<< 遠征隊 CM動画 | main | レッドクリフpart2 >>
2009.05.04 Monday

黄金週間の神戸歩き

0
    5月の大型連休、せっかくだからどこかに出かけたいなーと
    思い立ったが吉日ということで神戸へ出かけてまいりました。

    春から初夏に移りつつある陽気が少々気になってましたが、
    幸いお出かけ日は程よく曇って少し涼しげでイイ感じ。

    兵庫県公館

    緑に囲まれた兵庫県公館に軽くご挨拶をしてから、
    山の手の方へえっちらおっちらと歩いていきます。

    以降、長くなるので折り返し〜。
    ----------------------------------------------------

    【関帝廟】

    さて真っ先に訪れたのが恒例の関帝廟であります。

    関帝廟

    蝋燭と線香を買ってお供えして、あんなことやこんなことをお祈りしたり。
    元町駅からは少々歩く上に上り坂なのですが、ほどよい運動になります。

    歩いて小腹がすいたところで、めざす場所はやはり。


    【南京町】

    南京町

    黄色い提灯がにぎやかな南京町に到着。
    お土産に以前買ってきた老祥記の肉饅を買って帰るかと思いましたが、
    恐ろしく長い行列を見てあっさり断念。

    母者へのお土産は屋台で見繕ったココナッツ団子をチョイス。
    そそくさと買ったところで早めのお昼を頂くことにしました。


    【五星餃子】

    さて独断と偏見で南京町の食べ物屋を語るとしたら、
    「屋台で売ってるものを食べるのが王道」であります。

    ちゃんと構えて営業している料理店はもちろんいくつもあるのですが、
    「敷居が高い」「値段が高い」「愛想が悪い」の三拍子揃ってます。
    サービス面は割り切ってさくっと買い食いするのが無難。

    五星餃子

    そんなTicoが前回からちょっと目をつけている屋台が「五星餃子」。
    ここは基本的に屋台形式で麺モノや餃子を売ってるお店なのですが、
    中に座って食べれる場所があって落ち着くことができるのがミソ。

    北京ダック麺と水餃子

    色々メニューはあるのですが、本日選んだのは上記のメニュー。
    左が「北京ダック麺」、右が「水餃子」であります。

    北京ダック麺はパリッと焼けた皮が実に香ばしくて美味。
    水餃子も噛むと肉汁がじわっと口に広がってウマウマ。

    さくさくっとお食事を済ませて、適当に南京町をぶらついて、
    少し疲れたらやっぱり行くのが。


    【椿茶藝館】

    椿茶藝館

    中国茶が飲める茶館であります。

    南京町には二軒の茶館がありますが、オススメは断然、椿茶藝館です。
    お茶の種類は豊富、デザートも揃っていて、なにより店員さんが丁寧。
    店内はそれなりのスペースがあるのでゆったり休めるのもポイント。

    龍井茶と杏仁豆腐

    さて本日注文したのは、龍井茶と杏仁豆腐。

    龍井茶は緑茶の一種ですが、日本茶よりも味わいは軽め。
    飲むとスッキリと頭が冴えます。
    今朝は早めに目が覚めたのでよい眠気覚まし。

    一方の杏仁豆腐は上に大きなタピオカとジャスミン茶ゼリーが乗ってます。
    お好みでシロップをかけて頂きます。いつだって甘いものは別腹。

    中国茶はお湯を足しながら何煎も重ねて飲むので、
    ぱっと見の値段が高めに見えてもトータルではお得な飲み物です。
    お茶を飲んでデザート食べて、ほっと一息ついたところで元町駅へ。

    向かう次の目的地は……


    【三宮】

    三宮駅前

    神戸の中心地、三宮でございます。
    駅の北側には繁華街が広がり、さらに山の手へ行くと異人館がありますが、
    今回の目的地は駅の南側。いろいろ買い物できるお店が集まっています。

    地下街のちょっと目についたお店で春夏モノの服を購入。
    そのあとセンタープラザ西館へ向かい、某ショップへ。
    予想はしていましたが、近寄ると異様なオーラを醸しておりました。
    意を決して店内へ入り、目的のブツを購入して任務完了。

    帰りに友人から聞いていた、これまた某黄色い潜水艦へ行ってみましたが、
    こちらの方はシャッターが閉まって「テナント募集中」の張り紙が。
    不景気だなあと思いつつも、ひとまず目的は果たして帰途へつきました。

    ---------------------------------------

    以上が今回の神戸歩きでございました。

    どうも守備範囲が元町にかたよっているような気がしますので、
    次に行くときはもっと三宮周辺を開拓してみようかと思う次第。
    美味しいレストランとかカフェとか見つかるといいんですが。
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 鹵獲! 鹵獲!
      Cattail (03/21)
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Tico (02/08)
    • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
      Lumina (02/08)
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Tico (01/11)
    • 艦これ クリスマスシーズン!
      Lumina (12/20)
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Tico (12/01)
    • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
      Lumina (12/01)
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Tico (10/26)
    • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
      Lumina (10/26)
    • 艦これファンジンSS vol.4 「命短し恋せよ艦娘」
      Tico (10/01)
    Recent Trackback
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中
    吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中 (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14の吉田PDの雑感コラム、最終巻! ゲームの裏側、仕事の作法、企画の考え方、そしてゲーム屋さんとしての生きざまなど、今回もうならせる内容です。
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中
    吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中 (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14のPにしてDである吉田直樹氏が四方山話を語る連載コラム! 開発の裏側から仕事のやり方、ゲーム業界への意見など、その話題は実にワイド!
    Recommend
    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか
    吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか (JUGEMレビュー »)
    吉田直樹
    FF14を文字通り「建て直した」プロデューサー兼ディレクターである吉田直樹氏の連載コラム! FF14新生の裏側がこれ一冊でよくわかる?
    Recommend
    Recommend
    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】
    Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】 (JUGEMレビュー »)
    ゲーム・ミュージック
    FF14を彩る珠玉のBGM、そのオーケストラコンサートの様子を収録の一本! あの思い出の曲が大迫力でよみがえる!
    Recommend
    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC)
    ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC) (JUGEMレビュー »)
    オノ・ナツメ
    「ACCA13区監察課」のオノ・ナツメが送る、日常系ゆるやかストーリー。初老の作家と彼の息子、そして娘婿が織りなす、たのしい日曜日の過ごし方。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM