<< アーマード・コア フォーアンサー | main | ようやく快方 >>
2008.03.20 Thursday

マキアヴェッリ語録

0
    マキアヴェッリ語録 (新潮文庫)
    マキアヴェッリ語録 (新潮文庫)
    塩野 七生

    塩野七生女史といえば、『ローマ人の物語』を書き上げた歴史作家として
    つとに有名でありますが、その人がマキアヴェッリの著作から
    いくつもの文章を抜粋して紹介したのが本書。

    なぜ抜粋という形を取ったのかという疑問に対して、
    著者は「註というわずらわしいものを取り去って
    エッセンスと醍醐味を味わってほしいと思った」と書いています。

    マキアヴェッリといえば、
    なにやら権謀術数の固まりの代名詞みたいに考えられていて、
    実際、彼の言葉の中には「結果さえよければ手段は常に正当化される」
    とかいう一文があって、これでずいぶんと誤解されているように思います。

    本書を通読してみると、そこにあるのは物事の本質を見抜く眼。
    そこに何かしら忌まわしいもの、醜いものが見えるとしたら、
    徹底したリアリズムがそのように感じさせているのでしょう。
    舌触りのよい言葉ではなく、ぽんと投げ出された現実世界の
    非情さ、救いようのなさ、に嫌悪感を抱いてしまうのです。

    読んでいてうならされる名言が粒揃いでしたが、
    なにやら現代日本にあてはめると痛い言葉がずらずら並んでいて、
    思わず苦笑してしまうことしきり。時代を越えて通じる言葉を
    持っているという点において、やはり正しく古典なのだなと思いました。

    ちなみにTicoが一番気に入ったのは、語録の最後に載っているこの言葉。

    「天国へ行くのに最も有効な方法は、地獄へ行く道を熟知することである」

    さて、地獄行きのガイドブックを持っている人は何人いるのでしょうか。
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    塩野七生著・「マキアヴェッリ語録」読了。
    {/down/}クリックするとプロフィールの他、色々な情報が見られるよ。{/onpu/} マキャヴェッリ(Niccolò Machiavelli, 1469〜1527)は、イタリア、ルネサンス期の政治思想家である。代表作に、『君主論』、『ティトゥス・リウィウスの最初の十巻についての論考』
    • 振り向けばブログ。
    • 2008/03/29 4:40 AM
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 鹵獲! 鹵獲!
      Cattail (03/21)
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Tico (02/08)
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Lumina (02/08)
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Tico (01/11)
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Lumina (12/20)
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Tico (12/01)
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Lumina (12/01)
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Tico (10/26)
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Lumina (10/26)
    • 艦これファンジンSS vol.4 「命短し恋せよ艦娘」
      Tico (10/01)
    Recent Trackback
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中
    吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中 (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14の吉田PDの雑感コラム、最終巻! ゲームの裏側、仕事の作法、企画の考え方、そしてゲーム屋さんとしての生きざまなど、今回もうならせる内容です。
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中
    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中 (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14のPにしてDである吉田直樹氏が四方山話を語る連載コラム! 開発の裏側から仕事のやり方、ゲーム業界への意見など、その話題は実にワイド!
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか
    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14を文字通り「建て直した」プロデューサー兼ディレクターである吉田直樹氏の連載コラム! FF14新生の裏側がこれ一冊でよくわかる?
    Recommend
    Recommend
    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】
    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】 (JUGEMレビュー »)
    ゲーム・ミュージック
    FF14を彩る珠玉のBGM、そのオーケストラコンサートの様子を収録の一本! あの思い出の曲が大迫力でよみがえる!
    Recommend
    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC)
    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC) (JUGEMレビュー »)
    オノ・ナツメ
    「ACCA13区監察課」のオノ・ナツメが送る、日常系ゆるやかストーリー。初老の作家と彼の息子、そして娘婿が織りなす、たのしい日曜日の過ごし方。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM