チームでたいせん!

0
    この週末日曜の夜にアライアンス内でPvP大会が行われました。

    3on3のチーム戦で実施される試合で、参加チームは3。
    トーナメントが組めないので総当り戦となります。
    使用艦種は巡洋艦クラス。各国で特徴が出やすいので
    なかなか頭を使うところです。

    TicoはAmarrでOmen級巡洋艦を突撃仕様にFit、
    いざ試合に臨んだわけですが……

    試合船を会場へ運び込むのが一苦労でした。
    場所はアライアンスが駐留しているワームホール宙域なのですが、
    その日開いている既知宙域への出口はAmarrからなんと14Jump!

    普段の活動場所からAmarrへ行く6Jumpでさえ遠いと感じる
    Ticoにとっては地獄のような道行きでございます。
    トータル2戦はあるので、巡洋艦をえっちらおっちらと
    1隻ずつ運び込み。なんとか準備できた頃にはヘトヘトでした。

    さて、肝心の試合ですが、次のような推移になりました。


    ■所属チーム

    Omen級巡洋艦(Tico)、Thorax級巡洋艦、Vexor級巡洋艦

    Thorax級は火力に定評のあるカッコいいガレンテの砲撃艦。
    Vexor級はドローン運用ではダントツの性能を誇る同じくガレンテ製。

    作戦はとにかく火力集中! 事前の作戦立案が十分でないのが不安です。
    さて、このチームでどのような試合になったかといいますと……


    <一回戦目>

    ワープアウトするやいなや、待ち構えていたのはArbitrator級巡洋艦×3。
    アマー帝国製には珍しいドローン運用艦です。

    さっそく攻撃をしかけるも、
    目標の装甲を半分削ったところでそこからダメージが進みません。
    どうやら相互リペアで修復しているようです。
    それでも火力で押せば、と思っていると、頻繁に飛んでくる相手のECM。
    ジャミングでそのたびにロックがはずれ、攻撃中断されます。

    てこずっているうちに合計15機のドローンがこちらに襲い掛かってきて、
    あっというまに沈没沈没。結局一隻も落とせないまま敗北となりました。


    <二回戦目>

    今度の相手は、Caracal級巡洋艦×3。
    カルダリ連合製のミサイル戦闘艦です。

    操作ミスで仲間より遅れてワープアウトしたTicoの船ですが、
    見ると相手の一隻を沈められそうです。Ticoも攻撃に加わりたかったのですが、
    距離があったので断念、手近な相手に砲撃開始。

    なんとか相手側の一隻は沈めたのですが、こちらの一隻もほどなく撃沈。
    その後ミサイルの猛攻でみるみるうちに装甲を破られて全滅。


    結局、二戦二敗という結果になりました。
    敗因としては、チーム戦であるのに
    事前の作戦準備ができていなかった点でしょうか。
    特に相互支援や役割分担が詰められればもう少し違ったかなと思います。

    個人的には勉強のつもりで参加したので、
    相互リペアによるスパイダータンクの実践を見ることができたり、
    PvPにおけるECMの有効性を確認できたのでなかなかの収穫でした。

    また機会があれば参加したいと思いますが、
    まだまだ修行が必要なようです。
    沈むつもりでどこかのLowにでも行きましょうかねェ。

    たいせん!

    0

      【カルダリ連合製Kestrel級フリゲート艦】

      ファンフィクションの題材にしようと思っていたのですが、
      どうにもまとまって書く時間がないのでひとまずブログのネタにしてみたり。

      はい、PvP経験のまるでないnoobだらけの遠征隊でございます。
      出身世界のヴァナディールに本格的なPvPなんてものがなかったので、
      やはりどうしても敷居が高いイメージがあるのですが。

      「でも社内で遊ぶぶんにはいいんじゃね?」と
      割と前に社内でPvP試合を行うことにしました。
      ファンフィクション用のの取材もかねております。

      まあ、参加者二名だったけどね! 
      仕方ないね! 零細企業だし!

      長くなるので折り返し〜。

      みんなでワールドコライド

      0

        【Earthlight殿指揮 ガレンテ連邦製Vexor級巡洋艦】

        この週末にコープメンバーの親睦を深めるために
        共同でLv4ミッションを挑戦してきました。
        挑んだのは最難関の誉れ高い「World Collide」。
        Sansha'NationとAngel Cartelの海賊組織が陣取っている
        エリアを突破して難破した船の乗組員を救助せねばなりません。

        まあ、親睦を深めるというのは単なる口実、
        いまだに10連ミッションを巡っている自称新人さんの
        “あーちゃん”を一度実戦に連れ出して揉んであげよう、
        もとい稼がせてあげようという深謀遠慮があったりなかったり。

        「船の装備をどうすればいいんですか?」
        という質問があったのが開催前日。
        聞けばLowスロットがカーゴだったり、
        砲台がシビリアンだったりという仕様。
        いくらタンク役がいるとはいえ万が一にも
        沈んじゃいかんとTicoがモデル設計。

        本人は参考にしながら装備を整えましたが
        「所持金が三桁になりました……」
        となんとも蚊の泣きそうな声に。
        心配するな、入る賞金額を見ればそんな心配すぐに消し飛ぶ。


        【Suchbus殿指揮 グリスタス海賊団製Gila級巡洋艦】

        Ticoは愛用の黒アポをガチガチの装甲仕様にしてタンク役ですが、
        一方の火力担当になる“さっちゃん”は、海賊仕様船をオンステージ。
        タフなシールド防御力と、戦艦にも通用するヘビードローン展開可能な
        巡洋艦でステーション前に到着。普段の探検でも愛用の船だそうです。

        そんなこんなで予定時刻には待ち合わせ場所へ集結し、いざ艦隊ワープ。
        オーバービューを埋め尽くす赤い光点の群れ。
        幸いにして距離が離れておりますので、足並みをそろえつつ、
        まずはSansha艦隊へそろりそろりと近づいていきます。

        射程に入ったところで
        Ticoの黒アポのレーザー砲が派手に火を噴き、敵をひきつけます。
        ターゲットが集まったところで随伴してきたお二人に攻撃開始の合図。
        どちらもドローン運用艦なので、にょろにょろっと出てきたドローンが
        敵へ向かって突撃していきます。

        第一層は危なげなく掃討。続いて第二層へ。
        全方位敵敵敵の状態でまずはTicoがレーザー撃ちまくり、
        敵が殺到してきたところでお二人の船が突入してドローンで加勢です。

        「どう、レールガンは撃ってる?」
        「弾がどんどん減っていきます(涙)」


        うんうん、実弾兵器はそんなものだよ。
        うなずきながらも着実に敵を沈めてSanshaルートはクリア。
        ここでいったんステーションに戻って、損傷したドローンの修理や
        装備の載せ替えを行います。

        次の相手はAngelCartel。
        攻撃属性的にシールド艦が有利なので、
        さっちゃん自慢の海軍スコーピオン級戦艦が今度はタンク役。
        Ticoの黒アポは打撃仕様にして部品積み替えです。

        こっちは最初の階層でターゲットがばらけて、
        戦艦の攻撃がちょっとタンク役以外に飛んでくるハプニングが。
        慌てて船足をゆるめる“あーちゃん”。いやいや大丈夫だから。

        そんなこともありましたが、
        こちらも第二層、ついで第三層と無事に敵艦隊を掃滅。
        おおむね二時間ほどでクリアと相成りました。

        「とゆーわけで実戦どうだった?」
        「賑やかでございました」
        「自分でタゲとるともっと賑やかだぞ」


        とか言いつつ、それぞれに解散。
        あーちゃんは再び武者修行の旅へ、
        さっちゃんは宇宙探検の道へ、
        そしてTicoはコープの生産事業の算盤勘定へ
        戻っていったのでした。

        修行がすんだらまたミッションに連れ出すから
        お金がたまるのを覚悟しておくのだぞ、あーちゃん!
        とか銀河に向かって吼えつつ、気長に待つCEOなのでした。

        P.S.
        当日、夏風邪中のTicoは気力不足で残骸のサルベージまで
        できなかったのでした。ひと財産になっただろうに……ガクッ。

        かんたい!

        0
          すみませんすみません、「けいおん!!」の影響で
          ひらがな四文字になるなーと思ったらやってみたかったんです。

          日曜夜はアライアンスの方にお誘いがありまして、
          Lv5ミッションに参加してきました。

          基本的にLv5はソロ攻略が無理で、艦隊組んで挑戦しなくてはなりません。
          呼びかけに応じて集まった戦闘艦の数、



          ざっと17隻。

          外宇宙の大規模戦に比べればささやかな数でしょうが、
          それでも普段ソロでやってるとなかなか壮観です。
          遠征隊からはTicoがノーマルのApocalypse級戦艦
          SuchbusさんがDrake級重巡洋艦で参戦。

          二人とも本命の戦闘艦は別にあるのですが、
          今回初めてLv5に挑戦ということで万が一沈むと涙モノなので、
          お互いに予備の戦闘艦で参加とあいなりました。

          集結中にお互いにぶつかりあって宇宙ゲートボールしたり、
          どうでもいい話題で盛り上がりつつも編成が粛々と進み、



          いざ、出撃!
          打たれ強い戦艦部隊が先行し、支援艦が後に続きます。
          ずらっと並んだ艦船の列がカッコイイ。



          そして突入すると灼熱の戦場へ。
          タンク役の戦艦を支援艦が回復しながら、攻撃部隊で敵を落とします。

          今回は2つミッションをこなしました。
          1回目はAngel Cartelが相手、2回目はRogue Droneが相手でした。
          いずれも本拠地へ急襲をかける感じでしたね。

          戦艦級の敵がごろごろ出てきましたが、
          皆さん慣れているだけあって危なげなくクリアできました。
          わいわいやりとりしながら攻略するのは実に楽しかったですね。

          Amarrの田舎にある本拠地へと戻りながら、
          Suchbusさんと二人して「今度は本命艦出そうねー」と話し合いました。
          次はもっと活躍できるようにがんばるぞー!


          calendar

          S M T W T F S
             1234
          567891011
          12131415161718
          19202122232425
          262728293031 
          << January 2020 >>

          @ticoruzel on Twitter

          selected entries

          categories

          archives

          recent comment

          • 鹵獲! 鹵獲!
            Cattail
          • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
            Tico
          • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
            Lumina
          • 艦これ クリスマスシーズン!
            Tico
          • 艦これ クリスマスシーズン!
            Lumina
          • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
            Tico
          • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
            Lumina
          • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
            Tico
          • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
            Lumina
          • 艦これファンジンSS vol.4 「命短し恋せよ艦娘」
            Tico

          recent trackback

          recommend

          吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中
          吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中 (JUGEMレビュー »)
          吉田直樹
          FF14のPにしてDである吉田直樹氏が四方山話を語る連載コラム! 開発の裏側から仕事のやり方、ゲーム業界への意見など、その話題は実にワイド!

          recommend

          吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか
          吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか (JUGEMレビュー »)
          吉田直樹
          FF14を文字通り「建て直した」プロデューサー兼ディレクターである吉田直樹氏の連載コラム! FF14新生の裏側がこれ一冊でよくわかる?

          recommend

          ハクメイとミコチ 1巻 (HARTA COMIX)
          ハクメイとミコチ 1巻 (HARTA COMIX) (JUGEMレビュー »)
          樫木 祐人
          不思議な小人たちの織りなす不思議な生活ストーリー。独特の世界観と緻密な描写をどうぞご堪能あれ。

          recommend

          ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC)
          ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC) (JUGEMレビュー »)
          オノ・ナツメ
          「ACCA13区監察課」のオノ・ナツメが送る、日常系ゆるやかストーリー。初老の作家と彼の息子、そして娘婿が織りなす、たのしい日曜日の過ごし方。

          recommend

          ACCA13区監察課 外伝 ポーラとミシェル (ビッグガンガンコミックス)
          ACCA13区監察課 外伝 ポーラとミシェル (ビッグガンガンコミックス) (JUGEMレビュー »)
          オノ・ナツメ
          ACCA本編からスピンオフした外伝。ポーラとミシェル、二人の幼馴染の心の交流を通じて穏やかなガールズラブを描く。

          recommend

          Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】
          Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】 (JUGEMレビュー »)
          ゲーム・ミュージック
          FF14を彩る珠玉のBGM、そのオーケストラコンサートの様子を収録の一本! あの思い出の曲が大迫力でよみがえる!

          recommend

          ファイナルファンタジーXIV コンプリートパック|ダウンロード版
          ファイナルファンタジーXIV コンプリートパック|ダウンロード版 (JUGEMレビュー »)

          これ一本でエオルゼアが全詰め! 全世界1000万ユーザーが遊ぶFF14へいざ君も旅立とう!

          links

          profile

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM