ベヨネッタ

0
    BAYONETTA(ベヨネッタ) 特典 スペシャルサウンドトラック「RODIN¥'S SELECTION」付き
    BAYONETTA(ベヨネッタ) 特典 スペシャルサウンドトラック「RODIN¥'S SELECTION」付き
    セガ

    プラチナゲームス期待の新作アクションゲーム、
    「ベヨネッタ」が発売されました。

    ディレクターは「デビルメイクライ」「大神」「ゴッドハンド」を
    手がけた神谷英樹氏。“究極のアクションゲーム”を目指して、
    実に三年もの期間を費やして開発されました。

    まず魅力的なのがスーパーモデル体型の黒髪眼鏡美女ベヨネッタでしょう。
    四丁拳銃を装備して群がる天使をバンバン倒していく姿は実にセクシー。

    ユニークな拷問技で大ダメージを与えるトーチャーアタックで
    雑魚を蹴散らし、デカブツのボス相手にはクライマックスアクションで
    大魔獣を召喚して仕留めるのがまさに快感でございます。

    ただ、意図したとおり、「半年は遊べるアクションゲーム」かと
    言われると疑問符が多くついてしまう出来になっています。

    まずボリュームの少なさ。やりこみを前提としているのでしょうが、
    それでも初回で総プレイ時間6時間半というのは食い足りない印象です。

    それでも何度も繰り返し遊べる出来であればいいのですが、
    ここに問題点があります。何週も遊ぼうという気にならないのです。

    理由は単純で「ネタが一発芸で二度目を見る気にならないから」。

    面白いんですよ? 
    面白いんですが、瞬間風速で終わってしまって、
    「もう一度あのシーンを」とか「もう一度このバトルを」とか
    思いたくならないのです。

    何週もしたくない理由は以下の三つが挙げられます。


    1、バトルが一回こっきりしか楽しめない。

    ぶっちゃけ楽しいのは雑魚戦です。トーチャーアタックを駆使して
    あるいは華麗にコンボを決めてなぎ倒すのが実に快感なのです。
    ただ、惜しいかな。この雑魚戦で数を相手にする場面があまりありません。

    ではボス戦はどうか。これは初見では攻略を考えたりと楽しめます。
    しかし手順が一回分かればクライマックスアクションを起こすための
    フラグ立て作業のような戦闘になってしまい、工夫の余地がないのです。

    結局、一週目が楽しめても二週目でアレレ?となってしまいます。


    2、爽快なアクションを阻害する要素が含まれている

    このゲーム、基本はベヨネッタがきったはったドンパチで敵を倒すのが
    主軸のはずです。なのに、それに専念できない要素があります。

    たとえば、ムービーの途中でボタン操作を要求するカット。
    タイミングがあわなかったりしたら即ゲームオーバーです。
    これが唐突に出たり受付時間がシビアだったりと難点だらけです。

    また、(少々ネタバレになりますが)、
    チャプターひとつまるまる使ってレースゲームやシューティングを
    やらされる場面もあり、求めているゲームと違うプレイを強いられます。

    初回は物珍しさもあってこれらの要素も楽しめるのですが、
    二週目以降となると単に本来のゲームの魅力を削ぐものでしかありません。


    3、ストーリー展開に魅力がない

    ある意味で致命的な失敗と言えます。
    お話の展開は面白いといえないこともありません。
    しかしそれは演出で見せているだけのことで、本筋となるストーリーは
    シナリオ担当が不在だったのかと思うほどお粗末な出来です。
    ボス、わけてもラスボスという最後の障害は「倒す動機」が必要です。
    ただなんとなくシステム上必要で置かれたラスボスは倒したところで
    作業達成感はあっても物語上の感動を与えません。


    以上のような問題点から結局二週目以降を支えるモチベーションは
    トロフィー獲得か難易度挑戦といったくらいでいずれも弱いものです。

    あと、これはPS3版固有の問題点ですが、
    恐ろしいほどロード時間が長いです。これは非難に値していいでしょう。
    チャプター間が長いのは許容範囲として、新規アイテムを取るたびに、
    あるいはポーズ画面を開くたびに、いちいちロードするのはストレスです。
    HDDインストール対応にできなかったのかと、これは弁護の余地なし。

    まあ、色々言って辛口の評価になってしまいましたが、総評では
    「面白いんだけど佳作どまりで、究極とは程遠いし、
     ましてや最先端でもないところが致命的」といったところでしょうか。

    先に遊んだ『アンチャーテッド』と比べると、グラフィックの質や
    アクションの面白さ、システムの目新しさで随分遅れをとっているように
    思います。結局、デビルメイクライとゴッドオブウォーのハイブリッドで
    しかなく、そこから突き抜けた何かを見出すことができませんでした。

    ベスト版で3500円くらいなら文句なしにオススメなんですが。
    期待が大きかっただけに色々と残念な出来であったと言えます。

    まいにちいっしょ最終回

    0
      とかくソフトがないと嘆きがちなPS3ユーザーにとって
      キラーコンテンツともいえるサービスだった
      まいにちいっしょ」が本日で最終回となりました。

      まあサポートが終わるだけでソフト自体が消えるわけではなく、
      毎日配信のトロステーションがおしまいということらしいのですが。

      足掛け三年にわたって、土日祝日も関係なく毎日毎日、
      小ネタを配信し続けたスタッフの皆さんの努力には
      心から感謝の次第です。ありがとう。

      ちなみに完全になくなってしまうわけでもなく、
      11/11から「週刊トロステーション」としてリニューアルオープンの予定。
      毎日配信が週ごと配信になってしまうのを惜しむ声もありますが、
      最近はネタ探しにも苦労している様子が伺われたので、
      ここで仕切りなおしというのも良い選択なのかもしれません。

      トロ、クロ、いままでありがとう。
      そして新しいステージでもがんばってね。

      アルトネリコ3 PV

      0
        新年期待の新作RPG「アルトネリコ3」のPVが来ました。



        歌が売りだけに毎度音楽は神がかっておりまして、
        特に1:15あたりからの流れは鳥肌もので楽しみでございます。

        しかし事前情報を聞いていると色々とスレスレらしいのですが
        CEROとかソニーチェックとか大丈夫なのか……

        「アンチャーテッド」クリア

        0
          やめ時がわからずついついはまり込んでしまい、
          今夜になって「アンチャーテッド」クリアしてしまいました。

          いやはや! 現在発売中のソフトでは三本の指に入る
          珠玉の一品であると挙げてもよいでしょう。

          よく考えられたアクションシーンのテンポのよさ、
          快適な操作性、ストレスを感じない読み込み速度、
          まさにシネマティックな演出の数々。
          後だしジャンケンとはいえ、ある意味MGS4を超えています。

          また特筆すべきなのが、精緻に描かれたグラフィック。
          それと、日本語ローカライズのむやみに気合の入った吹き替え。
          主人公が半泣きの声で「お前らかかってこーい」というのは
          ヘタレかっこよさ全開でなかなか萌えます。

          トロフィーも多数あり、難易度も幅広くあるので
          やりこみ要素も多く、オンラインモードもあり、
          定価で買っても損はしない作品と言えます。

          惜しむらくはパッケージと宣伝に魅力を欠いている点でしょうか。
          どうも口コミでじわっと売れるタイプの作品になりそうですが、
          これだけ気合の入った作品をファーストで出せるのですから
          もっと宣伝してもいいと思うのですが……

          さて、興奮もさめやらぬまま、第一作をこれからプレイです。
          どんな冒険が待ち受けているのかワクワクドキドキです。

          アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団

          0
            アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団
            アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団
            ソニー・コンピュータエンタテインメント

            ベヨネッタ発売まで何か良いゲームないかしらーと
            散財も構わずショップをうろついていたTicoが目にしたのが、
            新作発売されておりました二作目となるアクションアドベンチャー、
            「アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団」でございます。

            一作目の頃から「良い出来」とは聞いていたものの、
            アクションに関してはからっきしの腕前のTicoは食わず嫌いしてたのですが
            いや、さわってみて「もっと早く買ってれば!」と驚嘆の出来。

            主人公は考古学的お宝を捜し求めるトレジャーハンター。
            いわばインディジョーンズやナショナルトレジャーな作品ですが、
            全体のノリは良い意味でB級映画のノリにあふれております。

            画像が綺麗でリアルなのは現行機では当たり前ですが、
            地形に関して「つかむ」「よじのぼる」「ぶらさがる」などの行為が
            ごく自然に行えます。かなり設計して作りこんでいるなあと感心で、
            一見「ここからどうすればいいの?」という場面でもよく注意して見たり
            トライしてみることで新たなルートが開けたりして挑戦しがいがあります。

            さてお宝探しだと当然のように悪者が出てきて銃撃戦とかあるのですが、
            本作品ではユニークなHPシステムをとっています。
            数値やバーという形でHPは表示されず、銃に撃たれると赤いエフェクトが
            画面に走り、瀕死状態になると画面が白黒になります。
            面白いのがここからで、物陰に隠れて休んだりしていれば、
            このダメージ状態から自然回復するのです。

            多少アクションが苦手でも、身を隠す場所を見つけて
            そこから反撃すれば敵を撃退できるというわけで、単純ながらも
            映画チックな本作には実にピッタリなシステムでございます。

            まだまだTicoは中盤なのですが、これからクライマックスに向けて
            どんな展開やシーンが待ち受けているのかドキドキワクワクでございます。
            ワクワクのあまり一作目の「エルドラドの秘宝」まで買ってしまったのは
            無駄遣いのご愛嬌というところで。

            ちなみにこの作品を開発したところは、
            かの名作「クラッシュバンディグー」を作ったNAUGHTYDOG。
            アクションゲームでどういうさじ加減にすればプレイヤーが
            心地いいと感じるか熟知しているわけで、なるほど、
            まさに納得の出来といえましょう。

            「PS3を買ったらコレも買え!」な一品に加えたいですね。

            「デモンズソウル」クリア

            0
              購入してから一度「心が折れて」しまって積みゲーとなっていた
              「デモンズソウル」、ようやくクリアしました。

              昨今のフレンドリーなゲームとは違って
              とにかく歯ごたえやりごたえバリバリな作品でございました。
              そのバリバリ加減に一度挫折していたのですが……
              キャラを作り直して再度心機一転トライし直してのクリア。

              かの「キングスフィールド」を作ったフロムソフトウェアだけに
              とにかく死にまくりです。敵の配置も待ち伏せや不意打ちは日常茶飯事。
              うっかり前にでれば袋だたきなんぞは当たり前。
              曲がり角があったら敵がいると思え。
              アイテムがあったら罠があると思え。
              常に緊張していないとあっという間にやられてしまいます。

              とにかく用心して、でも時には果敢に斬りこんで、
              倒れても倒れても挑戦し、ようやく難関をクリアできた時の達成感!
              このゲームで「レベルが上がる」とはまさにプレイヤーの腕前が
              上がることと同義なのであります。数値的なものは手助けにすぎません。

              まあアクションが苦手なTicoは神殿騎士の生まれで始めたのに、
              便利だからと魔道に手を染め、輝く鎧を重いからと言って脱ぎ、
              黒い革鎧を身にまとった魔道剣士スタイルで進めました。
              なにやらジェダイが暗黒面に落ちるみたいですね。フヒヒ。

              手強いボスは卑怯な手段で倒し、
              (弓矢でチクチク遠距離攻撃したり、魔法で身を守ってボコッたり)
              ようやく最後まで行ったのですが……

              ラスボスが「そなたの腕前を見せてもらおう」と言わんばかりの
              超王道的な強さで、魔法を使っても防ぎきれず、ハメ技もできず、
              こればかりは本気になって必死に転がり回避しながら
              敵の攻撃の合間にしぶとくこちらの斬撃を当てて……
              なんとか、初回の挑戦で倒すことができました。
              ヒートアップしすぎて頭から煙吹きそうでしたよ。

              フロム作品らしく、エンディングは割とあっさりしつつも
              後味の悪い素敵な出来に仕上がっていて、さて二週目でございます。
              でも難易度が上がっているそうで、いつ再開するか、
              また悩みどころであります。ふむーん。

              クリア de ヴェスペリア

              0
                先日買った「テイルズオブヴェスペリア」、
                なんとか連休中にクリアすることができました。
                いやはーごちそうさまでした。

                まず秀作と言って良い手堅い出来で満足でございます。
                テイルズシリーズならではのアクション+技繰り出しの戦闘は
                なかなかに熱いものでございましたし、ストーリーの合間に
                はさまれる「スキット」で色々とキャラやお話の補足がされたり
                しっかりと楽しめる内容になっています。

                その上でキャラ育成や戦闘やグラフィック面などで
                色々と丁寧な出来になっていて、なかなかの好感触。

                さて、RPGでは大事なストーリーの部分なのですが……
                本作は「『正義』を貫き通すRPG」と謳っていて、
                進めていくとその「正義」がなんなのか、徐々に見えてまいります。
                まあどちらかというと「スジ」「ケジメ」の類なのですが。

                ただ、どうもお話の筋道が弱い!
                ひとつには主人公ユーリのキャラがよくもわるくも
                「強い」ところに原因があると言えなくもないです。
                悩んでもそれを表に出さずに自分で抱えて処理できちゃう人なので、
                成長とかそういう部分で見せ場が期待できないのですな。

                あとは中ボスやラスボスの出て来かたにも問題なきにしもあらず。
                かなり唐突に出てきて世界征服やら世界滅亡やら企てるのですが
                伏線なしに登場するのでいまひとつ倒さないといかんという
                動機づけが弱くて……

                総合的には前に遊んだことのある「アビス」と比べてみて
                「システム面では勝ったがストーリー面で負けた」といったところ。


                もちろん本作も良作ではあるんですが、秀作どまりになって
                しまっているのが残念なところであります。

                まあ最近テイルズシリーズ乱発気味で、
                お話考える人が大変なんじゃないかと思うのですが。

                それはさておき、二週目以降に引継ぎやなにやらあるそうで、
                再び周回するか悩みどころであります。まだ戦闘周りとか
                十分にやり込んだとは言いがたいですしのぅ。

                テイルズ オブ ヴェスペリア

                0
                  テイルズ オブ ヴェスペリア(特典なし)
                  テイルズ オブ ヴェスペリア
                  ナムコ

                  買おうかどうしようか迷っていましたが、
                  結局連休中の暇つぶしにと思って買いました、テイルズ最新作PS3版。
                  XBOX360版から大幅に追加&補正があるそうでうれしやうれしや。

                  まだまだ攻略途上なのでストーリー面での感想は後日しますが、
                  とにかく戦闘が面白い! テイルズならではのアクション性を活かした
                  テンションの高いバトルでなかなか楽しめます。

                  コンフィグで戦闘難易度は変えることが出来るので、
                  とりあえずお話だけ楽しみたい人にもオススメでございます。

                  グラフィックもいいですねぃ。アニメ絵を3Dに起こして、
                  ここまで自然に動かせるのかとびっくりでございます。

                  なにはともあれ、まだまだ先は長そうで。連休中に終わるかなあ……

                  無限航路 クリア

                  0
                    艦船紹介しながらのんびり進めようと思っていたら、
                    今夜クリアしてしまいました。プレイ時間は50時間超。

                    スペオペだと思っていたら最後はきっちり本格SFで締めました。
                    このニッチな分野でゲーム開発するのはなかなか度胸がいったでしょうが
                    荒削りながらもかなり楽しませてもらった作品でした。

                    ラスト付近の描写はもう少し丁寧にしてもよかったかなー?
                    ただ、やりすぎてもくどいだけですしあの終わり方でもいいのかも。

                    ぜひとも次回作を出してほしい一品です。
                    初期出荷は完売して追加で売れていますので、
                    セガさんにはぜひとも検討してほしいなあ。

                    Ticoの愛あふれる船紹介はまた日を改めて。
                    ひとまずは二週目突入であります〜。

                    「無限航路」航海日誌part2

                    0
                      ゲームもだいぶ進み大きな争いごとが巻き起こり、
                      そうこうしているうちに少年編から青年編へとステージが変わりました。

                      青年編に入って思った感想。

                      「超銀河ガチムチ伝説」

                      ……なんですか、マッチョでなくては宇宙を旅できないのですかッ。
                      年月の流れというのはげに残酷なものでございます。

                      さて、船の方も新しくなりました。
                      少年編で活動していた舞台が小マゼラン銀河、
                      青年編は大マゼラン銀河ということで船のレベルも段違いです。

                      【シャンクヤード級】
                      巡洋艦。全長780m 全幅550m 全高180m。
                      戦艦カテゴリだったグロスター級よりもでかいという代物。
                      耐久力も二倍以上違うのですが、この船の特徴は拡張性の高さ。
                      船のモジュールは置けるスペースがいろいろと決まっているのですが、
                      この船はフリーダムといっていいほど余裕がありまくりなのです。
                      とりあえずお金稼ぎが大事なので貨物庫をぽこぽこ置いてみたり。

                      青年編で船を4隻まで指揮できるようになりました。
                      当面はシャンクヤード3隻でうろうろするつもりですが、
                      いずれは旗艦を戦艦に変えて、空母を一隻追加したいなあ。


                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>

                      Phantasy Star Online 2

                      PSO2_200x200_応援バナー02

                      @ticoruzel on Twitter

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 鹵獲! 鹵獲!
                        Cattail
                      • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
                        Tico
                      • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
                        Lumina
                      • 艦これ クリスマスシーズン!
                        Tico
                      • 艦これ クリスマスシーズン!
                        Lumina
                      • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
                        Tico
                      • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
                        Lumina
                      • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
                        Tico
                      • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
                        Lumina
                      • 艦これファンジンSS vol.4 「命短し恋せよ艦娘」
                        Tico

                      recent trackback

                      recommend

                      艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 艦娘型録
                      艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 艦娘型録 (JUGEMレビュー »)

                      艦娘のイラストや台詞を収録。史実にまつわる設定もこれで分かる! 提督必携の一冊!

                      recommend

                      torne(トルネ)(CECH-ZD1J)
                      torne(トルネ)(CECH-ZD1J) (JUGEMレビュー »)

                      PS3で地デジが見れる! PS3で録画ができる! 軽快で使いやすい操作画面が魅力の一品。

                      recommend

                      艦これ改 通常版 (特典無し) 【Amazon.co.jp限定特典】付
                      艦これ改 通常版 (特典無し) 【Amazon.co.jp限定特典】付 (JUGEMレビュー »)

                      艦これがついにPSVitaに! 手のひらで繰り広げられる艦娘たちのドラマに心躍らせろ!

                      recommend

                      ねんどろいど 艦隊これくしょん -艦これ- 大和 ノンスケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア
                      ねんどろいど 艦隊これくしょん -艦これ- 大和 ノンスケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア (JUGEMレビュー »)

                      艦これの「大和」がついにねんどろいどに登場! その美しさと艤装をキュートに表現した造形はコレクションもの!

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM