<< 「肩をならべて」 | main | 「弓使い始めました」 >>
2006.03.25 Saturday

「さらなる高みへ」

0
    オフラインがある程度メドがついたので、
    夜な夜なオンラインにつないでは、
    ドンドルマの街からハンティングに出かけているTicoであります。
    すっかりヴァナ・ディールとはごぶさたであふん。
    (まあ、アトルガンが出れば、またヴァナにどっぷりでしょうが)
    さて、オンラインだとハンターランクというのがあって、
    クエストを進めていくとランクが上がっていき、
    受けれるクエストの種類が多くなる
    (=いろんなモンスターを狩れようになる)のですが。

    このたび、めでたくハンターランク31、上位クラスにあがりました。

    上位クラスとは、一言でいえば、「ハードモード」というところでして。
    それまでのクエストを更に難しく(しいていえばマゾちっくに)
    なっております。まあ、その代わりに上位素材が出るので、
    更なる武器の強化や装備の更新には欠かせないのですが。

    ただ、上位クラスになるには、相応のポイントを貯めねばならない上、
    公式狩猟試験なるものをパスしなくてはなりません。
    ギルドから指定されるミッションをこなすのですが、
    これが時間のかかる厄介なものでして上位クラスへの通過試験となると、
    大物モンスターがゾロゾロでやたらと時間がかかります。

    ---------------------------------

    大物モンスターの内訳は以下の通りで。

    ゝ竜ガノトトスの討伐
     (⇒砂漠の湖を泳いでいるこやつをカエルで一本釣りして陸へあげます。
       体長20メートル近い大物なんで、どうやって釣り上げているやら)

    鎌蟹ショウグンギザミの討伐
     (⇒先日も紹介した化け物ヤドカリ。
       こっちの戦力が高いとあまり時間のかからない可愛い御仁)

    3冦汽妊アブロスの討伐
     (⇒これも先日紹介。頭の角で突進&地中に潜って突き上げが痛い。
       こやつがとてもとてもタフで、倒すのに時間がかかります)

    こ士汽哀薀咼皀垢瞭と
     (⇒これも紹介済。やたらでかくて熱線ビームが即死なやつ。
       デカさに見合うタフさでこれまた時間が)

    と、四つのミッションをこなして、最後に出てくるのが


    ゥ轡Д鵐オレンの討伐 
     ⇒言葉の響きからすると、ラオシャンロン(老山竜)に似た感じです。
      戦う舞台も特別ステージの砦。
      ふむ、山のようにでかい竜かな、と思いきや。

    出てきたのは、老山竜の頭骨をかぶった超巨大ヤドカリ。
    (⇒どのくらいバカバカしい代物かはこちらを参照あれ)

    大きさがちょっとしたビル並みにあります。
    某アップルシードの多脚砲台かーっとか思っていると、

    登場シーンに続いて背負った頭骨をかぱっと開けて砲撃するシーン
    ちゃんと前足の鋏を地面に突き刺して固定しているのが細かい。
    じゃーなくて! じゃなくて!! 
    なんかもう宇宙怪獣でしょうっ、これはっ。
    ウルトラマンだっ、ウルトラマンを呼べっ!!

    とか取り乱しながらも戦闘開始。
    砦に向かってメキョメキョ歩く砦蟹の脚をひたすら切りまくり、
    ひるんで胴体を地面に落としたところで本体へ切り込み。
    比較的おとなしく歩くラオシャンロンに比べると、
    時々脚を振り回して暴れるので思わぬダメージを受けます。

    ちなみにこいつとの戦闘では「対巨竜爆弾」という素敵なものが
    支給されておりまして。どうやって使うかというと、
    「シェンガオレン砲(仮称)が発射する寸前に中に飛び込んで設置」
    もう素敵すぎ。あ、もちろんTicoは志願して設置しにいきましたですよ。


    ……という、えらく時間のかかるミッションをくぐりぬけて、
    ようやく上位ランクにあがれるわけです。あー、しんど。
    というか、ご協力してもらった戦友がたに感謝。

    ----------------------------


    上位ランクになると、大老殿という奥の院に入れるようになり、
    そこでドンドルマの町を治める大長老に謁見することができます。
    いろんな意味でビッグな御仁です。
    んで、その大老殿から出るクエストを受けられるようになる、と。

    まあ、これで道半ばというところで。
    ランクにはまだまだ上があるそうで、上がっていけば
    珍しいモンスターとも戦えるようになるみたいです。
    どこまで続けるかは分かりませんが、当分は狩猟生活どっぷりかのぅ。

    自分の装備ネタとか、戦ったモンスターのネタとか、イロイロとありますが
    またそれは次の機会に。
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 鹵獲! 鹵獲!
      Cattail (03/21)
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Tico (02/08)
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Lumina (02/08)
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Tico (01/11)
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Lumina (12/20)
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Tico (12/01)
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Lumina (12/01)
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Tico (10/26)
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Lumina (10/26)
    • 艦これファンジンSS vol.4 「命短し恋せよ艦娘」
      Tico (10/01)
    Recent Trackback
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中
    吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中 (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14の吉田PDの雑感コラム、最終巻! ゲームの裏側、仕事の作法、企画の考え方、そしてゲーム屋さんとしての生きざまなど、今回もうならせる内容です。
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中
    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中 (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14のPにしてDである吉田直樹氏が四方山話を語る連載コラム! 開発の裏側から仕事のやり方、ゲーム業界への意見など、その話題は実にワイド!
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか
    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14を文字通り「建て直した」プロデューサー兼ディレクターである吉田直樹氏の連載コラム! FF14新生の裏側がこれ一冊でよくわかる?
    Recommend
    Recommend
    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】
    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】 (JUGEMレビュー »)
    ゲーム・ミュージック
    FF14を彩る珠玉のBGM、そのオーケストラコンサートの様子を収録の一本! あの思い出の曲が大迫力でよみがえる!
    Recommend
    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC)
    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC) (JUGEMレビュー »)
    オノ・ナツメ
    「ACCA13区監察課」のオノ・ナツメが送る、日常系ゆるやかストーリー。初老の作家と彼の息子、そして娘婿が織りなす、たのしい日曜日の過ごし方。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM