<< アサルトリリィ BOUQUET  放映開始! | main | 売国機関 4巻 >>
2020.10.09 Friday

いわかける! アニメスタート!

0

    おはようございます、Ticoさんです。

    昨晩からえらく冷えますね。掛け布団も冬用の厚いものを引っ張り出して、

    それでも早めに目が覚めてしまってエアコンで暖房入れてます

    ……なんか一週間前には昼でもまだ冷房が要ったはずなんですが。

     

     

    本日のブログ記事は

    いわかける! アニメスタート!」

    と題して、この秋に放映開始のスポーツものアニメの初回感想など。

    いやー、今季なにげに豊作ですね。良い作品が多すぎます。

     

    315089d6fb8f7dcfb6bcb2d72bc633cc.jpg

     

    さて、この「いわかける!」、原作はサイコミで石坂リューダイ先生が連載している

    スポーツクライミングのコミックでございます。いわゆるボルダリングとか、

    ここ数年でにわかに注目の集まってきたアレでございますね。

     

    一見、サイトのイメージイラストの女の子たちが割と軽装な上に、

    健康的でしっかりした体つきなのでエッチそうに見えますが――

    内容はおもむろにガチでスポーツクライミングに向き合った作品です。

     

    nicovideojpwatchso37606214.jpg

     

    主人公はこの子、笠原好(このみ)。ぱっと見、あまり筋肉ついていないし、

    スポーツ向きに見えません。わりと胸もたわわだしな!

     

    高校に入学したものの、ピタッとくる部活がなくて迷っていた彼女、

    ひょんなところでクライミングのウォールをみて興味を惹かれます。

     

    試しにやってみたところ、「結構楽しい!」となったうえに、

    なにやら先読み関連でただならぬ才能の片鱗を見せるのですが――

     

    rYyjwpRBaLs9wvlRffhV1oz6uGGNWyaN3vDaKHou033nDFdnnb89V1BLlQa9DZpJBSGIitJ1QBMYE5P2.jpg

     

    「まるでゲームみたいで面白い!」と素直な感想を口にした好にカチンと来たのが、

    同じ新入生ながら、もう部活に入っていて幼少期からクライミングの経験がある、

    スクショ左の女の子、上原隼(じゅん)

     

    「わたしと勝負して勝ったら部活に入っていい」「わたしが負けたらわたしが辞める」

    とか、『ちょっとナニ言ってるんだろうこの子』的な感じがあるのですが、

    意外なことにこの理不尽仕合を好は受けることを決めます。

     

    実はスポーツ系にはとんとうといものの、

    こと「勝負事」について好は相当な凄腕実績の持ち主で、

    それだけに勝負を申し込まれるとなんか引けないという思いがあるんですよな。

     

    Y5mNJSP4E6oXFCCGgiOdkjdenOBTzbDxVScY0jCo8LbMK8X0s387FLkKkywb7PJkJSKG9DEImfNu3rRB.jpg

     

    勝負のクライミングで、経験者のはずの隼に食らいついていく好。

    お互いに昇りながらのモノローグで、それぞれに熱い思いがあると知れます。

    隼は積み上げてきた修練ゆえのプライド好は新しい世界を求めての情熱

     

    wJ3ht9HYV4Oo3K3BIycGnA7DN1vuQKQst6l4spHLW4n0KsrJEvFFSH6lFhUqsbm8Dfm7ACyuArc9foWy_main.jpg

     

    部活の先輩ふたりも息を呑む勝負の結果は――まあ、これはアニメで見てほしいです。

    クライミングが単純な手足のリーチや握力で決まるものではない

    観察眼や思考力も問われる熾烈なスポーツだということが活写されています。

     

    ulTWG0fZF5wOdvkE5MqHxkl0NB59h4nSYXAqdjb4gPb3qtSJL4bhBCwnPtFLdqfTvIFXveTiG8Hqx7Om.jpg

     

    あと、このアニメ、カメラワークや構図が本当に迫力満点な上に、

    クライミングに挑む子の「身体」をしっかりと描いて動かしているので、

    骨を伸ばして筋肉が躍動する様が伝わってくるようなのです!

     

    o0640036014829797973.jpg

     

    健康美、肉体美といってしまえばそれまでですが、

    アスリートならでは、スポーツに挑む人ならではの肉体の美しさというか。

    それが本当に良く描かれていて「エロいというよりエラい」と感じます。

    見ていて本当に手に汗握っちゃう、実に熱いスポーツアニメなんですよ、コレ!

     

    第一話ではなんだかんだで部活に入ることを認められた好なんですが、

    先輩から「明日の大会に出てもらう」とか言われて「は?」とかなっていて、

    どうなるんでしょうねコレ。

     

    見ていて実にホットになるスポーツクライミングアニメ

    なにげに今季のダークホース感ありますよ。おススメです!

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << November 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 劇場版 鬼滅の刃 無限列車編
      Lumina (11/01)
    • 鹵獲! 鹵獲!
      Cattail (03/21)
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Tico (02/08)
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Lumina (02/08)
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Tico (01/11)
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Lumina (12/20)
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Tico (12/01)
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Lumina (12/01)
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Tico (10/26)
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Lumina (10/26)
    Recent Trackback
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中
    吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中 (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14の吉田PDの雑感コラム、最終巻! ゲームの裏側、仕事の作法、企画の考え方、そしてゲーム屋さんとしての生きざまなど、今回もうならせる内容です。
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中
    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中 (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14のPにしてDである吉田直樹氏が四方山話を語る連載コラム! 開発の裏側から仕事のやり方、ゲーム業界への意見など、その話題は実にワイド!
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか
    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14を文字通り「建て直した」プロデューサー兼ディレクターである吉田直樹氏の連載コラム! FF14新生の裏側がこれ一冊でよくわかる?
    Recommend
    Recommend
    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】
    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】 (JUGEMレビュー »)
    ゲーム・ミュージック
    FF14を彩る珠玉のBGM、そのオーケストラコンサートの様子を収録の一本! あの思い出の曲が大迫力でよみがえる!
    Recommend
    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC)
    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC) (JUGEMレビュー »)
    オノ・ナツメ
    「ACCA13区監察課」のオノ・ナツメが送る、日常系ゆるやかストーリー。初老の作家と彼の息子、そして娘婿が織りなす、たのしい日曜日の過ごし方。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM