2008.01.08 Tuesday

映画「魍魎の匣」

0
    京極夏彦原作の映画「魍魎の匣」を見に行ってきました。
    実際に行ったのは1/2だったのですが、
    心情的にやっとこさ落ち付いたのでレビューを書くことができます。
    (映画公式サイトはこちらから)

    結論から言うと「ひどい出来」(爆)

    原作はシリーズ中最高傑作と言われるほどの秀逸なミステリーなのですが、
    そのせっかくの素材を

    .侫薀ぅ僖鵑脳任してしまい
    原型をとどめないほどブツ切りにした挙句
    とどめにケチャップをどっさりかけて台無し

    にしちゃったのが映画版の出来です。タハー。

    焦がしている段階でそもそも調理に失敗しているのですが
    ブツ切りにしたことでお話の展開がまったく理解できず
    とりあえず最後の仕上げで赤くてベトベトしているのは分かるとゆー。

    よくもまあここまでやったもんだと呆れかえっておりました。

    もちろん、映像として見るべき部分はないでもなく、
    たとえば中禅寺邸での掛け合いとか戦後東京の背景とか
    見るからに不気味な美馬坂医学研究所のセットとかは
    それなりに目を引いたのですが。

    面白いと感じた部分は役者がコントをしているようなシーンばかりで
    映画全体としては「で、結局どこが見所なの?」という感じ。

    ちなみに当日は母と従姉妹と一緒に見に行ったのですが、
    二人とも途中で寝てしまったそうです。トホホ。

    原作は極上のミステリーを味わえた上に、
    読み終わった後に自分の心の中に魍魎然とした何か得たいの知れない
    思いがわきあがるのを感じて、正直寝るために明かりを消すのが
    怖かったほどだったのですが、映画版はただの駄作であります。


    とりあえず原作ファンは見ないほうがいい映画、
    原作ファンでなければ見に行く必要はない映画でございました。
    1800円返せー。

    思うに脚本の段階で何か失敗しているのでしょうねェ。
    京極作品を二時間枠に収めようというのがそもそも難題なのでしょうが。
    頭が冷えた頃にもう一度原作を読み直して、どこが失敗しているのか
    ちょいと自分なりにチェックしてみようと考えています。


    2008.01.06 Sunday

    家計簿付け始めました

    0
      がんばる私の家計ダイアリー
      がんばる私の家計ダイアリー

      年も改まったことなので、これを機会に家計簿付けることにしました。

      恥ずかしながら東京へ就職してからの社会人生活では
      ずっとどんぶり勘定でやりくりしてたTicoでございます。

      病気になって退職・療養という生活になり、収入面でも
      以前より少なくなって出費を抑えなくてはならないのですが、
      まずはお金の管理が必要だなーと感じていた次第。

      とはいえ、家計簿帳にいちいち書いて計算して、というのは
      三日で飽きるのは目に見えております(苦笑)

      そこでニンテンドーDSの「がんばる私の家計ダイアリー」を
      買って付けてみることにしました。

      中身は本当にシンプルなのですが、タッチペンひとつで
      費用項目から金額までちょちょいと入力できるのがミソ。

      ともあれ、こういうのは付け続けなくては意味がありません。
      今日からレシート集めの日々が始まります(・◇・)ゞ
      2008.01.01 Tuesday

      謹賀新年

      0
        あけましておめでとうございます。

        今年も一年よろしくお願い致します。

        HappyNewYear!

        おめでた画像にキキルンのグリーティングカードだっ。

        いやー退職したり入院したりと色々と災難な旧年でした。

        2008年は「転機の年」にしたいものです。

        とりあえず今年の抱負は
        ヾ萃イ辰銅匆馼帰する。
        頑張って新作小説を書く。
        4萃イ辰LS遠征隊を盛り立てていく。
        ってところでしょうか。

        頑張ることだらけですが、まあまずはボチボチと〜。
        2007.12.31 Monday

        物語が降りてきた

        0
          昨夜、ヴァナディールでHQ指輪の銘が消えて、
          正直しょぼーんとしながら床についたTicoなのですが。

          今朝、ウレシイ出来事がありました。

          病気にかかってから、ずっと、表現したい物語が
          頭に浮かんでこなかったのですが、
          朝の夢うつつの中でお話の元がふわっと浮かんできました。

          内容は夢だけに設定めちゃくちゃでしたが(笑)、
          その中に出てきた少女だけはとても印象に残り、
          彼女をヒロインにして一作書きたくなりました。


          思い立ったが吉、慌てて起きだして手元のノートに
          ヒロインの設定や、主人公たちの設定、ストーリーラインを
          書き出していきました。

          お話のボリューム的に中編くらいになるのかなーと考えています。
          ひとまず千里の道も一歩から。
          年明けからボチボチと資料集めをしながら書いていこうと考えています。
          書きあがったら、東京にいた頃に懇意にしていたシナリオライターの
          先生に読んで添削してもらうかなー。

          ただ、締め切りを設けないといつまでもグズグズして
          終わりそうにないため(笑)、丁度、小学館ガガガ文庫の賞が
          2008年9月末日なので、それを目標に書き上げるかなと考えています。

          一日30分ずつでいいから書き進めていかないとなー。
          なにはともあれ、精神療養も兼ねて書いていこうと思います。
          2007.12.30 Sunday

          ぬかよろこび

          0
            かねてから作成をねらっていたクリムゾンリングを作ったところ、
            な、なんとHQの「平和の指輪」ができてしまいました!!



            ↑証拠写真。

            銘入りということもあって、一生モノの宝だーと喜んで、

            ここまではよかったのですが。

            ジュノ競売に出品履歴がないと聞き、
            喜びついでに自己出品自己落札で足跡ペタリ。

            満足満足と思っていたら。

            よく考えると競売通過すると銘消えるの忘れてた罠orz

            競売に足跡残すのと銘入れるのとトレードオフになってしまいました。
            うーん、ちょっと舞い上がりすぎましたね(苦笑)

            守護神ネータ様はちゃんとお見通しのようです。
            来年もネタ多き年になりそうな予感。
            2007.12.29 Saturday

            京都行ってきました

            0
              友人の案内で京都観光ツアーへ行ってきました。

              京都で観光といえば幼少の頃に伏見稲荷へ行った程度。
              あとは大学入試のついでに竜安寺へ行った思い出と、
              卒論書くために某大の図書館へ通い詰めた記憶しかありません。

              そんなわけで観光らしい観光は今回が初めて。
              わくわくしながら、ルートは友人におまかせで行ってきました。

              というわけで、本日のコースはこんな感じでした↓

              【高台寺】
              豊臣秀吉の奥方ねね様が眠るお寺。
              憧れの人をお参りすることができてちょっと感激。
              手を合わせて深々と拝んできました。

              【清水寺】
              「清水の舞台」で有名なあのお寺。
              実際に行ってみると高いというよりは、
              むしろそこからの見晴らしのよさに驚きました。
              ちなみに昨夜の雨もあって山並みがうっすらけぶっていたのが印象的。
              そうそう、今年の漢字「偽」も見てきました。
              デカデカと書かれた文字、やっぱり恥ずかしいですネ。
              来年は「信」の年であってほしいものです。

              【三十三間堂】
              見た瞬間に心の中で「作ったやつ出てこーい」と爆笑したお寺。
              1001体もの千手観音菩薩の軍団はものすごい迫力でした。
              ありがたいことはありがたいのでもちろん拝んできましたが、
              やはり思いついた人は尋常ではありません(苦笑)
              本日のクライマックステンプルでございました。

              【金閣寺】
              ピカピカのテカテカの金色でした。
              本当に金ピカだったので、ただもう唖然。
              やはり思いついた人は尋常では(ry
              ちなみに就職成就の祈願ロウソクがあったので、
              一本お供えしてお参りしてきました。

              ざっと半日がかりで廻ってきました。
              やはり町並みが落ち着いていていいですなー、京都。
              Ticoのおうちからは交通アクセスが少々遠いのが難点ですが、
              また機会があれば友人と京都巡りしたいなあと思った一日でした。
              2007.12.29 Saturday

              帰省

              0
                お正月を前に、名古屋へ出ている父と妹が帰省してきました。

                妹の方は、会うたびにどんどんすらりと綺麗になっていきますが、
                明るく素直な性格は変わらないまま。
                どうやら結婚を考えているらしく、お相手の彼氏を
                年明けにも父に紹介するつもりのようです。めでたや。

                一方の父。Ticoは正直会うのにとてもとても緊張しました。
                入院に際しての費用負担や、それに先立つゴタゴタで
                父には大変心配と迷惑をかけており、
                内心ではまたどやされるのではないかと冷や冷やものでした。

                ですが、入院時のお見舞い以来、ひさびさに会った父は、
                私の言葉を鷹揚にうなずきながら聞いてくれ、
                二三、社会復帰に向けてアドバイスをくれた以上は、
                特に責めるでもなくなじるでもなく、そっとしてくれました。

                内心でほっとした反面、
                すっかり頭髪の薄くなった父の頭を見ながら
                「ああ、本当に父も老いてしまったのだなあ」とつくづく実感。

                父の定年まで、あと一年ちょい。
                父が現役であるうちに定職を見つけて、安心させてあげたいものです。
                来年は頑張るぞー。だがまずは体力をつけねばッ。

                ------------------------------

                そんなTicoですが、マイクロソフトオフィスの検定を受けようかと
                考えており、現在、通信講座の資料を取り寄せ中です。
                Ticoが得意とするのは前にいた会社で使い倒したExcelとWordのテクですが
                独学と実地で学んだだけに、きちんと系統立てて整理されてないのですネ。
                この機会に、頭の訓練もかねて勉強しなおして、
                なんとかオフィス検定の資格を取得したいものです。
                うん、頑張る。
                2007.12.28 Friday

                再会

                0
                  昨夜、大学時代の友人と数年ぶりに会いました。
                  お互いに姿がちょっと変わっていてビックリ。
                  やはり数年という時間は大きいのですね。

                  再会は実り多いものでしたが、
                  当初、楽しく談笑する腹づもりでいたところ、
                  いろいろとヘヴィな話をする羽目になり、軽くグロッキーに(苦笑)
                  ある意味、能天気ムードに支配されていた私の心に、
                  よくもわるくも冷や水を浴びせるような再会でした。

                  年明けからは、社会復帰に向けて再就職活動。
                  浮かれる心をそろそろ引き締めて、新年を迎えたいと思います。
                  Calendar
                     1234
                  567891011
                  12131415161718
                  19202122232425
                  262728293031 
                  << July 2020 >>
                  Selected Entries
                  Categories
                  Archives
                  Recent Comment
                  • 鹵獲! 鹵獲!
                    Cattail (03/21)
                  • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
                    Tico (02/08)
                  • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
                    Lumina (02/08)
                  • 艦これ クリスマスシーズン!
                    Tico (01/11)
                  • 艦これ クリスマスシーズン!
                    Lumina (12/20)
                  • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
                    Tico (12/01)
                  • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
                    Lumina (12/01)
                  • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
                    Tico (10/26)
                  • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
                    Lumina (10/26)
                  • 艦これファンジンSS vol.4 「命短し恋せよ艦娘」
                    Tico (10/01)
                  Recent Trackback
                  Recommend
                  吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中
                  吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中 (JUGEMレビュー »)
                  吉田直樹
                  FF14の吉田PDの雑感コラム、最終巻! ゲームの裏側、仕事の作法、企画の考え方、そしてゲーム屋さんとしての生きざまなど、今回もうならせる内容です。
                  Recommend
                  吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中
                  吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中 (JUGEMレビュー »)
                  吉田直樹
                  FF14のPにしてDである吉田直樹氏が四方山話を語る連載コラム! 開発の裏側から仕事のやり方、ゲーム業界への意見など、その話題は実にワイド!
                  Recommend
                  吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか
                  吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか (JUGEMレビュー »)
                  吉田直樹
                  FF14を文字通り「建て直した」プロデューサー兼ディレクターである吉田直樹氏の連載コラム! FF14新生の裏側がこれ一冊でよくわかる?
                  Recommend
                  Recommend
                  Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】
                  Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】 (JUGEMレビュー »)
                  ゲーム・ミュージック
                  FF14を彩る珠玉のBGM、そのオーケストラコンサートの様子を収録の一本! あの思い出の曲が大迫力でよみがえる!
                  Recommend
                  ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC)
                  ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC) (JUGEMレビュー »)
                  オノ・ナツメ
                  「ACCA13区監察課」のオノ・ナツメが送る、日常系ゆるやかストーリー。初老の作家と彼の息子、そして娘婿が織りなす、たのしい日曜日の過ごし方。
                  Links
                  Profile
                  Search this site.
                  Others
                  Mobile
                  qrcode
                  Powered by
                  30days Album
                  無料ブログ作成サービス JUGEM