Intercepter出撃!

0

    【Amarr帝国製Crusader級高速迎撃艦"Monpeti A"】

    前々から乗りたいなあと思っていたIntyにようやく乗ることができました。

    Inty(Intercepter)は高速フリゲートの上位版で、
    高速度&高加速に優れ、敵船のワープ妨害などにもボーナスがあります。

    役どころは会敵したら真っ先に標的へ接近し、
    ワープ妨害などをかけて足止めすること。
    その性格上、撃沈率が高いと言われております

    まあTicoは半分マイカー代わりに導入したんですけどね。
    でも遠征隊もLowSecに進出したので、そのうちどこかで出番があると……いいな。


    【Amarr帝国製Malediction級高速迎撃艦"Monpeti B"】

    ちなみに同じIntyでも、戦闘タイプと妨害タイプに分かれています。

    Amarr船の場合は赤と金の塗装のCrusader級が戦闘タイプ
    4門のレーザー砲を搭載し、高機動で回避しながら撃つべし撃つべし。
    黒と銀の塗装のMalediction級が妨害タイプで、
    ワープ妨害と速度低下に長けています。ロケットランチャーが主兵装。

    個人的にはすっきりした外観でワープ速度も段違いに高いMaledictionが好きなのですが、
    いかにも宇宙戦闘機なCrusaderもなかなか……うーん、実戦で使ってみたい。

    LowSec進出

    0

      【"Fort Karugo-Narugo" 手前に見える二つのドリルが月資源採掘装置】


      おひさしぶりの航海日誌でございます。

      HighSecでのミッション回しや生産事業は順調な遠征隊、
      そろそろ新しい活動のステージを広げたいなと思い、このたび
      LowSecに採掘基地を設けることになりました。

      SL 0.3以下のPOSではMoonから独自の月資源を採掘することができ、
      これによってTech2製品の部品素材を入手することができます。

      連休中にCovertOpsを飛ばして現地調査、
      さすがにLowともなると空き地探しが大変でしたが、
      なんとか採掘に適した良い場所を発見できました。

      そして、この日曜に建設工事となったのですが……

      開始は昼の13:00。アライアンスの方もご協力してくれます。
      クローク艦が飛び立ち、現地付近のルート監視。
      Ticoは重トラ(ワープ強化型の大型Transportship)に
      管制塔(CT)を積んで待機してたのですが。

      監視員A「Highとの接続SYSにRed(敵性勢力)の反応2」

      そうなのです。海賊さんがゲートキャンプで網を張っていたのです。
      とりあえず隙を見て、最初の船はなんとかゲートを通過して現地着、
      CTを展開してオンラインにすることができました。

      ちなみに防御力場(FoeceField)展開までは1時間。
      襲撃されたらひとたまりもありません。なかなか胃が痛い待ち時間でした。

      力場展開と共にアライアンスの空母がジャンプアウト。
      POSの力場を修復にかかります。最初は50%しかないのですよ。

      さて。問題は海賊さんの待ち伏せゲートキャンプです。

      監視員A「Red6に増加」
      古参兵B「ゲートから500km付近に伏せていますね」
      古参兵C「起動と同時に飛んできますねコレは」


      ボイスチャットでベテランメンバーが相談。
      うう、実際に運ぶことになるTicoは聞いてるだけで怖いです。

      やむなく、軽トラ(クローク可能な小型Transportship)を出して、
      ピストン輸送に切り替えました。

      ハラハラしながらゲート通過、ただちにクローク展開して同時にワープ開始。
      最初はドキドキでしたが、コツが分かれば待ち伏せも突破できます。

      とはいえ、運べる量が一度に砲台ひとつとか施設ひとつとかのレベルなので、
      時間がかかります。気がつくとあっという間に日が暮れて午後8時。
      ルート監視にあたっていたアライアンスの方も落ちていきます。

      Ticoもメンテ中に食事と仮眠をとって、メンテ明けに輸送再開。
      今度も海賊さんが待ち伏せを張っていたのですが……
      ここで、地元Lowのアンチパイレーツ連合の有志がゲートキャンプを攻撃
      Highとの接続が安全になりました。

      いまだーとばかりに手分けして輸送大作戦。
      燃料や施設を運び込み、ゆっくりと建設工事にかかります。

      23:30頃でしょうか、
      ようやく月資源採掘ラインが順調に動き出し、
      遠征隊のLowSec基地"Fort Karugo-Narugo"が稼動しました。


      いつまで折られずに保てるかわかりませんが、これで遠征隊もLow進出!
      張り切って……まずは、輸送ですね、うん。

      CEO「ところで sulfuric acid ってなに?」
      隊員「硫酸ですね。sulfuricが硫黄で Acidが酸です」
      CEO「……わざわざLowに来て硫酸作っているのか、うちらは」
      隊員「はい?」
      CEO「ここのPOSで生産できるのが硫酸なんだよっ」
      隊員「…………」
      CEO「そんな目で見るな! きっと宇宙硫酸なんだよ! Tech2硫酸なんだよ!」
      隊員「何を言ってるんですか、あなたは」

      ポートレートを変えてみた in EVEonline

      0
        EVEonlineで Incursion 1.4.パッチが当たって、
        ステーション内でキャラクターリメイクができるようになりました。

        まあ体型は変えられないんですが、
        ちょっと髪型変えたりポーズ変えたり、
        あとはピアスやタトゥー入れられたり。

        そんなわけでちょっといじってみました。



        いろいろポーズ試してこのパターンが一番だなあと。
        背景はAmarrの紋章に変えてみました。

        コープメンバーからは「笑っているように見える」ということで
        狙い通りでガッツポーズなのですが、「あの」コープメンバーのことですから
        どんなふうに笑っているように見えたのかが後から気になっています…… 

        フェイス×リメイク×ファイナル

        0
          いったんこれでいい! と決めた新キャラクリのポートレート作成ですが、
          CCPから「あと1回作り直しのチャンスをあげるよ」とか言われたので、
          せっかくだからとちょこちょこ修正してみました。

          結構影響を受けたのが「Babes of New Eden」というサイト。
          今回の新キャラクリを受けて有志が作成したとおぼしき美人コンテストです。
          二人並べて出てくるので「どっちがお好み?」と選択させるもの。

          みると皆さんポーズとかライティングとかにこだわっているので、
          ふむふむなるほどとか思った次第。どうも前にFixしたのは
          証明写真ぽい仕上がりだったので、なんとかしたいなーと思い、
          とはいえあまりいじるとおかしくなるので、試行錯誤した結果がこちら。



          顔の輪郭がすっきりしましたね。アンニュイ目元はどうにもなりませんが。
          コープメンバーに見せたところ「前より若く見えますよ!」とのことで、
          それなりに苦心した甲斐はあったのかな……

          ところで「前より若く」は良いとして、じゃあ今のポートレートが
          年齢いくつに見えるかがめっちゃ気になります。

          いやー、コープメンバーのポートレート、ハイティーンにしか見えないんですもの。
          なにこの種族間格差……orz

          Sansha迎撃!

          0

            【Sansha迎撃に飛び立つItsuka号の雄姿(沈んだけど)】 

            いよいよSansha's Nationが襲来してくる大規模PvEコンテンツ、
            Incursionが実装されました。

            Amarr帝国領内にもSanshaがやってきてたので、
            さっそくこの週末に遠征隊メンバーで迎撃に参加してきました。
            (折り返し記事に参加方法まとめを書いております)

            KadorリージョンのNeburabを中心とする星域が被害に遭っています。
            早速、現地に飛んでみて、Scoutクラスの迎撃に参加してみましたが……

            まあ、ソロでやろうって戦艦や重巡洋艦で獲物の取り合い。
            Scoutクラスだと、出てくる敵もFGやCLなのでこちらも安全に戦えます。
            しかし、Sansha襲来の影響で攻撃力にペナルティを受けているので、
            小型艦でもなかなか沈みませんねえ。むう、困ったものだ。

            しばらくメンバーでScoutサイトをうろうろしていましたが、
            もっと派手な戦闘がしたいということで移動。

            1ランク上のVanguardクラスの迎撃に参加してみることにしました。
            アポ級戦艦で来たTaiyaki Oさんの戦艦を先頭にいざ乗り込む予定でしたが……

            CEOのうっかりで、それぞれ別々のサイトに飛んでしまう失敗がっ。
            CEO含めたBC3隻を待ち構えていたのは戦艦3隻を含めた本格的な艦隊

            一斉射撃であっという間にシールド吹き飛んで装甲30%削れました。

            「沈むー沈むー」「離脱! 離脱!」と叫んでみるも、非情なワープ妨害。
            防御力には定評のあるProphecy級重巡といえども、ものの10秒しかもちませんでした。
            CEOの他にはEarthlight殿のMyrmidonも轟沈。
            Suchbus殿のDrakeは1撃もらってシールド大破したところでからくも離脱に成功。

            その頃、別サイトに飛んでいたTaiyaki O殿のApocalypse級戦艦は
            FG4隻&CL4隻相手に戦っていたものの、タンクしきれずに離脱という……

            Sanshaどんだけ強いんだという結果になりました。
            ペナルティ効果で防御レジストも下がっているので、確かに苦戦するのですが、
            戦艦でも回復が追いつかないとは……

            今回、移動ミスで分断されてしまったことをさておいても、
            次に参加するときはしっかり相互回復する体制で臨むのがよさそうです。

            というわけで、リベンジを誓いつつ、買ったシャトルで本拠地へ帰還と相成りました。
            次こそはー生き残るぞー(勝つとは言わない)。


            さて、折り返しで、Incursionについて分かる範囲でまとめてみました。

            フェイス×リメイク

            0
              先日のVerUPで新キャラクリが追加されたのですが、
              操作画面で分かりにくいところなどがあったので「作り直させろー」という声が
              多かったらしく、追って金曜のパッチで不具合を手当てした際に、
              作成済みの人も一度だけ作り直し可能となりました。

              Ticoもいったん作ったものの、他の人のポートレートを見ていると、
              「やっぱり老けてるなー」と思ってたので、うれしい措置となりました。

              で、作ったのがこちら↓



              なんとか試行錯誤して、見た目20代になるようにはできました
              でもアンニュイな目元は変わらないのですねぇ……純血アマー若らない若りにくい
               

              輸送船、続々オンステージ

              0

                【Amarr帝国製Providence級貨物船"Rendoruf"号】

                長い長い訓練が終わり、ようやくフレイター(Freighter)に乗ることができました。
                通常の輸送船の20倍以上の大容量カーゴを持ち、戦艦も運ぶことが可能な、
                いわば弩級輸送船です。

                フレイターを含めた大型艦船はCapital級と呼ばれるのですが、
                このProvidence級も全長2000m以上と長大な艦体を持ちます。
                すらりとした流線型が実にアマーらしくて美しい船です。

                さっそく、係留していた港から出航させたのですが……う、動きが重い
                星系内の移動はワープ航法でびゅいーんと飛ぶのですが、フレイターの場合、
                のそのそと目的地へ艦首を向け、のんびりとエンジンを吹かせて、
                しかもワープ速度自体がすんごい遅いわけでございまして……

                通常の快速仕様の輸送船なら10分ちょいで着く旅程に、30分もかかってました。
                速度と引き換えの大容量輸送ですね。うーむ。

                ちなみに最初の貨物は工場ステーションで作った巡洋艦5ダースほど。
                かさばるので作ったまま出荷待ちでした。うまく売れるといいなあ。


                【Amarr帝国製Prorator級運搬船"Tancyan II"号】

                さて、フレイター以外にも、Tech2の輸送船(Transporter)も就航しました!
                このProrator級はワープスピードが高い他、高性能のクローク装備も積むことができ、
                姿を消したまま隠密輸送が可能になっています。

                まあ、いまクローク装備の良いのが使えるように訓練中なんですけどね……


                【Amar帝国製Impel級運搬船"Erihppas II"号】

                こちらのImpel級はワープ強度を強化されていて、
                多少の妨害も振り切ってワープインすることが可能になっています。
                黒い船体が実にシックでかっこいい。

                また、Lowスロットの数がやたらと多いので、カーゴ容量強化モジュールを山盛りにして
                中量輸送に使うこともできます。というかTicoはその用途で買いました。


                戦闘用ではないとはいえ、やはり新しい船に乗れるとうれしいですね!
                さて、戦争で止まっていた商売やらなにやら、さくさくっと進めましょうか。 

                新キャラクリ!

                0
                  昨夜にIncursion第三弾の拡張がありまして、
                  ようやく目玉のひとつである新キャラクリが実装されました。

                  Sisiである程度イメージは固まっていたのでサクサクと作り、できあがったのがこちら↓
                   

                  どっかアンニュイな顔つきなのは純血アマー人ならではの特徴らしいです。
                  当初はロングヘアにしようと思ってましたが、よくよく見るとリアルで知ってる方に
                  とてもとてもよく似ていていやーんな感じだったので、あれこれいじって変えたり。

                  しかし、作成に入ればすぐだったのですが、今回そこに至るまでが七転八倒でした。
                  事前のSisiでの操作だと、ネットカフェのマシンの方が快適に動作したので、
                  「よーし、早起きしてそっちからインするかー」と勇んで出かけたのが午前三時。

                  当初は最新のOfflineInstallerを用意して行く予定だったのですが、
                  どうも混雑しているらしく(そらそうだ)、出発時間になってもDLが完了しません。

                  やむなく、直前のVerのOfflineInstallerを持参していってネットカフェで
                  アップデートしたのですが……ネットカフェの回線が細いのか、混雑のせいか、
                  おそらく両方だと思いますが、更新のDLにもやたらと時間がかかるかかる。

                  二時間待ってようやくVerUPが終了し、ふーやれやれと思いつつ、
                  いざログインしてキャラクリ画面に入ろうとすると……

                  ENTERINGの表示が完了したままピクリとも動きません。何度か入りなおしてもダメ。
                  混雑のせいかなー、聞くと欧州のゴールデンタイムらしいからなあとがっかりしつつ帰宅して、
                  ダメもとで自宅のPCでやってみると、なぜかすんなり入れたという始末。

                  どうもキャラクリ用のサーバーだけ何かポートが違うのでしょうか? 謎です
                  ともあれ、なんとか無事に作成することができて、睡眠不足のあくびをかみ殺しながら
                  このBlogを書いている次第です。

                  いやー、ほんと、なにかあるたびにのた打ち回る自分の性分はどうにかしたいです(汗)。

                  開戦から数日 またはアライアンス近況

                  0
                     
                     戦争状態に突入したわがアライアンスですが、開戦から数日経過。

                    遠征隊メンバーはステーションに引きこもって事態を見守る体制になっております。
                    中には通常運行の豪の者もおりますが……

                    当初思っていたよりも深刻な事態ではないみたいで、
                    PvPをやりたいって人が積極的に動いているようです。
                    ただ相手のやる気次第では長期化する模様ですが、
                    まあEVEonlineはPvPのあるゲームなので致し方なし。

                    もっとも、ホットな戦闘はほとんどなく、お互いの動向を探る情報戦が主になってますけどね。

                    そうそう、今次戦争とは別に新しい動きがあって、それがなかなか面白そうな予感です。

                    アライアンスのモットーは「適当さがここちいい。やるときはやる」
                    いざってときは頼りになる仲間がいて、本当によいところに入ったなあ……

                    バランス あるいは マルチタスク

                    0

                      Twitterでつらつらツイートしてみたら、
                      思ったよりも長い&今後のゲーム指針になりそうだったので、
                      整理してブログに書いてみることにしました。


                      本日の記事
                      「あれ? EVEonline休んじゃうの?」とか「FF11に専念するの?」とか
                      遠征隊メンバーやブログ読者さんに思われるかもと考えたので、
                      自分なりに考えをまとめる意味でも記事にしてみた次第です。


                      ■Tico個人の活動比重


                      FF11にウェイトを置くようになります。でもまあ一ヶ月くらいです。
                      その頃には戦士90になっているでしょうし、メイジャンも終わっていることでしょう。


                      とはいえ、EVEonlineはいわゆるスキルオンラインにはなりません。

                      FF11の横で宇宙船飛ばして交易をチェックしたり生産手配したり。
                      要はあまり個人でミッションしなくなるだけですね。
                      再び係留されるパラディン級強襲戦艦……

                      一ヵ月後の状況は現時点ではわかりません。
                      FF11でまだアビセアヒャホーイしてるかもですし、
                      EVEonlineでSansha相手にドンパチしているかもしれません。
                      ただ、どっちかを完全にお休みなんてことはありません。


                      ■行ったり来たりの背景


                      ちょうどEVEonlineを始めた頃、
                      FF11では複数ジョブのレベル上げも疲れて頭打ちを感じていました。
                      一方で「当時は期待されていた」FF14もまだ先ということで、
                      なにかしら新しい世界を開拓したくて手を出したのがEVEonline


                      結果的には良質なSFMMOを引き当てることができたわけですが、
                      遠征隊メンバーの多くはFF11に在籍していますし、宇宙に進出した後も
                      かたわらでFF11を立ち上げて、チャットには顔を出すようにしていました。
                      個人的にはFF11が本宅でEVEonlineは別荘という感覚があります。


                      EVEonlineは当初目標のマローダー搭乗で一段落ついたこともあり、
                      その折にFF11で面白いことが見つかったので、また比重を変えてみたという次第です。
                      とはいえ、これまでがそうだったように、どっちか休むなんてことはありません



                      ■両立への道


                      どちらのゲームも起動させているマシンはそれぞれ分かれているので、
                      横並びのモニタで、左にEVEonline、右にFF11という状態なんですけどね。


                      このスタイルに変わりはなく、
                      FF11やりながらEVEonlineの画面をチラチラ見ることになると思います。
                      ヴァナディールでモンスター狩りながら、宇宙で交易や生産をやったり、
                      合間合間にチャットをやったりすることになるでしょう。


                      ギルド(LS、コープ)としての活動も、
                      FF11が土曜の夜、EVEonlineが日曜の午後と住み分けができているので、
                      両立させるのは容易であると考えています。


                      実際、FF11にウェイトを置きだしたのは先週からですが、
                      その間もEVEonlineではせっせと採掘船がミネラルを掘って
                      生産ラインが巡洋艦を生み出し、出荷待ちの製品が港にごろごろ。
                      そして日曜の午後には戻ってきたメンバーを迎えて合同ミッション。


                      日曜の夜には宇宙で輸送船飛ばして交易品を運びつつ、
                      FF11では砂漠で虎をせっせと狩っておりました。


                      つまり、ウェイトは違っても同時に二つのゲームを遊んでいる状況です。



                      ■EVEonlineの良いところ


                      EVEonlineは独特の成長システムを取っています。
                      スキル本を買ってそれを学習する=実時間経過させることで
                      キャラクターが育つという仕組みです。


                      そのため、急いでレベルを上げるということはできませんし、
                      成長させるためにアクティブに何かに集中する必要もありません。
                      また、生産なども「セット⇒時間経過⇒完成」という手順ですし、
                      さらには防御を固めた採掘船なら半放置で採掘も可能です。


                      つまり、EVEonlineは「ながら作業」や短時間ログインでも
                      ゲームを継続できる
                      わけです。そして、ホットな戦闘をしたければ
                      いつでもミッションやPvPで楽しむことができます。



                      ■FF11のいいところ


                      もちろん、FF11にも良いところがあります。
                      操作に集中して楽しむことのできるアクティブな戦闘、
                      能動的な積み重ねでキャラを育てていく喜び、
                      ファンタジーならではのやわらかな世界観と風景。


                      やはり長年親しんできたゲームですし、
                      なによりも多くの気の置けない仲間がいます。
                      常々思っているのですが、チャットの使い勝手は
                      いくつかあるFF11での誉めていい点だと思っています。


                      ただ、FF11はシステム上、画面に集中してあげないと
                      遊びづらい仕組みになっています
                      。そこが楽しさでもあるのですが
                      FF11の方を向くと、どうしても片方のウェイトが軽くなるのは
                      仕方がないところだと考えています。



                      ■どっちも「遠征隊」


                      FF11発祥の遠征隊は、EVEonlineでも立ち上げましたが、
                      Tico個人にとってはどちらも大事なコミュニティです。


                      二足のわらじはなかなか大変なのですが、
                      互いに、異なる世界、異なるシステムで楽しませてくれます。


                      なので、今後とも、ウェイトを臨機応変に変えながら、
                      時に宇宙で、時にヴァナディールで、遊ぶことになるでしょう。


                      ただ、コミュニティのメンバーを大事にしていく方針に変わりはなく、
                      自分が楽しみつつも、コミュニティの活性化を図っていくことになるでしょう



                      ■長すぎるよ! 一行でまとめてよ!


                      マルチタスクでどっちも遊びます。ネタがある方でブログの記事は書きます。


                      というわけで今後ともよろしくお願い致します。



                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << September 2018 >>

                      @ticoruzel on Twitter

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 鹵獲! 鹵獲!
                        Cattail
                      • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
                        Tico
                      • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
                        Lumina
                      • 艦これ クリスマスシーズン!
                        Tico
                      • 艦これ クリスマスシーズン!
                        Lumina
                      • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
                        Tico
                      • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
                        Lumina
                      • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
                        Tico
                      • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
                        Lumina
                      • 艦これファンジンSS vol.4 「命短し恋せよ艦娘」
                        Tico

                      recent trackback

                      recommend

                      吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中
                      吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中 (JUGEMレビュー »)
                      吉田直樹
                      FF14のPにしてDである吉田直樹氏が四方山話を語る連載コラム! 開発の裏側から仕事のやり方、ゲーム業界への意見など、その話題は実にワイド!

                      recommend

                      吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか
                      吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか (JUGEMレビュー »)
                      吉田直樹
                      FF14を文字通り「建て直した」プロデューサー兼ディレクターである吉田直樹氏の連載コラム! FF14新生の裏側がこれ一冊でよくわかる?

                      recommend

                      ハクメイとミコチ 1巻 (HARTA COMIX)
                      ハクメイとミコチ 1巻 (HARTA COMIX) (JUGEMレビュー »)
                      樫木 祐人
                      不思議な小人たちの織りなす不思議な生活ストーリー。独特の世界観と緻密な描写をどうぞご堪能あれ。

                      recommend

                      ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC)
                      ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC) (JUGEMレビュー »)
                      オノ・ナツメ
                      「ACCA13区監察課」のオノ・ナツメが送る、日常系ゆるやかストーリー。初老の作家と彼の息子、そして娘婿が織りなす、たのしい日曜日の過ごし方。

                      recommend

                      ACCA13区監察課 外伝 ポーラとミシェル (ビッグガンガンコミックス)
                      ACCA13区監察課 外伝 ポーラとミシェル (ビッグガンガンコミックス) (JUGEMレビュー »)
                      オノ・ナツメ
                      ACCA本編からスピンオフした外伝。ポーラとミシェル、二人の幼馴染の心の交流を通じて穏やかなガールズラブを描く。

                      recommend

                      Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】
                      Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】 (JUGEMレビュー »)
                      ゲーム・ミュージック
                      FF14を彩る珠玉のBGM、そのオーケストラコンサートの様子を収録の一本! あの思い出の曲が大迫力でよみがえる!

                      recommend

                      ファイナルファンタジーXIV コンプリートパック|ダウンロード版
                      ファイナルファンタジーXIV コンプリートパック|ダウンロード版 (JUGEMレビュー »)

                      これ一本でエオルゼアが全詰め! 全世界1000万ユーザーが遊ぶFF14へいざ君も旅立とう!

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM