艦これ:水着追加&アクィラお迎え!

0

    艦これ夏イベントは今月末までなのですが、

    艦娘が水着姿なのは変わらず。敵も味方もバカンス状態です。

     

    そしてうれしいことに先にアップデートから

    追加して水着姿の艦娘が登場です!

     

    kancolle_160819_220655_01.jpg

    【元気いっぱいイタリア艦娘リベッチオ……こだわりを感じる布の余り具合】

     

    kancolle_160820_001515_01.jpg

    【中破したら……アウトォォォ! だめです犯罪の匂いがします】

     

    kancolle_160819_220722_01.jpg

    【クールなドイツ艦娘Z3ことマックス・シュルツ。これまた攻めてる水着ですな】

     

    kancolle_160820_000634_01.jpg

    【そして中破絵。アウトどころかダブルプレイじゃねえか……】

     

    よりによって駆逐艦娘たちにきわどいのを着せたのは

    夏コミ後実装のことだというのは運営の良心……なのかなあ。

     

    さてさて、夏イベントですが、完走はしたものの、新規艦娘をお迎えするべく

    E-3丙でボス通いしておりました。俗にいう「レア掘り」でございます。

     

    周回すること50周め、ボーキサイトも4桁に割り込み

    ぼちぼち資源があぶなくなってきたところで、ようやく、

     

    kancolle_160819_070118_01.jpg

    【アクィラさんお迎え! イタリア艦娘の空母です!】

     

    来てくださいましたぁぁぁ! 朝に艦隊だしたら来たので一気に目が冴えました。

    能力は軽空母なみの正規空母というちょっと残念な子ですが、

    空母陣は数が限られているのでどんな子でもありがたい……!

     

    ところで。

     

    kancolle_160819_220500_01.jpg

    【5-4レベリングで中破しちゃったアクィラさん】

     

    ……黒い紐パンなんスね、お姉さん……

     


    艦これ:2016梅雨mode

    0
      艦これは「総力戦」の春イベントが終了して、
      個人的にちょっとギアをゆるめているTicoです。

      先の記事のようにFateGOに入れ込んでいるので、
      そのぶんこちらがおろそかに……あわわ。
      まあ最低限の任務はこなしております。

      さて、先のイベントではいくつかのレア艦を掘りの結果、
      お迎えすることができました。

      kancolle_160507_121506_01.jpg
      【春風さん。袴姿がしゅっとしていますね】

      kancolle_160514_065936_01.jpg
      【瑞穂さん! 前からお迎えしたかった水母さんです】

      kancolle_160516_233533_01.jpg
      【親潮さん! 午前3時のボイスは必聴もの!】

      IMG_2319 (編集済み).PNG
      【嵐さん! リモートで会社の昼休み中に来ました】

      駆逐艦が多いですが、ぼちぼち育てていかないとですねえ。
      さてさて、艦これは梅雨modeということで限定グラフィックが実装されています。

      kancolle_160602_061839_01.jpg
      【清霜。構えるな構えるな。危ないっちゅーねん】

      kancolle_160602_062135_01.jpg
      【早霜。いつもは静かな表情なので笑顔が映えますね】

      kancolle_160602_062205_01.jpg
      【曙。安定の季節美人】

      kancolle_160602_062229_01.jpg
      【夕立。元気いっぱいのレインコートっぽい!】

      kancolle_160610_194259_01.jpg
      【最上。もっさりレインコート。だがそれがいい】

      kancolle_160610_194321_01.jpg
      【夕張。傘をもってお出かけなのか、提督に差し出すのか】

      kancolle_160610_194353_01.jpg
      【千歳。コートがかっこいいですね、和傘もポイント高し】

      kancolle_160610_194404_01.jpg
      【千代田。姉とおそろいですね】

      kancolle_160602_062249_01.jpg
      【そして差分の女王、瑞穂! その三方、便利ですね】

      ちなみに先行実装でAndroid版も始まっておりますが、
      Ticoは枠からはずれたのでまだ携帯では遊べないのじゃよ。ちょーん。

       

      艦これ2016春イベント:E-7 波濤を越えて

      0
        敵戦力が集結する泊地への攻撃は、
        奪還こそ叶わなかったものの大きな成果を収めた。
        友軍を救援せよ!連合艦隊、抜錨!


        というわけで、熱いメッセージと共に最終ステージE-7です。

        kancolle_160506_171444_01.jpg
        【基地航空隊も動員してのまさに今次作戦の集大成!】

        kancolle_160506_171453_01.jpg
        【友軍艦隊を救うべく、敵中枢に再度攻撃をしかけます!】

        イベント当初は基地航空隊が思うようにダメージをあげない不具合があったものの、
        修正後のいまはいかに航空隊を活用するかに作戦の成否がかかってきます

        具体的には1個飛行隊を防空に上げ、残りをすべてボスへ集中
        これで大打撃が見込めるのです! なので、E-5やE-6よりは簡単かもしれません。

        kancolle_160506_172308_01.jpg
        【E-7の海域MAP。やはり深海棲艦の色、紅に染まっています】

        Ticoはこの海域を次の編成で挑みました。

        kancolle_160506_173508_01.jpg
        【第一艦隊。赤城、大和、武蔵、鳥海、瑞鶴、翔鶴】

        kancolle_160506_173512_01.jpg
        【第二艦隊。大淀、北上、雪風、秋月、足柄、Prinz Eugen】

        装備などはほぼE-6と共通ですが、赤城さんは艦戦の烈風マシマシにしてあります。
        というのも、これで丙なら道中の制空権をほぼ押さえることができるのです!

        kancolle_160506_171820_01.jpg
        【丙でも道中で待ち受けるのは鬼がいたり】

        kancolle_160506_172140_01.jpg
        【フラヲに駆逐姫が待ち受けていたり】


        なかなかの難敵が道中はそろいますが、きっちり道中支援をフルパワーで出せば
        あぶなげなくボスへ到達することができます。


        kancolle_160506_225058_01.jpg
        【とどめ段階では鳥海を速吸に変えて、洋上補給を実施!】

        基地航空隊の2連集中+航空戦+航空支援攻撃でボスのHPをほぼ半分に削れますので、
        あとは殴るべし、殴るべし!


        kancolle_160506_225407_01.jpg
        【足柄さんが見事決めてくれました。さすが飢えた狼!】

        E-7クリアにより、友軍艦隊が鎮守府に来てくれます。そう、あの!

        kancolle_160506_225534_01.jpg
        【アイオワさんお迎え! ようこそ!】

        kancolle_160506_225550_01.jpg
        【赤かった海域も青い色に落ち着きました】

        kancolle_160506_225604_01.jpg
        【これにて全作戦クリア! お疲れ様でした!】

        kancolle_160506_230907_01.jpg
        【なお、終了後の資源とバケツの状況ですが……】

        スタート時は燃料13万、弾薬11万、鋼材30万、ボーキ6.6万、バケツ992杯でしたから……
        消費は燃料7.5万、弾薬6万、鋼材3.5万、ボーキ2万、バケツ332杯ですか。
        うまくやりくりすればE-3とE-4は甲で行けたかもしれませんが、
        資源の減り具合のにらめっこを考えると早めに丙に変えてよかったかもしれません。

        今回のイベントですが、
        Ticoは事前の準備などありましたから運よくクリアできましたが、
        WG42や特二式内火艇などそろえておかないとつらいものがあり、
        できればそういうものの手当を事前にしておいてくれればよかったな
        と思います。

        丙でさえこんなに息ゼイゼイなのですから、甲はいかばかりか。
        最近の艦これ運営はピーキーな難易度調整をして、
        程よく楽しめるレベルにしていないんじゃないかなあ……


        なにはともあれ、春イベントの「総力戦」はクリア。
        艦娘の皆が無事なのがなによりです。新しく来た子を鍛えつつ、次に備えましょうか。

        【ニコニコ動画】今回の春イベを、いつものあの方が激励するそうです。【艦これ】

         

        艦これ三周年&準備着々!

        0
          春イベント間近となった艦これですが、
          昨日のアップデートで3周年記念イベントが展開されています。

          kancolle_160422_235009_01.jpg
          【三周年記念の掛け軸。金剛作でプロマイドつき!】

          ほかにも三周年記念の限定グラフィックがあったりします。

          kancolle_160422_221606_01.jpg
          【長波サマ。花束と笑顔がまぶしいですね】

          kancolle_160422_221627_01.jpg
          【提督をダメにする艦娘で首位を争う夕雲さん】

          kancolle_160422_221647_01.jpg
          【春雨さん。抱えている花束は何でしょうね?】

          さて、春イベントに向けて鎮守府の戦力も拡張中。
          本格的に復帰したTicoは着々と準備をしています。

          kancolle_160423_003403_01.jpg
          【霞改二乙! 大型電探も防空カットインもできるワザマエ!】

          kancolle_160415_063128_01.jpg
          【皐月改二! 機銃集中配備で防空カットインができます】

          kancolle_160415_144457_01.jpg
          【大潮改二! 夜戦火力では綾波に匹敵するすぐれもの!】

          kancolle_160422_221527_01.jpg
          【江風改二! なんというか魔人っぽい服装に……】

          さて、これらの新規改装艦娘ですが、共通しているのが
          大発系を運用できるということ。

          大発系には改修が追加されて上陸作戦用に使える陸戦隊などに
          変えることができます。これは春イベントで何かあるなとみて、
          装備系も整えています。

          kancolle_160319_200248_01.jpg
          【八九式中戦車&陸戦隊! 妖精さんが戦うの?】

          kancolle_160415_104129_01.jpg
          【特二式内火艇! カミ車なのです、あがめるのです!】

          春イベントに向けては、修復バケツ900、燃料弾薬各10万をそろえられそうで、
          万全の態勢で臨むことができそうです。今度はきちんと難易度に挑戦したいなあ。


           

          バトルの流れ in りっくじあーす

          0
            先日来のめりこんでいる「りっくじあーす」ですが、
            艦これメソッドを採用しているゲームながら一線を画しているのは、
            タクティカル要素の強いへクス戦闘でございましょう。

            艦これだと何をどう攻撃するかは運だよりでして、
            まあそれゆえに思いがけぬドラマが生まれたりもするのですが、

            りっくじあーすはユニットの指示を司令官が出すので、
            偶然の介入する要素があまりありません。
            それゆえに勝利も敗北もロストも司令官の責任なので、
            ある意味で納得感があります。

            というわけで本記事では艦これを引き合いに出しながら、
            りっくじあーすならではのバトルにクローズアップしてみたいと思います。

            さて、バトルに当たっては出撃エリアを選ぶ必要があります。
            艦これだと海域選択ですね。

            rick_01.png
            【まずは師団ごとに分かれた地方選択】

            rick_02.png
            【次に都道府県を検索。これがステージ選択となります】

            rick_03.png
            【つぎにエリア選択。これが艦これでの戦闘マスになります】

            そう、りっくじあーすは艦これでの戦闘マスをぷちぷちローラーしていって
            エリアの攻略を進めていくゲームなのでございます。

            rick_04.png
            【出撃準備画面】

            出撃準備画面では、
            バトルで航空支援を要請するか、偵察を出すか、などを決めます。
            なお右下の「出撃」ボタンのところにある資源は、出撃コスト。
            そう、りっくじあーすは「補給」という仕様はなく、
            部隊出発時に規定の資源コストをし払う形になっています。
            このあたり、バトルに集中させるために面倒なところは省いていますね。

            「出撃」ボタンを押したら、いよいよ戦場へ!

            rick_05.png
            【戦闘前の偵察画面。バイクやヘリが敵情視察してきます】

            偵察にはバイクかヘリが必要ですが、索敵結果によって消耗する仕様になっています。
            索敵が成功すれば敵の布陣を先にみることができ、同時に先手を取ることができます。

            逆に索敵を出さない戦闘も可能で、この場合は後手となります。
            布陣を確認するまでもない相手、敵の動きを先に知りたい場合には使えるでしょう。

            rick_06.png
            【展開陣形の選択。楔が一番オーソドックスなのかな?】

            艦これでは艦隊陣形で攻撃や回避に影響を受けましたが、
            りっくじあーすでは純粋にユニット配置です。
            地形や敵陣に合わせて展開するのが吉。

            いよいよバトル開始ですが、ここで支援要請を前もって出しておくと……

            rick_07.png
            【F2支援戦闘機飛来! 航空支援を行います!】

            rick_08.png
            【縦方向に空爆をしてくれて敵にダメージ!】

            艦これにも支援艦隊という仕様がありましたが、
            りっくじあーすでは空自(?)がサポートしてくれるようです。
            敵を一撃で葬りることはありませんが、そこそこダメージは与えてくれるので、
            特にタフな戦車やボス級がいるときは便利です。

            ちなみに。支援タイミングは開始直後か1ターン終了後のどちらかだったりするので、
            すでに交戦に入っていると、味方が空爆に巻き込まれることも。
            その時は支援戦闘機ちゃんから「ゴメンゴメン」とテヘペロなお詫びがもらえます。

            rick_09.png
            【どっかんどっかん撃ち合い。アニメーションはへクス上で展開されます】

            バトルで一番頼りになるのは陸の王者こと戦車ですが、
            戦車を壁役にうまーくミックスするのが勝利のコツです。
            といいますのも、武器ごとに得意不得意があるのですな。

            rick_10.png
            【90式戦車が機関銃で攻撃! 相手は歩兵だったり】

            ユニットごとに火力の能力値が設定されていますが、
            実際のダメージ計算では、搭載している武器に左右されることが大きいのです。
            戦車砲は歩兵相手にはあまり効かなかったり、ヘリに攻撃できなかったり。

            特に愛知県や静岡県といった実装分終盤のステージには
            敵側にヘリがわんさか出てくるので、高射機関砲を用意したり、
            駐屯地娘に対空ミサイルかつがせたりする必要があります。


            また、単に敵を排除するだけなら火力重視の編成になりますが、
            鹵獲を狙おうとしたら駐屯地娘にそれ用の装備をして臨む必要があります。

            rick_11.png
            【駐屯地娘の明野さんがスナイパーライフル発射!】

            rick_12.png
            【敵戦車を鹵獲! しかしすごい絵面だ……】

            鹵獲は敵を倒しちゃダメなんですよねー。
            詳しくはこちらの記事をご覧くださいませ。

            rick_13.png
            【勝利! 勝利条件にはいくつかあります】
             
            ・敵を全滅させる
            ・リーダーを大破に追い込む
            ・敵拠点を落とす
            ・時間制限で戦略ゲージでの判定

            以上が勝利条件です。どうにも敵が手ごわいなーと思ったら
            機動力重視の編成にして拠点を落としに行ったり、
            ある程度戦果を稼いだら逃げ回って時間切れねらったりもありですね。

            rick_14.png
            【リザルト画面】

            リザルトでは経験値の配分のほか、MVPも表示されます。
            このあたりは安心の艦これメソッド。

            rick_15.png
            【鹵獲した敵はここで仲間にすることができます】

            rick_16.png
            【最後に、運がよければ駐屯地娘が合流してくれます!】

            以上がりっくじあーすでの戦闘の流れになります。
            艦これと違ってへクス戦闘があるぶん、そこにフォーカスして快適性を
            追求した作りになっておりますね。


            また、「単に勝つ」だけならそんなに難しくないのですが、
            鹵獲を狙いだすとぐっと面白くなってくるのもポイント高いです。

            さてさて、4月には北関東エリアの追加に加えて、新規キャラの追加もあるそうです。
            アップデートが楽しみなりっくじあーす、これからも応援したいですね。

            ぼちぼちと艦これに復帰

            0
              Fate/Grand Orderの狂奔の日々からちょっと足を洗って
              ぼちぼちと艦これに復帰しているTicoでございます。

              え、何があったかって? 
              皆まで聞くな、ちょっと疲れたんですよ。
              ええ、軍資金的な意味で

              艦これは遠征を一日一回出す程度だったんですが、
              冬イベント前に追い込みでバケツなどなど集めまして、
              どうにか丙続きですが冬イベはクリアできました。


              後から「甲作戦ならE-1で瑞穂と海風がお迎え可能だったのに」
              聞いて地味に泣いたけどネ!

              まあ、そんなTicoも収穫がなかったわけではなく


              【礼号作戦突破でお迎えの初月! 防空駆逐艦!】


              【捷四号作戦突破でお迎えのザラ! 姉妹艦のポーラが気になる……】

              これらイベントクリア報酬の艦娘だけでなく


              【ドロップ限定の今回追加艦娘である沖波!】

              そしてそして、


              【秋イベントではお迎えできなかったグラーフ・ツェッペリンが!】

              とお迎えできましたし、道中で天城さん(二人め)や大淀さん(二人目)が
              来たりしたので、その意味ではまずまずだったのではないでしょうか。


              春イベントは時間に余裕もあるだろうし、しっかり記事書きたいなあ。

              最後に動画の紹介です。なかなか面白いのが上がっていたのでご紹介しますね。



               

              FateGO:ぐだぐだ本能寺、開幕!

              0
                FateGOはイベント「ぐだぐだ本能寺」が開催となりました!

                IMG_1641.PNG

                もとはWEB掲載の経験値先生のマンガ
                「ぐだぐだオーダー」から派生したもので、
                そもそもは割でデフォルメでギャグだらけなのですが、

                そこで主役を張っていた二人、
                桜セイバーと魔人アーチャーがピックアップとして
                登場することに。

                Ticoとしては、
                「まあ桜セイバー星5だし当たらないし何かピックアップ礼装当たれば」
                と思って、(それでも)とりあえず召喚してみたのですが、

                IMG_1634.PNG
                【なんと1回目で……こ、これは!】

                というわけで

                IMG_1677.PNG
                【桜セイバーこと沖田総司、推参!】

                ええ、イベントで効果があるということで
                早速育て上げましたよ。

                IMG_1678.PNG
                【沖田さん霊基再臨1段階目、ニンジャっぽい姿に】

                IMG_1679.PNG
                【沖田さん霊基再臨3段階目、羽織を羽織って新鮮組】

                IMG_1680.PNG
                【沖田さん霊基再臨MAX、めんこい、実にめんこいですな】

                さて、イベントの方でございます。

                IMG_1636.PNG
                【ファッ!?】

                ストーリーモードはギャグ満載で実に笑える代物。
                主役は桜セイバーと魔人アーチャーの二人ですが、
                二人ともギャグ日和で進むという。

                IMG_1658.PNG
                【戦闘もこんな感じで、なんだコレは】

                IMG_1665.PNG
                【イベント自体はポイントとアイテムを集めていきます】

                イベントは
                ・ポイントを集めて貯まり具合に応じたアイテムをもらえる
                ・イベントアイテムを集めてアイテムと交換する
                となっておりまして、周回前提となっております。

                目玉はイベントポイント貯めでもらえる魔人アーチャーこと
                織田信長でございましょう。

                IMG_1675.PNG
                【魔人アーチャーこと織田信長、光臨!】

                アイテム入手で霊基再臨することができまして、

                IMG_1676.PNG
                【織田信長、霊基再臨MAX。これは……誘ってますわ】

                イベント限定の概念礼装も、もりだくさん。
                装備させることでイベントが有利に運びます。

                IMG_1672.PNG
                【Fateぐだぐだオーダー、経験値先生の絵が光ります】

                IMG_1671.PNG
                【打ち上げオーダー! 左が沖田、右が信長】

                IMG_1670.PNG
                【そして、ぐだお。この漫画が全て物語ってるとゆーか】

                イベントは開始当初は鯖落ちなのでぐだぐだしましたが、
                いまのところ好評のようで、Twitterにはマスターたちの
                阿鼻叫喚が繰り広げられています。

                さてさて、イベント以外のTicoさんのサーヴァントですが、

                IMG_1624.PNG
                【アルテラさん、霊基再臨MAX! さすがに強いです】

                IMG_1664.PNG
                【エミヤ、霊基再臨MAX! カッコイイ!】

                そしてまた喫茶店で召喚してみたところ……

                IMG_1650.PNG
                【こ、これは……!】

                IMG_1681.PNG
                【なんと第1章のヒロイン、ジャンヌ・ダルクが!】

                やー……育てる暇がありませんぜ。マジで。
                なにはともあれ楽しめることはいいことです。
                とりあえずイベント完走がんばるべー。

                 

                FateGO:一軍メンバー霊基再臨MAX!

                0
                  前に記事を書いたFate/Grand Orderですが、
                  実装済みのストーリークエストは終わらせて、
                  とりあえずキャラ育成に走っておりました

                  FateGOでのキャラ育成は、次の4パターンがありまして、
                  1、経験値アイテムを集めてレベルを上げる
                  2、同じキャラを合成して宝具(必殺技)のランクを上げる
                  3、必要アイテムを消費してスキルのレベルを上げる
                  4、霊基再臨(キャラ進化)をしてレベルキャップを解放する

                  どれもゲームを有利に進めるためには必要なことですが、
                  中でもプレイヤー的に気合が入るのが「4、霊基再臨」ですねえ。

                  IMG_1461.PNG
                  【霊基再臨の様子。単なるレベルキャップ解放じゃありません】

                  霊基再臨すると新しいスキルが習得できるほか、
                  キャラのグラフィックが変化するという実にうれしいご褒美が!
                  わけてもMAXまで霊基再臨すると、とても綺麗なイラストが拝めます。

                  Ticoがメインで使っているサーヴァント(キャラ)は5体いるのですが、
                  つい先日、5体とも霊基再臨MAXにまでこぎつけました

                  IMG_1474.PNG
                  【リーダーを任せているエリザベート。アイドルカワイイ!】

                  IMG_1472.PNG
                  【盾役担当のシュヴァリエ・デオン。凛々しいながらもたおやかさが】

                  IMG_1484.PNG
                  【ダメージソースのヴラド三世。素敵オジサマ!】

                  IMG_1478.PNG
                  【控えメンバーその1、牛若丸。着込んで行くスタイル】


                  【控えメンバーその2、荊軻。なにげにドラゴンを一撃必殺しちゃう人】

                  おお、おお、やっぱり気合が入っていますなあ。
                  難儀な点としては、霊基再臨MAXまで行こうとすると、
                  必要アイテムが相当数いるので、「イーッ」となりながら
                  曜日クエストをこなしていかないと達成できないところですね。


                  現状では入手方法がイベントのみの素材もあったり、
                  出ることは出るけどそもそもドロップ率が悪かったり……

                  運営の方針ではイベントでそのあたり緩和しているようですが、
                  できれば曜日クエストに梃入れほしいのじゃよ。
                  現状では気力使い果たして他のキャラ育てようという気になれん……



                  さてはて、そのイベントですが、本日18時からハロウィーンイベントが開催されるとのこと、
                  霊基再臨用アイテムが交換でもらえたり、な、なんと、うちでリーダー務めている
                  エリザベートのキャスター(魔術師)バージョンがもらえたりとかいう、なかなかの素敵イベント。

                  期間は2週間ですが、できる限り頑張りたいところですねえ。

                   

                  艦これ:秋刀魚ミニイベント!

                  0
                    艦これは金曜日にアップデートがあり、UI周りの改善がありました。
                    地味に艦隊編成が便利になっていて、なかなか。

                    さて、ミニイベントとして秋刀魚祭りが開かれております。

                    kancolle_151010_164954_01.jpg
                    【秋刀魚。なぜわざわざ秋刀魚なのかは謎】

                    特定の海域(専用BGMが流れます)で戦うと秋刀魚がゲットできて、
                    その秋刀魚はいろいろと交換できるそうです。

                    Ticoが確認した限りでは、1-5、1-6、3-5で秋刀魚漁BGMが流れましたが、
                    装備をいろいろ工夫しないと漁獲はあがらないようです。

                    そして、秋刀魚祭りにあわせて期間限定グラフィックが!

                    kancolle_151009_200520_01.jpg
                    【釣る気満々の村雨】

                    kancolle_151009_200552_01.jpg
                    【意外と気合の入った釣り姿の曙】

                    kancolle_151009_200409_01.jpg
                    【秋の味覚(意味深)満載の潮】

                    kancolle_151009_200350_01.jpg
                    【そしてまさかの磯風。なんで秋刀魚焼くだけで「くっころ」感が】

                    kancolle_151010_173157_01.jpg
                    【なお大淀さんも秋刀魚の蒲焼缶詰を持ってきています】

                    まあ、秋刀魚取りはぼちぼちやっていきますかねえ。

                    ところで、月例のEX海域攻略でまさかのお迎えが!

                    kancolle_151010_171226_01.jpg
                    【早霜さんキター!】

                    まさか海域落ちしてるとは思わなかったので、これはうれしい。

                     

                    艦これ:翔鶴改二、そして浴衣美人せいぞろい!

                    0
                      ちょっと更新遅れましたが、
                      艦これは9月末にアップデートがありました!

                      目玉はなんといっても翔鶴の改二実装
                      試製甲板を必要とするなかなか難度の高い改装ですが、
                      これによって、帝国海軍の集大成といえる翔鶴型が本領発揮となります。

                      kancolle_150925_225948_01.jpg
                      【翔鶴改二甲! 黒い飛行甲板は装甲空母の証!】

                      今回の改二はちょっと変わっていて、通常空母として艦載機を増やすパターンと、
                      艦載機は減りますが、装甲・火力が強化される装甲空母となるパターンと選べます。
                      どちらに改装しても片方へ切り替えることができます。

                      カタパルトも装備しているそうで、ゆくゆくは大型艦載機やジェット機の運用も
                      可能ということで今後が楽しみですね。

                      さてさて、艦これは秋祭りシーズンまっさかりで、浴衣美人が勢ぞろいです。

                      kancolle_150925_230857_01.jpg
                      【千歳さん。清楚な感じの美人さんに仕上がっていますね】

                      kancolle_150925_230910_01.jpg
                      【千代田さん。こちらも華やかな着物が似合っています】

                      kancolle_150925_230927_01.jpg
                      【電。普段の穏やかな感じはそのままに】

                      kancolle_150925_232815_01.jpg
                      【雷。大団扇をもっているのがらしいっちゃらしい】

                      kancolle_150925_231031_01.jpg
                      【球磨。綿菓子がてんこもり】

                      kancolle_150925_231105_01.jpg
                      【多摩。金魚を見つめる目つきが微妙に不穏】

                      kancolle_150925_231005_01.jpg
                      【春雨。こちらは浴衣ではなく、ピンクの可愛らしい私服】

                      眼福眼福。
                      今週末には秋刀魚がらみのアップデートという謎告知がされていますので、
                      何が来るのか楽しみですね。

                      さてさて、潜水母艦の大鯨さんですが、もう一人きてくれたので
                      片方を軽空母の龍鳳として育てることにしました。

                      kancolle_150925_232846_01.jpg
                      【軽空母になったばかりの龍鳳。赤い着物が華やか】

                      kancolle_151007_064549_01.jpg
                      【龍鳳改。打って変わって青い着物に】

                      龍鳳は艦載機数に偏りがあるのが特長ですが、
                      龍驤などと同じような感じで運用できそうですね。

                       

                      艦これ:秋のシーズン、浴衣ぞろい!

                      0
                        艦これは(地獄の)夏イベントも終わり、秋シーズンとなりました

                        秋祭りのシーズンということで秋限定グラフィックと秋限定ボイスが実装!
                        今回は浴衣! あでやかな浴衣姿を拝めます!

                        kancolle_150907_205900_01.jpg
                        【大淀さん。麗しいですね】

                        kancolle_150907_205710_01.jpg
                        【江風。狐面とリンゴ飴! 綿菓子も抱えていますね】

                        kancolle_150907_205741_01.jpg
                        【浜風。欲張り大魔王状態】

                        kancolle_150907_210028_01.jpg
                        【浦風。射的姿がよく似合います】

                        kancolle_150907_205924_01.jpg
                        【朧。夏の水着のときと同じくカニさんがついてきてますね】

                        kancolle_150907_205943_01.jpg
                        【まさかの名取。しっとりと落ち着いた感じですね】

                        kancolle_150907_210005_01.jpg
                        【長柄。観測気球を模した風船でしょうか?】

                        kancolle_150907_205724_01.jpg
                        【最後に神通さん。しっとりとたおやか】

                        kancolle_150909_204736_01.jpg
                        【なお神通さん中破バージョン。やる気満々、さすが鬼百合】

                        夏イベントでささくれた心が癒されていくようじゃ……
                        なお、ボイスは↓こちらからご確認ください。物悲しさを感じる艦娘が多いですね。

                         

                        Fate/Grand Order

                        0
                          スマホゲーにハマる日がくるとはなー。
                          というわけで、Fate/Grand Orderを始めてみました。

                          IMG_1415.PNG

                          TicoはFate/Zeroから入ったクチなのですが、
                          聖杯を巡る魔術師同士の戦い、マスターとサーヴァントの関係、と
                          なかなか魅力的な世界には惹かれておりまして、暇つぶしにどうれと始めてみたところ、
                          思いのほかハマってしまいました。

                          通勤時間とか休憩時間にちょっと遊ぶのにいいのですなー
                          他のスマホゲーにくらべてグラフィックも綺麗でさくさく動くのもよいところです。

                          本作では主人公は「カルデア」という機関の新入りになり、
                          ひょんなことから事件に巻き込まれ人類を救うための壮大な聖杯戦争に参加することになります。
                          あまり詳しく話すとネタバレになってしまいますが。

                          やはりマスターになって過去の英雄である英霊を使い魔たるサーヴァントとして
                          命令をくだすことのなるのですが、これまでのFate作品以外に新規の英霊も追加され、
                          華やかなラインナップとなっております。

                          IMG_1404.PNG
                          【ライダー、牛若丸。なんと女体化&破廉恥姿で登場】

                          IMG_1405.PNG
                          【アサシン、荊軻。これも女体化してますが、TYPE-MOONならありがち】

                          IMG_1406.PNG
                          【ランサー、エリザベート・バートリー。罪を犯す前の無邪気な姿で現界】

                          IMG_1407.PNG
                          【セイバー、ジークフリート。北欧神話の龍殺しの英雄ですね】

                          IMG_1408.PNG
                          【バーサーカー、ランスロット。Fate/Zeroに出てきましたね】

                          IMG_1403.PNG
                          【シールダー、マシュ・キリエライト。主人公の相棒と言える存在です】

                          他にもサーヴァントはいっぱいいますが、Ticoの一軍メンバーはこんな感じ。
                          戦闘ではこれらのサーヴァントを編成してPTを組みます。

                          IMG_1409.PNG
                          【パーティ編成画面とゆーかクエスト開始前画面】

                          IMG_1410.PNG
                          【戦闘画面。操作はタップでさくさくと】

                          バトルシステムはどこかヴァルキリープロファイルの1に似ていますね
                          ゲージを貯めて大技を出したり、ポイント貯めてクリティカル出したり。
                          Arts、Quick、Busterの三つのカードのやりくりがミソです。

                          サーヴァントごとに「宝具」と呼ばれる必殺技が用意されていて、
                          使うとそれぞれに特別演出が出てきます。

                          IMG_1412.PNG
                          【牛若丸の対人奥義、壇ノ浦・八艘跳】

                          IMG_1413.PNG
                          【船をズバババッと飛び移って、最後にズバンと一撃!】

                          キャラの育成は作業ゲーなんですが、ストーリー部分の戦闘は
                          なかなか歯ごたえがあって、よく考えないと勝てないようになっています。

                          個人的には寝る前や通勤中や昼休憩時に遊べるのが大きいですね。
                          艦これは帰宅してからじっくり、Fate/GOは移動しながらになりそうです。



                           

                          艦これファンジンSS vol.50「金剛の甘やかなティータイム」

                          0
                            提督LOVEの艦娘って、きっかけは何なのでしょうね?

                            というわけで、艦これファンジンSS vol.50をお届けします。

                            夏イベント五部作にとりかかりたかったのですが、
                            なかなか難航しており、気晴らしに書いたのが今回のエピソードとなります。
                            そもそもはpixivの二次創作小説道場グループでの企画ものなのですが、
                            五部作の前日譚としてもちょうどいいかな、と。

                            金剛さんが提督ラブなのは異論の余地がないところなのですが、
                            さてはて彼女が惚れているポイントって何かしらと思って書いてみました。
                            企画のレギュレーション5000文字に沿ってますので、お手ごろに読めるかと思います。

                            最後にお約束の文言として、
                            「うちの鎮守府」シリーズは単品でもお楽しみいただけるように気を使っております。
                            本作からでもお読みいただけますし、気になったら過去作もどうぞ。


                            ちなみに金剛さんがでてくる過去エピソードは
                            vol.6「デライト・ティーパーティ」がございます。うわあ、随分前だなオイ。

                            それでは皆様、ご笑覧くださいませ。


                            --------------------------------------------------------------------

                            艦これファンジンSS vol.49「果報者」

                            0
                              夏イベント前に日常物を書いておきたかったんじゃよ。

                              というわけで、艦これファンジンSS vol.49をお届けします。
                              当初はpixivグループの企画「朝の情景」として書いたものですが、
                              夏イベント後に予定している五部作のプレ・プロローグとして仕立ててみました。

                              嵐の前の静けさというか、「波乱が起こる前の平穏」を書きたいなと思いまして。
                              主人公は神通さんですが、ケッコンカッコカリした艦娘どうしの
                              そこそこ緊張した、でもほんわかしたハーレムを描いてみたいと考えました。

                              なお、ケッコンカッコカリ関連のエピソードとしては、
                              vol.1「指輪の意味」(長門 http://ticosnote.team-expe.jp/?eid=1055364
                              vol.4「命短い恋せよ艦娘」(大和、陸奥 http://ticosnote.team-expe.jp/?eid=1055368
                              vol.14「お悩みむっちゃん」(陸奥 http://ticosnote.team-expe.jp/?eid=1055389
                              vol.33「花の想い、想いのかたち」(神通 http://ticosnote.team-expe.jp/?eid=1055428
                              などで過去作を書いておりますので、あわせてお楽しみ頂ければ幸いです。

                              最後にいつものお約束の文言として、
                              「うちの鎮守府」シリーズは単品でお楽しみいただけるように気を遣っております。
                              シリーズ途中の本作からでもおよみいただけますのでお気軽にどうぞ。


                              それでは皆様、ご笑覧くださいませ。

                              jintsu.jpg
                              ----------------------------------------------

                              艦これファンジンSS vol.48「もっとも暗きは」

                              0
                                鶴姉妹が主人公ってTicoの作品では初めてではありますまいか。

                                というわけで艦これファンジンSS vol.48をお届けします。
                                pixivの二次創作小説道場での企画SS「朝の情景」をお題に描いたものですが、
                                前二作が鎮守府で迎える朝だったのに対して、こちらは
                                「艦これで朝といえばこれを書かずに何を書く」的なお話になっております。
                                企画のレギュレーション5000字に沿っておりますので普段のTico作品よりは読みやすいかと。

                                なお、鶴姉妹は脇役であれば過去作でちょこちょこ書いておりますが、
                                瑞鶴が主人公であればズイカツ回である
                                vol.40「教えること、教わること」(http://ticosnote.team-expe.jp/?eid=1055448)がございます。

                                さて、お約束の文言として、「うちの鎮守府」シリーズは
                                単品でお楽しみ頂けるように気を使っております。
                                本作からでもお読み頂けますのでお気軽にどうぞ。


                                それでは皆様ご笑覧くださいませ。

                                Shokaku.jpg
                                ------------------------------------------------

                                艦これファンジンSS vol.47「いたわりの一椀」

                                0
                                  隼鷹と飛鷹のカップリングって名称ないんですかね。

                                  というわけで艦これファンジンSS vol.47をお送りいたします。
                                  今回は飛鷹と隼鷹の朝の情景です。間違いなく隼鷹こうなるよね、っていう。

                                  pixivの「二次創作小説道場」グループでの企画もの、
                                  「朝の情景」がお題となったものの二作目となります。
                                  5000字レギュレーションに沿っているので、普段の作品よりは読みやすいかと。

                                  飛鷹と隼鷹のお話でしたら、過去作で
                                  vol.「杯と共に巡る」(http://ticosnote.team-expe.jp/?eid=1055396)で
                                  隼鷹を主人公にかいていたりしますので、ご興味があればどうぞ。

                                  最後にお約束の文言として、
                                  「うちの鎮守府」シリーズは単品でお楽しみいただけるように気を使っております。
                                  本作だけでもお読みいただけますし、気になったら過去作もあわせてどうぞ。


                                  それでは皆様、ご笑覧くださいませ。

                                  kancolle_150802_195245_01.jpg
                                  ---------------------------------------------------

                                  阿武隈改二、そして龍田さん水着グラ!

                                  0
                                    艦これも夏イベントまでもうまもなくとなりました。
                                    運営Twitterから「合計7海域」と恐ろしいアナウンスがなされ、
                                    今年の夏はまたハードなイベントになりそうです。

                                    さて、本日、小アップデートがあり、龍田さんの水着グラが追加されました!

                                    kancolle_150731_224134_01.jpg
                                    【見事! 見事なエロスである!】

                                    天龍さんが「存分に泳いでくるぜ!」的な健康美だったのに対して、
                                    龍田さんはビーチサイドで優雅にパラソルさして寝そべってそうですねえ。
                                    匂い立つ色気がたまんねえや。

                                    あと、天城改の中破グラが差し変わりました。
                                    前は改装後もごろーんと横転していたのですが、今回のアップデートでこのように。

                                    kancolle_150731_224437_01.jpg
                                    【見事! 見事なスタイルである!】

                                    雲龍三姉妹は上二人が本当にナイスバディですねえ。

                                    さてさて、育成中だった阿武隈さんがようやく改二になりました。

                                    kancolle_150728_065053_01.jpg
                                    【一水戦の阿武隈さん、改二に。一気にイケメン化しました】

                                    阿武隈さんはなかなか面白い性能で、
                                    軽巡でありながら甲標的を積んで開幕雷撃に持ち込んだり、
                                    大発を積んで遠征成果をアップさせたり

                                    戦時に平時にと活躍できるスペックになっています。

                                    kancolle_150731_230758_01.jpg
                                    【雷撃値も高いですねえ】
                                    あとは五十鈴さんが装備次第で防空カットインができるようになったり、
                                    軽巡はバリエーション性能を出していく方向で打ち出していくみたいですね。
                                    重巡とは違ったパフォーマンスを発揮してくれそうで楽しみです。

                                    さてさて、夏イベントは8/10開始予定。頑張りたいですねえ。

                                     

                                    艦これファンジンSS vol.45 「彼女の思い、応える想い」

                                    0
                                      今回はなんと挿絵を描いてもらったのじゃよ。

                                      というわけで艦これファンジンSS vol.45をお届けします。

                                      もともとはpixivの某グループで「夏だからビーチバレーとかいいですね」と話していて、
                                      いっちょスポーツもので書いてみようかなと思っていたところに、友人のIWAKO氏からこんな相談が。

                                      IWAKO「艦これファンジンに挿絵を付けてみたいんだけど」
                                      ち    こ「ありがとうございます。でも艤装とか難しくない?」
                                      IWAKO「それな……」
                                      ち    こ「……潜水艦ならスク水で済みますやん
                                      IWAKO「それだ!」

                                      というわけで前々から書いてみたいと思っていた、ゴーヤ&ユーのエピソードに仕立ててみました。
                                      わけても「ユーちゃんがろーちゃんに変わるきっかけ」というのは興味があったので、
                                      そこにフォーカスも当ててみました。

                                      なお、潜水艦娘の過去作としては、
                                      vol.16「オリョールの群狼」(http://ticosnote.team-expe.jp/?eid=1055392)でしおいを主人公に、
                                      vol.38「わたしのともだち」(http://ticosnote.team-expe.jp/?eid=1055445)でまるゆを主人公に、
                                      それぞれ書いておりますので、良かったらどうぞ。


                                      いつものお約束の文言として、
                                      「うちの鎮守府」シリーズは単品でお楽しみいただけるように気を使っております。
                                      本作からでもお読みいただけますし、
                                      気になったら過去作のエピソードもお読みくださると幸いです。


                                      それでは皆様、ご笑覧くださいませ。

                                      kancolle_150725_011014_01.jpg
                                      --------------------------------------------------

                                      艦これ:夏真っ盛り!

                                      0
                                        艦これはこの7/17にアップデートがありました!

                                        季節家具の入れ替えや、夏限定ボイスの追加、
                                        一部艦娘の水着グラ追加などありましたが、
                                        一番の目玉は阿武隈のif改装でしょう。

                                        阿武隈はこの改装により軽巡でありながら
                                        甲標的を積んで先制雷撃ができるようになったり、
                                        大発を積んで遠征効果をアップさせたり、
                                        前線に出してよし後方支援に出してよしの器量よしになります。

                                        で、改装後のグラなんですが……

                                        kancolle_150719_191337_01.jpg
                                        【くっ、レベルが足りない!】

                                        改装にはLv75いるんですよねえ。しばらく阿武隈さんを演習に放り込んで育成です。
                                        夏イベントには間に合わせたいなあ。

                                        水着グラフィックはチェックしておきましたよ!

                                        kancolle_150717_224840_01.jpg
                                        【夕立。火力は駆逐艦ナンバーワンですがスタイルもなかなか……】

                                        kancolle_150717_224905_01.jpg
                                        【手を出したらヤバイ感じ満々の時雨さん】

                                        kancolle_150717_224824_01.jpg
                                        【世界水準軽く超えてる天龍さん。いろいろとバルジが……】

                                        kancolle_150717_224801_01.jpg
                                        【イタリア。なんというセクシー水着。こ、これが地中海!】


                                        【まさかの明石さん。なんかエプロンがセクシーです】

                                        こういうアップデートごとのまめなサービスみてると、
                                        本当に運営はマメだなあと感心しますね。

                                        さて、8月上旬に夏イベントが控えています。
                                        鎮守府も資源の備蓄を進めておりますが、なんとか今回も
                                        甲作戦で乗り切りたいですね。


                                        【往くぞ提督。資源の備蓄は充分か】

                                         

                                        艦これファンジンSS vol.43「勇気の証」

                                        0
                                          らぶらぶして書いた。やっぱり反省していない。

                                          というわけで艦これファンジンSS vol.43をお届けします。
                                          今回も前二作に引き続き、二次創作小説道場グループでの
                                          企画お題「キス」をテーマにしたものとなります。

                                          前二作がかなり百合テイストの強いものだったので、
                                          今回は提督と長門さんのノーマルラブをテーマに書いてみました。
                                          実は迫られると弱いんじゃないかなあ、長門さん。
                                          ゲーム内での待機ボイスでも「き、きらいではない……」とかいう台詞あるし。

                                          企画のレギュレーション5000字に沿っておりますので、
                                          いつもの長めのエピソードよりは読みやすいと思います。

                                          なお、いつものお約束の文言として、
                                          「うちの鎮守府」シリーズは単品でお楽しみ頂けるように気を使っております。
                                          本作だけでもちゃんとお読み頂けますので、お気軽にどうぞ。
                                          気が向いたら過去作にも目を通していただけると嬉しく思います。


                                          それでは皆様ご笑覧くださいませ。

                                          kancolle_150704_140221_01.jpg
                                          --------------------------------------------------------
                                           

                                          【神威乙女の黙示録】短編「琥珀」

                                          0
                                            Ticoのオリジナルファンタジー「神威乙女の黙示録」シリーズ。
                                            短編ではありますが、その最初の作品をお届けします
                                            実は以前pixivに投稿した、掌編「ファムファタール」と世界観は同じです。
                                            あの時はワンシーンだけ切り出しましたが、今回はエピソードとしてまとめてみました。

                                            本来の構想は長編なのですが、その前にキャラの特徴を掴みたいと思って書いたものです。
                                            同様の短編をあと二つ書いたら、長編にとりかかる予定です。

                                            【登場人物】
                                            ジゼ………………“幻想夢市”の常連で旅の絵描き。ローテの“従士”。彼女のお世話で苦労が絶えない。
                                            ローテシュネ……ジゼの旅の連れ合いで彼の絵のモデル。“神威の乙女”の一柱。ジゼにお世話させっぱなし。

                                            優れた芸術が人知を超えた力を持つ世界、ミューゼア。
                                            そこで繰り広げられる乙女と従士の物語をお楽しみ下さい。

                                            それでは皆様、ご笑覧あれ。

                                            ---------------------------------------

                                            艦これ:初夏到来っ!

                                            0
                                              本日、艦これのアップデートがありました。

                                              改グラフィックの変更があったり、初夏限定グラフィックがあったり、
                                              新海域が追加されたりでもりだくさーん

                                              kancolle_150626_211058_01.jpg
                                              【祥鳳さん改のグラフィック変更。より美人に!】

                                              ちなみに窓枠は初夏ならでは鬼灯の窓。すだれが涼しげですね。

                                              kancolle_150626_211118_01.jpg
                                              【村雨の期間限定グラフィック。駆逐艦にしては立派な……】

                                              kancolle_150626_211155_01.jpg
                                              【白露。日焼けしてるじゃねーか!】

                                              kancolle_150626_211219_01.jpg
                                              【漣。細い腰となめらかな腹と薄い胸がたまりません】

                                              kancolle_150626_211251_01.jpg
                                              【曙。この子の腰周りもなかなか……クソ提督呼ばわりは健在】

                                              kancolle_150626_211501_01.jpg
                                              【朧。意外と良いスタイルをしておいでです】

                                              kancolle_150626_211555_01.jpg
                                              【潮。その胸は実際豊満であった】

                                              しかしシーズン限定でこんなに大判振る舞いとは運営やってくれるのう。

                                              さて、新海域として6-3が追加されました。

                                              kancolle_150626_222915_01.jpg
                                              【K作戦と称してグアノ環礁の飛行場を航空偵察します】

                                              kancolle_150626_223222_01.jpg
                                              【道中で航空偵察を送り出すマスが出てきます】

                                              途中の敵は潜水艦や水雷戦隊で怖くないのですが、
                                              こちらは水上機母艦・軽巡・駆逐艦しか出せないので、
                                              ボスの戦艦や駆逐棲姫がなかなかの難敵……

                                              じっくり腰をすえて攻略しますかねえ。

                                               

                                              艦これファンジンSS vol.42「彼女と彼女のたわむれ」

                                              0
                                                またちゅっちゅして書いた。やっぱり反省していない。

                                                というわけで艦これファンジンSS vol.42をお届けします。

                                                vol.41「あの子のフレーバー」(http://ticosnote.team-expe.jp/?eid=1055449)と同じく
                                                pixivの「二次創作小説道場」グループでの企画お題作品として執筆したものです。テーマは「キス」であります。
                                                5000文字レギュレーションにのっとっておりますので、普段のTicoの作品よりはお気軽にお読みいただけます。

                                                vol.41のエピソードから派生して、
                                                「じゃあプリンツ・オイゲンにこんなことがあったら」と思って書いてみました。
                                                グループで「ビスマルクさんに惚れた」という方がいらしたので、彼女のかっこよさも描いてみました。

                                                なお、雪風とプリンツ・オイゲンの出会いについては
                                                vol.32「ゲルマンの魔女」(http://ticosnote.team-expe.jp/?eid=1055427)をお読みいただけるとより楽しめます。

                                                最後にいつものお約束の文言として、
                                                「うちの鎮守府」シリーズは単体のエピソードでお楽しみいただけるように気を使っております。
                                                vol.42ですが、本作だけでもお読みいただけますのでお気軽にどうぞ。


                                                それでは皆様、ご笑覧くださいませ。


                                                ---------------------------------------------

                                                艦これファンジンSS vol.41「あの子のフレーバー」

                                                0
                                                  ちゅっちゅして書いた。やっぱり反省していない。

                                                  というわけでインターバルが短いですが、
                                                  艦これファンジンSS vol.41をお届けします。

                                                  pixivの「二次創作小説道場」グループでの企画お題作品として執筆したものです。
                                                  ちなみにテーマは「キス」であります。
                                                  5000文字レギュレーションにのっとっておりますので、
                                                  普段のTicoの作品よりはお気軽にお読みいただけるかと。

                                                  キスの味って色々にたとえられますが、天津風を軸にちょっと艶っぽいものを書いてみました。
                                                  一応、レーティングではR-15かな? 軽い百合シーンを含みますのでご注意ください。

                                                  ちなみに登場する駆逐艦娘四人組ですが、『艦これ作戦手引書』の表紙から着想を得ました。
                                                  しずまよしのり先生の駆逐艦娘はみんなキュートですよね……はふう、いいものです。

                                                  最後にいつものお約束の文言として、
                                                  「うちの鎮守府」シリーズは単体のエピソードでお楽しみいただけるように気を使っております。
                                                  vol.41ですが、本作だけでもお読みいただけますのでお気軽にどうぞ。


                                                  それでは皆様、ご笑覧くださいませ。


                                                  ---------------------------

                                                  艦これファンジンSS vol.40「教えること、教わること」

                                                  0
                                                    ズイカツして書いた。やっぱり反省していない。

                                                    というわけで艦これファンジンSS vol.40をお届けします。

                                                    2015春イベント五部作が戦闘回続きだったので、今回は日常回がいいなーと思い、
                                                    同イベントで鎮守府にやってきた葛城を教える瑞鶴のエピソードを思いつきました。

                                                    艦これジャンルでは人気のあるズイカツやズイカガを自分なりに捉えて書いてみました。
                                                    それぞれの教える側と教わる側とで受け継がれるバトンをお楽しみ頂ければ幸いです。

                                                    お約束の文言として、「うちの鎮守府」シリーズは
                                                    単体エピソードでお楽しみいただけるように気を遣っております。
                                                    vol.40ですが本作だけでもすぐにお読みいただけますのでお気軽にどうぞ。
                                                    お気に召された方は他のエピソードもお読みいただけると幸いです。


                                                    それでは皆様ご笑覧くださいませ。


                                                    -------------------------------------------

                                                    艦これファンジンSS vol.39「月明かりの序曲」 5/5

                                                    0
                                                      えぴえぴして書いた。やっぱり反省していない。

                                                      というわけで、艦これファンジンSS vol.39をお届けします。
                                                      今回は五部作のエピローグに当たるエピソードです。
                                                      エピローグなのに「序曲」とはこれいかに。何の始まりなんでしょうか。

                                                      【前回までのあらすじ】
                                                      リランカ島占拠を要に欧州までの連絡路をつなげようという一大打通作戦、「第十一号作戦」が発令された。
                                                      限定作戦を前に沸き立つ鎮守府の艦娘たちに、ドイツから来たという艦娘も合流する。
                                                      先鋒を任せられた矢矧は大和と同じ戦場で戦えないことに不満を抱え、
                                                      ドイツ艦娘のビスマルクは人類への不信をあらわにし、艦娘の心を守りたいという提督を冷笑する。
                                                      そして武蔵は姉の大和に“艦隊総旗艦”の称号を贈るために長門にある勝負を持ち掛ける。
                                                      偵察作戦で無茶な作戦を立てた矢矧は仲間の助けもあって無事に任務を達成し、自分の進むべき道を見出した。
                                                      リランカ島攻略に波風を立てていたビスマルクも、金剛の言葉を得て、再び自らの帰るべき場所を見つけた。
                                                      ステビア海での決戦で長門は武蔵にその実力を見せつけ、“艦隊総旗艦”のゆえんを明らかにしてみせる。
                                                      そして作戦を完遂した帰途。月明かりの下で彼女たちが抱く思いとは、はたして――

                                                      全五部作で2015年春イベントを舞台にしたお話をお届けしています。
                                                      今回のエピソードは五作目に当たります。これまでお読みくださった方は
                                                      各エピソードの主人公たちがどういう心境の変化に至ったのか、お確かめ頂けると幸いです

                                                      なお、本五部作は番外編含めて次のようになっています。

                                                      vol.34:プロローグ(http://ticosnote.team-expe.jp/?eid=1055439
                                                      vol.35:威力偵察作戦【主人公:矢矧】(http://ticosnote.team-expe.jp/?eid=1055440)
                                                      vol.36:リランカ島攻略【主人公:ビスマルク】(http://ticosnote.team-expe.jp/?eid=1055441)
                                                      vol.37:ステビア海攻略【主人公:武蔵】(http://ticosnote.team-expe.jp/?eid=1055444)
                                                      vol.38:番外編【主人公:まるゆ】(http://ticosnote.team-expe.jp/?eid=1055445
                                                      vol.39:エピローグ(http://ticosnote.team-expe.jp/?eid=1055446

                                                      なお、いつものお約束の文言で、「うちの鎮守府」シリーズは、
                                                      どのエピソードから読まれても楽しめるように心がけています。
                                                      五部作のプロローグとエピローグはちょっと苦しいですが、
                                                      それ以外のエピソードはつまみ食いができるように気をつけていきますので、
                                                      お気軽にお読みくださいませ。


                                                      それでは皆様、ご笑覧ください。

                                                      kancolle_150430_052849_01.jpg
                                                      -------------------------------------------------

                                                      艦これファンジンSS vol.38 「わたしのともだち」 Ex

                                                      0
                                                        ゆるゆるして書いた。やっぱり反省していない。

                                                        というわけで艦これファンジンSS vol.38をお届けします。

                                                        タイトルにExとついているのは、いま書き進めている春イベント五部作の番外編なためです。

                                                        もともとはpixivの二次創作小説道場の6月企画で「宝石」を題材にというもので書いてみました。
                                                        5000文字に収めたミニ短編なのでいつもの作品よりお気軽にお楽しみいただけるかと思います。

                                                        一応、春イベント五部作はこのようになっております。

                                                        vol.34:プロローグ(http://ticosnote.team-expe.jp/?eid=1055439
                                                        vol.35:威力偵察作戦【主人公:矢矧】(http://ticosnote.team-expe.jp/?eid=1055440)
                                                        vol.36:リランカ島攻略【主人公:ビスマルク】(http://ticosnote.team-expe.jp/?eid=1055441)
                                                        vol.37:ステビア海攻略【主人公:武蔵】(http://ticosnote.team-expe.jp/?eid=1055444)
                                                        vol.38:番外編【主人公:まるゆ】(http://ticosnote.team-expe.jp/?eid=1055445
                                                        vol.39:エピローグ(6/7投稿予定)

                                                        いつものお約束の文言で、「うちの鎮守府シリーズ」は、
                                                        単品でお楽しみ頂けるように気を使っております。
                                                        vol.38となっておりますが、前後がわからなくてもお読み頂けます。


                                                        それでは皆様、ご笑覧くださいませ。


                                                        -------------------------------

                                                        艦これファンジンSS vol.37 「グランド・フラグシップ」 4/5

                                                        0
                                                          ながながして書いた。やっぱり反省していない。

                                                          というわけで、艦これファンジンSS vol.37をお届けします。
                                                          今回は武蔵が主人公のステビア海決戦です。
                                                          実は真の主人公はわれらが長門さんです。“艦隊総旗艦”と呼ばれる彼女の実力は具体的にいかなるものなのか?
                                                          そのあたりを書きたいと思い、今回筆を執った次第です。

                                                          【前回までのあらすじ】
                                                          リランカ島占拠を要に欧州までの連絡路をつなげようという一大打通作戦、「第十一号作戦」が発令された。
                                                          限定作戦を前に沸き立つ鎮守府の艦娘たちに、ドイツから来たという艦娘も合流する。
                                                          先鋒を任せられた矢矧は大和と同じ戦場で戦えないことに不満を抱え、
                                                          ドイツ艦娘のビスマルクは人類への不信をあらわにし、艦娘の心を守りたいという提督を冷笑する。
                                                          そして武蔵は姉の大和に“艦隊総旗艦”の称号を贈るために長門にある勝負を持ち掛ける。
                                                          偵察作戦で無茶な作戦を立てた矢矧は仲間の助けもあって無事に任務を達成し、自分の進むべき道を見出した。
                                                          リランカ島攻略に波風を立てていたビスマルクも、金剛の言葉を得て、再び自らの帰るべき場所を見つけた。
                                                          そして、いよいよステビア海での決戦。作戦の行方は、そして“艦隊総旗艦”の称号をかけた、長門と武蔵の勝負はいかに――

                                                          全五部作で2015年春イベントを舞台にしたお話をお届けしています。
                                                          今回のエピソードは四作目に当たります。プロローグで武蔵が気になった方は、
                                                          彼女が挑んだ長門にどんな強さを見出し、その勝負の決着がどうなったか、お楽しみ頂けると幸いです。

                                                          vol.34:プロローグ(http://ticosnote.team-expe.jp/?eid=1055439
                                                          vol.35:威力偵察作戦【主人公:矢矧】(http://ticosnote.team-expe.jp/?eid=1055440)
                                                          vol.36:リランカ島攻略【主人公:ビスマルク】(http://ticosnote.team-expe.jp/?eid=1055441)
                                                          vol.37:ステビア海攻略【主人公:武蔵】(http://ticosnote.team-expe.jp/?eid=1055444)
                                                          vol.38:番外編【主人公:まるゆ】(http://ticosnote.team-expe.jp/?eid=1055445
                                                          vol.39:エピローグ(6/7投稿予定)

                                                          概ね週刊ペースで書いていきますので、本エピソードを読まれてお気に召された方は
                                                          続きを楽しみにしてくださると幸いです。

                                                          なお、いつものお約束の文言で、「うちの鎮守府」シリーズは、
                                                          どのエピソードから読まれても楽しめるように心がけています。
                                                          五部作のプロローグとエピローグはちょっと苦しいですが、
                                                          それ以外のエピソードはつまみ食いができるように気をつけていきますので、
                                                          お気軽にお読みくださいませ。


                                                          それでは皆様、ご笑覧ください。


                                                          ----------------------------------

                                                          艦これ:暁、改二! そして更なる梅雨仕様!

                                                          0
                                                            本日、艦これのアップデートがありました。

                                                            かねてより予告のあった特祁振鄰犂呂離諭璽爛轡奪廚鵬二実装
                                                            そう、レディと称してやまないあの子です!

                                                            kancolle_150529_201129_01.jpg
                                                            【暁、改二! おめでとう!】

                                                            うーん、背伸び感がたまりませんね
                                                            肩の探照灯にあるように、装備でもちゃんと持ってきます。

                                                            これ以外に、二人の艦娘に梅雨限定グラフィックが追加されました。

                                                            kancolle_150529_201727_01.jpg
                                                            【村雨の梅雨仕様イラスト。ウィンクがキュート】

                                                            kancolle_150529_201822_01.jpg
                                                            【ファッ!? この美人、どなた……祥鳳さん!?】

                                                            ボイスに続けてイラストも追加とは運営やってくれるのぅ。

                                                            さて、以前にも紹介した鎮守府カウンターバーですが、
                                                            「イタリアンワイン」「戦闘糧食」が追加されました。
                                                            どんどんにぎやかになりますね。具体的には、

                                                            kancolle_150521_215756_01.jpg
                                                            【リットリオ。とゆーか、鎮座したパスタは何ですか】

                                                            kancolle_150521_215820_01.jpg
                                                            【ローマ。ワインの数、多すぎませんかねえ……】

                                                            イタリア艦娘は良く食べ良く飲むのでしょうか。
                                                            そういえばリットリオの時報ボイスも食べ物どっさりでしたな。

                                                            kancolle_150521_221611_01.jpg
                                                            【秋月。おにぎりと味噌汁、という戦闘糧食】

                                                            kancolle_150521_221539_01.jpg
                                                            【葛城。君は牛乳を飲んだ方がいいな(ヲイ)】

                                                            kancolle_150521_221520_01.jpg
                                                            【そして安定の赤城さん。うん、飲み気より食い気ですよね】

                                                            なかなか芸が細かいです。こういうギミック系の家具は楽しいですね。

                                                             

                                                            艦これ:梅雨シーズン、そして改装!

                                                            0
                                                              艦これの春イベントも終わり、鎮守府には静かな日が戻ってきました。
                                                              だが安心してはならない、夏イベントへの準備はすでに始まっているのだ……

                                                              というわけでアップデートがありまして、梅雨仕様の家具が用意されました。
                                                              それから、300万ユーザー突破記念の掛け軸も配布されました。

                                                              全部飾るとこんな感じ。

                                                              kancolle_150521_213541_01.jpg
                                                              【提督執務室、梅雨仕様】

                                                              窓が睦月と如月モチーフのてるてる坊主が吊るされているほか、
                                                              机も紫陽花をかざった梅雨にふさわしい洒落た様子に。
                                                              家具もコートと傘をかざれるものが用意されています。
                                                              あと300万ユーザー記念掛け軸は、扶桑と山城の合作ですね。

                                                              家具が変わっただけでなく、梅雨限定のボイスも収録!
                                                              それぞれの艦娘らしい台詞がちりばめられています。
                                                              (動画を紹介していますのでよろしければご覧ください)

                                                              さらにグラフィックが梅雨向けになった方もいらっしゃいまして……

                                                              kancolle_150520_203705_01.jpg
                                                              【春イベントのレア艦、高波。傘をさしていますね】

                                                              kancolle_150518_215201_01.jpg
                                                              【そしてAL海域のほっぽちゃんまで梅雨仕様……!?】

                                                              しかし、こういう季節ものをちゃんと入れてくるのが
                                                              艦これ運営の行き届いているところですねえ。
                                                              毎度ながら手の込みようには驚きます。

                                                              さて、イベントが済んで育成モードに入りまして、
                                                              改装を控えていた艦娘も一気に三人ほどイメチェン

                                                              kancolle_150512_071323_01.jpg
                                                              【葛城が改に。姉妹艦と同じく活動的な衣装になりました】

                                                              kancolle_150514_205135_01.jpg
                                                              【二周年記念の改二実装の睦月。一気に凛々しく!】

                                                              kancolle_150521_070606_01.jpg
                                                              【同じく二周年記念改装の如月。こちらはなんとも可憐に】

                                                              睦月と如月はアニメでも出てましたが、色々と扱いがかわいそうだったので、
                                                              これは運営側からのケジメなのかしら、と思ったり。

                                                              今月末のアップデートでも改二実装の艦娘がいるそうです。楽しみですね。

                                                               

                                                              艦これファンジンSS vol.36「ヴィルコメン」 3/5

                                                              0
                                                                びすびすして書いた。やっぱり反省していない。

                                                                というわけで、艦これファンジンSS vol.36をお届けします。
                                                                今回はビスマルク主人公のリランカ島攻略戦です。
                                                                裏主人公にしてヒロインはわれらが金剛さんです。「ダイヤモンドは砕けない」的な

                                                                【前回までのあらすじ】
                                                                リランカ島占拠を要に欧州までの連絡路をつなげようという一大打通作戦、「第十一号作戦」が発令された。
                                                                限定作戦を前に沸き立つ鎮守府の艦娘たちに、ドイツから来たという艦娘も合流する。
                                                                先鋒を任せられた矢矧は大和と同じ戦場で戦えないことに不満を抱え、
                                                                ドイツ艦娘のビスマルクは人類への不信をあらわにし、艦娘の心を守りたいという提督を冷笑する。
                                                                そして武蔵は姉の大和に“艦隊総旗艦”の称号を贈るために長門にある勝負を持ち掛ける。
                                                                偵察作戦で無茶な作戦を立てた矢矧は仲間の助けもあって無事に任務を達成し、自分の進むべき道を見出した。
                                                                いよいよリランカ島攻略に移る艦隊であったが、ビスマルクの存在が艦娘たちに波乱を投げかけていた――

                                                                全五部作で2015年春イベントを舞台にしたお話をお届けしています。
                                                                今回のエピソードは三作目に当たります。プロローグでビスマルクが気になった方は、
                                                                彼女の過去に何があったのか、そして彼女がどう乗り越えたのか、お楽しみ頂けると幸いです。

                                                                なお、五部作は、次のような構成で考えています。
                                                                vol.34:プロローグ(http://ticosnote.team-expe.jp/?eid=1055439
                                                                vol.35:威力偵察作戦【主人公:矢矧】(http://ticosnote.team-expe.jp/?eid=1055440)
                                                                vol.36:リランカ島攻略【主人公:ビスマルク】(http://ticosnote.team-expe.jp/?eid=1055441)
                                                                vol.37:ステビア海攻略【主人公:武蔵】(http://ticosnote.team-expe.jp/?eid=1055444)
                                                                vol.38:番外編【主人公:まるゆ】(http://ticosnote.team-expe.jp/?eid=1055445
                                                                vol.39:エピローグ(6/7投稿予定)

                                                                概ね週刊ペースで書いていきますので、本エピソードを読まれてお気に召された方は
                                                                続きを楽しみにしてくださると幸いです。

                                                                なお、いつものお約束の文言で、「うちの鎮守府」シリーズは、
                                                                どのエピソードから読まれても楽しめるように心がけています。
                                                                五部作のプロローグとエピローグはちょっと苦しいですが、
                                                                それ以外のエピソードはつまみ食いができるように気をつけていきますので、
                                                                お気軽にお読みくださいませ。


                                                                それでは皆様、ご笑覧ください。

                                                                ※5/23-24は旅行のため、投稿をお休みします。次回は5/30に投稿の予定です。


                                                                ----------------------------------------------

                                                                艦これファンジンSS vol.35「スピアーヘッド」 2/5

                                                                0
                                                                  はぎはぎして書いた。やっぱり反省していない。

                                                                  というわけで、艦これファンジンSS vol.35をお届けします。
                                                                  今回は矢矧主人公のカレー洋前哨戦です。

                                                                  【前回までのあらすじ】
                                                                  リランカ島占拠を要に欧州までの連絡路をつなげようという一大打通作戦、「第十一号作戦」が発令された。
                                                                  限定作戦を前に沸き立つ鎮守府の艦娘たちに、ドイツから来たという艦娘も合流する。
                                                                  先鋒を任せられた矢矧は大和と同じ戦場で戦えないことに不満を抱え、
                                                                  ドイツ艦娘のビスマルクは人類への不信をあらわにし、艦娘の心を守りたいという提督を冷笑する。
                                                                  そして武蔵は姉の大和に“艦隊総旗艦”の称号を贈るために長門にある勝負を持ち掛ける。
                                                                  ついに戦端が開かれた打通作戦、その一番槍を務めるのは、偵察部隊を率いる矢矧であった――

                                                                  本エピソードを含めて、全五部作で2015年春イベントを舞台にしたお話をお届けします。
                                                                  今回のエピソードは二作目に当たります。プロローグで矢矧が気になった方は、
                                                                  彼女が何に悩み、何に苦しみ、戦いの末に何を見出したのか、本エピソードでお楽しみいただけると思います。

                                                                  なお、五部作は、次のような構成で考えています。
                                                                  vol.34:プロローグ(http://ticosnote.team-expe.jp/?eid=1055439
                                                                  vol.35:威力偵察作戦【主人公:矢矧】(http://ticosnote.team-expe.jp/?eid=1055440)
                                                                  vol.36:リランカ島攻略【主人公:ビスマルク】(http://ticosnote.team-expe.jp/?eid=1055441)
                                                                  vol.37:ステビア海攻略【主人公:武蔵】(http://ticosnote.team-expe.jp/?eid=1055444)
                                                                  vol.38:番外編【主人公:まるゆ】(http://ticosnote.team-expe.jp/?eid=1055445
                                                                  vol.39:エピローグ(6/7投稿予定)

                                                                  概ね週刊ペースで書いていきますので、本エピソードを読まれてお気に召された方は
                                                                  続きを楽しみにしてくださると幸いです。

                                                                  なお、いつものお約束の文言で、「うちの鎮守府」シリーズは、
                                                                  どのエピソードから読まれても楽しめるように心がけています。
                                                                  五部作のプロローグとエピローグはちょっと苦しいですが、
                                                                  それ以外のエピソードはつまみ食いができるように気をつけていきますので、
                                                                  お気軽にお読みくださいませ。


                                                                  それでは皆様、ご笑覧ください。


                                                                  -----------------------------------------

                                                                  艦これファンジンSS vol.34「発令、第十一号作戦」 1/5

                                                                  0
                                                                    ぶるんぶるんして書いた。やっぱり反省していない。

                                                                    というわけで、艦これファンジンSS vol.34をお届けします。

                                                                    本エピソードを含めて、全五部作で2015年春イベントを舞台にしたお話をお届けする予定です。
                                                                    今回のエピソードはプロローグに当たります。よって、色々気になる引きを用意していますが、
                                                                    それは続くエピソードでお楽しみ頂ければ幸いです。

                                                                    一応、五部作は、次のような構成で考えています。
                                                                    vol.34:プロローグ(http://ticosnote.team-expe.jp/?eid=1055439
                                                                    vol.35:威力偵察作戦【主人公:矢矧】(http://ticosnote.team-expe.jp/?eid=1055440)
                                                                    vol.36:リランカ島攻略【主人公:ビスマルク】(http://ticosnote.team-expe.jp/?eid=1055441)
                                                                    vol.37:ステビア海攻略【主人公:武蔵】(http://ticosnote.team-expe.jp/?eid=1055444)
                                                                    vol.38:番外編【主人公:まるゆ】(http://ticosnote.team-expe.jp/?eid=1055445
                                                                    vol.39:エピローグ(6/7投稿予定)

                                                                    概ね週刊ペースで書いていきますので、本エピソードを読まれてお気に召された方は
                                                                    続きを楽しみにしてくださると幸いです。

                                                                    なお、いつものお約束の文言で、「うちの鎮守府」シリーズは、
                                                                    どのエピソードから読まれても楽しめるように心がけています。
                                                                    五部作のプロローグとエピローグはちょっと苦しいですが、
                                                                    それ以外のエピソードはつまみ食いができるように気をつけていきますので、
                                                                    お気軽にお読みくださいませ。


                                                                    それでは皆様、ご笑覧ください。

                                                                    P.S.
                                                                    なお、春イベントはオール甲作戦でクリア、E-6でローマお迎え、E-5で磯風をお迎えしました。
                                                                    あとはE-4で早霜なんだな……

                                                                    kancolle_150429_185300_01.jpg
                                                                    ----------------------------------------------------------

                                                                    そういえば艦これ二周年&ローマお迎え!

                                                                    0
                                                                      春イベントが始まったのでネタとしては遅れましたが、
                                                                      4/23で艦これがまる二周年を迎えております。

                                                                      kancolle_150502_134134_01.jpg
                                                                      【二周年記念掛け軸が配布されました】

                                                                      また、これにあわせて、駆逐艦の睦月と如月に改二が実装
                                                                      ここで紹介できればよかったんですが、あいにくどちらも育成中なんですよネ。
                                                                      改二では二人ともかっこよさ10倍増しになっていて、楽しみであります。

                                                                      さて、春イベントは昨夜どうにかラストダンスを制したのですが、
                                                                      まだ片付いていない案件があり、それがE-6でお迎えできる戦艦ローマさん。
                                                                      攻略途中でお迎えできなかったのですが、やはりなんとかしたいものです。

                                                                      というわけで今朝から試行錯誤しておりました。
                                                                      Twitterで見かけた空母機動部隊で道中Kマスでのドロップを期待する作戦もあったのですが、
                                                                      やはりお迎え報告聞いてるとボスマスS勝利での獲得が多いんですよね。

                                                                      んで、ちょっと道中を変えて、泊地水鬼を避けて
                                                                      北回り夜戦経由で確実にボスに戦力を届ける作戦に切り替えました。

                                                                      艦隊編成はこんな感じ:
                                                                      水上打撃部隊:長門(戦艦)・陸奥(戦艦)・大和(戦艦)・武蔵(戦艦)・プリンツオイゲン(重巡)・加賀(空母)
                                                                      護衛水雷戦隊:神通(軽巡)・初霜(駆逐)・雪風(駆逐)・ビスマルク(戦艦)・大井(雷巡)・北上(雷巡)
                                                                      決戦支援部隊:扶桑(戦艦)・山城(戦艦)・隼鷹(軽空母)・飛鷹(軽空母)・舞風(駆逐)・野分(舞風)


                                                                      夜戦マスを突破するために、神通に探照灯・雪風に照明弾・ビスマルクに夜偵を持たせました。
                                                                      いざ準備万端で望んだ夜戦マスでしたが、装備がみっつとも発動し、敵からの攻撃はかすり傷で済み、
                                                                      続くボス前の空母棲姫でも主力はほぼ無傷で突破。

                                                                      ボスではT字有利を引いて戦艦群が活躍し、戦艦水鬼を追い込んで万全の布陣で夜戦突入
                                                                      神通・初霜・雪風が削り、最後はビルマルクの連撃でしとめました。

                                                                      これはなかなか良いルートだなと思って、ドロップは気長に、と思っていたのですが、

                                                                      kancolle_150502_132345_01.jpg
                                                                      【なんと、ローマさん見事お迎え!】

                                                                      作戦を切り替えて一発でお迎えできました。いやはや、びっくり。
                                                                      こちらもじじ先生のデザインですね。リットリオの妹ですが、
                                                                      つんとすました感じのクールそうな感じがたまりません。

                                                                      これで春イベントもようやく一息つけました。
                                                                      あとはE-5でドロップする磯風をお迎えできればと思いますが、
                                                                      これはまた気長に、ですかねえ。


                                                                      【なお、ローマさんお迎え時の資源。みごとに四桁……】


                                                                       

                                                                      艦これファンジンSS vol.33「花の想い、想いのかたち」

                                                                      0
                                                                        じんじんして書いた。やっぱり反省していない。

                                                                        というわけで艦これファンジンSS vol.33をお届けします。

                                                                        今回は、神通さんのケッコンカッコカリのお話となります。
                                                                        このところシリアス回が続いていましたので、日常系のお気楽な話を書きたいと思い、
                                                                        筆を執ってみました。「うちの鎮守府」では、長門・陸奥・大和がすでにケッコンカッコカリ済みなのですが、
                                                                        そこへ神通さんが加わる場合、どんな想いがあるのかなと思って筋立てしてみました。

                                                                        書いてみると「あれ、神通さん、意外とヘヴィな人?」と思ってしまいましたが、
                                                                        ゲーム内台詞でも真面目で果敢なものが多いので、こうなるのもむべなるかな。

                                                                        「うちの鎮守府」でのケッコンカッコカリにまつわるエピソードとしては、
                                                                        vol.1「指輪の意味」や、vol.4「命短し恋せよ艦娘」などで描いていますので、
                                                                        あわせてお読み頂けるとまた違った面白みがあるかもしれません。

                                                                        最期に、お約束の文言として、「うちの鎮守府」シリーズは、
                                                                        各エピソード単品でお楽しみいただけるように気を遣っております。
                                                                        このvol.33からお読みいただいても差し支えないですし、お気に召したら、
                                                                        過去エピソードもつまみ食いしてくださると作者冥利につきます。


                                                                        それでは皆様、ご笑覧くださいませ。


                                                                        -------------------------------------------
                                                                         

                                                                        艦これファンジンSS vol.32「ゲルマンの魔女」

                                                                        0
                                                                          ぷりぷりして書いた。やっぱり反省していない。

                                                                          というわけで艦これファンジンvol.32をお届けします。

                                                                          今回は雪風が主人公、ヒロインをプリンツ・オイゲンでお届けします。
                                                                          ようやく出番の来たドイツ艦ですが、書いてみるとなかなか面白い立ち位置になりました。
                                                                          ちなみに舞台は6-2のアレ掘りです。ええ、本当に当たり引くまで四十回は通いましたよ……

                                                                          作中の攻略編成は、実際にゲーム内で使っていた艦隊構成です。
                                                                          道中二回で通過できるんだけど、一撃大破で何度泣かされたことか……

                                                                          なお、作中で語られる艦娘の設定は、ゲームの仕様をTicoで解釈して落とし込んだものです。
                                                                          このあたりはセンシティブで作品世界ごとに異なるでしょうから、
                                                                          こういう発想もあるよ、ということでお読み頂ければ幸いです。
                                                                          でも艦娘がアレする仕様って描写した二次創作はあまりない気もしますケド

                                                                          最期に、いつものお約束として、「うちの鎮守府」シリーズは
                                                                          どの作品から読んでも単独でお楽しみいただけるように気を遣っております。
                                                                          vol.32となりますが、ここからお読みいただいても大丈夫ですし、
                                                                          お気に召したら過去作品もお読み頂けると作者冥利につきます。


                                                                          それでは皆様、ご笑覧くださいませ。


                                                                          ----------------------------------------

                                                                          艦これファンジンSS vol.31「蒼穹に叢雲」

                                                                          0
                                                                            くもくもして書いた。やっぱり反省していない。

                                                                            というわけで、艦これファンジンSS vol.31をお届けします。

                                                                            叢雲さんの改二が実装されましたね! 初期艦が叢雲な提督としてはうれしい限りです。
                                                                            というわけで、アップデート情報が明らかになってから、初期艦である叢雲にフォーカスして、
                                                                            「鎮守府の始まりの物語」を垣間見せるエピソードを書いてみようと今回思い立ちました。

                                                                            艦娘に対するTicoなりの解釈を本エピソードでは、ほんの少し描いていますが、
                                                                            あくまでもゲームの仕様から考えたものであることをあらかじめお断りしておきます。
                                                                            このあたりは、作品世界によってまちまちでしょう。公式ノベライズでもそれぞれ随分と違いますし。

                                                                            エピソード中に出てくる、那珂と叢雲の活躍については、vol.7「アイドルと最古参のギグ」で、
                                                                            武蔵建造のエピソードについては、vol.28「武蔵の帰投」で描いています。
                                                                            ご興味があったらそちらも読んで頂けるとサイドストーリー的に楽しめるかと存じます。

                                                                            最後に、いつものお約束文言ですが、「うちの鎮守府」シリーズは、
                                                                            基本的に各エピソード単品でお楽しみいただけるように気を遣っております。
                                                                            全体を通してゆるくつながったおりますが、本エピソードからお読みいただいても、
                                                                            適当につまみ食いしてもお楽しみいただけますので、よろしければどうぞ。


                                                                            それでは皆様、ご笑覧くださいませ。

                                                                            kancolle_150410_201148_01.jpg
                                                                            ------------------------------------
                                                                             

                                                                            艦これ:叢雲改二、海上護衛戦、そして神通さん!

                                                                            0
                                                                              春イベントが今月下旬に予告された艦これですが、
                                                                              本日アップデートがありました!

                                                                              駆逐艦の叢雲が改二に! 初期艦だったのでこれはうれしい!

                                                                              kancolle_150410_201148_01.jpg
                                                                              【叢雲さん改二。ぴっちり衣装はそのままに、ちょっぴり肉感的に】

                                                                              改二と同時に時報ボイスも追加されましたが、
                                                                              これがなかなかのツンデレっぷりでもだえるほど萌えます
                                                                              ちゃんと料理できてこそ一人前の駆逐艦らしいです。

                                                                              さて、新マップとして鎮守府近海海域の二つ目のEx海域が開放されました。

                                                                              kancolle_150410_215617_01.jpg
                                                                              【「鎮守府近海航路」という作戦が新追加の海域です】

                                                                              なんと今回は海上護衛戦がモチーフとなっており、
                                                                              出発地点から所定のルートを回り、母港に帰還するとゲージ削りです。
                                                                              帰還するたびにまとまった量の資源がもらえるのがうれしい!

                                                                              kancolle_150410_215633_01.jpg
                                                                              【鎮守府近海航路のマップ】

                                                                              このマップ、戦艦や空母は出せない仕掛けになっていますが、
                                                                              軽巡1駆逐艦5の水雷戦隊で行くのが一番ローコストで無難なルート
                                                                              なっているようです。とりあえずはのんびりこなしていくかなあ。

                                                                              さてさて、ご報告ですが、軽巡の神通さんとケッコンカッコカリとなりました!

                                                                              kancolle_150405_173411_01.jpg
                                                                              【神通さんにケッコンカッコカリの証の指輪を贈呈】

                                                                              水雷戦隊のボスがその働きにふさわしい立場になったわけで、
                                                                              これは艦娘は誰しも納得だろうなあとおもうのです。
                                                                              このあたりもファンジンSSで書きたいですね。

                                                                              最後に、動画紹介。第二弾できてたんだ、コレ。
                                                                              つかみは「アーマードコア for Answer」ですね。

                                                                               

                                                                              艦これファンジンSS vol.30「わたしにできること」

                                                                              0
                                                                                ふほふほして書いた。やっぱり反省していない。

                                                                                というわけで、艦これファンジンSS vol.30をお届けします。

                                                                                アニメ艦これは色々と賛否両論ですが、吹雪・睦月・夕立の仲良し三人組
                                                                                なかなか良かったなと個人的には思う次第です。

                                                                                で、この三人、わけても吹雪を「うちの鎮守府」的に描いたらどうなるかな
                                                                                思ったのが、本エピソードを思いついたきっかけです。
                                                                                ゲーム的には、吹雪Lv71、夕立Lv90、睦月Lv31と随分と差があって、この違いを描ければな、と。

                                                                                あと今回もお色気シーンに挑戦しています。大丈夫、R-15に収まっているはずです。
                                                                                まったく、駆逐艦は最高だぜ!(憲兵さんこっちです)

                                                                                さて、お約束の文言として、「うちの鎮守府」シリーズは
                                                                                単品でお楽しみいただけるように気を遣ってかいております。
                                                                                本エピソードからでもちゃんとお読みいただけますし、
                                                                                気になったら他のエピソードもつまみ食いしていただけると幸いです。


                                                                                それでは皆様、ご笑覧くださいませ。


                                                                                ---------------------------------------

                                                                                艦これ:酒匂お迎え&カウンターバー

                                                                                0
                                                                                  艦これ、ここ最近取り組んでいたのは、
                                                                                  中部海域エリア6-2、MS海域へ挑戦してボスS勝利で
                                                                                  酒匂探索に挑んでおりました

                                                                                  前にイベント海域ではお迎えできなったんですよね。
                                                                                  阿賀野型姉妹の最後の一人を揃えるために、ちょっと頑張っていました。

                                                                                  編成は、長門・プリンツオイゲン・鳥海・時雨・雪風・加賀。
                                                                                  長門とプリンツオイゲンは、酒匂と同じくクロスロード作戦の仲間ですね。

                                                                                  かれこれ40回ぐらいは挑戦して、途中で瑞鶴翔鶴が出たり
                                                                                  長門が2回も出たり(長門で酒匂掘りに行って長門出るとかどうなってるの)、
                                                                                  すったもんだしましたが、

                                                                                  kancolle_150331_232827_01.jpg
                                                                                  【どうにか酒匂さんお迎え! 長かった……!】

                                                                                  いやー、月が変わる前にお迎えできてよかったです。
                                                                                  さて、早速鍛えねば。では神通さん頼んだぞ(鬼)。

                                                                                  ところで、ちょっと前にカウンターバーと言う家具が追加されたのですが、
                                                                                  こちらも秘書艦によって、グラフィックが変わるものとなっています。
                                                                                  たとえば……

                                                                                  kancolle_150223_221242_01.jpg
                                                                                  【ウィスキー派の金剛。ふむふむ】

                                                                                  kancolle_150223_221320_01.jpg
                                                                                  【日本酒派の霧島。というか、お酒のラベルが霧島】

                                                                                  kancolle_150223_221305_01.jpg
                                                                                  【ワイン派の榛名。似合いますね】

                                                                                  kancolle_150223_221253_01.jpg
                                                                                  【ちなみに比叡は飲まなかったり。わかる】

                                                                                  前は、ウィスキー・ワイン・日本酒以外は、
                                                                                  基本的にビールが出てたのですが、3/27アップデートで
                                                                                  ちょっと変わったんでしょうか?

                                                                                  さてさて、他の艦娘がどうなっているかというと、

                                                                                  kancolle_150223_221020_01.jpg
                                                                                  【日本酒をたしなむ飛龍】

                                                                                  kancolle_150223_221036_01.jpg
                                                                                  【意外にもワイン派の蒼龍】

                                                                                  kancolle_150223_213344_01.jpg
                                                                                  【神通さんは日本酒。似合いますね】

                                                                                  kancolle_150223_213244_01.jpg
                                                                                  【プリンツオイゲンはワイン。ドイツ艦娘はワイン派みたいです】

                                                                                  kancolle_150223_215739_01.jpg
                                                                                  【意外にも伊19がいけるクチ。なんかやばくないか……】

                                                                                  kancolle_150223_222858_01.jpg
                                                                                  【ちゃんぽん勢の朝霜。明け方近くまでとっかえひっかえ】

                                                                                  一部の艦娘は「朝までちゃんぽん勢」と呼ばれていて、
                                                                                  ワイン・日本酒・ウィスキーを時間帯ごとにスイッチしながら
                                                                                  飲み明かします。どんだけつよいねん。

                                                                                  さて、一部の艦娘は飲めないらしく、代わりにジュース飲んでます。
                                                                                  お酒は夜に出ますが、ジュースは夕方限定だったりします。

                                                                                  kancolle_150401_194156_01.jpg
                                                                                  【うんうん。雪風はジュースだよねえ】

                                                                                  kancolle_150401_194225_01.jpg
                                                                                  【そうかそうか。酒匂も飲めないのか。ふむふむ】

                                                                                  kancolle_150401_194131_01.jpg
                                                                                  【……って、ちょっと、長門さん!?】

                                                                                  な、長門さんは飲まないだけだから。真面目なだけだからっ。

                                                                                  というわけで色々切り替わります。詳しくはこちらの動画参照。面白いですねえ。
                                                                                   

                                                                                  紹介:アニメ艦これ考察動画 ほか

                                                                                  0
                                                                                    さて、先日、最終回を迎えたアニメ艦これですが、
                                                                                    わりと賛否両論喧々諤々非難轟々
                                                                                    巷では「続編やってほしくない」「円盤買うな」とか言われております。

                                                                                    Tico個人的には楽しめたし、続編は楽しみなんですが、
                                                                                    それにしても脚本になんらかの意図が考えられるというのは、
                                                                                    特に如月轟沈の3話と最終話のあの演出を見て、友人とも話していたところです。

                                                                                    と思っていたら、実に面白い考察動画があがっていたので紹介させていただきます。




                                                                                    なかなか筋が通っているというか、特に続きの方も見ると、
                                                                                    なんというか「結構原作サイドが横車通したんじゃね?」とも考えられます
                                                                                    真相は藪の中ですけどね。

                                                                                    最後に、おまけにMAD動画も紹介。お客さん的にはこういうテイストでもよかったよねえ。

                                                                                     

                                                                                    艦これ:鳥海改装と脱衣所実装…?

                                                                                    0
                                                                                      本日、艦これのアップデートがありました。
                                                                                      いろいろと追加されましたが、やはり一番大きいのは、

                                                                                      摩耶さんの姉妹艦の鳥海さんの改二でしょう。

                                                                                      kancolle_150327_202523_01.jpg
                                                                                      【鳥海さん改二。凛々しくも可愛らしい!】

                                                                                      史実の鳥海は高雄型で唯一改装されなかったことを反映されてか、
                                                                                      ゲームの改二では改装設計図が必要とされますが、その価値は充分あります。

                                                                                      改装時に持ってくる装備は、
                                                                                      夜戦でカットイン攻撃効果アップの「熟練見張り員」に、
                                                                                      レアものレーダーの「22号水上電探改四」となかなか貴重です。

                                                                                      コスチュームは摩耶とお揃いですが、こうしてみると、
                                                                                      高雄や愛宕の衣装を軽快にした感じですね。

                                                                                      さてさて、家具も新しく追加がされまして、
                                                                                      「温泉岩風呂」と「脱衣所」がラインナップに加わりました。

                                                                                      もはや執務室じゃなくて温泉ですが、この脱衣所、
                                                                                      秘書艦によってちょこっとグラフィックが変わる仕様になっています。
                                                                                      普通の艦娘なら白いタオルか浴衣かが畳んでおかれているだけなのですが、

                                                                                      kancolle_150327_233353_01.jpg
                                                                                      【赤城さんの場合は、自分の衣装がしっかり置かれています】

                                                                                      kancolle_150327_233410_01.jpg
                                                                                      【加賀さんも同じグラになるので、二人いっしょに入っている?】

                                                                                      他の艦娘も調べてみるとこんな感じです。

                                                                                      kancolle_150327_233505_01.jpg
                                                                                      【比叡の場合。どうやら金剛型は姉妹揃って入ってるみたいですね】

                                                                                      kancolle_150327_233429_01.jpg
                                                                                      【伊401の場合。きみたち、ちゃんと水着は脱いで入浴してるのね…】


                                                                                      【吹雪の場合、というか駆逐艦の場合も変わります】

                                                                                      ちょっと見づらいので、分かりやすく見せるとこんな感じです。

                                                                                      kancolle_150327_233714_01.jpg
                                                                                      【三人分みたいですね。この衣装からすると……】

                                                                                      たぶんなのですが、上から、吹雪、睦月、夕立の衣装じゃないでしょうか。
                                                                                      アニメ艦これでは仲むつまじい様子が描かれていましたね。

                                                                                      今回のアップデートは比較的小規模でしたが、こういうところに
                                                                                      しっかり手の込んだことをしてきて、艦これの運営はあなどれないなあと思うのです。

                                                                                      あと、アニメの艦これが最終回を迎えましたね。
                                                                                      いろいろお話立てとかに賛否も出てましたが、Tico個人としては、
                                                                                      ゲームと声優さんを変えることなく、艦娘がいろいろと動いて話しているドラマを
                                                                                      毎週見れたのはたのしいひとときでした。なにより長門さん結構いい役でしたし

                                                                                      続編が決定ということで、また近いうちに放映されるのでしょうか?
                                                                                      できれば、ファンの声を反映して、お話作りに活かしてもらえると、
                                                                                      もっと良いものになるのになあと思いつつ、スタッフを応援する次第です。
                                                                                      がんばれー。

                                                                                      最期に動画紹介。よく詰め込みましたねえ。「連合艦隊!」とハモるところが最高です。
                                                                                       

                                                                                      艦これファンジンSS vol.27「駆逐艦朝霜の憂鬱」

                                                                                      0
                                                                                        ふぉんふぉんして書いた。やっぱり反省していない。

                                                                                        というわけで、艦これファンジンSS vol.27をお送りします。

                                                                                        朝霜は冬イベントで運よくドロップして、その威勢のよさから
                                                                                        ぞっこん惚れこんで育成するのを決めたのと同時に、彼女を主役にしたSSを書こうと決めてました。
                                                                                        そこでふっと思いついたタイトルが今回のエピソードですが、
                                                                                        「はて、なぜ彼女は憂鬱なんだろうな」と思って、色々史実を調べると、まあ濃いこと濃いこと。
                                                                                        どれを取り上げても題材になりそうでしたが、色々考えて、矢矧の絡む「これ」にしました。

                                                                                        ちなみに作中の西方編成の構成は、ゲームをやってる方ならお分かりでしょうが、
                                                                                        リランカ沖での駆逐艦レべリング構成です。矢矧もストーリー上の都合以外に、
                                                                                        実際にレべリングにつきあっている構成だったりします。

                                                                                        なお、エピソードの中でちらと触れている「明石指揮の北方編成」とは、
                                                                                        vol.2「あさってのわたしたち」の話となります。直接はつながっていませんが、
                                                                                        お読み頂けるとより背景がわかって味わい深いかもしれません。

                                                                                        最後に、お約束の文言ですが、「うちの鎮守府」シリーズは、
                                                                                        どのエピソードから読んでもお楽しみいただけるように気を使っております。
                                                                                        本作単品でもお楽しみいただけますし、気になった過去エピソードは
                                                                                        つまみ食いしていただいても大丈夫です。


                                                                                        それでは皆様、ご笑覧くださいませ。


                                                                                        -----------------------------------------

                                                                                        艦これファンジンSS vol.25「初陣・秋月の戦い」

                                                                                        0
                                                                                          ぴょんぴょんして書いた。やっぱり反省していない。

                                                                                          というわけで、なんとかこの週末に間に合いました、
                                                                                          艦これファンジンSS vol.25をお送りいたします。

                                                                                          冬イベントのトラック泊地空襲を舞台にしたうえで、
                                                                                          そこでMVPものの活躍だった秋月さんを主人公に据えたいと思って、
                                                                                          今回のエピソードを書きました。

                                                                                          それだけではなくて、秋月さんはずっと演習で育てていたので、
                                                                                          実戦は本当にこの冬イベントが初めてだったんですよね。
                                                                                          そんなことから「初陣に臨む艦娘」というものをテーマにしようと思い立ちました。

                                                                                          作中の邀撃部隊の編成は実際にE-2で出撃させた編成ですが、
                                                                                          ヲ級三隻にはてこずったなあ……

                                                                                          さて、いつものお約束として、
                                                                                          艦これファンジンSS「うちの鎮守府」シリーズは
                                                                                          どの話も単体でお楽しみいただけるように気を遣っております。
                                                                                          本エピソードもそのままお読みいただけますし、気になったら
                                                                                          ぜひ他のエピソードもつまみぐいしてみてくださいませ。


                                                                                          それでは皆様、ご笑覧ください。


                                                                                          --------------------------------------------

                                                                                          艦これファンジンSS vol.24「わたしが見つめるもの」

                                                                                          0
                                                                                            しゅくしゅくして書いた。やっぱり反省していない。

                                                                                            というわけで二週間、お休みを頂いてしまいましたが、
                                                                                            艦これファンジンSS vol.24をお届けします。

                                                                                            大淀さんを題材に、というのは前からリクエストがあったのですが、
                                                                                            自分の中でいまひとつキャラがつかめていなくて書こうという気になりませんでした。

                                                                                            それが、前回vol.23のエピソードを書いてみて、
                                                                                            「あれ、大淀さんって意外と私の中の印象では……」と思い、
                                                                                            フォロワーさんに相談したところ、
                                                                                            「任務娘ってことはこういう立ち位置もあるかもしれませんね」
                                                                                            アイデアをもらい、今回のエピソードを思いついた次第です。

                                                                                            なお、終盤のお酒のチョイスはゲーム準拠です。
                                                                                            というか、大淀さんは飲む派だと知って、ちょっと驚いたりなんだったり。

                                                                                            さて、お約束の文言として、
                                                                                            「うちの鎮守府」シリーズは単品でお楽しみ頂けるように気を使っております。
                                                                                            今回のエピソードをご覧になって興味が湧いたら他のエピソードもご覧頂けると幸いです。


                                                                                            それでは皆様、ご笑覧ください。


                                                                                            ----------------------------------------------

                                                                                            艦これ2015冬イベント:決戦!連合艦隊、反撃せよ!

                                                                                            0
                                                                                              艦これ冬イベントもいよいよラストステージ、E-5です。
                                                                                              先のE-4で発見した敵艦隊主力に連合艦隊で反撃を行います!

                                                                                              kancolle_150207_205124_01.jpg
                                                                                              【いよいよラストステージ!】

                                                                                              kancolle_150207_205136_01.jpg
                                                                                              【大淀さんの説明ボードにも”最精鋭の”とある通り、総力戦です】

                                                                                              とはいえ、道中怖いので丙作戦でいきますね……と、取り組んでみたのですが。
                                                                                              ちなみに編成は次のとおり。

                                                                                              水上打撃部隊:長門(戦艦)・陸奥(戦艦)・大和(戦艦)・金剛(戦艦)・千歳(軽空母)・千代田(軽空母)
                                                                                              護衛水雷戦隊:神通(軽巡)・綾波(駆逐艦)・秋月(駆逐艦)・雪風(駆逐艦)・北上(雷巡)・大井(雷巡)


                                                                                              千歳と千代田は置き物になるのを覚悟で烈風をスロットいっぱいに積みました。
                                                                                              なんとか航空優勢をとって戦艦の火力で押し切る作戦です。

                                                                                              kancolle_150207_213414_01.jpg
                                                                                              【ボス二つ前で索敵判定があるステージ航路ですが】

                                                                                              kancolle_150207_205220_01.jpg
                                                                                              【チョット待った、なんで軽巡棲鬼がしょっぱなからいるんだ!?】

                                                                                              kancolle_150207_205416_01.jpg
                                                                                              【アイエエ! ル級Flagshipが三隻も!】

                                                                                              kancolle_150207_205601_01.jpg
                                                                                              【さらにボス手前に空母棲鬼がいるという念の入れように……】

                                                                                              kancolle_150207_205826_01.jpg
                                                                                              【ボスは新型の戦艦水鬼! 強そう! コワイ!】

                                                                                              まあ道中で特に軽空母が大破をもらうことが多いこと多いこと……
                                                                                              幸い、連合艦隊だったので司令部施設の機能で護衛退避で逃がしてましたが、
                                                                                              一度は中破だらけになってどうにもならずに撤退ということもありました。

                                                                                              丙作戦でこれだから甲作戦は押して知るべし……(ガクガクブルブル)

                                                                                              kancolle_150208_000154_01.jpg
                                                                                              【どうにかこうにかして北上さんのトドメでボス撃破!】

                                                                                              結局、最後の二回は道中支援と決戦支援を使いました
                                                                                              支援があると随伴艦を蹴散らせるので、戦艦の火力をより脅威度の高い
                                                                                              大型の敵に回すことができますね。

                                                                                              kancolle_150208_000257_01.jpg
                                                                                              【航空母艦の天城をお迎え! 新艦娘三人目となりますね!】

                                                                                              kancolle_150208_000317_01.jpg
                                                                                              【全作戦完遂の報告画面が出て、これにてトラック泊地防衛成功!】

                                                                                              振り返ってみると、中規模といいつつE-5まであるのはどうなんだと思いますが、
                                                                                              作戦難易度を甲・乙・丙と準備してくれたおかげで、自分の戦力や資源と相談して
                                                                                              無理のない範囲で攻略できたのは大きいなあと思いますね。

                                                                                              さて、次の春イベントをにらみつつ、再び備蓄と訓練の日々です。
                                                                                              新しく加わった艦娘たちを育てねば。


                                                                                               

                                                                                              艦これ2015冬イベント:トラック泊地空襲

                                                                                              0

                                                                                                艦これ2015冬イベント、E-2ステージ
                                                                                                トラック泊地へ空襲をしかけにきた敵機動部隊を邀撃する形になります。
                                                                                                本体である連合艦隊が抜錨する前の漸減作戦ですが、熾烈な戦いが予想されます

                                                                                                kancolle_150207_010837_01.jpg
                                                                                                【作戦選択をみると敵艦隊の側面を衝く形になってますね】

                                                                                                戦場はトラック泊地の東の海域になります。
                                                                                                こちらが投入できるのは一個艦隊のみ

                                                                                                kancolle_150207_023643_01.jpg
                                                                                                【ステージ図。編成を考えないと迷走しそうですね……】

                                                                                                スタート地点から北へ抜けると渦潮を踏む北回りルートになるのですが、
                                                                                                それを避け、かつ、敵機動部隊から制空権をもぎとるために以下の編成にしました。

                                                                                                邀撃部隊:金剛(戦艦)・霧島(戦艦)・秋月(駆逐艦)・瑞鶴(航空母艦)・翔鶴(航空母艦)・龍驤(軽空母)

                                                                                                空母部隊には艦載機でもとりわけ性能の良い烈風をたんと積んで制空権確保(4スロ中3スロ烈風)、
                                                                                                秋月は対空カットイン装備、戦艦2隻はダメージソースとして弾着観測射撃仕様としました。


                                                                                                これで道中は制空権確保、ボスでも航空優勢を取れたのですが……

                                                                                                kancolle_150207_151136_01.jpg
                                                                                                【E-2ボス最終形態。ヲ級Flagshipが3隻!?】

                                                                                                さすがにこの数は分が悪かった。航空戦勝負は引き分けになります。
                                                                                                これでは戦艦のダメージが下がってしまうので、ここで支援艦隊に戦艦部隊を投入
                                                                                                うまく支援部隊が随伴艦を蹴散らしてくれて、ボス撃破できました。

                                                                                                kancolle_150207_105911_01.jpg
                                                                                                【攻略途中に来てくれた舞風さん。うちの鎮守府にはいなかったのでうれしいところ】

                                                                                                kancolle_150207_151326_01.jpg
                                                                                                【海域突破ボーナスの流星(六〇一空)を獲得!】

                                                                                                kancolle_150207_151349_01.jpg
                                                                                                【そしてこれがほしかった! 試製51cm連装砲!】

                                                                                                E-2は道中にル級Flagshipが二隻待ち構えるポイントがあるので、
                                                                                                そこをいかにくぐりぬけるかが要でしたね。
                                                                                                戦艦が無傷でそこを通過できれば、まずまずボスでも勝率よかった気がします。

                                                                                                kancolle_150207_151356_01.jpg
                                                                                                【さて、次はいよいよE-3。連合艦隊の出撃です!】

                                                                                                機動部隊にするか打撃部隊にするかが連合艦隊は悩みどころです。

                                                                                                 

                                                                                                冬イベント前の艦これ日誌 2015.1.

                                                                                                0
                                                                                                  毎日艦これを回すことは欠かしていないTicoです、こんにちは。
                                                                                                  すきま時間で遊べるのがいいですなあ……

                                                                                                  さて、艦これ冬イベントが2月上旬と決まったのですが、
                                                                                                  その手前で改二がどしどし来ております
                                                                                                  なんとかイベント前に仕上がって、ほっと一安心。

                                                                                                  kancolle_150123_231108_01.jpg
                                                                                                  【駆逐艦の吹雪が改二に。アニメでは主人公だ!】

                                                                                                  kancolle_150123_211157_01.jpg
                                                                                                  【妙高型重巡姉妹でも最後の一人だった那智が改二に】

                                                                                                  kancolle_150127_205213_01.jpg
                                                                                                  【坊の岬沖では大和や雪風と共に奮戦した初霜も改二に】

                                                                                                  課題だった駆逐艦や軽巡の層もなんとかそこそこ厚みが増してきたので、
                                                                                                  とりあえずイベントの準備は万端といったところでしょうか。
                                                                                                  だが、まだまだバケツを貯めねばならぬ……

                                                                                                  さて艦これといえばこの1月からアニメが放映されておりますね
                                                                                                  なにぶん事前の期待値が高すぎたのでとやかく言われておりますが、
                                                                                                  Tico個人はいまのところ楽しんで見れております。
                                                                                                  というか長門さんがマジでイケメンだし

                                                                                                  さてさて、冬イベントは何がモチーフの作戦になるんでしょうね。
                                                                                                  中規模ということで今回も完走できるといいなあ

                                                                                                  最後に動画をペタリ。艦これアニメのOP&EDです。良い曲!

                                                                                                   

                                                                                                  艦これファンジンSS vol.23「バンド・オブ・シスターズ」

                                                                                                  0
                                                                                                    もよもよして書いた。やっぱり反省していない。

                                                                                                    というわけで艦これファンジンSS vol.23をお送りいたします。
                                                                                                    今回は妙高姉妹のお話で、舞台は2-5攻略となります。
                                                                                                    なので、利根がこれまで旗艦だったというのも、今回は妙高姉妹で攻略というのも、
                                                                                                    「うちの鎮守府」で実際にあったことです。

                                                                                                    仲良し四人姉妹ということなら金剛姉妹が有名どころですが、
                                                                                                    それとは違った形の姉妹の絆を書いてみたいと思い、今回筆を執ってみた次第です。
                                                                                                    最初は姉妹の立ち位置やお話を引っ張るエンジンをどうするかで苦労しましたが、
                                                                                                    主人公に羽黒をもってくることで、かえってお話自体を引っ張ってくれたように思えます。

                                                                                                    毎度のお約束ですが、「うちの鎮守府シリーズ」は、
                                                                                                    単体でお楽しみいただけるように気を使って書いております。
                                                                                                    23話目にはなりますが、これのみでお読みいただける作品となっております。
                                                                                                    もし気になられましたら、他のエピソードにも目を通して頂けると幸いです。


                                                                                                    それでは皆様、ご笑覧ください。


                                                                                                    -------------------------------------------

                                                                                                    艦これファンジンSS vol.22「ひな鳥の羽ばたき」

                                                                                                    0
                                                                                                      こふこふして書いた。やっぱり反省していない。

                                                                                                      この土曜で書けたよ! ということで、艦これファンジンSS vol.22をお送りします。

                                                                                                      きっかけになったのは、「次のエピソードどうするかなー」とツイートしたところ、
                                                                                                      フォロワーさんから「天龍と龍田の話が読みたいです」とリクエストを受けた次第。

                                                                                                      「でも天龍と龍田ってうちの鎮守府じゃロートルでレベル一桁ズの監督やってますよたぶん」
                                                                                                      「だから、注文したんですよ」


                                                                                                      そういう需要もあるのか、と思ったところで、いわゆるレベル1のまま放置している、
                                                                                                      待機組というか留守番組の艦娘について書いてみるのも面白いかなと思ったところへ、
                                                                                                      初霜改二の情報が耳に入ってきて、今回のエピソードとなりました。

                                                                                                      なお、いつものお約束として、艦これファンジンSS「うちの鎮守府」シリーズは
                                                                                                      どのエピソードから読んでも楽しめるように気を使っております。
                                                                                                      このお話単品でもお楽しみいただけますし、気が向いた方は他のお話もぜひどうぞ。


                                                                                                      それでは皆様、ご笑覧ください。


                                                                                                      ---------------------------------------------------------

                                                                                                      艦これファンジンSS vol.21 「提督の霍乱」

                                                                                                      0
                                                                                                        けほけほして書いた。やっぱり反省していない

                                                                                                        というわけで、えーと三ヶ月ぶりになりますか、
                                                                                                        艦これファンジンSS vol.21になります。

                                                                                                        渾作戦での扶桑さんの活躍とか書こうと思ったのですが、
                                                                                                        どうも時期を逸してしまったのと、あと私自身が年明け早々に体調を崩したので、
                                                                                                        これはこの題材で書けということだろうと思い、筆を執りました。

                                                                                                        アイデア自体は昨年の秋ごろから温めていたのですが、
                                                                                                        こうして形にすることができてほっとしております。


                                                                                                        このところ書けなかったのは仕事の都合や体調面など色々あったのですが、
                                                                                                        しかしブランクが空いたのはたしかなので、今回は少々不安はありました。
                                                                                                        それが書こうという気になって書けたのは、やはり艦これアニメ化が影響してるのかな……?

                                                                                                        過去エピソードを下敷きにしたお話やキャラ設定が含まれていますが、
                                                                                                        お約束として「うちの鎮守府」シリーズはどのエピソードから読んでも
                                                                                                        お楽しみいただけるように気を遣っております。

                                                                                                        過去作をご覧になってない方でも安心してどうぞ。

                                                                                                        それでは皆様、ご笑覧くださいませ。


                                                                                                        ---------------------------------------------

                                                                                                        艦これ 秋イベント前のアップデート

                                                                                                        0
                                                                                                          最近、仕事が多忙を極めていて体調をくずしたりで
                                                                                                          艦これファンジンSS書くのは控えてたりするTicoですコンニチハ。

                                                                                                          艦これ自体は毎日回していて、ずっと育てていた龍驤さんがようやく改二に。


                                                                                                          【龍驤さん改二! 長かった……!】

                                                                                                          これであとは阿賀野型軽巡を育てれば「あさっての戦力」が揃うことになりますね。

                                                                                                          さて、秋イベントを前にアップデートがあり、
                                                                                                          不幸戦艦といわれる扶桑さんにまさかの改二

                                                                                                          【改二になった扶桑さん。ふつくしい……】

                                                                                                          前は巨大な艤装がアンバランスで少々くせのあるデザインでしたが、
                                                                                                          改二になって安定感が出ましたね水上機搭載能力も23機スロットがあるほか、
                                                                                                          火力もアップして一線級の戦力になりました。

                                                                                                          さて、扶桑さんの改装以外に新システムとして、
                                                                                                          明石さんの改修工廠が実装されたりしました!


                                                                                                          【明石さんがいるとメニューで選べる改修工廠】

                                                                                                          明石さんの改修工廠では装備の強化を行うことができます
                                                                                                          普通に強化するだけでちょっとパワーアップしますが、
                                                                                                          上位装備にチェンジすることも可能になっています。


                                                                                                          【20.3cm(2号)連装砲が作れたり】


                                                                                                          【これはうれしい! 試製35.6cm三連装砲!】

                                                                                                          まあ改修工廠はなにげに資源を食うハイエンドコンテンツな上に、
                                                                                                          必要となる改修資材もまとまった量は課金になるので、
                                                                                                          なかなかホイホイと改修するわけにもいかないのですが。

                                                                                                          まあ秋イベントも間近ですから、資源は備蓄しないとですね。


                                                                                                          【扶桑さんのとどめの一撃】

                                                                                                          ちなみに扶桑さん山城さん基幹とする西村艦隊で出撃するという
                                                                                                          任務があるのですが、結局支援艦隊でゴリゴリ潰しながらクリア。

                                                                                                          最後にいつもの動画紹介。なかなかよくできてますよ、これは!
                                                                                                           

                                                                                                          艦これファンジンSS vol.20 「艦娘買出し紀行」

                                                                                                          0
                                                                                                            もしゅもしゅして書いた。やっぱり反省していない。

                                                                                                            というわけで艦これSSvol.20をお届けします。
                                                                                                            今回もネタに困っていたところ、フォロワーさんから
                                                                                                            「航巡の話とか読んでみたいですねえ」と言われて、前から題材にしたかった
                                                                                                            鈴谷と熊野を取り上げねばなるまいと思った次第です。

                                                                                                            鈴谷と熊野はどうも艦娘というよりも女子学生というイメージが強くて、
                                                                                                            二人を書くなら街中のショッピングだと前から思っていたのですが
                                                                                                            蓋をあけると意外な方向にプロットが転がりまして、どうしてこうなった。

                                                                                                            最後にお約束の文言として、艦これファンジンSS「うちの鎮守府」シリーズは
                                                                                                            それぞれ個別に楽しめるように書いております。気になったお品書きから
                                                                                                            読んで頂いて構いません。


                                                                                                            それでは皆様、ご笑覧くださいませ。

                                                                                                            長くなるので折り返し〜。

                                                                                                            ---------------------------------------------------------------------

                                                                                                            艦これファンジンSS vol.18 「再会・利根の決意」

                                                                                                            0
                                                                                                              めそめそしながら書いた。やっぱり反省していない。

                                                                                                              というわけで、筑摩さんロストの顛末を描いた後編、
                                                                                                              vol.18(2/2)「再会・利根の決意」をお送りします。

                                                                                                              前編のvol.17がゲーム内で起こったことのリプレイだとすると、
                                                                                                              後編のこちらはそこからの一種の救済を描いたものです。
                                                                                                              というか、そのままじゃ利根さんかわいそうすぎますし。

                                                                                                              なお、作中の重要人物として伊勢さんが出てきますが
                                                                                                              彼女のエピソードはvol.3「涙は見せない」やvol.10「北方の奮戦」で
                                                                                                              お読みいただくことが可能です。

                                                                                                              お約束の文言として、艦これSS「うちの鎮守府」シリーズは
                                                                                                              それぞれに独立したエピソードとなるようにこころがけております。
                                                                                                              気になったお品書きからお楽しみください。


                                                                                                              それでは皆様、ご笑覧くださいませ。



                                                                                                              ------------------------------------------------------------------------

                                                                                                               

                                                                                                              艦これファンジンSS vol.17  「別離・筑摩の思い」

                                                                                                              0
                                                                                                                しくしくしながら書いた。やっぱり反省していない。

                                                                                                                というわけで、前回の予告通り、vol.17(1/2)「別離・筑摩の思い」をお届けします。
                                                                                                                続くvol.18とは前後編の二部作となります。

                                                                                                                本当はこんなに急ぐ必要はなかったのですが、3-5で筑摩さんをロストした弔いとして
                                                                                                                自分ができる精一杯はなにかと思うと、このエピソードを書くしかないなと思いました。

                                                                                                                vol.18と合わせると結構な長さになりますが、合わせてお読みいただけると幸いです。

                                                                                                                お約束の文言として、艦これSS「うちの鎮守府」シリーズは
                                                                                                                それぞれに独立したエピソードとなるようにこころがけております。
                                                                                                                気になったお品書きからお楽しみください。


                                                                                                                それでは皆様、ご笑覧くださいませ。


                                                                                                                ------------------------------------------------------------------------

                                                                                                                艦これファンジン SS vol.16「オリョールの群狼」

                                                                                                                0
                                                                                                                  がうがうして書いた。やっぱり反省していない。

                                                                                                                  というわけで、艦これファンジンSS vol.16をお送りいたします。
                                                                                                                  二回連続で日常回だったので、今回は戦闘回がいいなあと思い、かねてから
                                                                                                                  考えていた潜水艦娘にスポットを当ててみました。

                                                                                                                  とはいえ書いてみてわかったのですが、潜水艦の戦闘って地味なのですよな。
                                                                                                                  このあたりどうなんだと思わなくもないですが、まあ、これはこれで。

                                                                                                                  お約束の文言として、艦これSS「うちの鎮守府」シリーズは
                                                                                                                  それぞれに独立したエピソードとなるようにこころがけております。
                                                                                                                  気になったお品書きからお楽しみください。


                                                                                                                  それでは皆様、ご笑覧くださいませ。

                                                                                                                  P.S.
                                                                                                                  異例ですが、前置きで次回エピソードの予告です。
                                                                                                                  今回のアップデートで追加された3-5海域攻略中にレベル84の航巡の筑摩さんがロストしました。
                                                                                                                  次回は前後編の二部作となります。前編がvol.17(1/2)「別離」、後編がvol.18(2/2)「再会」となります。

                                                                                                                  長くなるので折り返し〜。

                                                                                                                  ------------------------------------------------------------------------ 

                                                                                                                  3-5海域実装、そして隼鷹改二!

                                                                                                                  0
                                                                                                                    夏イベントも終わり、資源の回復に汲々としながらも
                                                                                                                    レベリングに励んでいる艦これなのですが、この金曜日にアップデートがありました。

                                                                                                                    新海域として、北方海域のEx.Operationとして、
                                                                                                                    「北方海域戦闘哨戒」が追加されました。ステージ3-5ですね。


                                                                                                                    【新海域3-5、不気味なこのシルエットはいったい……?】

                                                                                                                    ゲージ式のプチイベント式となっているこのステージですが、
                                                                                                                    編成によって大きくルートが二つに分かれるのがポイントです。


                                                                                                                    【北ルートと南ルートに分けられる3-5ステージ】

                                                                                                                    戦艦や空母を含めた重編成だとボス含め戦闘4回となるコース、
                                                                                                                    軽巡や駆逐艦だけの軽編成だとボス含め戦闘3回となるコース、になります。
                                                                                                                    ボスマス手前で索敵判定があるので、編成以外に装備にも気を使いたいところです。

                                                                                                                    Ticoはまだ攻略途中なのですが、両方のルートでS勝利をとれました。

                                                                                                                    北ルート部隊:
                                                                                                                    金剛(戦艦)・高雄(重巡洋艦)・愛宕(重巡洋艦)・衣笠(重巡洋艦)・翔鶴(航空母艦)・瑞鶴(航空母艦)

                                                                                                                    南ルート部隊:
                                                                                                                    利根(航空巡洋艦)・神通(軽巡洋艦)・夕立(駆逐艦)・時雨(駆逐艦)・綾波(駆逐艦)・雪風(駆逐艦)


                                                                                                                    道中はどちらがラクということもないように感じました。
                                                                                                                    南ルートは戦闘回数が少なく敵の守りも薄いのですが、こちらは駆逐艦主体なので
                                                                                                                    一発で戦闘続行不能になる可能性が高いといえます。

                                                                                                                    まあ北ルートも戦艦タ級がいたりしてそれなりに危険ですし、なにより、


                                                                                                                    【まさかの北方棲姫ふたたび】

                                                                                                                    「ほっぽちゃん」がいたりするので航空攻撃で重巡中破したりイロイロ大変なのですが。

                                                                                                                    なにはともあれ、ボスマスにたどりつくと、シルエットになっていた深海棲艦が現れます。


                                                                                                                    【新敵キャラ、軽巡ツ級!】

                                                                                                                    なかなかごつい外見の軽巡ツ級が登場。
                                                                                                                    とはいえ取り巻きは補給艦が二隻いたりしてあまり怖くなかったりします。
                                                                                                                    北ルート突破部隊なら昼戦だけで片をつけることができますが、
                                                                                                                    南ルート部隊なら夜戦にもちこまないと撃破は難しいかもしれません。


                                                                                                                    とはいえ、ボスは軽巡なので当たればどうにかなる感じですね。
                                                                                                                    その意味では今回の追加ステージは重編成も軽編成も攻略できる、
                                                                                                                    なかなかの良マップであるように思えます。

                                                                                                                    さてさて、先のアップデートで改二が実装された
                                                                                                                    隼鷹さんがようやく80になり改装可能になりました!


                                                                                                                    【あっけらかんとした表情がかわいい隼鷹さん】

                                                                                                                    中破するとなかなか楽しい絵柄になるそうですが、
                                                                                                                    意図的に脱がすことはしない主義なので、さて拝めるのはいつのことやら。
                                                                                                                    なにはともあれ、これで飛鷹隼鷹ともにレベル80台になりまして、
                                                                                                                    あとは千歳と千代田と龍驤が80に乗れば空母陣の練成は一段落ですね。

                                                                                                                    秋イベントをにらんで資源備蓄しつつ、こつこつレベリングして
                                                                                                                    いざというときに出せる艦娘を増やしていきたいところです。

                                                                                                                    最後に動画紹介。今回の3-5ボス戦でかかる「士魂の守り」です。
                                                                                                                    AL作戦BGMのアレンジバージョンですが、なかなか熱いなあ。

                                                                                                                      

                                                                                                                    艦これファンジンSS vol.14 「お悩みむっちゃん」

                                                                                                                    0
                                                                                                                      むつむつして書いた。やっぱり反省していない。

                                                                                                                      というわけで週刊ペースでお届けしたい艦これファンジンvol.14をお届けします。
                                                                                                                      とはいえおかしいなあ、今週末はお休みするつもりだったんですが

                                                                                                                      今回はフォロワーさんから「色気のある話を」と言われ、
                                                                                                                      「本当に書けるんですか?(プークスクス)」とあおられて、にゃにおうと書いたものです。
                                                                                                                      色気といえば陸奥さんだろうと思い、今回スポットを当ててみた次第です。はたしてうまくいったやら。

                                                                                                                      本エピソードだけでも独立してお楽しみいただけるよう、筋立てなどは考えておりますが、
                                                                                                                      陸奥・大和・長門の関係については、vol.4「命短し恋せよ艦娘」を、
                                                                                                                      大和が出撃した際のエピソードについては、vol.12「大和、出撃」を、
                                                                                                                      第六駆逐隊の過去の「所業」については、vol.1「指輪の意味」を、
                                                                                                                      それぞれごらんいただけるとよりお楽しみいただけるかと存じます。

                                                                                                                      もちろん、お約束の文言として、「うちの鎮守府シリーズ」はゆるくつながっておりますが、
                                                                                                                      それぞれに独立したエピソードとしておりますので、気に入ったお品書きからお読みいただいて
                                                                                                                      大丈夫です。


                                                                                                                      それでは皆様、ご笑覧くださいませ。

                                                                                                                      長くなるので折り返し〜。



                                                                                                                      ----------------------------------------------------------------

                                                                                                                      空母どしどし改装!

                                                                                                                      0
                                                                                                                        艦これ夏イベントも一段落したところで仕事が忙しくなったので
                                                                                                                        いったん空母陣のレベリングにいそしんでいた艦これですが、
                                                                                                                        この週末になってどしどし改造の波が押し寄せてきました。

                                                                                                                        まずは軽空母の千歳と千代田が航改二に


                                                                                                                        【千歳航改二。一新されたカラクリ飛行甲板!】

                                                                                                                        【千代田航改二。姉の千歳とおそろいですね】

                                                                                                                        軽空母ながら破格の搭載機数の千歳と千代田、
                                                                                                                        まだまだレベリングが必要ですが今後の重要な戦力となるでしょう。
                                                                                                                        「あさっての戦力」がようやくここまで来たのかー。

                                                                                                                        そして夏イベントでお迎えした雲龍がようやく改装


                                                                                                                        【イラストも一新されてより魅力的に!】

                                                                                                                        雲龍で実施する六〇一空出撃任務もこなして、烈風の六〇一部隊を入手しました!


                                                                                                                        【なんとネームドの烈風! 戦力の大幅アップが見込めます!】

                                                                                                                        艦これはつくづく育成ゲームだなあと思います。
                                                                                                                        こつこつレベリングしてればこういううれしいことがあるのがいいですね。

                                                                                                                        雲龍たちをレベル70-80くらいまでレベリングしたら、
                                                                                                                        今度は軽巡や駆逐艦を育てたいなあと考えています。

                                                                                                                        最後の動画のご紹介。「臥龍の瞳」というMMDドラマのOP動画です。かっこいい!
                                                                                                                         

                                                                                                                        艦これファンジンSS vol.12(4/5) 「大和、出撃」

                                                                                                                        0
                                                                                                                          しょわしょわして書いた。やっぱり反省していない。

                                                                                                                          というわけで、艦これ夏イベントSS、本編みっつめをお送りします
                                                                                                                          E-6は実は攻略途中なのですが、文中の出撃部隊および支援艦隊は、ゲームに準じて書いています
                                                                                                                          意外な艦娘も登場しますが、実際に残ってる軽空母じゃ彼女が一番練度高いんだもの。

                                                                                                                          AL作戦では姉妹艦の絆を、MI作戦では大規模な作戦を描きましたが、
                                                                                                                          今回めざしたのは濃密な戦闘シーンです。ここまで書き込むのは初めてなので、うまくいったかどうか。

                                                                                                                          なお、お約束の文言として「うちの鎮守府」シリーズはゆるくつながっておりますが、
                                                                                                                          それぞれに独立したエピソードとなっていますので、気になったお品書きからお楽しみいただいてOKです。
                                                                                                                          また、本エピソードはvol.9「出撃前夜」ともつながってますので、そちらもお読み頂けると
                                                                                                                          より楽しめるのではないかと思います。

                                                                                                                          それでは、皆様、ご笑覧くださいませ。

                                                                                                                          長くなるので折り返し〜。



                                                                                                                          ---------------------------------------------------------------------------

                                                                                                                          艦これファンジンSS vol.11(3/5) 「海原の死闘」

                                                                                                                          0
                                                                                                                            わっふるわっふるして書いた。やっぱり反省していない。
                                                                                                                            おかしいなあ、盆休み中にさわりだけ書ければと思ってたのに、なぜいま仕上がっているんだ

                                                                                                                            というわけで、艦これSS vol.11 夏イベントMI作戦のエピソードをお届けします。
                                                                                                                            MI作戦自体は三段階あるのですが、当初はどの段階を舞台にするかなやみました。
                                                                                                                            しかし、やはり赤城さんと加賀さんには運命を乗り越えてほしいと思ったので
                                                                                                                            三つめのステージをモチーフにさせて頂きました。

                                                                                                                            MI作戦はBGMも壮大で連合艦隊を遣っての攻略も実に壮観だったので、
                                                                                                                            そのスケールの大きさを出せればと苦心しました
                                                                                                                            一度作ったプロットを破棄して再度練り直したのはここだけの話だ

                                                                                                                            なお、エピソード終盤のある台詞については、
                                                                                                                            ニコニコ動画にあがっている「【艦これBGM】MI作戦 ボス戦【10分ループ】」
                                                                                                                            http://www.nicovideo.jp/watch/sm24198509
                                                                                                                            こちらのコメント字幕を参考にさせていただきました。
                                                                                                                            聞き取りをしてくださった方、本当にありがとうございます。

                                                                                                                            それでは皆様、ご笑覧くださいませ。

                                                                                                                            長くなるので折り返し〜

                                                                                                                            JUGEMテーマ:ゲーム


                                                                                                                            ----------------------------------------------------------------------------

                                                                                                                            艦これファンジンSS vol.10(2/5)  「北方の奮戦」

                                                                                                                            0
                                                                                                                              むしゅむしゅして書いた。やっぱり反省していない。

                                                                                                                              というわけで、艦これSS vol.10、夏イベント五部作のふたつめをお送りします。
                                                                                                                              つーか書くの早いよ。前にアップして何時間後なんだよ。

                                                                                                                              今回のお話はAL作戦が舞台ですが、プロローグで喧嘩しちゃった伊勢さんと日向さんの話です。
                                                                                                                              はたしてあんなことになってAL作戦だいじょうぶなのか? 二人の仲はどうなってしまうのか?

                                                                                                                              ちなみに本作単品でもお楽しみいただけますが、vol.9の「出撃前夜」とゆるくつながっていますし、
                                                                                                                              伊勢さんと日向さんの関係はvol.3「涙は、見せない」でも書いているので、ご興味があれば
                                                                                                                              そちらもご覧いただけるとよりお楽しみ頂けるかと存じます。

                                                                                                                              なお、お約束の文言として、「うちの鎮守府」シリーズはゆるくつながりながらも
                                                                                                                              各エピソードが独立するように書いてますので、気になった作品からお読みいただけてOKでございます。


                                                                                                                              それでは皆様、ご笑覧くださいませ。

                                                                                                                              長くなるので折り返し〜。


                                                                                                                              ------------------------------------------------------------------------

                                                                                                                              艦これファンジンSS vol.9(1/5)  「出撃前夜」

                                                                                                                              0
                                                                                                                                くらくらして書いた。やっぱり反省していない。

                                                                                                                                というわけで、ちょっとお休みを頂いていましたが、艦これSSの新作をお届けします
                                                                                                                                今回は、まだ開催中ですが、夏イベントを舞台に描いてみることにしました。

                                                                                                                                前日譚、本編、後日譚と合わせて、全部で5つのエピソードから構成されますが、
                                                                                                                                今回お送りするのは前日譚、プロローグとなります。

                                                                                                                                ちなみに一応は続き物になりますが、個別に読んでも面白いように配慮していきますので
                                                                                                                                気に入ったエピソードからどうぞ。お盆休み中にはAL作戦かMI作戦まで書きたいなあと思っています。

                                                                                                                                なお、「うちの鎮守府」シリーズはゆるくつながっていますが、
                                                                                                                                エピソードはなるべく独立するようにしていますので、気に入ったお品書きからどうぞ。


                                                                                                                                それでは皆様、ご笑覧くださいませ。

                                                                                                                                長くなるので折り返し〜。



                                                                                                                                -------------------------------------------------------------

                                                                                                                                艦これ夏イベント 海原の死闘、MI作戦! その3

                                                                                                                                0
                                                                                                                                  艦これ夏イベント、MI作戦も最終段階にはいりました。
                                                                                                                                  攻略したMI島を奪還すべく出てきた敵増援部隊を叩くステージです。


                                                                                                                                  【これを攻略すれば運命を乗り越えることができる……!】

                                                                                                                                  【MI-3ステージ。索敵値さえ満たせばボス固定なマップですが……】

                                                                                                                                  MI-3ステージは初期2ポイントで潜水艦の待ち伏せがあるほか
                                                                                                                                  中間ルートおよび北ルートで夜戦ポイントがあるなかなかの難所
                                                                                                                                  とはいえ、MI-1およびMI-2をクリアした提督なら余裕で攻略できます!


                                                                                                                                  【ボスは空母棲姫。サイドポニーと長髪が誰かを想起させます】

                                                                                                                                  Ticoはこのステージを以下の構成でクリアしました。

                                                                                                                                  空母機動部隊:
                                                                                                                                  赤城(航空母艦)・加賀(航空母艦)・飛龍(航空母艦)・蒼龍(航空母艦)・長門(戦艦)・陸奥(戦艦)

                                                                                                                                  護衛水雷戦隊:
                                                                                                                                  神通(軽巡洋艦)・夕立(駆逐艦)・時雨(駆逐艦)・綾波(駆逐艦)・利根(航空巡洋艦)・木曾(重雷装巡洋艦)

                                                                                                                                  空母棲姫は艦船タイプのユニットなので、普通に駆逐艦のカットインなどが通用します
                                                                                                                                  そのため、夜戦での水雷戦隊の突撃で決着をつけるために筑摩を木曾に入れ替えての出撃です。

                                                                                                                                  とどめだけ金剛姉妹の決戦支援艦隊を使いましたが、それ以外は支援なしで戦えましたね。
                                                                                                                                  夜戦までにとり巻きをかたづけて、ボスを4割がた削っていればあとは水雷戦隊で削りきれます


                                                                                                                                  【ボスにとどめの瞬間。綾波さんがカットインで決め!】


                                                                                                                                  【新艦娘の雲龍さんお迎え。くーろくろさんデザイン、かっこいい!】


                                                                                                                                  【これでMI作戦を無事に完遂となりました! やったねみんな!】

                                                                                                                                  MI作戦の感想ですが、全体を通じて
                                                                                                                                  連合艦隊で押し通る戦いは実に壮大かつ爽快でプレイしていてなかなか楽しかったです
                                                                                                                                  ただし、一度に二個艦隊繰り出す関係上、資源やバケツの消費がハンパなく
                                                                                                                                  提督によってはMI完走できないかもしれません。
                                                                                                                                  その意味で「艦これは兵站のゲームである」といえましょう。

                                                                                                                                  全体を通じて評価すれば、MI作戦の連合艦隊システムや難易度は実によかったので、
                                                                                                                                  AL作戦の締め付けるような難易度はどうにかならなかったのかと思います。
                                                                                                                                  実際、ALのハードルで心折れる人は多いんじゃないかしら。

                                                                                                                                  艦娘をじゅうぶんに育てていない、あるいは装備が整っていないと詰むこともあり、
                                                                                                                                  そのあたりはどうにか手当てしてほしいところではあります。
                                                                                                                                  まあ装備は資源課金して作ればいいちゃいい話ではあるんですが……

                                                                                                                                  今後も連合艦隊システムを活用したイベント海域は出るでしょうから、
                                                                                                                                  次回からは前段階のステージ難易度設定はもうちょっとどうにかしてほしいところです

                                                                                                                                  さて、ところで、イベント海域といえば、エクストラステージなんですが。


                                                                                                                                  【まさかの本土近海決戦!?】

                                                                                                                                  ALをおとりにしてMIを攻略しようとしたら、
                                                                                                                                  MIをおとりにされて本土接近をゆるしてしまったでござる。

                                                                                                                                  さて、最期に動画紹介。前にも貼りつけたかもしれませんが、「飛龍の反撃」です。
                                                                                                                                  MI-3ではこれがかかるんですよねえ。燃えます!

                                                                                                                                   

                                                                                                                                  艦これ夏イベント 海原の死闘、MI作戦! その2

                                                                                                                                  0
                                                                                                                                    艦これ夏イベント、MI作戦も第二段階に入りました。
                                                                                                                                    北太平洋のMI島を攻略するのが作戦目的となります。

                                                                                                                                    島の攻略ということは揚陸艦の出番ということで
                                                                                                                                    まさかの「あきつ丸」がルート固定のカギとなる展開に。

                                                                                                                                    【あきつ丸? 改装済みだ、問題ない】

                                                                                                                                    遠征に出していてレベル36だったあきつ丸を急遽レべリングして
                                                                                                                                    レベル40まで上げて機動部隊旗艦として出すことになりました。


                                                                                                                                    【MI-2マップ。中央の目標を囲んでリング状の航路になっています】

                                                                                                                                    あきつ丸がいると最初の分岐で南へ向かうので
                                                                                                                                    そのままボスへほぼ固定になるルートを選ぶ機会が得られます。
                                                                                                                                    ただし必ず固定というわけでなくランダムで北へ向かうこともあり、
                                                                                                                                    そうなると潜水艦の待ち伏せ&ハズレコースのリスクもあります。

                                                                                                                                    Ticoはこの海域を下記の編成で攻略しました。

                                                                                                                                    空母機動部隊:
                                                                                                                                    あきつ丸(揚陸艦)・赤城(航空母艦)・加賀(航空母艦)・飛龍(航空母艦)・長門(戦艦)・陸奥(戦艦)

                                                                                                                                    護衛水雷戦隊:
                                                                                                                                    神通(軽巡洋艦)・夕立(駆逐艦)・綾波(駆逐艦)・時雨(駆逐艦)・利根(航空巡洋艦)・筑摩(航空巡洋艦)

                                                                                                                                    あきつ丸には、連合艦隊司令部・電探・紫電改二。
                                                                                                                                    空母は制空権をとるために艦戦多めで艦爆はおろしました。艦爆が載っているとボス攻撃に参加しないそうです。
                                                                                                                                    戦艦は昼間連撃仕様にして三式弾配備。航巡にも三式弾配備。駆逐艦は雷撃戦でボス護衛を始末する役割です。


                                                                                                                                    【ボスの中間棲姫。Midwayだから中間……?】


                                                                                                                                    【とどめを刺せる状態になると形態が変化し、耐久がアップします】

                                                                                                                                    羅針盤に翻弄されるマップということでしたが、Ticoはスムーズに挑戦できたと思います。
                                                                                                                                    あきつ丸がいることで確定コースの機会が得られるほかに、潜水艦待ち伏せをクリアすれば
                                                                                                                                    あとはランダムですが同じくボス確定コースに乗れる機会があるので、
                                                                                                                                    試行回数の70%はボスへたどり着けた気がします。

                                                                                                                                    ボスは航空優勢をとれば戦艦の昼間連撃が効いてきますので、
                                                                                                                                    夜戦こみで考えれば支援なしで十分に撃破可能でした。
                                                                                                                                    水雷戦隊の雷撃で護衛を一掃できたのも大きいですね


                                                                                                                                    【利根さんの攻撃がボス耐久4残るも、筑摩さんが見事撃破!】

                                                                                                                                    ちなみにボス撃破時の演出はちょっと凝っていて
                                                                                                                                    聞いた瞬間、鳥肌がぞわっとしました。
                                                                                                                                    深海棲艦ってやはりそういうことなのか……?


                                                                                                                                    【海域クリアボーナスとして時津風をお迎えしました】

                                                                                                                                    あきつ丸の有無でかなり難易度が変わるマップだなあと感じました。
                                                                                                                                    海域のボスドロップ自体でもあきつ丸は出ますので、ない人は
                                                                                                                                    ねらってみて急速育成させればLv35程度でも実用範囲になるかと思います。


                                                                                                                                    【いよいよMI作戦の総仕上げ、作戦第三段階です】

                                                                                                                                    さて、動画紹介。今回はMI作戦のボス戦で流れるBGMです。ヒュムノスっぽいなあ。

                                                                                                                                     

                                                                                                                                    艦これ夏イベント 海原の死闘、MI作戦! その1

                                                                                                                                    0
                                                                                                                                      艦これ夏イベント、ようやく前段階のAL作戦を終わらせ、
                                                                                                                                      本番といえるMI作戦に移ることができました。

                                                                                                                                      【三段階からなるMI作戦。まずは出撃してくる空母部隊を叩きます】

                                                                                                                                      MI作戦では空母機動部隊と護衛部隊の二個艦隊を編成し、
                                                                                                                                      そのふたつを組み合わせて「連合艦隊」として戦いに臨むことになります。


                                                                                                                                      【戦闘時の陣形選択もこのような四種類に変わります】


                                                                                                                                      【MI-1マップの全容。マークのある箇所が航空戦だけのポイントです】


                                                                                                                                      【そして戦闘ではこのような画面に……! 壮観ですねえ】

                                                                                                                                      Ticoはこのステージを以下の編成で攻略しました。

                                                                                                                                      空母機動部隊:
                                                                                                                                      赤城(航空母艦)・加賀(航空母艦)・飛龍(航空母艦)・蒼龍(航空母艦)・長門(戦艦)・陸奥(戦艦)

                                                                                                                                      護衛水雷戦隊:
                                                                                                                                      神通(軽巡洋艦)・夕立(駆逐艦)・時雨(駆逐艦)・綾波(駆逐艦)・利根(航空巡洋艦)・筑摩(航空巡洋艦)

                                                                                                                                      一航戦と二航戦は史実どおりの編成ですね。運命を書き換えるために出撃してもらいました。
                                                                                                                                      水雷戦隊の旗艦は……まあ神通さんしかおりますまい利根と筑摩も記憶を乗り越えるための戦いです

                                                                                                                                      AL作戦の難易度に比べれば索敵値さえクリアしていればルートはほぼ固定で、
                                                                                                                                      道中もそれほど危険はないのですが、

                                                                                                                                      Ticoの場合、低速戦艦を入れていたので、戦闘遭遇の多い北ルートとなってしまい、
                                                                                                                                      艦載機の消耗がえらいことに……

                                                                                                                                      機動部隊が高速戦艦2、重巡or航巡1、正規空母3で戦闘の少ない南ルート固定みたいですね。


                                                                                                                                      【ボスの空母棲鬼。高い航空能力を持つ敵です。台詞が……】

                                                                                                                                      本ステージは航空戦と弾着観測射撃で昼間のうちに決着をつけることもできますが、
                                                                                                                                      夜戦突入を選ぶと航空戦の後に水雷戦隊が突撃をかける熱い展開に!
                                                                                                                                      というかTicoは昼戦でいまいちしとめきれなくて夜戦に行くパターンがほとんどでした。


                                                                                                                                      【ゲージ破壊の瞬間。時雨のカットイン攻撃で、見事撃破!】


                                                                                                                                      【報酬その1、試製41cm三連装砲……おお、長門さんにつけよう】


                                                                                                                                      【報酬その2、13号対空電探改。いや、駆逐艦の索敵もはかどりますね】


                                                                                                                                      【報酬その3、熟練艦載機整備員。積む余裕あるかな?】

                                                                                                                                      なにはともあれ、これでMI島攻略にかかれますね!
                                                                                                                                      さあ、お盆休みですし、夏イベントはじっくり腰をすえてかかりますよ!


                                                                                                                                      【次なる作戦、MI島攻略……えっ、揚陸艦必要ってマジですか】

                                                                                                                                      最期に動画紹介。MI作戦の道中でかかるBGMですが、壮大な感じがたまらない!

                                                                                                                                       

                                                                                                                                      艦これ夏イベント、北方の奮戦-AL作戦!

                                                                                                                                      0
                                                                                                                                        艦これ夏イベントがいよいよ始まりました。
                                                                                                                                        二正面二段階作戦ということで、今回はまず北方のAL作戦を実施し、
                                                                                                                                        その後、AL作戦に参加しなかった艦娘でMI作戦となります。

                                                                                                                                        つまり、主力級艦隊をAL作戦には投入できず
                                                                                                                                        提督によってはなかなか苦しい戦いを強いられます。
                                                                                                                                        というかTico苦しかったよ、ウオオン。


                                                                                                                                        【二段階からなるAL作戦、これをまずクリアせねば……】

                                                                                                                                        まずはAL海域へ進出するために深海棲艦の前衛部隊と戦うステージです。

                                                                                                                                        【夜戦はないが戦艦を出せない北ルート、夜戦ありの南ルート】

                                                                                                                                        ボス前までおおむね二通りのルートとなりますが、
                                                                                                                                        いずれもボス手前でハズレに通じているコースがあります。

                                                                                                                                        これ、ボス前で一定以上の索敵値がないとハズレを引いてしまうのです
                                                                                                                                        そのため、電探や偵察機の配備がカギとなってきます。

                                                                                                                                        この海域はTicoは以下の艦隊で攻略しました。

                                                                                                                                        第一攻略編成:
                                                                                                                                        伊勢(航空戦艦)・高雄(重巡洋艦)・愛宕(重巡洋艦)・川内(軽巡洋艦)・飛鷹(軽空母)・隼鷹(軽空母)

                                                                                                                                        第二攻略編成:
                                                                                                                                        日向(航空戦艦)・足柄(重巡洋艦)・鳥海(重巡洋艦)・那珂(軽巡洋艦)・祥鳳(軽空母)・瑞鳳(軽空母)

                                                                                                                                        日向さんは先のイベントで戦没した経験があるので、今回のイベントはリベンジになりますね。
                                                                                                                                        なお、航空戦艦は水偵と電探、重巡にも電探、軽巡には照明弾、軽空母には偵察機の彩雲を配備
                                                                                                                                        ちなみに、第二編成は途中まで夕張が入ってましたが、耐久力の関係で那珂ちゃんに入れ替え。
                                                                                                                                        上記の編成で南ルートを突破する作戦です。

                                                                                                                                        南ルートで気をつけなくてはならないのは、1マスめにでてくる潜水艦の雷撃と、2マスめの夜戦ですね。
                                                                                                                                        潜水艦の雷撃は軽空母が受けるとそれだけで戦闘継続不可能なダメージを負いますし、
                                                                                                                                        2マスめの夜戦ではフラグシップのル級などがでるので、ワンパンチ大破もありえます。
                                                                                                                                        ちなみに夜戦は梯形陣で避けやすくなるそうです。マジか、複縦陣で耐えてた……


                                                                                                                                        【日向さん、リベンジの瞬間。見事、ボス撃破!】

                                                                                                                                        上記編成ならボスまでたどりつければ後は撃ち負けることはありません。
                                                                                                                                        やはり戦艦の重火力は頼りになりますね。

                                                                                                                                        とどめは日向さんが決めてくれました。やったね、トラウマ克服だ!


                                                                                                                                        【海域クリアボーナスで新艦娘の春雨をお迎えです】


                                                                                                                                        次に、ALのボスである北方棲姫を攻略する第二ステージですが……


                                                                                                                                        【戦艦入れられる北ルートか、艦種縛りの南ルートか……】

                                                                                                                                        重巡2、駆逐2、軽空母2という史実に割と沿った編成にすると
                                                                                                                                        比較的進みやすい南ルートになりますが、
                                                                                                                                        このマップは前のマップ以上に索敵が重要になってきます。

                                                                                                                                        ボス手前に行く前に索敵判定、ボス手前でも索敵判定
                                                                                                                                        相当えげつない装備をしないとボスルート固定にならないようになっています
                                                                                                                                        (ある程度の数値を確保できていればランダム進行できるみたいですが)


                                                                                                                                        【駆逐艦というかもはやレーダーピケット艦?】

                                                                                                                                        駆逐艦に電探ガン積みでもルート固定できなくて、やむなく
                                                                                                                                        軽空母の片方に彩雲二個積みという通常ではありえない状態に。


                                                                                                                                        いいのかこれ、という外見の北方棲姫】


                                                                                                                                        【あと一撃で撃破というところではパワーアップします】

                                                                                                                                        Ticoは下記のような編成で攻略しました。

                                                                                                                                        第一攻略編成:
                                                                                                                                        高雄(重巡洋艦)・愛宕(重巡洋艦)・雪風(駆逐艦)・島風(駆逐艦)・飛鷹(軽空母)・隼鷹(軽空母)

                                                                                                                                        第二攻略編成:
                                                                                                                                        足柄(重巡洋艦)・鳥海(重巡洋艦)・白雪(駆逐艦)・初雪(駆逐艦)・祥鳳(軽空母)・瑞鳳(軽空母)

                                                                                                                                        前衛支援編成:
                                                                                                                                        金剛(戦艦)・榛名(戦艦)・比叡(戦艦)・霧島(戦艦)・叢雲(駆逐艦)・菊月(駆逐艦)

                                                                                                                                        決戦支援編成:
                                                                                                                                        長門(戦艦)・陸奥(戦艦)・大和(戦艦)・ビスマルク(戦艦)・夕雲(駆逐艦)・長波(駆逐艦)

                                                                                                                                        AL作戦およびMI作戦に参加した艦娘は支援艦隊にもまわせないのですが、
                                                                                                                                        言い換えればMI作戦開始前なら潤沢に支援艦隊を展開できるので、活用させてもらいました。
                                                                                                                                        なお、決戦支援編成はとどめをさすときにだけ出動させてます。弾薬消費量ハンパないので。

                                                                                                                                        気をつけたのは、面倒でも攻略艦隊および支援艦隊にはかならずキラキラをつけたことでしょうか
                                                                                                                                        攻略部隊なら敵の攻撃を避けやすくなりますが、なにより前衛支援艦隊はキラキラ状態だと
                                                                                                                                        間違いなく駆けつけてくれるという安心感があります。金剛級4人ならほぼ掃滅できるし。


                                                                                                                                        【愛宕さんがゲージ破壊した瞬間! 育ててよかった重巡洋艦!】


                                                                                                                                        【新艦娘の大淀をお迎え。改装すると連合艦隊司令部をもってきます】


                                                                                                                                        【北方の奮戦は終わり、AL作戦はこれで完了!】

                                                                                                                                        個人的な感想ですが、クリアした後だからこそ「やりごたえあったなー」と思えますが
                                                                                                                                        索敵関係のハードルがかなり厳しいので、装備が整っていない提督だと詰むなと感じました
                                                                                                                                        また、今回はゲージ回復がないのですが、そのぶん道中の難易度で調整しているようで、
                                                                                                                                        MI作戦を考えるとAL作戦に主力を当てるわけにもいかないので、普段から意識して
                                                                                                                                        「予備戦力」を育てておかないとかなりキツイ戦いになるのではと思います
                                                                                                                                        というかTicoも遠征部隊まで動員かける事態でしたし。


                                                                                                                                        【なにはともあれ、MI作戦開始です!】


                                                                                                                                        【連合艦隊編成! "艦娘がこれだけ集まると壮観だな"】

                                                                                                                                        最後に動画紹介。AL作戦のBGMがこちらです。なかなか燃えます!

                                                                                                                                         

                                                                                                                                        艦これアニメPV第一弾! そしていよいよ夏イベント!

                                                                                                                                        0
                                                                                                                                          前々からアニメ化の話がありつつもなかなか「動いている絵」がなかった、
                                                                                                                                          アニメ版艦これ」ですが、本日、第一弾PVが公開となりました!



                                                                                                                                          なかなか良い動きをしていますが、戦闘シーンのCGは
                                                                                                                                          「コードギアス 亡国のアキト」を手がけているスタジオと聞いて納得の出来です。
                                                                                                                                          水柱をかいくぐって敵に肉薄する吹雪がまさに水雷戦隊といった感じですね!

                                                                                                                                          さて、いよいよ今週末金曜から夏イベント「AL作戦/MI作戦」が開始されますが、
                                                                                                                                          本日、運営よりイベントの概要が告知されました。それによると、

                                                                                                                                          ・AL作戦攻略完了後にMI作戦に移行できる
                                                                                                                                          ・AL作戦に投入した艦娘はMI作戦には投入できない(逆も同じ)

                                                                                                                                          という、二段階二正面作戦となり、手持ちの艦娘をどう運用するかが
                                                                                                                                          カギになってきそうではあります。総力戦になりそうな予感……


                                                                                                                                          【本日時点の資源の様子……うっ、バケツが】

                                                                                                                                          開始一週間前にしてようやく資源が自然回復上限を超えてたまり始めたのですが
                                                                                                                                          これでどこまでいけるのやらと不安にもなりますが……そんなときはこの動画を見るのです!

                                                                                                                                          提督諸君、夏イベント、精一杯がんばりましょう!

                                                                                                                                           

                                                                                                                                          艦これファンジンSS vol.8 「感謝と願いをかたちに」

                                                                                                                                          0
                                                                                                                                            もしゃもしゃして書いた。やっぱり反省していない。

                                                                                                                                            というわけで、艦これファンジンSS vol.8をお送りいたします。
                                                                                                                                            おかしいなあ、週刊ペースのはずだったのに、なぜアップした三日後に書いたんだろう……

                                                                                                                                            冗談はさておき、今回は、時雨、島風、夕立、雪風の、
                                                                                                                                            「うちの鎮守府」ではエース級の駆逐艦娘四人のお話です。
                                                                                                                                            彼女達が普段どんな姿をみせているのかなと思い書き始めましたが、
                                                                                                                                            夏イベント前ということで当初の目論見とはちょっと違うものができあがりました

                                                                                                                                            ちなみに、お中元の時期は本来7/1-7/15なので、季節はずれもいいところなのですが
                                                                                                                                            一応、関西では月遅れで贈るとか、8月だと「暑中お見舞」として贈ったりするそうです。
                                                                                                                                            あまりつっこんじゃだめだぞ! Ticoは縮んだときのマリオ並にクリボー相手にも即死しちゃうんだから!

                                                                                                                                            なお、「うちの鎮守府」シリーズはゆるくつながっておりますが、
                                                                                                                                            各エピソードは独立しておりますので、気になったお話からお楽しみあれ。


                                                                                                                                            それでは皆さま、ご笑覧ください。

                                                                                                                                            長くなるので折り返し〜。



                                                                                                                                            --------------------------------------------------

                                                                                                                                            艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」

                                                                                                                                            0
                                                                                                                                              ふわふわして書いた。やっぱり反省していない。

                                                                                                                                              というわけで、艦これファンジンSS vol.7をお届けします。

                                                                                                                                              当初は川内型姉妹が甘味処でおしゃべりするだけの内容だったのですが、
                                                                                                                                              それだとドラマがないのでちょうど東京急行を率いている那珂ちゃんにスポットをあてて、
                                                                                                                                              地味ながらゲームでは重要な役割の「遠征」をテーマにしてみました。

                                                                                                                                              それから、まったくの偶然だったのですが、初期艦の叢雲さんがたまたま
                                                                                                                                              那珂ちゃんと同じ艦隊にいたので、これは裏主人公として立てると熱いのでは?と思い、
                                                                                                                                              今回のストーリーとあいなりました。

                                                                                                                                              一番苦労したのはドラム缶の描写だよなあ……
                                                                                                                                              これはまあTicoなりの解釈と言うことで、とらえて頂けると幸いです。

                                                                                                                                              なお、「うちの鎮守府」シリーズはゆるくつながっておりますが、
                                                                                                                                              エピソードは独立しておりますので、気に入った作品からご覧ください。

                                                                                                                                              それでは、皆さまご笑覧ください。

                                                                                                                                              長くなるので折り返し~。

                                                                                                                                              ※ちょっとタイトル変えました(8/1 13:10)



                                                                                                                                              ------------------------------------------------------------------
                                                                                                                                               

                                                                                                                                              榛名改二! そして準備は万全か?

                                                                                                                                              0
                                                                                                                                                夏イベントを間近にひかえた「艦これ」ですが、
                                                                                                                                                この月曜日にアップデートがありました!

                                                                                                                                                改二が実装された金剛型姉妹の中でも
                                                                                                                                                最後に残っていた榛名がついに改二が実装!

                                                                                                                                                必要レベルは80と相当に高いのですが、Ticoはかろうじてクリア。
                                                                                                                                                というわけで、さっそく改修。

                                                                                                                                                 
                                                                                                                                                【凛々しくもかわいらしい姿となりました、榛名改二!】

                                                                                                                                                金剛型姉妹は改二でかなり印象が変わったものが多かったので、
                                                                                                                                                今回の榛名もいろいろ危惧されていましたが、なかなかよいデザインではないでしょうか。

                                                                                                                                                さて、見た目が変わっただけでなく、榛名は今回、新装備をもってきてくれます


                                                                                                                                                【35.6cm連装砲(ダズル迷彩)。浮き砲台として戦っていた名残?】

                                                                                                                                                さらに、金剛型姉妹を改二でそろえる編成任務で、次の装備が入手できます。


                                                                                                                                                【試製35.6cm三連装砲。高速戦艦向けの新装備です】

                                                                                                                                                これまで戦艦の主砲は「46cm三連装砲」を積むのが一番のスペックだったのですが
                                                                                                                                                今回のアップデートで戦艦でもサイズにあわせた砲を積まないとデメリットが生じるようになりました。

                                                                                                                                                まあ俗に「論者積み」と呼ばれるスロット全部に主砲を積むようなことでもしない限り、
                                                                                                                                                デメリットが目に見えて現われることはないようですが、これで41cm連装砲などにも
                                                                                                                                                日が当たるんでしょうか?

                                                                                                                                                さて、いよいよ夏イベントがちかづいてきましたが、



                                                                                                                                                この資材で夏のイベント乗り切れるかなあ……

                                                                                                                                                さて、最後に艦これ動画紹介です。あいかわらず声優さんはすごいなあ。

                                                                                                                                                 

                                                                                                                                                艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」

                                                                                                                                                0
                                                                                                                                                  ほやほやして書いた。やっぱり反省していない。

                                                                                                                                                  というわけで、週刊ペースを維持したい艦これファンジンSS vol.6をお届けします。

                                                                                                                                                  みんな大好き金剛姉妹のお話と言うことで書き甲斐がありましたが、
                                                                                                                                                  人気のあるキャラだけにどうお話を組み立てようかという部分で割と悩んだり、
                                                                                                                                                  書き出したら意外と量が増えたりとなかなか計算違いのことがおきました。
                                                                                                                                                  まあ主人公格が四人いてボケとツッコミやってればそりゃ長くなるわな

                                                                                                                                                  タイトルは『不思議の国のアリス』の「マッド・ティーパーティ」から考えました。
                                                                                                                                                  本来ならデライトは名詞につく言葉じゃないんですが、そこはつっこんじゃだめだぞ!
                                                                                                                                                  スペランカー並みにひ弱なTicoは膝の高さから落ちただけで残機が減るんだぞ!

                                                                                                                                                  それでは皆さん、ご笑覧くださいませ。

                                                                                                                                                  長くなるので折り返し~。



                                                                                                                                                  ------------------------------------------------------

                                                                                                                                                  艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」

                                                                                                                                                  0
                                                                                                                                                    ぽわぽわして書いた。やっぱり反省していない。

                                                                                                                                                    というわけで、週刊ペースというにはちょっと勢い飛ばし気味
                                                                                                                                                    艦これファンジンSSのvol.5をお届けします。

                                                                                                                                                    ゲームでは戦艦好きなもので、ケッコンカッコカリしている艦娘も
                                                                                                                                                    そろって戦艦なのですが、空母陣の話を書いてみたいなあと思い
                                                                                                                                                    今回筆を執ってみた次第です。

                                                                                                                                                    うちの鎮守府では、長門さんがびしっと締めている感じなのですが、
                                                                                                                                                    空母陣はまた別のルールというか人間関係がありそうだなあ、と。

                                                                                                                                                    とはいえ、よくあるパターンの話だと思いましたので、
                                                                                                                                                    自分なりに解釈して話しを組むのにちょっと手こずりました。

                                                                                                                                                    なお、「うちの鎮守府」シリーズはゆるくつながっておりますが、
                                                                                                                                                    基本的に独立したエピソードとして書いておりますので、気になった作品からどうぞ。

                                                                                                                                                    それでは皆様、ご笑覧くださいませ。



                                                                                                                                                    -------------------------------------------------------------------------

                                                                                                                                                    思い出のマーニー

                                                                                                                                                    0
                                                                                                                                                      スタジオジブリ、米林監督の期待の新作、
                                                                                                                                                      「思い出のマーニー」見てきました!

                                                                                                                                                      結論から言うと、素直に良い作品でした。
                                                                                                                                                      見終わった後に静かで穏やかな感動が満ちてきて、
                                                                                                                                                      実にすがすがしい心持ちになりました。



                                                                                                                                                      宮崎監督が作れば、あるいはもっとすごいものができたかもしれませんが、
                                                                                                                                                      おそらくもっとわけのわからないものになっていたでしょうから、
                                                                                                                                                      本作みたいに原作を丁寧にトレースしたかたちにはなかったでしょう。

                                                                                                                                                      本作、「あなたのことが大すき」という宣伝文句や、
                                                                                                                                                      予告編で出てくる色々とロマンティックなシーンから
                                                                                                                                                      「百合映画なのか!?」との前評判があり、Ticoもひそかに期待してたのですが、

                                                                                                                                                      「うん、たしかに百合要素はあるけど、オチ見ると百合じゃないねこれは」
                                                                                                                                                      と思った次第です。むしろ「思い出のマーニー」というタイトルがしっくりときます
                                                                                                                                                      そ、そういうことだったのかー!!

                                                                                                                                                      これはあくまでも個人的な所感ですが、
                                                                                                                                                      本作でポスト宮崎駿のスタジオジブリの方向性が見えたんじゃないかと思います。
                                                                                                                                                      良質な文学作品のテイストをそこなわず、丁寧に美しく映像化していく、という。
                                                                                                                                                      そこはジブリの職人芸が光るところでしょう。

                                                                                                                                                      「思い出のマーニー」、傑作ではありませんが、オススメの良作です。

                                                                                                                                                      ファンタシースター感謝祭開催中!

                                                                                                                                                      0
                                                                                                                                                        先日、DDoS攻撃を受けて障害発生中だったPSO2ですが、
                                                                                                                                                        ようやく復旧し、各種アップデートが実装されています。

                                                                                                                                                        Ticoは忙しくて追加要素をなかなか楽しめていないのですが、
                                                                                                                                                        ひとまずシャイニングシリーズとのコラボスクラッチを引いたり、
                                                                                                                                                        採掘基地防衛戦【絶望】を戦ってみたり。


                                                                                                                                                        【サクヤ・modeCレプカ夜。チャイナっぽい感じが可愛い!】


                                                                                                                                                        【ケルベロス・レプカQ。戦闘スーツっぽくてかっこいい!】


                                                                                                                                                        【アルティナ・レプカ影。本来はグリーンの色調の装束】


                                                                                                                                                        【ミスティ・レプカ雪。ドレスですねえ】

                                                                                                                                                        採掘基地防衛戦【絶望】はクリアするのが本当にぎりぎりの戦いで、
                                                                                                                                                        アークス側もダーカー側も総力戦という感じ。
                                                                                                                                                        ダーカーの襲来はWAVE8まであって、最後はものすごい激闘になるのですが、
                                                                                                                                                        スクリーンショットを撮る余裕がなかったのですよねえ。うむぅ。

                                                                                                                                                        とはいえ、初参加の戦闘で星11ソードを獲得!


                                                                                                                                                        【ジャグローク。4枚刃が特徴的なシルエット】


                                                                                                                                                        【ソード特有のずっしりした重み。ブレイバーでも持てます】

                                                                                                                                                        実は採掘基地防衛戦からみで星11が出たことはなかったので、
                                                                                                                                                        素直にうれしいですね。また遊んでみたいものです。


                                                                                                                                                         

                                                                                                                                                        蒼龍改二! そして……!

                                                                                                                                                        0
                                                                                                                                                          ファンジンSS書きまくっている
                                                                                                                                                          艦これですが、本日アップデートがありました!

                                                                                                                                                          正規空母の蒼龍さんの改二が実装されました!
                                                                                                                                                          必要レベル78でしたが、81だったのでさっそく――


                                                                                                                                                          【蒼龍改二、相変わらず清楚な絵柄が良い!】

                                                                                                                                                          蒼龍さんはエリート艦爆隊をもってきてくれます。
                                                                                                                                                          さっそく機種転換訓練をして、文字通りの精鋭部隊に!


                                                                                                                                                          【彗星(江草隊)推参! ハイレベルな性能です】

                                                                                                                                                          次のアップデートは7/28とのことで、夏イベントを前に
                                                                                                                                                          どしどし改装が実装されてうれしいですねえ。

                                                                                                                                                          さて、SSにも書きましたが、陸奥さん大和さんがレベル99になりましたので、


                                                                                                                                                          【陸奥さんとケッコンカッコカリ】


                                                                                                                                                          【大和さんとケッコンカッコカリ】

                                                                                                                                                          というわけでこれでサンジュウコンカッコカリに。
                                                                                                                                                          長門としか契約しないとかいってた気がしますが
                                                                                                                                                          はてさて。

                                                                                                                                                          さて、毎回恒例の艦これ動画ですが……あらためて声優さんすごいですね。
                                                                                                                                                          まさか艦隊のアイドルと、うちの総旗艦どのが同じ声の人とは。

                                                                                                                                                           

                                                                                                                                                          艦これファンジンSS vol.4 「命短し恋せよ艦娘」

                                                                                                                                                          0
                                                                                                                                                            もわもわして書いた。やっぱり反省していない。

                                                                                                                                                            というわけで、もはや週刊ペースとなっている艦これファンジンSSのvol.4です。

                                                                                                                                                            陸奥と大和がレベル99になってしまって、「どうしよう」と思っていたところ
                                                                                                                                                            フォロワーさんから「それもショートストーリーのネタにしたらどうですか?」と言われ、
                                                                                                                                                            それだ!と思い書き上げた次第であります。

                                                                                                                                                            提督がどう考えるか、というより、長門さんがどう受け取るのか、が気になったので
                                                                                                                                                            こういう展開になりました。ちなみに今回はタイトルはすんなり決まりましたね。
                                                                                                                                                            夏目漱石の作中台詞から取る手もあったんですが、ふむ。

                                                                                                                                                            なお、「うちの鎮守府」シリーズはゆるくつながっておりますが、
                                                                                                                                                            基本的に独立したエピソードとして書いておりますので、気になった作品からどうぞ。

                                                                                                                                                            それでは皆さんご笑覧くださいませ。

                                                                                                                                                            長くなるので折り返し〜。



                                                                                                                                                            ----------------------------------------------------------

                                                                                                                                                            イベント前に、改装どしどし。

                                                                                                                                                            0
                                                                                                                                                              さてさて、このところファンジンSSを書きまくっているわけですが、
                                                                                                                                                              平日夜に週末にはきっちり艦これ自体も遊んでおります

                                                                                                                                                              改二が実装された艦娘がどしどし追加されているので、追いつくこっちも一苦労。
                                                                                                                                                              とはいえ、日々のレベル上げが実を結んで、この週末に何人か改装完了!


                                                                                                                                                              【軽巡の川内が改二に。夜戦好きだけあって忍者スタイル!】


                                                                                                                                                              【工作艦の明石も改に。非戦闘艦ながらカッコイイ!】


                                                                                                                                                              【そして重巡の妙高も改二に。漂う秘書のお姉さんっぽさ……】

                                                                                                                                                              これでひと段落といった感じですが、駆逐艦の綾波がまだ育成途中ですし、
                                                                                                                                                              たぶん妙高型の那智さんも改装が来るでしょうから、まだまだ育てねば……

                                                                                                                                                              そうそう、改装じゃありませんが、大型建造でついに来ました!


                                                                                                                                                              【阿賀野型軽巡のネームシップ! お姉さんキター!】

                                                                                                                                                              夏イベントに向けて空母陣のレベル上げもしたいところです
                                                                                                                                                              とはいえ資源も備蓄せねばなりませんし。提督の悩みは尽きませんねえ。
                                                                                                                                                              楽しい悩みですが。

                                                                                                                                                              さてさて、恒例の艦これ動画紹介ですが、
                                                                                                                                                              なかなか気合のはいったものを見つけたので掲載。
                                                                                                                                                              長門さんのシーンが泣ける……

                                                                                                                                                               

                                                                                                                                                              艦これファンジンSS vol.3 「涙は、見せない」

                                                                                                                                                              0
                                                                                                                                                                もやもやして書いた。やっぱり反省していない。

                                                                                                                                                                というわけで週刊ペースになっている艦これファンジンSSのvol.3です。

                                                                                                                                                                今回は、最古参戦艦ながら現在は鎮守府近海哨戒に当たっている伊勢さんの話です。

                                                                                                                                                                vol.1でデートという一種の非日常、vol.2で戦闘というやはり非日常を書いたので、
                                                                                                                                                                今回は鎮守府の日常を切り取ってみたいと思い、書いてみました。

                                                                                                                                                                当初は「伊勢さんの釣りバカ日誌」という仮題タイトルが、
                                                                                                                                                                なぜこんなタイトルになったのか、それは読んでのお楽しみということで。

                                                                                                                                                                なお、「うちの鎮守府」シリーズはゆるくつながっておりますが、
                                                                                                                                                                基本的に独立したエピソードとして書いておりますので、気になった作品からどうぞ。

                                                                                                                                                                それではご笑覧くださいませ。長くなるので折り返し〜。




                                                                                                                                                                -------------------------------------------------------

                                                                                                                                                                艦これファンジンSS vol.2 「あさってのわたし達」

                                                                                                                                                                0
                                                                                                                                                                  ムラムラして書いた。やっぱり反省していない。

                                                                                                                                                                  というわけで、懲りずに妄想力全開でまた書きました、艦これのファンジンSS。

                                                                                                                                                                  今回は前回の1.5倍ということで、ショートショートでもショートストーリーでも
                                                                                                                                                                  ない気がしないでもないですが、書いてしまったから仕方がなかろう、であります。
                                                                                                                                                                   
                                                                                                                                                                  これまた、「うちの鎮守府」で、いっちゃなんですが三軍部隊の明石さん率いる北方戦隊の話です。
                                                                                                                                                                  タイトルは当初「明石さんの細腕奮戦記」でしたが、どうしてこんなタイトルになったのかは、
                                                                                                                                                                  まあ読んでみてのお楽しみということで。

                                                                                                                                                                  なお、「うちの鎮守府」シリーズはゆるくつながっておりますが、
                                                                                                                                                                  基本的に独立したエピソードとして書いておりますので、気になった作品からどうぞ。

                                                                                                                                                                  では長くなるので折り返し〜。




                                                                                                                                                                  --------------------------------------------------------

                                                                                                                                                                  艦これファンジンSS「指輪の意味」

                                                                                                                                                                  0
                                                                                                                                                                    むしゃくしゃして書いた。反省はしていない。

                                                                                                                                                                    というわけで、とうとう書いちゃいました、艦これのファンジンのショートショート

                                                                                                                                                                    最初は「こっぱずかしいのをお願いします」とフォロワーさんに言われて
                                                                                                                                                                    「それなら長門と提督のデートを書いてやるわーい」と取り掛かりました。

                                                                                                                                                                    ちなみに「うちの鎮守府」の長門さんと提督、そして第六駆逐隊です。
                                                                                                                                                                    提督ごとにイメージは違うでしょうから、そのあたりはご了承頂ければ。

                                                                                                                                                                    なお、「うちの鎮守府」シリーズはゆるくつながっておりますが、
                                                                                                                                                                    基本的に独立したエピソードとして書いておりますので、気になった作品からどうぞ。

                                                                                                                                                                    皆様ご笑覧頂けると幸いです。それではながくなるので折り返し〜。



                                                                                                                                                                    -----------------------------------------------------------------------

                                                                                                                                                                    羽黒改二、そして2-5攻略顛末

                                                                                                                                                                    0
                                                                                                                                                                      こんにちは、週末はゲーム三昧のTicoです。

                                                                                                                                                                      とはいえ、実は今週後半からPSO2の方がDDoS攻撃を受けていて
                                                                                                                                                                      ゲームサーバーがダウンしていて、ログインできないんですよねえ。
                                                                                                                                                                      仕方がなく、あるいは、嬉々として艦これに取り組んでおります

                                                                                                                                                                      さてさて、先週末から育成を進めていた
                                                                                                                                                                      重巡洋艦・羽黒がめでたくLv65になり改二となりました。


                                                                                                                                                                      【改二になった羽黒。雰囲気がちょっと明るくなりましたね】

                                                                                                                                                                      ボイスがおどおど系なのは変わりませんが、びっくりしたのがその火力。
                                                                                                                                                                      能力を先上げする近代化改修を行うと、火力が戦艦に次ぐパワーになるという
                                                                                                                                                                      史実の羽黒はかなりの武勲艦だったらしいのでそのあたりが反映されているのかも。

                                                                                                                                                                      【羽黒改二がふたつ持ってくる20.3cm(3号)連装砲。威力抜群!】

                                                                                                                                                                      さてさて、今週末の目標は、2-5「沖ノ島沖戦闘哨戒」を攻略して、
                                                                                                                                                                      レア駆逐艦の卯月か、潜水母艦の大鯨をお迎えすること。

                                                                                                                                                                      先週も取り組んだのですが、これといった成果がなく、
                                                                                                                                                                      また戦艦4隻に空母2隻という重厚長大編成で挑んだので資材がガンガン減ったので、
                                                                                                                                                                      艦これ仲間のアドバイスも入れて、戦艦1・重巡or航巡3・空母2の編成で挑むことに


                                                                                                                                                                      【長門さんを差し置いてMVPを衣笠さんが取る驚きの事態も】

                                                                                                                                                                      改二になったばかりの羽黒はもちろん、
                                                                                                                                                                      航巡の利根・筑摩・熊野・鈴谷、重巡の高雄・愛宕・衣笠などを
                                                                                                                                                                      編成して挑みましたが、予想以上に大活躍してくれて、なかなか嬉しかったですね。
                                                                                                                                                                      弾着観測射撃を利用すれば昼間の砲撃戦でも連続射撃をしてくれて、
                                                                                                                                                                      戦艦クラスでも大きなダメージを与えてくれていました。

                                                                                                                                                                      こういう編成を考えるのも、艦これの妙というべきところで、
                                                                                                                                                                      資源消費との兼ね合いも考えると一概に戦艦ばかりが強いってわけじゃないのも面白いところです。

                                                                                                                                                                      さて、攻略の結果ですが、おおよそ10回ほどチャレンジして、


                                                                                                                                                                      【まずはレア駆逐艦の浦風をお迎え】

                                                                                                                                                                      そして、わが鎮守府でもっとも信任厚い艦娘である
                                                                                                                                                                      長門さん率いる艦隊がやはりやってくれました


                                                                                                                                                                      【見事、レア駆逐艦の卯月をお迎え! さすが長門さん!】

                                                                                                                                                                      これで編成任務ができるわーと思っていたら、睦月が抜けていたという
                                                                                                                                                                      ま、まあ、建造でできるし、そのあたりはおいおいこなせるでしょう。

                                                                                                                                                                      あと、大型建造の初期値投入建造を2回まわしてみたところ……


                                                                                                                                                                      【レア軽巡洋艦の矢矧をお迎え成功!】

                                                                                                                                                                      軽巡はいまのところ、フリーになっていて第一線に出せる練度の艦娘が、
                                                                                                                                                                      対潜番長の五十鈴と、華の二水戦旗艦の神通しかいないので、
                                                                                                                                                                      このたび改二が実装された川内とあわせて、能代・矢矧といった阿賀野型も
                                                                                                                                                                      育てていって層を厚くしたいものです。

                                                                                                                                                                      しかし、そろそろ資源も貯蓄モードにしないとですねえ
                                                                                                                                                                      夏イベントが近いはずですから、色々備えておかないと……

                                                                                                                                                                      さて、毎度恒例の動画紹介ですが、今回はなかなかクオリティ高いですよ。
                                                                                                                                                                      公式アニメ版のハードルがガンガン上がっている気がします。大丈夫かオイ。

                                                                                                                                                                       

                                                                                                                                                                      PSO2:セガプラチナセレクション

                                                                                                                                                                      0
                                                                                                                                                                        PSO2の方ですが、水曜にアップデートがありまして、
                                                                                                                                                                        クラス間のバランス調整やACスクラッチの更新などがありました。

                                                                                                                                                                        一番大きいのはブレイバーのPA(フォトンアーツ/特技)である、
                                                                                                                                                                        シュンカシュンランが下方修正されたところでしょうか。
                                                                                                                                                                        実際、使ってみた感じ、たしかに突きからの連続斬りの威力が落ちてました。

                                                                                                                                                                        まあ、近接職がほとんどブレイバーという状況では
                                                                                                                                                                        やむなしな修正だとは思いますが、他のPAを強化する、
                                                                                                                                                                        あるいは近接職がばらけるように調整してほしいなあと思います。

                                                                                                                                                                        Ticoですか? カタナラブなのでこのままブレイバーですよ?

                                                                                                                                                                        さてさて、ACスクラッチのセガプラチナコレクションですが、
                                                                                                                                                                        セガの他のゲーム(戦場のヴァルキュリア、龍が如く、スペースチャンネル5)などと
                                                                                                                                                                        コラボしたコスチュームなどが追加されています、

                                                                                                                                                                        種類が多くてさすがに全部入手するのは無理ですが、Ticoの拾いものはこんな感じ。


                                                                                                                                                                        【アリシアレプカ。「戦場のヴァルキュリア」のヒロインのコスですね】


                                                                                                                                                                        【新撰組隊長羽織F紅。こちらは「龍が如く」とのコラボ】

                                                                                                                                                                        上記のコスもなかなかいいのですが、
                                                                                                                                                                        Ticoが今回一番狙っていたのがこちら↓


                                                                                                                                                                        【セルベリア・スイムウェア。なかなかセクシーな水着です】


                                                                                                                                                                        【ローライズでヒップがとってもセクシーですね!】

                                                                                                                                                                        戦場のヴァルキュリアのもう一人のヒロイン、
                                                                                                                                                                        セルベリアの水着姿をキャラデザのRAITA先生がデザインしたもので、
                                                                                                                                                                        イラストやフィギュアで展開されていましたが、PSO2のコスは
                                                                                                                                                                        なかなか忠実に再現されていますね。


                                                                                                                                                                        【……なーんか、編み上げタイツ&手袋と合わせたくなるんですよね】

                                                                                                                                                                        上記の格好がなかなかしっくりくるので、
                                                                                                                                                                        しばらくこの格好でうろうろしようかなと。

                                                                                                                                                                        そういえばダークファルス・エルダー戦でも記念撮影が実装されましたが


                                                                                                                                                                        同じコーディネイトの人が他にもいて吹きました。皆、好きよのぅ。

                                                                                                                                                                         

                                                                                                                                                                        飛龍改二! そして友永隊!

                                                                                                                                                                        0
                                                                                                                                                                          ようやく週末でゲーム三昧のTicoです。
                                                                                                                                                                          平日夜はなかなか帰りが遅い日が続いているので、
                                                                                                                                                                          艦これでレべリングに励むのが貴重なMP回復になりつつあります。

                                                                                                                                                                          さてさて、育成していた飛龍さんですが、
                                                                                                                                                                          ようやくLv77になり改二にすることができました


                                                                                                                                                                           【より凛々しくなった飛龍さん。覚悟完了してはる……】

                                                                                                                                                                          さて、飛龍さんは改二と同時に独自の高性能艦載機ユニット
                                                                                                                                                                          もってきますが、「九七式艦攻(友永隊) 」というのがありまして、
                                                                                                                                                                          いわゆるエースパイロットの部隊なんですが、これを機種転換して
                                                                                                                                                                          より高性能の機体に乗せかえることができたりします。

                                                                                                                                                                          ただし、そのためには、機動部隊同士の殴り合いとある、
                                                                                                                                                                          ステージ5-2「珊瑚諸島沖海戦」のボスにS勝利(全敵撃沈)が必要となります。

                                                                                                                                                                          このステージ、正規空母2隻と軽空母1隻の組み合わせで
                                                                                                                                                                          ボスまでのルート固定ができるので、本来なら残り3枠を
                                                                                                                                                                          火力に優れた戦艦で構成すればゴリ押しできるのですが、
                                                                                                                                                                          機種転換訓練の任務のためには、駆逐艦2隻を入れなくてはなりません
                                                                                                                                                                          道中はともかく、ボスは夜戦必至のなかなかキツイバランスになります。

                                                                                                                                                                          Ticoの攻略艦隊は、次の通り。

                                                                                                                                                                          飛龍(正規空母)・蒼龍(正規空母)・祥鳳(軽空母)・大和(戦艦)・夕立(駆逐艦)・時雨(駆逐艦)

                                                                                                                                                                          大和は長門さんにしてもよかったんですが、最近は随伴艦としてはのびのび戦えているので、
                                                                                                                                                                          その火力で敵の戦艦クラスを黙らせてくれることをチョイス。

                                                                                                                                                                          駆逐艦のチョイスは、夕立は火力があることから小型艦の始末、
                                                                                                                                                                          時雨は運が高いので夜戦カットインを期待しての選択となりました。

                                                                                                                                                                          5-2は3回チャレンジして、
                                                                                                                                                                          1回目はボスまで行くも全部しとめきれず、2回目は途中で空母が大破して撤退。
                                                                                                                                                                          「これクリアできるのかなー?」と思いつつも3回目でうまく道中を乗り切り、
                                                                                                                                                                          ボスの構成も比較的戦いやすい相手を引けました。


                                                                                                                                                                          【とどめは時雨さんのカットイン夜間雷撃で決めてくれました】

                                                                                                                                                                          ひとつでも攻撃はずすとアウトなぎりぎりな戦いでしたが、
                                                                                                                                                                          昼間の砲撃戦で大和がうまく敵戦艦を早めに黙らせてくれたのと
                                                                                                                                                                          空母の攻撃隊が奮戦してくれたおかげで、どうにか夜戦でしとめきりました。


                                                                                                                                                                          【機種転換、無事完了! 天山一二型(友永隊)です!】

                                                                                                                                                                          ひとまずは飛龍さん絡みが済んでほっと一安心ですが、
                                                                                                                                                                          まもなく蒼龍さんの改二も予定されているようですし、
                                                                                                                                                                          この機会に二航戦の空母2隻はLV80台まであげておこうかなと考えています。

                                                                                                                                                                          さてさて、毎回おなじみの動画紹介ですが、今回はちょっと泣ける内容です。
                                                                                                                                                                          元の歌がいいんですが、歌詞がマッチしていて実によいんですよねえ……
                                                                                                                                                                          「時代のうねりをわたっていく艦」……誰のことなんでしょうねえ。

                                                                                                                                                                            

                                                                                                                                                                          艦娘型録

                                                                                                                                                                          0
                                                                                                                                                                            さてさて、艦これなのですが、このたび角川書店から
                                                                                                                                                                            艦娘型録」なる書籍が発売されました。

                                                                                                                                                                            艦これの関連書籍はかなりの数が展開されていて、
                                                                                                                                                                            追っかけるのに大変な上に、すぐに売り切れてしまうので
                                                                                                                                                                            タイムリーに確保するには情報がはいったら即予約なのですが、
                                                                                                                                                                            Ticoはこの本については運よくAmazonの追加予約ぶんにすべりこむことができ、
                                                                                                                                                                            この週末に読むことができました。

                                                                                                                                                                            厚さ440ページ、重さ1kgと、かなりずっしりしたこの本
                                                                                                                                                                            運営公式の「艦娘カタログ」の名にふさわしく、現時点で実装されている
                                                                                                                                                                            艦これに登場するキャラクター、全「艦娘」のイラストが掲載されています。
                                                                                                                                                                            それ以外にも描き下ろしピンナップをはじめ、各種の新規イラスト、
                                                                                                                                                                            過去に角川系の雑誌の表紙をかざったイラストなども収録しています。

                                                                                                                                                                            艦娘紹介は一人につき2ページ程度割り当てられており
                                                                                                                                                                            普通の立ち絵と中破時の絵が大きく掲載されています。
                                                                                                                                                                            その他、各種の台詞なども載せられており、
                                                                                                                                                                            その台詞がどんな由来か?というのを解説したミニコーナーもあります。
                                                                                                                                                                            もちろん、改装でイラストが差し変わる艦娘については、改装後のイラストも収録。
                                                                                                                                                                            実に見ごたえのある内容となっています。

                                                                                                                                                                            その他、声優さんへのインタビューも掲載されており、皆さん、思い入れを持って
                                                                                                                                                                            艦娘たちの声をあててくださっているんだなあと、ひしひしと感嘆。

                                                                                                                                                                            巻末には時報ボイス台詞一覧もあり、眺めていると各艦娘の性格や
                                                                                                                                                                            鎮守府の様子が垣間見えて、ちょっとほほえましいです。
                                                                                                                                                                            あと、ケッコンカッコカリのボイス台詞も収められていますが、
                                                                                                                                                                            割と艦娘によって温度差があったりするのも面白い発見でした。

                                                                                                                                                                            それから、ここははずせないのが、4ページ程度の短編読み物
                                                                                                                                                                            誰もが知ってるある有名な「艦」の独白なのですが、
                                                                                                                                                                            ここで「艦娘」なる存在が、太平洋戦争の頃に戦った艦の記憶を
                                                                                                                                                                            引き継いでいることが示されています。これは公式見解としては初なのでは?
                                                                                                                                                                            とはいえ、艦娘の正体は明確にされておらず、各人の考えにゆだねられています。

                                                                                                                                                                            艦これをプレイしている人ならば、当然ネット環境にはつながりますので、
                                                                                                                                                                            この本に納められている図画や情報はほぼネット上で探すことはできます。
                                                                                                                                                                            しかし、艦娘への愛が詰まったこの公式本、提督としてはぜひ手元に一冊置きたい
                                                                                                                                                                            マストアイテムと言えましょう。買うべし、買うべし!

                                                                                                                                                                            さてさて、艦これ記事では毎回恒例の動画紹介ですが、
                                                                                                                                                                            今回は、以前にコラボしたこともあるアニメ、「蒼き鋼のアルペジオ -アルスノヴァ」のEDを
                                                                                                                                                                            艦これ風にアレンジして有志の方が作られたものです。
                                                                                                                                                                            ……艦これのアニメは今年放映ですが、ハードル上がってるなあ……

                                                                                                                                                                             

                                                                                                                                                                            ひさびさに艦これ

                                                                                                                                                                            0
                                                                                                                                                                              週末はゲーム三昧のTicoです、コンニチハ。

                                                                                                                                                                              ここ三週間はPSO2の方に熱を入れていたのですが、
                                                                                                                                                                              武器防具の強化が一段落したり、今週はめぼしい予告緊急がないこともあって、
                                                                                                                                                                              ひさびさに艦これを立ち上げてみました。

                                                                                                                                                                              さて、その艦これ、こまめにアップデートされていまして、
                                                                                                                                                                              ついこの間、重巡の羽黒が改二実装だと思っていたら、
                                                                                                                                                                              この金曜に、なんと新艦種「潜水母艦」と、正規空母・飛龍の改二が実装されたとのこと。
                                                                                                                                                                              これは狙わねばーと、新規艦の潜水母艦・大鯨をゲットすべく、攻略開始。


                                                                                                                                                                              【大鯨がドロップするのは、Exステージである2-5です】

                                                                                                                                                                              2-5攻略艦隊をどうするかなと考えていたのですが、
                                                                                                                                                                              戦艦4隻&空母で押し通るのがいいみたいなので、ここはもう一軍部隊の出番でしょ!と

                                                                                                                                                                              第一部隊:長門・陸奥・大和・ビスマルク(以上戦艦)、赤城・加賀(以上正規空母)
                                                                                                                                                                              第二部隊:金剛・比叡・霧島・榛名(以上戦艦)、瑞鶴・翔鶴(以上正規空母)

                                                                                                                                                                              この編成で交互に出撃することに。


                                                                                                                                                                              【随伴艦にしたほうがのびのび戦えているうちの大和さん】

                                                                                                                                                                              まあ敵のフラグシップ戦艦で一撃大破しちゃう以外は、
                                                                                                                                                                              割とすんなりボスまで行けてS勝利がとれるのですが、
                                                                                                                                                                              まあー、大鯨が出ない出ない

                                                                                                                                                                              自然備蓄の上限近くあった資源があっというまに4割がた減り、
                                                                                                                                                                              うーむ、これはじっくり取り組まねばならんかというところです。

                                                                                                                                                                              でも、2-5は安定して攻略できそうなので、1-5とあわせて
                                                                                                                                                                              勲章は毎月2個は確保できそうですね。


                                                                                                                                                                              【5-4「東京急行」ステージで鋭意育成中の飛龍さん】

                                                                                                                                                                              飛龍さんは改二実装されてかなり凛々しいイラストになって
                                                                                                                                                                              性能もぐっとアップしたそうで、目下、改二をめざしてレべリング中です。
                                                                                                                                                                              改装はLv77だそうで、いま69なのであと8Lvかぁ・・・・・・
                                                                                                                                                                              相方の蒼龍も改二実装予定だそうで、セットで育ててます。

                                                                                                                                                                              それにしても制空権確保と索敵による弾着観測射撃の要素が加わって、
                                                                                                                                                                              昼間砲撃の幅が広がって、またゲームとして一段と面白くなりましたね
                                                                                                                                                                              一見、火力に優れた戦艦と制空権確保の空母の構成がガチに見えますが、
                                                                                                                                                                              まだまだ雷撃戦や夜戦でひっくり返る展開もあって、日々の演習も
                                                                                                                                                                              なかなか気が抜けませんネ。

                                                                                                                                                                              さて、毎回恒例の動画紹介は、艦これのなんちゃって動画集。
                                                                                                                                                                              いや、クオリティ高いですねェ……そういやPSVita版の艦これはどうなるんでしょう?

                                                                                                                                                                               

                                                                                                                                                                              ビスマルクお迎えと1-5攻略

                                                                                                                                                                              0
                                                                                                                                                                                相変わらず艦これな日々なのですが、
                                                                                                                                                                                このたびのアップデートで海外艦がついに実装されました!

                                                                                                                                                                                ドイツ駆逐艦のレーベレヒト・マースと、マックス・シュルツ
                                                                                                                                                                                そして栄光の戦艦ビスマルク
                                                                                                                                                                                デザインはあの島田フミカネさんというのもポイント高いですネ。

                                                                                                                                                                                ビスマルクさんは4000/6000/6000/2000/20
                                                                                                                                                                                いわゆる「大和レシピ」で狙えると聞いて、
                                                                                                                                                                                早速大型艦建造でトライしてみたところ……

                                                                                                                                                                                 
                                                                                                                                                                                【ビスマルクさん、お迎え!】

                                                                                                                                                                                チャレンジ3回にして運よくゲット! 
                                                                                                                                                                                高火力・高耐久を兼ね備えつつ、高速仕様というなかなかの性能。
                                                                                                                                                                                (まあその代わり対空が「なにそれ美味しいの」になってますが……)
                                                                                                                                                                                戦艦が増えるのはうれしいですし、じっくり育てるとしますか。

                                                                                                                                                                                さて、今回のアップデートでは、Ex-Missonなるものも実装され、
                                                                                                                                                                                通常のステージ以外に高難度のステージが既存海域に追加されています。

                                                                                                                                                                                今回追加は1-5「鎮守府近海対潜哨戒」5-5「第二次サーモン海戦」なのですが、
                                                                                                                                                                                まずは手ごろそうな1-5からチャレンジ!


                                                                                                                                                                                【1-5、鎮守府近海対潜哨戒。深海棲艦の潜水艦シルエットが不気味…】

                                                                                                                                                                                なんどかトライしてみて、4隻編成ならボスへ到達できると分かり、
                                                                                                                                                                                厳選したメンバーは以下の艦娘たち。

                                                                                                                                                                                哨戒部隊:五十鈴(軽巡)・那珂(軽巡)・ヴェールヌイ(駆逐)・伊勢(航空戦艦)

                                                                                                                                                                                伊勢を含めたのは戦艦効果で2回攻撃を可能にするためと、
                                                                                                                                                                                瑞雲や晴嵐を積み込めば十分な対潜効果が得られるためですね。

                                                                                                                                                                                6-7回、上記編成でチャレンジして、何度かボス前でそれましたが
                                                                                                                                                                                到達できれば確実にボスのフラグシップ潜水艦を捕らえて、どうにかゲージ撃破!


                                                                                                                                                                                【クリア時のMVPはヴェールヌイが獲得! 勲章もGET!】

                                                                                                                                                                                見事クリアとなりました。勲章は資源に変えることもできますが、
                                                                                                                                                                                「そろえておくといいことがあるかも?」とのことなので、大事にもっておきましょうか。

                                                                                                                                                                                ちなみに1-5攻略の過程で実に嬉しいことがありまして、
                                                                                                                                                                                4回目のボス戦で勝利した際にドロップした艦娘が……


                                                                                                                                                                                【伊8ことはっちゃんキター!】

                                                                                                                                                                                レア潜水艦である伊8をお迎えできました
                                                                                                                                                                                秋イベントで先行実装されてましたが、Ticoは敵ボスの飛行場姫の前に
                                                                                                                                                                                挫折して獲得できていなかったんですよねえ。いやあ、嬉しいです。

                                                                                                                                                                                これまで潜水艦4隻でオリョール海攻略してましたが、
                                                                                                                                                                                これでまた戦力が充実しますね。潜水艦5隻のサブマリン艦隊かー。

                                                                                                                                                                                また来週金曜にアップデート、そして近いうちに春イベントが控えていて、
                                                                                                                                                                                ますます先が楽しみであります。

                                                                                                                                                                                最後に、恒例となっている艦これ動画をペタリ。
                                                                                                                                                                                アレンジBGMなのですが、これがまたなかなか良い出来なのですよ。

                                                                                                                                                                                 

                                                                                                                                                                                東京急行

                                                                                                                                                                                0
                                                                                                                                                                                  2/26の艦これアップデートで、新海域が実装されました!


                                                                                                                                                                                  【右下が5-4、新エリア「東京急行」】

                                                                                                                                                                                  「東京急行」とあるのがそれで、かつて日本軍が駆逐艦を駆り出して
                                                                                                                                                                                  前線へ物資をピストン輸送していたのを米軍が「Tokyo Express」と
                                                                                                                                                                                  呼んでいたことからちなんでいるとかいないとか。

                                                                                                                                                                                  新装備で物資輸送用の「ドラム缶」なるアイテムが実装され、
                                                                                                                                                                                  これの装備状況次第でルート分岐が変わる仕組みになっています。


                                                                                                                                                                                  【5-4マップ全図】

                                                                                                                                                                                  ルートは主に3パターンに分かれており、
                                                                                                                                                                                  ・強力な航空戦力が待ち構える北ルート
                                                                                                                                                                                  ・夜戦を含む打撃戦力が配置された中央ルート
                                                                                                                                                                                  ・比較的戦力が薄く配置された南ルート
                                                                                                                                                                                  ……となっております。

                                                                                                                                                                                  空母2隻を編成に組み込むと北ルートへ分岐、
                                                                                                                                                                                  ドラム缶装備の艦艇を組み込むと南ルートへ分岐、
                                                                                                                                                                                  それ以外なら中央ルートとなっております。

                                                                                                                                                                                  新装備のドラム缶は任務(クエスト)で必要数がすぐ手に入るのですが、
                                                                                                                                                                                  Ticoは敢えて正面から堂々と押し入ることにしました

                                                                                                                                                                                  突入艦隊は次の通り。
                                                                                                                                                                                  第一戦隊:長門(戦艦)、陸奥(戦艦)、北上(雷巡)、大井(雷巡)、赤城(空母)、加賀(空母)
                                                                                                                                                                                  第ニ戦隊:金剛(戦艦)、比叡(戦艦)、木曾(雷巡)、衣笠(重巡)、飛龍(空母)、蒼龍(空母)
                                                                                                                                                                                  第三戦隊:榛名(戦艦)、霧島(戦艦)、利根(重巡)、筑摩(重巡)、翔鶴(空母)、瑞鶴(空母)

                                                                                                                                                                                  手持ちの艦隊の一線級戦力をほぼフル稼働させての展開はひさびさにワクワクしましたね!
                                                                                                                                                                                  攻略自体は2-3回程度は損害の関係で途中撤退せざるをえない事態にもなりましたが、
                                                                                                                                                                                  概ね順調に戦力ゲージを減らすことができ、


                                                                                                                                                                                  【クリア時の瞬間。無事にS勝利を取ることができました】

                                                                                                                                                                                  かくして海域クリア! 消費資源は大きかったものの、
                                                                                                                                                                                  こちらの戦力も整っていたので危なげなく戦うことができました!

                                                                                                                                                                                  そして、海域のボスドロップでレア艦娘をゲット

                                                                                                                                                                                  【重巡洋艦、熊野さん。お嬢様口調が特徴的】


                                                                                                                                                                                  【駆逐艦、弥生。つい先日実装されたばかりの艦娘】

                                                                                                                                                                                  他にSSをとり忘れましたが、駆逐艦夕雲も迎えることができ
                                                                                                                                                                                  前々から狙っていたレア艦が一気に揃うという嬉しい事態になりました。

                                                                                                                                                                                  今回実装の海域は工夫次第でルートを選べるほか
                                                                                                                                                                                  正面から戦ってもかなり遊び応えがあるという点でなかなかの
                                                                                                                                                                                  良ステージではないかと思います。クリア後もまだまだ挑戦しますよ!

                                                                                                                                                                                  そうそう、あと今回のアップデートで、
                                                                                                                                                                                  軽巡洋艦である神通さんに改二の改装が実装されました。


                                                                                                                                                                                  【改二で繊細ながらも凛とした風情になった神通さん】

                                                                                                                                                                                  史実では夜戦で探照灯を使って獅子奮迅の活躍をした神通さん、
                                                                                                                                                                                  性能も見た目もぐっとかっこよくなりましたね!
                                                                                                                                                                                  軽巡洋艦は層が薄いので、もう少し手元で育てる予定です。

                                                                                                                                                                                  さてさて、最後に。今回の追加ステージでは新規BGMが流れます。
                                                                                                                                                                                  「二水戦の航跡」「次発装填、再突入!」の2曲ですが、
                                                                                                                                                                                  これがなかなかにカッコイイ!

                                                                                                                                                                                  動画であがっていましたのでペタリ。ぜひ試聴してみてくださいね。

                                                                                                                                                                                  近況と艦これと

                                                                                                                                                                                  0
                                                                                                                                                                                    ごぶさたです、Ticoです。生きておりますよ?
                                                                                                                                                                                    ただ平日は仕事で忙しくてバタンキュー、週末もほとんど寝てすごすので、
                                                                                                                                                                                    なかなかブログを更新する元気がなくて・・・…いかん、いかんですぞ。

                                                                                                                                                                                    PSO2の記事がぐんと減っておりますが、飽きたわけではなくて、
                                                                                                                                                                                    仕事で気力体力使ってしまってアクション要素が強いゲームは
                                                                                                                                                                                    ちょいとなかなかやる元気がないというところ
                                                                                                                                                                                    ブレイバー上げたいなあ、オロチアギトほしいなあ。

                                                                                                                                                                                    さて、そんな私がいま一番はまっているというか、
                                                                                                                                                                                    唯一気力体力のリソースを割けるのが「艦これ」でして。
                                                                                                                                                                                    一日の日課がこんな感じになってます。

                                                                                                                                                                                    朝 →出勤前に演習5戦こなして4-5時間遠征セット
                                                                                                                                                                                    昼 →休み時間にタブレットで遠征結果確認して4-5時間遠征再セット
                                                                                                                                                                                    夕方→帰りの電車で遠征結果確認して1時間前後の遠征をセット
                                                                                                                                                                                    夜 →帰宅後の可処分時間でデイリーの出撃任務をこなす

                                                                                                                                                                                    と、まあこんな感じでして。
                                                                                                                                                                                     

                                                                                                                                                                                    【堂々たる長門さん】

                                                                                                                                                                                    新年早々に大和を出してから、今度は大型艦建造で大鳳をねらっていましたが、
                                                                                                                                                                                    これがなかなか出てくれず、ウボアーと憎しみがつのりそうになりましたが、
                                                                                                                                                                                    「大鳳がいなくても正規空母は揃っているじゃないか」と気づき、
                                                                                                                                                                                    次回イベントがミッドウェーらしいとのうわさも聞きつけ、
                                                                                                                                                                                    目下、空母を中心とした艦隊のレベルアップと資源備蓄にはげんでおります。

                                                                                                                                                                                    特にこの2/14にレベルカンストした艦娘向けに新システムが
                                                                                                                                                                                    導入されるということで、艦隊で一番レベルが高く、かつお気に入りでもある
                                                                                                                                                                                    長門さんのレベル上げに励んでおります

                                                                                                                                                                                    なぜこんなに艦これにはまっているのかなーと思うのですが、
                                                                                                                                                                                    ポジティブな理由としては色々な編成を試せるので行き詰っても
                                                                                                                                                                                    視点を変えることで新しい発見があるところですね

                                                                                                                                                                                    ネガティブな理由としては、緊張感を強いられる判断場面というのが
                                                                                                                                                                                    「夜戦に突入するか?」「進撃するか?」ぐらいなので、
                                                                                                                                                                                    そんなに頭使わなくていいという部分があります。
                                                                                                                                                                                    その代わり、資源のやりくりという兵站部分でじっくり考えさせられますが。

                                                                                                                                                                                    平日と週末日中は艦これ、週末夜はPSO2というライフサイクルになってますが、
                                                                                                                                                                                    まあネタを見つけてはまたブログに書き込んでいきます。

                                                                                                                                                                                    ところでまたまた艦これで面白い動画を見つけたのでペタリ。これは…力作だなあ。
                                                                                                                                                                                     

                                                                                                                                                                                    大和建造!

                                                                                                                                                                                    0
                                                                                                                                                                                      年末の艦これアップデートで、
                                                                                                                                                                                      大型艦建造アルペジオコラボイベントが実装されました。

                                                                                                                                                                                      イベントの方は期間限定ながらも難易度は低めで、さくっとクリア。
                                                                                                                                                                                      無事に伊401をお迎えすることができました。

                                                                                                                                                                                      さて、大型艦建造でございます。
                                                                                                                                                                                      過去のイベント褒賞だった大和級や、新空母となる大鳳などを入手できますが、
                                                                                                                                                                                      必要資源量がこれまでの10倍以上と莫大で、そうそうまわせるものではありません。
                                                                                                                                                                                      しかも必要資源を投入しても狙った船がでるとは限らず……
                                                                                                                                                                                      Ticoは前もって備蓄しておきましたが、数回レシピを試してみたものの、
                                                                                                                                                                                      大和も大鳳も出てきません。

                                                                                                                                                                                      建造に必要な「開発資材」も残りあと1回ぶん、というところで、
                                                                                                                                                                                      えいやっと、燃料4000/弾薬6000/鋼材6000/ボーキサイト2000/開発資材20
                                                                                                                                                                                      3回目のチャレンジに挑んだところ、


                                                                                                                                                                                      【ファッ!?】

                                                                                                                                                                                      大和さん来ましたーっ! ごつい武装ながらも大和撫子なデザインがよいですね!
                                                                                                                                                                                      これもお年玉と思って、大事に大事に育てます。問題は運用するにも資材がいるのですよなあ・・・・・・

                                                                                                                                                                                      次は大鳳をねらいたいところですが、当面2週間程度は資源備蓄に専念せねば。

                                                                                                                                                                                      P.S.
                                                                                                                                                                                      蒼き鋼のアルペジオ」とコラボしたイベントが行われていますが、
                                                                                                                                                                                      アニメのOPに合わせて作成されたこんな動画があったりします。なかなかカッコイイ!

                                                                                                                                                                                      艦これ

                                                                                                                                                                                      0
                                                                                                                                                                                        そして再開第一弾が「これかヨ!」なのでありますが。

                                                                                                                                                                                        いま一番はまっているゲームが「艦隊これくしょん」、略して「艦これ」であります。

                                                                                                                                                                                        ネット環境さえあれば遊べる基本無料のブラウザゲームなのですが、
                                                                                                                                                                                        これがなかなかに良くできていて、しかも無課金でも十分遊べてしまうのです

                                                                                                                                                                                        内容はというと、太平洋戦争の頃の連合艦隊の軍艦を少女に擬人化した
                                                                                                                                                                                        「艦娘」たちを集め、自分なりに育成して、ステージをクリアしていくというもの

                                                                                                                                                                                        いわゆる最近流行のソーシャルゲームではありますが、ありがちな対人要素は
                                                                                                                                                                                        サブ的な位置づけになっていて、あくまでも好みの艦を集めて揃えて、
                                                                                                                                                                                        自分なりの艦隊を作っていく育成SLGのような……いや、違いますね、
                                                                                                                                                                                        「沈むとロスト」するシビアさも考えると、むしろウィザードリィに似てるかも。

                                                                                                                                                                                        「艦これ」の魅力については、こちらの記事も参考になると思います。
                                                                                                                                                                                        (たまごまごさんによるレビュー。よくまとめられています)

                                                                                                                                                                                        さて、ソーシャルゲームというと、そのあくどい課金システムが時に槍玉にあげられますが
                                                                                                                                                                                        「艦これ」は開発が角川ゲームスで、当初からメディアミックス展開による回収を
                                                                                                                                                                                        企画していたらしく、課金しなくてもそれなりに遊べてしまうのが大きな特長です。

                                                                                                                                                                                        もちろん、修理用ドックを増やすとか、艦娘の保有枠数を増やすとか、
                                                                                                                                                                                        資材を購入してゲーム進行につぎこむとかあり、はまれば課金の余地はいっぱいですが
                                                                                                                                                                                        それなりに節度をたもって遊ぶとほとんどお金使わなくていいのがミソ

                                                                                                                                                                                        (ちなみにリアルマネーにものを言わせて資材を買いまくり本ゲームを進めるのを
                                                                                                                                                                                         俗に「米帝プレイ」などと呼ばれております)

                                                                                                                                                                                        先に述べたとおり、ゲーム本体でのガツガツした回収は考えていない節もありますが、
                                                                                                                                                                                        他のソーシャルゲームのように対人戦を強いられて、競争しないといけない、
                                                                                                                                                                                        ということがないのもまた大きなポイント
                                                                                                                                                                                        ではないかと思います。

                                                                                                                                                                                        もちろんランキングによる報償もあり、イベントクリアをしようとなると
                                                                                                                                                                                        それなりにつぎこむ必要がなくもないのですが、あくまでも主眼は、
                                                                                                                                                                                        じっくりと艦娘を集めて自分のお気に入りの艦隊を組み上げること。

                                                                                                                                                                                        なにかの拍子でちょっと課金するときでも「払わされた」観はなく、
                                                                                                                                                                                        むしろ「運営がんばれ!」と応援してしまう気持ちになってしまいます。

                                                                                                                                                                                        そして「艦これ」が良いのは、課金コストが限りなく小さいという以外に
                                                                                                                                                                                        「ゲームとしてよく出来ている」のもまた大きいところです

                                                                                                                                                                                        ゲームの華となる艦娘たちは、イラスト描きおろしの声録りおろし
                                                                                                                                                                                        その数ざっと100種類以上。それぞれに個性があり、お気に入りがかならず見つかる
                                                                                                                                                                                        母集団の多さです。
                                                                                                                                                                                        そして、ゲーム自体も、戦艦や空母に分類される大型艦は強いことは強いのですが、
                                                                                                                                                                                        燃費が悪いなどのデメリットがあったり、駆逐艦や軽巡洋艦などの小型艦でも、
                                                                                                                                                                                        一発逆転のジャイアントキリングを狙えるなどのゲームバランスが実に見事

                                                                                                                                                                                        そしてステージを進めていくにつれて、単純に大型艦だけ揃えていては
                                                                                                                                                                                        勝てないようになり、自然と大小組み合わせての運用になるという……
                                                                                                                                                                                        ローコスト課金にしては実にもったいなさすぎるほどよく出来たゲームです。

                                                                                                                                                                                        最初は1-2万人だった規模のプレイヤー数も、口コミでじわじわ、いや、
                                                                                                                                                                                        ここ2-3ヶ月で急速に増え、もはや「集まるから人が集まる状態」になっており、
                                                                                                                                                                                        現在のプレイヤー数は実に30万人超。あまりの人気ぶりに新規登録制限中という
                                                                                                                                                                                        とんでもない事態になっています。いやー、たいしたもんだ。

                                                                                                                                                                                        まだ未プレイで、いわゆる萌えミリに興味があったり、
                                                                                                                                                                                        あるいは、面白いブラウザゲームを探している人はぜひプレイされませ。
                                                                                                                                                                                        楽しさはこのTicoが保証いたします!

                                                                                                                                                                                        最後に、艦これ関連で面白い動画があるので、ご紹介。

                                                                                                                                                                                        イメージ的にこっちがオープニングで↓MAD動画ですが、楽しい!


                                                                                                                                                                                        こっちはエンディングですかね↓史実を踏まえていて物悲しい……

                                                                                                                                                                                         

                                                                                                                                                                                        PSO2 クリスマスシーズン到来!

                                                                                                                                                                                        0
                                                                                                                                                                                          このところごぶさただったPSO2の記事ですが、
                                                                                                                                                                                          毎晩インしてあちこちクエストに行っておったのですよ?

                                                                                                                                                                                          かれこれハンター45、ファイター42になりまして
                                                                                                                                                                                          ベリーハードモードで転んだり倒れたりしております。

                                                                                                                                                                                          ちょっと前のアップデートからになりますが……

                                                                                                                                                                                          歴史を壊すもの」アップデートで新エリアが追加になりました。


                                                                                                                                                                                          【遺跡エリアが追加されました】


                                                                                                                                                                                          【左に見えるのが遺跡のボス、ゼッシュレイダ】


                                                                                                                                                                                          【ガメラです。空飛ぶ怪獣です】

                                                                                                                                                                                          続くアップデートでスクラッチが追加され、
                                                                                                                                                                                          アークスフラッグセレモニーとして、アークス設立記念イベントが!


                                                                                                                                                                                          【研修生制服が追加されました。セーラーっぽいぴらぴらです】

                                                                                                                                                                                          そして、冬の大規模アップデート「闇の集いし場」が本日公開!


                                                                                                                                                                                          【ショップフロアにクリスマスツリーが】

                                                                                                                                                                                          【クリスマス限定の特別クエストもあります。ケーキ屋を守れ!】


                                                                                                                                                                                          【サンタ服が実装されました。諮ったようにミニスカ仕様】


                                                                                                                                                                                          【フワフワモコモコの寒冷地向けコスチュームも追加です】

                                                                                                                                                                                          実装公開は来週になりますが、いよいよダークファルスが出てくるということで
                                                                                                                                                                                          なかなか楽しみです。


                                                                                                                                                                                          PSO2 アップデート:新たなる力

                                                                                                                                                                                          0
                                                                                                                                                                                             PSO2は楽しいのですがお仕事忙しくて
                                                                                                                                                                                            なかなか毎日きちんと遊べないTicoですコンニチハ(働け)。

                                                                                                                                                                                            さて、9/12に大型アップデート(「新たなる力」)がありまして、
                                                                                                                                                                                            新クラス3種が追加されました。

                                                                                                                                                                                            手数勝負の近接戦闘クラス、ファイター
                                                                                                                                                                                            スタイリッシュに戦う射撃戦闘クラス、ガンナー
                                                                                                                                                                                            肉弾戦対応の支援適正クラス、テクター

                                                                                                                                                                                            レベルキャップでちょっとお休みしていた人たちも
                                                                                                                                                                                            大型アップデートで新クラスを育てるために戻ってきています。

                                                                                                                                                                                            さて、新クラスで遊ぶためには初期クラスが一定レベルいるので、
                                                                                                                                                                                            基本ハンター一本槍だったTicoはそのままファイターをチョイス

                                                                                                                                                                                            ファイターは3種類の武器を扱えますが、
                                                                                                                                                                                            どれも手数で稼ぐタイプのちょっと癖のある装備です。

                                                                                                                                                                                            【ダブルセイバー】

                                                                                                                                                                                            柄の両端に刃がついた武器です。ダースモールだ!
                                                                                                                                                                                            これをぶんぶん振り回して敵をざしゅざしゅ斬っていきます。
                                                                                                                                                                                            さらにパワーがたまると旋風を身にまとって更に多段ヒット!
                                                                                                                                                                                            うまく入れば切りまくって敵を圧倒できるのが特長です。

                                                                                                                                                                                            【ツインダガー】

                                                                                                                                                                                            両手に短刀を持つタイプの武器です。二刀流だ!
                                                                                                                                                                                            手数勝負ですが、主に空中戦を得意としていて、
                                                                                                                                                                                            ジャンプ後に切りまくれば滞空したまま攻撃できます。
                                                                                                                                                                                            空を飛ぶ敵や高い位置への攻撃に最適ですね。

                                                                                                                                                                                            【ナックル】

                                                                                                                                                                                            拳で戦うボクサースタイル。はじめの一歩だ!
                                                                                                                                                                                            手数勝負の新武器の中でも比較的威力が重いのが特長。
                                                                                                                                                                                            攻撃を続けるほどパワーがたまっていくので、
                                                                                                                                                                                            敵をスウェーで避けつつタコ殴りにしていく戦い方になります。

                                                                                                                                                                                            どれも魅力的な武器そろいなのですが、
                                                                                                                                                                                            個人的に気に入っているのは怒涛の斬りまくりができるダブルセイバーですね。
                                                                                                                                                                                            ただ、ボスに密着して攻撃していると敵の動きがみえなくなって
                                                                                                                                                                                            攻撃をくらってしまうのがご愛嬌。


                                                                                                                                                                                            EVE online プレイヤーカンファレンス in Tokyo 2011

                                                                                                                                                                                            0
                                                                                                                                                                                              10月16日に開催されたEVEonlineのプレイヤーカンファレンスに参加してきました!


                                                                                                                                                                                              【会場のモニターきらーん】

                                                                                                                                                                                              会場は東京は南青山。

                                                                                                                                                                                              日本語ローカライズによる日本本格展開前のイベントということで、
                                                                                                                                                                                              ワクワクしながら新幹線に乗り込みましたとも!


                                                                                                                                                                                              【このイベント用のアートボードのチャリティオークション】

                                                                                                                                                                                              会場前では4種類の特別アートボードが展示
                                                                                                                                                                                              サイレントオークション形式で、自分の落札希望額を書いて箱に投入するようです。
                                                                                                                                                                                              これらはチャリティとして購入金額はすべて東日本大震災の対応に寄付されます。
                                                                                                                                                                                              ふむふむと思いつつ、まあ冷やかし半分で金額書いてスコンと入れました。


                                                                                                                                                                                              さて、開始前の会場では、DominionやIncursionのトレイラーに
                                                                                                                                                                                              日本語字幕がついたものが流れておりました。うーむ、ぞくぞくしますね。


                                                                                                                                                                                              14:00にスタート。司会のお姉さんがビシッと挨拶してから、
                                                                                                                                                                                              NEXONのEVEonline担当者が挨拶。ちょっと締まらない感じでしたが、まあこんなものかな……


                                                                                                                                                                                              その後はCCPの開発担当者からキーノートスピーチ

                                                                                                                                                                                              EVEonlineのゲーム構造や理念についてまずは説明がされました。
                                                                                                                                                                                              末端は単純に、全体は複雑に。うむ、このあたりは普段遊んでいれば感じることですな。
                                                                                                                                                                                              その後、資源をめぐる循環図の説明。うむ、このあたりも(ry

                                                                                                                                                                                              スピーチの終盤で、チラッと次回UPDATE内容や日本語クライアントの試作型がお披露目

                                                                                                                                                                                              アップデートは既にDevBlogで書かれていますが、キャピタル艦を沈めやすくなるようですね。
                                                                                                                                                                                              大手組織が支配を強めている現状に、中小勢力がもっと0.0Secに進出してほしいようです

                                                                                                                                                                                              日本語クライアントはまずまずの出来でしょうか。アイテム名が英語のままなのはありがたい!
                                                                                                                                                                                              ちなみに船のモデル回転が復活表示したとたん、会場から思わず拍手が。
                                                                                                                                                                                              みんな現状のCQには不満いっぱいなのね……


                                                                                                                                                                                              さて、休憩を挟んで、続いてはQ&Aコーナー

                                                                                                                                                                                              肝心の課金周りは「ネクソンポイントを使ってプレイしたい場合は」NEXON IDが必要とのこと。
                                                                                                                                                                                              料金はハッキリとは言われませんでしたが、手数料乗せての固定になるみたいです
                                                                                                                                                                                              運用やサポートはCCPが行うとのこと。このあたり、ハッキリと公式声明がほしいですね。

                                                                                                                                                                                              他にもミッションの充実や新しい船の追加などについて質問がだされましたが、
                                                                                                                                                                                              ・PvEの充実はIncursionやWHで行っていく。ミッションは当面さわらない
                                                                                                                                                                                              新しい船はデザインコンテストを元にモデリング中。もう少し待ってほしい。
                                                                                                                                                                                              とのこと。んー、ミッションランナーは楽しみ方を工夫しないと大変かもですね。


                                                                                                                                                                                              次は、プレイヤー同士のトークディスカッション

                                                                                                                                                                                              3グループに分かれての意見交換会でしたが、Ticoのグループでは、
                                                                                                                                                                                              「新人さんをいかにEVEonlineに親しんでもらうか?」がテーマになっていました。

                                                                                                                                                                                              ・JPチャンネルへの誘導がわかりにくい
                                                                                                                                                                                              ・JPコープへのコンタクトがやりにくい(選びにくい、わからない)
                                                                                                                                                                                              ・ベテランがルーキーに教えるメンター制を導入してみるのはどうか?

                                                                                                                                                                                              などなど、なかなかに皆様一家言のある意見が飛び交いあいました。


                                                                                                                                                                                              イベントの最後には、プレゼント抽選会とオークションの結果発表
                                                                                                                                                                                              プレゼントはグラボと3Dキットがそれぞれ3つずつ、となかなかふとっぱら
                                                                                                                                                                                              当たった方はおめでとうございます!


                                                                                                                                                                                              会場を出ると最後に全員おみやげを頂きました


                                                                                                                                                                                              【こ、このTシャツは!】

                                                                                                                                                                                              このイベントの特別Tシャツです! TOKYO OCTOBER 2011 とありますね。

                                                                                                                                                                                              合計二時間半のイベントでしたが、なかなかどうしてあっという間でございました。
                                                                                                                                                                                              今回のイベントの主眼は今後の日本展開をふまえて、
                                                                                                                                                                                              「新人さんが入ってくるから、ベテランの皆さんどうかよろしく!」
                                                                                                                                                                                              ということを
                                                                                                                                                                                              CCPは言いたかったのかなーと。日本ならではのコミュニティ作りを期待しているようです。

                                                                                                                                                                                              さて、1プレイヤーとしては、楽しめつつも不満はありまして。簡単にまとめますと

                                                                                                                                                                                              ・通訳の人がEVEを勉強していない。
                                                                                                                                                                                               →ゲーム内知識がないと正確なところは伝えられないと思うのですが。うーむ。

                                                                                                                                                                                              ・NEXONの担当者がちょっとやる気がない。
                                                                                                                                                                                               →公式発表前で細かいところが出せなかったのかもしれませんが、
                                                                                                                                                                                                課金周りで現行のプレイヤーが不安がっているのでそこはハッキリさせてほしかったですね。

                                                                                                                                                                                              ・もっと次回アップデート内容を知りたかった
                                                                                                                                                                                               →既に出ている情報だけだったので、オドロキはなかったですねえ。
                                                                                                                                                                                                次のイベントではこのあたりはもっと強化してもいいのではないかと思います。

                                                                                                                                                                                              ・トークディスカッション人数多すぎ
                                                                                                                                                                                               →実はこのパートが本イベントのメインだったと思うのですが、
                                                                                                                                                                                                議事進行がちょっと腰砕けの印象が。特に日本人は意見を自分から出すのは
                                                                                                                                                                                                及び腰な民族なので、そのあたりは工夫がほしかったです。

                                                                                                                                                                                              こんなところでしょうか。なにぶんにも日本では第一回目ということですし、
                                                                                                                                                                                              これらの不満点は次で改善してくれるといいなあと思った次第です。


                                                                                                                                                                                              遠征隊的には、Caldinaさんと直接お会いすることができ、
                                                                                                                                                                                              いろいろ意見交換やコープの指針について話し合うことができてなかなか有意義でした。
                                                                                                                                                                                              次に参加するときはゲーム内キャラの名刺でも作って配るかな……
                                                                                                                                                                                              そんなことを考えながら帰途につきました。がんばれCCP。


                                                                                                                                                                                              さて、無事に東京から帰ってきたものの。


                                                                                                                                                                                              【ナズェ、オチテイルンディスカ!?】

                                                                                                                                                                                              HAHAHA、落札しちゃったよ。どこに飾ろうか、これ…
                                                                                                                                                                                              ちなみに雲を裂いてみんたまの艦隊が東京に降臨する光景でした。

                                                                                                                                                                                              アマー派の私ですが、いや、なかなか迫力がありましてね。
                                                                                                                                                                                              しかし落札できるとは思わなかったなァ。 

                                                                                                                                                                                              誰かさん向け布教用動画

                                                                                                                                                                                              0
                                                                                                                                                                                                「無料以外見ないでゲソ」と誰かさんにつれなく言われたので、
                                                                                                                                                                                                それなら無料のをみろやーというわけで特定狙い撃ちの布教用記事です。

                                                                                                                                                                                                興味のない方はなまあたたかくスルーしてくださいませ。

                                                                                                                                                                                                関心をお持ちの方はジャパニメーションのある意味先鋭に唖然とするもよし
                                                                                                                                                                                                はたまたこれを機会におハマりになるのも同好の士として喜ばしい限りです。





                                                                                                                                                                                                「しかし私が布教などという言葉を使うとはな……」
                                                                                                                                                                                                「普段の言動も冒涜的無差別布教ではありますまいか」
                                                                                                                                                                                                「わたしがHENTAIだというのか!(ダンッ)」
                                                                                                                                                                                                「違うんですか?」
                                                                                                                                                                                                「えっ」
                                                                                                                                                                                                「えっ」

                                                                                                                                                                                                ストライクウィッチーズ

                                                                                                                                                                                                0
                                                                                                                                                                                                  「まさかハマるとは思わなかった……」

                                                                                                                                                                                                  というわけで思いつきでニコニコ動画の有料配信で見て
                                                                                                                                                                                                  気がつくと上記のDVD-BOXを買ってしまっていたTicoですコンニチハ。

                                                                                                                                                                                                  ある意味で萌えを追求した清く正しいジャパニメーションといえますが、
                                                                                                                                                                                                  キャラ造形についてはパッケージ絵で「お察し下さい」。

                                                                                                                                                                                                  ただ作品自体は動きも演出もしっかりしていますし、
                                                                                                                                                                                                  割と燃える展開もあったりして、なかなか一筋縄ではいかない魅力にあふれていて、
                                                                                                                                                                                                  人気が出たのもむべなるかなという感じです。

                                                                                                                                                                                                  ミリタリー的な裏づけをきっちりした上で萌えアニメに転化した
                                                                                                                                                                                                  いわば本歌取り的な作りと言えましょう

                                                                                                                                                                                                  ただ、かなり強烈なキャラデザインについては説明なしで見せられるので、
                                                                                                                                                                                                  そこの敷居をまたげるかまたげないかで見続けられるかどうかが
                                                                                                                                                                                                  決まるような気もします。

                                                                                                                                                                                                  ちなみに文化庁推薦作品。基準がよく分かりません。

                                                                                                                                                                                                  なお、アメリカでも販売されているそうで、YouTubeに宣伝動画がありました。


                                                                                                                                                                                                  PANTS? ノー、あれはズボンだ!(謎)

                                                                                                                                                                                                   

                                                                                                                                                                                                  艦隊で歓待!

                                                                                                                                                                                                  0

                                                                                                                                                                                                    【突撃する海軍Armageddon級】

                                                                                                                                                                                                    先週末に遠征隊に新人さんが入られまして
                                                                                                                                                                                                    早速、親睦をかねて合同ミッションをやりました!
                                                                                                                                                                                                    艦隊(かんたい)組んで歓待(かんたい)です!

                                                                                                                                                                                                    ひさびさの「EVEonlieかんたい!」というわけです。

                                                                                                                                                                                                    おのおのが手頃な船をもちよって協同攻略するのですが、
                                                                                                                                                                                                    支援やタンクを他の人に頼れるぶんだけ、色々な船や装備を楽しめるのが売りでございます

                                                                                                                                                                                                    今回は参加艦艇は、

                                                                                                                                                                                                    Ruzel:海軍仕様Armageddon級戦艦

                                                                                                                                                                                                    Earthlight:Dominix級戦艦

                                                                                                                                                                                                    Taiyaki O:Maelstrom級戦艦

                                                                                                                                                                                                    新人さん:Rokh級戦艦

                                                                                                                                                                                                    という顔ぶれになりました。

                                                                                                                                                                                                    Earthlight殿のドミはシールド転送装置を積んで回復仕様にしています。
                                                                                                                                                                                                    Ticoのマゲドンもロジドローンを積んで新人さんガード体制はバッチリ!

                                                                                                                                                                                                    攻略したミッションは
                                                                                                                                                                                                    ・Vengence(対サンシャ)
                                                                                                                                                                                                    ・Rituaist Raid(対ブラッドレイダー)
                                                                                                                                                                                                    ・Angel Extravegna(対エンゼルカルテル)

                                                                                                                                                                                                    と、Lv4でも比較的難易度の高いミッションでしたが、
                                                                                                                                                                                                    実に危なげなく攻略完遂できました。

                                                                                                                                                                                                    新人さんのRokhはレールガン装備の長射程攻撃艦で、
                                                                                                                                                                                                    かなりの遠距離から敵を仕留めていってなかなか頼もしかったです。

                                                                                                                                                                                                    それにしても今回目を引いたのは、Taiyaki O殿の
                                                                                                                                                                                                    メールシュトローム級の1400mm砲一斉射撃!
                                                                                                                                                                                                    約25秒に1回しか撃てませんが、その代わり威力は折り紙つき、
                                                                                                                                                                                                    戦闘巡洋艦クラスが一撃で轟沈していきます。

                                                                                                                                                                                                    なかなか和気藹々と楽しめた合同ミッションとなりました。
                                                                                                                                                                                                    新人さんは「他の船も試してみたいがソロだと沈まないか心配」と
                                                                                                                                                                                                    おっしゃっていたので、ここはぜひ合同ミッションで色々な船を
                                                                                                                                                                                                    試してノウハウをつかんでほしいですね!

                                                                                                                                                                                                    LowSec探検顛末記

                                                                                                                                                                                                    0
                                                                                                                                                                                                      LowSecではPKにおびえながら探検して回っているのですが、
                                                                                                                                                                                                      先週なかなか面白いものを見つけたので一部始終をご紹介いたします。
                                                                                                                                                                                                      攻略を始めたときはまさか数日がかりとは思わなかった……


                                                                                                                                                                                                      ■Complexサイトとはなんぞや?

                                                                                                                                                                                                      探検サイトの中にはComplexと呼ばれるものがあります。
                                                                                                                                                                                                      これはいわばランダムで湧くダンジョンみたいなもので、
                                                                                                                                                                                                      中にはNPC敵がうようよしています。

                                                                                                                                                                                                      とりあえず敵を殲滅して終わりと言うケースもあるのですが、
                                                                                                                                                                                                      たまにFaction品、Complex品と呼ばれる高性能モジュール
                                                                                                                                                                                                      入手できることも多く、それらは高値で取引されています。

                                                                                                                                                                                                      Complexサイトには全10段階でレベルが設定されており、
                                                                                                                                                                                                      レベルに応じて難易度と入場できる艦船クラスが決まっています
                                                                                                                                                                                                      難易度が高いほど危険ですが、見返りも大きいのがEVEの特長。


                                                                                                                                                                                                      ■「生育中の野良ドローンの巣」

                                                                                                                                                                                                      今回見つけたのがこちら、Outgrowth Rogue Drone Hive
                                                                                                                                                                                                      ローグドローン(野良ドローン)というのはドローンのAIが
                                                                                                                                                                                                      野生化して勝手に自律稼動している連中のことで、
                                                                                                                                                                                                      EVE宇宙におけるモンスターみたいな扱いです。
                                                                                                                                                                                                      実際、見た目のデザインが触手生えててキモイ……

                                                                                                                                                                                                      さて、このサイトなのですが、ネットで調べてみると、
                                                                                                                                                                                                      Complexレベルは5/10。なんと戦艦クラスが乗り入れ可能です。
                                                                                                                                                                                                      ということはLv4ミッション並みの難易度を覚悟せねばなりません。

                                                                                                                                                                                                      ローグドローンだと戦利品に良いものは期待できそうにないのですが
                                                                                                                                                                                                      初めての戦艦乗り入れサイトなので、攻略することに決めました。


                                                                                                                                                                                                      ■攻略にとりかかるも……

                                                                                                                                                                                                      さて、Lowの宇宙基地にはPvP仕様のArmadeddon級はありますが、
                                                                                                                                                                                                      これでは防御面や継戦面で不安があります。

                                                                                                                                                                                                      そこでApocalypse級を急遽仕立ててLowへ持ち込むことにしました
                                                                                                                                                                                                      Lowへの接続星系に海賊の待ち伏せがないことを確認してから、
                                                                                                                                                                                                      えいやっと搬入。なんとか無事に宇宙基地へたどりつきました。

                                                                                                                                                                                                      早速、攻略を開始したのですが、なにぶんにも敵の数がなかなか多く、
                                                                                                                                                                                                      かつ複数階層なので時間がかかります。
                                                                                                                                                                                                      パルスレーザーで並み居るローグドローンをなぎ払いながら
                                                                                                                                                                                                      順調に進んでいたのですが……ここでローカルチャンネルに
                                                                                                                                                                                                      敵性勢力のPKさん達がちらほら見え出してきました。

                                                                                                                                                                                                      さすがにこんなところを襲われたのではひとたまりもありません。
                                                                                                                                                                                                      途中までしか無理だったかーと涙を呑んで撤退したのです。


                                                                                                                                                                                                      ■リベンジの週末

                                                                                                                                                                                                      さすがに数日経過後に攻略サイトは残ってないだろうなと思いつつ、
                                                                                                                                                                                                      二日ほど経った週末に探検スキャンをしてみると……
                                                                                                                                                                                                      なんと、まだ残っているじゃありませんか。

                                                                                                                                                                                                      幸いローカルチャンネルは閑散としています。
                                                                                                                                                                                                      リベンジするなら今!と思い、再び戦艦を駆って乗り込みました。

                                                                                                                                                                                                      戦艦クラスのローグドローンをなぎ倒し、砲撃陣地を乗り越えて、
                                                                                                                                                                                                      ついにたどりついた最終層、そこにいたのは・・・…


                                                                                                                                                                                                      【The Lesser Strain Mother】

                                                                                                                                                                                                      初めて見ました、巣の女王
                                                                                                                                                                                                      Lesserということはこれでも小物なんでしょう。

                                                                                                                                                                                                      取り巻きのローグドローンを片付けてから、早速攻撃開始。
                                                                                                                                                                                                      ところが、このマザーの耐久力が桁違いなのです

                                                                                                                                                                                                      装甲の半分までは削れるのですが、次の瞬間にはあっという間に全回復。
                                                                                                                                                                                                      修復能力が異様に早いみたいです。攻略アポでぺしぺし撃ってましたが
                                                                                                                                                                                                      なんともかんとも埒があきません。


                                                                                                                                                                                                      ■マザー撃破への道

                                                                                                                                                                                                      仕方がないので、いったん戻って戦艦を乗り換えました。
                                                                                                                                                                                                      Apocalypseは射程重視の砲撃艦、Armageddonは攻撃重視の砲撃艦、
                                                                                                                                                                                                      これなら押し切れるかと思い、鈍足の戦艦でまた最終層まで
                                                                                                                                                                                                      乗りつけてばしばし撃ったのですが……

                                                                                                                                                                                                      今度はマゲドンではタンクしきれず電池も足りず。
                                                                                                                                                                                                      ただ、ある程度の火力を確保できれば、ちょっとずつ
                                                                                                                                                                                                      構造体にダメージが蓄積されるのは確認できました。

                                                                                                                                                                                                      さて、どうしようと思い、最終的にTicoが取った方法は
                                                                                                                                                                                                      Apocalypse級の耐久力をぎりぎりまで減らして
                                                                                                                                                                                                      火力を上乗せするというもの。


                                                                                                                                                                                                      マザーからの大型ミサイルに耐えられればいいので、
                                                                                                                                                                                                      あとは威力重視で長期戦の構えです。

                                                                                                                                                                                                      そんなこんなでまたしてもえっちらおっちらと最終層へ乗りつけて、
                                                                                                                                                                                                      30分以上ドシドシ撃って、なんとか撃破!終わったときはなにやらげっそりでした。


                                                                                                                                                                                                      ちなみに戦利品は、Concordさんが買い取ってくれる換金アイテム
                                                                                                                                                                                                      お値段25M相当。うーん、ちょっと手間に見合わない気もしますが、
                                                                                                                                                                                                      船が沈むこともなかったし、体験できたのは大きな収穫でしたね。

                                                                                                                                                                                                      次に戦う相手はSanshaとかがいいなあと思いつつ、
                                                                                                                                                                                                      もしやるならコープメンバーが何名か参加してくれると
                                                                                                                                                                                                      頼もしいなあと思ったり。複数名だとさくっと終わると思うのですよ。


                                                                                                                                                                                                      ■最後に新入社員募集
                                                                                                                                                                                                      そんなこんなでTeam Expedtionsでは新入社員を募集しています。

                                                                                                                                                                                                      Highで合同ミッションして色々な装備の船を試してみたり、
                                                                                                                                                                                                      宇宙基地で研究や生産をやってみたり、はたまた入植LowSecで
                                                                                                                                                                                                      探検したりPKに追い回されたり、返り討ちしてみたり。
                                                                                                                                                                                                      興味のある方はインゲームメールでRuzel宛にお便りくださいませ。

                                                                                                                                                                                                      CCP × NEXON

                                                                                                                                                                                                      0
                                                                                                                                                                                                        EVEonlineが日本語ローカライズされるというニュースがあって、
                                                                                                                                                                                                        日本のパブリッシャがどこかで話題になっておりましたが、
                                                                                                                                                                                                        「マビノギ」などを運営するNEXONになることが発表されました。

                                                                                                                                                                                                        CCPのプレスリリース原文

                                                                                                                                                                                                        英語わからないよ! という人には下記参照

                                                                                                                                                                                                        「星の海に魂の帆をかける」

                                                                                                                                                                                                        CCPからの発表を踏まえると、それまで実質クレカしか決済できなかった
                                                                                                                                                                                                        EVEonlineのプレイ課金が、NEXONを経由して「も」行えるようになるとのこと
                                                                                                                                                                                                        (原文で"add"とあるので、方法の追加です。置き換えとかではありません)

                                                                                                                                                                                                        クレジットカードを持ってない人、使いたくない人には、
                                                                                                                                                                                                        WebMoneyやBitCashで決済できる選択肢が広がるということで、
                                                                                                                                                                                                        本来は歓迎すべきなのでしょうが……

                                                                                                                                                                                                        なにぶんにもNEXONという会社はアカウント管理がずさんと評判で、
                                                                                                                                                                                                        既存のプレイヤーさんにはそのあたりを心配する方が多いみたいです。
                                                                                                                                                                                                        (まあ、脊髄反射的に「ネクソンやだ!」てな声の方が大きいみたいですが)

                                                                                                                                                                                                        某所では大騒ぎになっておりますが、なにぶんにもハッキリしたことは
                                                                                                                                                                                                        分からないので、とりあえずジタバタ騒ぐべきではないと思います。
                                                                                                                                                                                                        16日に東京でCCP社員が来日されてのオフ会があるのですが、その席で
                                                                                                                                                                                                        懸念事項とか疑問点をきちんと伝えるべきでありましょう。

                                                                                                                                                                                                        個人的にはEVEonlineのシステム上、NEXONがゲームプレイまで噛むことはないだろうし、
                                                                                                                                                                                                        決済手段が増えるだけならいいんじゃないかとは思いますが。つかAurumをバラ売りしてくれい。


                                                                                                                                                                                                        ちなみにNEXONのプレティザーサイトはこちら

                                                                                                                                                                                                        "Butterfly Effect"と"Casuality"のトレイラーを選ぶあたり、なかなかうまいですね。
                                                                                                                                                                                                        前者は割とポジティブな相互交流ですが、後者はちょっとダークな色合いで、
                                                                                                                                                                                                        そのどちらもEVEonlineでは実現可能ですから。

                                                                                                                                                                                                        もっとも、NEXONがどの層をターゲットにしているかがちょっと疑問ではあります。
                                                                                                                                                                                                        割と硬派というか容赦ないというか、ニューエデンは荒野のウエスタンなので、
                                                                                                                                                                                                        カジュアルプレイヤーは開始三日でLowSecに迷い込んで海賊さんにウマウマされる予感。

                                                                                                                                                                                                        「数人がかりなんて卑怯だ!」「戦いは数だよ兄貴」

                                                                                                                                                                                                        リリカルなのは BATTLE OF ACES

                                                                                                                                                                                                        0
                                                                                                                                                                                                          ちょっとBlogの更新が滞っていたので、
                                                                                                                                                                                                          ひとつ趣味の世界ではありますがゲームのレビューなんぞを。

                                                                                                                                                                                                          だいぶ前に週刊トロステーションでも取り上げられた、
                                                                                                                                                                                                          「魔法少女リリカルなのは」のPSPゲームです。


                                                                                                                                                                                                          まあ、「リリカルなのは」の説明やゲームの概要は上の動画に
                                                                                                                                                                                                          おまかせするとして……

                                                                                                                                                                                                          正直、Ticoがこれを買ったのはおもむろにファン収集のためでした
                                                                                                                                                                                                          ところがやってみると意外に面白い

                                                                                                                                                                                                          当初は格闘ゲームとして微妙?とか思っていたのですが、
                                                                                                                                                                                                          このゲームは「レンジシフトバトル」なんですよね。

                                                                                                                                                                                                          何かと言うと、近距離では普通の格闘っぽくなるのですが、
                                                                                                                                                                                                          距離を一定以上離すと魔法の撃ち合いになるのです。

                                                                                                                                                                                                          接近戦(クロスレンジ)ではコンボの読み合い、
                                                                                                                                                                                                          遠距離(ロングレンジ)では位置取りが重要、と
                                                                                                                                                                                                          互いの距離によって戦法が異なってくるのがミソです。

                                                                                                                                                                                                          もちろんキャラによってクロスが得意、ロングが得意、とか色々あるので、
                                                                                                                                                                                                          そのあたりが掴めないと最初は面食らうかもしれません。

                                                                                                                                                                                                          とはいえ、概ね原作つきのファンゲームというのが割とガッカリな出来が多い中、
                                                                                                                                                                                                          これはしっかり作っているなあと思ったら……ゲームデザインがなんと金子彰史さん
                                                                                                                                                                                                          あのワイルドアームズシリーズの生みの親じゃありませんか。
                                                                                                                                                                                                          次回作を楽しみにしていたのですが、こんな形でお目にかかれるとは。

                                                                                                                                                                                                          あ、言うまでもなくファン向けのゲームなので、星4つ評価です。万人向けではないので。
                                                                                                                                                                                                          とはいえ、ファンなら買って十分に楽しめる内容じゃないかなと思います。

                                                                                                                                                                                                          以下、使用キャラの雑感になるので折り返し〜。

                                                                                                                                                                                                          第四次Sansha迎撃作戦

                                                                                                                                                                                                          0

                                                                                                                                                                                                            【戦闘中のTicoアバドン。写真右端のトゲトゲ物体がSanshaの補給基地】

                                                                                                                                                                                                            この週末もSansha迎撃に出かけてまいりました!
                                                                                                                                                                                                            今回はアライアンスの方も参加して頂き、開始時は
                                                                                                                                                                                                            Guardian級兵站艦2隻を含めた総計9隻の艦隊

                                                                                                                                                                                                            Wildcat社のMOAI社長も参加されて、
                                                                                                                                                                                                            遠征隊と野良猫社の合同艦隊と相成りました。

                                                                                                                                                                                                            これだけいれば行けるさ! ということで、
                                                                                                                                                                                                            Vanguardの「Override Transfer Array」サイトへ突入!

                                                                                                                                                                                                            最初出てくる敵船は、戦艦1、巡洋艦3、フリゲート5隻なのですが、
                                                                                                                                                                                                            もうすごい猛攻でロジを含めたスパイダータンクでも気を抜くと
                                                                                                                                                                                                            あっという間に装甲が抜かれます。

                                                                                                                                                                                                            ちなみにこのサイトはSanshaの補給基地が設置されていて、
                                                                                                                                                                                                            これが健在である限りは敵艦のシールドが超回復して、
                                                                                                                                                                                                            いくら撃っても沈まない状態に陥ってしまいます。

                                                                                                                                                                                                            これに対処するには、主戦場から50kmほど離れた場所に湧く
                                                                                                                                                                                                            遠隔端末からハッキングして補給基地を停止させるしかありません

                                                                                                                                                                                                            前回も経験していたので、今回は遠征隊のSuchbus殿が
                                                                                                                                                                                                            ハッキング装備のLegion級で参戦。戦場を駆けずり回りながら
                                                                                                                                                                                                            Sanshaの補給基地を停止させます。

                                                                                                                                                                                                            シールド回復が消えて、なんとか敵戦艦を撃沈した矢先、
                                                                                                                                                                                                            次の増援が出てきてロジの片方に一斉射撃!

                                                                                                                                                                                                            MOAI社長のGuardianが数秒とたたずに沈みました
                                                                                                                                                                                                            これはいけないと思い、撤退指示。味方が次々と離脱する中、
                                                                                                                                                                                                            フリゲートのWarp妨害につかまった船が2隻。

                                                                                                                                                                                                            なんとか逃がさねばと思い、Sanshaはロジ船を狙うというのを思い出して、
                                                                                                                                                                                                            イチかバチかTicoはアバドンのリモートリペアを起動
                                                                                                                                                                                                            すると、運よく敵船群のタゲがこちらに来たので、
                                                                                                                                                                                                            つかまっていた僚艦の1隻は無事に離脱することができました。

                                                                                                                                                                                                            その後のTicoですか? HAHAHA、見事に撃沈しましたよッ。
                                                                                                                                                                                                            さすがはアバドンの重装甲、一斉射撃でも10秒は持ちこたえたかな……

                                                                                                                                                                                                            前半戦の時点でこちらの損失は3隻
                                                                                                                                                                                                            まだ時間はあるので、船を仕立て直してリベンジ戦です。
                                                                                                                                                                                                            おっつけ参加のアライアンスの人もいて、合計11隻に増強。

                                                                                                                                                                                                            いざ後半戦に挑みましたが、1時間以上の死闘の末になんとか攻略完了。
                                                                                                                                                                                                            各員の健闘をたたえながら解散となりました。

                                                                                                                                                                                                            正直、Incursionは苦労の割に金額面ではあまり儲からないです。
                                                                                                                                                                                                            でもこうやって大人数で楽しめるコンテンツとしては、なかなか良いと思います
                                                                                                                                                                                                            さて、来週も近場に攻めてきてくれるといいなァ。

                                                                                                                                                                                                            (以下、折り返しでOverride Transfer Arrayの攻略注意を載せてます)

                                                                                                                                                                                                            Sansha迎撃!

                                                                                                                                                                                                            0

                                                                                                                                                                                                              【Sansha迎撃に飛び立つItsuka号の雄姿(沈んだけど)】 

                                                                                                                                                                                                              いよいよSansha's Nationが襲来してくる大規模PvEコンテンツ、
                                                                                                                                                                                                              Incursionが実装されました。

                                                                                                                                                                                                              Amarr帝国領内にもSanshaがやってきてたので、
                                                                                                                                                                                                              さっそくこの週末に遠征隊メンバーで迎撃に参加してきました。
                                                                                                                                                                                                              (折り返し記事に参加方法まとめを書いております)

                                                                                                                                                                                                              KadorリージョンのNeburabを中心とする星域が被害に遭っています。
                                                                                                                                                                                                              早速、現地に飛んでみて、Scoutクラスの迎撃に参加してみましたが……

                                                                                                                                                                                                              まあ、ソロでやろうって戦艦や重巡洋艦で獲物の取り合い。
                                                                                                                                                                                                              Scoutクラスだと、出てくる敵もFGやCLなのでこちらも安全に戦えます。
                                                                                                                                                                                                              しかし、Sansha襲来の影響で攻撃力にペナルティを受けているので、
                                                                                                                                                                                                              小型艦でもなかなか沈みませんねえ。むう、困ったものだ。

                                                                                                                                                                                                              しばらくメンバーでScoutサイトをうろうろしていましたが、
                                                                                                                                                                                                              もっと派手な戦闘がしたいということで移動。

                                                                                                                                                                                                              1ランク上のVanguardクラスの迎撃に参加してみることにしました。
                                                                                                                                                                                                              アポ級戦艦で来たTaiyaki Oさんの戦艦を先頭にいざ乗り込む予定でしたが……

                                                                                                                                                                                                              CEOのうっかりで、それぞれ別々のサイトに飛んでしまう失敗がっ。
                                                                                                                                                                                                              CEO含めたBC3隻を待ち構えていたのは戦艦3隻を含めた本格的な艦隊

                                                                                                                                                                                                              一斉射撃であっという間にシールド吹き飛んで装甲30%削れました。

                                                                                                                                                                                                              「沈むー沈むー」「離脱! 離脱!」と叫んでみるも、非情なワープ妨害。
                                                                                                                                                                                                              防御力には定評のあるProphecy級重巡といえども、ものの10秒しかもちませんでした。
                                                                                                                                                                                                              CEOの他にはEarthlight殿のMyrmidonも轟沈。
                                                                                                                                                                                                              Suchbus殿のDrakeは1撃もらってシールド大破したところでからくも離脱に成功。

                                                                                                                                                                                                              その頃、別サイトに飛んでいたTaiyaki O殿のApocalypse級戦艦は
                                                                                                                                                                                                              FG4隻&CL4隻相手に戦っていたものの、タンクしきれずに離脱という……

                                                                                                                                                                                                              Sanshaどんだけ強いんだという結果になりました。
                                                                                                                                                                                                              ペナルティ効果で防御レジストも下がっているので、確かに苦戦するのですが、
                                                                                                                                                                                                              戦艦でも回復が追いつかないとは……

                                                                                                                                                                                                              今回、移動ミスで分断されてしまったことをさておいても、
                                                                                                                                                                                                              次に参加するときはしっかり相互回復する体制で臨むのがよさそうです。

                                                                                                                                                                                                              というわけで、リベンジを誓いつつ、買ったシャトルで本拠地へ帰還と相成りました。
                                                                                                                                                                                                              次こそはー生き残るぞー(勝つとは言わない)。


                                                                                                                                                                                                              さて、折り返しで、Incursionについて分かる範囲でまとめてみました。

                                                                                                                                                                                                              戦争明けのかんたい!

                                                                                                                                                                                                              0

                                                                                                                                                                                                                【アーマゲドン主砲、全門斉射!】

                                                                                                                                                                                                                先週はアライアンスが戦争状態で港に係留してた遠征隊の各艦ですが、
                                                                                                                                                                                                                平和になったのでこの日曜は合同でミッションにいってきましたです。

                                                                                                                                                                                                                引いたのは、Angel Extravegna と Righthand of Zazzmatazz


                                                                                                                                                                                                                【RuzelマゲドンとEarthlightドミ、奥に見えるのが敵の焼きそばパン戦艦】 

                                                                                                                                                                                                                Angelの方はそれなりに歯ごたえがあるミッションということで、
                                                                                                                                                                                                                海軍マゲドン、海軍スコーピオン、ドミニクス、ガーディアンという鉄板構成。
                                                                                                                                                                                                                多層構造な上にどの船も近距離仕様だったので、なかなか時間がかかりました。


                                                                                                                                                                                                                【Suchbus殿のStasisWebが敵戦艦にヒット中】

                                                                                                                                                                                                                Righthandの方は気楽に取り組める難易度低めのミッションなので、
                                                                                                                                                                                                                海軍マゲドン、ドミニクス、ロック(Rokh)、ピルグリム(Pilgrim)で挑戦。
                                                                                                                                                                                                                ロックが60km射程から敵船をずばんずばん狙撃していました。

                                                                                                                                                                                                                さて、来週はいよいよSansha襲来のIncursionが始まります!
                                                                                                                                                                                                                参加できるように近場のHighSecに来てくれるといいんですが。ふむー。

                                                                                                                                                                                                                バランス あるいは マルチタスク

                                                                                                                                                                                                                0

                                                                                                                                                                                                                  Twitterでつらつらツイートしてみたら、
                                                                                                                                                                                                                  思ったよりも長い&今後のゲーム指針になりそうだったので、
                                                                                                                                                                                                                  整理してブログに書いてみることにしました。


                                                                                                                                                                                                                  本日の記事
                                                                                                                                                                                                                  「あれ? EVEonline休んじゃうの?」とか「FF11に専念するの?」とか
                                                                                                                                                                                                                  遠征隊メンバーやブログ読者さんに思われるかもと考えたので、
                                                                                                                                                                                                                  自分なりに考えをまとめる意味でも記事にしてみた次第です。


                                                                                                                                                                                                                  ■Tico個人の活動比重


                                                                                                                                                                                                                  FF11にウェイトを置くようになります。でもまあ一ヶ月くらいです。
                                                                                                                                                                                                                  その頃には戦士90になっているでしょうし、メイジャンも終わっていることでしょう。


                                                                                                                                                                                                                  とはいえ、EVEonlineはいわゆるスキルオンラインにはなりません。

                                                                                                                                                                                                                  FF11の横で宇宙船飛ばして交易をチェックしたり生産手配したり。
                                                                                                                                                                                                                  要はあまり個人でミッションしなくなるだけですね。
                                                                                                                                                                                                                  再び係留されるパラディン級強襲戦艦……

                                                                                                                                                                                                                  一ヵ月後の状況は現時点ではわかりません。
                                                                                                                                                                                                                  FF11でまだアビセアヒャホーイしてるかもですし、
                                                                                                                                                                                                                  EVEonlineでSansha相手にドンパチしているかもしれません。
                                                                                                                                                                                                                  ただ、どっちかを完全にお休みなんてことはありません。


                                                                                                                                                                                                                  ■行ったり来たりの背景


                                                                                                                                                                                                                  ちょうどEVEonlineを始めた頃、
                                                                                                                                                                                                                  FF11では複数ジョブのレベル上げも疲れて頭打ちを感じていました。
                                                                                                                                                                                                                  一方で「当時は期待されていた」FF14もまだ先ということで、
                                                                                                                                                                                                                  なにかしら新しい世界を開拓したくて手を出したのがEVEonline


                                                                                                                                                                                                                  結果的には良質なSFMMOを引き当てることができたわけですが、
                                                                                                                                                                                                                  遠征隊メンバーの多くはFF11に在籍していますし、宇宙に進出した後も
                                                                                                                                                                                                                  かたわらでFF11を立ち上げて、チャットには顔を出すようにしていました。
                                                                                                                                                                                                                  個人的にはFF11が本宅でEVEonlineは別荘という感覚があります。


                                                                                                                                                                                                                  EVEonlineは当初目標のマローダー搭乗で一段落ついたこともあり、
                                                                                                                                                                                                                  その折にFF11で面白いことが見つかったので、また比重を変えてみたという次第です。
                                                                                                                                                                                                                  とはいえ、これまでがそうだったように、どっちか休むなんてことはありません



                                                                                                                                                                                                                  ■両立への道


                                                                                                                                                                                                                  どちらのゲームも起動させているマシンはそれぞれ分かれているので、
                                                                                                                                                                                                                  横並びのモニタで、左にEVEonline、右にFF11という状態なんですけどね。


                                                                                                                                                                                                                  このスタイルに変わりはなく、
                                                                                                                                                                                                                  FF11やりながらEVEonlineの画面をチラチラ見ることになると思います。
                                                                                                                                                                                                                  ヴァナディールでモンスター狩りながら、宇宙で交易や生産をやったり、
                                                                                                                                                                                                                  合間合間にチャットをやったりすることになるでしょう。


                                                                                                                                                                                                                  ギルド(LS、コープ)としての活動も、
                                                                                                                                                                                                                  FF11が土曜の夜、EVEonlineが日曜の午後と住み分けができているので、
                                                                                                                                                                                                                  両立させるのは容易であると考えています。


                                                                                                                                                                                                                  実際、FF11にウェイトを置きだしたのは先週からですが、
                                                                                                                                                                                                                  その間もEVEonlineではせっせと採掘船がミネラルを掘って
                                                                                                                                                                                                                  生産ラインが巡洋艦を生み出し、出荷待ちの製品が港にごろごろ。
                                                                                                                                                                                                                  そして日曜の午後には戻ってきたメンバーを迎えて合同ミッション。


                                                                                                                                                                                                                  日曜の夜には宇宙で輸送船飛ばして交易品を運びつつ、
                                                                                                                                                                                                                  FF11では砂漠で虎をせっせと狩っておりました。


                                                                                                                                                                                                                  つまり、ウェイトは違っても同時に二つのゲームを遊んでいる状況です。



                                                                                                                                                                                                                  ■EVEonlineの良いところ


                                                                                                                                                                                                                  EVEonlineは独特の成長システムを取っています。
                                                                                                                                                                                                                  スキル本を買ってそれを学習する=実時間経過させることで
                                                                                                                                                                                                                  キャラクターが育つという仕組みです。


                                                                                                                                                                                                                  そのため、急いでレベルを上げるということはできませんし、
                                                                                                                                                                                                                  成長させるためにアクティブに何かに集中する必要もありません。
                                                                                                                                                                                                                  また、生産なども「セット⇒時間経過⇒完成」という手順ですし、
                                                                                                                                                                                                                  さらには防御を固めた採掘船なら半放置で採掘も可能です。


                                                                                                                                                                                                                  つまり、EVEonlineは「ながら作業」や短時間ログインでも
                                                                                                                                                                                                                  ゲームを継続できる
                                                                                                                                                                                                                  わけです。そして、ホットな戦闘をしたければ
                                                                                                                                                                                                                  いつでもミッションやPvPで楽しむことができます。



                                                                                                                                                                                                                  ■FF11のいいところ


                                                                                                                                                                                                                  もちろん、FF11にも良いところがあります。
                                                                                                                                                                                                                  操作に集中して楽しむことのできるアクティブな戦闘、
                                                                                                                                                                                                                  能動的な積み重ねでキャラを育てていく喜び、
                                                                                                                                                                                                                  ファンタジーならではのやわらかな世界観と風景。


                                                                                                                                                                                                                  やはり長年親しんできたゲームですし、
                                                                                                                                                                                                                  なによりも多くの気の置けない仲間がいます。
                                                                                                                                                                                                                  常々思っているのですが、チャットの使い勝手は
                                                                                                                                                                                                                  いくつかあるFF11での誉めていい点だと思っています。


                                                                                                                                                                                                                  ただ、FF11はシステム上、画面に集中してあげないと
                                                                                                                                                                                                                  遊びづらい仕組みになっています
                                                                                                                                                                                                                  。そこが楽しさでもあるのですが
                                                                                                                                                                                                                  FF11の方を向くと、どうしても片方のウェイトが軽くなるのは
                                                                                                                                                                                                                  仕方がないところだと考えています。



                                                                                                                                                                                                                  ■どっちも「遠征隊」


                                                                                                                                                                                                                  FF11発祥の遠征隊は、EVEonlineでも立ち上げましたが、
                                                                                                                                                                                                                  Tico個人にとってはどちらも大事なコミュニティです。


                                                                                                                                                                                                                  二足のわらじはなかなか大変なのですが、
                                                                                                                                                                                                                  互いに、異なる世界、異なるシステムで楽しませてくれます。


                                                                                                                                                                                                                  なので、今後とも、ウェイトを臨機応変に変えながら、
                                                                                                                                                                                                                  時に宇宙で、時にヴァナディールで、遊ぶことになるでしょう。


                                                                                                                                                                                                                  ただ、コミュニティのメンバーを大事にしていく方針に変わりはなく、
                                                                                                                                                                                                                  自分が楽しみつつも、コミュニティの活性化を図っていくことになるでしょう



                                                                                                                                                                                                                  ■長すぎるよ! 一行でまとめてよ!


                                                                                                                                                                                                                  マルチタスクでどっちも遊びます。ネタがある方でブログの記事は書きます。


                                                                                                                                                                                                                  というわけで今後ともよろしくお願い致します。


                                                                                                                                                                                                                  FF11メモ:アットワ型紙マラソン動画

                                                                                                                                                                                                                  0
                                                                                                                                                                                                                    ニコニコ動画にはFF11系の動画がいくつもいくつも上がっているのですが、
                                                                                                                                                                                                                    アビセア関係で便利なものがあったのでペタリ。




                                                                                                                                                                                                                    アビセア=アットワでの型紙クエストでの登山手順を動画にしたものです。
                                                                                                                                                                                                                    うーん、こうしてみると分かりやすいなあ。

                                                                                                                                                                                                                    戦士AF3を完成させるには繰り返しやらねばならんのです。
                                                                                                                                                                                                                    また通いつめないとなあ。
                                                                                                                                                                                                                     

                                                                                                                                                                                                                    戦争だーっ

                                                                                                                                                                                                                    0
                                                                                                                                                                                                                      前記事を受けて)

                                                                                                                                                                                                                      さて、FF11やりながらでもプレイできるのがEVEonlineのいいところです。

                                                                                                                                                                                                                      具体的にはアビセアでモンスター狩りながらポチポチ生産手配したり、
                                                                                                                                                                                                                      交易操作したり、物品輸送したり、採掘船で小惑星掘ったりとかとか。

                                                                                                                                                                                                                      いまフレイターの訓練中で来週にはProvidence乗れるなー楽しみだなーと
                                                                                                                                                                                                                      のんびりぽわわんと考えていた矢先の連休最終日
                                                                                                                                                                                                                      Twitter経由でコープメンバーから緊急事態の一報。

                                                                                                                                                                                                                      なんと所属アライアンスが宣戦布告されたのです

                                                                                                                                                                                                                      あわてて情報確認すると、相手はなかなかの大手で、本格的なドンパチが想定されます。
                                                                                                                                                                                                                      これまでの戦争では、遠征隊はアライアンスから一時離脱して回避していたのですが、
                                                                                                                                                                                                                      今回はちょっと考えて、あえて残る道を選択しました

                                                                                                                                                                                                                      ・離脱すると該当コープが抜けた旨が相手にも伝わるので追い討ちを受ける可能性。
                                                                                                                                                                                                                      ・当面FF11をやりたいので、まあ1-2週間程度ならミッション等できなくても問題なし。
                                                                                                                                                                                                                      ・あと、あわよくば戦争時のPvPや情報収集を経験してみたい。

                                                                                                                                                                                                                      などなど。戦闘を避けたいコープメンバーには一時離脱を推奨する一方、
                                                                                                                                                                                                                      個人的には戦時体制への移行を準備です。

                                                                                                                                                                                                                      POSから研究設備を撤去して全武装をオンラインにして備えたり、
                                                                                                                                                                                                                      戦闘艦を適宜配置して不意な出撃に備えたり。

                                                                                                                                                                                                                      そのうえで生産拠点に決めているSTに資材もろともすっこんで、
                                                                                                                                                                                                                      当面は見物を決め込むことにしました。ちょっと相手の様子見です。

                                                                                                                                                                                                                      個人的には交易関係が止まってしまうのが痛いところですが、
                                                                                                                                                                                                                      まあコープのお財布も余裕がありますしね! 多少の回収遅れも大丈夫です。

                                                                                                                                                                                                                      ちなみに昨夜の状況を聞いた限り、開戦と同時に相手アライアンスは
                                                                                                                                                                                                                      主要なミッション星系に大規模なキャンプを敷いて鴨撃ち体制
                                                                                                                                                                                                                      だったそうです。
                                                                                                                                                                                                                      うーん、はたして反撃する隙はあるのでしょうか。そしていつ終わるんでしょうか…… 

                                                                                                                                                                                                                      Incursion 新キャラクリ動画

                                                                                                                                                                                                                      0
                                                                                                                                                                                                                        Twitter経由で紹介された、新キャラクリの動画を掲載してみました。

                                                                                                                                                                                                                        昨年秋の初期Verからは相当ブラッシュアップされていて、使いやすくなっています。



                                                                                                                                                                                                                        かなり細かいところをいじることができますが、基本的な顔の造形は
                                                                                                                                                                                                                        Bloodline(血統)で決まるみたいですねえ。 

                                                                                                                                                                                                                        拡張は1/18。今から楽しみワクワクです。


                                                                                                                                                                                                                        P.S.

                                                                                                                                                                                                                        ちなみに新キャラクリは、ステーション内をアバターで歩けるIncarnaを見据えてのもの。
                                                                                                                                                                                                                        その際の物理演算のデモ動画がこちら。おねえさんが実に美しい。

                                                                                                                                                                                                                        メニュー更新らしい&Incursion第三弾予定日

                                                                                                                                                                                                                        0
                                                                                                                                                                                                                           EVEonlineのメニューはNeoComという名前がついているのですが、
                                                                                                                                                                                                                          このNeoComの更新が近々あるそうです。詳しくは下記のDevBlog参照。

                                                                                                                                                                                                                          NEO NEOCOM

                                                                                                                                                                                                                          画面写真が出ているので一目瞭然ですねー。
                                                                                                                                                                                                                          一番上が以前のもの、真ん中が現在、そして下の方が新しいメニュー配置です。

                                                                                                                                                                                                                          いまのところメニュー関係は画面左端に張り付いているのですが、
                                                                                                                                                                                                                          これが画面下に配置変更になるみたいですね。それ以外にもありそうですが。
                                                                                                                                                                                                                          とりあえずβ版をリリースして反応をみるようです。

                                                                                                                                                                                                                          本番のTQに反映はIncursion第三弾と同時なのですが、
                                                                                                                                                                                                                          テスト環境のSisiへはクリスマス前には実装されるそうです。
                                                                                                                                                                                                                          ちょいと確認してみるのも良いですねぇ。

                                                                                                                                                                                                                          そして、Blogの最後にさりげなくIncursion第三弾リリース予定日が。

                                                                                                                                                                                                                          The new NeoCom BETA will be hitting TQ
                                                                                                                                                                                                                          as part of the main Incursions  release,  January 18th 2011,
                                                                                                                                                                                                                          and SISI before Christmas.
                                                                                                                                                                                                                           
                                                                                                                                                                                                                          とありますので、来年1月18日! いやー、色々と楽しみです。

                                                                                                                                                                                                                          スキルポイントの使い道

                                                                                                                                                                                                                          0

                                                                                                                                                                                                                            昨夜、EVEonlineのIncursion拡張第二弾がリリースされました。

                                                                                                                                                                                                                            クリスマスプレゼントとして、
                                                                                                                                                                                                                            Learningスキルの撤廃ハッキング専用小型船の支給がありました。

                                                                                                                                                                                                                            Learningスキルに関する変更と措置については、
                                                                                                                                                                                                                            星の海に魂の帆をかける」さんがDevBlogを翻訳してくださってます。

                                                                                                                                                                                                                            さて、これによって能力値が上がってスキル習得速度がアップしたりするのですが、
                                                                                                                                                                                                                            プレゼント的に嬉しいのは、それまでLearningスキルを上げていたぶんの
                                                                                                                                                                                                                            スキルポイントを自由に割り振り可能ぶんとして配布
                                                                                                                                                                                                                            されることでしょう。

                                                                                                                                                                                                                            人によっては200万ほど戻ってくるそうですが、
                                                                                                                                                                                                                            Learningは無理なく適当に上げていたTicoは50万ちょいが戻ってきました

                                                                                                                                                                                                                            どこにつぎ込むかさんざん迷……わなかったりします、実は。
                                                                                                                                                                                                                            前々から生産関係の強化をしたかったので、割り振りは次の通り。

                                                                                                                                                                                                                            Mass Production 4→5
                                                                                                                                                                                                                            Advanced Mass Production 1→3
                                                                                                                                                                                                                            Targetting 3→4

                                                                                                                                                                                                                            これで生産スロットがこれまでの5ラインから9ラインに一気に拡充!
                                                                                                                                                                                                                            かねてから計画していたT2Ammoの大量生産に入りました。

                                                                                                                                                                                                                            Tech2パルス実用化の暁には自作レンズで撃ちまくり、
                                                                                                                                                                                                                            一方ですこんすこんと作ったレンズを市場でさばいてお金儲けです。ひょーひょーひょー。


                                                                                                                                                                                                                            CCP今年のクリスマスプレゼント 2010

                                                                                                                                                                                                                            0
                                                                                                                                                                                                                              Incursionの第二段階拡張は12/14の予定で
                                                                                                                                                                                                                              ひとつはLearningスキルの撤廃なのですが、
                                                                                                                                                                                                                              もうひとつのとっておきが判明しました。

                                                                                                                                                                                                                              というか、毎年恒例のクリスマスプレゼントなのですが、
                                                                                                                                                                                                                              CONCORD設計のハッキング専用艦らしいです。


                                                                                                                                                                                                                              Sansha's Nationの技術を流用したというEchelon
                                                                                                                                                                                                                              船と一緒に専用のコードブレーカーもくれるそうです。

                                                                                                                                                                                                                              探検でRadarサイトを見つけた時に使えるようなそうでないような。
                                                                                                                                                                                                                              戦闘を伴うこともあるので自衛能力がどれくらいあるかが気になります。

                                                                                                                                                                                                                              あるいはIncursionでハッキング作業の出番があるのでしょうか?
                                                                                                                                                                                                                              なんにしても性能が楽しみなところですね。
                                                                                                                                                                                                                               

                                                                                                                                                                                                                              ふたたびかんたい!

                                                                                                                                                                                                                              0
                                                                                                                                                                                                                                JUGEMテーマ:ゲーム



                                                                                                                                                                                                                                 
                                                                                                                                                                                                                                【Amarr帝国製海軍仕様Armageddon級戦艦 "Pajama"号】

                                                                                                                                                                                                                                この週末日曜日に遠征隊コープで
                                                                                                                                                                                                                                Lv4ミッションの合同攻略に行ってきました!



                                                                                                                                                                                                                                Ticoは、ぱーっと散財かねて、海軍アーマゲドンを購入。
                                                                                                                                                                                                                                集団行動用と割り切って前のめりの高火力格闘戦仕様に仕立てました。
                                                                                                                                                                                                                                アフターバーナー吹かしながら接近、パルスレーザーを叩き込むという
                                                                                                                                                                                                                                素敵突撃仕様です。



                                                                                                                                                                                                                                参加者と使用艦船は次の通り。



                                                                                                                                                                                                                                ・Suchbus殿
                                                                                                                                                                                                                                Rattlesnake級戦艦で参戦。
                                                                                                                                                                                                                                Guristas海賊団製のこの船は堅牢なシールド能力と
                                                                                                                                                                                                                                高いドローン運用能力を誇ります。



                                                                                                                                                                                                                                ・Earthlight殿
                                                                                                                                                                                                                                Dominix級戦艦で参戦。
                                                                                                                                                                                                                                ガレンテの誇るドローン母艦です。
                                                                                                                                                                                                                                まだまだスキルが育っていない新人なので、
                                                                                                                                                                                                                                いわばこの船を守るのが合同攻略のカギになります。



                                                                                                                                                                                                                                ・Taiyaki O殿
                                                                                                                                                                                                                                Basilisk級兵站艦で参戦。
                                                                                                                                                                                                                                ロジと呼ばれるこの艦種は仲間への支援能力に特化しています。
                                                                                                                                                                                                                                バシリスクは高いシールド回復能力と送電能力に長けています。
                                                                                                                                                                                                                                今回は二戦目から参戦となりました。



                                                                                                                                                                                                                                ……なんかよく見たら突撃万歳な火力船って私だけじゃね?




                                                                                                                                                                                                                                【第1回戦】


                                                                                                                                                                                                                                高難関で名高い「Blockade」に挑戦。
                                                                                                                                                                                                                                実は先週やった合同ミッションでEarthlight殿のドミが沈んでます



                                                                                                                                                                                                                                「タゲとったら逃げてねー」と声かけつつ、いざワープイン!
                                                                                                                                                                                                                                早速出てきたSanshaの戦艦に嬉々として突撃をかますTicoの船。
                                                                                                                                                                                                                                ぽこぽこ撃たれて装甲が削れますが、そのうち回復。
                                                                                                                                                                                                                                Suchbus殿がリペアドローンを出して支援してくださってました。
                                                                                                                                                                                                                                回復を人に任せるなら、こっちは攻撃に集中です。
                                                                                                                                                                                                                                狙いにくい小型船はEarthlight殿のドローンにまかせて、突撃!

                                                                                                                                                                                                                                あぶなげなくトリガーをさばき、今回は誰も沈むことなくクリアしました。
                                                                                                                                                                                                                                もっとも、ドローンはぽこぽこ落ちてたそうです。補充補充。




                                                                                                                                                                                                                                【第2回戦】

                                                                                                                                                                                                                                Massive Attack」。またSanshaが相手です。
                                                                                                                                                                                                                                このミッションからTaiyaki O殿が参戦です。
                                                                                                                                                                                                                                支援特化の兵站艦に癒してもらいながら、さくっと敵撃破。




                                                                                                                                                                                                                                【第3回戦】

                                                                                                                                                                                                                                Recon(1/3)」。名前どおり偵察だけすればいいのですが、
                                                                                                                                                                                                                                このミッションは出てくる敵の賞金が高いのです。
                                                                                                                                                                                                                                相手はまたしてもSansha。



                                                                                                                                                                                                                                人数もいるしで、殲滅作戦で戦ってみることにしました。
                                                                                                                                                                                                                                このあたりから各自の役割を考えながら動くことに。
                                                                                                                                                                                                                                Ticoの船はひたすら前に出てタゲ集めつつ打撃戦です。




                                                                                                                                                                                                                                【第4回戦】

                                                                                                                                                                                                                                Angel Extravegna」。
                                                                                                                                                                                                                                天使祭りと呼んでいる、多層構造のミッションです。
                                                                                                                                                                                                                                今回の相手はAngel Cartel。

                                                                                                                                                                                                                                Suchbus殿が海軍スコーピオンに乗り換えてきて、いざ突撃!
                                                                                                                                                                                                                                うじゃうじゃっと海賊船が出てきますが、的確に各個撃破です。




                                                                                                                                                                                                                                上記4ミッションを2時間かけて攻略。さすがに早いですね。



                                                                                                                                                                                                                                今回面白かったのは、仲間への支援を考えた人がいて、
                                                                                                                                                                                                                                そのおかげでそれまでの合同攻略みたいに
                                                                                                                                                                                                                                「自分のダメージは自分でなんとかする」なスタンスから、
                                                                                                                                                                                                                                「仲間に背中を預けて戦う」という形になったことですね。



                                                                                                                                                                                                                                実はSuchbus殿がリペアドローンをもってきたのも、
                                                                                                                                                                                                                                前の合同作戦でEarthlight殿のドミが沈んだ際に
                                                                                                                                                                                                                                助けられなかったのを参考にしたそうです。うーむ。



                                                                                                                                                                                                                                仲間同士でリモート回復を行いながら戦うことをスパイダータンクというのですが、
                                                                                                                                                                                                                                その重要性が初めて実感できた作戦だったように思います。



                                                                                                                                                                                                                                終了後、早速Ticoのアーマゲドンも改造。
                                                                                                                                                                                                                                リモートリペアは大きいのを積んで、ヘビードローンはリペアタイプをセット。
                                                                                                                                                                                                                                これで次回の作戦では他の人がタゲとっても支援しながら戦うことができますよ!



                                                                                                                                                                                                                                EVEonlineはソロでもどうにかなるゲームですが、
                                                                                                                                                                                                                                やっぱりそれだと船の装備や戦い方に限界が出てきます。
                                                                                                                                                                                                                                こうして仲間と一緒に戦うことが大事だし、なによりも
                                                                                                                                                                                                                                楽しいなあと思った次第でした。次回もがんばるぞー!


                                                                                                                                                                                                                                【遠征隊では新規メンバーを募集しています】

                                                                                                                                                                                                                                遠征隊では有望な新人さんを募集しています。
                                                                                                                                                                                                                                スキル制限などはありません。わいわい楽しく遊べる仲間を
                                                                                                                                                                                                                                探しています。ご興味のある方はRuzel宛てにご連絡を。




                                                                                                                                                                                                                                遠征隊のご紹介はこちらの記事もご覧下さい。 


                                                                                                                                                                                                                                Learningスキルが消える!

                                                                                                                                                                                                                                0
                                                                                                                                                                                                                                  昨夜の発表でLearningスキルがなくなるそうです。
                                                                                                                                                                                                                                  具体的な日付は12/14(Tue)とのこと。

                                                                                                                                                                                                                                  詳細が開発者ブログに載っています。

                                                                                                                                                                                                                                  Leraning Skills Are Going Away

                                                                                                                                                                                                                                  Ticoのつたない英語力で読解してみると、こんなふうに変わるようです。

                                                                                                                                                                                                                                  ・Learning関連習得にかかった分は割り振り自由なスキルポイントで補填。
                                                                                                                                                                                                                                  ・スキル本代金はNPC売りの金額に準拠して払い戻し。
                                                                                                                                                                                                                                  ・能力値に関しては各基本値に+12に変更。これはリマップ適用外。   
                                                                                                                                                                                                                                   なので新キャラはInt20,Per20,Cha19,Wil20,Mem20という値になる。

                                                                                                                                                                                                                                  まあ、Learningスキルで頑張って鍛えていたぶんが底上げされるわけで
                                                                                                                                                                                                                                  損はしないわけで新人さんにも嬉しい配慮だと思うのですが。ふむう。

                                                                                                                                                                                                                                  EVE動画:Day of Darkness 2

                                                                                                                                                                                                                                  0
                                                                                                                                                                                                                                    コープメンの方が「お気に入りです」と教えてくれた動画、
                                                                                                                                                                                                                                    YouTubeでは英語音声なのでなんのことやらーと思っていたら、
                                                                                                                                                                                                                                    ニコニコ動画で字幕つきのがありましたので、ペタリ。



                                                                                                                                                                                                                                    カルダリ-ガレンテ戦争の時の逸話ですね。
                                                                                                                                                                                                                                    カルダリとガレンテは元々同じ恒星系にあったのですが、
                                                                                                                                                                                                                                    ゲートの崩壊で長らく断絶状態にあったので、そもそもの
                                                                                                                                                                                                                                    社会体制や民族性が異なり、壮絶な分離戦争を戦うことになりました。

                                                                                                                                                                                                                                    物量において勝るガレンテに対し、カルダリは快速フリゲートで対抗し、
                                                                                                                                                                                                                                    結果として痛み分けの形で今日に至っています。

                                                                                                                                                                                                                                    その時の事情はクロニクルにも収録されていますので、
                                                                                                                                                                                                                                    興味のある方はお読み下さいませ。

                                                                                                                                                                                                                                    Gallente-Caldari War:1.The early days

                                                                                                                                                                                                                                    Gallente-Caldari War:2.The Breakout

                                                                                                                                                                                                                                    Gallente-Caldari War:3.The War Drones On

                                                                                                                                                                                                                                    それにしても疎開させるための特攻作戦敢行とは……
                                                                                                                                                                                                                                    やはりどうみてもカルダリは(ごにょごにょ)。

                                                                                                                                                                                                                                    Incursionトレイラー

                                                                                                                                                                                                                                    0
                                                                                                                                                                                                                                      EVEonline:Incursionのトレイラーが公開されました!



                                                                                                                                                                                                                                      Sanshaの大侵攻と新キャラクリがフォーカスされた内容になっています。

                                                                                                                                                                                                                                      今回の大規模PvEはいろいろ賛否両論らしいですが、
                                                                                                                                                                                                                                      楽しみの幅が広がるという意味では個人的には期待しております。

                                                                                                                                                                                                                                      EVEonline:Incursion リリース日程

                                                                                                                                                                                                                                      0
                                                                                                                                                                                                                                        EVEonlineの次回拡張、
                                                                                                                                                                                                                                        Incursionのリリース日程が発表されました!

                                                                                                                                                                                                                                        incursion release date

                                                                                                                                                                                                                                        開発者ブログによると、三段階に分けてリリースされるようで。

                                                                                                                                                                                                                                        第一弾:11/30。T2弾薬見直し含めた細かい修正。

                                                                                                                                                                                                                                        第二弾:クリスマス頃。新型サルベ船はこの時期か?

                                                                                                                                                                                                                                        第三弾:来年1月。新キャラクリとSansha襲撃イベント。


                                                                                                                                                                                                                                        目玉拡張が実質来年じゃないかーと憤慨しそうですが、
                                                                                                                                                                                                                                        まあそれだけクオリティの良いものができてくることを
                                                                                                                                                                                                                                        期待しておきましょう。

                                                                                                                                                                                                                                        グラボの喜劇

                                                                                                                                                                                                                                        0
                                                                                                                                                                                                                                          Ticoはまだ諦めていなかった……

                                                                                                                                                                                                                                          前回(7/15記事)、グラボ関連で泣く羽目になったくせに
                                                                                                                                                                                                                                          また性懲りもなくグラボ更新を試みやがりましたよ、こやつめは。

                                                                                                                                                                                                                                          いや、ホントは年末の買い替えまで
                                                                                                                                                                                                                                          おとなしくしておくつもりだったんですけどね。

                                                                                                                                                                                                                                          11月のIncursionで新キャラクリが導入されるじゃないですか!
                                                                                                                                                                                                                                          ところがビデオメモリ128MBだとまともに動かないのですよ!

                                                                                                                                                                                                                                          ためしにネットカフェで作ったりしてモヤモヤしてたのですが、
                                                                                                                                                                                                                                          今月余裕がありそうだし、えいやーと買ってしまいました。

                                                                                                                                                                                                                                          ASUS AH3450/DI/512MD2(LP)

                                                                                                                                                                                                                                          ふっふっふ、失敗はちゃんと活かされていますよ?
                                                                                                                                                                                                                                          今度のはちゃんとAGP対応ですよ? ロープロ対応ですよ?
                                                                                                                                                                                                                                          これでビデオメモリが4倍でシャア大佐も真っ青ですよ?
                                                                                                                                                                                                                                          (もっとも最近は1GBが当たり前なのでたいしたことはない)

                                                                                                                                                                                                                                          さあ、届きました。スロットに差し込みました。
                                                                                                                                                                                                                                          バッチリFitです、問題ありません。

                                                                                                                                                                                                                                          いざ、ケースを元に戻して、パソコンの電源投入!

                                                                                                                                                                                                                                          ピーピーピーピーピー。

                                                                                                                                                                                                                                          なにこのパソコン本体から発せられる嫌な警告音。
                                                                                                                                                                                                                                          ディスプレイを恐る恐る立ち上げてみると、真っ赤な英文で

                                                                                                                                                                                                                                          「ヘイ! グラボに電源がつながってないぜ!」

                                                                                                                                                                                                                                          な、なんですとー!? Σ(゚д゚|||)ガーン

                                                                                                                                                                                                                                          ……そうなのです。パワーのあるグラボだけに電源がいるらしいのです。
                                                                                                                                                                                                                                          どれだ。電源はどれだ。ん? このケーブルがそれっぽい。
                                                                                                                                                                                                                                          よし、これつなげてみよう……あれ、これって?

                                                                                                                                                                                                                                          そしてFF11遠征隊チャット。

                                                                                                                                                                                                                                          てぃこ「orz」
                                                                                                                                                                                                                                          隊員L「ま た で す か」
                                                                                                                                                                                                                                          てぃこ「しくしく」
                                                                                                                                                                                                                                          隊員C「で、どうしたん?」
                                                                                                                                                                                                                                          てぃこ「なんかねー 電源ケーブルが届かないの」


                                                                                                                                                                                                                                          そう、それらしきものはあるのですが、
                                                                                                                                                                                                                                          グラボの電源コネクタまで長さが足りないのです。

                                                                                                                                                                                                                                          隊員C「でもそうなると電源自体の容量心配だよね」
                                                                                                                                                                                                                                          隊員L「電源いくらあるんです?」
                                                                                                                                                                                                                                          てぃこ「ぐすっ。えっと、240Wらしい」
                                                                                                                                                                                                                                          隊員ズ「隊長ェ……」


                                                                                                                                                                                                                                          一同あきれているところに出来るツンデレと評判の隊員Iが降臨。

                                                                                                                                                                                                                                          隊員I「ふむふむなるほど。たぶんいけるよ」
                                                                                                                                                                                                                                          てぃこ「ほんとに!?」
                                                                                                                                                                                                                                          隊員I「これ延長ケーブル買えばいけるよ」


                                                                                                                                                                                                                                          グラボの型番を教えて、対応するケーブルの種類を教えてもらいました。

                                                                                                                                                                                                                                          隊員L「……今夜隊員Iは隊長の女神と化しましたね」
                                                                                                                                                                                                                                          てぃこ「ありがとう! ありがとう!」
                                                                                                                                                                                                                                          隊員I「いいから抱きつくな隊長」


                                                                                                                                                                                                                                          というわけで早速延長ケーブルを入手。
                                                                                                                                                                                                                                          最初はお店の人も「?」だったのですが、
                                                                                                                                                                                                                                          グラボのコネクタ写真を持っていったところ、
                                                                                                                                                                                                                                          一発で探し出してくれました。

                                                                                                                                                                                                                                          帰宅して、いざ、接続。
                                                                                                                                                                                                                                          はたして電源はもつか、ドキドキしながら起動……

                                                                                                                                                                                                                                          てぃこ「……立った! グラボが立った!」

                                                                                                                                                                                                                                          おまいはハイジか。
                                                                                                                                                                                                                                          このあとドライバをインスコして、無事に解像度もセッティング。
                                                                                                                                                                                                                                          早速色々みてみましたが、問題なく動くようです。よかったよかった。

                                                                                                                                                                                                                                          ちなみにSisiサーバーでのEVEの新キャラクリも無事に動き、
                                                                                                                                                                                                                                          これでIncursion当日も無事にやりすごせそうです。

                                                                                                                                                                                                                                          ただちょーっと気になるのが、グラボを変えてから
                                                                                                                                                                                                                                          ワープインやワープ中に妙にラグるのがなにやら不穏な気配。

                                                                                                                                                                                                                                          ドライバの問題かなあ。今日帰宅したら入れ替えてみる予定です。

                                                                                                                                                                                                                                          Sisiでキャラリメイク

                                                                                                                                                                                                                                          0
                                                                                                                                                                                                                                            近所のネットカフェにEVEクライアントを持ち込んで、
                                                                                                                                                                                                                                            Sisiサーバーの新キャラクリを試してみました。

                                                                                                                                                                                                                                            いやー、さすがに性能がいいとグラフィックきれいだわー。
                                                                                                                                                                                                                                            というわけで作ったのがこんなイメージ。



                                                                                                                                                                                                                                            顔面や体の筋肉のつき方を微調整できるので、
                                                                                                                                                                                                                                            なかなかアレコレと変えることができて、考えちゃいます。

                                                                                                                                                                                                                                            まだまだパーツは開発中なので、たぶんこれから
                                                                                                                                                                                                                                            人種や血統に応じてアレコレとそろって来るのでしょう。楽しみです。



                                                                                                                                                                                                                                            ちなみに新キャラクリでは服も同時に設定します。
                                                                                                                                                                                                                                            Incursionではバストショットだけの利用ですが、
                                                                                                                                                                                                                                            Incarnaでは全身動かしてステーション内を歩けるとか。


                                                                                                                                                                                                                                            P.S.

                                                                                                                                                                                                                                            雨粒さんがキャラリメイクの動画を作成してくださったので紹介。
                                                                                                                                                                                                                                            かなり造形動かせます。すごい。


                                                                                                                                                                                                                                            EVE次回拡張:Incursion

                                                                                                                                                                                                                                            0
                                                                                                                                                                                                                                              EVEonlineの次回拡張が今年11月になるそうですね。

                                                                                                                                                                                                                                              ニュース翻訳は「星の海に魂の帆をかける」さん。
                                                                                                                                                                                                                                              いつもご苦労様です!

                                                                                                                                                                                                                                              今回の目玉はSansha艦隊襲来という大規模PvE戦の実装、
                                                                                                                                                                                                                                              そしてIncarnaに向けたキャラ画像刷新でしょうか。

                                                                                                                                                                                                                                              まだ正式な日程は決まっていませんが、楽しみです。

                                                                                                                                                                                                                                              そして気になるIncarnaは来年夏との噂が……
                                                                                                                                                                                                                                              よりプレイの幅が広がると嬉しいですね。

                                                                                                                                                                                                                                              再びのLowSec

                                                                                                                                                                                                                                              0
                                                                                                                                                                                                                                                所持金はひとまず1Bilの大台に乗ったし、
                                                                                                                                                                                                                                                マローダー訓練に入ってスキル待ちだし、で
                                                                                                                                                                                                                                                のんびりぽわわん宇宙生活のTicoです。

                                                                                                                                                                                                                                                コツコツ生産してるけどね!
                                                                                                                                                                                                                                                コープの事業も、個人の金策も
                                                                                                                                                                                                                                                生産は堅実に収益があがっております。
                                                                                                                                                                                                                                                FF11だと生産なんぞ趣味で赤字前提でしたから
                                                                                                                                                                                                                                                考えて実行すればちゃんと儲かるのがうれしいなあ。

                                                                                                                                                                                                                                                さて、ここ最近は少し遠のいていたのですが、
                                                                                                                                                                                                                                                またよっこらせっと探査型フリゲートを持ち出して
                                                                                                                                                                                                                                                プローブを飛ばしては探検にいそしんでおります。
                                                                                                                                                                                                                                                (探検に関してはSuchbusさんのブログをごらんくださいな)

                                                                                                                                                                                                                                                その探検をHighSecでやっていて、なぜに
                                                                                                                                                                                                                                                記事タイトルのごとくLowSecに行くことになったかというと。

                                                                                                                                                                                                                                                探検には連続ミッションにつながるものがあります。
                                                                                                                                                                                                                                                まあちょっとしたストーリー仕立てになっていて、
                                                                                                                                                                                                                                                複数の星系を渡り歩き、最終目的地ではそこそこの
                                                                                                                                                                                                                                                品物が期待できる、まあなかなか当たりの発見です。

                                                                                                                                                                                                                                                この週末に、運よく連続ミッションを引きまして
                                                                                                                                                                                                                                                (どうやらSanshaの集結地を強襲する内容らしい)
                                                                                                                                                                                                                                                重巡洋艦を飛ばして追っていったのですが……

                                                                                                                                                                                                                                                てぃこ「……なんかさー、最後の目的地Lowなんだけど」
                                                                                                                                                                                                                                                さきゅ「うは」
                                                                                                                                                                                                                                                てぃこ「しかも治安レベル0.2なんだけど」
                                                                                                                                                                                                                                                さきゅ「オィィィ」
                                                                                                                                                                                                                                                てぃこ「これ戦艦出るよね? Sansha戦艦出てくるよね?」
                                                                                                                                                                                                                                                さきゅ「出てくるだろうねえ」


                                                                                                                                                                                                                                                それはもうウンウン悩みましたとも。
                                                                                                                                                                                                                                                時間は週末のお昼時、外人さんも活動しています。
                                                                                                                                                                                                                                                敵戦力に戦艦が予想されるなら、こっちも戦艦を出さねば撃沈必至ですが、
                                                                                                                                                                                                                                                船足の遅い船はPKにつかまる確率も高いのです。

                                                                                                                                                                                                                                                とはいえ、得られる報酬も良いものが期待できます。

                                                                                                                                                                                                                                                てぃこ「ハンガーにアポカリプス級が1隻ころがってるし」
                                                                                                                                                                                                                                                さきゅ「ふむふむ」
                                                                                                                                                                                                                                                てぃこ「ジャンプクローンで行ってくるよ!」
                                                                                                                                                                                                                                                さきゅ「おー、がんば」


                                                                                                                                                                                                                                                というわけで早速艤装。
                                                                                                                                                                                                                                                装甲レジストを増やすハードナーを3枚積んで、
                                                                                                                                                                                                                                                リペア装置も2機搭載。通常のLv4ミッションなら
                                                                                                                                                                                                                                                十分な防御能力を発揮できる構成です。

                                                                                                                                                                                                                                                クローンに精神転送して万一死んでも大丈夫なようにして、
                                                                                                                                                                                                                                                いざ、アポカリプス級戦艦に乗り込んで出発進行!

                                                                                                                                                                                                                                                2回目とはいえ、LowSecに入る時はドキドキでした。
                                                                                                                                                                                                                                                ジャンプしたらまずLocalチャンネルを確認して、
                                                                                                                                                                                                                                                所在人数をチェック。そして素早く目的地へ向かいます。

                                                                                                                                                                                                                                                幸いにしてPKにも遭遇せず、無事到着。
                                                                                                                                                                                                                                                そして、早速Sanshaの集結地点に乗り込んでみると……

                                                                                                                                                                                                                                                バウンティ9.8Miskの戦艦が1隻。

                                                                                                                                                                                                                                                敵戦艦の賞金額に目をむきました。通常の10倍ですよ?
                                                                                                                                                                                                                                                そして当然ながら、賞金が高いほど強い相手となります。
                                                                                                                                                                                                                                                通常の10倍の強さ。あんた界王拳ですか。

                                                                                                                                                                                                                                                さらに戦艦のまわりには巡洋艦やフリゲートの取り巻き多数。
                                                                                                                                                                                                                                                それらがいっせいに反応して襲ってきます。

                                                                                                                                                                                                                                                ためしに敵戦艦に撃ってみましたが、びくともしません。
                                                                                                                                                                                                                                                見ると「リペアドローン」とかいうのがあり、どうやら
                                                                                                                                                                                                                                                これが修復しているようです。

                                                                                                                                                                                                                                                まずは取り巻きから倒すか、と思っていると、
                                                                                                                                                                                                                                                次々とかけられるウェブやトラッキングジャマーの数々。

                                                                                                                                                                                                                                                【注】
                                                                                                                                                                                                                                                ウェブ⇒船の速度を低下させる電子妨害。
                                                                                                                                                                                                                                                トラッキングジャマー⇒砲の性能を低下させる電子妨害。

                                                                                                                                                                                                                                                そして修復能力を超えてずんどこ蓄積されるダメージ。
                                                                                                                                                                                                                                                とうとう装甲を食い破り、船体構造まで及ぶにいたり、たまらず離脱。
                                                                                                                                                                                                                                                ワープ妨害はなかったのでなんとか逃げ切れました。

                                                                                                                                                                                                                                                てぃこ「……沈みかけた」
                                                                                                                                                                                                                                                さきゅ「うは」
                                                                                                                                                                                                                                                てぃこ「どうするかなー」


                                                                                                                                                                                                                                                ダメもとで防御を厚くして再チャレンジ。
                                                                                                                                                                                                                                                ハードナー4枚にして、また突撃。

                                                                                                                                                                                                                                                ハイ、もちろんダメでございました。
                                                                                                                                                                                                                                                微妙にもちこたえたのですが、敵の猛攻の前に
                                                                                                                                                                                                                                                アポカリプス級はものの見事に沈んだのでございます。

                                                                                                                                                                                                                                                てぃこ「無理だったー(涙だばだば)」
                                                                                                                                                                                                                                                さきゅ「Lowの探検はソロじゃきついと思うにょ」


                                                                                                                                                                                                                                                そーなんです。
                                                                                                                                                                                                                                                実際に突入して思ったのがあと2隻は仲間が欲しいなあ、と。

                                                                                                                                                                                                                                                たとえばこんな感じ。

                                                                                                                                                                                                                                                てぃこ :防御特化のアバドン級戦艦。
                                                                                                                                                                                                                                                さきゅ :攻撃仕様のレイブン級戦艦。
                                                                                                                                                                                                                                                あーちゃ:リモート修復装置を積んだドミニクス級戦艦。

                                                                                                                                                                                                                                                アバドンでまず突入して敵の攻撃を集め、
                                                                                                                                                                                                                                                ドミニクスがドローン出しながらサポート、
                                                                                                                                                                                                                                                その隙にレイブンがミサイルをガシガシ当てていく。
                                                                                                                                                                                                                                                ……PKの良いカモにされそうな構成ですね。
                                                                                                                                                                                                                                                僚艦はドレイク級とミュルミドン級の重巡洋艦でもいいかも。

                                                                                                                                                                                                                                                それにしても、Lowに出てくるSanshaは桁違いの強さ!
                                                                                                                                                                                                                                                普段のミッションに出てくるのはまさに雑魚。
                                                                                                                                                                                                                                                PKもこわいですが、NPC海賊もこわいと思った
                                                                                                                                                                                                                                                二度目のLowSec行きでございました。

                                                                                                                                                                                                                                                コープメンバーで力を合わせてLowSec探検。
                                                                                                                                                                                                                                                目標にしている活動ですが、さて何時ごろできるかなあ。

                                                                                                                                                                                                                                                たいせん!

                                                                                                                                                                                                                                                0

                                                                                                                                                                                                                                                  【カルダリ連合製Kestrel級フリゲート艦】

                                                                                                                                                                                                                                                  ファンフィクションの題材にしようと思っていたのですが、
                                                                                                                                                                                                                                                  どうにもまとまって書く時間がないのでひとまずブログのネタにしてみたり。

                                                                                                                                                                                                                                                  はい、PvP経験のまるでないnoobだらけの遠征隊でございます。
                                                                                                                                                                                                                                                  出身世界のヴァナディールに本格的なPvPなんてものがなかったので、
                                                                                                                                                                                                                                                  やはりどうしても敷居が高いイメージがあるのですが。

                                                                                                                                                                                                                                                  「でも社内で遊ぶぶんにはいいんじゃね?」と
                                                                                                                                                                                                                                                  割と前に社内でPvP試合を行うことにしました。
                                                                                                                                                                                                                                                  ファンフィクション用のの取材もかねております。

                                                                                                                                                                                                                                                  まあ、参加者二名だったけどね! 
                                                                                                                                                                                                                                                  仕方ないね! 零細企業だし!

                                                                                                                                                                                                                                                  長くなるので折り返し〜。

                                                                                                                                                                                                                                                  遠征隊のご紹介 in EVE

                                                                                                                                                                                                                                                  0

                                                                                                                                                                                                                                                    【Team Expeditons エンブレム】

                                                                                                                                                                                                                                                    EVEを始めて8ヶ月、遠征隊コープを立ち上げて4ヶ月、
                                                                                                                                                                                                                                                    宇宙基地も建てたし生産事業も始めたし、今後の目標もできたし。
                                                                                                                                                                                                                                                    というところで、EVEonlineの遠征隊紹介でもしてみます。

                                                                                                                                                                                                                                                    ※EVEonline自体について知りたい方は
                                                                                                                                                                                                                                                     「宇宙戦艦オンディィヌ」さんの記事が参考になります。

                                                                                                                                                                                                                                                    【コープとは?】
                                                                                                                                                                                                                                                    企業でありトップがCEOですが、いわゆるギルドやリンクシェルです。
                                                                                                                                                                                                                                                    目的は様々であり、相互扶助や生産事業、採掘活動やPvP戦闘など。
                                                                                                                                                                                                                                                    EVEonlineの場合はコープの財務管理や、メンバー権限の振り分けが
                                                                                                                                                                                                                                                    充実しており、かなり緻密な組織運営がシステム的に可能です。

                                                                                                                                                                                                                                                    【遠征隊の概要】
                                                                                                                                                                                                                                                    正式名称は「Team Expeditons」。略称は「EXPS」です。
                                                                                                                                                                                                                                                    目的は相互扶助組織です。茶飲み友達であり、おしゃべり仲間です。
                                                                                                                                                                                                                                                    個人の活動に干渉したり、指示を出したりということはありません。

                                                                                                                                                                                                                                                    【遠征隊の活動目的】
                                                                                                                                                                                                                                                    ・宇宙基地の維持運営
                                                                                                                                                                                                                                                    ・上記に必要な費用を捻出する生産事業
                                                                                                                                                                                                                                                    現在のところ、これらを協力して行っています。
                                                                                                                                                                                                                                                    具体的にはメンバーが集めてきた素材を元に生産を行い、
                                                                                                                                                                                                                                                    それを売りさばいて宇宙基地の燃料代に当てています。
                                                                                                                                                                                                                                                    宇宙基地の各施設はメンバーであれば自由に利用できます。

                                                                                                                                                                                                                                                    【遠征隊の中長期計画】
                                                                                                                                                                                                                                                    ・LowSec(危険宙域)への探検
                                                                                                                                                                                                                                                     ⇒小惑星帯に出現するNPC海賊の退治を計画しています。
                                                                                                                                                                                                                                                    ・WH(ワームホール)への遠征
                                                                                                                                                                                                                                                     ⇒難易度の低い未知宙域への探検を予定しています。

                                                                                                                                                                                                                                                    【遠征隊のPvP方針】・全員が始めて半年ちょいのまだまだひよっこなので、
                                                                                                                                                                                                                                                     PvPに関しては当面「非戦」の方針をとっております。
                                                                                                                                                                                                                                                     ただし、予期せぬ遭遇の対策として自主訓練を実施しています。


                                                                                                                                                                                                                                                    【遠征隊のメンバー紹介】


                                                                                                                                                                                                                                                    ■Ruzel

                                                                                                                                                                                                                                                    遠征隊のCEOです。「隊長」と呼ばれています。
                                                                                                                                                                                                                                                    愛用の艦はアポカリプス級戦艦。
                                                                                                                                                                                                                                                    宇宙基地建てたり燃料補給に奔走したり
                                                                                                                                                                                                                                                    生産事業を始めたり買い付け注文に悪戦苦闘したり
                                                                                                                                                                                                                                                    それなりに忙しい毎日を送っています。
                                                                                                                                                                                                                                                    強襲戦艦に乗るのが夢ですが、寄り道寄り道で
                                                                                                                                                                                                                                                    なかなかスキル訓練が進んでいないようです。
                                                                                                                                                                                                                                                    アマー帝国ラブでひたすらレーザー砲を愛しています。


                                                                                                                                                                                                                                                    ■Suchbus

                                                                                                                                                                                                                                                    ネタがネタを呼ぶ遠征隊のご意見番
                                                                                                                                                                                                                                                    強化しまくった海軍仕様スコーピオン級戦艦を駆り、
                                                                                                                                                                                                                                                    NPC海賊をばたばたなぎはらっては稼いだお金を
                                                                                                                                                                                                                                                    さらなる装備につぎこんでいらっしゃいます。
                                                                                                                                                                                                                                                    遠征隊の中では一番探検に熱心で、最近は単独で
                                                                                                                                                                                                                                                    ワームホール宙域へ冒険しに行ってます。


                                                                                                                                                                                                                                                    ■R

                                                                                                                                                                                                                                                    ちょっとついていない遠征隊第三のメンバー。
                                                                                                                                                                                                                                                    かつてはハリケーン級重巡洋艦を乗り回していました。
                                                                                                                                                                                                                                                    少々ドジっこなのは宇宙でも変わらず。
                                                                                                                                                                                                                                                    通信回線の事情でちょっと最近お休みしています。



                                                                                                                                                                                                                                                    ■Earthlight

                                                                                                                                                                                                                                                    最近EVEonlineを始めたひよっこパイロット。
                                                                                                                                                                                                                                                    ベクサー級巡洋艦を乗り回し、ドローン任せでのんびり戦闘。
                                                                                                                                                                                                                                                    各国の訓練任務を終えるまでは遠征隊の拠点に行かないと宣言し、
                                                                                                                                                                                                                                                    今日も今日とて宇宙を放浪している毎日です。


                                                                                                                                                                                                                                                    【新人をそこはかとなく募集】
                                                                                                                                                                                                                                                    遠征隊では有望な新人さんを募集しています。
                                                                                                                                                                                                                                                    スキル制限などはありません。わいわい楽しく遊べる仲間を
                                                                                                                                                                                                                                                    探しています。ご興味のある方はRuzel宛てにご連絡を。

                                                                                                                                                                                                                                                    Tyrannis アップデート!

                                                                                                                                                                                                                                                    0


                                                                                                                                                                                                                                                      昨夜未明までかかった長時間メンテが終わり、
                                                                                                                                                                                                                                                      EVEonlineの大型拡張「Tyrannis」が開始されました!

                                                                                                                                                                                                                                                      星の海に魂の帆をかける」さんのブログにパッチノートの翻訳があります。

                                                                                                                                                                                                                                                      今朝起きたら真っ先にPCの電源を投入して、
                                                                                                                                                                                                                                                      せこせことパッチをあてて、追加された新スキルを購入しました。

                                                                                                                                                                                                                                                      目玉はなんといっても惑星開発でしょう。
                                                                                                                                                                                                                                                      治安の整備されたHighSecでは資源量はあまり見込めそうにないですが、
                                                                                                                                                                                                                                                      Ticoもちょっと手を出してみようと考えてます。
                                                                                                                                                                                                                                                      施設ユニットは6/8にマーケットに出回るということなので、
                                                                                                                                                                                                                                                      それまでにスキルを整えておかないとですね。

                                                                                                                                                                                                                                                      あとはEVEGateも大きな変更。
                                                                                                                                                                                                                                                      Web上で情報を見たりゲーム内メールをやりとりできる機能で、
                                                                                                                                                                                                                                                      特に連絡のやりとりが多いプレイヤーさんは大助かりでしょう。
                                                                                                                                                                                                                                                      将来的にEVEGateの機能は拡張されていくので楽しみ。

                                                                                                                                                                                                                                                      他にも色々な追加がありますが、多すぎて把握しきれない(笑)
                                                                                                                                                                                                                                                      ひとまずは今夜ログインしてからゆっくり確かめていきますか。

                                                                                                                                                                                                                                                      わが黒アポ

                                                                                                                                                                                                                                                      0
                                                                                                                                                                                                                                                        コープメンバーのSuchbusさんが海軍サソリを入手して
                                                                                                                                                                                                                                                        Fitting(艤装)を公開していたので、Ticoもさらしてみることにしました。



                                                                                                                                                                                                                                                        上記はEFTで組んだ場合の模擬数値。
                                                                                                                                                                                                                                                        実際にはFaction品が載っているのでこんな感じ。

                                                                                                                                                                                                                                                        True Sansha Armor EM Hardener(EM属性のレジストを上げる)
                                                                                                                                                                                                                                                        True Sansha Armor Thermic Hardener(熱属性のレジストを上げる)
                                                                                                                                                                                                                                                        Damage Control II(全般的にレジストを上げる)
                                                                                                                                                                                                                                                        Imperial Navy Large Armor Repairer(海軍ご謹製装甲修復装置)
                                                                                                                                                                                                                                                        Large Armor Repairer II(装甲修復装置)
                                                                                                                                                                                                                                                        Imperial Navy Heat Sink(海軍ご謹製レーザー砲火力アップ装置)
                                                                                                                                                                                                                                                        Imperial Navy Heat Sink(同上)
                                                                                                                                                                                                                                                        Reactor Control Unit I(船の動力出力値上昇)

                                                                                                                                                                                                                                                        Cap Recharger II(電力の供給速度アップ)
                                                                                                                                                                                                                                                        Cap Recharger II(同上)
                                                                                                                                                                                                                                                        Cap Recharger II(同上)
                                                                                                                                                                                                                                                        Cap Recharger II(同上)

                                                                                                                                                                                                                                                        Mega Modulated Energy Beam I(中レベルの大型ビーム砲のいいやつ)
                                                                                                                                                                                                                                                        Mega Modulated Energy Beam I(同上)
                                                                                                                                                                                                                                                        Mega Modulated Energy Beam I(同上)
                                                                                                                                                                                                                                                        Mega Modulated Energy Beam I(同上)
                                                                                                                                                                                                                                                        Mega Modulated Energy Beam I(同上)
                                                                                                                                                                                                                                                        Mega Modulated Energy Beam I(同上)
                                                                                                                                                                                                                                                        Mega Modulated Energy Beam I(同上)
                                                                                                                                                                                                                                                        Mega Modulated Energy Beam I(同上)

                                                                                                                                                                                                                                                        Large Capacitor Control Corcuit II(電力供給速度アップの高いやつ)
                                                                                                                                                                                                                                                        Large Capacitor Control Corcuit I(電力供給速度アップ)
                                                                                                                                                                                                                                                        Large Capacitor Control Corcuit I(電力供給速度アップ)

                                                                                                                                                                                                                                                        わー、どんだけお金かけているんでしょうね。
                                                                                                                                                                                                                                                        高難度ミッションに行くときはいつもドキドキものです。

                                                                                                                                                                                                                                                        ちなみにミッションに応じてハードナーの数は変えてます
                                                                                                                                                                                                                                                        通常は2枚ですが、敵の攻撃が激しいときはヒートシンクを
                                                                                                                                                                                                                                                        降ろしてもう1枚ハードナーを増やしたりします。

                                                                                                                                                                                                                                                        ビーム砲には海軍レンズを装填して火力をアップさせています。
                                                                                                                                                                                                                                                        長射程仕様砲なので一番射程の短い&火力の高い多重周波数レンズで
                                                                                                                                                                                                                                                        35kmの有効射程を確保しております。
                                                                                                                                                                                                                                                        標準レンズならロック範囲ぎりぎりの74km前後でも届きます。
                                                                                                                                                                                                                                                        はい、思いっきり長距離砲戦仕様ですね。

                                                                                                                                                                                                                                                        一般的にはメガパルス砲を積むのがセオリーらしいのですが、
                                                                                                                                                                                                                                                        やはり撃った時のエフェクトの美しさと射程の長さに惹かれて
                                                                                                                                                                                                                                                        ビーム砲を愛用しております。

                                                                                                                                                                                                                                                        PvEであれば戦艦サイズなら接近されても当たりますし、
                                                                                                                                                                                                                                                        巡洋艦以下に接近されたらドローンで対処するという戦法です。
                                                                                                                                                                                                                                                        なのでTicoの場合は会敵したら戦艦は後回しにして、
                                                                                                                                                                                                                                                        間合いが離れているうちに小型艦をすぽんすぽん落としています。


                                                                                                                                                                                                                                                        EFTの計算上では、DPSは538を確保。
                                                                                                                                                                                                                                                        防御値もハードナー2枚で対Sanshaは606を確保です。

                                                                                                                                                                                                                                                        具体的には、
                                                                                                                                                                                                                                                        射程50-70kmであれば、フリゲート級は主砲斉射で瞬間蒸発、
                                                                                                                                                                                                                                                        巡洋艦でも三連斉射でぽろぽろと撃沈することが可能です。
                                                                                                                                                                                                                                                        さすがに戦艦サイズは時間がかかりますが、それでも
                                                                                                                                                                                                                                                        割と優雅に撃ち合いして平気な強さになっております。

                                                                                                                                                                                                                                                        まあおもむろにPvE向けミッション仕様なので、
                                                                                                                                                                                                                                                        さすがに対人戦では出せませんけどね。

                                                                                                                                                                                                                                                        これでもミッション用としてはかなり十分な気もするのですが、
                                                                                                                                                                                                                                                        やはり最上位ビームのTachyon砲を使ってみたいので
                                                                                                                                                                                                                                                        Paladinめざしてずんどこ訓練中なのです。がんばるぞー。

                                                                                                                                                                                                                                                        かんたい!

                                                                                                                                                                                                                                                        0
                                                                                                                                                                                                                                                          すみませんすみません、「けいおん!!」の影響で
                                                                                                                                                                                                                                                          ひらがな四文字になるなーと思ったらやってみたかったんです。

                                                                                                                                                                                                                                                          日曜夜はアライアンスの方にお誘いがありまして、
                                                                                                                                                                                                                                                          Lv5ミッションに参加してきました。

                                                                                                                                                                                                                                                          基本的にLv5はソロ攻略が無理で、艦隊組んで挑戦しなくてはなりません。
                                                                                                                                                                                                                                                          呼びかけに応じて集まった戦闘艦の数、



                                                                                                                                                                                                                                                          ざっと17隻。

                                                                                                                                                                                                                                                          外宇宙の大規模戦に比べればささやかな数でしょうが、
                                                                                                                                                                                                                                                          それでも普段ソロでやってるとなかなか壮観です。
                                                                                                                                                                                                                                                          遠征隊からはTicoがノーマルのApocalypse級戦艦
                                                                                                                                                                                                                                                          SuchbusさんがDrake級重巡洋艦で参戦。

                                                                                                                                                                                                                                                          二人とも本命の戦闘艦は別にあるのですが、
                                                                                                                                                                                                                                                          今回初めてLv5に挑戦ということで万が一沈むと涙モノなので、
                                                                                                                                                                                                                                                          お互いに予備の戦闘艦で参加とあいなりました。

                                                                                                                                                                                                                                                          集結中にお互いにぶつかりあって宇宙ゲートボールしたり、
                                                                                                                                                                                                                                                          どうでもいい話題で盛り上がりつつも編成が粛々と進み、



                                                                                                                                                                                                                                                          いざ、出撃!
                                                                                                                                                                                                                                                          打たれ強い戦艦部隊が先行し、支援艦が後に続きます。
                                                                                                                                                                                                                                                          ずらっと並んだ艦船の列がカッコイイ。



                                                                                                                                                                                                                                                          そして突入すると灼熱の戦場へ。
                                                                                                                                                                                                                                                          タンク役の戦艦を支援艦が回復しながら、攻撃部隊で敵を落とします。

                                                                                                                                                                                                                                                          今回は2つミッションをこなしました。
                                                                                                                                                                                                                                                          1回目はAngel Cartelが相手、2回目はRogue Droneが相手でした。
                                                                                                                                                                                                                                                          いずれも本拠地へ急襲をかける感じでしたね。

                                                                                                                                                                                                                                                          戦艦級の敵がごろごろ出てきましたが、
                                                                                                                                                                                                                                                          皆さん慣れているだけあって危なげなくクリアできました。
                                                                                                                                                                                                                                                          わいわいやりとりしながら攻略するのは実に楽しかったですね。

                                                                                                                                                                                                                                                          Amarrの田舎にある本拠地へと戻りながら、
                                                                                                                                                                                                                                                          Suchbusさんと二人して「今度は本命艦出そうねー」と話し合いました。
                                                                                                                                                                                                                                                          次はもっと活躍できるようにがんばるぞー!

                                                                                                                                                                                                                                                          宇宙船長のエリート度合い

                                                                                                                                                                                                                                                          0
                                                                                                                                                                                                                                                            まあMMORPGのプレイヤーキャラなのですから、
                                                                                                                                                                                                                                                            ある程度の特別扱いというのは当たり前なのですが、
                                                                                                                                                                                                                                                            EVEonlineにおける船長=ポッドパイロットの
                                                                                                                                                                                                                                                            エリートぶりは半端ではありません。

                                                                                                                                                                                                                                                            公式に出ているクロニクルという掌編に
                                                                                                                                                                                                                                                            それをうかがわせる読み物があります。


                                                                                                                                                                                                                                                            The Elite

                                                                                                                                                                                                                                                            これをご覧になれば分かる通り、基本的に船長は
                                                                                                                                                                                                                                                            死ぬことはありません。常にクローンが用意されており、
                                                                                                                                                                                                                                                            戦死するとすぐに精神転送が行われ、復活します。
                                                                                                                                                                                                                                                            まるで北欧神話のエインフェリアですね。

                                                                                                                                                                                                                                                            とはいえ、宇宙船に乗る人物がみんなそうかといえば、
                                                                                                                                                                                                                                                            特別扱いされない下っ端も勿論いるわけで。


                                                                                                                                                                                                                                                            Hands of a killer

                                                                                                                                                                                                                                                            6000人を超える乗組員で、確実に助かるのは船長一人。
                                                                                                                                                                                                                                                            戦艦が沈むたびに壮絶な脱出劇が繰り広げられているのでしょうね。

                                                                                                                                                                                                                                                            離脱×避難×様子見

                                                                                                                                                                                                                                                            0
                                                                                                                                                                                                                                                              アライアンス「SHF」さんに加盟して三日目のことでした。

                                                                                                                                                                                                                                                              EVE-Mailの「Notification」に新着表示が。
                                                                                                                                                                                                                                                              通常は特別任務のお知らせとかなので、はて、
                                                                                                                                                                                                                                                              やけに早いお召しだなと思って首をかしげながら開くと。

                                                                                                                                                                                                                                                              「Wardecなんちゃらかんちゃら」

                                                                                                                                                                                                                                                              はいぃぃぃ!? 思わず目が点に。
                                                                                                                                                                                                                                                              どうやらアライアンス自体に宣戦布告してきたコープがあるらしいのです
                                                                                                                                                                                                                                                              24時間後には戦闘開始というわけで、布告されたその夜にアライアンスで
                                                                                                                                                                                                                                                              対策会議。

                                                                                                                                                                                                                                                              相手はどうやら娯楽目的で宣戦布告してきたらしく、
                                                                                                                                                                                                                                                              履歴を見ると過去にもHighSecであちこちに喧嘩ふっかけている模様。
                                                                                                                                                                                                                                                              HighSecにいるプレイヤーは基本的に対人戦に慣れておりません。
                                                                                                                                                                                                                                                              相手にとっては羊狩りの気分でありましょう。

                                                                                                                                                                                                                                                              まともに取り合うとかえって被害が増えるので
                                                                                                                                                                                                                                                              アライアンスとしては無視を決めることで決定しましたが、
                                                                                                                                                                                                                                                              問題がミッション中心に楽しんでいるプレイヤーです。
                                                                                                                                                                                                                                                              これらにはアライアンスやコープからの一時離脱が推奨されました。

                                                                                                                                                                                                                                                              遠征隊も例にもれず、アライアンスから一時離れることに。
                                                                                                                                                                                                                                                              なにやら悔しい思いもありますが、現段階では仕方がありません。

                                                                                                                                                                                                                                                              相手コープから追撃で遠征隊自身にも宣戦布告があるかと
                                                                                                                                                                                                                                                              身構えておりましたが、ひとまずは見逃しているようでひと安心。
                                                                                                                                                                                                                                                              とはいえSHFが平常に戻るまで油断はできません。

                                                                                                                                                                                                                                                              早く終わるといいんですが、はぁ(ため息)。

                                                                                                                                                                                                                                                              未知なる火力を夢に求めて

                                                                                                                                                                                                                                                              0
                                                                                                                                                                                                                                                                すみません、「這いよれ! ニャル子さん」の影響で
                                                                                                                                                                                                                                                                ちょっとクトゥルーネタを使いたかったTicoでございます。

                                                                                                                                                                                                                                                                愛用の黒アポのモジュールを着々とT2品やFaction品におきかえて
                                                                                                                                                                                                                                                                ただでさえ高価な船がますます高価になっていくのですが、
                                                                                                                                                                                                                                                                さらなる火力アップを求めて弾薬もFaction品にしてみました。

                                                                                                                                                                                                                                                                レーザー兵器は弾の代わりにクリスタルと呼ばれる、
                                                                                                                                                                                                                                                                ぶっちゃけていうと「レンズ」を装填します。

                                                                                                                                                                                                                                                                ノーマル品でもレンズは8種類。
                                                                                                                                                                                                                                                                種類によって射程・威力・消費電力が変わってきます。
                                                                                                                                                                                                                                                                ついでに撃った時の光線色も違います。これは役得ですね。
                                                                                                                                                                                                                                                                レンズはノーマル品であれば消耗することはありません。
                                                                                                                                                                                                                                                                一度買えば半永久的に使えます。

                                                                                                                                                                                                                                                                このレンズを海軍仕様品に変えて数日前から使用しています。
                                                                                                                                                                                                                                                                海軍仕様品は威力が15%増しになりますが、使っているうちに
                                                                                                                                                                                                                                                                磨耗していくのか、4000発ぐらいで交換する必要があります。

                                                                                                                                                                                                                                                                入手先はマーケットでも買えますが、TicoはLPストアで入手しています。
                                                                                                                                                                                                                                                                元になるノーマルレンズはBPO買って自家生産。意外と高いのですよ。

                                                                                                                                                                                                                                                                使っているレンズは次の三種類。

                                                                                                                                                                                                                                                                Standard(標準光線)
                                                                                                                                                                                                                                                                ⇒黄色の光線、射程が標準で電力消費が一番少ないタイプ。
                                                                                                                                                                                                                                                                 60-70kmの遠距離射程用。メガビームなのでこれで十分届きます。
                                                                                                                                                                                                                                                                 アウトレンジからフリゲートを瞬間蒸発!
                                                                                                                                                                                                                                                                 巡洋艦でも2-3発で沈めることが可能です。

                                                                                                                                                                                                                                                                Xray(X線)
                                                                                                                                                                                                                                                                ⇒緑色の光線、Standardより射程は短くなりますが火力は25%増し。
                                                                                                                                                                                                                                                                 40-50kmの中距離戦用、戦艦と撃ちあう場合は一番よく使うかも。
                                                                                                                                                                                                                                                                 ちなみにこのレンズまでなら全モジュール稼動でも電力安定します。

                                                                                                                                                                                                                                                                Multifrequency(多重周波数)
                                                                                                                                                                                                                                                                ⇒白色がまばゆい光線、射程最短・電力消費大ですが、威力も最大。
                                                                                                                                                                                                                                                                 20-30km前後での近接戦用、敵が寄ってきたら手早く沈めるのに使います。
                                                                                                                                                                                                                                                                 これを使うときは2つあるリペアラーの片方を停止しないと
                                                                                                                                                                                                                                                                 電力がもたないのですが、回復に回すエネルギーを火力に回すのは
                                                                                                                                                                                                                                                                 シチュエーション的に何か燃える展開
                                                                                                                                                                                                                                                                な気がします。

                                                                                                                                                                                                                                                                変えてみての感想ですが、やはり敵殲滅までにかかる時間が
                                                                                                                                                                                                                                                                ぐっと短縮できている実感がありますね。

                                                                                                                                                                                                                                                                これ以上火力を高めるには、砲塔自体を別のものに変えるか、
                                                                                                                                                                                                                                                                火力強化モジュールを積むか、スキルを上げるか。
                                                                                                                                                                                                                                                                むむむ、どれもなかなか難儀ですネ。

                                                                                                                                                                                                                                                                独断と偏見のLv4難易度

                                                                                                                                                                                                                                                                0


                                                                                                                                                                                                                                                                  Sansha's NationのBS級大型戦闘艦です。
                                                                                                                                                                                                                                                                  うーん、どこからどうみても悪人なトゲトゲデザイン。
                                                                                                                                                                                                                                                                  「ヒャッハー! 新鮮なポッドパイロットだ!」
                                                                                                                                                                                                                                                                  あ、これではBloodRaidersになってしまうか。


                                                                                                                                                                                                                                                                  さて、コープメンバーが戦艦にぼちぼち乗れて
                                                                                                                                                                                                                                                                  Lv4ミッションも挑戦間近となってきたのですが、
                                                                                                                                                                                                                                                                  ひとえにLv4といっても簡単なものからヘルモードまで実に様々。
                                                                                                                                                                                                                                                                  うっかりキツイのを選んでしまうと、
                                                                                                                                                                                                                                                                  虎の子の戦艦があっというまにどぼんです。

                                                                                                                                                                                                                                                                  そこでTicoが実際にLv4ミッション回しをしていて、
                                                                                                                                                                                                                                                                  個人的な感想からミッションを難易度分けしてみました。

                                                                                                                                                                                                                                                                  コープメンバーさんの参考用に作成しましたが、
                                                                                                                                                                                                                                                                  「このミッションはこうすれば楽だよー」とか
                                                                                                                                                                                                                                                                  「はっ、この程度に苦戦とはまだまだ青いわ」とか
                                                                                                                                                                                                                                                                  ご笑覧頂けると幸いです。

                                                                                                                                                                                                                                                                  では長くなるので折り返し〜。

                                                                                                                                                                                                                                                                  POS建造の野望

                                                                                                                                                                                                                                                                  0
                                                                                                                                                                                                                                                                    昨夜海軍さんのミッションをこなしていたら
                                                                                                                                                                                                                                                                    ImportantMissonが来まして、まあそれは難なくこなせたんですが。

                                                                                                                                                                                                                                                                    ふと気づくとAmarrのFactionStandingが5.99まで
                                                                                                                                                                                                                                                                    上がっているじゃあーりませんか。
                                                                                                                                                                                                                                                                    Connectionスキルを上げれば6.0超えは確実。

                                                                                                                                                                                                                                                                    そろそろHighSecの田舎に遠征隊の城を建造することを
                                                                                                                                                                                                                                                                    考えてもいいのかなどうなのかと思ったりなんだったり。

                                                                                                                                                                                                                                                                    会社のStandingはメンバー平均なので2.5程度なのですが、
                                                                                                                                                                                                                                                                    そこはいったん私以外の方に抜けてもらってから、
                                                                                                                                                                                                                                                                    Standingが反映するのを待って設置→再加入で解決。

                                                                                                                                                                                                                                                                    ここでいま悩んでいるのが、どういうPOSにするのか?ということ。
                                                                                                                                                                                                                                                                    まあHighSecなので武装生産拠点になるとは思うのですが、
                                                                                                                                                                                                                                                                    生産用施設は何を置いたらいいものかのぅ。

                                                                                                                                                                                                                                                                    Ticoとしては自分の城をもてるだけで満足なところがあるので
                                                                                                                                                                                                                                                                    活用法はコープメンバーの知恵を拝借したいところなのです。

                                                                                                                                                                                                                                                                    とゆーわけで人少ないけど遠征隊メンバーの諸君、
                                                                                                                                                                                                                                                                    wikiのPOS解説ページを見て新居に何がほしいかコメントしなさいッ。

                                                                                                                                                                                                                                                                    ちなみに建造費用と運営費用はこれから考えるところです。
                                                                                                                                                                                                                                                                    ああ、お金が飛んでいく……

                                                                                                                                                                                                                                                                    保険金相場異状あり?

                                                                                                                                                                                                                                                                    0
                                                                                                                                                                                                                                                                      スキル訓練待ちなのと、ちょっとFF11に比重を移しているので、
                                                                                                                                                                                                                                                                      EVEonlineはもっぱら採掘で小銭を稼ぐ日々のTicoでございます。
                                                                                                                                                                                                                                                                      楽しいですね、採掘。地味にお金がたまっていく。

                                                                                                                                                                                                                                                                      ミッションは後回しでもいいかなーと思ったので、
                                                                                                                                                                                                                                                                      スキル訓練をHulk就航を先にするように組み替えました。
                                                                                                                                                                                                                                                                      ミッションはTech2砲が載せれるようになってから
                                                                                                                                                                                                                                                                      バリバリやればいいや……

                                                                                                                                                                                                                                                                      さてさて、5/18に迫った次回大型拡張ですが、
                                                                                                                                                                                                                                                                      いろいろと重大な変更があるみたいで、
                                                                                                                                                                                                                                                                      その最たるものが保険金変更とミネラル調整。

                                                                                                                                                                                                                                                                      ニュースは「星の海に魂の帆をかける」さんのブログでございます。
                                                                                                                                                                                                                                                                      いつものことながら和訳おつかれさまでございます(敬礼)。

                                                                                                                                                                                                                                                                      ざっくりとポイントを抑えると

                                                                                                                                                                                                                                                                      ・ミッションの戦利品で装備類の出る率が減る
                                                                                                                                                                                                                                                                      ・保険金が固定額から市場変動型になる

                                                                                                                                                                                                                                                                      とゆ−次第で。前者がミッションランナー泣かせですが、
                                                                                                                                                                                                                                                                      Ticoはもともと戦利品回収にあまり熱心ではないので
                                                                                                                                                                                                                                                                      それほど影響はないかなあ。

                                                                                                                                                                                                                                                                      むしろ保険金の変更が気になりますね。
                                                                                                                                                                                                                                                                      読む限りでは納得できる方向への変更のようですが、
                                                                                                                                                                                                                                                                      うちの海軍アポの保険金と掛け金はどうなるのかしら。

                                                                                                                                                                                                                                                                      週末共同作戦

                                                                                                                                                                                                                                                                      0
                                                                                                                                                                                                                                                                        この週末はSuchbusさんが帰宅されているとのことで
                                                                                                                                                                                                                                                                        Rさんを含めて三人でLv4ミッション共同作戦をしておりました。

                                                                                                                                                                                                                                                                        お二人とも重巡洋艦に乗れるようになってパワーアップ!
                                                                                                                                                                                                                                                                        RさんがHurricane、SuchbusさんがDrakeです。

                                                                                                                                                                                                                                                                        挑戦したミッションは
                                                                                                                                                                                                                                                                        GoneBerserkが2回、Pirate Invasionが2回。
                                                                                                                                                                                                                                                                        いずれも敵がわんさか出てくる楽しい戦闘ミッションです(笑)

                                                                                                                                                                                                                                                                        人数がいるので、普段Ticoがうっちゃっている戦利品回収や
                                                                                                                                                                                                                                                                        サルベージも手分けして行いました。売り上げは山分けして
                                                                                                                                                                                                                                                                        なかなかがっぽがっぽでございます。

                                                                                                                                                                                                                                                                        複数で協力すると、時間も早く済みますし、
                                                                                                                                                                                                                                                                        お互いの生存率もあがるのでなかなかいいですね。

                                                                                                                                                                                                                                                                        4月に入るとSuchbusさんが長旅から戻ってきて
                                                                                                                                                                                                                                                                        安定してログインできるようになるそうなので、
                                                                                                                                                                                                                                                                        その時はぜひTさんもお誘いして4人でミッション挑戦したいところです。
                                                                                                                                                                                                                                                                        まだLv4には怖くて顔を出していないものがありますしね……

                                                                                                                                                                                                                                                                        EVE経済白書 2009-4Q

                                                                                                                                                                                                                                                                        0
                                                                                                                                                                                                                                                                          EVEというゲームはなかなか半端じゃありません。

                                                                                                                                                                                                                                                                          どう半端じゃないかというと、開発に際しては
                                                                                                                                                                                                                                                                          天文学者や経済学者が加わってアドバイスしているのです。

                                                                                                                                                                                                                                                                          箔付けだろー?とか思った貴方、そこになおれ。
                                                                                                                                                                                                                                                                          恐ろしいことに四半期ごとに経済白書まで出ているのです。

                                                                                                                                                                                                                                                                          ……と、えらそうにのたもうてみましたが、
                                                                                                                                                                                                                                                                          実はTicoも学者先生の参加は知っていたものの
                                                                                                                                                                                                                                                                          経済白書が出ているとは全然存じませんでした。

                                                                                                                                                                                                                                                                          最新のレポートは2009年第4四半期の調査分になります。

                                                                                                                                                                                                                                                                          紹介なさっているのは「星の海に魂の帆をかける」さんのブログ。
                                                                                                                                                                                                                                                                          毎度ながら公式ニュースの翻訳、お疲れ様です。

                                                                                                                                                                                                                                                                          さて肝心の経済白書、当たり前ですが全部英語です。
                                                                                                                                                                                                                                                                          Ticoは大学専攻は中国学で英語はからっきしなのですが、
                                                                                                                                                                                                                                                                          なんとか面白そうなところをピックアップしてみました。

                                                                                                                                                                                                                                                                          長くなるので折り返し〜。

                                                                                                                                                                                                                                                                          グラムブルを目指す

                                                                                                                                                                                                                                                                          0
                                                                                                                                                                                                                                                                            Twitterを始めてちょいと経ち、色々と使い方も分かってきました。

                                                                                                                                                                                                                                                                            http://twitter.com/ticoruzel

                                                                                                                                                                                                                                                                            気づくとひっきりなしにつぶやいているのですが、
                                                                                                                                                                                                                                                                            とりとめのないことだと読むほうもつまらないだろうなあと思い、
                                                                                                                                                                                                                                                                            今朝新聞を読みながら考えてふと出てきたアイデアが、

                                                                                                                                                                                                                                                                            「グラムブル」を目指してみよう!

                                                                                                                                                                                                                                                                            とか考えてみたわけで。

                                                                                                                                                                                                                                                                            聞きなれない言葉ですが、Ticoがこれを知ったのは白洲次郎の伝記です。
                                                                                                                                                                                                                                                                            (「風の男 白洲次郎」新潮文庫)

                                                                                                                                                                                                                                                                            この中に正子夫人の言葉で英国紳士のふるまいが書いてあるのですが、
                                                                                                                                                                                                                                                                            「新聞を読みながらユーモアまじりの愚痴をぶつぶつつぶやく」というのが
                                                                                                                                                                                                                                                                            あって、これがグラムブルというもの。

                                                                                                                                                                                                                                                                            Ticoも通勤中に日経を読んでおりますが、
                                                                                                                                                                                                                                                                            記事を目にして世間にモノ言いたいものの、
                                                                                                                                                                                                                                                                            かといってブログにふくらませるほどのネタにならないわけで、
                                                                                                                                                                                                                                                                            そんなときにツイッターがいいのでは、と思った次第。

                                                                                                                                                                                                                                                                            問題は「ユーモアをまじえる」という点。
                                                                                                                                                                                                                                                                            なんせ英国紳士とは程遠い大阪人でございますから、なかなか難しい。
                                                                                                                                                                                                                                                                            今朝もひとこと申してみたのですがトゲの目立つツイートに。

                                                                                                                                                                                                                                                                            うまく「にやっ」とさせるような一言にできないかなあ。
                                                                                                                                                                                                                                                                            140文字という制限内で工夫できないか、挑戦の日々開始です。

                                                                                                                                                                                                                                                                            Ticoのオススメスキル

                                                                                                                                                                                                                                                                            0
                                                                                                                                                                                                                                                                              EVEonlineには膨大な数のスキルがあります。

                                                                                                                                                                                                                                                                              このゲームのユニークなところは、
                                                                                                                                                                                                                                                                              お金があるだけではどうにもならず、
                                                                                                                                                                                                                                                                              スキルを鍛えないと、より強い船、より強い装備を
                                                                                                                                                                                                                                                                              使いこなせないところです。

                                                                                                                                                                                                                                                                              とはいえ、初めてだと何を上げればどう効果がでるのか、
                                                                                                                                                                                                                                                                              自分が困っていることは何のスキルを上げれば解決するのか、
                                                                                                                                                                                                                                                                              ちょっと分かりにくいことも事実。

                                                                                                                                                                                                                                                                              そこでTicoの独断と偏見で効果別にスキルをチョイスしてみました。
                                                                                                                                                                                                                                                                              個人的な主観で選んでおりますので、「こんなのもあるよ!」という
                                                                                                                                                                                                                                                                              ご意見がありましたらコメント頂けると幸いです。

                                                                                                                                                                                                                                                                              長くなるので折り返し〜。

                                                                                                                                                                                                                                                                              2012/4/5 日本語対応版記事アップしました。

                                                                                                                                                                                                                                                                              次回拡張 Tyrannis

                                                                                                                                                                                                                                                                              0
                                                                                                                                                                                                                                                                                EVEonlineの次回拡張が開発ブログにあがってきました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                日本語翻訳している方がいたのでここで紹介。

                                                                                                                                                                                                                                                                                星の海に魂の帆をかける

                                                                                                                                                                                                                                                                                惑星の資源開発ができるそうで、
                                                                                                                                                                                                                                                                                生産関係が色々活発化するかもしれませんね。
                                                                                                                                                                                                                                                                                開発権を巡っての紛争も起きそうな予感。

                                                                                                                                                                                                                                                                                現在開発中のFPS、DUST514との関連も気になるところです。

                                                                                                                                                                                                                                                                                とりあえず船の相場が安くならないかなーと思うTicoですが。
                                                                                                                                                                                                                                                                                さてはて。

                                                                                                                                                                                                                                                                                Merlin級を設計してみる

                                                                                                                                                                                                                                                                                0

                                                                                                                                                                                                                                                                                  【Caldari連合 Merlin級フリゲート艦】

                                                                                                                                                                                                                                                                                  フレさんがEVEonlineを始めたのですが、
                                                                                                                                                                                                                                                                                  ブログを拝見すると、艦のフィッテイング関係で
                                                                                                                                                                                                                                                                                  初心者にありがちな落とし穴にはまっているようです。

                                                                                                                                                                                                                                                                                  とかいいつつ、一ヵ月半前のTicoも同じでしたが(爆)
                                                                                                                                                                                                                                                                                  コメントに書くには少々長いので記事にしてみました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                  シールドのシの字も使ったことがない、装甲防御のAmarr船を
                                                                                                                                                                                                                                                                                  乗り回しているTicoがいっちょ前に語ってみますよ?

                                                                                                                                                                                                                                                                                  長くなるので折り返し〜。

                                                                                                                                                                                                                                                                                  ポートレート

                                                                                                                                                                                                                                                                                  0
                                                                                                                                                                                                                                                                                    ヴァナフレさんがめでたくEVEを始めたのですが、
                                                                                                                                                                                                                                                                                    お持ちのブログでキャラ画像を紹介されていました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                    まあ日本向けな顔立ちではないですが、
                                                                                                                                                                                                                                                                                    EVEは船に萌えるゲームなので、それは致し方ありませぬ。
                                                                                                                                                                                                                                                                                    かくいうTicoだって自キャラはこんな感じです。



                                                                                                                                                                                                                                                                                    すごくエルヴァーンです(・ω・)


                                                                                                                                                                                                                                                                                    Caldari船を勉強してみる

                                                                                                                                                                                                                                                                                    0

                                                                                                                                                                                                                                                                                      【Caldari連合 Kestrel級フリゲート艦】

                                                                                                                                                                                                                                                                                      Caldariを象徴するようなミサイル運用特化の重フリゲートです。
                                                                                                                                                                                                                                                                                      合計四門のミサイルランチャーはなかなかの火力を誇ります。
                                                                                                                                                                                                                                                                                      射程内であればミサイルは確実に命中することを利用して、
                                                                                                                                                                                                                                                                                      敵との間合いをはかって回転機動をすることで、
                                                                                                                                                                                                                                                                                      砲塔の照準能力を低下させて回避しつつ、
                                                                                                                                                                                                                                                                                      自身は着実にダメージを与えていく戦い方もできます。

                                                                                                                                                                                                                                                                                      印象的なのは、写真をご覧の通り、左右非対称の独特なデザイン。
                                                                                                                                                                                                                                                                                      これはCaldari船の特徴でして、推進軸がどうなっているのか
                                                                                                                                                                                                                                                                                      ちょっと首をかしげる形をしているものが多く見られます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                      だがそこがいい。

                                                                                                                                                                                                                                                                                      さて、ヴァナフレの一人がEVEonlineを始めるとの事で
                                                                                                                                                                                                                                                                                      Ticoの方ではお出迎えの準備をせっせと進めています。
                                                                                                                                                                                                                                                                                      アーマー&レーザー砲万歳のAmarr船ならアドバイスは
                                                                                                                                                                                                                                                                                      いくらでもできますが、どうもCaldariになりそうとのことで、
                                                                                                                                                                                                                                                                                      これは勉強せねばならんと思った次第。

                                                                                                                                                                                                                                                                                      早速、EFTでCaldari船のいくつかを設計してみました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                      Caldariはシールド防御&ミサイル攻撃、と、
                                                                                                                                                                                                                                                                                      Amarrとはまったく違った戦い方をします。
                                                                                                                                                                                                                                                                                      当然、装備も全然異なってくるわけで、EFTのメニューを
                                                                                                                                                                                                                                                                                      開きながら何がよいかと頭を悩ます次第。

                                                                                                                                                                                                                                                                                      こんなときに頼りになるのが、スキル訓練ツールのEVEMONだったりします。
                                                                                                                                                                                                                                                                                      ShipBrowserのタグを開いて、参照したい船を選びます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                      船の諸元が書かれた部分の上にBattleclinic Loadoutというのを選ぶと、
                                                                                                                                                                                                                                                                                      公式サイトに各プレイヤーから寄せられた装備例が読み込まれます。

                                                                                                                                                                                                                                                                                      ふむふむと見ながら、ひとまず設計完了。
                                                                                                                                                                                                                                                                                      レーザーの関係で電力を使うAmarr船に対して、
                                                                                                                                                                                                                                                                                      ミサイルは電力消費がないのでバッテリー容量は少なめのCaldari船ですね。
                                                                                                                                                                                                                                                                                      シールド防御の場合、EMダメージのレジストをどうするかが重要そうです。

                                                                                                                                                                                                                                                                                      と、ここまでやってみて、ふとwiki見ると、
                                                                                                                                                                                                                                                                                      艦船の個別ページに装備例が書いてあるのを見つけたり。がびーん。
                                                                                                                                                                                                                                                                                      Amarr船なんかはすっかすかの解説なのにこの差は……
                                                                                                                                                                                                                                                                                      やはり使い勝手の問題なのでしょうか、トホホ。

                                                                                                                                                                                                                                                                                      とはいえ、シールド艦だとどんな部品が重要なのか
                                                                                                                                                                                                                                                                                      知ることができたのは収穫でした。
                                                                                                                                                                                                                                                                                      当面はAmarr船の取り回しでいっぱいいっぱいですが、
                                                                                                                                                                                                                                                                                      また余裕ができてきたらCaldari船にも乗ってみたいですねえ。

                                                                                                                                                                                                                                                                                      スキル習得のスピードアップ

                                                                                                                                                                                                                                                                                      0
                                                                                                                                                                                                                                                                                        EVEonlineのキャラ成長が実時間経過によるスキル訓練だということ、
                                                                                                                                                                                                                                                                                        また、スキル訓練の時間は能力値(Attribute)で左右されること、
                                                                                                                                                                                                                                                                                        これらは以前の記事「22DAYS」で触れたとおりです。

                                                                                                                                                                                                                                                                                        序盤の頃はスキル成長にかかる時間もそんなに必要とせず、
                                                                                                                                                                                                                                                                                        割とさくさく上がりますが、あれこれ覚えていくうちに
                                                                                                                                                                                                                                                                                        経過時間の単位が「○時間」から「○日」に変わってきます。

                                                                                                                                                                                                                                                                                        スキル訓練の時間が長くなってくると当然、
                                                                                                                                                                                                                                                                                        一日でも一時間でも短くしたいと思うのは人情であります。
                                                                                                                                                                                                                                                                                        では、そのためにはどうすればいいか?

                                                                                                                                                                                                                                                                                        ずばり、能力値自身を上げればいいのです。
                                                                                                                                                                                                                                                                                        これには以下の二つの方法があります。

                                                                                                                                                                                                                                                                                        1、インプラントを装着する

                                                                                                                                                                                                                                                                                        未来世界ならでは、サイバー技術で能力値を強化します。
                                                                                                                                                                                                                                                                                        +1から+4まで効果は様々です。当然、大きいものほど高価です。
                                                                                                                                                                                                                                                                                        購入することもできますが、通常はImportantMissonと呼ばれる
                                                                                                                                                                                                                                                                                        特別ミッションの報酬で手に入れることが多いでしょうし、
                                                                                                                                                                                                                                                                                        またそっちで入手する方がお財布にも優しいです。


                                                                                                                                                                                                                                                                                        2、Learning系スキルを上げる

                                                                                                                                                                                                                                                                                        スキルの中に能力値を鍛えるものがあります。

                                                                                                                                                                                                                                                                                        Learning      全能力値2%UP/Lv

                                                                                                                                                                                                                                                                                        Analytical Mind  Intelligence値 1UP/Lv
                                                                                                                                                                                                                                                                                        Spatial Awareness Perception値 1UP/Lv
                                                                                                                                                                                                                                                                                        Empathy      Charisma値 1UP/Lv
                                                                                                                                                                                                                                                                                        Iron Will     Willpower値 1UP/Lv
                                                                                                                                                                                                                                                                                        Instant Recall   Memory値 1UP/Lv

                                                                                                                                                                                                                                                                                        Logic       Intelligence値 1UP/Lv(上位スキル)
                                                                                                                                                                                                                                                                                        Clarity      Perception値 1UP/Lv (上位スキル)
                                                                                                                                                                                                                                                                                        Presence      Charisma値 1UP/Lv (上位スキル)
                                                                                                                                                                                                                                                                                        Focus       Willpower値 1UP/Lv (上位スキル)
                                                                                                                                                                                                                                                                                        Eidetic Memory   Memory値 1UP/Lv (上位スキル)

                                                                                                                                                                                                                                                                                        下位スキルの本は50,000iskとお手軽に買える値段ですが、
                                                                                                                                                                                                                                                                                        上位スキルになると1冊4.5Mと、とんでもなく跳ね上がります。
                                                                                                                                                                                                                                                                                        金策手段が確保できてから上位を覚えるといいでしょう。


                                                                                                                                                                                                                                                                                        ここで悩ましいのが、
                                                                                                                                                                                                                                                                                        Learing系スキルをいつ上げればいいか?という問題です。


                                                                                                                                                                                                                                                                                        能力値を上げることによる恩恵は確実に表れますが、
                                                                                                                                                                                                                                                                                        劇的に変わるものでもなく、たとえば24時間かかる訓練が
                                                                                                                                                                                                                                                                                        22時間に短縮されるという程度です。

                                                                                                                                                                                                                                                                                        とはいえ、それらが積み重なると、あなどれません。
                                                                                                                                                                                                                                                                                        半年というスパンで訓練計画を見てみると、
                                                                                                                                                                                                                                                                                        あらかじめ能力値を鍛えておけば、二週間早く訓練完了できたりします。

                                                                                                                                                                                                                                                                                        能力値は回数制限つきで割り振り直しすることができ、
                                                                                                                                                                                                                                                                                        wikiあたりには最初は能力値訓練に特化させて、その後
                                                                                                                                                                                                                                                                                        割り振りなおして実用スキルを鍛えるというアドバイスがありますが……

                                                                                                                                                                                                                                                                                        個人的な見解を申し上げると、
                                                                                                                                                                                                                                                                                        ぶっちゃけ、そういうのは2キャラ目あたりでやるのがいいでしょう。
                                                                                                                                                                                                                                                                                        某ゲームで「誘われやすいから最初は赤魔」というのと同じです。

                                                                                                                                                                                                                                                                                        始めたての頃はLearningにこだわらず、
                                                                                                                                                                                                                                                                                        船を乗り回したり武器の威力を上げたりする実用系を
                                                                                                                                                                                                                                                                                        数多く覚える方が成長を実感できますし、また楽しいものです。

                                                                                                                                                                                                                                                                                        ゲームを進めるにつれて、数日スパンの訓練ものが出てきた時点で
                                                                                                                                                                                                                                                                                        Learning系を覚えるのがいいと思います。


                                                                                                                                                                                                                                                                                        かくいうTicoは戦艦就航後の艤装計画と訓練計画を立てているのですが、
                                                                                                                                                                                                                                                                                        高レベル難ランクのスキルが多く、やはり数日はみっちりと
                                                                                                                                                                                                                                                                                        Learing系を鍛えたほうが後々のことを考えるといいようです。
                                                                                                                                                                                                                                                                                        実戦系を色々鍛えたいのですが、ぐぐっとガマンガマン。

                                                                                                                                                                                                                                                                                        情報検索サイトの活用

                                                                                                                                                                                                                                                                                        0

                                                                                                                                                                                                                                                                                          【炎上するItsuka号】

                                                                                                                                                                                                                                                                                          「装甲板融解! 第四区画にて火災発生!」
                                                                                                                                                                                                                                                                                          「消化班出動、ダメコン急げ!」
                                                                                                                                                                                                                                                                                          「敵ミサイル、第十二波接近!」
                                                                                                                                                                                                                                                                                          「やむをえん……艦首を575へ、ワープにて本宙域を離脱する!」

                                                                                                                                                                                                                                                                                          というわけで敵の攻撃で船体にまでダメージを負ったItsuka号であります。
                                                                                                                                                                                                                                                                                          船体に被害が及ぶとこのように火を吹くのです。

                                                                                                                                                                                                                                                                                          シールドや装甲と違い、
                                                                                                                                                                                                                                                                                          船体自身のレジストを強化する手段はほとんどありません。
                                                                                                                                                                                                                                                                                          一度装甲まで食い破られると沈没まであっという間です。

                                                                                                                                                                                                                                                                                          戦い上手は逃げ上手。引き際の見極めがまだまだ甘いTicoでありました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                          まあ幸い、この時はワープが間に合って逃げ切れましたけどね。


                                                                                                                                                                                                                                                                                          さて、本日の便利知識はEVE宇宙を旅するにあたって
                                                                                                                                                                                                                                                                                          便利な情報検索サイトです。ゲーム内ブラウザに入れておくと
                                                                                                                                                                                                                                                                                          なにかと役立つでしょう。

                                                                                                                                                                                                                                                                                          ちなみに全部英語ですが、まあ、だいたいのことは
                                                                                                                                                                                                                                                                                          基礎知識かじっていればわかると思います。

                                                                                                                                                                                                                                                                                          EVE-Survival

                                                                                                                                                                                                                                                                                          主にミッションの攻略情報が載っています。
                                                                                                                                                                                                                                                                                          敵からのダメージ属性、推奨される攻撃属性、
                                                                                                                                                                                                                                                                                          おすすめの艦種、敵の出現数とタイプが載っています。
                                                                                                                                                                                                                                                                                          日本語wikiでは省略されていたり載っていない情報が
                                                                                                                                                                                                                                                                                          確認できるのがオススメ。


                                                                                                                                                                                                                                                                                          EVE-Central

                                                                                                                                                                                                                                                                                          市場(Market)に出回っている商品の価格が分かるサイト。
                                                                                                                                                                                                                                                                                          アイテム名を入れて検索すれば、出品されている星系と、
                                                                                                                                                                                                                                                                                          出品価格、出品量をみることができます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                          TicoはEFTで設計した艦船などの予算を数える時に
                                                                                                                                                                                                                                                                                          よく利用しています。


                                                                                                                                                                                                                                                                                          EVE Agents

                                                                                                                                                                                                                                                                                          ミッションをくれるエージェントの所在地を検索できるサイト。
                                                                                                                                                                                                                                                                                          所属国家や組織はもちろん、レベルでの検索もできます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                          チュートリアルや10連ミッションをこなしたら、
                                                                                                                                                                                                                                                                                          これを使ってエージェントを探すのがいいでしょう。


                                                                                                                                                                                                                                                                                          EVE:Nearby Agent Search

                                                                                                                                                                                                                                                                                          こちらもエージェント検索ですが、
                                                                                                                                                                                                                                                                                          自分がいまいる星系の名前を入れると、そこから最寄の星系に
                                                                                                                                                                                                                                                                                          どんなエージェントがいるか調べてくれます。


                                                                                                                                                                                                                                                                                          と、ひとまずこんなところでしょうか。
                                                                                                                                                                                                                                                                                          ぜひ活用してみてくださいませ。

                                                                                                                                                                                                                                                                                          初心者入門

                                                                                                                                                                                                                                                                                          0
                                                                                                                                                                                                                                                                                            Ticoの周囲でちらほらとEVEに興味をもっている方がいるようなので
                                                                                                                                                                                                                                                                                            初心者向けガイドなものを二つご紹介。

                                                                                                                                                                                                                                                                                            いずれも途中で更新止まっていて情報が少し古い部分もありますが、
                                                                                                                                                                                                                                                                                            基本的なところや大事なところは変更がないので、これらを熟読
                                                                                                                                                                                                                                                                                            していくと初めてさんでも戸惑わなくてすむでしょう。

                                                                                                                                                                                                                                                                                            「宇宙戦艦オンディィヌ」
                                                                                                                                                                                                                                                                                            初心者〜中級者向けに記事を書いていたブログです。
                                                                                                                                                                                                                                                                                            Ticoもここのブログを読んでいるうちに興味を持って
                                                                                                                                                                                                                                                                                            EVEに手を出しました。なお、画面写真のUI周りは
                                                                                                                                                                                                                                                                                            現在一新されています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                            「EVE online MANGA」
                                                                                                                                                                                                                                                                                            公式外部倉庫に格納されている、EVE解説漫画。
                                                                                                                                                                                                                                                                                            といってもやたら文字が多いのが特徴です。
                                                                                                                                                                                                                                                                                            こっちは始めて少し経った人が読むといいかもしれません。
                                                                                                                                                                                                                                                                                            なお、閲覧中に広告入ったらページ更新すると見れますよ。

                                                                                                                                                                                                                                                                                            ところで最近のTicoのEVE活動ですが、もっぱら採掘でコツコツと
                                                                                                                                                                                                                                                                                            お金を稼ぐ作業に没頭しております。重巡洋艦でもレベル3ミッションは
                                                                                                                                                                                                                                                                                            こなせるそうなので、そっちに手を出そうかなあと考えつつも、
                                                                                                                                                                                                                                                                                            この間ためしに挑戦したら甲板大炎上でびっくりしたので、
                                                                                                                                                                                                                                                                                            スキルが育つまで再チャレンジは見合わせています。
                                                                                                                                                                                                                                                                                            うーん、早く戦艦乗りたい。

                                                                                                                                                                                                                                                                                            星の海へ、いざ出航!

                                                                                                                                                                                                                                                                                            0

                                                                                                                                                                                                                                                                                              【Amarr帝国Omen級巡洋艦 "Maroeur"号】

                                                                                                                                                                                                                                                                                              お正月でちらりと触れたEVEonlineのご紹介をしたいと思います。

                                                                                                                                                                                                                                                                                              宇宙を舞台にしたMMORPGで、自家用宇宙船を乗り回して
                                                                                                                                                                                                                                                                                              星の海をブイブイ言わせたりヒィヒィ泣かされたりするゲームです。

                                                                                                                                                                                                                                                                                              サービス提供しているのはアイスランドにあるCCP社。
                                                                                                                                                                                                                                                                                              ピークタイム時の接続数は5万人前後ですが、これをなんと
                                                                                                                                                                                                                                                                                              ひとつのサーバーで処理しています。なんともすごい性能。

                                                                                                                                                                                                                                                                                              ここがすごい、EVEの魅力!

                                                                                                                                                                                                                                                                                              軽いスペックでも美麗グラフィックで展開されるゲーム。

                                                                                                                                                                                                                                                                                              上に貼り付けた宇宙船の写真は実際のゲーム画面をキャプチャーした
                                                                                                                                                                                                                                                                                              ものです。拡大すると装備されている砲塔までちゃんと見えるのがミソ。
                                                                                                                                                                                                                                                                                              数年前にリリースされたゲームなので、比較的軽スペックのマシンでも
                                                                                                                                                                                                                                                                                              ストレスなく遊べるのが特徴です。もちろんハイエンドユーザー向けに
                                                                                                                                                                                                                                                                                              高クオリティ版も用意されており、ムービーさながらの迫力ある映像が
                                                                                                                                                                                                                                                                                              リアルタイムで表示されます。


                                                                                                                                                                                                                                                                                              ・豊富で魅力にあふれた宇宙船の数々。

                                                                                                                                                                                                                                                                                              総計160種類の宇宙船があり、戦闘艦から輸送艦、機動要塞まで様々。
                                                                                                                                                                                                                                                                                              四つの国家がありますが、それぞれにデザインが異なっており、
                                                                                                                                                                                                                                                                                              実にバリエーションに富んでいます。もちろん見た目が違うだけでなく、
                                                                                                                                                                                                                                                                                              性能自体もあれこれと考えられていて、組み合わせ自由自在に
                                                                                                                                                                                                                                                                                              自分だけの宇宙船を組み立てることができます。


                                                                                                                                                                                                                                                                                              ・広大な宇宙空間と5万人のプレイヤーを収容するサーバー環境。

                                                                                                                                                                                                                                                                                              広がっている星の数がとにかく膨大で、治安のいい宙域から
                                                                                                                                                                                                                                                                                              世紀末状態の無法星系までまさに広大な宇宙が広がっています。
                                                                                                                                                                                                                                                                                              そのワールドに登録プレイヤーがすっぽりと収まっているのが特徴。
                                                                                                                                                                                                                                                                                              なんとひとつのサーバーで処理をしているので、商取引も
                                                                                                                                                                                                                                                                                              ゲームに参加している全プレイヤーが相手になります。


                                                                                                                                                                                                                                                                                              ・のんびり遊べる成長システム

                                                                                                                                                                                                                                                                                              通常、こういうMMOは成長にアクティブな時間を割かないとだめですが、
                                                                                                                                                                                                                                                                                              EVEonlineの場合はスキルをセットしておくと所定のリアル時間経過で
                                                                                                                                                                                                                                                                                              習得するという方法を取っています。
                                                                                                                                                                                                                                                                                              忙しくて時間がとれない時でも10分だけ入ってスキルをぽちぽちと
                                                                                                                                                                                                                                                                                              設定してあげれば勝手にキャラが育っていくという便利な仕組み。
                                                                                                                                                                                                                                                                                              時間のとれない社会人には実に優しい仕様です。
                                                                                                                                                                                                                                                                                              一方でスキルは数多く存在し、全部マックスにするにはウン十年かかる
                                                                                                                                                                                                                                                                                              というバランス取りになっており、ひとりとして同じキャラはありません。

                                                                                                                                                                                                                                                                                              つらつらと述べましたが、更に詳しい紹介記事は
                                                                                                                                                                                                                                                                                              宇宙戦艦オンディィヌ」さんのブログにあるのでぜひご覧下さい。
                                                                                                                                                                                                                                                                                              (いまは更新止まっていて一部画面がちと古いのがアレですが)

                                                                                                                                                                                                                                                                                              ぜひともオススメしたいところなのですが、まあとっつきにくい点も……

                                                                                                                                                                                                                                                                                              ・オール英語

                                                                                                                                                                                                                                                                                              毎年日本語版の噂が出ては消えているそうで、とりあえず遊ぶには
                                                                                                                                                                                                                                                                                              英語がわからないといけません。まあそんなに難しいことは書いてませんが
                                                                                                                                                                                                                                                                                              最初は辞書が必要だったり、有志によるwikiを読み込んだりと
                                                                                                                                                                                                                                                                                              ひととおり慣れるまで少々時間がかかります。


                                                                                                                                                                                                                                                                                              ・なんだかんだでハードSFで宇宙船萌え

                                                                                                                                                                                                                                                                                              とてもとてもきっちりした宇宙モノSF世界なので、
                                                                                                                                                                                                                                                                                              そういうのが好きな人でないとやはりとっつきにくい部分があります。
                                                                                                                                                                                                                                                                                              逆にスペオペが大好きな人やシミュレーション大好きな人には
                                                                                                                                                                                                                                                                                              たまらない魅力に満ち溢れているのですが。


                                                                                                                                                                                                                                                                                              とまあ、色々書きましたが、FFの片手間に遊んでいく所存であります。
                                                                                                                                                                                                                                                                                              ちなみに始めて10日ほどで巡洋艦に乗れるようになりました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                              写真の船は愛用している「Maroeur掘廖
                                                                                                                                                                                                                                                                                              名前のせいかよく海賊に絡まれたりミッションで包囲攻撃されたり。
                                                                                                                                                                                                                                                                                              ちなみに靴箸△襪里浪甬2回沈んでいるからです……。

                                                                                                                                                                                                                                                                                              撃沈されても大丈夫。金策手段は色々あるし、船に保険もかけられます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                              お金関係は色々書けるのでまたおいおいと記事にしていきます。

                                                                                                                                                                                                                                                                                              当面の目標は自家用戦艦(BattleShip)!
                                                                                                                                                                                                                                                                                              艦種の記事もこれまた次回以降に。

                                                                                                                                                                                                                                                                                              いまさらながら

                                                                                                                                                                                                                                                                                              0
                                                                                                                                                                                                                                                                                                らきすた」にはまってしまった……

                                                                                                                                                                                                                                                                                                日経新聞なんかに「一風変わった地域振興策」とか記事が載っていて
                                                                                                                                                                                                                                                                                                その人気は聞いていたのでですが、漫画アニメ共に見たことはなく。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                それがたまたまネットで無料配信されている第一話を見た途端、

                                                                                                                                                                                                                                                                                                *・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n -∀-)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

                                                                                                                                                                                                                                                                                                「なにこの良く出来たゆるゆるアニメは〜」とツボに来てしまい、
                                                                                                                                                                                                                                                                                                早速全話を一ヶ月パック購入して最後まで堪能致しました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                制作は「涼宮ハルヒの憂鬱」を制作した京都アニメーション。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                ハルヒといい、今作といい、実に良い仕事をしております。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                それにしても登場人物の「泉こなた」の声が、
                                                                                                                                                                                                                                                                                                「涼宮ハルヒ」と同じ平野綾さんだと知ってビックリでございます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                そこはプロの表現力なんだろうけど、とても同一人物とは思えん。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                ひとまずDVDを毎月揃えていくことに決定しました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                また今日から始まるむだづかいの日々。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                ところで「柊かがみ」はツンデレとされておりますが、
                                                                                                                                                                                                                                                                                                あの御仁はどっちかというと漫才の「ツッコミ」だと思います、ハイ。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                「300(スリーハンドレッド)」

                                                                                                                                                                                                                                                                                                0
                                                                                                                                                                                                                                                                                                  話題の映画、「300(スリーハンドレッド)」をみてきました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                  (公式サイトはこちらから)
                                                                                                                                                                                                                                                                                                  (予告編はこちらでどうぞ)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                  いやー、実にホットでタフな映画でした。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                  テルモピュライの戦いをベースにしたお話なのですが、
                                                                                                                                                                                                                                                                                                  たった300人でペルシア軍100万に対抗するスパルタ兵の屈強なこと!

                                                                                                                                                                                                                                                                                                  役者さんの肉体にも実に気合が入っておりますし、
                                                                                                                                                                                                                                                                                                  戦闘シーンは血なまぐさくも迫力満点でございます。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                  単なるチャンバラ歴史モノってだけではなく、
                                                                                                                                                                                                                                                                                                  主人公である国王レオニダスの心情の機微もよく描かれています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                  ひさしぶりに「映画」を見たなーって感じです。実にベリーグッド。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                  この迫力は映画館のスクリーンでしか体験できません。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                  未見の方はぜひに!

                                                                                                                                                                                                                                                                                                  核地雷

                                                                                                                                                                                                                                                                                                  0
                                                                                                                                                                                                                                                                                                    ファンタシースターユニバース 特典 ビジュアルブック+ミニサントラCD付き
                                                                                                                                                                                                                                                                                                    ファンタシースターユニバース 特典 ビジュアルブック+ミニサントラCD付き

                                                                                                                                                                                                                                                                                                    FF11がちょっと飽き気味なので買ってみました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                    オフとオンやった感想ですが……かなり地雷とても地雷果てしなく地雷。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                    PSOの時よりも色々劣化している気がするのは気のせい? 気のせい??

                                                                                                                                                                                                                                                                                                    メンヘル戦記 part6 「先生の本」

                                                                                                                                                                                                                                                                                                    0
                                                                                                                                                                                                                                                                                                      精神科外来
                                                                                                                                                                                                                                                                                                      精神科外来
                                                                                                                                                                                                                                                                                                      大森 徹郎

                                                                                                                                                                                                                                                                                                      現在かかりつけの主治医の書いた本。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                      精神科と聞くと患者も含めて引いてしまうのが常ですが、
                                                                                                                                                                                                                                                                                                      この本ではわかりやすくやさしく精神科クリニックを説明しています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                      うつ病が現在「流行」している件にも触れていますが、
                                                                                                                                                                                                                                                                                                      精神の病に類型はなく、時流に応じて変化することについても書いています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                      この本を読んで、そして実際に会ってみて、この先生に任せようと思った次第なのです。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                      戦国BASARA2

                                                                                                                                                                                                                                                                                                      0
                                                                                                                                                                                                                                                                                                        戦国BASARA2
                                                                                                                                                                                                                                                                                                        戦国BASARA2

                                                                                                                                                                                                                                                                                                        カプコン作、戦国ヒーローアクションバカゲー第二作、買って来ました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                        前作のシンプルな操作感覚はそのままに、時代考証無視しまくり、
                                                                                                                                                                                                                                                                                                        とにかくネタとギャグと斜め三七度に曲がったカッコ良さを追求して、
                                                                                                                                                                                                                                                                                                        今作も見事なバカゲーっぷりを発揮しています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                        まんま世紀末覇者な豊臣秀吉に抱腹絶倒大爆笑。アリエネー(-∀-)
                                                                                                                                                                                                                                                                                                        他のキャラでも、ありえない設定にただただ手を打って笑うばかりです。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                        海賊とゆーか漁師な長曾我部元親とか戦隊ヒーローな浅井長政とか。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                        そして、あのお市様はちょっと逝ってるダウナー系と来たもんだッ(爆)。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ただ、ゲームの根幹はきちっとしていて、
                                                                                                                                                                                                                                                                                                        お手軽に痛快な蹴散らしアクションを遊ぶことが出来ます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                        声優さんもツボどころを押さえて、台詞回しも実に面白い。


                                                                                                                                                                                                                                                                                                        バカだけど、良ゲー。なかなか素敵な一品です。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                        とりあえず始めたばかりなので、まずは使用キャラを増やさねば〜。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                        バトンが飛んできたゾっ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                        0
                                                                                                                                                                                                                                                                                                          なんか昔バトンとかゆーのが飛んできたましたよッ!?

                                                                                                                                                                                                                                                                                                          (  ̄ー ̄)ノ ---===≡≡≡  −)∀゚ )ゴスッ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                          しかもCattailさんRenasiaさんの二人からッ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                          (  ̄ー ̄)ノ ---===≡≡≡  −)∀゚ )ゴスススッ 2Hits!!

                                                                                                                                                                                                                                                                                                          てなわけでお答えしてみますか。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                          VP2 クリア

                                                                                                                                                                                                                                                                                                          0
                                                                                                                                                                                                                                                                                                            先日買ったヴァルキリープロファイル2、クリアしました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                            総プレイ時間60時間……毎度のことながら無駄遣いな時間です(-ω-)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                            クリアしてから感想ってのが一応ゲームに対する礼儀ってもんで、
                                                                                                                                                                                                                                                                                                            以下こまごまと書いてみたりみなかったり。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                            早朝レスキュー

                                                                                                                                                                                                                                                                                                            0
                                                                                                                                                                                                                                                                                                              今朝起きたらマムージャ襲来ビシージ真っ最中だったValeforですが。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Tico的にはイマイチ頭の回転がよろしくなくポカしそうなので参戦見送り。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                              やはり早朝の襲撃は一番手薄になるようで、将軍が三名倒れた挙句に
                                                                                                                                                                                                                                                                                                              デジョンタルタルを含めて捕虜がぞろぞろ出た模様です。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                              (そしてShihu-Danhu君は即座に奪回されたのもお約束)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                              で、ちょいと追い込みの青魔があがったところで、
                                                                                                                                                                                                                                                                                                              参戦できなかった代わりに捕虜助けてくるかーと
                                                                                                                                                                                                                                                                                                              本拠地マムークへ単身潜入したところ……


                                                                                                                                                                                                                                                                                                              週末レスキュー隊

                                                                                                                                                                                                                                                                                                              0
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                JPNタイム、週末日曜日の早朝6時。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                JPの一般人さんはまだ起床前、俳人さんもお休みの時間、
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                そしてNAやEUでは真昼間とゆー、ある意味一番手薄な時間に。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                ビシージ発生。しかも相手は三勢力最強の呼び声高い死者の軍団。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                アルザビには400名ほどいましたが、
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                寝落ちな人も多いのかアクティブな戦力が少ないらしく、

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                開始早々に土蛇将ザザーグが戦闘不能にッ。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                ザザーグ様はガルカでモンクな豪傑なので倒れるのは余程の事態ッ。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                その後もさくさくと天蛇将ルガジーンや炎蛇将ガダラルが倒れ、
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                長引く戦闘にTicoも戦闘不能とリレイズを繰り返す起き上がりこぼし状態

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                そこへ、とうとう風蛇将ナジュリスまで倒れたとの凶報がっ。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                残る水蛇将ことボクっ子将軍ミリ様を守るべく、封魔堂前に最終防衛ライン
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                敷いて押し寄せるラミアやメローや骨骨ズをどうにかこうにか倒しつつ、
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                戦闘開始から一時間近く経ってからようやく撃退成功。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                なんとか魔笛は奪われずに済んだものの、捕虜8名という大惨事にッ。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                しかも捕虜の中に、デジョンタルことShihu-Danhu君がいるではないですか!

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                レスキュー911

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                0
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  今日も今日とてアルザビに押し寄せてきては
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  中央大陸で鍛え上げられた冒険者傭兵に獣人軍が撃退されるビシージですが。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  今回のマムージャ軍襲来では、思わぬアクシデントがっ。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  そう、冒険者にとっては魔笛よりも大事なデジョンタルタルこと
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  Shihu-Danhu君が敵の捕虜になってしまったというではないですかッ。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  シャウトで悲鳴があがる中、ビシージで共に戦っていたCattail殿と共に
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  風のごとく素早く敵の本拠地マムークへ潜入ミッション開始。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  激ビシージ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  0
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    今夜は割とゴールデンな時間にビシージが発生。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    遠征隊メンバーでパーティ組んでチャレンジとなりました。




                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    相手はハルブーン傭兵団。トロールの軍隊です。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    ワクドキしているところでイベント発生。今回もLV5の最大兵力で襲来。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    ビシージ! ビシージ!!

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    0
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      発売前に大きく宣伝されながらも、敵のあまりの弱さに
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      エェェェェてな不満の声が上がっていた防衛戦、ビシージですが。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      先日のメンテナンスで蛮族軍が大幅な強化がなされました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      風の噂で相当にヤバイことになってると聞いてワクドキしていたトコロへ



                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      ここValeforでも皇都へ向けて、マムージャ蕃国軍が進撃を開始。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      350人ほどの冒険者が門の内側に集結。いまかと待ち受けます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      続きを読む >>


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      calendar

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      S M T W T F S
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       123456
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      78910111213
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      14151617181920
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      21222324252627
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      28293031   
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      << August 2016 >>

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      Phantasy Star Online 2

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      PSO2_200x200_応援バナー02

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      @ticoruzel on Twitter

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      selected entries

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      categories

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      archives

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      recent comment

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 鹵獲! 鹵獲!
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        Cattail
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        Tico
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 艦これファンジンSS vol.7 「アイドルと最古参のギグ」
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        Lumina
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 艦これ クリスマスシーズン!
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        Tico
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 艦これ クリスマスシーズン!
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        Lumina
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        Tico
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 艦これファンジンSS vol.6「デライト・ティーパーティ」
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        Lumina
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        Tico
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 艦これファンジンSS vol.5 「記憶を抱きしめて」
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        Lumina
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 艦これファンジンSS vol.4 「命短し恋せよ艦娘」
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        Tico

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      recent trackback

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      recommend

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 艦娘型録
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 艦娘型録 (JUGEMレビュー »)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      艦娘のイラストや台詞を収録。史実にまつわる設定もこれで分かる! 提督必携の一冊!

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      recommend

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      torne(トルネ)(CECH-ZD1J)
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      torne(トルネ)(CECH-ZD1J) (JUGEMレビュー »)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      PS3で地デジが見れる! PS3で録画ができる! 軽快で使いやすい操作画面が魅力の一品。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      recommend

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      艦これ改 通常版 (特典無し) 【Amazon.co.jp限定特典】付
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      艦これ改 通常版 (特典無し) 【Amazon.co.jp限定特典】付 (JUGEMレビュー »)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      艦これがついにPSVitaに! 手のひらで繰り広げられる艦娘たちのドラマに心躍らせろ!

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      recommend

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      ねんどろいど 艦隊これくしょん -艦これ- 大和 ノンスケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      ねんどろいど 艦隊これくしょん -艦これ- 大和 ノンスケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア (JUGEMレビュー »)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      艦これの「大和」がついにねんどろいどに登場! その美しさと艤装をキュートに表現した造形はコレクションもの!

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      links

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      profile

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      search this site.

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      others

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      mobile

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      qrcode

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      powered

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      無料ブログ作成サービス JUGEM