盾と矛のお話【前編】

0

    【敵艦撃沈!】

    EVE宇宙における盾と矛、すなわち防御と攻撃について語ろうと思います。
    まず前編として防御面のお話から。

    こちらは画面全体のスクリーンショット。


    飛んでいるのは就航したばかりのItsuka号であります。
    残敵を掃討して敵基地へ攻撃をかけるところですね。

    さて、画面下になにやら計器らしいものが見えると思います。
    これが自分の船の状態を示すメーターとなっております。

    拡大するとこちら。


    左にあるアイコン群はカーゴを開けたり
    オートパイロットを起動したりするショートカットボタンです。

    右にあるのが各種兵器や装備を起動するためのスイッチ。
    ちなみに黄色い丸がレーザー、その横がミサイルです。

    さて真ん中の丸い部分にご注目。
    まず下にある青い扇状の部分が速度計です。
    巡洋艦なら秒速400mは出せます。

    次にオレンジの部分が電力計(エネルギーバッテリー)です。
    すべての武装は概ね起動していると電力を消費します。
    当然すっからかんになると満足な行動ができなくなります。
    バッテリーへは常に電力が供給されており、船を艤装する際には
    どれだけの装備を常時動かせるか、また全部起動した場合には
    何分戦えるのかが重要なカギとなってきます。

    その上にある三重の白い扇状の部分が船のHPを示すメーターです。
    外側から順に 
    ・シールド(バリア)
    ・アーマー(装甲)
    ・船体
    となっております。

    敵から受けたダメージは最初シールドで受け止め、
    シールドが破られると次にアーマーで防ぎます。
    それでも吸収できないダメージが貯まると被害は船体におよび、
    船体のHPがゼロになるとあえなく撃沈となります。

    この写真ではシールドが半分以上ダメージを受けている状態ですね。
    危ないの?と思われそうですが、この状態がピンチかどうかは船によります。

    というのも、同じダメージを防ぐ場合でも、
    シールド防御に適した船と、アーマー防御に適した船があるからです。


    ちなみにシールド防御とアーマー防御はそれぞれ次の特徴があります。

    ▼シールド防御
    ・自然回復します。ダメージを受けても少しずつですがふさがっていきます。
    ・シールド回復を促す装備は電力消費が多く、常時起動が難しくなっています。
    ・シールドがボロボロでもステーションに入れば全快するので修理の必要がありません。
    ・爆発属性の攻撃に強く、エネルギー属性の攻撃に弱い仕様です。

    ▼アーマー防御
    ・自然回復はしません。修復装置を積んで治すか、ステーションで修理が必要です。
    ・アーマー修理や強化を行う装備は電力消費が少なめです。そのため常時起動が容易になっています。
    ・エネルギー属性の攻撃には強く、爆発属性の攻撃に弱い仕様です。

    どっちが優れているかは一長一短で決めようがありません。
    船によって、どっち向きの防御スタイルかがあるだけです。
    両方の防御を手厚くすることもできますが、そうすると電力が不足し、
    攻撃に回すエネルギーがなかったり、戦闘可能時間が短くなります。

    ちなみにAmarrの船はアーマーで敵の攻撃を防ぐタイプなので、
    シールドはお飾り程度です。アーマーに被害が及んでから
    どれだけ自己修復が追いつくかが生き残れるかの鍵になります。

    電力と回復能力を天秤にかけながら、長期戦に耐えられる装備にするか、
    それとも短期決戦で離脱と再突入を繰り返す船にするか、このあたりは
    それぞれのパイロットの考え次第でしょう。

    ちなみにTicoは全装備をフル稼働させても電力切れを起こさない
    設計にしています。これならエネルギーの心配をしなくても
    全力戦闘ができ、被害状況だけ見て離脱か継続かの判断ができます。

    さて、後編の記事は「矛の話」として、戦闘艦の攻撃手段のあれこれを
    ご解説したいと思います。これもまた色々とあって使いこなすのが
    楽しいのです。

    ディグダグ

    0

      【ORE社製Retriever級採掘専用船"Lumina"号】

      前からスキルを鍛えていた採掘専用船が就航しました。
      夜疲れてミッションしたくない時やテレビ見ながらだらだらしたい時にと
      買ってみた代物です。お値段は巡洋艦2.5隻分。

      さっそくアステロイドベルトへ行って採掘開始。



      採掘ビームが実に力強いです。
      それまでちまちまと30分以上かけて掘ってた量を
      数分でまたたくまに産出してしまいました。

      ためしに一時間かけて採掘して鉱石を売り払ったところ、
      ざっと1M近い稼ぎに。なかなかの戦果にびっくりであります。
      短時間で掘れるので朝の出かける前にちょろっと掘るのもよさそう。
      さあ戦艦目指してレッツお金稼ぎであります。

      四大国家

      0
        今回はEVE宇宙で覇を競う四大星間国家をご紹介いたします。

        簡単に説明すると次の通り。

        ・Amarr帝国
        EVE宇宙の四割を支配する最大規模の君主国家。
        宗教が強い影響を持っており、過去には聖戦の下に
        多くの国家を征服してきた。被征服民はいまだに
        奴隷階級にあるなど徹底した階級社会である。

        ・Caldari連合
        巨大企業の集合体からなる星間国家。
        個々の企業は独立して活動しているが、
        国家としての秩序は厳しく統制されている。
        経済力宇宙一。

        ・Gallente連邦
        民主主義を奉じるリベラル国家。
        個人の人権と自由を尊重し、市場経済を極めている。
        宇宙有数の富豪がいる一方で多くの貧困層を抱える。
        エンターテイメントが盛んな国でもある。

        ・Minmatar共和国
        独立独歩の精神を重んじる民族。
        現在は国家として体をなしているが、内輪もめの
        あおりで過去に他国家に服属させられた苦い経験を持つ。
        国家よりも所属するクランを尊重する傾向にある。

        国家を選ぶことで何が違うかというと、
        キャラクターの見た目が異なってきます。
        それ以外のプレイする部分ではそんなに違いはありませんし、
        制約もありません。活動するステージが出身国と違っても
        かまいませんし、スキルさえ鍛えれば他の国の船にも乗れます。

        ただ、国家同士はそれぞれ敵対・同盟の関係にあり、
        ある国の名声を上げると敵対国の名声が下がることになります。
        あまり名声が下がって一定以上のマイナスになると、その国の
        支配エリアに足を踏み入れた時点で攻撃されるので注意です。

        さて、次は各国ごとの艦船の特徴についてふれてみましょう。
        長くなるので折り返し〜。

        艦船比較図

        0
          EVE宇宙を飛び交う宇宙船ですが、さてどのくらいの大きさなのか、
          スクリーンショットではいまいちピンと来ないかもしれません。
          各国艦船比較図はあるのですが、ひとまずTicoが乗ったことのある、
          または目標にしているAmarr帝国の船でまとめてみました。



          一番上のどでかいのが次の目標にしているApocalypse級戦艦です。
          その下に左から並んでいるのが、すでに掲載したProphecy級重巡洋艦、
          Omen級巡洋艦、Coercer級駆逐艦でございます。

          右にある芋虫みたいなのはまた後日ご紹介する予定のSigil級輸送艦、
          芥子粒みたいに小さいのがPunisher級フリゲート艦です。

          こうしてみるといかに戦艦がすばぬけて大きいか、よくわかりますね。
          ちなみにフリゲートが全長65メートル、戦艦は1570メートルです。

          かの宇宙戦艦ヤマトが全長263メートル、
          EVEの戦艦なら体当たりで蹴散らせそうですね。
          無限航路的には「少し、揺れたか」な感じ。おそるべし。

          ところでこれだけの大きい船、当然、乗組員もたくさんいると思うのですが
          船が破壊されて出てくる脱出ポッドは艦長のひとつだけであります。
          都合上、他の乗組員は表示されないのか、ワンマンコントロールなのか、
          はたまた見殺しなのか……ガクガクブルブル。

          重巡洋艦デビュー

          0

            【Amarr帝国Prophecy級重巡洋艦 "Itsuka"号】

            先日来コツコツとミッションとサルベージをこなして
            お金を貯めてきましたが、本日めでたく重巡洋艦が進宙しました。

            これまでの巡洋艦から大幅にパワーアップ。
            具体的に簡単ながら数字を挙げるとこんな感じ。

            船のHP:
            巡洋艦 5981 ⇒ 重巡洋艦 20712

            武装:
            中口径ビームレーザー4門  ⇒ 同武装6門
            標準型ミサイル台1基    ⇒ 大型ミサイル台1基
            小型ドローン(艦載機)3機 ⇒ 同5機

            耐久力で3倍強、火力で1.5倍強となっております。
            あと射撃の精度を上げる電子装備をつけたり、
            ダメージカットを増やす特殊装甲をつけたり、
            特にサバイバビリティの面で大きく強化しています。
            選んだ艦種も防御型の船ですしね。



            選んだ理由はデザインが気に入ったからでもあります。
            上から見ると猛禽が羽を広げたような実に雄雄しいデザイン。
            Amarr帝国の船は曲線を使った美しいシルエットが特徴です。
            ただまあ、難点もあって……



            横から見るとなんともふとましい「ひよこ」という感じで。
            旋回するときに「えっこらせ」と言いながら機動してそうです。

            当面は一回沈んでも大丈夫なように安全なミッションで試験運用しつつ、
            お金を貯める傍らでスキル習得の充実を図る予定です。

            次の目標になる戦艦はざっと150Mの資金が必要。
            今回の重巡の3倍以上の価格になります。うーむ。

            渡る宇宙は金次第

            0

              【Amarr帝国Coercer級駆逐艦 "Cattail"号】

              初期のいわゆる「10連ミッション」をこなしてできたお金で
              すぐに購入した船です。レベル1ミッションでは対フリゲート戦で
              バリバリ活躍しました。

              第一線を退いた今では戦闘後のサルベージ用として重宝してます。
              サルベージするとしないとでは断然収入が違うのです、ハイ。

              ------------------------------------------------------------

              さて、今回はEVE宇宙での金策についてお話したいと思います。
              まあTicoも始めたばかりなので、「応用」以降は聞きかじりなんですが。


              【基本】

              ・ミッションをこなす

              基本中の基本です。あちこちのステーションには、
              色々な組織のエージェントがいて、様々なミッションを依頼してきます。
              内容は安全な輸送から危険な戦闘までなんやかんや。

              ミッションの目的をこなすと、報酬としてお金がもらえます。
              引き受けてから一定時間以内に達成するとボーナスが出ます。
              ちなみにエージェントがどの組織にいるかでミッションの傾向が
              偏ってくるそうです。

              TicoはいまAmarr帝国のImperialNavy(帝国海軍)でもっぱら
              ミッションを受けているので戦闘任務がバリバリ下されます。


              ・採掘をする

              船に採掘用装備をのっけて、小惑星帯で鉱石を掘ります。
              掘った鉱石はそのまま売ってもよし、スキルに自信があれば
              精製してから売るのもよし。
              ちなみに買うのも同じゲーム内のプレイヤーです。
              (市場に買い注文が出ているので持ち帰ったその場ですぐ売れます)

              十分な治安が確保されている場所なら、ほぼ安全なので、
              半ば放置している状態でも大丈夫なのがミソ。
              片手間に本読んだりTV見たりチャットしたり。

              ただ一定レベル以下の治安レベルだとNPC海賊が湧いてくるので
              それなりの対抗手段は用意しておく必要があります。


              ・サルベージでパーツを拾う

              ミッション戦闘後には敵の残骸(Wreck)がぷかぷか浮いています。
              これらを専用のサルベージ装備ですくってあげれば、色々と部品が
              取れることがあります。この部品はこれまた船のパーツの材料になるので
              売れ筋品が他のプレイヤーに高値で取引されます。

              このサルベージ、時としてミッション報酬の数倍の稼ぎが出ることがあり
              手間はそこそこかかりますが、収入が段違いになる重要な金策です。


              以上が基本的な金策ですが、EVE宇宙のマーケットは
              経済学者も関わって設計したという優れもので、
              他のプレイヤー相手にいろいろと商売することが可能です。


              というわけでここから先はある程度元手ができてからのオハナシ。

              【応用】

              ・交易

              EVE宇宙には6000もの星系があり、地域に応じて価格のムラが当然あります。
              そこをうまく見つければ安く仕入れて高く売ることで利ざやが稼げます。
              もちろん何が儲かるかは誰も教えてくれません。自分で探しましょう。


              ・生産

              設計図と素材とスキルさえあれば、船はもちろん各種部品まで
              あらゆるものを作ることができます。売れ筋の人気商品を数さばくもよし、
              付加価値の高い製品を作って利ざやを稼ぐもよし。


              ・投資

              EVE宇宙の市場はプレイヤー間取引なので、常に価格は変動しています。
              概ね常識的な線で落ち着いていますが、

              たとえば辺境星域で活動していた採掘カンパニーが
              シマ争いで縄張りを追い出されたりすると、
              当然いままで産出していた鉱石の供給が不足することになります。
              (これ全部プレイヤー間の動きで決定します)

              となると、それを使った船が値上がりすることが予想されるわけで、
              前もって値段の上がりそうな船をまとめて買っておくと、
              後で転がしてウハウハというわけです。

              ここまで来るとプレイヤー間の噂まで仕入れる必要がありますが
              市場の製品ごとに価格のグラフ表示機能なんてありますので、
              「なんか上がりそうだなー」と思ったら買っちゃうのも手です。
              株と同じで下がることもありますが。


              【その他】

              プレイヤーの中には銀行を経営している人もいるそうです。
              預金を集めて運用して利回りを配当するんですね。
              もちろん莫大なお金と信用が必要です。

              あと、言っちゃなんですが「詐欺」も認められています。
              EVEの運営会社はRMTやBOTには厳しいのですが、
              それ以外のプレイヤー間取引はすべて自己責任であり、
              楽しんでもらうためのスパイスであると考えているので
              詐欺はひっかかった方が悪いのです。ちょーん。

              もちろんだまされた側は報復としてそのプレイヤーを
              宇宙で撃沈させることができます。人をだませば穴二つ。


              とまあ、こんなところです。
              普通の金策は「基本」を押さえていれば問題ありませんが、
              「応用」まで行くと経済戦争に首をつっこむことになりますので、
              レーザーの代わりに札束を撃ち合う静かなPvPへようこそでございます。

              スキル上げがセットすれば時間経過で上がるEVEにとっては、
              金策こそが成長の重要な要素であり楽しみでもあります。
              Ticoもミッションこなしながら時々財布を覗いてにんまりしています。

              憧れのあの船この船

              0

                【主砲斉射!】

                さてEVE航海日誌の今回は簡単に艦種の紹介をしてみようと思います。
                全部挙げるとなかなか大変なので、主に乗り回す戦闘艦関係から。


                ・フリゲート(FF、Frigates)

                軽量小型高機動の小型船の一群。
                ルーキーシップを卒業したらまずはこの辺りから慣らしていきます。
                ひとえにフリゲートといっても、輸送用や探検用、採掘用をはじめとして、
                戦闘用でも機動性重視と武装重視とに分かれています。


                ・駆逐艦(DD、Destroyer)

                対フリゲートに特化した砲艦。
                機動力のある敵を捕捉しやすい小型砲を針ネズミのように搭載しています。
                フリゲートが多数出る低レベルミッションでは阿修羅のような強さ。
                でも巡洋艦が出てくるとタフさと射程の関係でなかなか厳しかったり。


                ・巡洋艦(CC、Cruisers)

                この艦種に乗れるようになるとそろそろゲームに慣れてきた頃。
                四大国家ごとの特色が出てくるクラスであり、同時に
                レーザーやミサイルやドローンといった各種兵装が使えるようになります。
                いまTicoが乗っている船がこのクラス。


                ・重巡洋艦(BC、Battlecruiser)

                巡洋艦からワンランクアップした戦闘艦。
                火力も防御力も順当に伸び、より激しい戦闘に耐えられるようになります。
                次の目標にしている船ですが、なかなか目標金額に届きません。
                重巡1隻で巡洋艦が4-5隻は買えちゃうお値段です。


                ・戦艦(BS、Battleship)

                高い攻撃力と防御力を誇る戦闘艦の花形。
                その代わり動きは鈍重でちゃんと小型艦対策しないと
                フリゲートの群れにてこずることもあったりします。
                四大国家ごとに特徴がよく出ていて、Amarr帝国の場合は
                大出力レーザー砲を山盛り装備するのがロマンだったりします。


                簡単に述べるとこんな感じですが、実はまだまだ他にも種類はありまして、
                上記に挙げた戦闘艦でも更に上のクラスに
                ・弩級戦艦(DN、Dreadnought)
                ・大型航空母艦(Carrier)
                ・超弩級戦艦あるいは機動要塞(Titan)
                などがあります。さらにこれらはまだ基本レベルの船でして、
                よりハイテクな船だと、たとえば同じ重巡洋艦であっても
                戦闘特化型や指揮特化型というふうに派生したりします。
                また戦闘艦以外にも輸送艦・採掘専用艦・小型シャトルなどなどあります。

                Ticoの目標はもちろん自家用戦艦なのですが、そのステップとして、
                ・ミッション戦闘用の重巡洋艦
                ・平日夜のお金稼ぎ用の採掘専用艦
                この二つを現在目標にしています。
                乗れるようになったら、またご紹介していきますね。

                星の海へ、いざ出航!

                0

                  【Amarr帝国Omen級巡洋艦 "Maroeur"号】

                  お正月でちらりと触れたEVEonlineのご紹介をしたいと思います。

                  宇宙を舞台にしたMMORPGで、自家用宇宙船を乗り回して
                  星の海をブイブイ言わせたりヒィヒィ泣かされたりするゲームです。

                  サービス提供しているのはアイスランドにあるCCP社。
                  ピークタイム時の接続数は5万人前後ですが、これをなんと
                  ひとつのサーバーで処理しています。なんともすごい性能。

                  ここがすごい、EVEの魅力!

                  軽いスペックでも美麗グラフィックで展開されるゲーム。

                  上に貼り付けた宇宙船の写真は実際のゲーム画面をキャプチャーした
                  ものです。拡大すると装備されている砲塔までちゃんと見えるのがミソ。
                  数年前にリリースされたゲームなので、比較的軽スペックのマシンでも
                  ストレスなく遊べるのが特徴です。もちろんハイエンドユーザー向けに
                  高クオリティ版も用意されており、ムービーさながらの迫力ある映像が
                  リアルタイムで表示されます。


                  ・豊富で魅力にあふれた宇宙船の数々。

                  総計160種類の宇宙船があり、戦闘艦から輸送艦、機動要塞まで様々。
                  四つの国家がありますが、それぞれにデザインが異なっており、
                  実にバリエーションに富んでいます。もちろん見た目が違うだけでなく、
                  性能自体もあれこれと考えられていて、組み合わせ自由自在に
                  自分だけの宇宙船を組み立てることができます。


                  ・広大な宇宙空間と5万人のプレイヤーを収容するサーバー環境。

                  広がっている星の数がとにかく膨大で、治安のいい宙域から
                  世紀末状態の無法星系までまさに広大な宇宙が広がっています。
                  そのワールドに登録プレイヤーがすっぽりと収まっているのが特徴。
                  なんとひとつのサーバーで処理をしているので、商取引も
                  ゲームに参加している全プレイヤーが相手になります。


                  ・のんびり遊べる成長システム

                  通常、こういうMMOは成長にアクティブな時間を割かないとだめですが、
                  EVEonlineの場合はスキルをセットしておくと所定のリアル時間経過で
                  習得するという方法を取っています。
                  忙しくて時間がとれない時でも10分だけ入ってスキルをぽちぽちと
                  設定してあげれば勝手にキャラが育っていくという便利な仕組み。
                  時間のとれない社会人には実に優しい仕様です。
                  一方でスキルは数多く存在し、全部マックスにするにはウン十年かかる
                  というバランス取りになっており、ひとりとして同じキャラはありません。

                  つらつらと述べましたが、更に詳しい紹介記事は
                  宇宙戦艦オンディィヌ」さんのブログにあるのでぜひご覧下さい。
                  (いまは更新止まっていて一部画面がちと古いのがアレですが)

                  ぜひともオススメしたいところなのですが、まあとっつきにくい点も……

                  ・オール英語

                  毎年日本語版の噂が出ては消えているそうで、とりあえず遊ぶには
                  英語がわからないといけません。まあそんなに難しいことは書いてませんが
                  最初は辞書が必要だったり、有志によるwikiを読み込んだりと
                  ひととおり慣れるまで少々時間がかかります。


                  ・なんだかんだでハードSFで宇宙船萌え

                  とてもとてもきっちりした宇宙モノSF世界なので、
                  そういうのが好きな人でないとやはりとっつきにくい部分があります。
                  逆にスペオペが大好きな人やシミュレーション大好きな人には
                  たまらない魅力に満ち溢れているのですが。


                  とまあ、色々書きましたが、FFの片手間に遊んでいく所存であります。
                  ちなみに始めて10日ほどで巡洋艦に乗れるようになりました。

                  写真の船は愛用している「Maroeur掘廖
                  名前のせいかよく海賊に絡まれたりミッションで包囲攻撃されたり。
                  ちなみに靴箸△襪里浪甬2回沈んでいるからです……。

                  撃沈されても大丈夫。金策手段は色々あるし、船に保険もかけられます。
                  お金関係は色々書けるのでまたおいおいと記事にしていきます。

                  当面の目標は自家用戦艦(BattleShip)!
                  艦種の記事もこれまた次回以降に。


                  calendar

                  S M T W T F S
                        1
                  2345678
                  9101112131415
                  16171819202122
                  23242526272829
                  3031     
                  << December 2018 >>

                  @ticoruzel on Twitter

                  selected entries

                  categories

                  archives

                  recent comment

                  • 鹵獲! 鹵獲!
                    Cattail
                  • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
                    Tico
                  • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
                    Lumina
                  • 艦これ クリスマスシーズン!
                    Tico
                  • 艦これ クリスマスシーズン!
                    Lumina
                  • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
                    Tico
                  • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
                    Lumina
                  • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
                    Tico
                  • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
                    Lumina
                  • 艦これファンジンSS vol.4 「命短し恋せよ艦娘」
                    Tico

                  recent trackback

                  recommend

                  吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中
                  吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中 (JUGEMレビュー »)
                  吉田直樹
                  FF14のPにしてDである吉田直樹氏が四方山話を語る連載コラム! 開発の裏側から仕事のやり方、ゲーム業界への意見など、その話題は実にワイド!

                  recommend

                  吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか
                  吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか (JUGEMレビュー »)
                  吉田直樹
                  FF14を文字通り「建て直した」プロデューサー兼ディレクターである吉田直樹氏の連載コラム! FF14新生の裏側がこれ一冊でよくわかる?

                  recommend

                  ハクメイとミコチ 1巻 (HARTA COMIX)
                  ハクメイとミコチ 1巻 (HARTA COMIX) (JUGEMレビュー »)
                  樫木 祐人
                  不思議な小人たちの織りなす不思議な生活ストーリー。独特の世界観と緻密な描写をどうぞご堪能あれ。

                  recommend

                  ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC)
                  ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC) (JUGEMレビュー »)
                  オノ・ナツメ
                  「ACCA13区監察課」のオノ・ナツメが送る、日常系ゆるやかストーリー。初老の作家と彼の息子、そして娘婿が織りなす、たのしい日曜日の過ごし方。

                  recommend

                  ACCA13区監察課 外伝 ポーラとミシェル (ビッグガンガンコミックス)
                  ACCA13区監察課 外伝 ポーラとミシェル (ビッグガンガンコミックス) (JUGEMレビュー »)
                  オノ・ナツメ
                  ACCA本編からスピンオフした外伝。ポーラとミシェル、二人の幼馴染の心の交流を通じて穏やかなガールズラブを描く。

                  recommend

                  Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】
                  Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】 (JUGEMレビュー »)
                  ゲーム・ミュージック
                  FF14を彩る珠玉のBGM、そのオーケストラコンサートの様子を収録の一本! あの思い出の曲が大迫力でよみがえる!

                  recommend

                  ファイナルファンタジーXIV コンプリートパック|ダウンロード版
                  ファイナルファンタジーXIV コンプリートパック|ダウンロード版 (JUGEMレビュー »)

                  これ一本でエオルゼアが全詰め! 全世界1000万ユーザーが遊ぶFF14へいざ君も旅立とう!

                  links

                  profile

                  search this site.

                  others

                  mobile

                  qrcode

                  powered

                  無料ブログ作成サービス JUGEM