<< 火曜のジャンププラスがなかなかイイ | main | 『人形之歌』2巻 〜ドールズフロントライン >>
2020.07.29 Wednesday

北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし 〜契約夫婦がめぐる四季〜

0

    おはようございます、Ticoさんです。

    どうもスッキリしない天気が続いていますが、

    ネットで見かけたネパール人を名乗る方のツイート

    「これは夏というより雨季です。亜熱帯です」とあって、

    そっかー雨季かー、ゲリラ豪雨はスコールかーとげんなりです。

     

     

    さて、本日のブログ記事はブックレビュ―。

    「北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし 

     〜契約夫婦がめぐる四季〜」

    前にコミカライズ版の紹介記事を書きましたが、原作小説のテイストや

    料理や自然の描写が気になって、短編集を買った次第です。

     

    IMG_6834.PNG

     

    コミカライズ三巻の最後で晴れて結ばれるリツハルドとジークリンデですが、

    この短編集は、その結ばれるまでの最初の一年間

    お互いに「夫婦のような恋人のような、ふわふわと甘い時間」をすごす様子を、

    なんと奥さんであるジークリンデ目線で描いています

     

    原作の小説やコミカライズ版では、あくまでリツハルド視点なので、

    これはなかなかに目新しいですね。おかげで新鮮に読むことができました。

     

    読んでみて驚いたのが、雪国生活の料理や食べ物のこれでもかという描写

    参考文献からやはり舞台のイメージはフィンランドなんでしょうけれど、

    いろんな保存食づくりなどがこれまた美味しそうで。

     

    あと、ジークリンデがリツハルドに対する感想が、「とにかく可愛い」

    ほんわかで柔らかい物腰の旦那を可愛いと感じるジークもまた可愛さMAXで、

    なんだ? 読者を尊死させる気か? と言わんばかりで。

     

    最初からジークリンデはリツハルドを好ましく思っていて、

    生活を共にするうちに、自分をベタ褒めしてくれるリツハルドが

    もう愛しくて愛しくて仕方ない感があふれております

     

    IMG_6835.PNG

    【リツハルドは顔を見るとジークの言う通り「妖精さん」みたいなのですが】

     

    メインは、冬・春・夏・秋、それぞれの季節ごとの暮らしぶりを

    ジークリンデ目線で綴っていくのですが、これのおまけとして、

    同じ場面でリツハルドはどう思っていたか、というミニエピソードがついていて。

     

    そして、お話で重要な脇役であるアイナやエメリヒなどのミニ短編が入っていて、

    結果として初々しくキラキラとした雪国での契約夫婦の最初の一年間が

    繊細かつ丁寧に描かれています。

     

    あとがきを見ると、作者の江本マシメサ先生は本作で50冊目の本だそうで。

    チョット調べてみた感じ、いろいろと挑戦されているみたいで、

    買い集めて読んでみるのもいいかなあと思ったり。

     

    とりあえず次あたりは似たテイストの『タイガの森の狩り暮らし』とかがいいのかなあ

    書かれている作品をざっと見た感じ、男女のペアが幸せ系で紡いでいく感じの話しが

    多いみたいで、ちょっと調べて読み込んでみましょうかねえ。

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 鹵獲! 鹵獲!
      Cattail (03/21)
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Tico (02/08)
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Lumina (02/08)
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Tico (01/11)
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Lumina (12/20)
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Tico (12/01)
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Lumina (12/01)
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Tico (10/26)
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Lumina (10/26)
    • 艦これファンジンSS vol.4 「命短し恋せよ艦娘」
      Tico (10/01)
    Recent Trackback
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中
    吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中 (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14の吉田PDの雑感コラム、最終巻! ゲームの裏側、仕事の作法、企画の考え方、そしてゲーム屋さんとしての生きざまなど、今回もうならせる内容です。
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中
    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中 (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14のPにしてDである吉田直樹氏が四方山話を語る連載コラム! 開発の裏側から仕事のやり方、ゲーム業界への意見など、その話題は実にワイド!
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか
    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14を文字通り「建て直した」プロデューサー兼ディレクターである吉田直樹氏の連載コラム! FF14新生の裏側がこれ一冊でよくわかる?
    Recommend
    Recommend
    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】
    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】 (JUGEMレビュー »)
    ゲーム・ミュージック
    FF14を彩る珠玉のBGM、そのオーケストラコンサートの様子を収録の一本! あの思い出の曲が大迫力でよみがえる!
    Recommend
    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC)
    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC) (JUGEMレビュー »)
    オノ・ナツメ
    「ACCA13区監察課」のオノ・ナツメが送る、日常系ゆるやかストーリー。初老の作家と彼の息子、そして娘婿が織りなす、たのしい日曜日の過ごし方。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM