている」という認識で、コリンへの評価は可愛らしいマスコット。敢えて言ってしまえば宿舎で飼っている犬猫と大差なかったのだ。

     

     ところがそこへ、「副官を奪回する」という武勇伝がにわかに降ってきたのだ。戦術人形達にとっては格好のエンタメコンテンツであると同時に、これまでコリンがこつこつと重ねてきた小さな気遣いが改めて評価される契機になった。

     

     たとえば、後方支援部隊への指示書にさりげなく添えられたコメント。

     戦術人形達は特に注意を払っていなかったのだが、ある者が自分の部隊宛てのそれが毎回異なっていることに気づき、ついでに他の部隊とも突き合わせた結果――紋切りにならないように、いつも異なる言葉を添えていることが判明したのだ。

     

     

     コリンは、決して前任のエヴァン・ハワーズではない。

     

     しかし、少年指揮官は彼なりに、戦術人形達を案じていたのだ。

     そのことを改めて認識した彼女達は、さらにコリンへの評価を上げた。

     

     評価がストップ高になった結果が、食堂での黄色い声の騒動だ。

     

     それまでコリンが食堂に来ても、半分おざなりな対応をしていた彼女達だが――ぜひとも彼を囲んで話がしたいという欲求が高まってしまった。最初にチャレンジした戦術人形は数名程度だが、誰かがやれば自分もやりたいのが人情というもの。次はこっち次はあっちと、あっという間に火がつくのに時間はかからなかった。

     

     おねショタどころではない。

     おねおねおねおねショタ状態である。

     

     コリンが成人男性の指揮官であれば、修羅場が発生してもおかしくない。

     

     

     だが、そこはやはり、少年がお子様だというのが幸いした。

     

     戦術人形達もからかったりおちょくったりはしても、恋愛対象として考える者はやはり少なかった。そっち方面の話しになると、コリンが赤面して困り顔になるのも関係していたかもしれない。

     とはいえ、「お姉さん達」に恥ずかしそうにしつつも、自分なりに頑張って会話しようとするコリンは素直に好感が持てるものだった。そして、場の雰囲気がやや行き過ぎに見えてくると、いつの間にか副官がやんわり「待った」をかけるのだ。

     

     なんだかんだあるものの――戦術人形達は一様に好感を持っていた。

     

     賑やかで活気のある食堂。往時よりスタッフの数は減ったものの――

     その“熱気”においては、エヴァン健在時のそれに引けを取らなくなっていた。

     

     

     

     ティスは、ボルシチをゆっくり食べながら、こっそり様子を窺っていた。

     

     食事を終えた戦術人形たちが、部隊ごとにはけて次の任務へ出発していく。

     少年指揮官を囲んで談笑していた者達も例外ではない。名残惜しそうに出発の挨拶をする戦術人形達に、コリンが手を差し出して一人ずつ握手をしている。エヴァンもたまにやっていた“景気づけ”だが、愛らしい少年の握手なら効果は抜群であった。食堂を出ていく彼女達が、握手してもらった手を見せ合いながら、賑やかしく出かけていく。

     

    (さあ、ここから第二フェーズ……ここが問題なのよ)

     

     調味料のスタンドでカモフラージュしながら、ティスは様子を窺っていた。

     

     食堂の喧騒が落ち着いた頃、大きくため息をついてみせるコリン。

     そんな彼の元に、機を見計らったように“いつものメンバー”が集まってくる。

     

     スプリングフィールド、AA-12、DSR-50。

     少年指揮官の“親衛隊 > ロイヤルガード”。側近格の地位を手に入れた戦術人形達。

     

    「おつかれさまです、コリン。なかなか良い笑顔でしたよ」

    「君、だいぶ慣れてきたよな。顔を赤くしちゃうのはなかなか治らないけど」

    「坊やが経験値を積むのはうれしいけど、あまりスレないでほしいわぁ」

     

     それぞれに好き勝手に言うのを、コリンが苦笑いで応じている。

     

     そして――

     前なら同じく来ていたはずの“彼女”がそばにいないことに気づき、少年がきょろきょろと食堂を見渡す。はたして、銀髪金瞳の乙女は我関せずと言わんばかりに顔を伏せ、敢えてコリンと目を合わせないようにしている。

     

     その様子を見て、ティスはひそかにため息をついた。

     

    (またよねえ。Vectorさんの妙な意地っぱり)

     

     こっそり観察を続けていると、意を決したふうのコリンがVectorに歩み寄った。

     

    「あの、よかったらこちらに来ませんか」

     恐る恐るといった感じで笑みを浮かべながら、少年が声をかけた。 

    「戦術演習のメニューで、相談できればなあ、って――」

     

    「――相談とか必要ない。あなたが決めてくれればいい」

     対する乙女の返事はにべもなく、ぶっきらぼうそのもの。

     

    「話はそれだけ?」

     金色の眼がじろと少年をにらむ。

     

     普段なら、コリンが折れて、しょげた様子で引き下がるところだが――

     

    「――ねえ、Vectorさん。どこか具合が悪いんですか?」

    「人形に具合も何もないわ。自己診断のレポートは出してるでしょう」

    「だったら……」

    「演習内容決まったら、後でメッセージちょうだい」

     

     淡々と乙女は言うと、ふいと顔をそむけて手を振ってみせた。

     

     あしらわれた少年は困り顔を浮かべたが――すぐに明るい声で言った。

    「あの……本当に、何かあったら遠慮しないで!」

     

     それが少年の精一杯だったのだろう。

     ぺこりとお辞儀すると、待っているお姉さん達の元へ戻っていった。

     

     対するVectorは席を立つと、食器トレーを洗い場へ戻して、食堂を出ていく。

     

     ティスの秘密の観察眼は、彼女を一部始終捉えていた。

     だから、それに気づいた時に、ティスは思わずハッとした。

     

     食堂を立ち去るVector。

     それが、片手で顔を覆い、かすかにしかめた表情をしていたのだ。

     

     普段は澄ました顔で、感情らしいものを表に出さない彼女なのに。

     

    (そんな顔をされたら、ほうっておけないじゃないですか……)

     

     ティスは決心した。

     

     

     秘密観察を終え、行動の時であった。

     

     

     

    「誰か言いに来ると思っていましたが、あなたでしたか」

     通路でティスにつかまったスプリングフィールドが、そう言うと――

     

    「分かっていたのなら、どうして対処しないんですかっ」

     大きな目を煌めかせて、ティスは問い詰め気味に声をあげた。

     

     そんな彼女に、栗毛の副官はいささか困り顔で答えた。

    「落ち着いて。Vectorの様子が変なのは、把握していました」

     

    「だったら!」

    「いちおう、本人と話しはしたんです……ただ、異状はどこにもない、作戦中のパフォーマンスも落ちていないと言われて。実際に自己診断のレポートや作戦報告書を持ってきて反論されては、正面から解決は難しいですから――」

     

    「――コリンくんでちょっとつついてみた、と」

     ティスの言葉に、スプリングフィールドはうなずいてみせた。

     

    「ええ。案の定、彼女の変調はコリン指揮官に関連したものです。まあ、何がどうなってあんなふうになっているかは、おおむね見当がつきますけど……」

     

     栗毛の乙女がため息をついてみせるのに、ティスも同調した。

    「……問題はどうやって自覚させるか、ですよねえ」

    「ええ。本人は認めたがらないでしょうから」

     

    「あの……ひとつ伺っても?」

    「なんでしょう?」

     

     ティスは目をぱちぱちさせながら、ためらいがちに訊いた。

    「あなたとしては、いいんですか? ライバルが増えるとかそういう――」

     

    「――あらあら、何を心配されているかと思えば。ふふっ」

     スプリングフィールドは苦笑いを浮かべて、答えてみせた。

     

    「わたしはコリンを大切に想っています。その心情に偽りはありません。でも、パートナーとか、そういう立場を求めているわけではないもの。わたしが求めるものと、あの子が求めるものが一致するなら、とてもうれしく思います……でもそれを決めるのは、結局コリンが、誰を、どう想っているのかにかかっていますから」

     

     鶯色の双眸をふっと細めて、乙女は言ってみせた。

    「これに関してはフェアプレイで行きたいのです。あの子が頑張って運命も血族の掟も蹴飛ばして来てくれた以上、彼自身の意思を尊重してあげたいですから」

     

    「……スプリングフィールドさんもなんだか変わりましたね」

    「そうですか?」

     

    「はい。前はコリンくんを大事にしても、彼自身を見ていないように思えました」

    「ふふっ……そうね。それに気付ける程度には、助けに来てくれた時のあの子は、本当に頼もしく見えたんですよ?」

     

     莞爾として笑んでみせる乙女に、ティスは肩をすくめてみせた。

    「そこまで分かっていて、それでも敢えてフェアプレイというなら――解決のアイデアがないこともないです。こう見えても秘密兵器なので、こっそりプランを立てておいたんですけど」

     

    「なにかいい考えが?」

    「ええ。こういう時は非日常のイベントが一番だと思って」

     

     ティスはそういうと、懐から携帯端末を取り出してみせた。そこに表示された基地の見取り図やログを、スプリングフィールドはひょいと覗き込んだ。束の間、黙りこくってから、いささか胡乱な目で副官の乙女はティスを見つめた。

     

    「これ……本気ですか?」

     

    「冗談は言いませんよ。古来より肝だめしはムードアップのイベントです」

     

     自信満々なティスに、スプリングフィールドをうなってみせた。 

    「基地内ですからコリンの心身に危険はないでしょうし、何かあるとしても戦術人形が一体で対処可能でしょうけど……この“幽霊”の正体はつかめているんですか?」

     

    「いえ、ぜんぜん。だから武装はしておいた方がいいです」

    「……考えられるとしたら、基地清算時に脱営した人形ですけれど」

     

    「その割に目撃情報がおかしいのが気になるんですよね」

     ティスは携帯端末に映った、ぼんやりした人影をつつきながら言った。

     

    「……M4カービンって、AR小隊のエリート人形の武器のはずですから」

     

     

     

     翌日、“立入禁止”のテープが貼られた扉前に、一同は集まっていた。

     

    「うぇ……おばけなんて本当にいるんですかぁ?」

     おっかなびっくりの声を洩らしつつ、表情を曇らせたコリン。

     

    「ばかばかしい。電子データのノイズじゃないの」

     いつも不愛想な顔に、かすかに眉をひそめたVector。

     

    「普通に考えれば脱営した人形だけど……データには抜けはないのがなあ」

     飴を口内でごろごろ転がしながら、胡乱な目をしてみせたAA-12。

     

    「もしかしたら秘密兵器とか秘密人形かもしれません」

     妙にやる気満々で目をきらめかせているのはティス。

     

    「うふふ……鬼が出るか蛇が出るか……ちょっと楽しみよねぇ」

     愉快そうにくすくすと笑ってみせたのはDSR-50。

     

    「こほん――皆さん、レクリエーションではないんですよ?」

     咳払いに続けてたしなめたのはスプリングフィールド。

     

     

    「もう一度説明しますね。今回の任務は基地清算の過程で閉鎖された区域の調査です。内部は電気が通じることを確認していますが、念のため最低限の照明で押さえています。電気トーチの携行はもちろん、場合により暗視装置を用いてください。場所が場所ですから敵性との遭遇は限りなく低いですが、万が一の可能性として脱営して倫理暴走状態の人形が潜んでいる可能性があります。非常時には実弾の使用を許可しますが、牽制程度にとどめてください。“幽霊”とやらの正体がつかめれば、次回より大規模な編成で網を投げて狩り出しを行います――今回はあくまで下調べです」

     

     ひとしきり栗毛の副官が説明してみせたところで、AA-12がスッと手を挙げた。

    「しつもーん。調査はいいけど、なんでわたし達なわけ?」

     

     彼女の言葉にVectorがうなずいてみせる。

     答えてみせたのはコリンであった。

     

    「えっとですね……“ある程度戦力として見込めて、平時は暇な人員”が選定基準です。もし〔鉄血〕の襲撃警告があれば調査を打ち切って出撃すればいいし、調査中にアクシデントがあっても、問題なく対処できるという意味で――」

     

    「――コリンは戦力外だと思うんだけど?」

     Vectorがさりげなく指摘してみせると、少年はぷうと頬をふくらませた。

     

    「失敬です! 自分の身は自分で守れますッ」

     少年の言葉に、銀髪金瞳の乙女はじとりとにらみ返して答えた。

     

    「……勢いあまって転ばないようになさい」

     そっけない口調はいつも通りだが、かすかに棘を含んでいた。

     

     少年が口をもごもごさせている中、続いて挙手したのはDSR-50である。

    「わたしも質問よ。調査を効率的に行うために手分けしてかかるのは分かるわ。そしてツ―マンセルで組むのも基本でしょう――で、この組み合わせの根拠は?」

     

     黒髪美女の質問に、栗毛の副官はきっぱりと言ってのけた。

    「問題を起こさない組み合わせです」

     

    「ふぅん……問題を起こさない、ねえ」

     DSR-50が物憂げな眼をしながら、両手の人差し指でさしてみせる。

     

     AA-12とティス。DSR-50とスプリングフィールド。

     そして、Vectorとコリン。

     

     探索組のペアを示してから、黒髪美女は艶然と笑んでみせた。

    「問題が起こらないといいのだけれど?」

     

    「こほん。とにかく、です。各自、所定のペアでお願いします」

     スプリングフィールドは咳払いすると、ぽんぽんと手を叩いてみせた。

     

    「ほら、行動開始です。それなりの広さがありますから、手早く片づけないと日付持ち越しになっちゃいますよ」

     

     彼女の言葉にVectorがふんと鼻を鳴らしてみせた。

     

    「行くわ。コリン、はぐれないように」

    「な……お出かけの子供じゃないですっ」

    「子供には違いないでしょう」

    「う〜〜ッ」

     

     乙女と少年が開いた扉をくぐり、中へ足を踏み込んでいった。

     

     それを見届けて、スプリングフィールド、AA-12、ティスが目配せする。

     

     

     DSR-50はその場の微妙な空気を愉しむかのように、薄く笑んでみせた。

     

     

    中編へ続く

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 鹵獲! 鹵獲!
      Cattail (03/21)
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Tico (02/08)
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Lumina (02/08)
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Tico (01/11)
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Lumina (12/20)
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Tico (12/01)
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Lumina (12/01)
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Tico (10/26)
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Lumina (10/26)
    • 艦これファンジンSS vol.4 「命短し恋せよ艦娘」
      Tico (10/01)
    Recent Trackback
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中
    吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中 (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14の吉田PDの雑感コラム、最終巻! ゲームの裏側、仕事の作法、企画の考え方、そしてゲーム屋さんとしての生きざまなど、今回もうならせる内容です。
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中
    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中 (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14のPにしてDである吉田直樹氏が四方山話を語る連載コラム! 開発の裏側から仕事のやり方、ゲーム業界への意見など、その話題は実にワイド!
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか
    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14を文字通り「建て直した」プロデューサー兼ディレクターである吉田直樹氏の連載コラム! FF14新生の裏側がこれ一冊でよくわかる?
    Recommend
    Recommend
    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】
    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】 (JUGEMレビュー »)
    ゲーム・ミュージック
    FF14を彩る珠玉のBGM、そのオーケストラコンサートの様子を収録の一本! あの思い出の曲が大迫力でよみがえる!
    Recommend
    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC)
    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC) (JUGEMレビュー »)
    オノ・ナツメ
    「ACCA13区監察課」のオノ・ナツメが送る、日常系ゆるやかストーリー。初老の作家と彼の息子、そして娘婿が織りなす、たのしい日曜日の過ごし方。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM