「無限航路」航海日誌part1

0
    というわけで最近ブログのネタがないので、
    無限航路のプレイ日記をロマンたっぷりに
    「航海日誌」としてアップしてみることに。

    まあネタバレはなるべく避けたいので
    「戦艦可愛いよ 可愛いよ戦艦」になりそうなのですが。

    いま現在ようやくチャプター5に来ておりますが、
    まだまだ駆け出しのひよっこ艦長で航海しております。
    とはいえ既に3隻の船を持っていて立派な艦隊司令だったり。
    保有の艦船は次の2種類。

    【グロスター級】
    戦艦。全長800m 全幅240m 全高140m。
    画面で見るとなかなかにふとましい船です。
    とにかく旗艦が沈むとアウトなので、これに搭乗しつつ、
    かつ盾役もこなさないといけないので前衛でドンパチしています。
    ちなみに導入時は駆逐艦から一足飛びだったので、
    その大きさに感動したものですが、ゲーム終盤の戦艦は
    1000m超クラスがごろごろしているらしい……

    【サウザーン級】
    巡洋艦。全長450m 全幅170m 全高120m。
    旗艦に随伴する護衛艦がこの二隻。
    発進カタパルトを積んでいるので、格納庫をめいっぱい押し込んで
    仮装空母にしたてて運用してます。といっても搭載機数12×2だけど。
    無限航路の世界では巡洋艦は対空特化という位置付けらしく、
    単純な砲戦能力だと駆逐艦の方が上だったりするみたいです。

    陣形は三隻とも前面に押し出して展開。
    相手に駆逐艦級の打たれ弱い艦がいたら、
    前進して全武装が射程に入り次第、問答無用で「通常砲撃」で撃沈。
    それよりもタフな相手がいたら「回避機動」を選んで避けながら
    「全力砲撃」を叩き込む隙をうかがう、となっております。

    将来的には、司令機能が充実した船を旗艦にして中衛に、
    打撃力と防御力に優れた戦艦を前衛に押し出して、
    艦載機をたんまり積んだ空母を後衛に回すという形にしたいのですが、
    さてはてどうなりますことやら。

    と、まあ色々書きましたが、このゲーム、ご覧の通り、
    割と戦艦萌えな部分がございます。それも出来合いを買うのではなくて
    色々と内装を考える工夫の余地があるので単純ながら奥深い。
    とりあえず何をおいても食堂モジュールは外さないTicoだったり。

    無限航路

    0
      無限航路
      無限航路
      セガ

      「ねんがんの むげんこうろ をてにいれたぞ!」
      と某ガラハドさんではありませんがようやく買えました無限航路。

      やってみた感じ、少々荒削りな感じはありますが、
      スペオペものとしてはなかなか楽しめる出来となっております。

      ゲームとしては、おもむろにRPGですね。
      それも昔ながらテイストに戦闘を繰り返して経験値とお金を稼ぐという。

      ここでポイントなのが、いろいろでてくる戦闘艦に萌えられるか、です。
      新しい船を買ってカスタマイズに頭を悩ませるのが一番楽しいので、
      そういうところを面倒くさがる人にはオススメしづらい作品ではあります。

      ちなみに戦闘は三すくみのコマンドと、相手との距離要素を取り入れた
      リアルタイムバトルで、これがなかなか気を抜けません。
      相手との間合いを慎重に取りながら、ある時は距離を離して攻撃をかわし、
      またある時は敵が攻撃した隙をついて一気に突撃をかけたり。
      なかなか単純ながらもハマると楽しめる内容になっております。

      序盤ながら敢えて問題点を挙げるとすれば、
      DSだけにグラフィック面が少々残念な点でしょうか。
      もちろん及第点だとは思うのですが、色々と目が肥えていると
      やはり「ここはもっと精緻に……」とか思ってしまいます。
      ただ、そのぶん想像力がいろいろ補えるので一長一短ですが。

      あと、お金稼ぎがなかなかツライ!
      いちおう艦には倉庫モジュールを積むことができ、
      これを複数載せておけば適当に星巡りするだけでお金は入るのですが、
      なんとも微々たる額でして、正直正規軍相手に海賊行為したり、
      海賊相手に逆海賊したりと狼プレイになってしまいます。

      とまあ、いろいろ書いてみましたがまだまだ序盤。
      また途中経過なりクリア報告なりブログで書かせて頂きます。

      なんだかんだでwktk

      0


        E3 2009 で色々と発表されて今年の冬から来年にかけて
        ワクワクテカテカなTicoなのですが、やっぱりFF13もそのひとつ。

        新トレーラーが来てたのですが、改めて聞いてみると
        戦闘時のBGMカッコイイのですよねぇ。

        いろいろ調べてみるとあの単調に見えた戦闘も
        あれこれ仕掛けがあるようで。もう一度体験版やってみるかな。

        なにはともあれ、発売まではこれ聞いて首を長くする日々であります。

        葛城ミサト報道計画

        0
          PS3で「葛城ミサト報道計画」なるものが配信開始となりました。

          まあTicoはかつてエヴァに夢中になった一人ではありますし、
          ミサトさんのキャラも割と好きではあったのですが、
          今回ダウンロードしてみたのはファンだから、というわけではなく。

          むしろ人工音声がニュースを読み上げる、という意欲的な取り組みに
          心惹かれるものがありまして、ちょっと購入した次第。

          まず起動するとプロフィールを入力する画面になって、
          ここでまずしゃべります。んーむ、ちょっとひっかかる部分は
          あるけどコレで人工音声なら許容範囲かなーと思いつつ、
          いざ本番のニュース部分に行ってみたわけですが。

          これがひどかった。

          全然調整してないだろっというような棒口調で読み上げてくれて、
          聞いて2秒で「うわー、これはないわ」と思いました。
          公式サイトの紹介動画の音声の40%パフォーマンスです。
          速攻削除することにしたのですが、ここからがさらにひどい。

          「報道計画」の利用には「ニュースライセンス」なるものを
          買う必要があって、これが月額800円。実はこれ継続課金なのです。
          つまり放置しておくと毎月お金が引かれるという。

          しかもこのライセンスの自動更新の停止が「報道計画」のソフト上では
          行えないという理不尽っぷり。更新を止めるにはアカウント管理から
          ややこしい手順を踏んで止める必要があるという不親切仕様。

          どうみても客をだまして金を取ろうという魂胆が見え見えです。
          まあ、提供がバンダイナムコという時点でイヤな予感がしましたが。

          通常、ここのブログにはオススメ記事を載せるようにしてますが、
          これはあえてオススメしません。興味本位で覗くのもアウトです。
          まさしく君子危うきに近寄らずなコンテンツです。
          はっ、すると足をとられたTicoは小人なのかしら。

          発表、FF14

          0
            ただいま開催中のE3で■eの新作MMOが発表されました。

            その名もずばり「FINAL FANTASY XIV」。

            まさかFF13も発売されていないうちから
            正式にナンバリングタイトルとして出すとは思わなかった……

            案の定、ネットでは大騒ぎになっておりますが、
            さてそう簡単に移行できるかどうか。

            成功しているMMOの後継ソフトへの移行って難しいんですよねぇ。

            無限航路プロモアニメ

            0




              まだ発売前なのですがひそかにチェックしている
              セガのDS新作ソフト「無限航路」。

              そのプロモアニメがネットで公開されているのですが……
              これが無駄にクオリティ高い。いやーセガのこういうところ大好き。

              ゲームの方は自分だけの船を作ってスペオペやろうという感じですが、
              プロモアニメ見る限り据え置きで出してもよかったんじゃないかと
              思ったりなんだったり。もしくはせめてPSP。

              なんにせよ発売日が楽しみです。

              ゴミ箱 -GOMIBAKO-

              0
                PS@STOREのダウンロード専用ソフト「ゴミ箱」を購入しました。
                お値段は¥1500。配信タイトルはお値段安いのがいいですな。

                内容はテトリスみたいな落ち物パズルなのですが、
                落ちてくるものが「ゴミ」というのがポイントです。
                鉛筆や消しゴム、電球といったものから、マグカップやダンベルなどの
                こんなところに捨てるなよというものまで盛りだくさん。

                基本的に落ちてくるゴミを隙間なくゴミ箱に詰めて、
                全部のゴミを納めればクリアなのですが、運ばれてくる量がどうみても
                ゴミ箱の許容限界を超えております。

                そこでこのゲームならではのゴミ処理の出番です。
                基本の動作は「スマッシュ」。
                ゴミを勢いよく落として、こなごなにして体積を減らしていきます。
                電球などはすぐに砕けますがマグカップなどは叩きつけてから、
                さらに上から硬いものを落としてやらねば壊れません。

                一方で「台所用スポンジ」などのかさばるけど壊れないゴミもあります。
                こういうのはうまくまとめておいて、マッチが運ばれてきたら一気に
                焼却処分! こうしてうまくゴミを減らしていきます。

                このゲームの面白いところは、ゴミが落ちて壊れて破片が散らばる部分に
                物理演算をしっかり駆使していて、思わぬ隙間にゴミが収まってくれたり
                かと思えば目論見が外れて予想外にゴミが積みあがったりするところ。

                店頭でパッケージソフトとして売られているソフトよりも、
                こういう配信専用ソフトの方が小ネタを活かしてうまくPS3の
                性能を引き出しているように思えますなー。

                FF13体験版

                0
                  「FF7 ADVENTCHILDREN COMPLETE」を買いました。
                  映像作品としてもまあ気に入っているのですが、今回の目当てはFF13体験版。

                  買ってきて早速遊んでみたのですが、まあ体験版とはいえ……

                  大丈夫かスクニエ?という出来で少々心配。具体的には

                  ・ライトニングさん萌えない萌えにくい!
                  ・他の登場キャラも見ていて痛い言動が目につく。
                  ・許容できるキャラがヒヨコアフロのみという理不尽さ。
                  ・戦闘画面にいちいち切り替わる。なんでシームレスじゃないの?
                  ・戦闘がコマンド選択式でもっさり。面白みがない。

                  グラフィックは綺麗ですよ、さすがに。
                  でも描き込みすぎて逆に分かりづらいとゆーかなんとゆーか。
                  むしろぱっと見の絵が綺麗なだけにシステム面の古臭さが鼻につきます。
                  これだけのグラフィックを表現できるのであれば

                  ・FF7をリメイクしてほしい。
                  ・むしろゼノギアスをリメイクしてほしい。
                  ・とゆーかFF11をこのグラでリニューアルしてほしい。

                  といった具合に色々と不満点が残る体験版でありました。
                  実際の製品はまた違うだろうし、それはそれで買うとは思うのですが、
                  ホントに今後のスクエニが少々心配であります。

                  デモンズソウル

                  0
                    Demon¥'s Souls(デモンズソウル)
                    Demon¥'s Souls(デモンズソウル)
                    ソニー・コンピュータエンタテインメント

                    発売から気になっていてワクテカしていた「デモンズソウル」、
                    買おうかどうしようか迷ってましたが、量販店のポイントが
                    結構たまっていたのでえいやっと購入しました。

                    まだ序盤も序盤なのですが、いや、面白いです。
                    制作はキングスフィールドを作ったフロムソフトウェア。
                    ということは当然序盤から自キャラを殺しにかかってきます。

                    たとえば、チュートリアルを終えて最初に挑戦するステージ。
                    城門の前まで一見何もない階段が伸びていると思いきや、
                    8体ばかりの敵が物陰に隠れて待ち伏せしています。
                    一匹に気を取られていると背後から切りかかれたり。
                    雑魚敵とはいえ、対処を誤るとあっという間にピンチです。
                    ひさびさに歯ごたえのあるゲームですネ。
                    もちろん高所から落下するとダメージを受け、
                    あまりに高いと即死。手加減してくれません(笑)

                    さて、最近のゲームなら当然のようにネット対応なのですが、
                    このデモンズソウルではちょっと面白い試みをしています。
                    たとえば、床に残された血文字。
                    「この先待ち伏せあり」「落下注意!」とか
                    他のプレイヤーが残したメッセージがあちこちにあります。
                    他にも床に残した血痕を見ると、残したキャラクターが
                    どんな最後を遂げたのか再現映像で表示され、
                    「みんなで攻略している」感じがなかなかよさげ。
                    先の方に進むとボス戦などで他のプレイヤーの協力を
                    求めることもできるそうで、これも期待大です。

                    重厚なダークファンタジーの世界が楽しめるこの作品、
                    遊ぶ人は選びそうですが、はまればとことん楽しめそうです。

                    Flowery

                    0
                      パッケージソフトではなかなか面白そうなソフトが出ない、
                      または、出ても金額の割にボリューム不足と、
                      なにかと悩みのPS3ですが、実はPS@STOREで
                      購入できる配信専用ソフトに面白いゲームが揃っていたりします。

                      このFlowery(フラアリー)もそのひとつ。

                      マンションの窓辺に置かれた植木鉢を
                      じっと見つめるところから不思議な旅が始まります。

                      世界が切り替わり、風に舞うひとひらの花びらになります。
                      コントローラーのSIAXISで自在に向きを変え、○ボタンで勢いをつけます。
                      操作は実にシンプルで、心地いい。

                      広がるのは見渡す限りの灰色の景色。
                      そんな中にひっそりと彩りを与えている花のつぼみたち。
                      風にのって優しく撫でてあげると、つぼみがふわっとひろがります。
                      花を咲かせていくうちに風に舞う花びらは増えていき、
                      特定の一群を咲かせることで、灰色の景色に「色」が戻ってきます。
                      そうやってフィールドを自由に吹き抜けながら、
                      味気なかった世界に命を吹き込んでいく。

                      不思議な感じだけど、どこかで見たことのあるシーンだな、と思ったら、
                      お気に入りのゲーム「大神」の神降ろしと似ているんですよね。
                      あちらも元気のなくなった命の木を咲かせることで、
                      よどむ穢れを払い大地に生気を吹き込む行為でした。

                      FloweryはPS3ならではの物理演算とグラフィックで、
                      この不思議なゲームに命を与えています。
                      これで価格が実に800円というのだからオドロキです。

                      いまのゲーム業界はなにかと先の見えない状況ですが、
                      こういう面白いアイデアを活かしたゲームを
                      ネット配信で売っていくスタイルが主流になっていくかもしれませんね。


                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << September 2017 >>

                      Phantasy Star Online 2

                      PSO2_200x200_応援バナー02

                      @ticoruzel on Twitter

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 鹵獲! 鹵獲!
                        Cattail
                      • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
                        Tico
                      • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
                        Lumina
                      • 艦これ クリスマスシーズン!
                        Tico
                      • 艦これ クリスマスシーズン!
                        Lumina
                      • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
                        Tico
                      • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
                        Lumina
                      • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
                        Tico
                      • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
                        Lumina
                      • 艦これファンジンSS vol.4 「命短し恋せよ艦娘」
                        Tico

                      recent trackback

                      recommend

                      艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 艦娘型録
                      艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 艦娘型録 (JUGEMレビュー »)

                      艦娘のイラストや台詞を収録。史実にまつわる設定もこれで分かる! 提督必携の一冊!

                      recommend

                      torne(トルネ)(CECH-ZD1J)
                      torne(トルネ)(CECH-ZD1J) (JUGEMレビュー »)

                      PS3で地デジが見れる! PS3で録画ができる! 軽快で使いやすい操作画面が魅力の一品。

                      recommend

                      艦これ改 通常版 (特典無し) 【Amazon.co.jp限定特典】付
                      艦これ改 通常版 (特典無し) 【Amazon.co.jp限定特典】付 (JUGEMレビュー »)

                      艦これがついにPSVitaに! 手のひらで繰り広げられる艦娘たちのドラマに心躍らせろ!

                      recommend

                      ねんどろいど 艦隊これくしょん -艦これ- 大和 ノンスケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア
                      ねんどろいど 艦隊これくしょん -艦これ- 大和 ノンスケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア (JUGEMレビュー »)

                      艦これの「大和」がついにねんどろいどに登場! その美しさと艤装をキュートに表現した造形はコレクションもの!

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM