<< 魔法科高校の劣等生 来訪者編 開始! | main | 戦翼のシグルドリーヴァ 微妙さと期待の綱渡り >>
2020.10.06 Tuesday

魔女の旅々 放映開始!

0

    おはようございます、Ticoさんです。

    やー、今朝はずいぶんと冷え込んでいるおおさかです。

    まあ、着込んでいればまだ凌げるのでよいのですが、

    ここからまた日中は気温があがるのがなんとも。風邪に用心ですね。

     

     

    さて、本日のブログ記事は

    魔女の旅々 放映開始!」

    と題して、これまた期待の作品の映像化からご紹介。

    アニメ本編を見て「もしかすると今季一番の出来かもしれぬ!」とおもったですよ。

    魔法の演出とか映像美とかCGのなじみ具合とかもんのすごいの

     

    maxresdefault.jpg

     

    さて、『魔女の旅々』白石定規先生によるライトノベルが原作になっています。

    これがなかなか波乱万丈の経緯をたどっていまして、いったん自費出版で出した後、

    GA文庫で商業出版に移ったのですが、なかなか奮わずに打ち切り

    しかし同じ世界で展開させた別作品がヒットすると、こちらの人気も火がついて復活。

    そして今度はアニメ化という、大逆転でございます。

     

    ちなみにTicoはコミカライズ版を1エピソードだけ読んで、

    なんだか不思議な世界観とお話立てに「ほう」と思って強く印象に残っておりました。

    ただ、くだんのマンガアプリが改悪アップデートで作品が探せなくなっていたのよねえ……

     

    yBCwTo3hyj0ol9vErB2HTtdvG6S0zAraUBaRTR5nWmMd8sB8iZjNaguq4p5dhLdijudCZEPqQ5w3uK3v.jpg

     

    さて、第1話は主人公イレイナの子供時代から修行の日々、そして旅への出立を描いています。

    いわば本編の前幕扱いではあるんですが、この1話に詰まったものがもうすごいのなんの。

     

    各地を旅する魔女のお話に魅せられた幼いイレイナは、

    「自分も魔女になる!」と猛勉強をして最年少で魔女見習いに。

    とんとん拍子かと思いきや、街の魔女たちは若すぎる彼女をみんな忌避して弟子入りしない。

    そんなイレイナを引き取ってくれたのが、街はずれの森にやってきたいわばよそ者

    星屑の魔女フラン。初見から電波系かファンタジー系かというふわふわぶりでございます。

     

    360108.jpg

     

    で、まあ、飛躍する主人公系には王道の展開なのですが、

    この師匠と来たら雑用ばかりでちっとも魔法を伝授しようとしない。

    もーこき使われるイレイナですが、それでも彼女は夢のためにじっとこらえる。

     

    そんな彼女をしばらく見ていて、「そろそろ頃合い」だと言ったフラン先生が

    イレイナに持ち掛けたのがなんとガチの魔法バトル。

    この戦闘シーンがまた迫力満点ですが、エナジーボルトが飛び交うってヤバくないですか。

     

    360110.jpg

     

    結局、フラン先生に打ち負かされたイレイナは

    ここでとうとう心が凹んで泣き出してしまうのですが――

    そんな彼女を見てフラン先生はなぜか予想外だというふうに慌てだす。

    実は雑用ばかり押し付けていたのも、魔法を敢えて教えなかったのも

    「ウラの事情」がありまして(ガチで裏事情なんだからコメントに困る)。

     

    事情を明かしたフラン先生は、そこでイレイナに欠けているものを教えてくれます。

    この時の言葉が、実になんでもないんだけど、めっちゃずっしり効くんですよな。

    魔女の師匠が弟子イレイナに何を伝えたかはぜひアニメ本編で見てほしい!

     

    1tdkX7NMc8E7Nbh.jpg

     

    そうしてようやく本当の魔女修業が開始。

    イレイナとフラン先生の日常が、おかしくも楽しいシーンの連続に変わり、

    それを見てるだけでイレイナにとってどれだけ大事な日々か、映像でグッと伝わってきます。

     

    一人前と認めた日に、フランがイレイナに贈った称号が、「灰の魔女」。

    それをイレイナが不服そうにしながら、なんだかんだで受け取るくだりなんか、

    ああ、本当に良い師弟関係だったんだな、と伺えます。

     

    tabitabi1.jpg

     

    晴れて一人前の魔女になったイレイナは、かねてからの夢通り、

    家を出て旅人になることを決意。両親もなんだかんだで送り出してくれます。

    母親お手製の衣装に身をつつみ、いざ夢にまで見た気の向くままの旅路へ!

     

    この作品なんですが、魔女という存在の世界での扱われ方と、

    魔法の描き方が実に自然に、それでいて神秘的に描かれているのがポイント。

    いわゆるコマンドタイプの魔法じゃないんですよね。

    いかにも「魔法使いの魔法ってこうだよな」って感じでして、

    そのあたりをCGも駆使した美麗な映像演出で上手く描いています。

     

    次話からいよいよ本編18歳に成長したイレイナの旅の日々が描かれます。

    どんなエピソードが展開されるのか、いまから楽しみですね!

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << November 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 劇場版 鬼滅の刃 無限列車編
      Lumina (11/01)
    • 鹵獲! 鹵獲!
      Cattail (03/21)
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Tico (02/08)
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Lumina (02/08)
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Tico (01/11)
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Lumina (12/20)
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Tico (12/01)
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Lumina (12/01)
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Tico (10/26)
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Lumina (10/26)
    Recent Trackback
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中
    吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中 (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14の吉田PDの雑感コラム、最終巻! ゲームの裏側、仕事の作法、企画の考え方、そしてゲーム屋さんとしての生きざまなど、今回もうならせる内容です。
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中
    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中 (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14のPにしてDである吉田直樹氏が四方山話を語る連載コラム! 開発の裏側から仕事のやり方、ゲーム業界への意見など、その話題は実にワイド!
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか
    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14を文字通り「建て直した」プロデューサー兼ディレクターである吉田直樹氏の連載コラム! FF14新生の裏側がこれ一冊でよくわかる?
    Recommend
    Recommend
    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】
    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】 (JUGEMレビュー »)
    ゲーム・ミュージック
    FF14を彩る珠玉のBGM、そのオーケストラコンサートの様子を収録の一本! あの思い出の曲が大迫力でよみがえる!
    Recommend
    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC)
    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC) (JUGEMレビュー »)
    オノ・ナツメ
    「ACCA13区監察課」のオノ・ナツメが送る、日常系ゆるやかストーリー。初老の作家と彼の息子、そして娘婿が織りなす、たのしい日曜日の過ごし方。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM