艦これファンジンSS vol.30「わたしにできること」

0
    ふほふほして書いた。やっぱり反省していない。

    というわけで、艦これファンジンSS vol.30をお届けします。

    アニメ艦これは色々と賛否両論ですが、吹雪・睦月・夕立の仲良し三人組
    なかなか良かったなと個人的には思う次第です。

    で、この三人、わけても吹雪を「うちの鎮守府」的に描いたらどうなるかな
    思ったのが、本エピソードを思いついたきっかけです。
    ゲーム的には、吹雪Lv71、夕立Lv90、睦月Lv31と随分と差があって、この違いを描ければな、と。

    あと今回もお色気シーンに挑戦しています。大丈夫、R-15に収まっているはずです。
    まったく、駆逐艦は最高だぜ!(憲兵さんこっちです)

    さて、お約束の文言として、「うちの鎮守府」シリーズは
    単品でお楽しみいただけるように気を遣ってかいております。
    本エピソードからでもちゃんとお読みいただけますし、
    気になったら他のエピソードもつまみ食いしていただけると幸いです。


    それでは皆様、ご笑覧くださいませ。


    ---------------------------------------

    艦これファンジンSS vol.29「着るラ着る」

    0
      もわもわして書いた。やっぱり反省していない。

      というわけで艦これファンジンSS vol.29をお届けします。
      これで3月はウィークリー投稿達成ですね。やりました。

      さて、改二が来たので摩耶を主人公に、高雄型姉妹のやりとりを書こうと思いたち、
      このところシリアスな戦闘回が続いていたので日常回が書きたいと考えてプロットを切りました。

      ネタとしては、前にとあるイラストで見た摩耶と鳥海をベースにふくらませましたが、
      途中のあのシーンは完全に趣味です。だいじょうぶ、R-15かもしれないけどR-18ではないはず。

      一番悩んだのはタイトルでしたが、終盤の長門の独白から考えて、この題名にしました。
      いやー、あのアニメはなかなかに面白かったです、ハイ。

      最後に、お約束の文言として、
      「うちの鎮守府」シリーズは、どのエピソードから読んでも
      お楽しみいただけるように、気を使っております。
      vol.29ではありますが、本作から読んでもらってもだいじょうぶですし、
      また気になったら他のエピソードもつまみ食いして頂けると作者冥利に尽きます。


      それでは皆様、ご笑覧くださいませ。

      kancolle_150313_205245_01.jpg
      --------------------------------------------

      艦これファンジンSS vol.28「武蔵の帰投」

      0
        むさむさして書いた。やっぱり反省していない。

        というわけで艦これファンジンSS vol.28をお届けします。

        タイトルからして武蔵が初登場なのですが、今回にしてようやく、というのは、
        うちの鎮守府にいままで武蔵がいなかったからなのですよね。

        それが、ポール・アレン氏の武蔵動画を見て、
        「どれちょっと大型建造まわしてみるかな」と思ったら、一発で武蔵が出たという……

        運営から確率アップのアナウンスが出てましたが、よもや、と喜ぶ前にびっくり。
        これは武蔵帰投のエピソードを書くしかあるまいと思って、
        前からあたためていた艦娘建造の要素も入れて仕立てた次第です。

        なお、建造お助けメンバーですが、実際に武蔵建造の際に第一艦隊にいた面々です。
        公式四コマを参考にしてそろえたのですが、ご利益あったのかしら。
        あ、武蔵掛け軸と武蔵模型も飾っていましたね。

        お約束の文言として、「うちの鎮守府」シリーズは、
        単独でお楽しみいただけるように気を使っております。
        vol.28ではありますが、このエピソード単体でお楽しみいただけますし、
        気に入られたら過去作もご覧頂けると幸いです。


        ただ、「うちの鎮守府」シリーズには前々からフィナーレの形は構想していて、
        今回、それに向けて、ちょっと色々仕込んでいたりします。
        風呂敷はまだ畳むつもりはありませんが、畳む仕込みはしておくっていうことで。


        それでは、皆様ご笑覧くださいませ。


        ---------------------------------------------------

        艦これファンジンSS vol.27「駆逐艦朝霜の憂鬱」

        0
          ふぉんふぉんして書いた。やっぱり反省していない。

          というわけで、艦これファンジンSS vol.27をお送りします。

          朝霜は冬イベントで運よくドロップして、その威勢のよさから
          ぞっこん惚れこんで育成するのを決めたのと同時に、彼女を主役にしたSSを書こうと決めてました。
          そこでふっと思いついたタイトルが今回のエピソードですが、
          「はて、なぜ彼女は憂鬱なんだろうな」と思って、色々史実を調べると、まあ濃いこと濃いこと。
          どれを取り上げても題材になりそうでしたが、色々考えて、矢矧の絡む「これ」にしました。

          ちなみに作中の西方編成の構成は、ゲームをやってる方ならお分かりでしょうが、
          リランカ沖での駆逐艦レべリング構成です。矢矧もストーリー上の都合以外に、
          実際にレべリングにつきあっている構成だったりします。

          なお、エピソードの中でちらと触れている「明石指揮の北方編成」とは、
          vol.2「あさってのわたしたち」の話となります。直接はつながっていませんが、
          お読み頂けるとより背景がわかって味わい深いかもしれません。

          最後に、お約束の文言ですが、「うちの鎮守府」シリーズは、
          どのエピソードから読んでもお楽しみいただけるように気を使っております。
          本作単品でもお楽しみいただけますし、気になった過去エピソードは
          つまみ食いしていただいても大丈夫です。


          それでは皆様、ご笑覧くださいませ。


          -----------------------------------------

          艦これファンジンSS vol.26「笑みこぼれれば春遠からじ」

          0
            ひゅんひゅんして書いた。やっぱり反省していない。

            というわけで、艦これファンジンSS vol.26をお届けします。

            冬イベントで天城という艦娘をお迎えすることができたので、
            天城を軸に加賀と赤城の話を再び書きたい、というのは前から思っていました。

            ただ、そこで登場人物を絞ってドラマを掘り下げるか、
            はたまた空母陣全員出してお祭りエピソードにするか、悩んだ挙句に
            書いたエピソードが「足して二で割らない」という感じになって今回長めです

            なお、本エピソードで独立したお話になっておりますが、
            一航戦の二人と雲龍の話については、vol.15「受け継がれる誇り」をお読み頂けると
            またぐっと味わい深いのではないかと思います。

            最後に、いつものお約束ですが、「うちの鎮守府シリーズ」は各エピソード単品で
            お楽しみいただけるよう描写や説明には気を使っております。
            本作からでもお読みいただけますし、気になったら過去エピソードも
            つまみぐいして頂けると作者冥利につきるところでございます。


            それでは皆様、ご笑覧くださいませ。


            --------------------------------------------

            艦これファンジンSS vol.25「初陣・秋月の戦い」

            0
              ぴょんぴょんして書いた。やっぱり反省していない。

              というわけで、なんとかこの週末に間に合いました、
              艦これファンジンSS vol.25をお送りいたします。

              冬イベントのトラック泊地空襲を舞台にしたうえで、
              そこでMVPものの活躍だった秋月さんを主人公に据えたいと思って、
              今回のエピソードを書きました。

              それだけではなくて、秋月さんはずっと演習で育てていたので、
              実戦は本当にこの冬イベントが初めてだったんですよね。
              そんなことから「初陣に臨む艦娘」というものをテーマにしようと思い立ちました。

              作中の邀撃部隊の編成は実際にE-2で出撃させた編成ですが、
              ヲ級三隻にはてこずったなあ……

              さて、いつものお約束として、
              艦これファンジンSS「うちの鎮守府」シリーズは
              どの話も単体でお楽しみいただけるように気を遣っております。
              本エピソードもそのままお読みいただけますし、気になったら
              ぜひ他のエピソードもつまみぐいしてみてくださいませ。


              それでは皆様、ご笑覧ください。


              --------------------------------------------

              艦これファンジンSS vol.24「わたしが見つめるもの」

              0
                しゅくしゅくして書いた。やっぱり反省していない。

                というわけで二週間、お休みを頂いてしまいましたが、
                艦これファンジンSS vol.24をお届けします。

                大淀さんを題材に、というのは前からリクエストがあったのですが、
                自分の中でいまひとつキャラがつかめていなくて書こうという気になりませんでした。

                それが、前回vol.23のエピソードを書いてみて、
                「あれ、大淀さんって意外と私の中の印象では……」と思い、
                フォロワーさんに相談したところ、
                「任務娘ってことはこういう立ち位置もあるかもしれませんね」
                アイデアをもらい、今回のエピソードを思いついた次第です。

                なお、終盤のお酒のチョイスはゲーム準拠です。
                というか、大淀さんは飲む派だと知って、ちょっと驚いたりなんだったり。

                さて、お約束の文言として、
                「うちの鎮守府」シリーズは単品でお楽しみ頂けるように気を使っております。
                今回のエピソードをご覧になって興味が湧いたら他のエピソードもご覧頂けると幸いです。


                それでは皆様、ご笑覧ください。


                ----------------------------------------------

                艦これファンジンSS vol.23「バンド・オブ・シスターズ」

                0
                  もよもよして書いた。やっぱり反省していない。

                  というわけで艦これファンジンSS vol.23をお送りいたします。
                  今回は妙高姉妹のお話で、舞台は2-5攻略となります。
                  なので、利根がこれまで旗艦だったというのも、今回は妙高姉妹で攻略というのも、
                  「うちの鎮守府」で実際にあったことです。

                  仲良し四人姉妹ということなら金剛姉妹が有名どころですが、
                  それとは違った形の姉妹の絆を書いてみたいと思い、今回筆を執ってみた次第です。
                  最初は姉妹の立ち位置やお話を引っ張るエンジンをどうするかで苦労しましたが、
                  主人公に羽黒をもってくることで、かえってお話自体を引っ張ってくれたように思えます。

                  毎度のお約束ですが、「うちの鎮守府シリーズ」は、
                  単体でお楽しみいただけるように気を使って書いております。
                  23話目にはなりますが、これのみでお読みいただける作品となっております。
                  もし気になられましたら、他のエピソードにも目を通して頂けると幸いです。


                  それでは皆様、ご笑覧ください。


                  -------------------------------------------

                  艦これファンジンSS vol.22「ひな鳥の羽ばたき」

                  0
                    こふこふして書いた。やっぱり反省していない。

                    この土曜で書けたよ! ということで、艦これファンジンSS vol.22をお送りします。

                    きっかけになったのは、「次のエピソードどうするかなー」とツイートしたところ、
                    フォロワーさんから「天龍と龍田の話が読みたいです」とリクエストを受けた次第。

                    「でも天龍と龍田ってうちの鎮守府じゃロートルでレベル一桁ズの監督やってますよたぶん」
                    「だから、注文したんですよ」


                    そういう需要もあるのか、と思ったところで、いわゆるレベル1のまま放置している、
                    待機組というか留守番組の艦娘について書いてみるのも面白いかなと思ったところへ、
                    初霜改二の情報が耳に入ってきて、今回のエピソードとなりました。

                    なお、いつものお約束として、艦これファンジンSS「うちの鎮守府」シリーズは
                    どのエピソードから読んでも楽しめるように気を使っております。
                    このお話単品でもお楽しみいただけますし、気が向いた方は他のお話もぜひどうぞ。


                    それでは皆様、ご笑覧ください。


                    ---------------------------------------------------------

                    艦これファンジンSS vol.21 「提督の霍乱」

                    0
                      けほけほして書いた。やっぱり反省していない

                      というわけで、えーと三ヶ月ぶりになりますか、
                      艦これファンジンSS vol.21になります。

                      渾作戦での扶桑さんの活躍とか書こうと思ったのですが、
                      どうも時期を逸してしまったのと、あと私自身が年明け早々に体調を崩したので、
                      これはこの題材で書けということだろうと思い、筆を執りました。

                      アイデア自体は昨年の秋ごろから温めていたのですが、
                      こうして形にすることができてほっとしております。


                      このところ書けなかったのは仕事の都合や体調面など色々あったのですが、
                      しかしブランクが空いたのはたしかなので、今回は少々不安はありました。
                      それが書こうという気になって書けたのは、やはり艦これアニメ化が影響してるのかな……?

                      過去エピソードを下敷きにしたお話やキャラ設定が含まれていますが、
                      お約束として「うちの鎮守府」シリーズはどのエピソードから読んでも
                      お楽しみいただけるように気を遣っております。

                      過去作をご覧になってない方でも安心してどうぞ。

                      それでは皆様、ご笑覧くださいませ。


                      ---------------------------------------------
                      続きを読む >>


                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << September 2018 >>

                      @ticoruzel on Twitter

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 鹵獲! 鹵獲!
                        Cattail
                      • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
                        Tico
                      • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
                        Lumina
                      • 艦これ クリスマスシーズン!
                        Tico
                      • 艦これ クリスマスシーズン!
                        Lumina
                      • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
                        Tico
                      • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
                        Lumina
                      • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
                        Tico
                      • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
                        Lumina
                      • 艦これファンジンSS vol.4 「命短し恋せよ艦娘」
                        Tico

                      recent trackback

                      recommend

                      吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中
                      吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中 (JUGEMレビュー »)
                      吉田直樹
                      FF14のPにしてDである吉田直樹氏が四方山話を語る連載コラム! 開発の裏側から仕事のやり方、ゲーム業界への意見など、その話題は実にワイド!

                      recommend

                      吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか
                      吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか (JUGEMレビュー »)
                      吉田直樹
                      FF14を文字通り「建て直した」プロデューサー兼ディレクターである吉田直樹氏の連載コラム! FF14新生の裏側がこれ一冊でよくわかる?

                      recommend

                      ハクメイとミコチ 1巻 (HARTA COMIX)
                      ハクメイとミコチ 1巻 (HARTA COMIX) (JUGEMレビュー »)
                      樫木 祐人
                      不思議な小人たちの織りなす不思議な生活ストーリー。独特の世界観と緻密な描写をどうぞご堪能あれ。

                      recommend

                      ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC)
                      ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC) (JUGEMレビュー »)
                      オノ・ナツメ
                      「ACCA13区監察課」のオノ・ナツメが送る、日常系ゆるやかストーリー。初老の作家と彼の息子、そして娘婿が織りなす、たのしい日曜日の過ごし方。

                      recommend

                      ACCA13区監察課 外伝 ポーラとミシェル (ビッグガンガンコミックス)
                      ACCA13区監察課 外伝 ポーラとミシェル (ビッグガンガンコミックス) (JUGEMレビュー »)
                      オノ・ナツメ
                      ACCA本編からスピンオフした外伝。ポーラとミシェル、二人の幼馴染の心の交流を通じて穏やかなガールズラブを描く。

                      recommend

                      Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】
                      Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album【映像付サントラ/Blu-ray Disc Music】 (JUGEMレビュー »)
                      ゲーム・ミュージック
                      FF14を彩る珠玉のBGM、そのオーケストラコンサートの様子を収録の一本! あの思い出の曲が大迫力でよみがえる!

                      recommend

                      ファイナルファンタジーXIV コンプリートパック|ダウンロード版
                      ファイナルファンタジーXIV コンプリートパック|ダウンロード版 (JUGEMレビュー »)

                      これ一本でエオルゼアが全詰め! 全世界1000万ユーザーが遊ぶFF14へいざ君も旅立とう!

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM